マイクスタンドの人気おすすめランキング20選【使いやすい卓上アームタイプやブームタイプもご紹介】

記事ID4204のサムネイル画像

最近ではユーチューバーのように個人でゲームの実況動画を撮ったり、様々な企画をしたりする方も増えてきたことでマイクスタンドの需要が高くなっています。もちろん、音楽業界などでも必須のアイテムでもあります。今回はマイクスタンドのおすすめの種類や選び方を紹介します。

ネット配信やスピーチに便利なマイクスタンド

音楽制作や講演会・スピーチに欠かせないマイクスタンド。最近では歌ってみたやゲーム実況などネット配信する方が増えてきて、さらに需要が高まっています。マイクを安定させることに注目しがちですが、それだけでなくシーンに合わせた商品選びが大切です。

 

しかしマイクスタンドの種類は大変豊富でフロアスタンドから天井タイプまで実にさまざまな商品があります。目的に合わないタイプを選んでしまうと使いにくく、思ったようなパフォーマンスができないこともあるでしょう。

 

そこで今回はマイクスタンドの選び方や人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは種類・性能・使いやすさを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

マイクスタンドの選び方

マイクスタンドは形状が異なるので、自分が使用するシーンに最適な種類から選ぶのが大事なポイントです。

用途に合わせて種類から選ぶ

マイクスタンドにはさまざまな種類があります。用途によってスタンドを使い分けることをおすすめします。ここでは、用途別にマイクスタンドの種類をご紹介していきます。

ボーカルや歌い手には「ストレートタイプ」がおすすめ

主にライブやコンサート、スピーチで使用され、幅を取りにくい点が人気です。スタジオやリハーサル室の省スペースでも異なる身長の人と共有して使用できます。上下に伸縮するので子供から大人まで使用できる定番の人気商品です。

 

形はシンプルなのに色は豊富にありイメージに合うものを選択できるのも魅力的。スタンドの脚部分には重みのある円盤型と安定感があり移動しやすい三角型があるので、使い勝手の良いものを選べます。

歌ってみたやギターの弾き語りなら「ブーム・ショートブームタイプ」がおすすめ

マイクの可動域が広くどんな姿勢でも使いやすいのがブームタイプ。ギターやピアノを演奏しながら歌う人向けは低い位置の音を収音できるショートブームタイプ。ドラムのシンバル音を収音する時に高い位置にもセットできるオーバーヘッドタイプの2種類があります。

 

しっかりとしたスペースがある場所を確保するのがポイント。邪魔にならず使い勝手も良いのでおすすめです。自分の行動範囲も含めて、どの位置の音を収音するか見極めて使いこなすのがベストです。

会社や学校のスピーチ用には「卓上タイプ」がおすすめ

脚部がコンパクトでアーム自体も短いため、机に座って使用するシーンに最適の卓上タイプ。学校のスピーチや会議などのビジネスシーンではテーブル上に置いても邪魔になりません。軽量で持ち運びもしやすくセットが簡単なのが魅力的です。

 

個人のネット配信やラジオ収録にも人気の商品です。高さのある机に置いても立ったまま使用できます。ストレートタイプ同様、脚部は円盤型と三脚型があるので使用用途に合わせて選ぶのをおすすめします。

動画配信やDTMをする人には「デスクアームタイプ」がおすすめ

動画配信やDTM用に便利なのがデスクアームタイプ。アームを動かせるので複数人で使用する時でもマイクを自由に動かせます。アームの長さは適正な長さにしないと全員の声が収音しにくくなるので要注意。

 

未使用時には畳むことも可能で机の上にパソコンや他の機材を置けるのも魅力です。クランプという部品を使用して取り付けますが設置場所に傷がつきやすいのは難点。傷防止のゴムがついている物を選び、最初から傷がついても良い場所に設置するのがおすすめです。

大人数の合奏には「オーバーヘッドタイプ」がおすすめ

オーバーヘッドタイプは文字通り高い位置から音を拾うことができるタイプ。通常のブームスタンドよりも一回り大きいサイズが中心です。マイクを上から吊るすようにして使用するためスタンドや脚部も他の種類よりも大きくなっています。

