ラムベースのドッグフードの人気おすすめランキング13選【ヘルシー・グレインフリーのものも】

ラムベースのドッグフードはダイエットやアレルギー対策に使うものだけでなく・子犬やシニア用・安いものなど多種多様です。今回はラムベースドッグフードの選び方やアカナなどのおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。国産や無添加のフードもチェックしましょう。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

メリットの多いラムベースのドッグフードで健康を保とう

子犬やシニアに関わらず、大切な愛犬のドッグフードはなるべく良質なものを選びましょう。ラム肉は高タンパク低カロリーで、アレルギー発症率の低いメリットの多い素材です。でも実は、どんなラムベースのドッグフードでよいわけではありません。

 

ラムベースのドッグフードには必要な栄養が足りなかったり、アレルギーが出やすい穀物を多用しているものもあります。ドッグフードを選ぶなら、安いかどうかだけでなく、無添加やアカナなどのメーカーに注目し、愛犬の健康に配慮したものがおすすめです。

 

そこで今回は、ラムベースのドッグフードの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、タンパク質量・グレインフリー(穀物不使用)・品質を基準に作成しました。ラム肉のメリットを確認して、愛犬の健康管理に役立ててください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

高タンパクのラムベースドッグフードおすすめ

1位

RIGALO(リガロ)

ハイプロテイン ラム 1.8kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 4,400円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タンパク質を豊富に含んだドッグフード

タンパク質を37%も含むラムベースのドッグフードです。ラムの生肉を使用しており、アミノ酸と良質なタンパク質がバランスよく入っています。そのため、犬が好みやすい生肉なら愛犬の食いつきも期待できます。

 

原材料にはサーモンも使用されていますが、魚肉はコレステロール値が低い食材なので、サーモンにアレルギーがない犬には大変おすすめです。豊富な栄養をバランスよく摂取させられるので、ぜひ試してみてください。

基本情報
タンパク質 37%
アレルギー対応 グレインフリー
内容量 1.8kg
原料 ラム・チキン・ホワイトフィッシュなど
対象年齢 -
対象犬種 -
原産国 -
カロリー 350kcal/100g
もっと見る

グレインフリーのラムベースおすすめ

1位

Nutro(ニュートロ)

ナチュラルチョイス 減量用 全犬種用 成犬用 ラム&玄米 7.5kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 6,826円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おいしさと栄養を両立しながら減量を目指せるドッグフード

減量が必要な犬向けのフードです。摂取カロリーは低く抑えながらも、第一主原料にラム生肉を使用し、抜群のおいしさと栄養をキープしています。コンドロイチン・グルコサミンを多く含んでいるため、体重を支える関節のケアも可能です。

 

穀類は米由来のものに抑えてあるので、穀物アレルギーにも対応している大人気のフードです。嗜好性の高い生肉を使っているところも、非常に魅力的です。減量を目指しながらも、愛犬においしく楽しい食事を与えられます。

基本情報
タンパク質 23%
アレルギー対応 あり
内容量 1~13.5kg
原料 ラム・玄米・米ぬかなど
対象年齢 アダルト
対象犬種 全犬種
原産国 アメリカ
カロリー 300kcal/100g
もっと見る

高品質のラムベースおすすめ

1位

Ziwi(ジウイ)

エアドライ・ドッグフード トライプ&ラム 2.5kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 16,940円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質のニュージーランド産ラム肉を豊富に使用

タンパク質を35%以上も含むジウィピークは、ニュージーランド原産の天然素材のみを使用しています。パッケージがパウチになっているため、常温保存が可能です。ただし、8週間以内に使い切るようにしましょう。

 

世界で高品質と評されるニュージーランド産のラム肉・生ハート・生レバー・生キドニー・生トランプを使用しています。多くのエネルギーを要する成長期の子犬はもちろん、病気やケガをして療養中の犬にもおすすめです。

基本情報
タンパク質 35%
アレルギー対応 グレインフリー
内容量 2.5kg
原料 生肉・内蔵・魚介類など
対象年齢 全年齢
対象犬種 全犬種
原産国 ニュージーランド
カロリー -
もっと見る

