柴犬のドッグフードの人気おすすめランキング10選【国産も】

記事ID10012のサムネイル画像

柴犬はアレルギーや皮膚炎になりやすくドッグフードは病気を予防するものがおすすめです。市販には魚やチキンを使ったものやグレインフリー、無添加などがあり、コスパが良いや国産かなど多種多様です。そこで今回は柴犬用ドッグフードの人気おすすめランキングを作成しました。

アレルギー性皮膚炎など病気の予防にもおすすめのドッグフード

柴犬は日本はもちろん海外でも人気の高い犬種です。愛犬にはできる限り健康で長生きしてほしいと考える方は多いと思いですよね。柴犬は比較的健康的で丈夫な犬種ですが、アレルギーやアトピー皮膚炎にかかりやすいことはご存じですか?

 

これらの他にも柴犬がかかりやすい病気はいくつかありますが、実は、普段何気なく選んでいるドッグフードの主原料や含まれる成分で、病気やアレルギーを予防できることもあるんです。しかしたくさん種類があってどれがいいか迷ってしまいますよね。

 

こちらの記事では主原料タイプカロリーに着目し、柴犬のドッグフードのおすすめランキングを作成しました。また、選び方もご紹介しているので、購入にお悩みの方は是非参考にしてみてください。

柴犬のドッグフードの人気おすすめランキング10選

10位

ロイヤルカナン

BHN 柴犬 子犬用

価格:4,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養成分を独自配合、消化性の高いたんぱく質が子犬の体に良い柴犬用ドッグフード

ロイヤルカナンの人気の柴犬用ドッグフードです。こちらは子犬用で、生後10か月程度までを目安に使用します。まだ消化器官の未発達な子犬のために、消化性の高いたんぱく質を利用しています。

 

また、栄養成分としてDHAやビタミン類、タウリン等を配合しており、細やかな健康管理に向いています。子犬自身の抵抗力や健康を増進するためにおすすめのドッグフードです。

内容量3kg主原料肉類(鶏、七面鳥)他
タイプ子犬用カロリー392kcal/100g

口コミを紹介

日本製の柴犬専用の餌から変更しました。よく食べるし、毛のつやが凄いです。しばらく、変えれないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

日本犬

柴専用 チキン味

価格:1,527円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ良し!穀類を主原料にした柴犬専用ドッグフード

低価格ながら6.5kg大容量のコスパ優秀なドッグフードです。大容量タイプは多頭飼いのご家庭におすすめです。柴犬の特性や習性を考えて作られた柴犬専用ドッグフードで、成犬に与えるのに向いています。

 

こちらはチキン風味となっていますが、お魚風味もあるためお好みで変えるのも良いでしょう。穀類を主原料とし、DHA、EPAなどの成分やリノール酸リノレン酸などの脂肪酸を配合しています。

内容量6.5kg主原料糟糠類
タイプ成犬用カロリー325kcal以上/100g

口コミを紹介

小さめのドライタイプの粒で柴犬が食べるのに適しています。我が家ではこのチキン味と同商品のお魚味をブレンドしています。他の商品ではうんちがやわらかかったですが、この商品をあげてから硬さも量もいい感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

プロマネージ (PROMANAGE)

犬種別柴犬専用ドッグフード

価格:2,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アレルギー対策に良質な主原料を厳選

様々な犬種ごとにその特性に合わせたぴったりなドッグフードを作っているプロマネージの、柴犬成犬用ドッグフードです。オメガ-3脂肪酸(DHA、EPA)を配合しています。原材料は米やチキンです。

 

アレルギー防止のためにも主原料の米やチキンは高品質なものを選りすぐって使用しています。また、粒の形にもこだわっており、飽きが来にくく、いつでも食べやすくおいしくいただけます。

