無添加ドッグフードの人気おすすめランキング15選【ヒューマングレード】

記事ID9855のサムネイル画像

愛犬の健康面や栄養バランスに優れた無添加ドッグフード。良質な魚や肉を使用した無添加ドッグフードであれば危険な添加物や原材料を避け、涙やけや軟便を抑えることができます。今回は小型犬からシニア犬が安全に食べられる無添加ドッグフードをランキング形式でご紹介します!

安心安全な美味しい無添加ドッグフードを選ぼう!

愛犬の健康面を第一に考えると、安全なドッグフードを選びたいですよね。特に涙やけや軟便などに悩んでいる場合は、人工添加物を使用していない無添加ドッグフードがおすすめ。無添加ドッグフードは、香料や着色料、保存料などの使用を制限し、安心の成分や原材料で製造されたドッグフードです。

 

無添加ドッグフードは、良質な肉や魚をたっぷりと使用して栄養バランスを考えた商品が多いので、ぜひ愛犬には与えたいものですよね。実は無添加ドッグフードにはアレルギーを防止するグレインフリー商品や人間の食用レベルであるヒューマングレードの商品などが多いんです。

 

そこで今回は無添加ドッグフードの中から本当に良いと言われている商品を厳選し、無添加ドッグフードの人気おすすめランキング10選をご紹介します。また、無添加ドッグフードの選び方についてもまとめていますので、商品選びの参考になさってくださいね!

無添加ドッグフードの人気おすすめランキング10選

10位

トムキャット

ロッキーマウンテン プレミアム チキン

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ◎!良質な肉と魚が中心

チキンやラムなどのお肉、魚を主に肉副産物を一切使っていないドッグフード。人工着色料や合成保存料も無添加。良質なたんぱく質を中心に、愛犬に必要な栄養素を補給できます。1kg当たりの価格も385円というコスパの良さが人気!

原材料チキンミール・醸造用米粉・全粒小麦粉・トウモロコシ粉・動物性脂肪など原産国アメリカ
1kg当たりの価格約385円対象全年齢

口コミを紹介

いつも買ってます 安定の商品ですね(^-^)

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Symply Pet Foods Ltd

カナガンドッグフード チキン

価格:5,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒューマングレードの高タンパク質・低炭水化物配合

人間用の食品工場で生産され、ヒューマングレードの良質な原材料を使用。高タンパク質、低炭水化物。メインには、骨抜きチキン生肉を使用し、ビタミンやミネラルなどの総合的な栄養バランスも整ったドッグフード。小粒タイプですので、子犬や小型犬にも◎!

原材料骨抜きチキン生肉・乾燥チキン・サツマイモ・エンドウ豆・ジャガイモ・エンドウ豆タンパクなど原産国イギリス
1kg当たりの価格約2530円対象全犬種、全ライフステージ

口コミを紹介

与え続けて2カ月になりますが、毛のツヤがよくなり、円形に脱毛していたところも毛が生えてきて目立たなくなりました。今後も購入したいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

サクラペットフード

半生フード やわらかタイプ

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

獣医も推薦!シニアにおすすめの国産セミウエットタイプ

こちらはやわらかいセミモイストタイプのドッグフード。国産の生チキンを使用し、食欲が落ちたシニア犬にもおすすめ。乳酸菌やグルコサミン、コンドロイチン、オメガ3.6などをバランスよく配合した総合栄養食!国内製造なのも安心!

原材料肉類〈生チキン、ビーフ(コラーゲン含む)〉、糖類、豆類、でん粉類、穀類など原産国日本(国産)
1kg当たりの価格約1975円対象全犬種・全ライフステージ(特にシニアにおすすめ)

口コミを紹介

今ままであげたフードや缶詰めを全然食べなくなってしまい困りはてていました。色々探して家の犬が好きそうなこちらのフードにかえてみました。よほど美味しいのか久しぶりにめちゃくちゃ食べました。とりあえず飽きるまではあげようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

株式会社レティシアン

モグワンドッグフード チキン&サーモン

価格:5,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

穀物を使っていないグレインフリー

大人気のモグワンのドッグフードは、穀物類を一切使用していないグレインフリー。良質のチキン生肉に生サーモンをたっぷり使用し、50%以上もの動物性たんぱく質を配合。シンプルな原材料のみを使っているので、お好みによりトッピングを加えることもできます。