ラムベースドッグフードの選び方

ラムベースのドッグフードにはたくさんのメリットがあります。ラム肉の含有量・アレルギー対策としての選択・フード全体の品質の3つのポイントから見ていきましょう。

ラム肉の含有量で選ぶ

ラムベースのドッグフードは、ラム肉の表記があるからといってすべてのドッグフードに充分な栄養が含まれているのではありません。ちゃんとラムの含有量をチェックしましょう。

ラム肉の量を調べるなら「含有量」の確認がおすすめ

ラム肉は犬の嗜好性が高いうえ、高タンパクかつ低カロリーの原料なので積極的に日々のドッグフードへ取り入れたいものです。しかし、ラムの使用されているフードには、小麦・大麦・米などの穀類が多くの割合を占めているものもあります。

 

また、理想的なラム肉の割合は25%以上ですが、実はフード全体に占めるラム肉の割合が不明瞭なものもたくさんあります。ラム肉自体が高価な原材料なので、価格をおさえようとして混ぜ物が多くなるからです。

 

これらを避けるためには、第一主原料がラム肉になっているかをしっかりと確認する必要があります。フードによってはラム肉の含有量が50%以上もある商品もありますので、必要に応じてチェックしましょう。

国産や無添加などがいいなら「質」で選ぶ方法がおすすめ

ラム肉といっても、すべてが良質な原料を使用しているとは限りません。製品化にかけるコストを抑えるために、ラム生肉よりも安価なラムミール・乾燥ラム・ラム粉・ラム副産物など栄養価の低い原材料を使用しているフードもあります。

 

それらの原材料が使われていても良質なラム肉である内容が明記されていれば問題ありませんが、不明な場合は気をつけましょう。人の食材にはならなかった部位や、廃棄間近の肉を原料にしている可能性もあるので、公式サイトで確認してください。

 

理想は、第一主原料がラム生肉です。限りなく肉食に近い犬にとってラム生肉は嗜好性が高く食いつきも期待できます。また、国産や着色料や香料などが無添加のものもおすすめです。このタイプのものは安全性が高いので、安心して与えられます。

ライフステージに合わせるなら「タンパク質量」が高いものがおすすめ

ラム肉の含有量が豊富なものを選んでも、それらが全てタンパク質量の高いフードであるとは限りません。総合栄養食としてのドッグフードに占めるべきタンパク質量の割合はAAFCOが成長期は22.5%・維持期で18%を最低ラインに定めています。

 

犬にとって欠かせないタンパク質は犬の筋肉や被毛を形成するうえでも重要な栄養素です。1日の必要量は成犬で1kgあたり1.3〜2.8gですが、それはあくまで基準であって、実際は犬によってさまざまです。

 

同じ成犬でも愛犬の体質・体調・ライフステージが異なれば必要なタンパク質量が違います。適切なタンパク質量と栄養素が含まれているかの確認が必要です。味の好みも犬によって違うので、食いつきのよさも大事にしましょう。

アレルギー対策として選ぶ

ラム肉以外のタンパク質アレルギーや穀物アレルギーを持つ犬たちにとっても、ラムベースのドッグフードはアレルギー対策としての期待が持てるおすすめのフードです。

チキンなどを与えたくないなら「ラム以外の肉がない」ものがおすすめ

犬のアレルギーの発症にはさまざまな環境要因が考えられますが、食物アレルギーを引き起こすアレルゲンのひとつはドッグフードに含まれるタンパク質です。犬がアレルギーを発症しやすい食材には乳製品・チキン・豚肉・小麦や大豆などの穀類・卵があります。

 

ラム肉はドッグフードによく使われるチキンなどとは異なる珍しいタンパク源です。アレルギーの発症率が低いので、愛犬に食物アレルギーが疑われる場合には、ラムベースのフードに切り替えてみましょう。

 

いくつものタンパク質源を使用したフードを与えてしまうと、いざアレルギーが起きたときになにが原因であるかを判断しづらくなります。以下の記事ではアレルギー対策用ドッグフードの人気おすすめランキングを紹介しているので、ぜひご覧ください。

