コスパのいいドッグフードの人気おすすめランキング15選【2020最新】

記事ID7806のサムネイル画像

いつも買うことになるドッグフードはできるだけコスパが良いものが欲しいという人は多いでしょう。ただ、いくらコスパが良くても安全性でないものを犬に与えるのは抵抗があるはずです。安全性も考えながら、コスパの良いドッグフードのおすすめランキングや選び方をまとめました。

コスパの良いドッグフードも安全性が大事

犬に毎日与えるドッグフードのコスパが気になる人は多いと思います。ドッグフードにかけられる予算として、1kg当たり2000円未満と考える人が最も多いようです。また、いくら安くても安全でないドッグフードを購入するのは抵抗があるでしょう。

 

安全性も考慮して1kg当たり2000円未満のドッグフードの中から、1kg当たりの価格、容量、人口添加物の有無を基準におすすめランキングを作成しました。選ぶ方についてもまとめたので参考にしてください。

コスパの良いドッグフード人気おすすめランキング15選

15位

ユニチャーム

愛犬元気 ささみ・ビーフ・緑黄色野菜入り

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安さが魅力のドッグフード

1kg当たりの価格が300円を切るという驚異的な安さのドッグフードです。ペットフード公正取引協議会とAAFCOの基準を満たしているので、栄養のバランスも取れています。

 

ただし、原材料の詳細が不明で、穀物の量が多い、合成着色料が使われているなどデメリットが多いドッグフードです。コスパ優先だと選択肢の一つになりますが、犬の健康を考えるとおすすめできるドッグフードとはいえません。

 

購入する場合はより安心なドッグフードとローテーションしながら与えるようにすれば、健康面のリスクを減らすことができます。

1kg当たりの価格約263円容量6kg
人工添加物有り

口コミを紹介

本製品に少しサプリを混ぜて与えていますが、よく食べてくれますし、文字どおりとっても“愛犬元気”。ウ〇チもモリモリ(笑)。これからもお世話になると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

マース ジャパン リミテッド

アイムス 成犬用 健康維持用 ラム&ライス 小粒

価格:2,497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

60年以上の歴史を持つドッグフード

1950年代から続くブランドのドッグフードです。かなりの低価格ながら、以前は人工添加物物など体に悪いとされるものをほとんど使用しないドッグフードとして知られていました。しかし、リニューアルしてから合成酸化防止剤が使われるようになっています。

 

どの程度の危険かはっきりしませんが、発がん性が懸念される添加物です。アレルギーを起こしやすいトウモロコシや小麦が使われている点にも注意しましょう。 安全性を考えると、あまりおすすめできないドッグフードです。

 

コスパは優秀ですが、このドッグフードのみを与えるのはやめた方がいいでしょう。購入する場合は、より安価なドッグフードと交互に与えるなどしてリスクを減らしましょう。

1kg当たりの価格499円容量5kg
人工添加物有り

口コミを紹介

流石に飽きてきたようなので、最近はラム&ライスとチキンを交互に購入、野菜やささ身などを少量トッピングしてあげています。いろいろな悪いレビューも有りますが、うちの子には合っているようで、毎日快便、毛並みも良く健康で過ごすことが出来ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Nelsons Pet Food

ドッグフード

価格:9,284円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性が追求されたドッグフード

2000円以下のドッグフードとしては少し高めですが、ヒューマングレードの原材料を使用し人工添加物などは一切使われていない安全な商品です。ただし、容量は5kgと少し多めなので保存には注意しましょう。

 

肉と一緒に野菜や果物も取ることができ、オメガ3脂肪酸を含んだサーモンオイルも使われているので栄養面でも評価がドッグフードです。トレサビリティがしっかりしている点でも安心できます。

 

グルテンフリーなので、穀物アレルギーが心配な場合も安心して与えられます。質とコスパの両方を求める人におすすめのドッグフードです。

1kg当たりの価格約1,857円容量5kg
人工添加物無し

口コミを紹介

最近食欲が落ちて、涙目で見上げるので困っていました。
とにかく、食いつき重視でこの商品に出会いました。
香りが良くて、大きさも小ぶりなので、この数日はカリカリとよく食べてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ラスミック