内容量4kg主原料米、チキン他
タイプ成犬用カロリー350kcal/100g

口コミを紹介

その中で犬も飼い主も気に入ったものをリピ買いします。こちらは美味しそうに食べるし、フンの状態も良いのでリピしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ユニ・チャームペット

ベストバランス カリカリ仕立て

価格:1,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

皮膚病対策や骨の健康を考えた体に優しいドッグフード

有名なユニ・チャームの7歳以上の柴犬に対応したドッグフードです。皮膚病対策、毛並みの維持を考慮してビタミン類や、不飽和脂肪酸であるオメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸を配合しています。

 

また、骨や関節の健康のためにカルシウム類も配合しており、原材料は食物繊維や消化性の高いものに注目して厳選されています。体に負担が少なく、将来の健康を維持できるよう考えられたドッグフードとしておすすめです。

内容量3kg主原料穀類(トウモロコシ)
タイプ7歳以上カロリー345kcal/100g

口コミを紹介

よく食べます。排泄が柔かったのがこのドックフードにかえてから、しっかりとしました。とても良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

カナガン

ドッグフード チキン

価格:5,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

穀物不使用のグレインフリー!飽きの来ない自然な美味しさ

穀物不使用のグレインフリーのドッグフードです。主原料は高品質にこだわったチキンをメインにたんぱく質が多くを占めています。原産国はイギリスで、様々な犬種・全成長期に対応しています。

 

また、香料や着色料フリーで、愛犬の健康を考えた体に良い自然な美味しさが好まれています。価格帯は比較的お高めとなりますが、一度試してみるのもおすすめの高い評価を得ている商品です。

内容量2kg主原料チキン
タイプ全成長期カロリー約361.25kcal/100g

口コミを紹介

商品は、小粒で小型犬も食べやすい大きさで、体を拭くのを嫌がるので、その時、ご褒美にもあげます、一番良かった事は、下痢をしなくなりました

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ファーストチョイス

高齢犬アレルゲンケアドッグフード

価格:1,218円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

獣医師と開発!高齢期の柴犬のアレルギー対策と関節のケアに最適

カナダ原産の高齢期の柴犬用ドッグフードです。こちらはアレルギー対策として、エンドウ豆と白身魚、米などのアレルゲンとなりにくいものを厳選し、主原料として多く配合していることが特徴として挙げられます。

 

また、皮膚病などアレルギー対策はもちろんですが、骨や関節のケアもカバーしており、グルコサミンコンドロイチンも配合しています。味はシンプルながら食の進みやすい白身魚とサツマイモ風味となっています。

内容量1.8kg主原料エンドウ豆、白身魚他
タイプ7歳以上カロリー-

口コミを紹介

愛犬はこのフードに切り替えて、以前のフードは残していましたがよく食べます。(ふりかけは必要ですが)お腹の調子も食いつきも前より良くなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

マース

アイムス (IAMS)ドッグフード 体重管理用

価格:4,788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛犬の体重管理に特化した低脂肪なドッグフード

内容量はたっぷり入って12kgと、コスパの良いドッグフードです。こちらの特徴は成犬期の柴犬の体重管理に特化していることです。低脂肪ですが自然な美味しさのチキン風味は損ないません。

 

また、歯の健康や免疫力の向上にも考慮されています。品質にこだわり、吸収性の高いたんぱく質と食物繊維を配合しているため、おなかの調子が安定するよう整える効果にも評価が高いです。

内容量12kg主原料トウモロコシ、チキン
タイプ成犬用カロリー360kcal/100g

口コミを紹介

腸がデリケートで下痢を良くするのですが、何故かこのフードは体に合っているらしい。うんちが綺麗に出ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ウェルケア

ドッグフード オールステージ 柴専用

価格:1,209円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おなかの調子を整える乳酸菌配合、柴犬の健康を幅広くカバー

こちらは多面的に柴犬の健康をカバーするために、柴犬の特性や習性を考慮して作られたドッグフードです。アレルギー対策はもちろん、目やおなかの健康のためにも様々な成分を配合しています。