穀物に注意するなら「ラム&玄米」がおすすめ

アレルギーのない犬ならば穀物を無理に避ける必要はありません。しかし、もし愛犬に穀物アレルギーが疑われるときは、穀類でもアレルゲンになりにくいひよこ豆やサツマイモを原材料にしたフードをおすすめします。

 

ラム&ライスのフードはアレルギーによさそうですが、実際にはライス(米)以外にアレルゲンとなりやすい大豆・小麦・トウモロコシを使用している場合があります原材料の3番目以内に穀物の記載があれば、その穀物の使用量が多いので確認してください。

 

穀物は犬のエネルギー源としてある程度は必要ですが、限りなく肉食に近い犬にとって肉は欠かせない栄養源です。しかし、穀物アレルギーやリスクを避けたい場合は、穀物をまったく含まないグレインフリー(穀物不使用)タイプやライス&玄米タイプもあります。

品質にこだわって選ぶ

せっかくラムベースのドッグフードを選んでも、フード自体の品質に悪ければ意味がありません。ドッグフードを購入するときは2つのポイントをチェックしてみましょう。

品質にこだわるなら「ロイヤルカナン」や天然添加物のフードがおすすめ

ロイヤルカナン・ジャポンは、犬や猫の健康を害するものが食事にあると考え、栄養バランスによって犬や猫の体調不良を根本的に治す目的で研究・開発・販売を行うブランドです。フードの品質を考えるなら、ロイヤルカナンのドッグフードを選びましょう。

 

そのほかのドッグフードでは添加物に注目してください。添加物には天然添加物と合成添加物の2種類が存在しますが、このうち天然添加物は自然界に存在するものを抽出して作り出されているため、あまり心配はいりません。

 

しかし、人工的に化学合成された合成添加物には犬の害になるものもあります。かさ増しで添加物が入れられている場合もあるので気をつけましょう。以下の記事では無添加ドッグフードの人気おすすめランキングを紹介しているので、ぜひご覧ください。

安全性にこだわるなら原材料や製造工場が「明確」なものがおすすめ

品質のいいドッグフードを選ぶには、原材料の品質も把握する必要があります。しかし、ドッグフードは最終的に加工された国が原産国になるので、原産国が日本となっていても原料は外国産を使用している場合もあるので気をつけましょう。

 

また、ドッグフードには詳細な情報の開示が義務づけられていません。ですから、どんな原料を使ってどのように加工されているかを知らぬまま愛犬に与えてしまう可能性があります。実際、記載されたものを読んだだけではよくわからない場合が多いです。

 

フードを購入するときは原材料の仕入先・生産地・製造工場などの情報が詳細に開示されているかを公式ホームページで確認しましょう。産地や製造工場の情報が明確なドッグフードがおすすめですが、わからない場合は、主原料の産地をチェックしてください。

品質だけでなく「安い価格・コストとのバランス」を確認

ドッグフードの質はこだわらなければなりませんが、果たして無理なく続けられる商品かコスト面でのチェックをしてから購入しましょう。犬は人間と違って、食事のたびに違うものを食べる習慣があまりありません。

 

同じフードを長期間与える場合も多いので、コスト面が合わなかったために、その都度ドッグフードを変えていては、愛犬の体にかかる負担が大きくなります。とりわけラムベースのドッグフードは、原材料であるラム肉自体が高価です。

 

ラムベースは豚肉やチキンなどの食材を使ったフードよりどうしても価格が高くなりがちなので、1日あたりにかかる費用を算出して、適切なフードを選びましょう。以下の記事では安いドッグフードの人気おすすめランキングを紹介しているので、ぜひご覧ください。

子犬などへ試しに与えるなら「ラム肉のみの缶詰」もチェック

原材料をラム肉にこだわりたい方や、いきなりラムベースのドッグフードに手を出せないときは、ラム肉100%の缶詰がおすすめです。粗挽きにしたラム肉をミンチ状に仕上げてあるので子犬でも少量ずつ与えられます。