原材料チキン生肉・生サーモン・乾燥チキン・乾燥サーモン・チキングレイビー・サーモンオイルなど原産国イギリス
1kg当たりの価格約2811円対象全犬種、全ライフステージ

口コミを紹介

モグワンに変えてからごはんを出すときに「マテ」といっても聞かないくらい、食べたくて食べたくてしょうがないようです。食べ始めたらあっという間に完食!
体臭が柔らかくなり、目やにが少なくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

アーテミス (Artemis)

アガリクスイミューンサポート 小粒

価格:3,991円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

免疫力や自然治癒力を高める健康ドッグフード

犬の元々持っている免疫力や自己治癒力を考慮して作られたドッグフード。フレッシュチキンやドライチキン、フレッシュターキーなどを中心に、ビタミンやミネラル、酵素を配合されたアガリクス茸も配合した栄養バランス満点の総合栄養食。成犬の小型犬におすすめ。

原材料フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・ドライターキーなど原産国アメリカ
1kg当たりの価格約1330円対象小型犬・成犬

口コミを紹介

9歳のキャバリアです。
アーテミスのフレッシュミックス ウェイトマネージメントと交互に与えています。与えてすぐに臭かった目やにが改善。毛艶もよくなり、愛犬も喜んで食べてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Orijen(オリジン)

ドッグフード オリジナル

価格:5,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お肉が好きな愛犬に!無添加100%商品

新鮮で良質な肉類は80%以上、野菜や果実20%、そして穀物は一切使用していない無添加100%のグレインフリー商品。小型犬や子犬向けのものからシニア犬向けまで6種類のラインナップを展開。余計なものを一切含まないドッグフードをお探しの方に。

原材料新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵など原産国カナダ
1kg当たりの価格約2640円対象全犬種、全ライフステージ

口コミを紹介

白のトイプードル 涙やけがすぐ出る子でしたが オリジンを食べるようになってから 涙やけがなくなりました ずーと オリジンを食べさせたいです

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アカナ クラシック

ドッグフード プレイリーポートリー

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

犬種や年齢で選べる豊富なシリーズ

カナダの大自然で放し飼いにされたヒューマングレードのチキンを使用。穀物類は一切不使用で、高タンパク質で栄養満点なバランスが特徴。全犬種、全年齢に対応。今回は大人気のポートリーシリーズをご紹介していますが、他にも人気の4シリーズが展開しています。

原材料鶏肉ミール・スチールカットオーツ・骨抜き鶏肉・丸ごとジャガイモ・レンズ豆など原産国カナダ
1kg当たりの価格約1400円対象全犬種、全ライフステージ

口コミを紹介

シェルティーですが、喜んで食べています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ビィナチュラル

ルート・ターキー 小粒 

価格:2,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本とオーストラリアの共同開発商品

厳選された上質な素材のみを使った日本とオーストラリアの共同開発商品。タンパク質は20%以上、その他にもバランスよく脂質やカルシウム、オメガ3.6などを配合。すべての犬種、ライフステージに対応しています。

原材料 肉類(七面鳥、カンガルー、鶏)、全粒ソルガム、全粒ライムギ、パン酵母、 キャノーラ油など原産国日本&オーストラリア共同作
1kg当たりの価格約1980円対象全年齢対応 (一般成犬におすすめ)

口コミを紹介

10歳と9歳のトイプードルです。小粒で薄く、とても食べやすそうです。10歳の子は、すぐ飽きる子だったので色々と変えてきましたが、ビイナチュラルはずっと飽きずに食べてくれていて、もう5年になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

バックトゥベーシックス

キア オラ ドッグフード ラム

価格:2,093円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

穀物類不使用!健康面を考えた総合栄養食

穀物は一切使用していない、グレインフリードッグフード。ニュージーランドの大自然の中で大切に育てられたフレッシュなラム肉やサーモンなどを使用。ビタミンやミネラル、オメガ脂肪酸なども配合し、愛犬の栄養面を1番に考えた総合栄養食。

原材料ラム生肉、乾燥ラム、ポテト、乾燥サーモン、えんどう豆、タピオカ、鶏脂など原産国ニュージーランド
1kg当たりの価格約2325円対象全犬種、成犬用

口コミを紹介

キアオラにたどり着くまで、いろいろなフードを試しましたが、涙やけ、軟便が改善される事はありませんでした。某デパートのペットグッズのお店でサンプルをもらったので、食べさせたところ、よさそう!涙やけ、軟便がやっと治りました!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ニュートロジャパン

シュプレモ 小粒

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美味しさ◎!愛犬の食いつきも抜群!