 

主に合唱やオーケストラなど複数の音を拾う空間全体の収音に最適な種類ですが、ドラムのシンバル音を拾うのにも使用される事が多いマイクスタンドです。全方向から収音するため高さと角度の両方を調節が可能です。

ネット配信や複数人で使用するなら「グースネックタイプ」がおすすめ

グースネックタイプは卓上スタンドタイプと同じ種類。マイクの角度を自由自在に変えることができる非常に使いやすい種類です。複数人でマイクを使用する場合など、喋る人に合わせて角度を変えられるので高い人気を得ています。

 

フレキシブルアーム採用で人の背丈に合わせて使用できるので、ゲームの実況中継やインターネットのライブ配信といった動きのある場面でも使いやすいタイプで人気です。クリップが挟まる場所ならばどこでも設置が可能。

サイズや重量から選ぶ

マイクスタンドは持ち運んで使用する事も多いのでサイズや重量などもチェックしておくと、いざという時に便利です。

使用シーンにあわせるなら「サイズ」をチェックするのがおすすめ

サイズは持ち運ぶ際にも重要です。しかし卓上タイプのように机の上に置いて使用する場合にもチェックしておくべきポイントの1つです。組み立てると意外と大きかったという事もあり得るので事前にしっかりとチェックしておきましょう。

 

スタンドタイプでは、会場に持ち込んだ際にドアの通り抜けできるかまでチェックしておくとトラブルを回避できます。合わせて折り畳んだ時のサイズもチェックしておくとさらに良いです。

マイクに合わせるなら「重量感」があるものがおすすめ

マイクスタンドの重量は持ち運ぶ際だけでなく安定感にも直結する非常に大事な問題。軽いと持ち運びには便利ですが重たいマイクなどに合わせるとバランスが悪くなってしまいます。安定性が悪いと最悪の場合倒れてしまいます

 

そのため持ち運びやすい重量でありながら、しっかりと重たいマイクにも耐えられる製品を選ぶのが大事なポイントです。使用するマイクは個人よって違います。自分が使用するマイクと相談して重量をチェックしておきましょう。

 

マイク自体の重さは重量300g程度のものが多いです。製品によっては800gまでと幅があります。卓上スタンド用なら500gを目安に考慮するのがおすすめです。

高品質で愛着をもって使用したいなら「価格」を重視

マイクスタンドは安い製品だと千円前後で販売されている製品もあります。安いから粗悪品という事では決してありません。マイクスタンドは大切なマイクを預けるアイテムなので値段から製品を選ぶことも選択肢の1つです。

 

何万円もする高価な製品には必ず理由があります。使用している素材が高品質であったり、耐荷重が高い製品は価格も高めです。また耐久性なども値段によって大きく変わってくるポイントです。

 

長年愛用することでトータルコストは格安製品と差がなくなります。その分愛着もわいてきますよ。ある程度耐久性の優れたものを選び、新機能が搭載された製品を買い替えるのもおすすめです。

マイクスタンドを設置する「スペース」で選ぶのもおすすめ

マイクスタンドのスペースもチェックしておくのがおすすめ。いざ設置するタイミングで場所が無い。なんて事になってしまう可能性もあります。一般的な卓上タイプ以外のマイクスタンドは三脚になっている製品が多いです。

 

使用するシーンによっては手元に資料を見ながら話すことになります。狭小スペースだとそれらが動くたびに雑音が入ってしまいます。高品質のマイクなら収音性も高いことに気を付けなければなりません。

 

そのため卓上タイプも高さはクリアしていても下部に設置するスペースが足りないこともあります。本体のサイズをチェックする際は使用時のスペースもチェックしておくのが大事です。脚部が三脚か円盤型かどちらが使用しやすいか確認するのをおすすめします。

