【2021年最新版】グラフィックボードの人気おすすめランキング15選【ゲームに】

3Dゲームや動画編集には欠かせないグラフィックボード・ビデオカード。種類が多く、メーカーやコスパなどポイントも複数あり選ぶのが難しいですよね。そこで今回はグラフィックボード・ビデオカードの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

グラフィックボードは自分の目的に一番合うものを選ぶ

グラフィックボードは、自分の利用目的や設備環境、必要性に合わせて選ぶことが大切です。とはいえ、性能や機能がメーカーによって様々で、4K対応のものやVR対応など最新のものが、どんどん出ているので、何を基準に選んでいいのか迷ってしまいますよね?

 

PC用の最新ゲームやPS4などの家庭用ゲーム機に使われているイメージの強いグラフィックボードですが、実はYouTubeの動画編集やグラフィック系の仕事でも高度な処理ができる優れ物なんです。

 

そこで今回はグラフィックボード・ビデオカードの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは価格・機能性・スペックを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

グラフィックボードの選び方

ここからはグラフィックボードの選び方のポイントを紹介していきます。サイズや出力端子、冷却方式などをチェックして選んでいきましょう。

NVIDIAとAMDの2社のGPUコアから選ぶ

GPUとはグラフィックボードの中にある一番核となる部分で、製造しているメーカー「NVIDIA」と「AMD」の2社から実質的に選ぶことになります。

PCゲームを快適にしたいならNVIDIAの「Geforce」がおすすめ

 GeForceはゲームの開発初期段階から関わっていることが多く、開発者向けのサポートも行っています。3Dゲームを行うための処理能力も高く、より快適なゲーム目的でグラフィックボードを探しているなら、ハイクラスのGPUが搭載されたものを選びましょう。

 

省電力性能にも優れており、小さい冷却ファンでも静音性が高く製造されているものが多いのも魅力的です。また、国内での流通が多いため、手に入りやすいというメリットもあります。

コスパ重視で動画編集に使うならAMDの「Radeon」がおすすめ

AMDは「Ryzen」などのCPUも製造しているメーカー。上級者向けのGPUコア搭載のグラフィックボードの性能ではNVIDIA製品には劣るところはありますが、同じ性能で見るとコスト面では勝っています

 

特にRadeonシリーズは動画再生や動画編集、また写真処理などに優れていて、グラフィック系の仕事をしている人には特におすすめです。さらに、AMDのGPUにはプレイ動画機能や動画の倍速補完機能などが充実しているものもあります。

「リファレンスモデルとオリファンモデル」の違いをチェック

リファレンスモデルとは上記で紹介した2社の各GPUのグラフィックボードのことで、発売当初のみ大きく流通します。一方、オリジナルファンモデルとはASUSや玄人志向などのメーカーがオリジナルのクーラーなどを搭載して作られたグラフィックボードです。

 

GPUクーラーの性能は基本的にオリジナルファンモデルのほうが高いので、購入する場合も基本的にオリジナルクーラー搭載のグラフィックボードから選びましょう。ここからはオリジナルファンモデルを軸に選び方を紹介していきます。

搭載GPUコアの性能と価格帯で選ぶ

ここからはオリジナルファンモデルのグラフィックボードの選び方を紹介していきます。基本的に性能は価格に比例しますので、用途に合わせ価格帯を選びましょう。

初心者には1万円台からゲーミング体験ができる「エントリークラス」がおすすめ

簡単な3Dゲームプレイが目的なら安い1万円台の製品でも十分です。補助電源が不要なグラフィックボードの中からゲーム性能を重視して選ぶのであれば、 GeForce GTX 1650のようなフルHD解像度のものを選びましょう。

2Dだけじゃなく3Dゲームもしたいなら「ミドルクラス」がおすすめ

2万円を超えるミドルクラスのグラフィックボードがあれば、2Dだけではなくある程度の3Dゲームを快適に遊ぶことができます。ミドルクラス代表である「GeForce GTX 1660 Ti」であれば、より高速になるのでおすすめです。

 

前世代でハイクラスだったGTX1070は、「GeForce GTX 1660 Ti」とほぼ性能が同じため、中古で価格が下落したものを狙うのもコストパフォーマンスとしておすすめです。

