オーディオインターフェースの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID5796のサムネイル画像

沢山の種類があるオーディオインターフェース。初めてオーディオインターフェースを購入しようと思っているけど、選び方がわからない方のために、オーディオインターフェースを選ぶ時のポイントや、人気のおすすめオーディオインターフェース15選をランキング形式で紹介します。

何を選べば良いかわからないオーディオインターフェース

オーディオインターフェースはDTMを始める上で、必須の機材です。ですが、どのような種類があるのか、いくらくらいするのか?と気になるのではないでしょうか。

安価だから。とか有名メーカーだから安心。という気持ちで安易に購入すると、失敗する可能性があります。

しかし、これからDTMを始める初心者の方にとって沢山の種類がある中から選ぶということは難しいと思います。そこで、オーディオインターフェースを選ぶ時のポイントや、おすすめのオーディオインターフェースをランキング形式で紹介します。

オーディオインターフェースの人気ランキング15選

15位

FOCUSRITE

iTrack Solo USBオーディオインターフェイス

価格:14,472円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPad "認定"オーディオインターフェイス

マイク入力とインストゥルメント用の入力をそれぞれ搭載し、同時にボーカルと楽器の録音が可能です。30pin Device Link Cable付属(Lightningケーブル、30pinアダプター等は別売です)。

 

ダイレクトモニタリングに対応していて、フロントパネルのスイッチで切り替えも可能です。Ableton Live Lite、 Focusrite Scarlett plug-in suite が付属しています。MacPCでも音楽制作が可能。

ビットレート/サンプリングレート24bit/96kHz対応Windows/Mac/iPad
重量780 g

口コミを紹介

見出しの通りとてもコスパが良い商品だと思います。
良いところは、この値段で96kHz/24bit録音ができ、ファンタム電源が使えるのでコンデンサーマイクも繋げて、この商品を購入した決め手となったiOS端末に接続できると言う点などがあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ベリンガー

USB オーディオインターフェースU-CONTROL UCA222

価格:3,575円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンピュータと楽器やミキサーをシンプルに接続

DTM/DAWなどPCでの録音や再生に最適。オーディオエディタ、ポッドキャスティングソフトウェア、150以上のバーチャル・インストゥルメントとエフェクトのプラグインを含むソフトウェア付属。 Behringer WEBサイトでダウンロード可能。

 

Windows または Mac コンピュータで動作します-セットアップやドライバは必要ありません。48kHz 高解像度コンバーターによる高いオーディオ品質。専用のレベルコントロールを備えたステレオヘッドホン出力により、入力と出力の両方をモニターできます。

ビットレート/サンプリングレート48kHz対応Windows/Mac
重量204 g

口コミを紹介

BEHRINGER UCA222 を電子ピアノとパソコンに接続して、Audacityというフリーソフトを使って録音できました。スマホの録音アプリですとテレビの音などの周りの音も入ってしまうのですが、このやり方だと雑音が入らず録音できたので満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

アイケーマルチメディ

iRig PRO I/O ハイエンド・オーディオ/MIDIインターフェイス

価格:18,027円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッグやポケットに容易に収まるコンパクトサイズ

ビットレート/サンプリングレート(24-bit/96kHz)。 デジタル・オーディオ/MIDIインターフェース。Mac/Windows/iOSデバイスに対応しています。ファンタム電源対応高品位マイク・プリアンプ。

 

ゲイン・コントロールを装備したNeutrikコンボ端子バッグやポケットに容易に収まるコンパクト・サイズです。

ビットレート/サンプリングレート24bit/96kHz対応Mac/Windows/iOS
重量472 g

口コミを紹介

女の子にも簡単に扱えるほど、簡単で小さくて楽なインターフェースです。iPad や iPhoneのスピーカーから音を出す事は出来ないので、その辺は注意してください。でも、ヘッドホン端子にスピーカーを付けなければなりませんが。
夜間の練習、こっそりレコーディングしたい人や、環境的に大きな音を出せない方には重宝すると思います。iPad 、iPhoneも難しい設定もありません

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ZOOM(ズーム)

ハンディオーディオインターフェース U-24

価格:11,878円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポータブルなUSBオーディオインターフェース

2系統のマイク・ライン入力に高品位マイクプリアンプを内蔵した、ポータブルなUSBオーディオ・インターフェースです。

 

+48Vのファンタム電源搭載しているので、コンデンサーマイク接続可能。ステレオL/RのTRSフォーンジャック出力専用ボリューム付きのヘッドフォンアウト・ゼロレイテンシのダイレクトモニタリング。

ビットレート/サンプリングレート最高24bit/96kHz対応Windows/Mac/iPad
重量599 g

口コミを紹介

ライブにフル活用しています。
携帯性も良いし、2系統で出力出来るので、クリック別出しで打ち込み音源と合わせてライブ、も全く問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

M-Audio

FireWireオーディオインターフェース Pro Fire610

価格:6,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Octaneテクノロジー搭載のプリアンプ2基装備

Octaneテクノロジー搭載のプリアンプ2基装備自然なサウンド柔軟性の高いDSPミキサー搭載のユニークな複数のキューミックス制作が可能。

最大サンプリングレート・ビットレート24-bit/192kHz

 

高解像度のデジタルオーディオ割当可能なマスター・ボリューム・ノブ でセットアップをカスタマイズできます。小型ボディだけど、スタンドアロンの2チャンネルマイクロフォン・プリアンプとA/D-D/Aコンバーター両方の機能性を装備。スタンドアロンで操作可能。

ビットレート/サンプリングレート24bit/192kHz対応Windows
重量2.6 Kg

口コミを紹介

この手の商品としてはかなり後発であるため、さすがに動作が非常に安定しています。
私はTI社製のチップを積んだFireWireポートを使っておりますが、
かつて別のFireWireのIFを使用していた際に遭遇したような
ドライバ関連のトラブルに悩まされることが全くなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

マッキー

USBオーディオインターフェイスOnyx Artist1.2

価格:10,967円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

原音に忠実なサウンド

2IN2OUT USBオーディオインターフェイス。原音に忠実なサウンドとクラス最高峰のダイナミックレンジを実現する高品位Mackie Onyxマイクプリアンプ ×1スタジオコンデンサーマイク対応可能な48Vファンタム電源内蔵

 

ギター、ベースなどHi-Z入力対応可能な1/4インチTRSライン入力 ×124-Bit/192kHz高解像度2IN、2OUT USBオーディオインターフェイス。ダイレクトモニタリング可能なレイテンシーのないアナログ入力端子。スタジオモニターがダイレクトに接続可能な1/4インチTRS出力端子。

 

いつでもどこでもレコーディング可能なUSBバスパワー駆動。高出力ヘッドホン端子。Tracktion Music Productionソフトウェアプラグインライセンス同梱。多くのメジャーなDAWソフトウェアーに対応(Mac、Windows PC)

ビットレート/サンプリングレート124Bit/192kHz対応Mac/Windows
重量1.3 Kg

口コミを紹介

歌ってみたには十分すぎるほどの録音音質・スピーカー音質・編集ソフトのクオリティで満足しております。クリアな音質です。今まで利用したオーディオインターフェイスの中で一番だと思います。プリアンプ内蔵ですが、ダイナミックマイクの場合はやはりつまみの調整がシビアになります。音質は癖がなく良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ベリンガー

USB オーディオインターフェース U-CONTROL UCA202

価格:3,575円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デジタル信号をダイレクトに出力

録音や再生のためにお使いのコンピュータとあなたの楽器やミキサーをシンプルに接続します。48 kHz D/AコンバータWindowsまたは Mac コンピュータで動作します。セットアップやドライバは必要ありません。

 

Behringer WEBサイト でダウンロード可能な無料のオーディオ録音および編集ソフトウェア専用のレベルコントロールを備えたステレオヘッドホン出力により、入力と出力の両方をモニターできます。デジタル信号をダイレクトに出力するS/PDIF optical アウトプットを搭載。

ビットレート/サンプリングレート16bit/48kHz対応Windows/Mac
重量227 g

口コミを紹介

とにかく品質が高く、安定した製品だと思います。
細かい数値は書きませんが、同価格帯の他ブランドに比べて、録音/再生時のノイズレベル、歪率の低さが一段秀でています。もちろん体感的にも、音質の良さを実感できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