 

DHA・EPAは目の健康と脳の働きの維持に効果があります。また、乳酸菌他、ビール酵母やオリゴ糖などのおなかの調子を整えるための成分もしっかり配合されており、お通じの改善にも最適です。

内容量3kg主原料チキン
タイプ全成長期カロリー340kcal/100g

口コミを紹介

いろいろ、ドックフードを試しましたが、長続きしてるのはこのフードでした。添加物や、色素も使われてなさそうなので継続しようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アカナ (ACANA)

ドッグフード ライト&フィット

価格:3,511円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛犬の肥満対策に!高たんぱくかつ低脂肪なドッグフード

太り気味の愛犬向けの、体重管理に特化したドッグフードです。全成長期の柴犬に与えられます。カロリーは同じようなドッグフードに比べ307kcal/100gと比較的低くなっており、主原料にはチキンを使用しています。

 

品質にこだわられており、自然の中でのびのびと育てられた鶏肉を使用しています。また、低脂肪でもあるので、愛犬がいつの間にか太りすぎてしまったときにはこちらが一度使ってみるのもおすすめです。

内容量2kg主原料チキン
タイプ全成長期カロリー307kcal/100g

口コミを紹介

豆柴9歳♂(7㎏)です。袋を開けた時からシッポを振ってついてきました。匂いで分かるんでしょうね。吐いたり、緩くなったりすることもなくしっかり食べてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ロイヤルカナン

BHN 柴犬 成犬用

価格:3,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DHA、EPA、ビタミンなどをバランスよく配合!高たんぱく質なドッグフード

ロイヤルカナンの成犬用ドッグフードです。皮膚・毛並みの維持、体重・体格の維持、健康的な消化の手助けの三点をカバーしており、Amazonでも高い評価を受けており人気の高い商品の一つです。

 

消化性の高いたんぱく質を採用しており、品質にこだわられています。DHA・EPAをはじめ、ビタミン類もバランスよく配合した、愛犬の健康の維持増進のためにおすすめのドッグフードです。

内容量3kg主原料とうもろこし、米他
タイプ成犬用カロリー376kcal/100g

口コミを紹介

初めて使用しました。3日程ですが、愛犬の食いつきも良く、毎回予定量完食です。又、糞の色、臭い、硬さも適切と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

柴犬のドッグフードの選び方

柴犬のドッグフードのおすすめランキングをご紹介しましたが、ここからは選び方についてさらに詳しく掘り下げていきたいと思います。特に注目したいのは「主原料」「病気の予防」です。

主原料に注目して柴犬のドッグフードを選ぶ

柴犬のドッグフードを選ぶ際には、まずは主原料に注目してみましょう。多くのメーカーは原材料表を表示しています。その表示の最初に書かれているものが主原料です。例えばチキン、魚、トウモロコシなどがあります。

チキンや魚、動物性たんぱく質が入っているものがおすすめ

ドッグフードの主原料には穀物やチキン、魚などが挙げられます。その中でも消化吸収に良い動物性たんぱく質が特に注目されています。チキン、魚、卵などが多く使われているものを選ぶのが良いでしょう。

 

また、筋肉の増強や体を作るためにも役割を果たします。植物性たんぱく質としてエンドウ豆や大豆が使用されていることもありますが、こちらも開発が進歩したことにより消化吸収に関しては動物性たんぱく質に見劣りしません。

アレルギーの原因となる食物が入っていないものを選ぶ

柴犬はアレルギーになってしまうこともあります。その際の症状としては皮膚病が多いですが、これは穀物類がアレルゲンとなっている場合もあるため、アレルギー持ちの愛犬へのドッグフードを選ぶ際には注意しなければならなりません。

 

皮膚炎はハウスダストが原因となっている場合もあります。また、皮膚炎のほかにも外耳炎や毛並みの乱れ、涙が良く出るなどアレルギーには様々な症状があります。まずはアレルギー検査をしてみるのが良いでしょう。