ベンチマークソフト内臓のグラボなら上級者向けの「ハイクラス」がおすすめ

ハイクラスのグラフィックボードがあれば最大表示解像度も格段に上がり、高精細な3Dゲームも高画質プレイが可能です。プロのゲーマーやベンチマークソフトでハイスコアを目指す人向けのハイクラスは5万円程度から購入が可能です。

ハイクラスで物足りなさを感じたら最上位の「ハイエンドクラス」がおすすめ

現行のハイエンドクラスで最強グラフィックボードといえば、NVIDIAの 「GeForce RTX 3090」です。採用グラフィックボードの国内価格が30万円以上とコストパフォーマンスに難があるのは事実です。

 

しかし、ハイクラスに物足りなさを感じ、お金をかけても最新PCゲームを4Kで快適にプレイしたい人には断然おすすめです。

出力端子で選ぶ

出力端子は、使用したいモニターに合う端子を搭載しているか、必要な数の端子数を備えているかを確認しましょう。

使いたいにディスプレの「モニター端子」に対応しているかをチェック

ZOTACは高い品質と小型性を武器にしていて、同じ性能でも他社のグラフィックボードよりも比較的コンパクトで省スペース型PCと相性の良い商品を製造しています。コンパクトながらパフォーマンス性の高いグラフィックボードを求めている方におすすめです。

4Kの映像を見たい方は「4K対応」しているかをチェック

高精細な4K(解像度3,840×2160ドット)対応モニターが登場しており、注目を集めています。気をつけておきたいのがグラフィックボードにより最大表示解像度が異なり、4Kに対応していないグラフィックボードがあるということです。

 

4Kで出力するにはGPUが対応していること、高解像度ディスプレイのDisplayPort搭載のもの、またはHDMI(2.0)のものを選べば「4K」にも対応できるので、しっかり確認しておきましょう。

グラフィックボードのサイズで選ぶ

グラフフィックボードを選ぶ際は、サイズを確認することも非常に重要です。ここではサイズに関するポイントをいくつかご紹介します。

グラフィックボードの「サイズ」は搭載するPCに収まるかをチェック

グラフィックボード選びでとても重要になるのがボードの長さや幅です。PCのサイズに合わせケース内に収まるものを選ぶことがとても重要です。グラフィックボードはマザーボードのPCIに接続します。

 

グラフィックボードには大きいサイズの製品も多く、PCIスロットよりも高い基板やGPUクーラーを搭載しているため、グラフィックボードの側面に干渉してパソコン内に収まらないことがあります。マザーボードとの相性が大事なので、しっかり確認しておきましょう。

スリムケースで使うなら「ロープロファイル対応」かをチェック

PCケースが細いスリムタイプのものや、拡張性能が制限されているケースの場合は、省スペースで取り付けられるロープロファイル対応のグラフィックボードを選びましょう。通常搭載できないコンパクトなケースに収まるように設計されています。

 

サイズがコンパクトになっている分、基板や冷却ファンなどのパーツが省かれています。そのため最新の高画質3Dゲームなどの高負荷のかかるものには向きませんが、現行よりも動画や写真の処理性能を上げる役目としては十分と言えるでしょう。

「ビデオメモリ」は目的にあった容量かチェック

グラフィック専用に使われるビデオメモリはゲームを行う際、容量が大きい方が処理速度が速くなる場合があります。高負荷なゲームや動画編集、または写真処理を行う場合容量が低いと動作が重くなる事があるのです。

 

基本的にメモリとGPUの間を高速処理するため、ビデオメモリはグラフィックボードに直接埋め込まれているため、増設できないので注意が必要です。単純な動画の視聴ではあまり気にすることはありません。

 

しかし、高負荷のゲームや動画編集をするなら、最低でも6GB以上のものを選ぶと良いでしょう。

冷却方式で選ぶ

高温になるグラフィックボードを冷やす方法は大きく分けてファンタイプとファンレスタイプがあります。それぞれに特徴とメリットがあるので、参考にしてください。

ファンタイプは明確な理由がなければ「内排気タイプ」がおすすめ

冷却性能やコスト面など総合すると、特別な理由がない限り「内排気ファン」を採用しているグラフィックボードを選べばまず間違いありません。「外排気」ファンと比較しても静音性やコストパフォーマンスに長けています。

 

