midiキーボードの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID4641のサムネイル画像

パソコンで音楽を作る「DTM」での作業に欠かせない入力装置が「midiキーボード」です。midiキーボードはパソコンと接続できる鍵盤装置で、音楽制作ソフトへ演奏データを入力するために使用します。この記事では人気midiキーボードをランキング形式で紹介します。

midiキーボードの特徴と種類

midiキーボードの選び方ですが「鍵盤数で選ぶ方法」と「接続方式で選ぶ方法」とがあります。鍵盤数には「88鍵盤」「61鍵盤」「49鍵盤」「32鍵盤」「25鍵盤」などがあります。

 

鍵盤数が多いmidiキーボードは設置スペースが必要ですが、スペースの許す限り大型のmidiキーボードがおすすめです。接続方式では「USBで接続するタイプ」と、「Bluetoothで無線接続するタイプ」とがあります。

 

Bluetoothの方は配線がわずらわしくなく便利ですが、midiキーボードのバッテリーを充電して使う必要があるでしょう。下記では「人気度」「入力のしやすさ」などを基準としランキング形式で紹介します。

midiキーボードの人気おすすめランキング15選

15位

CME

Xkey Air 37

価格:22,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトながらも無線な37鍵盤モデル

CMEのPRO 37鍵盤モデルは、世界のアーティストからも注目されている、ポータブルなBluetooth鍵盤です。

 

音楽雑誌やSNSなどでも話題となっており、スマホやタブレットと、この鍵盤さえあれば場所を選ばずに思い浮かんだメロディーをすぐに形にすることができます。

 

USBケーブルでの接続も可能となっており、自宅のパソコンとこのキーボードとをUSBで接続し、打ち込みすることができるスタイリッシュなMIDIキーボードです。

 

なお、Windowsへ接続をする場合にはMicroUSB接続のみとなりますが、別売りの「WIDI BUD(オプション品のレシーバー)」を活用すれば、無線接続での打ち込みが可能です。

接続方式Bluetooth/USB鍵盤数・パッド数37鍵盤・パッドなし

口コミを紹介

2ndキーボードとしてワイヤレス25鍵を購入しました。他のちっちゃいやつとは全く別物で、普通に使えてます。モジュとベンドは押しこみ加減で変化するので、ソロもいけます。すごくペラいけどおもちゃじゃないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

KORG(コルグ)

nanoPAD2 ブラック

価格:4,428円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超コンパクトなMIDIコントローラー

KORGからリリースされている超コンパクトなUSB MIDIコントローラーがこのnanoPAD2です。

 

パッドコントローラーとしてドラム入力をすることができるのが主な目的ですが、添付されているX-Yパッドを指でなぞると、アルペジオの演奏もできるスグレモノです。

 

とかく入力するためにはテクニックが必要なアルペジオでも、タッチパッドへ軽く触れるだけで簡単に入力できます。ドラム演奏もパッドを叩いて入力するので、直感的なDTMでの入力を行うことができて便利なMIDIコントローラーです。

接続方式USB鍵盤数・パッド数鍵盤なし・16パッド

口コミを紹介

楽しく演奏できるのが、1番の特徴ですね。これにバンドルソフトが付くので、お得ですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

M-AUDIO

Oxygen 49

価格:13,824円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パッドと鍵盤が備わったコンパクトなmidiキーボード

米国M-Audio社がリリースしている49鍵盤のUSB・MIDIキーボードがOxygen49です。

 

このOxygen49は、パーカッションパートの演奏に便利な8パッドのボタンを搭載している49鍵盤midiキーボードで、自宅での宅録の際に打ち込みパートを入力するのに便利です。

 

出先へも自由に持ち運びを行うことができ、キーボードの演奏表現に便利なピッチベンドやモジュレーションホイールも搭載しています。

 

タッチパッドは暗い場所でも演奏しやすいように、LEDが点灯する仕組みとなっており、DJプレイなど、クラブハウスでのライブ演奏をするときにも、大変便利な仕様となっています。

