子犬用のドッグフード人気おすすめランキング10選【健やかな成長に】

記事ID12732のサムネイル画像

子犬の健やかな成長に欠かせない子犬用のドッグフード。ペットフード売り場には、多くの子犬用ドッグフードがありますが、どれを選べばいいのか迷ってしまいますね。そこでこの記事では、子犬用のドッグフードの選び方のポイントと、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

子犬の健やかな成長に欠かせない良質の子犬用ドッグフード

ペットショップやペット用品売り場には、いろいろな種類のドッグフードが販売されています。年齢や犬種で分かれているものも多いですね。子犬用のドッグフードにもドライタイプやウェットタイプなど、さまざまなものがあります。

 

成犬用のドッグフードと子犬用のドッグフードは、あまり違いがあるようにも見えませんが、子犬用のドッグフードは子犬の成長のために成犬用よりもカロリーも栄養価も、とても高くなっているのです。

 

子犬用のドッグフードにもいろいろな種類のものがあって、どれを選べばいいのか迷いますが、ここでは形状・内容量・原材料などをチェックしながら子犬用のドッグフードの選び方とおすすめ人気商品をランキング形式で10選ご紹介します。

子犬用ドッグフードの選び方

子犬用として販売されているドッグフードにもいろいろなものがありますが、あまりにも種類が多すぎて迷うことが多いです。そこで、子犬用のペットフードを選ぶときのポイントをご紹介していきますので、子犬の好みなどを考慮して、栄養豊富で美味しく食べられるドッグフードを選んでください。

家に迎える前に食べていたものを選ぶ

家に子犬を迎えて食事をさせるとき、しばらくの間は迎える前の施設で食べていたドッグフードを与えるようにしましょう。手作りフードの場合以外は、どこかで販売しているドッグフードなので、ドッグフードの名前を聞いておいて、売っている場所を探してみましょう。

 

近所で同じドッグフードが見つけられない場合は、似たタイプのフードを探してみるようにしましょう。ペットショップやブリーダー、保護施設などの施設では、ふやかして食べていたのか、カリカリのまま食べていたのかも確認しておくといいでしょう。

 

急にドッグフードを替えると、住む場所も急に変わってしまって戸惑っている子犬のストレスになってしまうこともあるので、慣れてきたころに新しい子犬用のフードを、子犬の好みに合わせて選ぶようにするといいでしょう。

栄養バランスに注意して選ぶ

子犬は成犬になるまでの約1年間、すごいスピードで成長していきます。そこで大切なのは栄養とカロリーです。子犬用のドッグフードは成犬用のドッグフードと比べると栄養が豊富でカロリーも高いですが、栄養のバランスが特に重要です。

良質な「タンパク質」が豊富に含まれているかチェック

子犬の成長に特に必要なのは良質なタンパク質です。タンパク質の中でも特に動物性タンパク質が多く含まれているものを選ぶといいでしょう。原材料にチキンやビーフなどの肉類、サーモンなどの魚類が多く含まれているものを選ぶようにしましょう。

 

原材料にチキンミールというように「ミール」と記載されているものは、必ずしも鶏肉のことを指しているのではなく、肉を含む副産物のことですので、チキン・ビーフ・サーモンなどのように「ミール」と付いていないものを選ぶようにしましょう。

良質な「動物性脂肪」が使用されているかチェック

子犬用のドッグフードは動物性タンパク質と同じくらい動物性脂肪が重要です。原材料をチェックする際には、何の油脂を使用しているのかを具体的に表示されているかどうかをしっかりとチェックしましょう。

 

単に「動物性脂肪」と評価されているものよりも、鶏脂・牛脂・魚油などのように、具体的にどういう油脂を使っているのかがわかるように記載されているものがおすすめです。

体に負担をかけないドッグフードを選ぶ

子犬用のドッグフードを選ぶときには、できるだけ成長中の子犬の体に負担がかからないものを選ぶようにしましょう。原材料の欄を見て、穀物がどれだけ使用されているか、どういう添加物が使用されているかをチェックしてみると目安になります。

穀物不使用の「グレインフリー」

犬はもともと肉食動物なので、穀物はあまり得意ではありません。子犬はまだ消化機能が発達していないので、穀物が多く含まれているドッグフードを食べていると、消化不良になってしまうことがあります。

