柴犬向けブラシおすすめ人気商品15選【嫌がる犬にも】

柴犬を飼っている方は大切な愛犬のお手入れや抜け毛のためにブラシの購入を考えますよね。しかし種類が多く、また嫌がる犬なら適したものがどれなのか悩んでしまうものです。そこで今回は柴犬向けブラシのおすすめ人気商品や選び方・ブラッシング方法をご紹介します。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

柴犬向けブラシで大切なペットのお手入れを

近年のペットブームで犬を飼う方も増えました。日本の固有種の中でも最も歴史がある豆柴を含む柴犬は、国内外で人気の犬種です。しかし、柴犬は短毛ですが、換毛期の抜け毛の多さに悩まされる方も少なくないと思います。

 

柴犬はとても神経質な犬種のため、ブラッシングを嫌がる子もいると思います。そんなブラッシングに必要なブラシにはファーミネーターやコームをはじめ、子犬にもおすすめのラバータイプのブラシなど種類もさまざまです。

 

そこで今回は柴犬向けブラシのおすすめ人気商品と選び方をランキング形式でお届けします。ランキングは素材・口コミなどを基準に作成しました。また、おすすめのブラッシング方法もお伝えするので参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

Delamu

Amazon売れ筋ランキング ペット用品 抜け毛取り・クリーナー部門 1位

(2023/08/01調べ)

ペットブラシ グローブ

4.5

初心者にも難なくお手入れ可能!グローブ型

グローブタイプでブラッシングが苦手な方や、初心者の方でも犬と遊ぶ感覚でブラッシングができます。シリコン突起なので肌への刺激を抑えられるので安心して使用可能です。

 

サイズ調整用のマジックテープは内側になっているのでペットの毛が絡みません。

素材 シリコン サイズ 24×18
重量 -

柴犬や豆柴向けブラシの選び方

柴犬や豆柴に合ったブラシを見つけるために、抜け毛に適したものなど、さまざまな観点から選び方をご紹介します。

ブラシの種類で選ぶ

ブラシの材質や形状なども多様で、抜け毛に適したファーミネーターやマッサージできるラバータイプなどがあります。それぞれの特徴をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ダブルコートには「スリッカーブラシ」がおすすめ

柴犬や豆柴はオーバーコート(上毛)の内側にアンダーコート(下毛)が生えるダブルコートタイプの犬種です。ダブルコートの短毛の犬種には、抜け毛をしっかり掻き出せるスリッカーブラシがおすすめになります。

 

また、お散歩後のノミやダニ取りにも適しています。ブラシの硬さがソフトタイプとハードタイプとありますが、初心者やまだお手入れに自信のない方は大切な愛犬のケガを防ぐために、ソフトタイプがおすすめです。

抜け毛でお困りなら「スクラッチャーブラシ」がおすすめ

換毛期は夏毛と冬毛が生え替わるため、特に抜け毛が増える時期です。アンダーコートの処理を効率よく行うのに適しているのは、スクラッチャーブラシです。デリケートな地肌を傷つけにくいプラスチック製や二層構造のブラシもあるので、ぜひチェックしてください。

以下の記事ではペットの毛用掃除機のおすすめ商品を紹介しています。抜け毛掃除で困っている方は参考にしてください。

子犬にも!ブラッシングを嫌がる犬には「グルーミンググローブ」がおすすめ

グルーミンググローブは名前の通り、グローブ型のブラッシングツールです。特に神経質な犬の中など、ブラッシングを嫌がる子もいます。ブラッシングに慣れない子や子犬には、グルーミングの延長でお手入れできるグルーミンググローブがおすすめです。

 

グルーミンググローブはラバー製やシリコン製のものが主流で、犬が暴れてしまってもケガの心配がありません。

マッサージを兼ねるなら「ラバーブラシ」がおすすめ

ラバーブラシは犬の体にフィットして適度な刺激を加えるので、マッサージも兼ねられられるブラシです。柴犬や豆柴など短毛犬種のシャンプーにも使えるので、マッサージしながらシャンプーできます。

 

ラバータイプなので無理なく抜け毛をからめとってくれておすすめです。

お手入れ初心者なら「ピンブラシ」がおすすめ

ピンブラシはスリッカーブラシに似ていますが、ピンの数が少なく毛の引っかかりを防げるため初心者にもおすすめですし子犬にもやさしいブラシです。抜け毛対策できる上に、指通りのいい毛並みに整えられるタイプです。