性能から選ぶ

マイクスタンドの性能も選ぶ際にチェックしておくべき大事なポイントになります。ここでは特に大事なポイントを紹介するので購入前にしっかりチェックしておきましょう。

長く愛用したい人には高品質で「耐久性の高い製品」がおすすめ

マイクスタンドに使用されている素材は鉄やスチールです。高品質の素材を使用している製品は耐久性が高いのでおすすめです。マイクスタンドは大切に扱うことで十年以上は使用できる製品も多くあります。

 

高品質がゆえ、値段はそれだけ高くなります。しかしすぐに壊れて使用できなくなることを考えると最初に少し奮発した方がコストは安くなる可能性が高いです。そのため耐久力の高い製品から選ぶのも大事なポイントです。

安定性に優れているものなら「重量感」のある製品がおすすめ

マイクスタンドにとって安定感は非常に大事なポイントです。上部に大切なマイクを付けているので倒れてしまうとマイクまで壊れてしまう可能性もあります。マイクスタンドの下部の形状や重量の点から安定感が高い製品を選ぶようにしましょう。

手軽の使いたい人には「操作のしやすい」製品がおすすめ

どのマイクスタンドも高さを調節したりマイク部分の角度を変えることができる製品がほとんどです。そのため操作がしやすい製品から選ぶようにしましょう。操作に手間取ってしまうとイライラしてしまい楽しく音の録音やネット配信ができなくなってしまいます。

部品の特性によって選ぶ

付属部品や細部の機能から好みのタイプを選ぶのもおすすめです。

持ち運びやすさ重視なら「折り畳みが可能」な製品がおすすめ

マイクスタンドが折り畳み可能だと持ち運びに便利なのでおすすめです。自宅とスタジオを行き来するような場合でも楽器と一緒にマイクスタンドを運ぶとかなりの荷物になってしまいます。なるべくコンパクトになる製品だと持ち運びも楽になります。

マイクにこだわりのある人には「マイクホルダー」にこだわるのがおすすめ

マイクスタンドにはマイク本体を固定するマイクホルダーという部品が必ず必要になります。最近ではマイクホルダーもセットになったマイクスタンドが多く販売されています。使用する予定のマイクに対応したマイクホルダーが付けられるかどうかも事前にしっかりとチェックしておきましょう。

 

マイクスタンドの製品によっては変換ネジも付属している製品があります。ほとんどの規格のマイクホルダーに対応している製品も多く販売されています。不安な方は店員さんに聞いたり口コミやレビューでチェックするようにしましょう。

メーカーで選ぶ

マイクスタンドを選びきれないならメーカーで絞りこんでみるのもおすすめです。ここでは有名人気メーカーをご紹介していきます。

安定性の高さなら「Roycel」がおすすめ

マイク用品を扱うメーカーであるRoycel。マイクスタンドも人気で安定性が高く使いやすいと評判です。特に人気があるのはポップガードが付属した卓上型スタンド。自宅録音・ゲーム実況などのネット配信にもおすすめです。

本格派ラインナップから選びたいなら「K&M」がおすすめ

世界屈指のメーカーであるK&M(ケーニッヒ・アンド・マイヤー)。ドイツの楽器スタンドをはじめとした各種スタンド用品のメーカーです。

 

マイクスタンドの種類が豊富でフロア用スタンドから卓上型、天井スタンドまで高品質な商品が揃います。本格派マイクスタンドを比べて選びたい方はぜひK&Mをチェックしてみてください。

おしゃれなブームタイプなら「TAMA」がおすすめ

世界を代表する日本のドラムメーカー・TAMA。ドラムだけでなくドラムセット・シンバルスタンドやマイクスタンドなども生産しています。TAMAマイクスタンドの定番といえばブームタイプ。手に馴染み使いやすく、おしゃれなデザインで高い人気を誇ります。

卓上・アームタイプマイクスタンドの人気おすすめランキング11選

11位

KC(ケーシー)

卓上マイクスタンド

省スペースでも使いやすい卓上スタンド型

どんな角度にも自在に動かすことができるので使い勝手の良い商品です。マイクホルダーも付属しており直径2.5cmまでのマイクに対応している点もおすすめのポイント。机の上に設置するのではなく挟み込んで固定するタイプなのでスペースが少ない場所でも使用が可能です。