TASCAM

USBオーディオインターフェース US-2x2-CU

価格:11,101円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低ノイズUltra-HDDAマイクプリアンプを搭載

音楽制作や初心者にターゲットを絞り、接続すれば高音質で録音できる「使いやすさ」「理解しやすさ」に重点をおいた2in2outのUSBオーディオMIDIインターフェースです。低ノイズUltra-HDDAマイクプリアンプを搭載。 iOSデバイス接続に対応。

 

最大24bit/96kHzフォーマットのハイレゾ録音に対応しているため、余裕の帯域幅があります。USB2.0によるパソコンとの接続で、ゼロレイテンシー、遅れのないダイレクトモニタリング機能を搭載しています。

 

製品の最新情報を表示するインフォメーションウインドウとソフトウェア・ファームウェアを自動的更新する自動アップデート機能と、自動インストール機能も付いていて安心。

ビットレート/サンプリングレート最大24bit/96kHz対応Windows/Mac
重量1.4 Kg

口コミを紹介

ステレオ収録の出張作業のために購入。出張先では電源が思い通りに確保できない事も少なくないので、USBバスパワーで稼働する本機はとても役に立っています。Mac Book Pro 2018 / Mac OS High Siera / ProTools 2018.12 の環境で使用していますが非常に安定して使えてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ZOOM(ズーム)

USBオーディオ・インターフェース 超コンパクト GCE-3

価格:9,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超コンパクトでジーンズのバックポケットにもすっぽり収まる

ジーンズのバックポケットにもすっぽり収まる、超コンパクトギター/ベース用USBオーディオ・インターフェースです。バスパワーで駆動し、スタジオや出先でひらめいたアイディアを、ラップトップのDAWにレコーディングするのに最適です。

 

パソコンのCPU負荷を軽減するDSP内蔵型オーディオ・インターフェース。内蔵DSPによるエフェクト処理で、ニアゼロレイテンシでDAWレコーディングが行えます。

 

スマートフォンや音楽プレイヤーを接続できるAUXインプットを装備。お気に入りの楽曲をバックにギター/ベースを演奏できます。iTunesやYouTubeなど、パソコン上の音源を鳴らしてセッションすることも可能。ボリュームコントロール付きのヘッドフォン端子で、モニタリングも快適に行えます。

ビットレート/サンプリングレート-対応ギター/ベース
重量290 g

口コミを紹介

PC内の音楽データやYoutube動画に合わせて楽しんだり、もちろんDAWへのギター/ベース入力に手軽に使用しています。
フリーアプリのGuitarLabからエミュレート対象を切り替えることができ、ベースマルチになるのはありがたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ローランド

USBオーディオ・インターフェース Rubix24

価格:23,813円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

徹底した低ノイズ設計

最大24bit/192kHz対応、2in/4outのUSBオーディオ・インターフェース。さまざまな楽器に対応した入力端子でクリアな音質を実現することができます。徹底した低ノイズ設計とコンパクトなメタル・ボディ。

 

低ノイズ、高音質設計のマイク・プリアンプを2機搭載。録音時も安心のな視認性の高いレベル・インジケーターとコンプレッサー/リミッター搭載。Ableton Live Liteのライセンス付属。

ビットレート/サンプリングレート24bit/192kHz対応Windows/Mac/iOS
重量1.7 Kg

口コミを紹介

実際に使ってみると、今までのローランドのイメージは見事払拭されていました。
全体的に音色はフラットになって、デッドになっています。
本体でかかるコンプも思ったいた以上の出来で、サックスのレコーディングでも自然なかかり具合で
クリップせずにキレイに録音出来ました。
コンプも良いですが、マイクプリも随分優秀な様です。
ラインでも非常に質の良い音で録音出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ネイティブインストゥルメンツ

KOMPLETE AUDIO 2

価格:12,671円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型ボリュームノブとVUメーター

気軽にステレオレコーディングが可能なKOMPLETE AUDIO 2は、2つの⼊⼒端⼦:コンボジャック(XLR、1/4"TRS)と、2系統(48Vファンタム電源付き) を搭載しています。出⼒端⼦:メイン出⼒(1/4"TRS)ステレオ1系統

 