ドッグフード パーフェクション ポーク

価格:3,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

100%天然素材のヒューマングレード

オーストラリア産の100%天然素材のドッグフードです。人間が食べられる素材のみで作られている点でも安心できます。1kg当たり2000円未満のドッグフードの中では高めの価格ですが、クオリティーはかなり高いです。

 

全年齢全犬種に与えられるタイプなのも便利といえます。あまり容量は大きくありませんが、多頭飼いしている人にもおすすめのドッグフードです。

1kg当たりの価格約1,822円容量1.8kg
人工添加物無し

口コミを紹介

愛犬の事を考え、ヒューマングレードのものを食べさせるようにしています。
メインは他のフードですが、こちらの方が
美味しいらしく、混ぜて与えるとすぐ完食します。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

チャンピオンペットフーズ (Champion Petfoods)

アカナ ドッグフード アダルトスモールブリード

価格:3,157円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新鮮な肉がたっぷり

原材料の質に定評のあるドッグフードです。原材料に新鮮な肉がたっぷりと使われており、グルテンフリーなので穀物アレルギーがある場合でも安心して与えられます。愛犬の食いつきも良いと評判です。

 

ただし、タンパク質の含有量が多いため、運動量が少ない場合や肝臓に問題がある場合は注意しましょう。肉の種類が選べるので、動物性タンパク質にアレルギーがある場合にも対応可能です。

1kg当たりの価格約1,756円容量2kg
人工添加物無し

口コミを紹介

グレインフリーやヒューマングレイド等、色々御託はありますが、まずは愛犬が美味しく食べてくれるものという点において満点です。
高級ドッグフードの中ではAmazonであれば比較的安価なのも嬉しいところです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ペトキュリアン (petcurean)

ナウフレッシュ ドッグフード アダルト

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドッグフード先進国カナダ産

原材料の産地が全て公開されているドッグフードです。七面鳥をメインに100%生肉を使用しています。かさ増しできるミールは一切使用されていません。

 

人間が食べられるものを使用しているのかは不明ですが、必須脂肪酸もフレッシュなものが使われているので安心感があります。

 

プロバイオティクスとプレバイオティクスが配合されているので、おなかの調子を整え、栄養素を最大限活かすことができます。

1kg当たりの価格約1,651円容量5.44kg
人工添加物無し

口コミを紹介

小型犬には一粒が少し大きく感じます。でも美味しそうに一粒づつ運んで食べている姿を見ると癒されます。粒の小さいパピーも検討しましたが人間と同じく噛む力を使う方がいいと思うので敢えてアダルトを食べさせています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

プリモ

ベーシック 犬 ドライフード

価格:4,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強い胃腸を育てる

牛、鶏、馬、魚、豚の5種類の生肉を50%以上使用したドッグフードです。生肉に近い状態で作られています。複数の動物性たんぱく質を摂取できるため、アレルギーに強い体質を作ることができます。

 

使用している肉の情報が分かっている点も安心です。使われている穀物の量も少ないので、穀物アレルギーにも配慮されています。ただし、動物たんぱく質のアレルギーが既にある犬には向いていません。

 

複数の肉を配合しているため、アレルギーの原因が特定しにくくなるのもデメリットです。犬にアレルギーがなく、強い胃腸にしたい人にはおすすめのドッグフードです。

1kg当たりの価格約1,647円容量3kg
人工添加物無し

口コミを紹介

今までいろんなペットフードを試しましたが、これは1番よく食べてくれるし、毎日いいうんちが出ます!今まで買っていた国産のフードよりお値段はお手頃だし、うれしい限りです

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ナチュラルバランス

ホールボディヘルス (全犬種/全年齢対応)