サイズ グース部分600mm 重量 約700g
種類 グースネック卓上タイプ 折り畳み -

口コミを紹介

重たいマイクを装着しても自重で下がったりしない適度な硬さがいいです。細かいポジション変更には向きませんがマイクなんて割と広範囲の音を拾う物なので問題無し。バネ特有の『ギリギリ』と言う音も皆無で、快適に使用出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

出典:

  • アイテムID:7976013の画像1枚目

Getaria

ミニ 卓上マイクスタンド

コンパクトに折り畳めるマイクスタンド

コンパクトに折り畳めるマイクスタンドで、16.5cm~17.5cmまでの高さまで調節できます。自宅での配信のみならず、持ち運びしやすいのが特徴。出先や会議などビジネスシーンにもおすすめ。

サイズ 高さ17.5cm 重量 180g
種類 卓上スタンドタイプ 折り畳み

口コミを紹介

実際に届いてみたら想像以上に造りがしっかりしていてビックリしました。折りたたんだ状態も非常にコンパクトだし個人的には大満足です。 「携行性の良さ×造りの良さ×価格の安さ」のトータルで非常に満足しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

SYMPHA

マイクスタンドアーム

耐久性に優れた構造

折り畳みも可能なので持ち運びにも便利な人気の商品です。机の上に設置するのではなく机の端などに挟んで固定できるため省スペースで使用することができます。2つのアームによるダブルレース構造で斜めへの伸縮にも優れているだけでなく耐久性も高くなっているため何度使用してもしっかりと使用ができる大人気の商品です。

サイズ 全長70cm 重量
種類 卓上スタンドタイプ 折り畳み

口コミを紹介

セッティングも楽で伸縮するのでマイクの位置調整もできます。使いやすいです!ありがとうございました!!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

マイクホルダーやポップガードが付属

大小2種類のマイクホルダーやポップガードまで付属しているので様々なシーンで活躍が見込める人気の商品です。机の端などに挟んで固定するタイプなので省スペースで使用ができる点もおすすめのポイントで、耐荷重が2kgもあるため重たい大きいマイクでの使用も可能な大人気のマイクスタンドです。

サイズ 重量
種類 卓上スタンドタイプ 折り畳み

口コミを紹介

カラオケ好きの祖父へプレゼントしました。
前から持っていたマイクも問題なくつけられたようです。
設置簡単ですぐ歌えたみたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

KC(ケーシー)

卓上マイクスタンド

シンプルな卓上スタンドタイプ

操作が非常に簡単でマイクホルダーも付いているので届いてすぐに使用することが可能です。高さが130~200mmまで調節が可能な点もおすすめのポイントです。卓上でありながら重量が1.2kgもあるので安定性が良くシンプルで使いやすい人気の商品です。

サイズ 115×130~200mm 重量 1.2kg
種類 卓上スタンドタイプ 折り畳み

口コミを紹介

製品を見て開口一番「ちっさ!!」と叫んでしまいました
しかし、組み立ててマイクをセットして机に置くと、その言葉を撤回したくなるほど丁度いい高さになりました。ネジのアダプタもついていたので汎用性は高そうですね

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

出典:

  • アイテムID:7976025の画像1枚目

Matturn

卓上マイクスタンド

会議にも使いやすい折り畳みミニマイクスタンド

スチール製で170gと軽量のミニマイクスタンド。三脚の足にはゴムが付いていて滑りにくく安定感もある製品として人気。場所を取らずに使えてスマホで配信や会議をする人におすすめです。

サイズ  21×16cm 重量 170g
種類 卓上マイクスタンド 折り畳み

口コミを紹介

小さくて邪魔にならないのを探してたのですが、しっかりしてて安定感もあり、いいのがあってよかったです!zoom会議で使うために探してましたが、ベット脇に置いて、YouTube観るのにも使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ケーブルバンド付きで配線がスッキリ

ケーブルバンドが3本付属しているのでマイク周りの配線をスッキリとさせることが可能。付属の3/8変換アダプターを使用することで別売りのショックマウントにも対応する点もおすすめのポイントで、可動範囲が広くポジションが自由に組める大人気のマイクスタンドです。