接続方式USB鍵盤数・パッド数49鍵盤・8パッド

口コミを紹介

一年くらい使っていますが今の所全く問題なく使えてます。打ち込みで使うのには僕は十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Akai Professional (アカイプロ)

MPK mini MK2 WHITE

価格:9,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでスタイリッシュなmidiキーボード

8パッドを搭載した25鍵盤のmidiキーボードです。ベロシティ対応の25鍵盤で、鍵盤の強弱を感知し、演奏データとして記録する機能を備えています。

 

MPCパッドは、アカイ直系の操作感覚抜群なサンプリングパットで、パーカッションを割り当てて演奏しやすいサイズです。面倒なリズムトラックの打ち込みは、このパッドひとつで問題なくこなすことができるでしょう。

 

サンプラーソフトと連動させて、サンプリングパッドとして使用し、DJプレイを楽しむという使い方にも向いています。鍵盤演奏からリズムトラックの演奏までトータルで行える、使いやすいmidiキーボードです。

接続方式USB鍵盤数・パッド数25鍵盤・8パッド

口コミを紹介

DTM用に購入しました。価格もお手頃で、手軽に指ドラムも出来て、もちろん鍵盤でのMIDIの入力も。入力の軽減と直感的な操作が出来るのがメリットだと思います。デザインも素敵です。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Akai Professional (アカイプロ)

APC KEY 25

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでも強力なmidiキーボード

コンパクトかつスタイリッシュで、リーズナブルな機能が特徴のmidiキーボードが、アカイプロフェッショナルのAPC Key25です。

 

多くのサンプリングパッドが備わっており、なんと40サンプルもの素材や機能を割り当てして演奏することができる利便性を備えています。演奏中に複雑なパソコン操作をすることなく、パッドコントロールのみで演奏を停止さぜくことなく打ち込みできます。

 

コンパクトなmidiキーボードも備えており、ベースパートの入力から簡単なシーケンスフレーズの入力まで、このmidiキーボード一台で作業を終えることができるでしょう。

接続方式USB鍵盤数・パッド数25鍵盤・40パッド

口コミを紹介

今は、1万程度の本製品とラップトップPCさえあれば、なんでもできるDTM環境が手に入ると知りびっくりしました。本製品バンドルのAbleton Live Liteは8トラックx8クリップに機能制限された簡易版ですが、なんちゃってDTM/DAWを体験したかった自分には十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Arturia

KeyLab 49 Essential

価格:17,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スライダー付きで本格的なmidiキーボード

鍵盤ユニットのほかに、スライダー、ノブ、パッド、ピッチベンドホイールなどを装着している、本格的なmidiキーボードです。

 

鍵盤のサイズも幅広く、実際のキーボードと同じサイズで49鍵盤ついていますから、小さいスペースで作曲や編曲を手軽に行うことができます。

 

主要DAWと互換性がある「MCU/HUIコントロール互換」となっており、DAW画面上の操作を直感的に行うことができます。スライダーやノブを、DAWのミキサー画面で適合させれば、ミキシングの作業も直感的に行うことができて便利です。

接続方式USB/MIDI鍵盤数・パッド数49鍵盤・パッド8

口コミを紹介

いろんなキーボード、電子ピアノ、シンセサイザーを持ってますが、初めてこういった普通のシンセタッチのMidiキーボードを買いました。シンセで遊ぶのや、打ち込みの入力は49鍵のサイズは大正解でした。軽くて気楽でベッドの上でも演奏・制作できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Roland(ローランド)

MIDIキーボードコントローラー A-49-BK ブラック 49鍵

価格:18,300円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ローランドのスタイリッシュなmidiキーボード

DTMではおなじみのメーカー、ローランドのスタイリッシュなmidiキーボードが「A-49-BK」です。

 