 

水分をたっぷり含み、肉の旨味を贅沢に味わえるので食いつきにも期待できます。もし与えているフードへの食いつきがイマイチだったり、だんだんと食べる速度が落ちてきた・残す量が増えてきたときは、トッピングとして加えてみましょう。

 

もちろん、缶詰でも原材料や製造過程のチェックは欠かせません。以下の記事ではラムに限らず、缶詰ドッグフードの人気おすすめランキングを紹介しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

アカナなど「メーカー」を確認

ラムベースのドックフードはさまざまなメーカーから販売されており、アカナなど有名な会社もあります。ドッグフードはメーカーによってこだわりや価格が異なるため、自分に合ったものを選ぶ基準にしましょう。

高タンパクのラムベース人気おすすめランキング3選

3位

ACANA(アカナ)

グラスランドドッグ 2kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 4,147円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラムとチキンの違いも楽しめるアカナのドッグフード

35%のタンパク質を含むグラスランドドッグは、カナダで草を与えられて育った羊肉を使用したラムベースのドッグフードです。生のラム肉を8%使用しているほか、ラム肉ミールが8%・生レバーが4%含まれています。

 

グレインフリーでもあるため、穀物アレルギーの犬にも与えられます。また、アカナのドッグフードは、ほかにもチキンなど種類も豊富です。受賞歴のあるキッチンで製造されているドッグフードなので、ぜひ試してみてください。

基本情報
タンパク質 35%
アレルギー対応 グレインフリー
内容量 2~6kg
原料 生ラム肉・カモ肉・全卵など
対象年齢 -
対象犬種 -
原産国 -
カロリー 3850kcal
もっと見る

口コミを紹介

今までで一番食いつきもよく食事の時間が楽しみになってるようで早く頂戴と大騒ぎ。
涙やけも薄くなってきて飼い主としても良かったです。軟便もないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

K9ナチュラルジャパン

フリーズドライ ラム・フィースト 500g(2kg分)

Amazon での評価

ベストセラー6位 フリーズドライ部門

(2024/07/16調べ)

価格: 6,107円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

非加熱フリーズドライ製法のラムベースドッグフード

原材料や生産地が明確で、タンパク質は35.5%も含むすぐれたラムベースのドッグフードです。ニュージーランドの豊かな大地のなかで放牧されて育った羊は、人間食用と同じ健康なものなので、安心して与えられます。

 

抗生物質・サプリメント・成長ホルモン剤などは一切使用していないと明記されています。また、加工するときに調理熱が45度以上に上らないようにする非加熱フリーズドライ製法で作られているため、鮮度が高いです。

基本情報
タンパク質 35.5%
アレルギー対応 有り
内容量 500g
原料 子羊肉・レバー・心臓など
対象年齢 全年齢
対象犬種 -
原産国 ニュージーランド
カロリー 572.5kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

我が家の2.0kgと2.6kgのヨークシャーテリア女の子に朝ごはんとして与えています。夢中になって食べ、なくなった皿をいつまでも舐めています。500g一袋で1ヶ月弱もつので少し高価かなと思いましたが、娘達が喜び食べるので満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

RIGALO(リガロ)

ハイプロテイン ラム 1.8kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 4,400円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タンパク質を豊富に含んだドッグフード

タンパク質を37%も含むラムベースのドッグフードです。ラムの生肉を使用しており、アミノ酸と良質なタンパク質がバランスよく入っています。そのため、犬が好みやすい生肉なら愛犬の食いつきも期待できます。

 

原材料にはサーモンも使用されていますが、魚肉はコレステロール値が低い食材なので、サーモンにアレルギーがない犬には大変おすすめです。豊富な栄養をバランスよく摂取させられるので、ぜひ試してみてください。

基本情報
タンパク質 37%
アレルギー対応 グレインフリー
内容量 1.8kg
原料 ラム・チキン・ホワイトフィッシュなど
対象年齢 -
対象犬種 -
原産国 -
カロリー 350kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

フレンチブルドッグ7歳アレルギーに悩んでいて、このフードと出会いずっと愛用!
毛並みの良さをいつも褒められます!