サイズ 全長約70cm 重量 約500g
種類 卓上スタンドタイプ 折り畳み

口コミを紹介

日本語ガイドマニュアルに沿って、簡単に組み立てることができました。安定感があって、ぐらつくことはありません。丈夫でシンプルなデザインなので、使い勝手がよく、マイクスタンドだけではなく、照明に使用したり、用途が広がりそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

可動域が広いので使いやすい

卓上スタンドタイプですがアームタイプなので机の上にスペースが少ない状態でも設置することができます。可動域が広いため使いやすく、3/8から5/8インチへの変換金具も付いています。ほとんどの規格のマイクが取り付け可能な高い人気を得ているマイクスタンドです。

サイズ 全長約75cm 重量
種類 卓上スタンドタイプ 折り畳み

口コミを紹介

通常のマイクスタンドは場所もとるのでこれを購入。昔の机上蛍光灯みたいに重いマイクだと位置がずれてきたりするのかと思いましたが、安定していて非常に良いです。あとは長期間使用してみてだと思いますが気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

どんな場所にも使用しやすいブラック

高さを225~330mmまで幅広く調節することができるので様々なシーンで使用しやすい人気の商品。対応しているマイクホルダー径は25~30mmなので間違えないようにしましょう。重量910gと安定度も抜群なので重たいマイクにも使用しやすい人気の商品です。

サイズ 115×225~330mm 重量 910g
種類 卓上スタンドタイプ 折り畳み

口コミを紹介

シンプルで申し分ないです。ごく一般的なマイクスタンドとしてはコスパも加味して十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

アームタイプで省スペースでも使いやすい

バネが付いているので耐荷重は約2kg。重いマイクでも問題なく使用ができる点もおすすめのポイントです。マイクの位置だけでなく高さや角度も自在に変えることができる使いやすいマイクスタンドです。

サイズ 全長80cm 重量 700g
種類 卓上スタンドタイプ 折り畳み

口コミを紹介

短いので、机の広い方は長めのを買ったほうがいいかも
強度もあり、しっかりと宙に支えてくれるので頼もしいです

出典:https://www.amazon.co.jp

スタジオでも自宅でも使いやすい

アームタイプで机の端に固定して省スペースでの設置も簡単に行える人気の商品です。口元までしっかりと伸縮が可能なのでハッキリと声を届けたり録音したりすることができます。ショックマウント部分は取り外しが可能で変換ネジも付属しています。

サイズ 70cm 重量
種類 卓上スタンドタイプ 折り畳み

口コミを紹介

アームを好きな位置に固定できるように止め具がついており、とても安定する。値段と比較してとてもパフォーマンスが優れているように思えました

出典:https://www.amazon.co.jp

卓上・アームタイプマイクスタンドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7976040の画像

    Neolight

  • 2
    アイテムID:7976037の画像

    Earamable

  • 3
    アイテムID:7976034の画像

    キクタニ

  • 4
    アイテムID:7976031の画像

    Antarc

  • 5
    アイテムID:7976028の画像

    Roycel

  • 6
    アイテムID:7976025の画像

    Matturn

  • 7
    アイテムID:7976022の画像

    KC(ケーシー)

  • 8
    アイテムID:7976019の画像

    Luling Arts

  • 9
    アイテムID:7976016の画像

    SYMPHA

  • 10
    アイテムID:7976013の画像

    Getaria

  • 11
    アイテムID:7976010の画像

    KC(ケーシー)