ダイレクトモニタリング機能で入力音を直接モニター、もしくはオーディオ・プレイバックとブレンドしてモニターすることが可能です。オーディオ機能は24-bit / 192 kHzに対応しています。

 

豊富な付属音源・エフェクトソフトウェア(MASCHINE Essentials, REPLIKA, SOLID BUS COMP, PHASIS, MONARK, KOMPLETE START, Ableton Live Lite)が付属しています。

ビットレート/サンプリングレート24bit / 192 kHz対応Mac/PC
重量581 g
4位

ベリンガー

UM2 2x2 USBオーディオインターフェース

価格:5,225円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロオーディオ品質の解像度 48 kHz

2in2out USBオーディオインターフェース。+48Vファンタム電源を搭載で、コンデンサーマイクも使用可能です。XENYXマイクロフォンプリアンプと、専用の楽器入力を備えているので、ボーカルとギターの同時録音が簡単に行えます。

 

Avid Pro Tools、Ableton Live、Steinberg Cubase など、人気の録音ソフトウェアで使用可能。Mac OS X およびWindows XP 以上をサポートし、超低レイテンシで2in2outをコンピュータにストリーミング。

ビットレート/サンプリングレート16bit/48kHz対応Windows/Mac
重量635 g

口コミを紹介

PS4Proにての使用では、問題なく使用できました
これで、音質も良くコンデンサマイクとダイナミックマイクの両方を使う事が出来るようになりました
PCで使う場合は、もっと良い物があるかもしれませんが
初心者には、わかりやすく値段的にも初期導入は良いかもしれません

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ROLAND

USBオーディオインターフェイスRoland RUBIX-22

価格:17,064円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト・ボディに高音質なコンポーネントを集約

Rubix22は、ローランド製伝統のエッセンスを集約した、2in/2out最大24bit/192kHzに対応のUSB2.0オーディオインターフェースです。

 

さまざまな楽器などに対応した入力端子と入出力に徹底した低ノイズ設計、さまざまなシチュエーションに対応する機能が、コンパクトなメタルボディーに収まっています。

 

パソコンベースの音楽制作やオーディオの再生、iPadを使用したモバイルレコーディングなど、どんな環境下でもスタジオクラスのサウンドを提供してくれます。Ableton Live Liteのライセンスを付属しています。

 

ビットレート/サンプリングレート24bit/192kHz対応Windows/iPad/iphone
重量1.5kg

口コミを紹介

入力、出力共に十分高音質です。Steinbergに比べるとミッドレンジが分厚く、温かみのある音に聞こえます。
ダイレクトモニターは使いやすいですが、特筆すべきほどではありません。
操作系は経験者なら迷う事はないでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

スタインバーグ

USB オーディオインターフェース UR12

価格:4,935円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

24bit/192kHzのハイレゾオーディオ環境を実現

フロント:高品位マイクプリアンプ「D-Pre」、ギター/ベース入力用フォーン端子(Hi-Z専用)を各1基搭載。リア: 出力部はRCA端子を搭載。ストリーミング配信に便利なループバック機能。

 

24bit/192kHz対応Cubase AIダウンロード版付属。24-bit/192 kHz 対応、主要 DAW ソフトウェアに対応、iPad / iPhone 接続に対応( iPad と UR12 本体の接続には、Apple iPad Camera Connection Kit または Lightning - USB カメラアダプタが必要です。)付属品:TOOLSforUR12CD-ROM、セットアップガイド(保証書付き)、CUBASEAIDOWNLOADINFORMATION(紙)、USBケーブル

 

ビットレート/サンプリングレート24bit/192kHz対応iPad / iPhone
重量1.4 Kg

口コミを紹介

3年使って自分の不注意で壊れてしまって、買い替えを検討した時に、今までと同じUR12しか選択肢にありませんでした!
10000円でコンデンサーマイクとギターを高音質(ハイレゾ)で録音できるなんて安すぎる!
あと、ハイレゾ対応dac,ヘッドホンアンプとしても使えるので、PCで音楽を聴く人にもおすすめです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

スタインバーグ

オーディオインターフェース UR22mkII

価格:15,137円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高感度マイクや大出力のライン機器など幅広い入力ソースに対応