 

穀物がどれほど使用されているかをチェックするには、原材料の欄をチェックしてみましょう。原材料欄は含有量が多いものから表記されているので、穀物が一番先に表記されているものをなるべく避けるようにしたほうが良いでしょう。

 

ドッグフードの中には穀物を一切使用しない「グレインフリー」のものも多いです。子犬の消化機能に負担をかけないように、穀物不使用のフードを選ぶのも一つの方法です。下記のページでグレインフリーのドッグフードについて詳しく紹介しています。

 

 

必要のない「添加物」が使われていないドッグフード

子犬のドッグフードを選ぶときには、できるだけ添加物が少ないものを選ぶようにしましょう。できれば無添加のものがおすすめですが、子犬のドッグフードは油脂が多く含まれているので、酸化を防ぐための酸化防止剤が含まれていることが多いです。

 

酸化防止剤として使用されるBHA・BHT・エトキシンは合成添加物ですので、できればビタミンE・クエン酸などの自然由来の添加物を使用したものを選ぶようにしましょう。

 

食欲をそそる香りをつける合成香料や見た目をよくするための合成着色料は、栄養には関係がなく不要な添加物ですので、できれば避けるようにしましょう。

「アレルギー」の有無をチェック

犬もアレルギーを起こすことがあり、ドッグフードに含まれる穀物や添加物などが原因になってしまうことがあります。しかし犬によってアレルギー源となっているものが異なり、迎えたばかりの子犬がどういうアレルギーがあるのか判断できないことがあります。

 

食物アレルギーがある場合は、子犬のことをよく知っているブリーダーや獣医師に相談しながら、どういうものが原因になっているのかを把握してドッグフードの種類を決めるようにしましょう。

子犬が食べやすい大きさ・硬さや量で選ぶ

子犬用のドッグフードの粒の大きさと内容量にはいろいろなものがあります。子犬の数や犬種によって選び方は異なりますが、早い時期に食べ切れる量のものや食べやすい形状のもの・粒の大きさなどにも注意する必要があります。

できるだけ早く食べ切れる「内容量」のものを選ぶ

子犬用のドッグフードの内容量にはいろいろなものがあります。子犬は1日の食事回数が成犬よりも多いので、ある程度の内容量があるものを準備しておく必要がありますが、ドッグフードは一度開封してしまうと風味が落ちてくるものが多いです。

 

小分けになっているものなら大容量のものでも大丈夫ですが、小分けになっていない大容量のものは、少しずつ風味が落ちてきて子犬が食べなくなってしまうこともあります。いつも新鮮な風味で食べられるように、内容量に注意するようにしましょう。

 

多頭飼いの場合は、ある程度の内容量のものでも賞味期限内よりも早く食べ切ってしまうことができますが、小型犬1頭で大容量のドッグフードを用意してしまうと、食べきれずに飽きてしまうこともあるので、できるだけ早く食べ切れる内容量のものを選ぶようにしましょう。

子犬でも食べれる「粒の大きさ・硬さ」もチェック

カリカリのドライタイプのドッグフードを食べ始めたばかりの子犬は、粒の大きさによっては上手に食べられないことがあります。成犬であっても、よく噛まずにドライフードを丸のみするように食べてしまう犬も多いです。

 

よく噛まずに食べてしまうと吐き戻しすることもあるので、しっかりと噛んで食べられる粒の大きさのものを選んであげる必要があります。特にチワワやヨークシャーテリアのような超小型犬は、喉に詰まらないような小粒のものを選ぶようにしましょう。

 

また粒の大きさだけでなく、歯が発達していない子犬でもしっかりと噛める硬さのものを選んであげることが大切です。少し柔らかめのものから始めて、しっかりと噛めていれば徐々に硬めのものにしていくといいでしょう。

ドッグフードのタイプで選ぶ

ドッグフードには大きく分けてカリカリという食感のドライフードと水分が多いウェットフードの2種類があります。どちらか一方だけを毎日与えるという方法もありますが、併用するという与え方もありますので、状況によって使い分けてみるといいでしょう。