特にオリジナルファンモデルで幅広く採用されているので、手に入れやすいのも特徴です。「外排気」ファンは省スペースのPCや通気口の少ないPCケースなどに使うとメリットがあります。

 

「簡易水冷」は「内排気」と「外排気」のいいとこどりで「内排気」ファンを超える冷却性能を持っています。ただし、スペースが必要なこととコストがとにかく高いというデメリットがあります。

「ファンレスタイプ」は規格がコンパクトなPCケースにおすすめ

ファンレスはあまり処理性能が高くないものが多いですが、スリムケースのコンパクトサイズのPCや、ノートパソコンにおすすめです。ファンが無いぶん占有スペースが小さく、ケースの空きが少ない場合に有効です。

消費電力で選ぶ

グラフィックボードの消費電力は基本的に性能に比例して高くなりますので、それに応じて補助電源が必要になるので、それに応じたパソコンの電源ユニットも確認しましょう。

「電源ユニット」の消費電力は使用目的に対応しているかをチェック

グラフィックボードはGPUや冷却ファンなど消費電力が高い部品を多く使用しているため、パソコンの最大消費電力以内に収まるか確認が必要です。パソコンには電源ユニットが付いていて、使用できる最大の消費電力が決まっています。

 

グラフィックボードには電源ユニットの「推奨電源」が記載されていますので、それを元にパソコンの最大消費電力と合わせ余裕を持って収まるものを選びましょう。

「補助電源」搭載タイプは使用する電源ユニットが対応しているかをチェック

グラフィックボードの中には消費電力が大きく、補助電源を搭載したものがあります。補助電源について各GPUコアで最低必要な数は決まっています。カタログのスペックと自分の電源ユニットを比較して確実に対応していることを確認しておきましょう。

 

基本的に8PINや6PIN電源接続ケーブルが搭載されているか確認しましょう。もし、電源ユニットの補助電源コネクタが足りない場合は電源ユニットを買い替えることをおすすめします。

中古もチェック

初心者のうちはサポートや保証がしっかりしている新品を購入するのがおすすめです。しかし、自作になれてきたなら中古もチェックしてみましょう。

中古は「価格が下落」する場合が多くコストを抑えたい方におすすめ

中古を購入する最大のメリットは価格が下落し、安くなっている場合が多いと言うことです。そのため、同じ予算でより高性能のPCを組みやすくなります。ただし、長時間使用されているグラフィックボードもあるため注意が必要です。

中古で購入する方も「保証期間」をチェック

ほとんどのグラフィックボードの保証期間は1年です。中には2年保証のメーカーもありますので、長期保証ができるかどうか気になる場合はチェックしておきましょう。特に中古で購入を検討している場合保証が切れていることも多いので確認が必要です。

「バンドルモデル」を購入する方は特典もチェック

バンドルとは付属のことで、3Dゲームや人気ゲームの優待クーポンなどが付いてくる場合があります。グラフィックボードと一緒にお目当てのゲームがある場合チェックしておくと良いでしょう。

グラフィックボードを「購入前」にGPUの性能をチェック

NVIDIAの「Geforce」とAMDの「Radeon」がGPUの多くを占めています。どちらも次々と新しいGPUを開発し、多くのメーカーがそれらのGPUを採用したグラフィックボードを複数発売しています。

 

そのため数多くのグラフィックボードが市場に存在します。そのため購入前に、欲しいグラフィックボードに搭載されたGPUの性能をチェックしておきましょう。

メーカーで選ぶ

GPUコアの目安がついたら次は、オリファンモデルのメーカーから選んでいきましょう。各メーカーのこだわりや特徴を紹介しますので、参考にしてください。

ゲーミング機器で選ぶなら「MSI」がおすすめ

MSIは世界を牽引するゲーミングブランドとして、老舗のメーカーです。グラフィックボードは独自開発のファンを製作し、排熱性を考え作っているのが特長です。グラフィックボードはもちろんですが、ゲーミングノートPCやマザーボードの評価も高いメーカーです。

幅広いラインナップから選びたいなら「ASUS」がおすすめ

マザーボードやノートパソコンでも世界的に有名なメーカーです。初心者でも手に入れやすい5000円以下のエントリーモデルから上級者ゲーマー向けVRゲームのためのスーパーパフォーマンスブーストを備えたROGシリーズまでラインナップが豊富です。