シンプルながらDTMで定評があるローランドのmidiキーボードですから、初心者の方からベテランまで、USB接続をすれば誰でも気軽にmidiキーボードとして活用しやすい製品です。

 

音楽制作を行うことができるソフトウェア「Ableton Live Lite」も付属していますから、簡単な作編曲くらいならこの機種一台あれば手軽に行うことができます。

 

MIDIに対応しているアプリケーションを、本格的なフィーリングで操作することができます。

 

接続方式USB/MIDI鍵盤数・パッド数49鍵盤・パッドなし

口コミを紹介

あれこれツマミが多いタイプではないのでスッキリして良いと思います。キーボードのタッチは馴染みやすい重さだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Novation

Launchpad MK2

価格:14,904円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなパッドコントローラ

NovationからリリースされているスタイリッシュなパッドコントローラがLaunchpad MK2です。たくさんのキーパッドをアサインして、リズムトラックのパフォーマンスができます。

 

Ableton Liveでの使用には特化しており、DAW内のリズム音源であるドラムラックを自在にコントロールできるのが特徴です。Launchpad MK2は、パッドスイッチ数が多いことから、midiキーボードとして活用する事もできます。

 

簡単なメロディーであれば、Laundpad MK2だけで完成させる事も可能となっており、オールマイティな場面での活用が可能です。

接続方式USB鍵盤数・パッド数鍵盤なし・64パッド

口コミを紹介

MK2 はiPad に繋げて使える使用になっていて、アプリを使って簡単にプレイできました。色もとても綺麗です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

M-AUDIO

Keystation 88

価格:20,509円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セミウェイトなフルキーボード

ベロシティ対応で、リアルにピアノ風の演奏入力を行うことができるキーボードがM-AudioのKeystation88です。

 

ピッチベンドホイール、モジュレーションホイール、トランスポートコントロールやオクターブボタンなど、ピアノやキーボードの演奏データ入力のための機能が搭載されており、リアルなデータ入力を行うことができます。

 

マウス操作をすることなく、音楽ソフトウェアをコントロール可能です。入力に失敗してしまったときでも、パソコンのデバイスに手を触れることなくキーボードでDAWを操作できるため、スムーズな作業を行うことができて便利です。

接続方式USB鍵盤数・パッド数88鍵盤・パッドなし

口コミを紹介

USB挿したら直ぐに使えるし、パーカス打ち込んだりオケを打ち込んだりするのにいい意味でぞんざいに扱って良いのでサクサクと曲のスケッチができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

KORG(コルグ)

microKEY2-49AIR

価格:13,602円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレス対応の49鍵盤

KORGのワイヤレス接続に対応したMIDIキーボードです。従来からのUSB接続ができるポートに加えて、Bluetoothを使ったMIDIデータ入力をおこなうことができます。またiPadやiPhoneなどの機器とワイヤレス演奏を楽しむことも可能です。

 

もちろんパソコンとのワイヤレス接続もできるため、コンパクトで省スペース、かつ演奏場所を選ばないので、小さい自宅スタジオでもスペースを気にすることはありません。

 

専用のエディターソフトのほか、音楽ソフトウェアの無料バンドルもありますから、このmidiキーボード一台備えておけば、即戦力にすることができるでしょう。

接続方式USB/Bluetooth鍵盤数・パッド数49鍵盤・パッドなし

口コミを紹介

DAW初心者につき、これにしました。音の強弱をこんなに忠実に再現するなんて驚きです。楽しくって夜更かしばかりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

M-Audio (エムオーディオ)

Keystation Mini 32 MK3

価格:5,031円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

32鍵盤でコンパクトなmidiキーボード

とてもコンパクトながら、ベロシティ入力にも対応しているmidiキーボードです。

 

業界標準となる高性能な音楽ソフトウェア「ProToolsFirst」の「M-AudioEdition」がバンドルされており、おまけで付属するソフトとはいえ、プロクラスの環境で音楽編集を行うことができます。

 