 

持ち手も持ちやすいものが多く、初心者も楽に使いこなせます。

被毛にツヤを与えるなら馬毛などの「獣毛ブラシ」がおすすめ

獣毛ブラシとは豚毛や馬毛などの天然の獣毛を使用したブラシです。天然由来の油分が適度に含まれるため、ブラッシングしながら被毛にツヤを与えてくれますし、毛がやわらかいため子犬にもおすすめです。

 

また、静電気が起こりづらい柔らかな素材なので、毛玉になってしまった被毛をやさしく解きほぐしてくれます。

換毛期には「ファーミネーター」がおすすめ

ファーミネーターは、スリッカーブラシをさらにアンダーコートに特化させたブラシです。抜け毛が多い換毛期にもおすすめで、柴犬の場合は、短毛で毛玉ができないので平気ですが、毛玉があると引っかかるので注意してください。

仕上げ用には「コーム」がおすすめ

抜け毛ではなく、お手入れの最終的な仕上げ用にはコームがおすすめです。スリッカーブラシなどではやりづらい脇の下や顔の周りなどの細かい部分を整えるにも適しています。毛並みを整えながら、通気性もアップしてくれるので仕上げに最適です。

効率性なら握りやすさや愛犬に合わせて「サイズ」もチェック

使用する飼い主の手のサイズや、柴犬か豆柴かによっても使いやすいサイズが異なります。初心者は自身の手のサイズに合ったものがおすすめです。本体部分が薄いものの方が握りやすくなります。

 

時間をかけずに効率よくブラッシングするなら、愛犬のサイズに合ったものを選びましょう。人気のファーミネーターもサイズがたくさんあるので、適したサイズを選ぶのがおすすめです。

毎日使うなら「本体重量」をチェック

しっかりしたつくりのブラシやコームは、材質にもよりますが重量も重い場合が多いです。にぎりづらかったり重かったりすると、毎日ブラッシングも苦痛に感じます。機能性の高いファーミネーターやラバータイプは軽量で持ちやすいものが多いです。

 

特に初心者の場合は犬にとってうれしい機能性だけでなく、重量にも注目してください。

素材で選ぶ

ブラシにはさまざまな素材のものがあります。ここでは素材によってのポイントや選び方をご紹介するので参考にしてください。

愛犬のケガを防ぐなら短毛種にも使える「ゴム製」がおすすめ

主にグルーミンググローブやラバーブラシで使用されているゴム製は、柔らかい素材でブラッシングを嫌がって暴れる犬でもケガさせる心配がありません。また、ゴム素材は丸洗いできるので、抜け毛も除去していつでも清潔に使えます。

 

スクラッチャーブラシなどは短毛種には向きませんが、ゴム製タイプなら毛の長さを気にせず使用できます。違う犬種を多頭飼いする方にもおすすめです。

アンダーコートをしっかり掻き出すなら「金属製」がおすすめ

スリッカーブラシに多いタイプです。ピンが比較的細くゴム製よりも固いので、奥まで届いてアンダーコートをしっかり掻き出せますし抜け毛を取り除けます。また、コームタイプなら仕上げにもぴったりです。

 

力を入れすぎるとケガをさせてしまう恐れがあるので気をつけてください。

手に馴染むものなら持ち手が「木製」のものがおすすめ

初心者の方やお手入れが不安な方には、ラバータイプがおすすめですが基本的におしゃれさには欠けます。見た目にもこだわるならブラシもコームも持ち手が木製のものがおすすめです。手に馴染むので扱いやすく、誰でも使いこなせます。

 

また、ナチュラルでインテリアにも溶け込むので収納場所も困りません。木製の色合いもいろいろあるのでチェックしてください。

メーカー・ブランドで選ぶ

コームも含む犬用ブラシは、ファーミネーターやラバータイプなどさまざまなメーカーやブランドから販売されています。それぞれの特徴をご紹介するので参考にしてください。

毛質にこだわるならマルカンでも買える「Petio(ペティオ)」がおすすめ

Petio(ペティオ)のブラシは、コームやラバータイプなどほぼすべてのタイプが揃っています。そのため、用途に合わせて同じメーカーで揃えられて便利です。かわいいパステルカラーなどもあり、見た目のデザインもおすすめします。