価格:3,465円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これだけで必要な栄養が摂取できる

ドッグフードだけで、必要な栄養素を全て摂取できるように作られています。主原料の肉は全て人間が食べられるものを使用しており、穀物が使われていますがアレルギーにも配慮されています。

 

全年齢・全犬種に対応にもしています。栄養豊富なドッグフードが欲しい人におすすめです。ただしサプリメントを使用しているので、自然の素材を使ったドッグフードが欲しい人には向いていません。

1kg当たりの価格約1,526円容量2.27kg
人工添加物無し

口コミを紹介

美味しそうに食べてます。シニアの子なんですが、最近年齢のせいか少し痩せてきたような?と心配していたのですが、これに変えたところ普通の体型に戻ってきたようで、ひと安心しています。しばらく続けても良さそうかなと感じています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

アーテミス (Artemis)

フレッシュミックス アダルトドッグ

価格:4,117円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカで高い評価を受けるドッグフード

アメリカのアーテミス社のドッグフードです。アメリカの農務省の基準で最高の人間向けの素材で作られています。アメリカで高い評価を受けた栄養価の高いドッグフードで、コスパも優秀です。酸化防止剤も天然素材が使われています。

 

しかし、穀物が多めに使われているので、穀物アレルギーがある犬には向いていません。日本の犬向けに調整されているわけではないので、注意が必要です。アメリカに比べて、日本の犬は運動不足と言われています。

 

良く運動して穀物アレルギーのない犬には、おすすめのドッグフードです。

1kg当たりの価格約1,372円容量3kg
人工添加物無し

口コミを紹介

国産の内容がよくわからない名前の売れているメーカーが販売しているものと比較してベタベタしないのだから、余計な脂質が少ないのだとすぐにわかる。ペットは家族と同じですから、好みはあるのだと思いますが安心できるフードを与えたいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Platinum

ドッグフード チキン グルテンフリー ドライフード

価格:6,045円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養価が高く胃に優しい

ドイツ製のドッグフードです。無水調理で作られているため、肉の栄養素が損なわれていません。水分を含んで膨張する心配もなく消化吸収が速いため、胃に優しいドッグフードです。

 

非常に食いつきが良いというレビューもあり、犬が喜ぶドッグフードのようです。ドイツテュフラインランドの厳しい基準をクリアした唯一のドッグフードでもあります。アレルギーに配慮してグルテンフリーになっています。

1kg当たりの価格約1,209円容量5kg
人工添加物無し

口コミを紹介

主食にするといくらでも欲しがるので与え過ぎに注意する必要がありますが、下手なトリーツより喜ぶので主食を減らしてこれをおやつにすればより健康的と思われます。(手でほぐせるので普通のドライフードに振りかけても喜びます。臭いですが…)

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ニュートロジャパン

シュプレモ 小型犬用 成犬用 小粒

価格:3,485円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養バランスに優れたドッグフード

栄養バランスに非常に優れたドッグフードです。さらに、原材料の組み合わせについても計算されて作られているため、素材が相互作用を生み、より高い健康効果が生まれるように作られています。

 

穀物が使用されていますが、アレルギーを起こしやすいものを使用しないグルテンフリーです。穀物アレルギーが心配な犬のために、グレインフリーのタイプも販売されています。このドッグフードだけで全ての栄養素をカバーでき、コスパも優れたドッグフードです。

1kg当たりの価格約1,162円容量3kg
人工添加物無し

口コミを紹介

ネットで色々調べて数種類を試して仔犬の頃からずっとコレです。 他のフードを食べると口の臭いがありますが、このフードは臭いません。 うんちの臭いも軽いです。 おやつ等あげてなくて、朝と夜に適量食べていて体型も中位なので栄養もしっかりあるとおもいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

森乳サンワールド

スーパーゴールド フィッシュアンドポテト 子犬成犬

価格:2,626円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アレルギーに優しいドッグフード

主原料がポテトという変わったドッグフードです。タンパク質は22%で少し低めですが、脂肪は12%で食物繊維は4%と理想的な数字になっています。使用されている魚は酵素が使われたフィッシュダイジェストで消化が良くなっています。