出典:https://www.amazon.co.jp

高タンパクのラムベースおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 タンパク質 アレルギー対応 内容量 原料 対象年齢 対象犬種 原産国 カロリー
1位 アイテムID:13024410の画像

Amazon

楽天

ヤフー

タンパク質を豊富に含んだドッグフード

37%

グレインフリー

1.8kg

ラム・チキン・ホワイトフィッシュなど

-

-

-

350kcal/100g

2位 アイテムID:13017740の画像

Amazon

楽天

ヤフー

非加熱フリーズドライ製法のラムベースドッグフード

35.5%

有り

500g

子羊肉・レバー・心臓など

全年齢

-

ニュージーランド

572.5kcal/100g

3位 アイテムID:13017737の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ラムとチキンの違いも楽しめるアカナのドッグフード

35%

グレインフリー

2~6kg

生ラム肉・カモ肉・全卵など

-

-

-

3850kcal

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

グレインフリーラムベースの人気おすすめランキング4選

4位

Nutro(ニュートロ)

ナチュラルチョイス [超小型犬-小型犬用] ラム&玄米 3kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 3,630円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富な栄養素を含んだラム&玄米アレルギー対応ドッグフード

主に柴犬・ミニチュアダックスフンド・シーズーなどの小型犬に適したラム&玄米のフードです。愛犬の皮膚と被毛の健康をサポートします。消化しやすいラムやチキンを主原料として、良質のタンパク質を供給可能です。

基本情報
タンパク質 22%
アレルギー対応 有り
内容量 1~6kg
原料 ラム・ラムミール・粗挽き米など
対象年齢 アダルト
対象犬種 小型犬・超小型犬
原産国 アメリカ
カロリー 355kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

ペキプーですが膵炎後に変えました。毛艶がよくなりフケやベタ付きが改善されました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Natural Dog Food Company

ラム (2kg) 全犬種 全年齢 対応

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 5,060円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

穀物不使用で着色料・香料が無添加のドッグフード

穀物不使用で香料不使用、さらに無着色の無添加なので安心して与えられます。タンパク質源には良質なグラスフェッドラムがたっぷりと入っており、カルニチンや不飽和脂肪酸を豊富に摂取させられるドッグフードです。

 

ビタミンA群とB群・鉄分を含んでいるだけでなく、食物繊維を多く含むサツマイモを使用しており、穀物不使用を実現しました。欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準をクリアした工場で製造されている点も魅力です。

基本情報
タンパク質 22%
アレルギー対応 グレインフリー
内容量 2kg
原料 ラム・サツマイモ・レンズ豆など
対象年齢 全年齢
対象犬種 全犬種
原産国 イギリス
カロリー 342kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

なかなか合うけどドッグフードがなかったのお腹の調子も良くなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パーパス

ラムシニア 2.4kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 3,015円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

加齢や手術を経てダメージを負った愛犬を優しくケアするドッグフード

主に高齢犬体重管理を必要とする犬去勢手術後の犬に適したフードです。消化吸収にすぐれたラム肉と玄米を主な原料にしているため、食物アレルギー体質の犬にも与えられます。大容量であり、コスパも抜群です。

 

着色料・合成保存料・人工香料・乳製品・糖分など犬にとって不要な材料を一切使用していません加齢・肥満・手術を経てダメージを負った愛犬の体を優しくケアできます。長年愛用するユーザーも多いフードです。

基本情報
タンパク質 22%
アレルギー対応 小麦不使用
内容量 2.4kg
原料 ラム肉粉・玄米・大麦など
対象年齢 シニア
対象犬種 -
原産国 アメリカ
カロリー 330kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

いろいろなフードを試しましたが、やはりこのフードがいいですよね。脂肪分が多くないからブツブツもできないし、被毛のコンディションはいつもよくて、400gずつ分包されているから酸化を心配せず使える。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Nutro(ニュートロ)

ナチュラルチョイス 減量用 全犬種用 成犬用 ラム&玄米 7.5kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 6,826円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おいしさと栄養を両立しながら減量を目指せるドッグフード