食べ応えがあり歯も鍛える「ドライタイプ」

ペット用品売り場でよく目にするのがドライタイプのドッグフードです。カリカリという食感で、食べながら歯や顎を鍛えることもできます。常温保存することができて持ち運びにも便利です。

 

賞味期限も長いものが多く、与えるときに様子を見ながら量の加減をすることも簡単です。ウェットに比べると食べ過ぎることが少なく、肥満防止にもなります。

 

ただし離乳食からすぐにドライタイプのフードに移行するのは難しく、最初はお湯で柔らかくしてあげて、少しずつ固いものに慣れさせていく必要があります。

柔らかくて子犬にも食べやすい「ウェットタイプ」

ウェットタイプのドッグフードは、パウチや缶詰のフードです。離乳食を卒業したばかりの子犬には食べやすいドッグフードです。栄養のバランスを考えながら食いつきが良くなるように工夫されているものが多く、子犬が好む味と匂いに仕上げられているものが多いです。

 

ただし食べやすいために食べ過ぎてしまうことも多く、肥満になることもあるので与える量に注意する必要があります。ウェットタイプのフードに慣れすぎてしまうとドライタイプのフードを食べなくなることもあるので、注意しましょう。

 

できればウェットタイプとドライタイプのドッグフードを併用して、上手く使い分けていくようにしましょう。

 

 

ドライタイプの子犬用ドッグフード人気おすすめ7選

7位

チャンピオンペットフーズ (Champion Petfoods)

ドッグフード パピー&ジュニア

価格:3,511円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新鮮な材料を使用したグレインフリーのドッグフード

新鮮な原材料で作られた穀物不使用の子犬用ドッグフードです。このドッグフードだけで子犬が必要としている栄養素は十分に摂れるので、他の食べ物を混ぜる必要はありません。人工の着色料や保存料を一切使用していないので、安心して与えることができます。

 

肉だけでなく野菜や魚類なども加えられているので、味に飽きることがなく美味しく食べながら子犬に成長に必要な栄養素をしっかりと摂ることができます。

タイプドライ内容量2kg
原材料鶏肉・白身魚・全卵・野菜他原産国カナダ

口コミを紹介

うちの子は譲渡して貰った子なので、うちに来てから約2週間は、もとのお家で貰ってたフードを使っていたのですが、そのフードが無くなるタイミングでアカナに替えました。替えたとたんに食いっぷりが良くなり、お散歩もいっぱいしてあげることで、グングン成長してくれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

チャンピオンペットフーズ (Champion Petfoods)

ドッグフード パピー

価格:1,288円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間用食品の加工業界基準に則ったドッグフード

アメリカで契約した農家や漁師などの生産者から仕入れた新鮮な原材料をたっぷり使用した子犬用の栄養豊富なドッグフードです。どこで誰が作った原材料が使用されているのかが一目瞭然で、安心して与えることができます。

 

肉や魚、卵や野菜・果物などがたっぷりと含まれていて、人間用食品の加工業界基準に則って作られているので、味に飽きることなく子犬に必要な栄養素をしっかりと摂ることができます。

タイプドライ内容量340g
原材料鶏肉・七面鳥肉・サバ・全卵・ホウレン草・リンゴ他原産国アメリカ合衆国

口コミを紹介

数々のサイトやランキングに入っていて、犬先進国の欧米でも常にランク入りのオリジン。まずその時点で安心ですし、グレインフリーでたんぱく質の多さが決め手となりました。活発なイタグレなので、少々多めに与えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ネスレピュリナペットケア

ピュリナ ワン 子犬用(1歳まで) ほぐし粒入り 子犬の発育と健康ケア チキン

価格:1,082円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歯の健康を維持するほぐし粒入りドッグフード

ほぐし粒を配合し、よく噛むことで歯垢や歯石がつきにくくすることによって歯の健康を維持する子犬用のドッグフードです。また目と脳の発達を促すために母乳に含まれる天然DNAも配合されています。

 

