犬用ブラシの人気おすすめランキング20選【獣毛・豚毛】

記事ID21470のサムネイル画像

犬用ブラシはブラッシングやグルーミングに欠かせないアイテム。この記事では、犬用ブラシの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。柴犬やチワワに適したものや、ダブルコートの犬種に適したもの、獣毛ブラシなど種類は様々。自分にぴったりの犬用ブラシで愛犬に「気持ちいい」と感じてもらいましょう!

犬用ブラシの違いを知って適したものを使おう!

愛犬のブラッシングは大切なコミュニケーションの時間。気持ちよく過ごしてもらうためにも、犬用ブラシにはこだわりたいものです。犬を飼っている方の中には、犬用ブラシの選び方がわからず、ブラッシングがおろそかになっている方もいるかもしれません。
 
でも実は、適切な犬用ブラシを使ってブラッシングを行うことは、愛犬の不調にいち早く気が付けることもあるくらい健康のためには欠かせない行為といえます!よくわからないと避けていた方も、この機会にぜひ犬用ブラシを購入してください。
 
この記事では、犬用ブラシの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはブラッシングのしやすさ、お手入れのしやすさ、使用時のコミュニケーションの取りやすさを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

犬用ブラシの選び方

犬用ブラシを選ぶ際のポイントをご紹介します。愛犬の犬種や目的に応じたものを探しましょう。

目的で選ぶ

犬用ブラシは目的別に適した種類が異なります。この記事では大きく4つの目的別に分類しました。

長毛種の毛のもつれを解消するなら「ピンブラシ」

ピンブラシは、人間が使うブラシによく似た構造をしています。毛の流れを整える際に活躍するでしょう。毛のもつれ対策にも有効です。特に、長毛種を飼っている方はぜひ一本は用意しておきましょう。

トイプードルなどにも使えるカット用なら「コーム」

コームは金属製のものが主流。ピンブラシにやや似た構造で、毛の流れを整えたり、毛玉がないか探したりするのに使います。トイプードルなどの毛をカットする際にも使える形状です。

艶出し・埃取りなど仕上げ用なら「獣毛ブラシ」

獣毛ブラシは、ブラシ部分に獣毛を使用したもの。獣毛に含まれる油分が、犬の毛にツヤを与えます。ある程度ブラッシングを終えた後に、艶やかな仕上がりにするために使用するのが一般的です。

 

また、毛先が柔らかいので、優しくブラッシングして毛に絡まった埃を取ってあげたい際にも活躍します。

ポメラニアンなどのアンダーコート用・抜け毛用なら「スクラッチャーブラシ」

スクラッチャーブラシは、抜け毛対策に使えるブラシです。犬には、ポメラニアンや柴犬など、ダブルコートと呼ばれる毛が二層構造になった種類がいます。これらの犬種のアンダーコートを絡めとることができるので、毛の生え換わり時期に用意しておくといいでしょう。

痛くない・気持ちいいものなら「グルーミング用ブラシ」

グルーミングとは毛づくろいのこと。犬用ブラシの中には、グルーミング用と銘打って販売されているアイテムがあります。犬への負担を最小限にした、痛くない、気持ちいい犬用ブラシをお探しの方はぜひチェックしてください。

犬種に合ったタイプで選ぶ

犬用ブラシの種類を選ぶ際は、犬種に注目してみましょう。犬の特徴別に適した犬用ブラシをご紹介します。

長毛種やダブルコートなど全犬種に対応なら「スリッカーブラシ」

スリッカーブラシは犬用ブラシの基本といえる形です。ブラシ部には多数のピンが植えられていて、毛の深いところまでしっかりと梳かすことができます。
 
ある程度の抜け毛ケアも可能です。長毛種から短毛種まで、またダブルコートにも対応できる製品が多いので、一本用意しておきましょう。

柴犬やチワワなど短毛種や硬いブラシが苦手な愛犬なら「ラバーブラシ」

ラバーブラシは、ラバー素材でできた犬用ブラシです。当たり心地が柔らかいため、硬いブラシが苦手な愛犬におすすめ。また、慣れてくるとマッサージ効果がある使い方ができるのも特徴です。チワワや柴犬など、毛が短い犬種を飼育している方はぜひご検討ください。