コンパクトな規格のグラボを使うなら「ZOTAC」がおすすめ

モニターと繋ぐためのグラフィックボードの出力端子は、モニター側の入力端子と同一の規格のものが搭載されているか確認が必要です。例えばモニター側が「DVI」端子であれば、グラフィックボードに「DVI」端子があることを確認しましょう。

 

最近ではデジタル出力の「DVI」や「HDMI」、「DisplayPort」のうちから複数を搭載するモデルが一般的です。マルチディスプレイにするなら出力端子の数も確認して、自分の目的に合わせ選びましょう。

安くて良い製品が欲しいなら「玄人志向」がおすすめ

その名の通り玄人向けの製品展開をしており、メーカーサポートや商品カタログは基本的にないのが特徴。その分、価格も安い傾向にあるのですが、ある程度経験を積み、サポートがなくても大丈夫になってから購入するのがおすすめです。

グラフィックボードの人気おすすめランキング15選

15位

SAPPHIRE

NITRO+ RADEON RX 5700 XT 8G 11293-03-40G VD7077

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

高負荷時にも安定した電力供給を行える「NITRO+」

AMDの「Radeon RX 5700 XT」搭載のグラフィックボード。「NITRO+」は高速なデータ転送可能にして、ゲーミングにおいて優れたパフォーマンスと電力効率を実現させました。

 

高負荷にも安定した電力供給を行える電源回路や、高い電源効率を誇るPCle電源コネクタ用回路により高品質設計を実現しました。

搭載GPU RADEON RX 5700 XT サイズ 約306×135×49mm
ビデオメモリ 8GB 搭載端子 2x HDMI / 2x DisplayPort
推奨電源(消費電力) -(265W) 補助電源 8PINx2

口コミを紹介

予算と600W以上の電源があるならオススメの高バランスなビデオカード。RX 590比で70%以上3D性能が向上して、発熱は7~10℃低下、静音性も大きく改善されており、非常に満足感の高い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

Asustek

NVIDIA GT710 GT710-SL-1GD5-BRK

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

マルチディスプレイ環境に最適なファンレス設計

「GeForce GT 710」搭載のグラフィックボードです。3系統の画面出力端子があり、そのため3画面の同時出力が可能。快適なマルチディスプレイ環境が整います。また、ファンレス設計で小型サイズなので動作音ゼロで快適に使用可能です。

搭載GPU GeForceGT710 サイズ 約167×69×17 mm
ビデオメモリ 1GB 搭載端子 HDMI×1/DVI-D ×1/S-sub 15ピン×1
推奨電源(消費電力) - 補助電源 -

口コミを紹介

youtubeの4k60fps hdr動画も問題なく再生可能、バイオハザード7もフルHDで少し怪しい感じはしますがプレイ可能。10年程前に購入したPCで4k動画再生目的で購入しましたが、問題なく動いて本当に良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ASROCK

AMD Radeon RX580 PG D Radeon RX580 8G OC

強力な冷却性能実現するデュアルファン

2基のデュアルファンが強力な冷却性能を提供し、温度を低く維持します。快適なゲーミング体験が可能です。スタイリッシュで合理化された設計でGPUからの熱を取り除き放熱性を効果的に改善することでグラフィックボードの寿命が延長できます。

搭載GPU Radeon RX 580 サイズ 236.2x127.5x41.91 mm
ビデオメモリ 8GB 搭載端子 DVIx1 HDMIx1 DisplayPortx3
推奨電源(消費電力) 550W(-) 補助電源 6PIN

口コミを紹介

Mac Pro 2010でMojaveへのアップグレードできました。このカードはRX580には珍しく補助電源が6ピンなので、Mac Proの補助電源コードをそのまま使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

MSI COMPUTER

GeForce RTX 3060 GAMING X 12G

冷却性能と静音性のバランスがすぐれたグラフィックボード

NVIDIA Ampereアーキテクチャ」は進化した第2世代レイトレーシングコアと、より高いスループットを持つ第3世代Tensorコアが特徴。また「TWIN FROZR 8サーマルシステム」は、効率性を追求して設計されています。

 

冷却性能と静音性のバランスで、ゲームをより楽しむことが可能です。さらに、頑丈なサテン仕上げのアルミニウム製バックプレートは、サーマルパットを使用することで、より冷却効果を高めます。