体に優しいグレインフリーのドッグフード

グレインフリーとは、穀物を使っていないドッグフードのことを指します。トウモロコシや麦、米などの穀物が使われておらず、ドッグフードに限らずその他の動物のエサでも注目されている人気のエサのタイプです。

 

穀物の代わりにたんぱく質を多く含むものが多いです。穀物はアレルゲンとなり皮膚病等を引き起こす可能性があり、アレルギー対策として特に注目されています。愛犬がアレルギーを持つ場合には試してみるのもおすすめです。

病気の予防に注目して柴犬のドッグフードを選ぶ

柴犬に限らず犬を飼育するうえで最も心配なのが病気です。病気の予防についても食事が影響を及ぼすことがあります。こちらでは様々な病気に対し、予防となる成分についてご紹介します。

アレルギー・アトピーからくる皮膚の病気の予防には必須脂肪酸

脂肪酸は大きく飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の二つにわけることができますが、この不飽和脂肪酸のうちオメガ3、オメガ6脂肪酸を犬は体内で作り出すことができません。DHA、EPA、リノール酸、リノレン酸などはこれにあたります。

 

そのため、ドッグフードから摂取するのがおすすめです。オメガ6脂肪酸はアレルギーなどで荒れてしまいがちな皮膚・毛並みの維持に役立ちます。また、オメガ3脂肪酸は頭の働きの維持や認知症予防にもなります。

骨・関節の病気の予防には動物性たんぱく質やグルコサミン

柴犬は骨や関節の病気になることも有ります。骨・関節の病気やケアにはグルコサミン・コンドロイチンなどが含まれているかどうかを確認してみましょう。カルシウムなどのミネラル類も骨の維持・増進に効果を示します。

 

また、骨や体の成長に必要な栄養素としては動物性たんぱく質が挙げられます。子犬期の成長の際には、子犬は見る見るうちに大きくなります。成長に合わせて適切な栄養素を取らなければ、のちの健康にもかかわってしまいます。

目の病気の予防にはビタミン配合やグレインフリーのもの

白内障は柴犬がなりやすい病気の一つで、黒目の部分が白く濁ってしまい、視力が低下、時には失明にも至るなどの症状が出ます。遺伝、加齢といった様々な原因がありますが、具体的な予防方法は今のところありません。

 

白内障の原因として糖尿病も挙げられるため、これを予防するのが現状の具体的な手段と言えます。例えば低カロリー、低脂肪なものやグレインフリーがおすすめです。また、サポートとしてビタミンが含まれているものも良いでしょう。

肥満の予防には低脂肪・低カロリーのもの

柴犬に限りませんが、気が付いたら愛犬が丸々と太ってしまっていたということもしばしばあるでしょう。そんなときにはカロリーが低めのものや、低脂肪なドッグフードを選ぶことをおすすめします。

 

また、原料のたんぱく質の割合が比較的高いものが健康に良いです。ドッグフードだけではなく、おやつの回数や運動の量や質についても合わせて見直すことで、健康的に適性の体重を保つことを目指しましょう。

腸内環境を整えるなら乳酸菌や食物繊維

愛犬の体の調子は糞便や尿などの排泄物に現れることもあります。まずは糞便がきちんと安定的に出ているかどうか、また出ていたとしても柔らかすぎたり、反対に固すぎたりしないか、色はおかしくないかなど、常日頃からの確認が大切です。

 

腸内環境を整えたい場合には、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖といったものが配合されているものがおすすめです。また、野菜や消化性の高いたんぱく質を含んだドッグフードを選ぶのも良いでしょう。

柴犬の成長に合わせてドッグフードを選ぶ

柴犬は子犬から成犬、老犬へと成長していきます。そのそれぞれの時期に対して必要とされるドッグフードの役割は少しずつ異なります。それぞれの成長期に求められるドッグフードの特徴をご紹介します。