撫でるようにしてブラッシングするなら「グローブ型(手袋型)ブラシ」

グローブ型のブラシは、手袋のように手にはめて使うタイプのブラシです。他のタイプとは大きく異なります。愛犬とのコミュニケーションを取りながらブラッシングできるのが魅力。また、力加減をしやすいため、皮膚を労わってブラッシングしたい場合にもおすすめ。

サイズで選ぶ

犬用ブラシのサイズの目安をご紹介します。ポイントを押さえて自分に合ったものを選びましょう。

慣れているなら「人の手より少し大きめのH45×W90」

犬用ブラシのサイズ選びは、人が使ったときに使いやすいかどうかが重要です。あまり大きすぎるものを選ぶと、持ちにくかったり、上手く力を加えにくかったりと不都合を感じるかもしれません。

 

反対に小さすぎると、一度に毛を梳かす範囲が小さく不便です。使用者の手より少し大きめサイズを選べば、効率よく毛を梳かすことができます。

初心者なら「小さめのブラシ」

犬を飼い始めてまだ間もない方や、ブラッシング初心者の方には、小さめのブラシがおすすめです。小さめのブラシは手になじみやすく、大きいサイズと比べて扱いが簡単です。
 
扱いが難しいものは、変に力を入れすぎて愛犬に負担がかかる可能性もあります。一度に梳かすことができる範囲が小さくても、使いやすいブラシを選びましょう。

使いやすい持ち手なら「短い木製柄」

持ち手付きの犬用ブラシには、様々な素材が採用されていますが、持ちやすいものを探すなら木製がおすすめ。丈夫な素材なので、毛が絡まった際にも壊れにくいのが魅力です。

 

また、持ち手がある程度短い方が、人の手になじみやすいため、ブラッシングしやすいといえるでしょう。小型犬なら9cm程度、中型犬以上の場合は12cmくらいの持ち手が使いやすいといえます。

ピンの素材や硬さで選ぶ

犬用ブラシを選ぶ際は、ピン部分に注目してみましょう。素材や硬さなど、選ぶ際のポイントをご紹介します。

毛の取りやすさで選ぶなら「金属製などハードなもの」

金属製などのある程度の硬さがある犬用ブラシは、毛が絡まったときにも壊れにくいのが魅力。もつれた毛を取りやすいので、長毛種の毛並みの手入れなどに適しています。ステンレス製を選べば、さびにくいので長く使えるでしょう。

毛や肌を傷めにくいものなら「ソフトタイプ」

ソフトタイプのピンは、犬の毛や肌へのダメージが少ないのが魅力です。肌トラブルを抱えた愛犬や、刺激に弱い愛犬におすすめ。ラバー素材や獣毛を使用したものがソフトタイプに分類されます。

草やゴミ・埃を取りやすいものなら「ピン先が丸いもの」

犬用ブラシの中には、ピン先に丸いボールが付いているものもあります。丸いボールがついている分、毛に絡まった異物をひっかけて取り除くのが容易になるのが特徴です。外遊びから帰ってきたときのブラッシングに使いたい方におすすめ。

お手入れや後処理が楽な物なら「ワンタッチで毛を捨てられるタイプ」

ブラッシングを行うと、犬用ブラシに多くの毛が絡まります。犬用ブラシを衛生的に保つために、使用後は絡まった毛を取り除きましょう
 
ワンタッチで毛を捨てることができる機能がついた犬用ブラシは、手入れの工程を楽にすることができるのでおすすめです。ボタン式のものが主流ですが、様々なタイプがあるので、自分が使いやすそうなものを探してみましょう。

愛犬を思うなら100均やノーブランドより「品質が高いもの」

犬用ブラシを100均で探している方や、ノーブランド品でいいかと思っている方がいるかもしれません。しかし、愛犬のブラッシングは、コミュニケーションの場として欠かせないもの。さらに、ブラッシング時に愛犬の状態をチェックすることは、健康管理に繋がります。

 

この時間を有意義なものにするなら、やはり品質の良い犬用ブラシを使ってあげるのがおすすめです。有名メーカーのものや、口コミで評価の高いものを中心に、品質の良いものを探しましょう。