  • 商品名
  • マイクスタンド
  • 卓上マイクスタンド
  • 卓上マイクスタンド
  • マイクスタンド
  • マイクスタンド
  • 卓上マイクスタンド
  • 卓上マイクスタンド
  • マイクスタンドアーム
  • マイクスタンドアーム
  • ミニ 卓上マイクスタンド
  • 卓上マイクスタンド
  • 特徴
  • スタジオでも自宅でも使いやすい
  • アームタイプで省スペースでも使いやすい
  • どんな場所にも使用しやすいブラック
  • 可動域が広いので使いやすい
  • ケーブルバンド付きで配線がスッキリ
  • 会議にも使いやすい折り畳みミニマイクスタンド
  • シンプルな卓上スタンドタイプ
  • マイクホルダーやポップガードが付属
  • 耐久性に優れた構造
  • コンパクトに折り畳めるマイクスタンド
  • 省スペースでも使いやすい卓上スタンド型
  • 価格
  • 2,380円(税込)
  • 1,380円(税込)
  • 1,650円(税込)
  • 1,490円(税込)
  • 3,799円(税込)
  • 1,380円(税込)
  • 1,281円(税込)
  • 2,108円(税込)
  • 1,799円(税込)
  • 1,390円(税込)
  • 1,982円(税込)
  • サイズ
  • 70cm
  • 全長80cm
  • 115×225~330mm
  • 全長約75cm
  • 全長約70cm
  • 21×16cm
  • 115×130~200mm
  • 全長70cm
  • 高さ17.5cm
  • グース部分600mm
  • 重量
  • 700g
  • 910g
  • 約500g
  • 170g
  • 1.2kg
  • 180g
  • 約700g
  • 種類
  • 卓上スタンドタイプ
  • 卓上スタンドタイプ
  • 卓上スタンドタイプ
  • 卓上スタンドタイプ
  • 卓上スタンドタイプ
  • 卓上マイクスタンド
  • 卓上スタンドタイプ
  • 卓上スタンドタイプ
  • 卓上スタンドタイプ
  • 卓上スタンドタイプ
  • グースネック卓上タイプ
  • 折り畳み
  • -

ブーム・ストレートタイプマイクスタンドの人気おすすめランキング9選

9位

出典:

  • アイテムID:7976045の画像1枚目

キクタニ

マイクスタンド

ブームも兼用のストレートマイクスタンド

ブームとストレート兼用のマイクスタンド。定番の三脚タイプで高さは最大168.5cmまで調整可能です。シンプルなのでどんなシーンにもあわせやすい商品。

サイズ 49×55×168.5cm 重量 1.89kg
種類 ブーム/ストレート  折り畳み

口コミを紹介

10数年前に楽器店で購入し、今回2台目のマイクの為に再度購入しました。重さ、質感、使い良さ この価格でこの風情は満足!です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

出典:

  • アイテムID:7976048の画像1枚目

CLASSIC PRO

マイクスタンド

シンプルで使いやすいマイクスタンド

定番の使いやすいマイクスタンド。安定感のある三脚の足先には滑り止めのゴム付きです。最大159cmまで伸ばせます。

サイズ 最大159cm 重量 2.4kg
種類 ブーム 折り畳み

口コミを紹介

何ら問題はないのですがマイクフォルダーの螺子が...PF2/1で無かった事位でしょうか。中高年のオーディオマニアとしてはやはり標準でPF2/1のアダプターも付けて欲しかったものです。その点を除けば申し分の無い商品です

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

プロ仕様のマイクスタンド

ブームアーム式で5.4kgの重量感あるマイクスタンド。ノイズレス機構によりスタジオ収録などにおすすめ。耐久性が高く、手入れのしやすさでも人気の商品。

サイズ 60.5cm×165cm 重量 5.4kg
種類 ブーム 折り畳み

口コミを紹介

今まで、ライブハウスのスタンドにストレスを感じていた故の購入。重さは仕方ないですね。しっかりしていて満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

出典:

  • アイテムID:7976054の画像1枚目

キクタニ

マイクスタンド

鮮やかなメタリックレッドのマイクスタンド

マイクパフォーマンスにこだわりのある人におすすめ。高さ調整機能をあえてなくし、故障のリスクを軽減。ガッチリとした脚部により安定性を実現させています。

サイズ 55×61×158.5cm 重量 830g
種類 ストレート 折り畳み

口コミを紹介

とても軽く、色が白いことで証明の効果が出やすく、ステージ映えします。持ち運びの時に長さが少々大変ですが、どれを補って余りあるかと思います。可能ならば、ワイヤレスマイクと併用することをお勧めいたします。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