 

低アレルゲンでアレルギーに配慮されたドッグフードです。グルテンフリーで、動物性タンパク質のアレルギーになりやすい素材も使われていません。ペットフード公正取引協議会とAAFCOの栄養基準を満たしている点も安心です。

1kg当たりの価格約1,094円/kg容量2.4kg
人工添加物無し

口コミを紹介

かつて老犬の介護でワンラックさんに多大な信頼を置いていたので、選択の範囲に入りました。この価格帯で買っているフードはこれだけ。値段の割にクオリティは高く神経質で偏食のちょびっと食いの多い一日4食の子もかなり食べてくれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ネスレピュリナペットケア

プロプラン 小型犬 9歳頃からの成犬用

価格:2,155円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

認知能力の衰えを防止

9歳以上の小型犬の健康をサポートするドッグフードです。認知能力をサポートする栄養を配合し、DHAとEPAで歯茎の健康も保ちます。

 

アレルギーへの配慮が弱いですが、AAFCO基準を満たしているで栄養バランスも安心です。価格も1kg当たり1000円以下で購入できるので、コスパ的にもかなり優秀といえます。

1kg当たりの価格約862円容量2.5kg
人工添加物無し

口コミを紹介

こちらは食い付きが良い方ではありませんが、元気よく綺麗に食べてくれて、痴呆気味だったのも、顔つきがキリッとして体調も良さそう。何より、糞が小さいので栄養の吸収が良いのが判ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ネスレピュリナペットケア

ピュリナ ワン 成犬用(1-6歳) ほぐし粒入り チキン

価格:1,625円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほぐし粒で食いつきが良い

チキンの生肉を多く配合していますが、1kg当たりの価格が400未満で購入できるかなりコスパの良いドッグフードです。アレルギーになりやすいトウモロコシや小麦を使用していますが、人口添加物は一切使用していません。

 

酸化防止剤が天然由来な点も安心です。独自に開発されたほぐし粒は犬の食いつきがよく、歯石の予防になります。また、触感の異なる粒を使用しているため、飽きずに食べてくれる効果もあるようです。

1kg当たりの価格約386円容量4.2kg
人工添加物無し

口コミを紹介

愛犬に与える日々のフードなので、なるべく安全なものをあげたいです
調べるとこちらは余計な添加物が少なめで、主原料に生肉を使用している点などが
評価が高いようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

KIRKLAND(カークランド)

シグネチャー スーパープレミアムドッグフード

価格:4,288円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で品質が良いコスパ抜群のドッグフード

1kg当たりの価格が300円台ですが、主原料が鶏肉のドッグフードです。肉の質が分からないチキンミールやフィッシュミールを使用していますが、アレルギーになりやすい穀物も使われていません。

 

脂質についても曖昧な表記ではなく、鶏脂やフラックスシードなどとはっきり書かれています。フラックスシードは亜麻仁のことです。AAFCO基準もしっかりとクリアしています。

 

かなり低価格ですが、体に悪い素材は使われていない非常にコスパの良いドッグフードです。ただし12kgの大容量なので、保存や収納スペースを考える必要があります。

1kg当たりの価格約357円容量12kg
人工添加物無し

口コミを紹介

「A・コッカー・スパニエル」と「A・ビーグル」に与えていますが、被毛の色艶が良くなっていくように思います。
散歩中に何度か「毛の色が良くて艶も良いですね~」って声かけられたほどです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパの良いドッグフードの選び方

コスパの良いドッグフードを選ぶ場合でも、安全性が気になる人は多いでしょう。安全性を考えながら、コスパの良いドッグフードを選ぶ方法をまとめました。

原材料で選ぶ

犬の体に良い原材料は高いものが多いので、安全なドッグフードは高い傾向になります。コスパを考える場合でも原材料を確認して、できるだけ安全なものを使ったドッグフードを選びましょう。