メーカー・ブランドで選ぶ

犬用ブラシのおすすめメーカーやブランドをご紹介します。品質の良い犬用ブラシを探すならぜひ押さえておきたいメーカー・ブランドです。

馬毛・豚毛ブラシを探しているなら「岡野製作所」

犬や猫などペット向けのブラシを中心に扱うメーカー・岡野製作所。犬用ブラシとして使える高級豚毛ブラシなどをお探しの方にぜひチェックしていただきたいメーカーです。仕上げ用にぜひ一つ持っておくといいでしょう。

犬用ブラシの定番ブランドなら「HUNTER」

HUNTERは犬用品を扱うドイツの老舗ブランド。長年の技術を詰め込んだ使いやすいアイテムが多いのが特徴です。細かな仕様違いのブラシを多くそろえていて、理想の特徴を備えたものを選ぶことができます。「愛犬に良いものを使ってあげたい」という方におすすめ。

アンダーコートのケアなら「ファーミネーター」

ファーミネーターは、不要なアンダーコートを除去することに特化した犬用ブラシです。トップコートよりも手入れが難しいアンダーコートを、丁寧に除去したい方におすすめ。愛犬への負担を減らして、痛くないようにブラッシングケアできます。

犬用スリッカーブラシの人気おすすめランキング5選

ピン先は球体仕様!抜け毛の時期におすすめ

パステルカラーの可愛らしいデザイン。ピン先が球体になっているので、肌を傷つけにくく、毛に紛れた抜け毛をしっかりキャッチします。また、ワンプッシュで抜け毛を除去できる機能を搭載。抜け毛対策用のブラシにおすすめです。

サイズ(W×H×D) 10.7×19.5×5.8cm 本体重量 -
種類・タイプ スリッカーブラシ ピンの特徴 先が球体

口コミを紹介

優しく力は殆どいらず.猫も何かよさげな雰囲気じっとしていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

イギリス製の最高級犬用ブラシ

イギリスの定番で、犬用ブラシの最高級といわれるローレンスのスリッカーブラシです。軽量アルミ製部と木製部を上手く組み合わせて、それぞれの強みを生かしています。Sサイズは初心者でも扱いやすいサイズ。迷ったときはぜひご検討ください。

サイズ(W×H×D) 9.0×12.3×3cm 本体重量 40g
種類・タイプ スリッカーブラシ ピンの特徴 軽量アルミ製

口コミを紹介

なにより、以前は嫌がってすぐ逃げたり唸って威嚇していたのが、じっとしていてくれたり、時にはトロンと目をつむってうたた寝してくれるようになったのです。

出典:https://www.amazon.co.jp

両面にピンがある柔らかパッドのスリッカーブラシ

両面にピンがある特徴的な構造のスリッカーブラシです。片面がハードピン、もう片面がソフトピンで、場面に応じて使い分けできます。パッド部分が柔らかく、ペットへの負担を軽減できるのも魅力です。

サイズ(W×H×D) 6.8×5.5cm(ブラシ部)・全長20cm 本体重量 -
種類・タイプ スリッカーブラシ ピンの特徴 ソフト・ハード両用

口コミを紹介

使いやすかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

岡野製作所の使いやすいスリッカーブラシ!

小さめサイズで初心者でも使いやすいスリッカーブラシです。ステンレス製のピンを採用しているので、丈夫で汚れに強いのが魅力。犬種を問わず対応しやすいため、一本目の犬用ブラシをお探しの方はぜひチェックしてください。

サイズ(W×H×D) 8.7×13×2cm 本体重量 48g
種類・タイプ スリッカーブラシ ピンの特徴 ステンレス

口コミを紹介

うちの猫たちは、このブラシで「ゆっくり、とにかくゆっくり、そしてやさしく」ブラッシングしてあげると、うっとりして眠ってしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ハンター

スリッカーブラシ セルフクリーン

一本目に最適なスリッカーブラシ

愛犬の毛の長さを問わず使いやすいスリッカーブラシ。中でも、ドイツの老舗ブランド・HUNTERの本製品は、初心者でも簡単に扱えます。

 