USBバスパワーで駆動することができるため、電源が必要ありません。そのためパソコンと接続をして、音楽ソフトを起動できる環境があればすぐに使うことができるでしょう。

 

もちろん出先での使用もOKで、小さなスペースがあればどこでもこのキーボードを置いて作曲や編曲の作業を行うことができます。

接続方式USB鍵盤数・パッド数32鍵盤・パッドなし

口コミを紹介

コスパの面からオススメできる磨き材です。洗車のついでに,お手軽に施工できるのも魅力的。プラ製部品やメッキ部品の小傷や曇り,汚れが簡単に消えます!(ボディーにはまだ使用していません)

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Akai Professional (アカイプロ)

MPK Mini Play

価格:11,996円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチパッド付きでキーボード操作も簡単

コンパクトで持ち運びをしやすく、タッチバッド付きのmidiキーボードです。有機ELディスプレイを搭載しており、薄暗いライブ会場でも視認性が良くコントロールすることができます。

 

タッチパッドの周囲もLEDの光で位置がわかるようになっており、DJプレイによるパフォーマンスをする事もできます。

 

鍵盤でのライブパフォーマンスをすることもできるほか、スタジオでmidiキーボードとして活用することもでき、使う場所をしばりません。特徴的なX/Y軸のジョイスティックを搭載し、感覚的なデータ入力を行うことができます。

接続方式USB鍵盤数・パッド数25鍵盤・8パッド

口コミを紹介

内蔵音源で電池稼働も可能で色々な場面での使い良さがある。楽しい!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

CME

Xkey Air 25

価格:22,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスで簡単に入力作業ができる

直感的なDTM入力作業を行うことができるMIDIキーボードが、「CME PRO 25鍵盤」です。携帯性にすぐれており、コンパクトでバックに入れて持ち運びしやすいキーボードとなっています。

 

USBケーブルでも接続することができるため、出先にパソコンがあれば、USB接続をして簡単にDTM環境を整えることができます。

 

小型鍵盤ながらスタイリッシュで、出先でのMIDI入力作業を行うにしてもとても便利で、DTM初心者の方でも使いやすいサイズが魅力です。コンパクトですから移動中に思い浮かんだメロディーをメモしておくのにも向いています。

接続方式Bluetooth/USB鍵盤数・パッド数25鍵盤・パッドなし

口コミを紹介

はじめに言っておくと、私はまともにキーボード(ピアノ)は弾けませんが、このキーボード「Xkey」は、とても弾きやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

KORG(コルグ)

microKEY-25

価格:4,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産のコンパクトキーボード

USBバスパワーで動作し、電源を用意する必要なく音楽制作を行うことができるのがUSBMIDIキーボードのmicroKEY-25です。こちらのキーボードも非常にコンパクトなモデルとなっており、軽量ですので持ち運びにも大変便利です。

 

コンパクトなモデルながらも、ベロシティコントロールに対応したナチュラルタッチミニキーボードを搭載しており、音楽制作の表現の幅を広げることができます。

 

25鍵盤のみですが、オクターブシフトボタンを押して音域を上下させれば、すべてのキーボード音域をカバーすることが可能です。人気ソフトウェアをバンドルしており、買ってすぐに音楽制作を楽しむことができるでしょう。

接続方式USB/Bluetooth鍵盤数・パッド数25鍵・パッドなし

口コミを紹介

音楽作成経験0のド素人が学習用に買いました.iPadとBluetoothで接続しGarageBandで利用しています.初学者が練習用に使ったり,打ち込みで作曲する分には十分に感じました.何より場所を取らないので,意気込んで大きな鍵盤を買う前に,まずこのサイズから入門してよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

KORG(コルグ)

microKEY2-37AIR

価格:11,340円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレス接続対応の37鍵盤モデル

出先の待ち時間にちょっとしたピアノ演奏のフレーズを思いつき入力したいとか、キーボードパートの入力を行いたい時に便利なのが、コルグからリリースされているmicroKEY2-37AIRです。