素材同士の組み合わせで美味しい味を生み出す”ホリスティックブレンド製法”により作られたドッグフード様々な犬種やライフステージ向けの商品を展開していますが、特にこちらの小型犬成犬用の商品は全世界で大人気。小粒タイプですので小型犬にぴったり。

 

コスパもなかなか良いですし、何よりも愛犬の食いつきもかなり良いと評判です!涙やけや軟便が改善されたという口コミも見られます。

原材料チキン生肉・乾燥チキン・玄米・粗挽き米・米糠・鶏脂など原産国アメリカ
1kg当たりの価格約1160円対象小型犬、成犬

口コミを紹介

トイプードル2歳8か月の男の子でいつも下痢気味で しょっちゅう病院通いでしたがこちらのフードにしてからまだお腹がゆるくなる様子はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

失敗しない無添加ドッグフードの選び方

現在、数々の無添加ドッグフードが販売されていますが、どの商品を選べば良いのか迷ってしまいますよね。ここでは、そんな無添加ドッグフードの選び方を成分や原材料、愛犬のニーズに合わせて選ぶポイントをまとめてみました。

無添加ドッグフードの成分や原材料で選ぶ

ドッグフードを選ぶ際に気になるのは、やはりその成分や原材料ですよね。ここでは、無添加ドッグフードの成分や原材料で選ぶ際のポイントをご紹介します。

良質な「無添加100%のドッグフード」

「無添加ドッグフード」とは、香料や保存料、着色料などの人工添加物を使用せずに作られたドッグフードを指します。ただし「無添加」という言葉は、上記の成分の中でどれか1つでも無添加で作られていると、「無添加」と呼べます。

 

つまり、「保存料は添加物が使われているものの、着色料が無添加」であれば、「無添加」と表記できてしまうのですね。そのため、本当に良い無添加ドッグフードをお求めの場合は、「完全無添加」や「無添加100%」の表記を確認するようにしましょう。

 

ただし、「完全無添加」と表記があっても、体に害のないとされている天然由来の保存料や酸化防止剤、ビタミン類などは添加されていることも多いです。

国産?外国産?「原産国」にはこだわるべき?

無添加ドッグフードは国産、外国産を含めて様々なメーカーが販売をしています。一見、「国産」と言えば安心でき、安全な原材料を使っているようなイメージがありますよね。しかし、結論から言うと安全な原材料を使用しているならば、国産、外国産にこだわる必要はありません。

 

ただし、国産のドッグフードは、外国産よりも製造されてから犬の口に届くまでの期間が短いと言うメリットもあります。つまり、新鮮なドッグフードをワンちゃんにいち早く与えることができるのが利点でしょう。

 

ただし、国産のドッグフードでも、犬には不必要で害のある着色料や保存料などを使用している商品もあります。また、反対に犬に本当に良い成分のみを使用している外国産もあります。ですので、原産国にはこだわらず、成分の安全面を確認して選ぶことが大切です。

「新鮮な魚や肉(動物性たんぱく質)」をしっかり含んでいるもの

犬は元来、肉食動物です。そのため、肉や魚を中心とした「高タンパク質・低炭水化物」の食事が良いと言われているんですね。無添加ドッグフードを選ぶ際は、なるべく新鮮な肉や魚をたっぷり使用している商品を選びましょう。

アレルギーを防ぐ!「グレインフリー」

犬は元々肉食動物のため、穀物類は消化しにくくなっています。特にトウモロコシや小麦などは涙やけや皮膚炎を起こしやすいと言われており、アレルギー反応を起こすワンちゃんも少なくないんですね。また、穀物中心のドッグフードはたんぱく質の値が低く、健康面も心配です。

 

そんな愛犬のアレルギーを防ぐためには、穀物類を使用していない「グレインフリー」の無添加ドッグフードがおすすめです。グレインフリーのドッグフードは、肉や魚をメインとしたものが多く、「高タンパク質・低炭水化物」。

 

ちなみに、グレインフリーに代わる食品として「じゃがいも」が使用されている場合もありますが、中にはじゃがいもでアレルギーを起こす子もいます。サツマイモやカボチャであれば、アレルギーはなりにくいと言われています。

種類のわかる「安全な脂質」を使用しているもの

ドッグフードには、愛犬に必要な脂質も含まれています。しかし、脂質で注意したいのは、低品質と言われる素材が不明な脂質を用いたドッグフード。「動物性油脂」「植物性油脂」「家畜油脂」などと曖昧な表記のあるものは避けた方が無難です。

 

また、脂質の種類にも注目。牛肉や豚肉を多く使ったドッグフードは、「飽和脂肪酸」が多く、摂取しすぎると皮膚炎などを起こすこともあります。同じ脂質でも「不飽和脂肪酸」が含まれているラム肉や鶏肉、馬肉、魚類が含まれているものを選ぶと安心!