減量が必要な犬向けのフードです。摂取カロリーは低く抑えながらも、第一主原料にラム生肉を使用し、抜群のおいしさと栄養をキープしています。コンドロイチン・グルコサミンを多く含んでいるため、体重を支える関節のケアも可能です。

 

穀類は米由来のものに抑えてあるので、穀物アレルギーにも対応している大人気のフードです。嗜好性の高い生肉を使っているところも、非常に魅力的です。減量を目指しながらも、愛犬においしく楽しい食事を与えられます。

基本情報
タンパク質 23%
アレルギー対応 あり
内容量 1~13.5kg
原料 ラム・玄米・米ぬかなど
対象年齢 アダルト
対象犬種 全犬種
原産国 アメリカ
カロリー 300kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

減量用のフードは全く美味しそうではない、うちはなんでも食べるので太らないように半分この減量用を混ぜていますおなか
の調子が悪くなることもなく、これからも購入したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

グレインフリーのラムベースおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 タンパク質 アレルギー対応 内容量 原料 対象年齢 対象犬種 原産国 カロリー
1位 アイテムID:13062291の画像

Amazon

楽天

ヤフー

おいしさと栄養を両立しながら減量を目指せるドッグフード

23%

あり

1~13.5kg

ラム・玄米・米ぬかなど

アダルト

全犬種

アメリカ

300kcal/100g

2位 アイテムID:13017752の画像

Amazon

楽天

ヤフー

加齢や手術を経てダメージを負った愛犬を優しくケアするドッグフード

22%

小麦不使用

2.4kg

ラム肉粉・玄米・大麦など

シニア

-

アメリカ

330kcal/100g

3位 アイテムID:13017749の画像

Amazon

楽天

ヤフー

穀物不使用で着色料・香料が無添加のドッグフード

22%

グレインフリー

2kg

ラム・サツマイモ・レンズ豆など

全年齢

全犬種

イギリス

342kcal/100g

4位 アイテムID:13017746の画像

Amazon

楽天

ヤフー

豊富な栄養素を含んだラム&玄米アレルギー対応ドッグフード

22%

有り

1~6kg

ラム・ラムミール・粗挽き米など

アダルト

小型犬・超小型犬

アメリカ

355kcal/100g

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

高品質のラムベース人気おすすめランキング6選

6位

ベッツチョイス

セレクトバランス アダルト ラム

Amazon での評価

(2024/07/18調べ)

価格: 9,900円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アダルト犬の健康維持に役立つ総合栄養食

アダルト犬の健康をキープできる栄養を豊富に含んだ総合栄養食です。毛並みや皮膚の健康を保つオメガ3・6脂肪酸や亜鉛、お腹の調子を整えるオリゴ糖などを配合しています。さらに無添加なので安心して与えられる点も魅力です。

基本情報
タンパク質 -
アレルギー対応 -
内容量 7kg
原料 乾燥ラム・玄米・米など
対象年齢 1歳以上
対象犬種 -
原産国 日本
カロリー 350kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

2歳のトイプードルに与えていますが喜んで食べています。デリケートな子には最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ベッツチョイス

セレクトバランス エイジングケア ラム

Amazon での評価

(2024/07/18調べ)

価格: 9,900円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老犬に適したヘルシーで栄養価が高いドッグフード

7歳以上の老犬に適した栄養を含んでいるドッグフードです。低脂肪かつヘルシーなので、愛犬が飽きずに食べられるうえに、アレルギーへの配慮もされています。股関節・関節・消化器官・被毛などの健康に役立つのでおすすめです。

基本情報
タンパク質 -
アレルギー対応 -
内容量 7kg
原料 乾燥ラム・玄米・米など
対象年齢 7歳以上
対象犬種 -
原産国 日本
カロリー 335kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

よく食べています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Eukanuba(ユーカヌバ)

シニアラム&ライス 7.5kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 7,038円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