700gの小分けパックが3袋入っていますので、愛犬は新鮮な風味を保ったままドッグフードを食べ切ることができます。

タイプドライ内容量2.1kg
原材料チキン・米・とうもろこし・オーツ麦・にんじん他原産国アメリカ合衆国

口コミを紹介

うちのワンコはペロリと食べてしまう早食いさんで、消化不良とか心配で食器を変えても直らないので口コミでこれがいいと見て変えてみました。いろんな種類が入っているおかげなのか、うちのワンコもしっかり噛んで食べるようになり、食べるスピードも以前よりは確実に遅くなりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

日本ヒルズ・コルゲート

ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード パピー 1歳まで

価格:3,564円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

獣医師が推奨するサイエンスダイエットの子犬用ドッグフード

アメリカの獣医師が推奨するドッグフードとして有名なサイエンスダイエットの子犬用ドッグフードです。栄養学者が研究を重ねた栄養素がたっぷりと詰まっています。子犬の本来の免疫力を保ち、脳の発達と優れた学習能力をサポートします。

 

自然素材による高品質なたんぱく質が骨格の成長と運動能力の発達をサポート。人工の着色料・香料・保存料・チキン副産物ミールは使用されていません。

タイプドライ内容量6.5kg
原材料チキン・ターキー・トウモロコシ・魚油・米他原産国オランダ

口コミを紹介

6か月の柴犬に与えています。ガツガツ残さず食べてますので、それなりにおいしいのだと思っています。音もカリカリ言ってるので、歯にも良さそうです。毛並みが良くなった気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ベッツ・チョイス・ジャパン

セレクトバランス パピー チキン 小粒 子犬・母犬用

価格:1,815円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1歳未満の子犬と妊娠・授乳期の母犬のための国産ドッグフード

1歳未満の子犬と妊娠・授乳期の母犬の健康維持をサポートする総合栄養食です。コエンザイムQ10とクランベリーを配合することにより、被毛と地肌の美しさをサポートし、下部尿路の健康を維持します。

 

ヘルシーであっさりとした美味しさで飽きがこないように仕上がっています。合成保存料無添加・無着色・無香料で安心して与えることができます。

タイプドライ内容量1kg
原材料乾燥チキン・とうもろこし・米・クランベリー・フラクトオリゴ糖・コエンザイムQ10他原産国日本

口コミを紹介

柴犬パピーお迎えにあたり、ブリーダーさんで食べていたこちらを購入。開けた瞬間いい香りがしました。子犬は毎日喜んで食べ、しつけのご褒美がこれだけで十分なほど。体重もぐんぐん増え、元気に育ってくれています。ドッグフード初心者ですが、成分もよいようですし、国内ブランドですし、値段よりお得に感じています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ニュートロジャパン

シュプレモ 全犬種用 子犬用

価格:1,426円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全ての犬種の子犬向きのドッグフード

超小型犬から大型犬まで、全ての犬種の子犬向きの栄養豊かなドッグフードです、子犬だけでなく妊娠・授乳期の母犬や、高栄養を必要としている犬にもおすすめです。15種類の厳選した自然素材を使用した栄養バランスが良いフードです。

 

小粒なので子犬にも食べやすく、飽きずに食べられる美味しさです。ドライタイプに慣れていない子犬にもふやかしやすい形状です。

タイプドライ内容量1kg
原材料チキン・玄米・オーツ麦・トマト・ホウレン草・ブルーベリー他原産国アメリカ合衆国

口コミを紹介

3ヶ月の子犬ですが、このドッグフードはよく食べます。今まで別のドッグフードをあげていた時はのんびり食べていたのに、こちらに変えた初日から、びっくりするほど食いつきがよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ROYAL CANIN Japan

SHNミニ インドア パピー

価格:4,917円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

室内で暮らす小型犬の子犬専用ドッグフード

ロイヤルカナンの小型犬の子犬専用のドッグフードです。室内で暮らしている小型犬の健康維持に配慮されています。消化性の高いたんぱく質と炭水化物に食物繊維もバランスよく配合されています。

 

オメガ3系不飽和脂肪酸が配合されることによって、美しい被毛を維持するように配慮されています。適度な硬さがあるので、しっかりと噛むことによって歯石の形成を防ぐこともできます。