本当に良い無添加ドッグフードを選ぶには?

数々の無添加ドッグフードの中から、本当に良いと思われる商品を選ぶ際に着目したい点をまとめてみました。ぜひとも商品選びの参考にして下さい。

栄養バランスが満点の「総合栄養食」

ドッグフードには、大きく分けると「一般食」と「総合栄養食」があります。総合栄養食は、新鮮な水と共に犬に与えることで、犬の健康や生命の維持に必要な栄養素がバランスよく配合されたドッグフードを指します。一般食は、おやつやトッピング、サプリメントなどを指します。

 

総合栄養食は、AAFCO(全米飼料検査官協会)が示している最低限度の基準に準じて製造。無添加ドッグフードを選ぶ場合は、「総合栄養食」の表示がある栄養バランスに富んだ商品を選ぶと良いでしょう。

危険な「人工添加物」は避ける!「天然由来」の添加物ならOK!

酸化防止剤や着色料、保存料、香料などの人工添加物の中には、発がん性や臓器に負担のかかるものがあります。特に、ドッグフードの中には、人間の食べ物には使用禁止になっている危険な人工添加物を用いている場合もあるんです。

 

大切な愛犬のためにも、危険な人工添加物を入っていない商品を選ぶようにしましょう。ただし、酸化防止剤や保存料として天然由来の成分を添加物として使用している商品もあります。これらは安全性が高いので、摂取をしても問題ありません。

添加物以外の「粗悪な成分」も注意!

ドッグフードの中には、人工添加物以外にも粗悪な成分を原材料として使っている場合もあります。例えば、「4Dミート」と言われる死亡したり病気になった家畜の肉を使用した肉類は大変危険です。これらは廃棄処分レベルのものが含まれており、犬の健康を害す恐れがあります。

「ヒューマングレード」の原材料を使っているか?

無添加ドッグフードの原材料で安全だと言える目安の1つとして、人間が食することのできる「ヒューマングレード」の原材料を使っているかどうかでしょう。ヒューマングレードの原材料であれば、厳しい監査の元、一定の基準をクリアしているので新鮮で栄養価の高い成分が期待できます。

消化の良いドッグフードは「涙やけ」も防止

愛犬の目の周りにできてしまった涙やけ。飼い主さんも悩ますトラブルの1つですよね。涙腺で分泌された涙が鼻の奥からうまく排出できないことで起こります。これは生まれつきの場合もありますが、実は与えているドッグフードが原因であることも。

 

ドッグフードが原因であると考えられる場合は、消化が良く、本当に良い栄養素を取り入れた無添加ドッグフードに変えることで涙やけがなくなることもあります。

犬種や体重に合わせたものを選ぶ

犬には、大きく分けると「小型犬・中型犬・大型犬」に分けられます。犬の犬種や体重によって、与えるドッグフードも異なる場合があります。ここでは、そんな犬種や体重に合わせたものを選ぶ注意点を確認しておきましょう。

「体重や犬種」をしっかりと確認

犬は、体のサイズによって「小型犬(5~10kg)・中型犬(10~20kg)・大型犬(20kg以上)」に分かれます。無添加のドッグフードには、すべての犬種や体重に対応しているものもありますし、小型犬のみに対応したものなど様々。

 

同じメーカーのドッグフードでも、犬種やサイズによって分かれている場合もありますので、対象の犬種やサイズなどもしっかりと確認しておきましょう。

大型犬には「粒が大きめ」、小型犬には「小粒」がおすすめ

犬種によって、与えるドッグフードも異なってきます。大型犬の場合は、食べる量も多いので粒が比較的大きめのものでもOKです。反対に小型犬の場合は、体のサイズに合わせた小粒タイプのドッグフードがおすすめ。犬種や体重によって、ドッグフードの粒の大きさや量も考慮しておきましょう。