TAMA

ストレートタイプ マイクスタンド

シンプルで操作しやすい

シンプルで手にも馴染みやすいストレートタイプのマイクスタンド。三脚部分はボルト&ナットで固定しているので耐久性にも優れています。床面にもフィットしているので振動を拾いにくい構造です。

サイズ 高さ96cm~160cm 重量 3.2kg
種類 ストレートタイプ 折り畳み

口コミを紹介

正直これは高いのでかなり迷いましたが届いてみて納得。かなりいいマイクスタンドだし軽くて小さくたたんで持ち運びもできるけど、風が吹いても絶対倒れないです。重厚感があって歌う時もしっかり掴みながらうたってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

créer

マイクスタンド

重さの違う2タイプがセット

2Wayタイプで様々なシーンで活躍が見込める大人気のマイクスタンドです。ブーム部分は360度回転が可能なので好きな角度に調節ができます。2kgと3kgの2タイプで重たいマイクを使用する場合でも安定度が抜群なので安心して使用できます。

サイズ 重量 2kg/3kg
種類 ストレート/ブームタイプ 折り畳み

口コミを紹介

安い物でいい、手軽なスタンドが欲しかったので十分。ストレートとして使うには短いかも。ちょいヤワヤワした感じだから手荒に扱う人には注意が必要。マイク2本使えるので弾き語りには良いと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

出典:

  • アイテムID:7976063の画像1枚目

KC(ケーシー)

ストレートマイクスタンド ブラック

価格が安いシンプルなマイクスタンド

カラオケやライブ、講演会など様々なシーンで使える定番の人気商品。折り畳み可能で持ち運びもしやすく邪魔になりません。付属の袋を使えばスタジオにも簡単に持ち込めます。

サイズ 高さ85cm~155cm 重量
種類 ストレートマイクスタンド 折り畳み

口コミを紹介

カラオケボックスにて使用する目的で購入。マイクの脱着がすこーしだけしにくい感じがしましたが、スタンドマイクでカラオケをするのは本当に楽しいし、盛り上がります!持ち運びも、専用の収納ケースがあります。ただ少しだけ重いかも。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

出典:

  • アイテムID:7976066の画像1枚目

DEARINGE

マイクスタンド 【ブーム/ストレート】

\タイムセール祭り!9/27(月)まで!/ Amazonで詳細を見る

持ち運びバック付きブームマイクスタンド

折り畳み可能で専用持ち運び袋もついている非常に便利な商品。ストレートタイプとブームタイプの2Wayタイプでブーム部分は360°回転させることができます。マイクホルダーも2種類付きで様々なマイクに対応可能。

サイズ 65×80~160cm 重量 1.5kg
種類 ストレート/ブームタイプ 折り畳み
1位

DEARINGE

【2019最新改良版】マイクスタンド

折り畳み式で収納が楽

こちらの商品は折り畳むことが可能で専用のバッグも付属しているので持ち運びに非常に便利な商品です。マイクホルダーも2種類付いており、コンデンサーマイクやコード付きマイクなどの様々なマイクに対応しているので使い勝手が良いです。ストレートとブームタイプの2Wayタイプで、ブーム部分は360度回転させることができます。

サイズ 65×80~160cm 重量 1.5kg
種類 ストレート/ブームタイプ 折り畳み

口コミを紹介

袋が付属していて、長さは80cmほどなので持ち運びにも便利です。立てて一番低い状態で80cm、ストレートを一番伸ばした状態で152cm、ブームを最大まで伸ばした状態で約2m程でした。ブームの長さは70cmくらいです

出典:https://www.amazon.co.jp

ブーム・ストレートタイプマイクスタンドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7976067の画像

    DEARINGE

  • 2
    アイテムID:7976066の画像

    DEARINGE

  • 3
    アイテムID:7976063の画像

    KC(ケーシー)