 

また、豆柴や柴犬の毛並みを整えるのに適した商品もあるため、毛質にこだわりたい方にもおすすめです。マルカンなどペット用品店でも気軽に購入できます。

部位別に選ぶなら種類が豊富な「DoggyMan(ドギーマン)」がおすすめ

DoggyMan(ドギーマン)は柴犬や豆柴にもおすすめの使い分けできる2Wayブラシを販売しています。脇の下などの細かい部分をはじめ、背中やお腹などの広範囲までひとつのブラシでお手入れできるので便利です。

 

また、抜け毛対策ではなくマッサージに付ける「なで犬しゃもじ」といった個性的なグッズもあります。

高級感あるブラシなら「岡野製作所」がおすすめ

日本のメーカーの岡野製作所は、高級感があるブラシを多く販売しています。錆びにくいステンレスのピンに、木製の持ち手のスリッカーブラシが定番のアイテムです。確かな品質で耐久性もあるので、いいものを長く使いたい方におすすめです。

楽々お手入れなら「ワンタッチ機能」をチェック

時間をかけずに楽々お手入れしたい方はワンタッチ機能がついているものがおすすめです。お手入れが終わったらボタンを押せばポンと簡単に毛を捨てられます。片手で捨てられるので手を汚さず手間もかかりません。

長期的に使用するなら「価格」をチェック

長期的に使用を考えるなら価格にも着目しましょう。安いものは初心者でも気軽に使えますが、高級なものほど品質が良く、耐久性に優れています。そのため、質を重視するのなら高級なものを長く使用する方が結果的に安くなるので検討してください。

柴犬向けブラシの人気おすすめランキング15選

15位

SanMori

ペット用ブラシ

4.0

抜け毛に便利なワンタッチ機能付き

長く使用しても壊れにくいステンレス製の先が丸いピンを使用したスリッカーブラシです。ハンドルは天然ゴム素材で滑りにくく、初心者にも使いやすいタイプです。抜け毛を簡単に捨てられるワンタッチ機能も付いています。

素材 ステンレス サイズ 5×20×8cm
重量 160g

口コミを紹介

Twitterでこれでブラッシングしている動画を見て思わず購入!
うちの子は長毛種ではないので動画のようにはなりませんが、それでもブラッシングすると気持ち良いようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ペティオ (Petio)

プレシャンテ ダブルラバーブラシ

4.0

弾力性があってマッサージにもおすすめ

弾力性のあるラバー素材でマッサージにもおすすめなブラシです。肌への負担が軽く、ケガの心配がありません。シャンプーブラシとしても使用でき、丸洗いできるので衛生的に使い続けられます。

素材 エラストマー樹脂 サイズ 3.8×10×20cm
重量 490g

口コミを紹介

こんなに抜け毛があったのか!とびっくりしました。良い商品です

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

SUSWIM

スリッカーブラシ

4.0

安全性を考慮した丸形のピン先

ピン先が丸い安全性を考慮したスリッカーブラシです。ボタンを押すとピンが縮み、簡単に毛を捨てられます。コンパクトになるので収納場所にも困りません。ラバーヘッドで柔らかく、ペットに当たっても痛くないのも嬉しいポイントです。

素材 96.5g サイズ ABS+TPR+ステンレス鋼
重量 12.6×7×12cm
12位

ペッツルート

フルーツ村のソフト毛とりまるコーム

4.0

かわいいデザインで楽しくお手入れ

かわいらしいデザインのシンプルなブラシです。カラーもピンクとブルーのパステルカラーからお選びいただけます。子犬など体の小さい犬に最適です。ブラッシングが苦手な子でも大丈夫との口コミもあります。

素材 ポリカーボネート樹脂 サイズ -
重量 -

口コミを紹介

痛くなさそうです。抜けた毛を取り除くのも簡単でとても使いやすいです。友達にもプレゼントしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Aumuca

Amazon売れ筋ランキング ペット用品 ブラシ部門 1位

(2023/11/01調べ)

ペット用ブラシ

4.0

ブラシの抜け毛掃除も簡単!