対象年齢(ライフステージ)に合ったものを選ぶ

犬の年齢(ライフステージ)によって、選ぶ無添加ドッグフードも異なってきます。ここでは、犬の対象年齢に合った無添加ドッグフードの選び方を解説いたします。

子犬や成犬には「高タンパク質なもの」

子犬から成犬になる期間には、体の成長に必要な高タンパク質の栄養素が不可欠です。子犬の場合は、最低でも25%、できれば30%以上の良質のタンパク質が含まれた無添加ドッグフードを選んであげましょう。

 

また、成犬になっても生命維持に不可欠なたんぱく質。最低でも、たんぱく質の含有量が20%はあるドッグフードを選ぶと安心でしょう。

シニア犬は「低カロリーのもの」

高齢などのシニアになってくると運動量も減ってくるため、低カロリーのドッグフードがおすすめです。たんぱく質は生命維持に必要な要素ですので、最低でも18%以上あるものを選ぶ必要があります。また、カロリー摂取のしすぎは肝臓や腎臓などの疾患を作り出してしまう恐れがあります。

ドッグフードの種類で選ぶ

無添加のドッグフードには、大きく分けると「ドライタイプ」と「ウエット(セミモイスト)タイプ」があります。ここでは、それぞれの特徴をまとめてみました。

長期保存が可能でお安い「ドライタイプ」

ドライタイプは、比較的リーズナブルな上、開封後の長期保存が可能ということが最大の利点でしょう。また、愛犬の口内に歯石もたまりにくく、噛み応えがあるので咀嚼力を鍛えられます。ただし、油脂分は比較的多めであり、低カロリーを推奨するシニア犬には向いていません。

食いつきが良い「ウエット(セミモイスト)タイプ」

半生タイプとも言われるウエットタイプは、犬にとっても美味しく感じる要素が多く、食いつきの良いタイプです。1食ごとの包装になっていることが多く、清潔に保てるのも◎。また、高齢のシニア犬にも食べやすく、食欲が落ちてきたと感じる愛犬にも試しやすいでしょう。

 

ただし、ドライタイプよりもお値段は高めで、歯石がたまりやすい点があります。

動物病院の獣医のおすすめ品を選ぶ

無添加ドッグフードの中には、獣医さんがおすすめしている商品もあります。やはり、動物のお医者さんである獣医がおすすめする商品は信頼感もあります。獣医のすすめるドッグフードに変えることで、軟便や涙やけなどのトラブルも改善するかもしれません。

コストパフォーマンスで選ぶ

無添加ドッグフードは、原材料や成分にこだわっているため、お値段が他の商品よりもお高めの場合もあります。小型犬であれば、1日あたり50~60g程度しか食べませんので特に価格があまり気にしなくても良いでしょう。

 

しかし、中型犬以上になってくると、食べる量も増えてきます。中型犬では1日200g以上、大型犬になるとそれ以上のドッグフードが必要になります。大切な愛犬のためにも、継続して安定したドッグフードを与えたいですよね。

 

今回のランキングでは、商品毎に「1kg当たりの価格」も掲載していますので、ぜひとも参考になさってくださいね。

市販の人気メーカーで選ぶ

市販のドッグフードの中から、人気メーカーをいくつかご紹介します。ドッグフード選びの参考にどうそ!

高タンパク質・グルテンフリーの「ブッチ」

ニュージーランド生まれの「ブッチ」は、ウェットタイプの無添加総合栄養食です。3種類のレーベルに分類し、農作物の規制が厳しいニュージーランドの大自然の中で生まれた安全性の高い商品。トライアルセットもあるので、まずは愛犬の好みをチェックしてみるのも良いですよ!

愛犬の食いつきが良い「カナガン」

イギリスでは、80%以上のリピート率を誇る「カナガン」。良質庵なチキンを贅沢に使用し、複数のハーブで味付け。犬の食いつきが非常に良く、無添加でグレインフリーの高品質ドッグフードを提供しています。

獣医も認めた最高品質「モグワン」

高品質なチキンやサーモン、良質な野菜や果物までも使用した「モグワン」。人間も食べられるヒューマングレードの原材料にこだわっています。獣医師も推薦し、その健康効果も認められた最高品質のドッグフードです。

キャンペーンなどの「サンプル」も参考に

人気メーカーの無添加ドッグフードは、時々キャンペーンなどによってサンプルの配布も行っています。ドッグフードは犬のお好みもありますので、まずは愛犬がそのドッグフードが好みかどうかも確認。サンプルがある場合は積極的に使ってみましょう。