搭載GPU NVIDIA GeForce RTX 3060 サイズ 276.9x50.8 x132.1 mm
ビデオメモリ 12 GB 搭載端子 DisplayPort×3/HDMI 映像出力端子
推奨電源(消費電力) - 補助電源 -

口コミを紹介

Windows10版のMinecraftのRTXを使うために購入。しっかりと動作してます!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

MSI COMPUTER

Radeon RX 570 ARMOR 8G J VD7195

4Kのウルトラハイビジョンでエンターテインメントを

オーバークロックユーティリティのアフターバーナーはハードウェア情報の詳細が分かり、ファンの設定やビデオ録画の機能なども備えています。RadeonのRX570搭載でVRゲームや4Kのウルトラハイビジョン映像、高度な動画編集も可能です。

搭載GPU Radeon RX 570 サイズ 246x130x39 mm
ビデオメモリ 8GB 搭載端子 DVIx1 HDMIx1 DisplayPortx3
推奨電源(消費電力) 450W(150W) 補助電源 8PIN

口コミを紹介

仕事上、5画面同時出力できるGPUを探しており、販売代理店の方に勧められて購入しました。実際に5画面マルチに対応しており、とても助っております。動作も安定しており、ファンのスピードも変えられるので、安価な割には素人のわたしでも簡単に取り付けができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

MSI COMPUTER

GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

究極のゲーミングPCプラットフォーム

「GeForce GTX 1050 Ti」を搭載したグラフィックボード。次世代のメモリ技術により、ベンチマークソフトであるDirectXの機能に対応しました映画のような速くて滑らかなゲームができます。

搭載GPU GeForce GTX 1050 Ti サイズ 182x69x35 mm
ビデオメモリ 4GB 搭載端子 DVIx1 HDMIx1 DisplayPortx1
推奨電源(消費電力) 300W(75W) 補助電源 -

口コミを紹介

アマゾンを見てみたらGT710なるものを見つけて試してみました。古いPCでそもそも動作するのか不安でしたが取り付けて付属のCDでドライバ入れてみると、前よりめっちゃ早くなりました。かなり嬉しい誤算でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

玄人志向

GF-GT710-E2GB/HS

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ファンレスの低消費電力モデル

低消費電力の「GEFORCE GT710」搭載モデル。ヒートシンクを搭載したファンレスモデルで、冷却ファンによるノイズがありません。低価格で初心者におすすめですが、PCケース内の空気の流れには十分注意が必要です。

搭載GPU NVIDIA GeForce GT 710 サイズ 157.9x 68.91x35 mm (※ブラケット含まず)
ビデオメモリ 2GB 搭載端子 HDMIx1/DVI-Dx1/D-subx1
推奨電源(消費電力) - 補助電源 -

口コミを紹介

10年前のCore2DuoのPCで軽いゲームがしたくて購入しました。重くて動かなかったゲームが動くようなり快適プレイできます。ファンレスなので静音でとても満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ZOTAC

GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

小型ノートパソコンにも組み込める

「GeForce GTX 1660 SUPER」を搭載したグラフィックボードで、ボード全長は約174mmとコンパクトなので、スペースが限られている小型PCへの組み込みにも最適です。ほとんどのシステムに組み込めるためサイズで悩むことが無くなります。

搭載GPU GeForce GTX 1660 SUPER サイズ 173.4x111.15x35.3 mm
ビデオメモリ 6GB 搭載端子 3x DisplayPort 1.4/HDMI 2.0b
推奨電源(消費電力) 450w(-) 補助電源 8PIN

口コミを紹介

初めてグラボを購入しました。特に問題なく使えてます。別途、補助電源ケーブルも買わないと使えないので、自分みたいな初心者は買い忘れないように。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ZOTAC/PCP

ZT-A30800D-10P VD7350

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

超高速GDDR6Xメモリを搭載しハイクオリティのゲームプレイ可能

強化されたRTコアとテンサーコア、新しいストリーミングマルチプロセッサ、そして超高速GDDR6Xメモリを搭載。そのためハイクオリティの3Dゲームも十分に楽しむことができます。

搭載GPU GeForce RTX 3080 サイズ 317.8x120.7x58 mm
ビデオメモリ 10GB 搭載端子 DisplayPort×3/HDMI 映像出力端子装備
推奨電源(消費電力) 750W(320W) 補助電源 2x8-pin