  • 4
    アイテムID:7976060の画像

    créer

  • 5
    アイテムID:7976057の画像

    TAMA

  • 6
    アイテムID:7976054の画像

    キクタニ

  • 7
    アイテムID:7976051の画像

    TAMA

  • 8
    アイテムID:7976048の画像

    CLASSIC PRO

  • 9
    アイテムID:7976045の画像

    キクタニ

  • 商品名
  • 【2019最新改良版】マイクスタンド
  • マイクスタンド 【ブーム/ストレート】
  • ストレートマイクスタンド ブラック
  • マイクスタンド
  • ストレートタイプ マイクスタンド
  • マイクスタンド
  • マイクスタンド
  • マイクスタンド
  • マイクスタンド
  • 特徴
  • 折り畳み式で収納が楽
  • 持ち運びバック付きブームマイクスタンド
  • 価格が安いシンプルなマイクスタンド
  • 重さの違う2タイプがセット
  • シンプルで操作しやすい
  • 鮮やかなメタリックレッドのマイクスタンド
  • プロ仕様のマイクスタンド
  • シンプルで使いやすいマイクスタンド
  • ブームも兼用のストレートマイクスタンド
  • 価格
  • 2,124円(税込)
  • 2,499円(税込)
  • 3,227円(税込)
  • 1,980円(税込)
  • 4,467円(税込)
  • 8,250円(税込)
  • 11,333円(税込)
  • 2,261円(税込)
  • 4,950円(税込)
  • サイズ
  • 65×80~160cm
  • 65×80~160cm
  • 高さ85cm~155cm
  • 高さ96cm~160cm
  • 55×61×158.5cm
  • 60.5cm×165cm
  • 最大159cm
  • 49×55×168.5cm
  • 重量
  • 1.5kg
  • 1.5kg
  • 2kg/3kg
  • 3.2kg
  • 830g
  • 5.4kg
  • 2.4kg
  • 1.89kg
  • 種類
  • ストレート/ブームタイプ
  • ストレート/ブームタイプ
  • ストレートマイクスタンド
  • ストレート/ブームタイプ
  • ストレートタイプ
  • ストレート
  • ブーム
  • ブーム
  • ブーム/ストレート 
  • 折り畳み

マイクスタンドは何故必要なのか

ご紹介してきましたが、マイクスタンドは種類によって異なります。マイクスタンドは特徴を最大限に利用するための必須アイテムです。安定した音質で収音するためには、マイクをきちんと固定できるマイクスタンドでなければいけません。

 

優れた音質で音を届けることで相手の印象も全く変わります。せっかく伝えたい思いがあっても、相手の耳に響かなければ意味がありません。場面にあったマイクスタンドを使用することで雑音などを防ぐことができますよ。

 

次に近年増えてきた動画配信用のマイクについてご紹介します。こちらも是非参考に合わせてご覧下さい。

まとめ

マイクはマイクスタンドと一緒に利用することで、より便利に使用することができます。マイクに向かいながら両手を使った作業をすることもできるので自分のニーズに合ったタイプのマイクスタンドを購入して、もっと便利にマイクを活用しましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

吸音材の人気おすすめランキング15選【賃貸の壁にも】

吸音材の人気おすすめランキング15選【賃貸の壁にも】

素材・補修材
【専門家監修】コンデンサーマイクの人気おすすめランキング15選【2021年最新版!配信や宅録にも】

【専門家監修】コンデンサーマイクの人気おすすめランキング15選【2021年最新版!配信や宅録にも】

楽器
【2021年最新版】マイクケーブルの人気おすすめランキング15選【XLR・フォン端子も】

【2021年最新版】マイクケーブルの人気おすすめランキング15選【XLR・フォン端子も】

楽器
アンテナケーブルの人気おすすめランキング15選【10m・5mも】

アンテナケーブルの人気おすすめランキング15選【10m・5mも】

AVアクセサリ
【2021年最新版】カラーボックスの人気おすすめランキング20選【ニトリ・カインズ・無印】

【2021年最新版】カラーボックスの人気おすすめランキング20選【ニトリ・カインズ・無印】

収納家具・収納用品
USBマイクの人気おすすめランキング15選【PCマイクにも】

USBマイクの人気おすすめランキング15選【PCマイクにも】

楽器