無添加ドッグフードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5471955の画像

    ニュートロジャパン

  • 2
    アイテムID:5471429の画像

    バックトゥベーシックス

  • 3
    アイテムID:5468034の画像

    ビィナチュラル

  • 4
    アイテムID:5471963の画像

    アカナ クラシック

  • 5
    アイテムID:5471969の画像

    Orijen(オリジン)

  • 6
    アイテムID:5471959の画像

    アーテミス (Artemis)

  • 7
    アイテムID:5471975の画像

    株式会社レティシアン

  • 8
    アイテムID:5471981の画像

    サクラペットフード

  • 9
    アイテムID:5471976の画像

    Symply Pet Foods Ltd

  • 10
    アイテムID:5471972の画像

    トムキャット

  • 商品名
  • シュプレモ 小粒
  • キア オラ ドッグフード ラム
  • ルート・ターキー 小粒 
  • ドッグフード プレイリーポートリー
  • ドッグフード オリジナル
  • アガリクスイミューンサポート 小粒
  • モグワンドッグフード チキン&サーモン
  • 半生フード やわらかタイプ
  • カナガンドッグフード チキン
  • ロッキーマウンテン プレミアム チキン
  • 特徴
  • 美味しさ◎!愛犬の食いつきも抜群!
  • 穀物類不使用!健康面を考えた総合栄養食
  • 日本とオーストラリアの共同開発商品
  • 犬種や年齢で選べる豊富なシリーズ
  • お肉が好きな愛犬に!無添加100%商品
  • 免疫力や自然治癒力を高める健康ドッグフード
  • 穀物を使っていないグレインフリー
  • 獣医も推薦!シニアにおすすめの国産セミウエットタイプ
  • ヒューマングレードの高タンパク質・低炭水化物配合
  • コスパ◎!良質な肉と魚が中心
  • 価格
  • 3480円(税込)
  • 2093円(税込)
  • 2970円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 5280円(税込)
  • 3991円(税込)
  • 5060円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 5060円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 原材料
  • チキン生肉・乾燥チキン・玄米・粗挽き米・米糠・鶏脂など
  • ラム生肉、乾燥ラム、ポテト、乾燥サーモン、えんどう豆、タピオカ、鶏脂など
  • 肉類(七面鳥、カンガルー、鶏)、全粒ソルガム、全粒ライムギ、パン酵母、 キャノーラ油など
  • 鶏肉ミール・スチールカットオーツ・骨抜き鶏肉・丸ごとジャガイモ・レンズ豆など
  • 新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵など
  • フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・ドライターキーなど
  • チキン生肉・生サーモン・乾燥チキン・乾燥サーモン・チキングレイビー・サーモンオイルなど
  • 肉類〈生チキン、ビーフ(コラーゲン含む)〉、糖類、豆類、でん粉類、穀類など
  • 骨抜きチキン生肉・乾燥チキン・サツマイモ・エンドウ豆・ジャガイモ・エンドウ豆タンパクなど
  • チキンミール・醸造用米粉・全粒小麦粉・トウモロコシ粉・動物性脂肪など
  • 原産国
  • アメリカ
  • ニュージーランド
  • 日本&オーストラリア共同作
  • カナダ
  • カナダ
  • アメリカ
  • イギリス
  • 日本(国産)
  • イギリス
  • アメリカ
  • 1kg当たりの価格
  • 約1160円
  • 約2325円
  • 約1980円
  • 約1400円
  • 約2640円
  • 約1330円
  • 約2811円
  • 約1975円
  • 約2530円
  • 約385円
  • 対象
  • 小型犬、成犬
  • 全犬種、成犬用
  • 全年齢対応 (一般成犬におすすめ)
  • 全犬種、全ライフステージ
  • 全犬種、全ライフステージ
  • 小型犬・成犬
  • 全犬種、全ライフステージ
  • 全犬種・全ライフステージ(特にシニアにおすすめ)
  • 全犬種、全ライフステージ
  • 全年齢

まとめ

無添加ドッグフードの人気おすすめランキング10選をご紹介しました。愛犬の健康面を最大限に考慮できる無添加ドッグフード。今回のランキングを参考に、ぜひとも大切なワンちゃんに合った無添加ドッグフードを選んであげて下さいね!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