ピンは柔らかいステンレス製で、肌を傷つけにくく、汚れにくいのが魅力。ワンタッチお手入れボタンが付いていて、お手入れも楽々です。

サイズ(W×H×D) 全長16cm 本体重量 -
種類・タイプ スリッカーブラシ ピンの特徴 ステンレス製

犬用スリッカーブラシのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6565870の画像

    ハンター

  • 2
    アイテムID:6565863の画像

    岡野製作所

  • 3
    アイテムID:6565857の画像

    ショーテック

  • 4
    アイテムID:6565854の画像

    ローレンス

  • 5
    アイテムID:6565788の画像

    VANV5211028

  • 商品名
  • スリッカーブラシ セルフクリーン
  • スリッカーブラシ ソフトタイプ
  • 両面スリッカー
  • ソフトスリッカー S
  • スリッカーブラシ
  • 特徴
  • 一本目に最適なスリッカーブラシ
  • 岡野製作所の使いやすいスリッカーブラシ!
  • 両面にピンがある柔らかパッドのスリッカーブラシ
  • イギリス製の最高級犬用ブラシ
  • ピン先は球体仕様!抜け毛の時期におすすめ
  • 価格
  • 3,300円(税込)
  • 630円(税込)
  • 1,880円(税込)
  • 1,375円(税込)
  • 1,280円(税込)
  • サイズ(W×H×D)
  • 全長16cm
  • 8.7×13×2cm
  • 6.8×5.5cm(ブラシ部)・全長20cm
  • 9.0×12.3×3cm
  • 10.7×19.5×5.8cm
  • 本体重量
  • -
  • 48g
  • -
  • 40g
  • -
  • 種類・タイプ
  • スリッカーブラシ
  • スリッカーブラシ
  • スリッカーブラシ
  • スリッカーブラシ
  • スリッカーブラシ
  • ピンの特徴
  • ステンレス製
  • ステンレス
  • ソフト・ハード両用
  • 軽量アルミ製
  • 先が球体

犬用獣毛ブラシの人気おすすめランキング3選

幅広い犬種に対応する獣毛ブラシ!

ブラッシング・グルーミングにおすすめの獣毛ブラシ。ペットの肌への負担を減らせるよう工夫して作られています。マッサージ効果がある柔らかめの豚毛を採用しているので、優しく梳かしてケアしてあげましょう。

サイズ(W×H×D) 22×6cm 本体重量 80g
種類・タイプ 獣毛ブラシ ピンの特徴 柔らかめの獣毛採用

口コミを紹介

スタンダードダックス、ミニチュアダックスに二頭ですがちょうどいい大きさです。ちゃんとツヤも出ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

金属ブラシと艶出し用の天然毛がセットに

一本で埃や汚れの除去と艶出しの両方に対応する両面ブラシ。スチール製のピンは先端が球場で、毛に絡まる埃や抜け毛をしっかりとキャッチします。汚れの除去後は天然毛でブラッシングしてツヤを出しましょう。

サイズ(W×H×D) 5.7×15.5×5.5cm 本体重量 65g
種類・タイプ ピンブラシ・天然毛 ピンの特徴 スチール製と天然毛両面

口コミを紹介

小型犬に丁度良い大きさで使いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

高級豚毛を採用した艶出しブラシ

岡野製作所の高級豚毛ブラシです。小判型で扱いやすいのが魅力。天然木と豚毛の組み合わせた艶出しに抜群の効果を誇ります。高級感があるデザインもGOOD。おしゃれなブラシをお探しの方におすすめです。

サイズ(W×H×D) 8×9×14cm 本体重量 100g
種類・タイプ 獣毛ブラシ ピンの特徴 高級豚毛採用

口コミを紹介

ブラシの魔力か、心地よさげに目を細めて身を任せたいジレンマに陥った様子。

出典:https://www.amazon.co.jp

犬用獣毛ブラシのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6565900の画像

    岡野製作所

  • 2
    アイテムID:6565896の画像

    ドギーマン

  • 3
    アイテムID:6565890の画像

    WEIQI

  • 商品名
  • ONS 高級豚毛ブラシ
  • NHS ブラッシング&ツヤ出しブラシ
  • 豚毛スリッカーブラシ
  • 特徴
  • 高級豚毛を採用した艶出しブラシ
  • 金属ブラシと艶出し用の天然毛がセットに
  • 幅広い犬種に対応する獣毛ブラシ!
  • 価格
  • 1,134円(税込)
  • 765円(税込)
  • 1,499円(税込)
  • サイズ(W×H×D)
  • 8×9×14cm
  • 5.7×15.5×5.5cm
  • 22×6cm
  • 本体重量
  • 100g
  • 65g
  • 80g
  • 種類・タイプ
  • 獣毛ブラシ
  • ピンブラシ・天然毛
  • 獣毛ブラシ
  • ピンの特徴
  • 高級豚毛採用
  • スチール製と天然毛両面
  • 柔らかめの獣毛採用