タイプドライ内容量4kg
原材料鶏・七面鳥・米・とうもろこし・魚油・大豆油・フラクトオリゴ糖他原産国フランス

口コミを紹介

ショップでは、ロイヤルカナンをあげているとの事だったので、柴犬の子犬用を先走りで購入しましたが、引き渡し時に本品の800gをもらい食い付きが良いので、追加購入しました。まだ2カ月ちょっとの豆柴なので、しばらくは本品だけを与えて、徐々に子犬用を混ぜながら柴犬子犬用に移行していこうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ドライタイプの子犬用ドッグフードおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5758051の画像

    ROYAL CANIN Japan

  • 2
    アイテムID:5758042の画像

    ニュートロジャパン

  • 3
    アイテムID:5758031の画像

    ベッツ・チョイス・ジャパン

  • 4
    アイテムID:5758018の画像

    日本ヒルズ・コルゲート

  • 5
    アイテムID:5758014の画像

    ネスレピュリナペットケア

  • 6
    アイテムID:5756804の画像

    チャンピオンペットフーズ (Champion Petfoods)

  • 7
    アイテムID:5756802の画像

    チャンピオンペットフーズ (Champion Petfoods)

  • 商品名
  • SHNミニ インドア パピー
  • シュプレモ 全犬種用 子犬用
  • セレクトバランス パピー チキン 小粒 子犬・母犬用
  • ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード パピー 1歳まで
  • ピュリナ ワン 子犬用(1歳まで) ほぐし粒入り 子犬の発育と健康ケア チキン
  • ドッグフード パピー
  • ドッグフード パピー&ジュニア
  • 特徴
  • 室内で暮らす小型犬の子犬専用ドッグフード
  • 全ての犬種の子犬向きのドッグフード
  • 1歳未満の子犬と妊娠・授乳期の母犬のための国産ドッグフード
  • 獣医師が推奨するサイエンスダイエットの子犬用ドッグフード
  • 歯の健康を維持するほぐし粒入りドッグフード
  • 人間用食品の加工業界基準に則ったドッグフード
  • 新鮮な材料を使用したグレインフリーのドッグフード
  • 価格
  • 4917円(税込)
  • 1426円(税込)
  • 1815円(税込)
  • 3564円(税込)
  • 1082円(税込)
  • 1288円(税込)
  • 3511円(税込)
  • タイプ
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • 内容量
  • 4kg
  • 1kg
  • 1kg
  • 6.5kg
  • 2.1kg
  • 340g
  • 2kg
  • 原材料
  • 鶏・七面鳥・米・とうもろこし・魚油・大豆油・フラクトオリゴ糖他
  • チキン・玄米・オーツ麦・トマト・ホウレン草・ブルーベリー他
  • 乾燥チキン・とうもろこし・米・クランベリー・フラクトオリゴ糖・コエンザイムQ10他
  • チキン・ターキー・トウモロコシ・魚油・米他
  • チキン・米・とうもろこし・オーツ麦・にんじん他
  • 鶏肉・七面鳥肉・サバ・全卵・ホウレン草・リンゴ他
  • 鶏肉・白身魚・全卵・野菜他
  • 原産国
  • フランス
  • アメリカ合衆国
  • 日本
  • オランダ
  • アメリカ合衆国
  • アメリカ合衆国
  • カナダ

ウェットタイプの子犬用ドッグフード人気おすすめ3選

3位

マース ジャパン リミテッド

シーザー 2ヶ月からの子いぬ用 ビーフにんじん&たまご入り

価格:3,006円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子犬も食べやすい栄養たっぷりのウェットフード

子犬が大好きなビーフに、野菜やたまごを加えた食べやすいドッグフードです。離乳食を卒業したばかりの子犬におすすめです。総合栄養食なので、このフードだけでも食事としては十分ですが、ドライタイプのドッグフードと一緒に与えることもできます。

 

食欲が落ちて水分不足になる暑い時期や、水を飲まなくなる冬の水分補給もできるドッグフードです。缶詰ではないのでゴミの減量にも役立ちます。

 

 

 

タイプウェット内容量100g×24個
原材料肉類・野菜類・たまご・食物繊維他原産国オーストラリア

口コミを紹介

2か月から4か月まで、パピヨンの子犬の食いつきもよくおいしかったようです。おかげさまで、元気に成長することができました!ありがとうございます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ニュートロジャパン