獣医師やペットオーナー注目のラム&ライスドッグフード

獣医師やペットオーナーから注目を集めるロイヤルカナンのラム&ライスドッグフードです。シニア犬の健康増進を重視しており、7歳以上の愛犬にぴったりな栄養バランスを考えた総合栄養食だから、ほかのサプリメントは必要としません。

 

また、科学的に証明された3Dデンタ・ディフェンスによって、愛犬を健康な歯と歯ぐきに導くすぐれたドッグフードです。それだけでなく、骨や関節の機能維持に欠かせないカルシウムなども豊富に含まれています。

基本情報
タンパク質 25.5%
アレルギー対応 対応なし
内容量 7.5kg
原料 ラム肉・米・チキンなど
対象年齢 シニア
対象犬種 全犬種
原産国 アメリカ
カロリー 377kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

リニューアルパッケージでついに大型の袋に念願のジッパーが付きました!
袋も高級感を感じられる色合いに変わりました。味もとても良いようで、愛犬が大喜びで食べています。大変満足できる商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ヒルズサイエンス・ダイエット

セレクトバランス エイジングケア ラム

Amazon での評価

ベストセラー2位 ドライ部門

(2024/07/16調べ)

価格: 2,406円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルに購入できる全犬種対応のドッグフード

全犬種に対応しているラムベースのドッグフードです。1~6歳の犬に適しており、ビーグルやコーギーなどの中型犬種にも対応しています。アメリカの獣医師が推薦する品質を有しており、厳選された自然素材を使用した点も魅力です。

 

栄養価もすぐれており、適切な量で配合されたカルシウムやミネラル類が歯や骨の健康を助けます。また、必須アミノ酸をしっかり含んでいる高品質なたんぱく質を供給するため、筋肉の維持もできる総合栄養食です。

基本情報
タンパク質 20%以上
アレルギー対応 -
内容量 3.3kg~6kg
原料 トウモロコシ・小麦・ラムなど
対象年齢 1~6歳
対象犬種 全犬種
原産国 オランダ
カロリー 373kcal/100g
もっと見る

口コミを紹介

無着色無香料なのですが、とても美味しそうな香りがします。食の細い子なので心配でしたが、これならパクパク食べてくれそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ACANA(アカナ)

グラスフェッドラム 2kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 3,750円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラム肉を唯一の肉原材料とした子犬でも食べやすいドッグフード

ジャガイモと穀類を使っていないフードです。牧場で草を与えられて育ったラム肉を唯一の肉原材料として豊富に使用しているので、ラム肉以外のタンパク質源にアレルギーを持っている犬や子犬にも安心して与えられます。

 

新鮮な羊肉とフリーズドライの羊レバー、および軟骨の天然原材料が自然の必須栄養素を供給してくれるから、合成サプリメントを最低量に抑えられています。すべての原材料の質にこだわった逸品なので、ぜひ試してみてください。

基本情報
タンパク質 31%
アレルギー対応 グレインフリー
内容量 2kg
原料 生ラム肉・レバー・グリンピースなど
対象年齢 全年齢
対象犬種 全犬種
原産国 カナダ
カロリー 407kcal/120g
もっと見る

口コミを紹介

我が家の柴犬レンの大好物!
因みにアレルギー持ちの為限られた物しか食べさせられないので大変助かってます!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Ziwi(ジウイ)

エアドライ・ドッグフード トライプ&ラム 2.5kg

Amazon での評価

(2024/07/17調べ)

価格: 16,940円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質のニュージーランド産ラム肉を豊富に使用

タンパク質を35%以上も含むジウィピークは、ニュージーランド原産の天然素材のみを使用しています。パッケージがパウチになっているため、常温保存が可能です。ただし、8週間以内に使い切るようにしましょう。

 

世界で高品質と評されるニュージーランド産のラム肉・生ハート・生レバー・生キドニー・生トランプを使用しています。多くのエネルギーを要する成長期の子犬はもちろん、病気やケガをして療養中の犬にもおすすめです。

基本情報
タンパク質 35%
アレルギー対応 グレインフリー
内容量 2.5kg
原料 生肉・内蔵・魚介類など
対象年齢 全年齢
対象犬種 全犬種
原産国 ニュージーランド
カロリー -
もっと見る