犬用スクラッチャーブラシの人気おすすめランキング3選

ブラシ部のカーブが体にフィットして使いやすい!

アーチ状にカーブしたブラシ部が特徴。愛犬の体にフィットして、効率よく抜け毛を除去します。持ち手は人間が使いやすいように人間工学に基づいて設計されているので、疲れにくい犬用ブラシをお探しの方におすすめです。

サイズ(W×H×D) 9.3×16.8×4.8cm 本体重量 145g
種類・タイプ スクラッチャーブラシ ピンの特徴 カーブ構造

口コミを紹介

主に長毛種向けの商品かとおもいますが、短毛種のダブルコートなどにも良いかとおもいますが、猫の性格でブラッシングが好きな子はどんなものでも受け入れられるかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

使いやすさにこだわった持ち手に注目!

合成ゴムを使用した持ちやすいラバーハンドルが魅力的。滑り止め効果がある素材で、ブラッシングを快適にサポートします。また、ブラシ部にはステンレスを採用。汚れにくいので長持ちしやすいのが特徴です。毛を取り除くワンタッチボタンを搭載しています。

サイズ(W×H×D) 7.5×14.5cm 本体重量 -
種類・タイプ スクラッチャーブラシ ピンの特徴 ステンレス製

口コミを紹介

これ痛くないいかな?って思ったけど、驚くくらいに無駄毛が取れる。

出典:https://www.amazon.co.jp

スクラッチャーブラシの決定版!アンダーコートケアに特化

ファーミネーターは、アンダーコートのケアに特化したスクラッチャーブラシです。アンダーコート処理がしやすいように計算されたピンが、快適なブラッシングを提供します。プッシュボタンで絡まった毛を取り除くのが簡単。犬にも人にも優しい犬用ブラシです。

サイズ(W×H×D) 7.5×15×6.5cm 本体重量 150g
種類・タイプ スクラッチャーブラシ ピンの特徴 アンダーコートに特化

口コミを紹介

わが家の芝犬は換毛期真っ盛り。すごいです。ペットショップでこれが高いけど一番だと進められ購入しました。確かに他のブラシとは抜け方が違います。

出典:https://www.amazon.co.jp

犬用スクラッチャーブラシのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6565928の画像

    スペクトラム ブランズ ジャパン

  • 2
    アイテムID:6565922の画像

    SIAYI

  • 3
    アイテムID:6565918の画像

    Pecute

  • 商品名
  • ファーミネーター オレンジ
  • ペットブラシ
  • カーブ ブラシ 抜け毛取り
  • 特徴
  • スクラッチャーブラシの決定版!アンダーコートケアに特化
  • 使いやすさにこだわった持ち手に注目!
  • ブラシ部のカーブが体にフィットして使いやすい!
  • 価格
  • 4,577円(税込)
  • 1,180円(税込)
  • 1,899円(税込)
  • サイズ(W×H×D)
  • 7.5×15×6.5cm
  • 7.5×14.5cm
  • 9.3×16.8×4.8cm
  • 本体重量
  • 150g
  • -
  • 145g
  • 種類・タイプ
  • スクラッチャーブラシ
  • スクラッチャーブラシ
  • スクラッチャーブラシ
  • ピンの特徴
  • アンダーコートに特化
  • ステンレス製
  • カーブ構造

犬用ブラシハードタイプの人気おすすめランキング3選

ステンレススチール採用の丈夫なコーム

ステンレススチールを採用した、丈夫なコーム型の犬用ブラシです。ステンレスなので、汚れにくく、静電気が起こりにくいのも魅力。ブラシ部の隙間が狭い部分と広い部分が分けられていて、梳かす部位や目的に応じて使い分けできます。