角のない楕円形のフォルムなのでぶつけてしまっても怪我をさせずにすみます。ゆるやかなカーブになっているので体に自然とフィットし、ブラッシングしやすいデザインです。プッシュボタン機能付きでブラシの抜け毛掃除も簡単です。

素材 ‎ステンレス サイズ -
重量 -

口コミを紹介

以前の物より、抜けた毛も捨てやすくて、何より本人が気持ち良さそうにしてくれていて良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

TangleTeezer(タングルティーザー)

ペットティーザー

4.0

ハードタイプとソフトタイプから選べる

ストレスフリーなペットブラシです。ピンはハードタイプとソフトタイプから選べます。ハードタイプなら換毛期のアンダーコートにも最適です。ブラッシング嫌いな犬ならソフトタイプで慣れさせるのも良いので試してください。

素材 ポリプロピレン サイズ 6.5×6.2×15.2cm
重量 85g

口コミを紹介

シベリアンハスキーにフーリーを使用していましたが、痛いのか嫌がることがありこちらを購入しました。
しっかりと持つことができて力の加減もしやすく、愛犬も嫌がらずにリラックスした状態でブラッシングできるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

WIDREAM

スリッカーブラシ

4.0

安心サポート付き!日本メーカーのブラシ

プッシュボタン機能付きで、ピン先が丸形タイプのスリッカーブラシです。日本メーカーの商品で、安心サポート付きです。短期間でピン先が摩耗した場合は交換対応などもしてもらえるので検討してください。

素材 ステンレス サイズ -
重量 -

口コミを紹介

ブラッシングした後の毛の除去が楽でとても使い易いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ドギーマン

イージープロ掃除簡単クッションスリッカーブラシ

4.0

ラバーグリップで持ちやすいスリッカーブラシ

クッション性のあるスリッカーブラシなので、肌を傷つけにくく優しくお手入れができるスリッカーブラシです。持ち手はラバーグリップなので滑りにくく、持ちやすいタイプです。抗菌仕様にもなっているので衛生面も安心できます。

素材 ステンレス サイズ 10×5.8×15.8cm
重量 80g

口コミを紹介

豆柴2匹飼ってますが、うちの子たちはどちらも嫌がりませんでした。
とれた毛は、ポンとは外せないですが、ゴミ袋に振って落とせます。少し残りますが、手でとれます。便利です

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ペティオ (Petio)

Amazon売れ筋ランキング ペット用品 ブラシ部門 6位

(2024/01/01調べ)

レシャンテ ハードスリッカーブラシ

4.0

ウレタンクッションで子犬や豆柴にもおすすめ

ウレタンクッションでピン先がコーティングされているので、肌への刺激を抑えつつもしっかりと抜け毛を掻き出せます。子犬や小さな豆柴など敏感な肌に使えるものを探している方におすすめです。

 

持ち手は木製なので初心者でも馴染みやすく簡単にお手入れできます。

素材 ステンレス サイズ 3.5×10×20cm
重量 60g

口コミを紹介

猫と犬の両方に使ってます。先が丸く成っているので、気持ちが良いみたいです。犬のカットの時も毛が綺麗に立つので、カットしやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

岡野製作所

スリッカーブラシ ソフトタイプ

4.5

安定の日本メーカー

シンプルなスリッカーブラシです。こちらは日本メーカーの岡野製作所の商品で、品質の良いブラシになります。持ち手は木製で馴染みやすく、耐久性にも優れているので長期間の使用も可能です。

素材 金属 サイズ 11.8×3×14cm
重量 78g

口コミを紹介

家のワンコのトリミング用に購入。痛くないみたいで、大人しく梳かれてくれます(笑)アンダーコートがゴッソリ抜けて気持ちいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

岡野製作所

高級豚毛ブラシ 中

4.5

つや感アップのブラッシングにおすすめの獣毛タイプ

獣毛タイプのブラシをお探しの方には岡野製作所の高級感ある豚毛ブラシがおすすめです。コンパクトなので収納に困らず、扱いやすいので検討してください。つや感がある仕上げにするためのブラッシングにも最適です。

素材 豚毛 サイズ 9×16×9cm
重量 130g
4位

スペクトラム ブランズ ジャパン

Amazon売れ筋ランキング ペット用品 抜け毛取り・クリーナー部門 5位

(2024/02/01調べ)