 

USB接続に加えて、Bluetooth機能を搭載しているワイヤレス対応な37鍵盤ですから、ちょっとしたピアノ演奏も表現できるでしょう。

 

DAWと組み合わせて使えばシンセサイザーの入力表現も簡単に行うことができ、パソコン側で音色設定を行ってライブパフォーマンスをする事もできます。軽量ですので、ギターやベースのように気軽に持ち運び演奏をおこなうことができます。

接続方式Bluetooth/USB鍵盤数・パッド数37鍵盤・パッドなし

口コミを紹介

簡単な打ち込み(キーボードのコード、ドラム、ベース)でしたら、これで十分かと思います。場所を取らないのがいいし、その辺に置いて適当に何となく弾ける感じが非常に良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

midiキーボードの使い方と選び方

大型の製品からコンパクトな製品、USB接続対応や無線での接続対応まで、色々な種類の製品が販売されているmidiキーボードですが、どのような用途があるのでしょうか。ここではmidiキーボードの選び方についても紹介していきます。

鍵盤数で選ぶ

midiキーボードのメイン部分となっている鍵盤部分の数で選んでみる方法です。鍵盤数がたくさんあるmidiキーボードほど、演奏作業を行いやすいものの、持ち運びしずらい特徴があります。

 

反対に鍵盤数が少ないキーボードは携帯性にすぐれているという特徴があります。

88鍵盤

88鍵盤はグランドピアノと同じ鍵盤数で、midiキーボードではグランドピアノの弾き心地を再現しているモデルが一般的です。グランドピアノのアクションに近い鍵盤ほど高性能で、演奏表現もピアノに近いものとなりますが、重量が増えていきます。

 

軽量な88鍵盤のmidiキーボードは持ち運びに便利ですが、ベロシティタッチの感覚があいまいで、どうしても電子キーボードでの演奏表現となってしまいます。ただし、ライブパフォーマンスを行う時には、持ち運びしやすいタイプであるため便利です。

 

自宅スタジオだけで限定して使う場合には、ベロシティタッチの感度が優れている鍵盤(上井テッド鍵盤)がおすすめです。

61鍵盤

電子キーボード、シンセサイザーの鍵盤でおなじみのサイズです。64鍵盤はほとんどのメロディーを演奏できる音域となっており、コンパクト製や持ち運びやすさ、演奏しやすさなどを兼ね備えているモデルです。

 

音楽やDTM入門者にも向いているモデルで、打ち込みの楽曲を演奏しやすいメリットのほか、クラシック音楽などのデータ入力にも大変便利です。

 

トランスポーズボタンを押して音域を上下させれば、ピアノよりもさらに広い音域の演奏をおこなうことができるようになっています。自宅だけで使うほか、ライブでも演奏するかもしれない、という場合には、このタイプがおすすめです。

49鍵盤

49鍵盤モデルは、演奏ができる方向けです。実際にキーボードを演奏して、その雰囲気を録音したい時にはこのタイプのキーボードを選ぶようにしましょう。

 

キーボードの演奏能力がある人向けですが、これからキーボードを上達してうまく演奏できるようにしたいと思っている人にもおすすめのモデルです。

 

これからDTMで作りたい音楽の中に、キーボードのパートを用意したいという時には、鍵盤数が多いキーボードを選ぶようにしましょう。

 

デメリットは、スペースが必要となることと、持ち運びをしにくいことです。midiキーボードを使ってライブ演奏をしたい方は、事前に考えておくようにします。

32鍵盤

小型軽量で持ち運びをするにも便利な32鍵盤midiキーボードは、演奏よりもmidiデータ入力を重視しているモデルです。

 

このタイプは、「ピアノサイズの大きさのキーボード」と、キーボードの形をしているボタンが並んでいる「コンパクトタイプのもの」とがあります。

 

どちらもデスクの上で置いて音楽を作ったり、ちょっとした演奏をしたりするのに向いています。デメリットは鍵盤数が少なくのでピアノやキーボードのパートを打ち込みするのに不向きとなる点です。