口コミを紹介

タルコフやアルマ3などに使用して遊んでいますが、正直オーバースペックです。
画像は綺麗すぎて、もうゲーム専用機には戻れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

玄人志向

GF-GT1030-E2GB/LP/D5

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

高品質部材を採用したエントリーモデル

高品質の部材を使用したプレミアムホワイト基板を採用しており、安定動作を助けています。また、搭載されている40mm静音ファンが熱を下げ、安定したパフォーマンスを発揮。

搭載GPU NVIDIA GEFORCE GT 1030 サイズ 155x68.5x18.1mm(ブラケット含まず)
ビデオメモリ 2GB 搭載端子 HDMI x1/Single Link DVI-D x1
推奨電源(消費電力) - 補助電源 -

口コミを紹介

性能的には問題ないです。モニタとの相性も良かったのでしょう、発色もきれいです。非常に快適に動作しています

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Asustek

TUF-RTX3080-O10G-GAMING

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

3つのファンが連動して動作するAxial-techファン

世界最速級のGPU「Ampere SM」を搭載。また、3つのファンが連動して動作する「Axial-techファン」を採用しました。左右のファンの回転方向と中央のファンの回転方向がことなり効率よくGPUを冷却します。

 

ファン下には、GPUとメモリ用の独立したヒートシンクがあり、温度をしっかりとコントロール。TUFコンポーネント、新しいGPUブラケット、バックプレートベントなどの追加機能により、滑らかで美しい動きを実現します。

搭載GPU NVIDIA GeForceRTX 3080 サイズ 29.99x12.69x5.16cm
ビデオメモリ 10GB 搭載端子 HDMI×2 /Display Port x 3/HDCP Support
推奨電源(消費電力) 850W(-) 補助電源 -
4位

玄人志向

GK-RTX3060-E12GB/OC/WHITE

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

スマートデバイスからコントロール可能なグラフィックボード

オーバークロック&モニタリングツールの「Xtreme Tuner」は、使いやすいインターフェイスを備えています。またモバイル版もあり、お使いのスマートデバイスからのコントロールが可能です。

搭載GPU NVIDIA GEFORCE RTX 3060 サイズ 285x124x50 mm (ブラケット含まず)
ビデオメモリ 12GB 搭載端子 DisplayPort x3/HDMI x1
推奨電源(消費電力) - 補助電源 8pin x1

口コミを紹介

性能は1050tiからのグレードアップにより、驚くほどの違いを体感できました!
FF15ベンチマークスコアが、1920×1080高品質設定で7900ほど出ました

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

SAPPHIRE

NITRO+ Radeon RX 6700 XT OC 12G GDDR6

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

熱を効率的に解放するグラフィックボード

風切り音を低減するために、風がフィンモジュールに入るときの摩擦を減らしやすいデザインのウェーブフィンにしました。また、GPUの上部にあるV型フィンは、GPU周りの空気の流れを加速し、集中させることで熱を効率的に放散します。

搭載GPU AMD Radeon RX 6700 XT サイズ 43.8 x 24.3 x 9.4cm
ビデオメモリ 12GB 搭載端子 HDMIx1/DisplayPortx3
推奨電源(消費電力) -(260W) 補助電源 6ピン×1/8ピン×1

口コミを紹介

RX 590比で70%以上3D性能が向上して、発熱は7~10℃低下、静音性も大きく改善されており、非常に満足感の高い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

玄人志向

GG-RTX2060-E6GB/DF2

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

大型ヒートシンクと2基の90mmファンが優れた放熱性能を発揮

大型のヒートシンク90mmのファン2基を搭載し、優れた放熱性能を発揮。「Turing GPU」 は、鮮明でリアルな映像を作りだし、今まではできなかった特殊効果を可能にしました。

 

また「TURING GPU」 は、世界最速のメモリであるGDDR6と組み合わせることで、高画質・フレームレートの設定でもゲームを楽しむことが可能です。

搭載GPU NVIDIA GeForce RTX 2060 サイズ 37.85 x 23.88 x 7.37cm
ビデオメモリ 12GB 搭載端子 HDMI 2.1 ×1 / DP ×1 / DVI-D ×1
推奨電源(消費電力) - 補助電源 8pin ×1