シュプレモ 子犬用 トレイ

価格:3,680円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材を丸ごと生かした総合栄養食

17種類の新鮮な素材をたっぷりと使用して、子犬が食べやすい味に仕上げたウエットタイプのドッグフードです。肉だけでなく野菜もたっぷり摂ることができます。栄養バランスが良いので、このウェットだけでも十分ですが、ドライと組み合わせて与えることもできます。

 

着色料・発色剤・香料・保存料不使用で、安心して子犬に与えることができます。

タイプウェット内容量100g×24個
原材料チキン・ラム肉・サーモン・たまご・玄米・ホウレン草・トマト他原産国アメリカ

口コミを紹介

カニンヘンダックスの子犬用に。ドライをふやかしたものと混ぜてあげていますが、これをまぜると食べっぷりが良くなりますので欠かせません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

日本ヒルズ・コルゲート

サイエンス・ダイエット ドッグフード ウェットトレイ パピー

価格:2,358円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目にも美味しそうなサイエンスダイエットのウエットフード

角切りの肉に野菜や玄米をプラスした見た目にも美味しそうなサイエンスダイエットのウエットタイプのドッグフードです。消化吸収に優れた原材料を使用しているので子犬にも食べやすく、開けて容器のまま与えることもできるので便利です。

 

普段はドライフードを食べている子犬にご褒美として与えるのもおすすめです。合成の香料・保存料は使用していません。

タイプウェット内容量99g×12個
原材料チキン・ポーク・玄米・ニンジン・ホウレン草他原産国アメリカ合衆国

口コミを紹介

量はそんなに無いので、これだけあげるわけではなく、いつものふやかしたカリカリの上にトッピングしますが、もう、ガツガツと凄い勢いで食べ、お皿ビカピカになります。ダントツでこれが好きらしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

ウェットタイプの子犬用ドッグフードおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5758074の画像

    日本ヒルズ・コルゲート

  • 2
    アイテムID:5758071の画像

    ニュートロジャパン

  • 3
    アイテムID:5758069の画像

    マース ジャパン リミテッド

  • 商品名
  • サイエンス・ダイエット ドッグフード ウェットトレイ パピー
  • シュプレモ 子犬用 トレイ
  • シーザー 2ヶ月からの子いぬ用 ビーフにんじん&たまご入り
  • 特徴
  • 見た目にも美味しそうなサイエンスダイエットのウエットフード
  • 素材を丸ごと生かした総合栄養食
  • 子犬も食べやすい栄養たっぷりのウェットフード
  • 価格
  • 2358円(税込)
  • 3680円(税込)
  • 3006円(税込)
  • タイプ
  • ウェット
  • ウェット
  • ウェット
  • 内容量
  • 99g×12個
  • 100g×24個
  • 100g×24個
  • 原材料
  • チキン・ポーク・玄米・ニンジン・ホウレン草他
  • チキン・ラム肉・サーモン・たまご・玄米・ホウレン草・トマト他
  • 肉類・野菜類・たまご・食物繊維他
  • 原産国
  • アメリカ合衆国
  • アメリカ
  • オーストラリア

子犬がドッグフードを食べないときのフードのふやかし方

離乳食を卒業したばかりの子犬は、まだ固いドライタイプのドッグフードをうまく食べられないことがあります。また食べられるようになってからも、暑い時期などに食欲がなくなってしまうこともあります。

 

うまく食べられないときや食欲がないときは、フードをふやかしてみましょう。ふやかし方は、まず粒が大きいフードの場合は細かく砕いておきます。フードを容器に入れて、ぬるま湯をひたひたになるまで加えてよくかき混ぜます。

 

ふやかすことによって香りが増して子犬の食欲をそそります。うまく食べられなくてふやかす場合は、永久歯が生える6~7ヶ月くらいまでには、ふやかさずに食べられるように、少しずつ固いものも混ぜていくようにしましょう。

まとめ

子犬のドッグフードの選び方と、おすすめ人気ドッグフードを10選ご紹介しました。良質のドッグフードは子犬の健やかな成長には欠かせません。注意しなければいけないポイントは多いですが、愛犬のために美味しくて栄養たっぷりのドッグフードを選んであげてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