原材料がはっきりしたものから選ぶ

ドッグフードはさまざまな原材料が使われています。肉類(チキンミール他)、動物性油脂などと曖昧な表記がされているものもあります。安価なドッグフードほど曖昧な表記のものが多くなりますが、肉ならなんの肉かはっきり書かれたものの方が安全です。

 

人間が食べることができるヒューマングレードの原材料を売りにしているドッグフードもありますが、こういったドッグフードはかなり安全です。コスパの良いものは原材料の表記が曖昧なものが多いですが、できるだけはっきり書かれたものを選ぶようにしましょう。

 

ただし、表記が曖昧だからといって必ずしも品質が悪いとは限りません。気になる場合は、メーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

穀物の量に注意

安価なドッグフードは穀物の量が多くなります。ただし、本来肉食中心の犬にとって穀物が多いと消化に負担がかかります。そのため、あまり穀物が多いと犬の体にはあまり良くありません。

 

穀物はアレルギーの原因にもなるので、穀物が含まれないグレインフリーのドッグフードも販売されています。最近では、グレインフリーは良くないという意見もあるので、穀物が全くないものが良いとはいえません。

 

とはいえ、穀物の量が多すぎると犬の体に良くないことも確かです。穀物の量が多いドッグフードを購入する場合は、穀物の量が少ないドッグフードとローテーションしながら与えるのがおすすめです。

栄養素で選ぶ

ドッグフードは栄養バランスを考えたものが多くなっています。コスパの良さを最優先にしても、栄養バランスに優れたものは手に入りやすいです。栄養素に関して注意すべき点をまとめました。

総合栄養食には必要な栄養素が含まれる

ドッグフードは犬に必要な栄養バランスを考えて作られているものが多いですが、全てのドッグフードに犬に必要な栄養を十分に含んでいるわけではありません。

 

総合栄養食と記載されているものなら必要な栄養が含まれているはずですが、一般食と書かれたものはその保証がありません。一般食のドッグフードは、総合栄養食と組み合わせるなどして与える必要があります。

 

このランキングで紹介したドッグフードは、全て総合栄養食として販売されているものになっています。より安心を求める場合は、ペットフード公正取引協議会やAAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリアしていると書かれたドッグフードがおすすめです。

高タンパクのドッグフードに注意

ドッグフードに含まれるタンパク質が多い場合は注意が必要です。高タンパクのドッグフードだと50%を超えるものもあります。犬は肉が主食なので、高タンパクの方が良いという意見もあります。

 

しかし、高タンパクのドッグフードはカロリーが高くなりやすいので、あまり運動しない犬には向いていません。タンパクが多いとアレルギーの原因になる場合もあります。

 

犬の状態によって必要なタンパク質は変わってきます。あまり高タンパクのドッグフードには注意しましょう。

必須脂肪酸について

体内で作ることができず、食事から摂取しなけらならない脂肪が必須脂肪酸です。人間の話で出ることが多いですが、これは犬に関しても変わりません。オメガ3系脂肪酸やオメガ6脂肪酸といわれるものですが、犬も食事から摂取する必要があります。

 

ただし必須脂肪酸は酸化しやすく、酸化した状態で摂取すると体に害が出る場合もあります。必須脂肪酸が含まれたドッグフードの方が良いのは間違いありませんが、ドッグフードの必須脂肪酸は酸化しやすいという問題もあります。

 

必須脂肪酸は、できるだけ新鮮なものが使用されたドッグフードを選びましょう。コスパを考えてドッグフードを大量に購入する場合など、必須脂肪酸が酸化するリスクもあります。

添加物

添加物というと全て悪いようなイメージがありますが、必ずしも犬の体に悪いわけではありません。ドッグフードには、必要な添加物もあります。危険な添加物とそうでないものを見分けてドッグフードを選びましょう。

人工添加物は避ける

安全性を考えるなら、人工添加物が含まれたドッグフードは避けるようにしましょう。人工添加物が全て危険とはいえませんが、発がん性が指摘されるものやアレルギーの原因といわれる人工添加物は多いです。