ファーミネーター

4.5

換毛期におすすめのファーミネーター

ペット愛好家の中で密かに有名なファーミネーターは、アメリカ発のアンダーコート特化型のスリッカーブラシです。体の大きさに合わせて10種類から選べます。ごっそり抜け毛を掻き出せる便利な商品です。

素材 ステンレス サイズ -
重量 -

口コミを紹介

もっと早く買えば良かったと思います。凄い毛の量が、どこから出てきたと思う量が取れます。犬も大人しくブラッシングさせてくれました。とっても楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ハリオ

‎PTS-GRH-OW

4.5

シリコンとボールヘッドがペットの肌を痛めない

少し変わった見た目のブラッシング用ブラシです。素材にはシリコンを使用するほか、先端はボールヘッドになっているのでペットの肌を痛めません。毛を使用していないので水洗いできて清潔に保てます。

素材 シリコン サイズ 7.3×14.8×3cm
重量 40g

口コミを紹介

柴犬用に何度もリピ買いしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

岡野製作所

Amazon売れ筋ランキング ペット用品 くし部門 2位

(2024/02/01調べ)

高級両目金櫛 中

4.5

仕上げにおすすめのコームタイプ

こちらはコームタイプの商品です。仕上げ用としはもちろん、ブラッシングを嫌がる犬にもさっと使用するだけで、手軽に抜け毛のお手入れができます。また、服についた毛玉やほこり取りにも使えるので便利です。

素材 ビニール サイズ 3.2×16.7×0.3
重量 -

口コミを紹介

トリマー学生です。写真上の入学当初から使っているコームより小さく持ち手が太めになっているので小回りが利き、程よく重みもあるので気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Delamu

Amazon売れ筋ランキング ペット用品 抜け毛取り・クリーナー部門 1位

(2023/08/01調べ)

ペットブラシ グローブ

4.5

初心者にも難なくお手入れ可能!グローブ型

グローブタイプでブラッシングが苦手な方や、初心者の方でも犬と遊ぶ感覚でブラッシングができます。シリコン突起なので肌への刺激を抑えられるので安心して使用可能です。

 

サイズ調整用のマジックテープは内側になっているのでペットの毛が絡みません。

素材 シリコン サイズ 24×18
重量 -

口コミを紹介

期待以上によいです。
手袋なので顔やあご周辺にも便利です。
顔までぬけ毛まみれになるので
片手は素手にするなど様子を見ながら使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

柴犬向けブラシの人気おすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 素材 サイズ 重量
アイテムID:12871568の画像

楽天

Amazon

ヤフー

初心者にも難なくお手入れ可能!グローブ型

シリコン

24×18

-

アイテムID:12871671の画像

楽天

Amazon

ヤフー

仕上げにおすすめのコームタイプ

ビニール

3.2×16.7×0.3

-

アイテムID:12871665の画像

Amazon

ヤフー

シリコンとボールヘッドがペットの肌を痛めない

シリコン

7.3×14.8×3cm

40g

アイテムID:12871668の画像

Amazon

楽天

ヤフー

換毛期におすすめのファーミネーター

ステンレス

-

-

アイテムID:12871662の画像

楽天

ヤフー

つや感アップのブラッシングにおすすめの獣毛タイプ

豚毛

9×16×9cm

130g

アイテムID:12871659の画像

楽天

Amazon

ヤフー

安定の日本メーカー

金属

11.8×3×14cm

78g

アイテムID:12871656の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ウレタンクッションで子犬や豆柴にもおすすめ

ステンレス

3.5×10×20cm

60g

アイテムID:12871653の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ラバーグリップで持ちやすいスリッカーブラシ

ステンレス

10×5.8×15.8cm

80g

アイテムID:12871650の画像

楽天

Amazon

ヤフー

安心サポート付き!日本メーカーのブラシ

ステンレス

-

-

アイテムID:12871647の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ハードタイプとソフトタイプから選べる

ポリプロピレン

6.5×6.2×15.2cm

85g

アイテムID:12871644の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ブラシの抜け毛掃除も簡単!