 

ダンスミュージックを作ったり、リズムパートを作るのに向いているキーボードで、これからちょっとDTMしてみたいという方におすすめできるmidiキーボードとなっています。

25鍵盤など小型のもの

小型のモデルは持ち運びに便利なタイプです。軽量かつリーズナブルなモデルが多く、DTMがはじめてという方でも安心して購入できるタイプのmidiキーボードで、初心者向けです。

 

ライブパフォーマンスを行うときにも最適なモデルとなっており、ちょっとした効果音を鳴らしたり、DJプレイ似合わせてシンセフレーズを演奏することもできます。

 

電源不要で、USBからの給電のみで動作する機種もあり、パソコンやタブレットと接続すればライブの時にもセッティングを行いやすいといった特徴があります。

midiキーボードの接続方式で選ぶ

midiキーボードの接続方法から選ぶ方法です。最近主流な製品の中では、USBのmidiキーボード、Bluetoothのmidiキーボードとがあります。Bluetoothのモデルは、USB接続を行うこともできるモデルが一般的です。

USB

USBケーブルで接続して使うタイプです。USBから電源を取り、ACアダブターなしで稼働させることができる製品もあります。電源が不要となっているモデルはライブなどで演奏しやすく、出先での演奏にも向いています。

 

このほか、移動中にバスの中でちょっとしたフレーズをメモ代わりに使うのにも便利ですし、自宅でも電源の配線をするためにわずらわしさがありません。

 

また、無線方式とは異なり、電波が悪く接続が途中で途切れてしまうといった心配もなく、信頼性がほしいならこちらのモデルを選びましょう。

Bluetooth

Bluetoothは無線式で接続できるタイプのmidiキーボードです。Bluetoothのキーボードやマウスと同じようにして接続するだけで、コードレスな状態でタブレットやパソコンと接続を行うことができて便利です。

 

わずらわしいケーブル接続を行う必要がなく、設置する場所を選ばないので、その時の気分でキーボードを持ち運びして演奏することもできます。

 

デメリットは障害物などがあると通信が途切れてしまうことがある点ですが、パソコンやタブレットとの距離を近くにしておけば、問題になってしまうことはないでしょう。近年発売されたmidiキーボードで採用されている接続方式です。

性能で選ぶ

midiキーボードの性能で選ぶ方法について紹介していきます。この見出しではコントローラーの性能、キータッチの性能との2つを取り上げて解説します。

 

コントローラーの性能が高く、色々な機能が搭載されていると、音量調整やパンを瞬時にコントロールすることができ、リアルな音楽を作りやすくなります。

コントローラーの性能

midiキーボードにはジョイスティックのほか、フェーダーやノブ、リボンコントローラーやパッドスイッチなどの機能が搭載されているモデルもあります。使いこなせばボリュームを瞬時に操作できたり、リズムを叩いたりすることもできておすすめです。

 

ダンスミュージックやDJプレイにおすすめなのが赤外線センサーを搭載しているモデルです。手をかざすと演奏に派手なエフェクトをかけたり、音程を自在にコントロールするといった、派手なパフォーマンスを行えます。

キータッチ

キータッチが付いているmidiコントローラーは、ピアノを弾いたことがある人におすすめな機能です。

 

演奏をする時に重視したい機能のひとつで、キーボードやピアノパートでリアルな録音ををしたい時に欠かすことができない機能と言えるでしょう。

 

ピアノのようにハンマーアクションが内蔵されているモデルもありますが、こちらは高価でスペースを取るため、ピアノ演奏者向けです。

 

midiキーボードを使ってピアノを習得したい時にも便利な機能ですが、ほとんどの音楽ジャンルはピアノタッチが無くても十分作ることができます。

midiキーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5060460の画像

    KORG(コルグ)

  • 2
    アイテムID:5060457の画像

    KORG(コルグ)