サイズ(W×H×D) 18.5×0.3×5cm 本体重量 -
種類・タイプ コーム ピンの特徴 ステンレススチール製

口コミを紹介

今までは普通の櫛を使っていましたが、これに替えてから抜け毛が少なくなり使い勝手が良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ハンター

グルーミング ブラシ スパ

犬のグルーミングに最適なハードピンブラシ

HUNTERのグルーミング向けブラシです。ステンレス製のハードピンですが、先端が球体になっているので肌を傷つけにくい仕様。マッサージ感覚で優しくブラッシングしましょう。

サイズ(W×H×D) 全長20cm 本体重量 -
種類・タイプ ハードグルーミングブラシ ピンの特徴 ステンレス製

愛犬の負担を抑えたい方におすすめ

長めで先端が曲がったピンが特徴的なスリッカーピンブラシです。ペットの負担を最小限に抑えるよう研究を重ねて開発されました。トリマーやグルーミングのプロも使用する使い勝手のいい一品。

サイズ(W×H×D) 10.5×6cm(ブラシ部)・全長17cm 本体重量 70g
種類・タイプ ハードピンブラシ ピンの特徴 しなやかに曲がる

口コミを紹介

前まで使っていたスリッカーより、ピンが2倍近く長くて毛が密なワンちゃんや、毛を伸ばしているワンちゃんのブラッシングがとても楽に感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

犬用ブラシハードタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6566138の画像

    ショーテック

  • 2
    アイテムID:6565948の画像

    ハンター

  • 3
    アイテムID:6565944の画像

    Y-Tech

  • 商品名
  • ショーテックスリッカーソフト
  • グルーミング ブラシ スパ
  • ペット用くし
  • 特徴
  • 愛犬の負担を抑えたい方におすすめ
  • 犬のグルーミングに最適なハードピンブラシ
  • ステンレススチール採用の丈夫なコーム
  • 価格
  • 2,080円(税込)
  • 3,520円(税込)
  • 1,180円(税込)
  • サイズ(W×H×D)
  • 10.5×6cm(ブラシ部)・全長17cm
  • 全長20cm
  • 18.5×0.3×5cm
  • 本体重量
  • 70g
  • -
  • -
  • 種類・タイプ
  • ハードピンブラシ
  • ハードグルーミングブラシ
  • コーム
  • ピンの特徴
  • しなやかに曲がる
  • ステンレス製
  • ステンレススチール製

犬用ブラシソフトタイプの人気おすすめランキング3選

スポンジとブラシが一体化!肉球デザインがキュート

ブラシ面とスポンジ面に分かれている犬用ブラシ。ブラシ面には、ソフトタイプのシリコン素材を採用しているのでペットの肌を傷めにくいのが魅力。スポンジ面は周囲に散らばった抜け毛を、効率よく集めて掃除できます。

サイズ(W×H×D) 7.3×3×14.8cm 本体重量 40g
種類・タイプ ソフトタイプ ピンの特徴 シリコン製

口コミを紹介

使っていて気持ちよさそうなので猫には好評です。また、見た目も可愛らしいので癒しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

丸洗い対応で衛生的!

丸洗いすることができる、ラバー製の犬用ブラシ。抗菌剤を配合していることと合わせて、衛生的なのが特徴です。手で包み込むように犬用ブラシを持ち、撫でるようにしてブラッシングできます。

サイズ(W×H×D) 3.8×20×10cm 本体重量 49g
種類・タイプ ソフトタイプ ピンの特徴 ラバー製

口コミを紹介

毛がごっそり取れましたし、ブラシに付いた毛もべりべりと剥がれやすいです
ある程度抜け毛を溜めてからだとより取れやすいです

出典:https://www.amazon.co.jp

持ち手付きの使いやすいソフトブラシ

ブラシ部にラバー素材を採用した、持ち手付きのソフトタイプ犬用ブラシです。スリッカーブラシとして使えるので、幅広い犬種に対応します。40gと軽く、扱いが簡単。毛をキャッチしやすい構造のため、抜け毛が周りに散らばるのを軽減できるのも魅力です。