子犬期のドッグフードは消化に良いものを

子犬は成長が早く、見違えるほどにどんどん体が大きくなっていきます。しかしながら消化器官や骨などの体の主な構成要素には未発達な部分も多く、健康に育つためにはドッグフードから得られる栄養がとても大切になります。

 

おすすめは、栄養を吸収しやすく消化器官に負担が少ない消化性の高いたんぱく質が、主原料として含まれているものがおすすめです。期間としては10か月程度までを目安として与えるのが良いでしょう。

成犬期のドッグフードは体のバランスを保つものを

10か月~12か月ごろ以降からは成犬期に突入します。体がある程度成長しきってしまうため、子犬期に比べ必要とされるエサの量や回数は安定します。おすすめはバランスよく栄養を取ることです。

 

エサの量は愛犬の体重と示し合わせて適切な量を与えましょう。それぞれのドッグフードに1回のエサにおける適切な量の計算方法が示されていることが多いため、ぜひ調べて参考にしてみてください。

老犬期にはアレルギー、骨や関節、心臓や循環器など様々なケアを

7歳~10歳以上の高齢期の柴犬には、それまでは必要としていなかったあらゆるケアが必要となります。例えば食べているのに痩せる、筋肉が落ちる、骨・関節の病気、心臓や循環器の機能低下、認知症などが挙げられます。

 

これらをすべて意識して栄養を取らせようと考えると難しいため、基本的には抗酸化成分の含まれる老犬用のエサで幅広くカバーしながら、ときにはふりかけなどのトッピングで栄養素を補っても良いでしょう。

ドッグフードを選ぶ際に注目したいその他のポイント

主原料や病気の予防はもちろんですが、それ以外にも柴犬のドッグフードを選ぶ際に注目したいポイントがあります。こちらでは毛並みの維持やドッグフードの新鮮さの維持についてご紹介します。

毛並みの艶を保つなら脂肪酸とたんぱく

毛並みの艶を保つためには、動物性たんぱく質と不飽和脂肪酸が主に重要となります。特にたんぱく質がとれていないと、犬の毛はごわごわとした硬い手触りになってしまいます。必要な栄養をしっかりと与えてください。

 

また、常日頃からの丁寧なブラッシングやシャンプー、アレルギー・アトピー対策なども大きな役割を果たすため、それぞれ注意して行ってみましょう。

新鮮さを保つなら少量で小分けのパッケージがおすすめ

大切な愛犬の健康のために選ぶものだからこそ、ドッグフードの新鮮さには注意したいところです。例えば、袋がチャック式になっているものや、一定期間で食べ終われる量だけを購入するのがおすすめです。

 

また、1~2回程度の分量で小分けにパッキングされて売られているドッグフードもあります。食材の鮮度が保たれるとともに、旅行などでの持ち運びにも便利というメリットがあり、高い人気を誇っています。

食べない、残すなどのお悩みにはおやつやふりかけのトッピングもおすすめ

意外と多いのが、ドッグフードを与えてもなかなか食べない、食べても残してしまうなどのお悩みです。ドッグフードの味や主原料があっていないなど様々な原因が想定されますが、飼い主としては心配なことも多いでしょう。

 

そんなときにはおやつやふりかけなどのトッピングを使ってみても良いと思います。ふりかけはドッグフードに振りかけて使用します。ちょっとした味の変化には良いですが、与えすぎは栄養が偏ってしまうため注意が必要です。

着色料、香料フリーの無添加ドッグフードは愛犬の体に優しい

愛犬にアレルギーやアトピーが出る場合は特に、愛犬の体が心配だという方も多いと思います。そんな方には無添加のドッグフードもおすすめです。たとえば着色力、香料、保存料などが含まれていないものを選びましょう。

 