  • 3
    アイテムID:5060454の画像

    CME

  • 4
    アイテムID:5060451の画像

    Akai Professional (アカイプロ)

  • 5
    アイテムID:5060448の画像

    M-Audio (エムオーディオ)

  • 6
    アイテムID:5060445の画像

    KORG(コルグ)

  • 7
    アイテムID:5060442の画像

    M-AUDIO

  • 8
    アイテムID:5060439の画像

    Novation

  • 9
    アイテムID:5060436の画像

    Roland(ローランド)

  • 10
    アイテムID:5060433の画像

    Arturia

  • 11
    アイテムID:5060430の画像

    Akai Professional (アカイプロ)

  • 12
    アイテムID:5060427の画像

    Akai Professional (アカイプロ)

  • 13
    アイテムID:5060424の画像

    M-AUDIO

  • 14
    アイテムID:5060421の画像

    KORG(コルグ)

  • 15
    アイテムID:5060416の画像

    CME

  • 商品名
  • microKEY2-37AIR
  • microKEY-25
  • Xkey Air 25
  • MPK Mini Play
  • Keystation Mini 32 MK3
  • microKEY2-49AIR
  • Keystation 88
  • Launchpad MK2
  • MIDIキーボードコントローラー A-49-BK ブラック 49鍵
  • KeyLab 49 Essential
  • APC KEY 25
  • MPK mini MK2 WHITE
  • Oxygen 49
  • nanoPAD2 ブラック
  • Xkey Air 37
  • 特徴
  • ワイヤレス接続対応の37鍵盤モデル
  • 国産のコンパクトキーボード
  • ワイヤレスで簡単に入力作業ができる
  • タッチパッド付きでキーボード操作も簡単
  • 32鍵盤でコンパクトなmidiキーボード
  • ワイヤレス対応の49鍵盤
  • セミウェイトなフルキーボード
  • スタイリッシュなパッドコントローラ
  • ローランドのスタイリッシュなmidiキーボード
  • スライダー付きで本格的なmidiキーボード
  • コンパクトでも強力なmidiキーボード
  • コンパクトでスタイリッシュなmidiキーボード
  • パッドと鍵盤が備わったコンパクトなmidiキーボード
  • 超コンパクトなMIDIコントローラー
  • コンパクトながらも無線な37鍵盤モデル
  • 価格
  • 11340円(税込)
  • 4690円(税込)
  • 22490円(税込)
  • 11996円(税込)
  • 5031円(税込)
  • 13602円(税込)
  • 20509円(税込)
  • 14904円(税込)
  • 18300円(税込)
  • 17980円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 9898円(税込)
  • 13824円(税込)
  • 4428円(税込)
  • 22490円(税込)
  • 接続方式
  • Bluetooth/USB
  • USB/Bluetooth
  • Bluetooth/USB
  • USB
  • USB
  • USB/Bluetooth
  • USB
  • USB
  • USB/MIDI
  • USB/MIDI
  • USB
  • USB
  • USB
  • USB
  • Bluetooth/USB
  • 鍵盤数・パッド数
  • 37鍵盤・パッドなし
  • 25鍵・パッドなし
  • 25鍵盤・パッドなし
  • 25鍵盤・8パッド
  • 32鍵盤・パッドなし
  • 49鍵盤・パッドなし
  • 88鍵盤・パッドなし
  • 鍵盤なし・64パッド
  • 49鍵盤・パッドなし
  • 49鍵盤・パッド8
  • 25鍵盤・40パッド
  • 25鍵盤・8パッド
  • 49鍵盤・8パッド
  • 鍵盤なし・16パッド
  • 37鍵盤・パッドなし

まとめ

色々なmidiキーボードをランキングで紹介してきましたが、製品によっては販売価格なども含めると様々なものがあります。まずは使いこなせそうなものを選んで購入しましょう。お気に入りのmidiキーボードを見つけて、快適な音楽ライフを送ってみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