‎ステンレス

-

-

アイテムID:12871641の画像

楽天

Amazon

ヤフー

かわいいデザインで楽しくお手入れ

ポリカーボネート樹脂

-

-

アイテムID:12871640の画像

Amazon

楽天

ヤフー

安全性を考慮した丸形のピン先

96.5g

ABS+TPR+ステンレス鋼

12.6×7×12cm

アイテムID:12871637の画像

楽天

Amazon

ヤフー

弾力性があってマッサージにもおすすめ

エラストマー樹脂

3.8×10×20cm

490g

アイテムID:12871634の画像

楽天

Amazon

ヤフー

抜け毛に便利なワンタッチ機能付き

ステンレス

5×20×8cm

160g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天 「ブラシ」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合があります。

ブラッシングの方法

適切なブラッシング方法を知り、大切なペットのお手入れをしましょう。基本方法から頻度などまでご紹介するので参考にしてください。

ブラッシングの基本

ブラッシングは毎日行うほか、シャンプー後など汚れを落とした後がおすすめです。まずは嫌がりやすい足元は避け、背中や腰などを優しくブラッシングします。慣れてきたら徐々に体の下側に進んでください。

 

背面や側面が終わったら首・胸・お腹などをブラッシングします。顔回りは最後にすると、ブラッシングを嫌がる犬でもリラックスした状態で行えるので試してください。

以下の記事では柴犬向けシャンプーのおすすめ商品と選び方をご溶解しています。ぜひ参考にしてください。

以下の記事では犬用ドライヤーのおすすめ商品と選び方をご紹介しています。ブラッシングのお供に合わせてご覧ください。

ブラッシングはいつから?初めてのブラッシングなら動画で確認

犬を飼い始めたら、ブラッシングなどのお手入れも重要です。ブラッシングはいつからはじめたらいいかご存じですか?犬は環境の変化に慣れるまで、しばらく時間がかかります。少なくても家に迎え入れてから1週間は、犬の負担になりそうなお手入れは避けましょう。

 

環境に慣れた頃にブラッシングをはじめ、しばらくは慣れさせるために毎日行うのがおすすめです。ブラッシングのコツなどが良くわからない場合は、Youtube動画などで現役トリマーや愛犬家がブラッシング方法をわかりやすく解説しているので参考にしてください。

ブラッシングのやりすぎに注意

ブラッシングのやりすぎは肌を傷つけてしまわないか不安になるものです。毎日するのはよくないと思われがちですが、基本は毎日1回おこないましょう。毎日ブラッシングすれば、怪我など愛犬の体の異常にもすぐ気づけます。

 

ただし、やりすぎると肌を傷めるなどの負担が増えるので優しく適度にが基本です。

まとめ

今回は柴犬(豆柴)向けブラシの人気おすすめ商品と選び方をご紹介しました。ブラシにはファーミネーターやラバータイプなどさまざまな種類があるので愛犬のサイズや好みに合わせて、負担なく使えるものを選びましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年04月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】柴犬用シャンプーの人気おすすめランキング23選【必要ないって本当?】

【2023年最新版】柴犬用シャンプーの人気おすすめランキング23選【必要ないって本当?】

犬用品
【口コミ・評判】柴犬のドッグフードの人気おすすめランキング12選【豆柴・市販品も】

【口コミ・評判】柴犬のドッグフードの人気おすすめランキング12選【豆柴・市販品も】

犬用品
犬用ブラシの人気おすすめランキング20選【獣毛・豚毛や気持ちいいものも】

犬用ブラシの人気おすすめランキング20選【獣毛・豚毛や気持ちいいものも】

犬用品
【獣医監修】犬用ハーネスのおすすめ人気ランキング22選【トイプードルや気管虚脱の犬にも】

【獣医監修】犬用ハーネスのおすすめ人気ランキング22選【トイプードルや気管虚脱の犬にも】

犬用品
【よく取れる!】猫用ブラシのおすすめ人気ランキング20選【嫌がる猫もうっとり気持ちいい】

【よく取れる!】猫用ブラシのおすすめ人気ランキング20選【嫌がる猫もうっとり気持ちいい】

猫用品
中型犬用ケージの人気おすすめランキング10選【コーギーやフレンチブルドッグに最適!】

中型犬用ケージの人気おすすめランキング10選【コーギーやフレンチブルドッグに最適!】

犬用品