口コミを紹介

缶詰フードに混ぜて使ってます。
おやつもジウィピークです。美味しそうな匂いで大好きみたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

高品質のラムベースおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 タンパク質 アレルギー対応 内容量 原料 対象年齢 対象犬種 原産国 カロリー
1位 アイテムID:13062459の画像

Amazon

楽天

ヤフー

高品質のニュージーランド産ラム肉を豊富に使用

35%

グレインフリー

2.5kg

生肉・内蔵・魚介類など

全年齢

全犬種

ニュージーランド

-

2位 アイテムID:13017763の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ラム肉を唯一の肉原材料とした子犬でも食べやすいドッグフード

31%

グレインフリー

2kg

生ラム肉・レバー・グリンピースなど

全年齢

全犬種

カナダ

407kcal/120g

3位 アイテムID:13023386の画像

Amazon

楽天

ヤフー

リーズナブルに購入できる全犬種対応のドッグフード

20%以上

-

3.3kg~6kg

トウモロコシ・小麦・ラムなど

1~6歳

全犬種

オランダ

373kcal/100g

4位 アイテムID:13017760の画像

Amazon

楽天

ヤフー

獣医師やペットオーナー注目のラム&ライスドッグフード

25.5%

対応なし

7.5kg

ラム肉・米・チキンなど

シニア

全犬種

アメリカ

377kcal/100g

5位 アイテムID:13022857の画像

Amazon

楽天

ヤフー

老犬に適したヘルシーで栄養価が高いドッグフード

-

-

7kg

乾燥ラム・玄米・米など

7歳以上

-

日本

335kcal/100g

6位 アイテムID:13023383の画像

Amazon

楽天

ヤフー

アダルト犬の健康維持に役立つ総合栄養食

-

-

7kg

乾燥ラム・玄米・米など

1歳以上

-

日本

350kcal/100g

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ドッグフードの切り替え方法と注意点

さっそくラムベースのドッグフードを愛犬に試してみたいけれど、餌の切り替え方法や注意点がわからないと不安です。そもそも犬は人間と違って食べるものの種類を変える習慣がないため、ドッグフードを変えると食いつきが悪くなる可能性があります。

 

そのため、餌を切り替えるときは愛犬の様子を見ながら、少しずつ実践しなければなりません。強引に変えて失敗しないように気をつけましょう。以下ではそれらに詳しいサイトのリンクをご紹介しているので、参考にしてください。

まとめ

ラムベースのドッグフードは選び方を知っておくと、商品ごとの異なる特徴や気をつける点がわかります。さまざまなライフステージや体質に合わせたドッグフードを見つけて、愛犬を健康な毎日に導きましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年05月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2024年最新版】ドッグフードの人気おすすめランキング14選【口コミ・評価も!】

【2024年最新版】ドッグフードの人気おすすめランキング14選【口コミ・評価も!】

ペット・ペット用品
缶詰ドッグフードのおすすめ人気ランキング15選【安いものから高級なものまで】

缶詰ドッグフードのおすすめ人気ランキング15選【安いものから高級なものまで】

ペット・ペット用品
コスパ良し!安いドッグフードのおすすめ人気ランキング19選【ホームセンターは安いし安全?】

コスパ良し!安いドッグフードのおすすめ人気ランキング19選【ホームセンターは安いし安全?】

ペット・ペット用品
成犬用ドッグフードの人気おすすめランキング11選【子犬用・成犬用も】

成犬用ドッグフードの人気おすすめランキング11選【子犬用・成犬用も】

ペット・ペット用品
【2024年最新版】チワワにおすすめの市販ドッグフード人気ランキング13選

【2024年最新版】チワワにおすすめの市販ドッグフード人気ランキング13選

ペット・ペット用品
子犬用ドッグフードのおすすめ人気ランキング15選【市販で買えるものも】

子犬用ドッグフードのおすすめ人気ランキング15選【市販で買えるものも】

ペット・ペット用品