自然の食品からとれる成分だけにこだわり、なおかつきちんと栄養を補給できるものがおすすめです。しかし、無添加の商品は必然的にややお高めの商品が多く、賞味期限も早いものが多くなります。

柴犬のドッグフードのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5485702の画像

    ロイヤルカナン

  • 2
    アイテムID:5485674の画像

    アカナ (ACANA)

  • 3
    アイテムID:5485630の画像

    ウェルケア

  • 4
    アイテムID:5485620の画像

    マース

  • 5
    アイテムID:5485567の画像

    ファーストチョイス

  • 6
    アイテムID:5485529の画像

    カナガン

  • 7
    アイテムID:5485508の画像

    ユニ・チャームペット

  • 8
    アイテムID:5485463の画像

    プロマネージ (PROMANAGE)

  • 9
    アイテムID:5485432の画像

    日本犬

  • 10
    アイテムID:5485385の画像

    ロイヤルカナン

  • 商品名
  • BHN 柴犬 成犬用
  • ドッグフード ライト&フィット
  • ドッグフード オールステージ 柴専用
  • アイムス (IAMS)ドッグフード 体重管理用
  • 高齢犬アレルゲンケアドッグフード
  • ドッグフード チキン
  • ベストバランス カリカリ仕立て
  • 犬種別柴犬専用ドッグフード
  • 柴専用 チキン味
  • BHN 柴犬 子犬用
  • 特徴
  • DHA、EPA、ビタミンなどをバランスよく配合!高たんぱく質なドッグフード
  • 愛犬の肥満対策に!高たんぱくかつ低脂肪なドッグフード
  • おなかの調子を整える乳酸菌配合、柴犬の健康を幅広くカバー
  • 愛犬の体重管理に特化した低脂肪なドッグフード
  • 獣医師と開発!高齢期の柴犬のアレルギー対策と関節のケアに最適
  • 穀物不使用のグレインフリー!飽きの来ない自然な美味しさ
  • 皮膚病対策や骨の健康を考えた体に優しいドッグフード
  • アレルギー対策に良質な主原料を厳選
  • コスパ良し!穀類を主原料にした柴犬専用ドッグフード
  • 栄養成分を独自配合、消化性の高いたんぱく質が子犬の体に良い柴犬用ドッグフード
  • 価格
  • 3720円(税込)
  • 3511円(税込)
  • 1209円(税込)
  • 4788円(税込)
  • 1218円(税込)
  • 5060円(税込)
  • 1600円(税込)
  • 2600円(税込)
  • 1527円(税込)
  • 4240円(税込)
  • 内容量
  • 3kg
  • 2kg
  • 3kg
  • 12kg
  • 1.8kg
  • 2kg
  • 3kg
  • 4kg
  • 6.5kg
  • 3kg
  • 主原料
  • とうもろこし、米他
  • チキン
  • チキン
  • トウモロコシ、チキン
  • エンドウ豆、白身魚他
  • チキン
  • 穀類(トウモロコシ)
  • 米、チキン他
  • 糟糠類
  • 肉類(鶏、七面鳥)他
  • タイプ
  • 成犬用
  • 全成長期
  • 全成長期
  • 成犬用
  • 7歳以上
  • 全成長期
  • 7歳以上
  • 成犬用
  • 成犬用
  • 子犬用
  • カロリー
  • 376kcal/100g
  • 307kcal/100g
  • 340kcal/100g
  • 360kcal/100g
  • -
  • 約361.25kcal/100g
  • 345kcal/100g
  • 350kcal/100g
  • 325kcal以上/100g
  • 392kcal/100g

まとめ

いかがでしたでしょうか?柴犬のドッグフードには子犬用から老犬用、体重管理用などがあり、また主原料等がそれぞれ異なっているなど様々な種類のものがあります。愛犬に最も合うものを見つけるためには、いくつかのドッグフードを試さなければならない場合もあります。選ぶ際には是非参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