サイズ(W×H×D) 7.5×13×3cm 本体重量 40g
種類・タイプ ソフトタイプスリッカーブラシ ピンの特徴 ラバー製

口コミを紹介

よく毛が取れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

犬用ブラシソフトタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6566179の画像

    ビーボン (BEBON)

  • 2
    アイテムID:6566173の画像

    ペティオ (Petio)

  • 3
    アイテムID:6566167の画像

    HARIO (ハリオ)

  • 商品名
  • ラバースリッカーブラシS
  • プレシャンテ ラバーブラシ
  • ペットのブラシ グルッテ
  • 特徴
  • 持ち手付きの使いやすいソフトブラシ
  • 丸洗い対応で衛生的!
  • スポンジとブラシが一体化!肉球デザインがキュート
  • 価格
  • 1,100円(税込)
  • 635円(税込)
  • 1,292円(税込)
  • サイズ(W×H×D)
  • 7.5×13×3cm
  • 3.8×20×10cm
  • 7.3×3×14.8cm
  • 本体重量
  • 40g
  • 49g
  • 40g
  • 種類・タイプ
  • ソフトタイプスリッカーブラシ
  • ソフトタイプ
  • ソフトタイプ
  • ピンの特徴
  • ラバー製
  • ラバー製
  • シリコン製

犬用ブラシグローブ型の人気おすすめランキング3選

ブラッシングとシャンプーで使い分けが可能!

ブラッシングとシャンプーどちらにも対応した犬用ブラシです。ブラッシング時は細かいピンで毛並みを整え、シャンプー時は粗いピンで効率よく泡立てます。手にはめて使用するグローブ型なので、撫でるようにしてブラッシングやシャンプーを行えるのが魅力。

サイズ(W×H×D) 11.5×15.8×3.5cm 本体重量 132g
種類・タイプ グローブ型 ピンの特徴 ラバー製

口コミを紹介

毛が良く絡み取れて非常に良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

多数のピンが効率よく毛を整える

多数のピンで効果的にブラッシング、埃取りを行うことができます。手首をマジックテープで固定することができるので、手の大きさに関わらず快適な使用が可能です。家族全員で使えるグローブ型のブラシをお探しの方におすすめ

サイズ(W×H×D) 18×23cm 本体重量 -
種類・タイプ グローブ型 ピンの特徴 シリコン製

口コミを紹介

これを装着しで全身を撫でるようにすると、大変気持ちいいらしく、最近は自分の方から要求するようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

お手入れしやすいグローブ型ブラシ

Delamuのグローブ型犬用ブラシは、突起部分に工夫を施しています。形や位置を調整することで、ブラッシング後の犬用ブラシのお手入れが楽になるように仕上げました。絡まった毛が簡単に取れるグローブ型ブラシをお探しの方におすすめです。

サイズ(W×H×D) 24×18cm 本体重量 -
種類・タイプ グローブ型 ピンの特徴 シリコン製

口コミを紹介

こねくり回すようにしてから毛並みを整えると凄い量の毛が取れる。グローブに付いた毛は少量だと取れ難いが、溜まったら皮を剥ぐように取れる。

出典:https://www.amazon.co.jp

犬用ブラシグローブ型のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6566219の画像

    Delamu

  • 2
    アイテムID:6566208の画像

    shumeifang

  • 3
    アイテムID:6566199の画像

    ドギーマン

  • 商品名
  • ペットブラシ グルーミンググローブ
  • ペットブラシ グローブ手袋
  • ドギーマン ツインソフトブラシ
  • 特徴
  • お手入れしやすいグローブ型ブラシ
  • 多数のピンが効率よく毛を整える
  • ブラッシングとシャンプーで使い分けが可能!
  • 価格
  • 1,199円(税込)
  • 799円(税込)
  • 610円(税込)
  • サイズ(W×H×D)
  • 24×18cm
  • 18×23cm
  • 11.5×15.8×3.5cm
  • 本体重量
  • -
  • -
  • 132g
  • 種類・タイプ
  • グローブ型
  • グローブ型
  • グローブ型
  • ピンの特徴
  • シリコン製
  • シリコン製
  • ラバー製