 

BHA、BHTなどは発がん性があるといわれる人工添加物です。合成着色料は見た目を良くする効果がありますが、犬には意味のない添加物で危険性も指摘されています。合成甘味料が配合されたドッグフードもありますが、体に負担がかかるのでおすすめできません。

天然由来の保存料を使用したもの

ドッグフードは長期保存するものです。そのため、ほとんどのドッグフードに酸化防止剤などが使われています。その際、ビタミンEなどの天然由来の酸化防止剤が使われたドッグフードがおすすめです。

 

天然由来の酸化防止剤は合成された保存料に比べると酸化防止の効果は低いことが多いですが、犬の体に安全なものが多いです。天然由来の酸化防止剤には、犬の体に良いものもあります。

価格で選ぶ

コスパを考える場合、価格は最も重要です。ここでは、1kg1000円未満と2000円以下から1000円以上の価格帯に分けてドッグフードの傾向をご紹介します。

1kg当たり1000円未満

1kg当たり1000円未満のドッグフードは、かなり安い価格帯になります。当然ですが、安いほど品質が安い傾向にあるので、1000円未満だとドッグフードの原材料の品質が不明のものや人工添加物が使われているものも多くなります。

 

コスパ重視でも、安すぎるものはあまりおすすめできません。1000円未満の価格帯でドッグフードを選ぶ場合は、原材料の品質が良く分からないのは仕方ないとしても人工添加物が使われているものはできるだけ避けましょう。

 

口コミを参考にすることも大切です。また、安くて安全性の低いドッグフードを選ぶ場合は安いものだけ食べさせるのではなく、安全性の高いものと安いものを交互に食べさせることで安全性が高くなります。

1000円以上2000円未満

1kg当たり1000円以上2000円未満は、ドッグフードの予算として最も多くの飼い主が考える予算といわれています。この価格帯なら、かなり品質の良いドッグフードも購入できます。人間が食べられるヒューマングレードのドッグフードもあります。

 

安全性を考えると、1000円以上のドッグフードがおすすめです。当然ですが、高ければ安全というわけではありません。犬の状態を考えて、しっかり品質をチェックしてドッグフードを選びましょう。

情報の詳しいもの

ドッグフードの成分表示もかなり詳しくなっていますが、曖昧な表現が使われていることは多いです。肉の状態などがはっきりわかるように書かれているドッグフードの方が安心できます。他にも、製造法や工場の情報などを詳しく公開しているメーカーだと安心できるでしょう。

 

成分表示をよく見ることも大事ですが、メーカーのホームページも確認しましょう。より詳しい情報を知ることができます。不明な点はメーカーに問い合わせるのもいいでしょう。しっかりと教えてくれるメーカーのドッグフードなら安心です。

容量で選ぶ

ドッグフードをコスパで選ぶ場合は、容量も重要になってきます。当然ですが同じドッグフードを購入する場合、容量の大きいものほど安価でコスパが良いです。ただし、大容量だと食べきるのに時間がかかってしまいます。

 

ドッグフードはドライフードは1ヵ月以内、ウェットフードは3日以内に食べきるのが目安です。食べきる量のドッグフードを購入しましょう。また、大容量のドッグフードは保存のために密封された個別の容器に移すことも大切です。

 

コスパが良くなる分、手間がかかる点は注意しましょう。大容量のドッグフードの中には個別包装になっているものもありますが、酸化しにくくなっている点でおすすめです。

ドッグフードの人気おすすめランキングをもっとみる

下記の記事はこちらの記事とは別の視点で、ドッグフードのおすすめランキングを作成しています。犬の年齢別にドッグフードの選び方もご紹介しているので参考にしてください。

コスパのいいドッグフードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5294973の画像

    KIRKLAND(カークランド)