コンボジャックより高感度マイクや大出力のライン機器など幅広い入力ソースに対応。ストリーミング配信に便利なループバック機能。

 

Mac/Windows/iPadに対応。24bit/192kHz対応Cubase AIダウンロード版付。Pad用マルチタッチDAW Cubasis LE対応

 

 

ビットレート/サンプリングレート24bit/192kHz対応Mac/Windows/iPad
重量1.4kg

口コミを紹介

これだけ豊富な入出力端子がありながら良心的な価格だと思います。
音も非常にいいです。
個人的にはDENONのDA-310USBよりもいいと感じました。
ヘッドフォンの出力もなかなかいいです。
かなりお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーディオインターフェースの選び方

オーディオインターフェースを選ぶ時のポイントは、どんな使い方をするのか?音質は?付属のDAWは?など、をおさえておくと、失敗が少なくなります。ランキングや、レビューなどを参考にしてみるのも良いと思います。

入力端子の形状や数で選ぼう

まずは、何を接続するのか?端子はいくつ必要か?を考えて選ばなければいけません。マイクを接続するのであればマイクを接続する端子があるか確認しましょう。ギターなどの楽器を接続するなら、その楽器に対応する端子があるかを確認する必要があります。

端子の形状は大きくわけて3種類

端子の形状には、大きくわけて、ギターなどを接続できる標準ジャックと、マイクを接続する3端子のキャノン。そして、標準ジャックとキャノンのどちらも接続可能なコンボジャックの3種類があります。

 

ファンタム電源搭載の物を選ぶ

そして、注意が必要なのが、コンデンサーマイクという高感度のマイクを接続する場合、+48Vの電気をオーディオインターフェースから供給するため、ファンタム電源が必要になります。

今はコンデンサーマイクを持っていないから、いらないと思われるかもしれませんが、今後欲しくなる可能性もあるかと思いますので、ファンタム電源搭載のオーディオインターフェースを選ぶことをおすすめします。

オーディオ性能で選ぼう

オーディオインターフェースの性能を示すのが、量子化ビット数(ビットレート)サンプリングレートの2つです。この2つを数値で表すことによって、比較しやすくなります。

サンプリングレート

サンプリングレートとは、周波数の数値を示していて、Hzという単位で表します。どこまで高音が収録できるかを表しています。この数値が大きい程、性能が良いということになります。

 

本格的に音楽を制作するのであれば、最低48kHzは欲しいですね。しかし、最近のオーディオインターフェースのほとんどが48kHzに対応しています。数値が大きい程、音質が良いと覚えておくだけでも、オーディオインターフェース選びが楽になります。

ビットレート

ビットレートとは、情報量を数値で示していて、bitという単位で表しています。写真で言う所の画素数と思っていただければわかりやすいですね。では、ビットレートの数値が高いと、どのようになるのでしょう?音の大小がよりくっきりします。ビットレート24bitのオーディオインターフェースがおすすめです。

付属しているDAWの種類で選ぼう

DAWとは、通常、単体のソフトとして、1万円~10万円程で販売されています。ですが、DAWはオーディオインターフェースに付属しているため、まずは、付属のDAWを使ってみてはいかがでしょうか。

予算で選ぼう

種類が豊富なオーディオインターフェースですが、価格が1万円~2万円程で、ビットレート/サンプリングレートが24bit/192kHzファンタム電源搭載DAW付属のオーディオインターフェースを選ぶことをおすすめします。

しかし、付属のDAWはオマケみたいなもので、ほとんどがマニュアルやセッティング方法が記されていません。ですので、初心者の方はマニュアルの付属したDAWをオーディオインターフェースと一緒に購入することをおすすめします。

オーディオインターフェースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5145308の画像

    スタインバーグ

  • 2
    アイテムID:5145826の画像

    スタインバーグ

  • 3
    アイテムID:5145831の画像

    ROLAND

  • 4
    アイテムID:5145842の画像

    ベリンガー

  • 5
    アイテムID:5145844の画像

    ネイティブインストゥルメンツ

  • 6
    アイテムID:5145847の画像

    ローランド

  • 7
    アイテムID:5145888の画像

    ZOOM(ズーム)