犬用ブラシの使い方

犬用ブラシを使う際のポイントをご紹介します。コツや注意点を押さえて、ブラッシングで愛犬の健康状態を把握しましょう。

持ち方のコツや注意点

グローブ型を除く犬用ブラシは、鉛筆を持つときと同じように持つのが基本です。強く握って持つと、力が入りすぎて犬への負担が大きくなるため控えるようにしましょう。

ブラッシング方法

ブラッシングを行うときは、犬の体の面積が大きいパーツから始めて、徐々に小さなパーツへ移っていくのがポイントです。顔や皮膚の薄い場所は、傷つきやすいので、特に丁寧にブラッシングしましょう。
 
長毛種の場合は、毛の根元が見えるようにめくりながら溶かします。短毛種は毛の流れに逆らうようにして梳かした後、仕上げ用ブラシで毛並みに沿って梳かしましょう

頻度のポイント

ブラッシングの頻度は、最低でも月1回。余裕がある場合は月2回から4回くらい行ってあげるのが理想です。一度に全身をブラッシングできない場合は、毎日こまめにパーツを変えてブラッシングするのがおすすめ。換毛期は週2回くらいを目安に行いましょう。

買い替えのタイミング

犬用ブラシの買い替えは、ブラシ部分に注目して時期を見定めましょう。ピンやブラシ部分が少しでも欠けたり折れたりした場合には買い替えが必要です。折れた破片が愛犬の体に刺さって怪我をさせることのないように、手入れの際に毎回慎重に確認しましょう。
 
下記のページでは、犬のブラッシング方法について詳しく説明されています。さらに詳しく知りたい方はこちらをぜひご覧ください。

犬用シャンプーでお手入れしよう

犬用ブラシでブラッシングした後は、シャンプーでの手入れの効率がアップします。ぜひシャンプーをして、犬用ブラシでは落とせなかった毛の汚れを洗い流しましょう
 
犬のシャンプーを行う場合は、ブラッシングの後、シャワーで一度全体をぬらします。この時、腰やお尻からシャワーをかけ始めるのがポイント。顔には直接シャワーをかけずに、スポンジやタオルを使いましょう。温度は37度前後がおすすめです。
 
シャワーで濡らした後は、犬用シャンプーを使って優しく泡立てます。その後、シャワーで泡を流して終了です。下記の記事詳しく説明されていますので、ぜひこちらもご覧ください。

下記の記事では犬用シャンプーの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

ぬいぐるみやカーペットに使うという声も

犬用ブラシとして販売されている商品を、ぬいぐるみやカーペットに使っているという声があります。犬用ブラシは、犬の体を傷つけないよう工夫されていたり、ピンに絡まる毛を簡単に取り除ける工夫がされていたりするのが特徴。

 

こうした犬用ブラシの特徴が、ぬいぐるみやカーペットの手入れにも有効な場合があります。ただし、犬用ブラシとして使っているアイテムを兼用するのはおすすめしませんぬいぐるみやカーペットの手入れをするなら、別途購入しましょう。

まとめ

犬用ブラシの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。犬用ブラシは種類が豊富で、目的に応じて様々な特徴があります。使い勝手のいい犬用ブラシを手に入れて、愛犬のブラッシングタイムを素敵な時間にしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

犬用バリカンの人気おすすめランキング20選【使い方まで】

犬用バリカンの人気おすすめランキング20選【使い方まで】

犬用品
犬用ホットカーペットの人気おすすめランキング15選

犬用ホットカーペットの人気おすすめランキング15選

犬用品
【2021年最新版】電動洗顔ブラシの人気おすすめランキング15選【音波ブラシもご紹介】

【2021年最新版】電動洗顔ブラシの人気おすすめランキング15選【音波ブラシもご紹介】

美容器具
【家電販売員監修】コードレス掃除機の人気おすすめランキング12選【2021年最新版】

【家電販売員監修】コードレス掃除機の人気おすすめランキング12選【2021年最新版】

掃除機
猫用シャンプーの人気おすすめランキング10選【無添加やドライシャンプーも】

猫用シャンプーの人気おすすめランキング10選【無添加やドライシャンプーも】

猫用品
排水口ブラシの人気おすすめランキング10選【キッチンや洗面所で大活躍】

排水口ブラシの人気おすすめランキング10選【キッチンや洗面所で大活躍】

掃除用具・清掃用品