  • 2
    アイテムID:5295010の画像

    ネスレピュリナペットケア

  • 3
    アイテムID:5295037の画像

    ネスレピュリナペットケア

  • 4
    アイテムID:5295028の画像

    森乳サンワールド

  • 5
    アイテムID:5294878の画像

    ニュートロジャパン

  • 6
    アイテムID:5294963の画像

    Platinum

  • 7
    アイテムID:5294939の画像

    アーテミス (Artemis)

  • 8
    アイテムID:5294891の画像

    ナチュラルバランス

  • 9
    アイテムID:5295027の画像

    プリモ

  • 10
    アイテムID:5294958の画像

    ペトキュリアン (petcurean)

  • 11
    アイテムID:5294874の画像

    チャンピオンペットフーズ (Champion Petfoods)

  • 12
    アイテムID:5294964の画像

    ラスミック

  • 13
    アイテムID:5294886の画像

    Nelsons Pet Food

  • 14
    アイテムID:5295015の画像

    マース ジャパン リミテッド

  • 15
    アイテムID:5295000の画像

    ユニチャーム

  • 商品名
  • シグネチャー スーパープレミアムドッグフード
  • ピュリナ ワン 成犬用(1-6歳) ほぐし粒入り チキン
  • プロプラン 小型犬 9歳頃からの成犬用
  • スーパーゴールド フィッシュアンドポテト 子犬成犬
  • シュプレモ 小型犬用 成犬用 小粒
  • ドッグフード チキン グルテンフリー ドライフード
  • フレッシュミックス アダルトドッグ
  • ホールボディヘルス (全犬種/全年齢対応)
  • ベーシック 犬 ドライフード
  • ナウフレッシュ ドッグフード アダルト
  • アカナ ドッグフード アダルトスモールブリード
  • ドッグフード パーフェクション ポーク
  • ドッグフード
  • アイムス 成犬用 健康維持用 ラム&ライス 小粒
  • 愛犬元気 ささみ・ビーフ・緑黄色野菜入り
  • 特徴
  • 低価格で品質が良いコスパ抜群のドッグフード
  • ほぐし粒で食いつきが良い
  • 認知能力の衰えを防止
  • アレルギーに優しいドッグフード
  • 栄養バランスに優れたドッグフード
  • 栄養価が高く胃に優しい
  • アメリカで高い評価を受けるドッグフード
  • これだけで必要な栄養が摂取できる
  • 強い胃腸を育てる
  • ドッグフード先進国カナダ産
  • 新鮮な肉がたっぷり
  • 100%天然素材のヒューマングレード
  • 安全性が追求されたドッグフード
  • 60年以上の歴史を持つドッグフード
  • 安さが魅力のドッグフード
  • 価格
  • 4288円(税込)
  • 1625円(税込)
  • 2155円(税込)
  • 2626円(税込)
  • 3485円(税込)
  • 6045円(税込)
  • 4117円(税込)
  • 3465円(税込)
  • 4940円(税込)
  • 8980円(税込)
  • 3157円(税込)
  • 3280円(税込)
  • 9284円(税込)
  • 2497円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 1kg当たりの価格
  • 約357円
  • 約386円
  • 約862円
  • 約1,094円/kg
  • 約1,162円
  • 約1,209円
  • 約1,372円
  • 約1,526円
  • 約1,647円
  • 約1,651円
  • 約1,756円
  • 約1,822円
  • 約1,857円
  • 499円
  • 約263円
  • 容量
  • 12kg
  • 4.2kg
  • 2.5kg
  • 2.4kg
  • 3kg
  • 5kg
  • 3kg
  • 2.27kg
  • 3kg
  • 5.44kg
  • 2kg
  • 1.8kg
  • 5kg
  • 5kg
  • 6kg
  • 人工添加物
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 有り
  • 有り

まとめ

コスパを考えて1kg当たり2000円未満のドッグフードの中から、おすすめランキングや選び方をご紹介しました。コスパの良いドッグフードを考える場合でも、安全性は気になるところでしょう。良く調べて、安全でコスパの良いドッグフードを選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