  • 8
    アイテムID:5145905の画像

    TASCAM

  • 9
    アイテムID:5145917の画像

    ベリンガー

  • 10
    アイテムID:5145934の画像

    マッキー

  • 11
    アイテムID:5145955の画像

    M-Audio

  • 12
    アイテムID:5145960の画像

    ZOOM(ズーム)

  • 13
    アイテムID:5145981の画像

    アイケーマルチメディ

  • 14
    アイテムID:5145986の画像

    ベリンガー

  • 15
    アイテムID:5146000の画像

    FOCUSRITE

  • 商品名
  • オーディオインターフェース UR22mkII
  • USB オーディオインターフェース UR12
  • USBオーディオインターフェイスRoland RUBIX-22
  • UM2 2x2 USBオーディオインターフェース
  • KOMPLETE AUDIO 2
  • USBオーディオ・インターフェース Rubix24
  • USBオーディオ・インターフェース 超コンパクト GCE-3
  • USBオーディオインターフェース US-2x2-CU
  • USB オーディオインターフェース U-CONTROL UCA202
  • USBオーディオインターフェイスOnyx Artist1.2
  • FireWireオーディオインターフェース Pro Fire610
  • ハンディオーディオインターフェース U-24
  • iRig PRO I/O ハイエンド・オーディオ/MIDIインターフェイス
  • USB オーディオインターフェースU-CONTROL UCA222
  • iTrack Solo USBオーディオインターフェイス
  • 特徴
  • 高感度マイクや大出力のライン機器など幅広い入力ソースに対応
  • 24bit/192kHzのハイレゾオーディオ環境を実現
  • コンパクト・ボディに高音質なコンポーネントを集約
  • プロオーディオ品質の解像度 48 kHz
  • 大型ボリュームノブとVUメーター
  • 徹底した低ノイズ設計
  • 超コンパクトでジーンズのバックポケットにもすっぽり収まる
  • 低ノイズUltra-HDDAマイクプリアンプを搭載
  • デジタル信号をダイレクトに出力
  • 原音に忠実なサウンド
  • Octaneテクノロジー搭載のプリアンプ2基装備
  • ポータブルなUSBオーディオインターフェース
  • バッグやポケットに容易に収まるコンパクトサイズ
  • コンピュータと楽器やミキサーをシンプルに接続
  • iPad "認定"オーディオインターフェイス
  • 価格
  • 15137円(税込)
  • 4935円(税込)
  • 17064円(税込)
  • 5225円(税込)
  • 12671円(税込)
  • 23813円(税込)
  • 9990円(税込)
  • 11101円(税込)
  • 3575円(税込)
  • 10967円(税込)
  • 6800円(税込)
  • 11878円(税込)
  • 18027円(税込)
  • 3575円(税込)
  • 14472円(税込)
  • ビットレート/サンプリングレート
  • 24bit/192kHz
  • 24bit/192kHz
  • 24bit/192kHz
  • 16bit/48kHz
  • 24bit / 192 kHz
  • 24bit/192kHz
  • -
  • 最大24bit/96kHz
  • 16bit/48kHz
  • 124Bit/192kHz
  • 24bit/192kHz
  • 最高24bit/96kHz
  • 24bit/96kHz
  • 48kHz
  • 24bit/96kHz
  • 対応
  • Mac/Windows/iPad
  • iPad / iPhone
  • Windows/iPad/iphone
  • Windows/Mac
  • Mac/PC
  • Windows/Mac/iOS
  • ギター/ベース
  • Windows/Mac
  • Windows/Mac
  • Mac/Windows
  • Windows
  • Windows/Mac/iPad
  • Mac/Windows/iOS
  • Windows/Mac
  • Windows/Mac/iPad
  • 重量
  • 1.4kg
  • 1.4 Kg
  • 1.5kg
  • 635 g
  • 581 g
  • 1.7 Kg
  • 290 g
  • 1.4 Kg
  • 227 g
  • 1.3 Kg
  • 2.6 Kg
  • 599 g
  • 472 g
  • 204 g
  • 780 g

まとめ

ここまで、オーディオインターフェースを選ぶ時のポイントや、おすすめのオーディオインターフェースをランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたか?それぞれ特徴がありますので、ご自分の用途に合わせて選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