口コミを紹介

安定性ですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

MSI COMPUTER

GeForce GTX 1650 D6 AERO ITX OCV2

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

省スペースで幅広いPCケースに対応

「Turingアーキテクチャ」を搭載したことにより、前世代のグラフィックボードよりも1.4倍の電力効率を実現より速く、より低温で、より静かな動作を可能にしています。「AERO ITXシリーズ」は、省スペースとパフォーマンスを両立。

 

小型なパソコンでもスムーズにゲームをプレイでき、幅広いPCケースに収まります。

搭載GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 (G6) サイズ 172x115x42mm
ビデオメモリ 4GB 搭載端子 DVIx1/HDMIx1/DisplayPortx1
推奨電源(消費電力) -(75W) 補助電源 6-pinx1

口コミを紹介

ゲームはしないのですが、お手頃なグラボがあってよかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

グラフィックボードのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 搭載GPU サイズ ビデオメモリ 搭載端子 推奨電源(消費電力) 補助電源
1
アイテムID:7145941の画像
GeForce GTX 1650 D6 AERO ITX OCV2 30,000円

詳細を見る

省スペースで幅広いPCケースに対応

NVIDIA GeForce GTX 1650 (G6) 172x115x42mm 4GB DVIx1/HDMIx1/DisplayPortx1 -(75W) 6-pinx1
2
アイテムID:7147207の画像
GG-RTX2060-E6GB/DF2 66,000円

詳細を見る

大型ヒートシンクと2基の90mmファンが優れた放熱性能を発揮

NVIDIA GeForce RTX 2060 37.85 x 23.88 x 7.37cm 12GB HDMI 2.1 ×1 / DP ×1 / DVI-D ×1 - 8pin ×1
3
アイテムID:7147628の画像
NITRO+ Radeon RX 6700 XT OC 12G GDDR6 118,000円

詳細を見る

熱を効率的に解放するグラフィックボード

AMD Radeon RX 6700 XT 43.8 x 24.3 x 9.4cm 12GB HDMIx1/DisplayPortx3 -(260W) 6ピン×1/8ピン×1
4
アイテムID:7147917の画像
GK-RTX3060-E12GB/OC/WHITE 88,000円

詳細を見る

スマートデバイスからコントロール可能なグラフィックボード

NVIDIA GEFORCE RTX 3060 285x124x50 mm (ブラケット含まず) 12GB DisplayPort x3/HDMI x1 - 8pin x1
5
アイテムID:7148178の画像
TUF-RTX3080-O10G-GAMING 238,762円

詳細を見る

3つのファンが連動して動作するAxial-techファン

NVIDIA GeForceRTX 3080 29.99x12.69x5.16cm 10GB HDMI×2 /Display Port x 3/HDCP Support 850W(-) -
6
アイテムID:7150028の画像
GF-GT1030-E2GB/LP/D5 11,201円

詳細を見る

高品質部材を採用したエントリーモデル

NVIDIA GEFORCE GT 1030 155x68.5x18.1mm(ブラケット含まず) 2GB HDMI x1/Single Link DVI-D x1 - -
7
アイテムID:7150104の画像
ZT-A30800D-10P VD7350 388,000円

詳細を見る

超高速GDDR6Xメモリを搭載しハイクオリティのゲームプレイ可能

GeForce RTX 3080 317.8x120.7x58 mm 10GB DisplayPort×3/HDMI 映像出力端子装備 750W(320W) 2x8-pin
8
アイテムID:7099657の画像
GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan 77,128円

詳細を見る

小型ノートパソコンにも組み込める

GeForce GTX 1660 SUPER 173.4x111.15x35.3 mm 6GB 3x DisplayPort 1.4/HDMI 2.0b 450w(-) 8PIN
9
アイテムID:7150942の画像
GF-GT710-E2GB/HS 4,055円

詳細を見る

ファンレスの低消費電力モデル

NVIDIA GeForce GT 710 157.9x 68.91x35 mm (※ブラケット含まず) 2GB HDMIx1/DVI-Dx1/D-subx1 - -
10
アイテムID:7099648の画像
GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP 29,080円

詳細を見る

究極のゲーミングPCプラットフォーム

GeForce GTX 1050 Ti 182x69x35 mm 4GB DVIx1 HDMIx1 DisplayPortx1 300W(75W) -
11
アイテムID:7099639の画像
Radeon RX 570 ARMOR 8G J VD7195 118,300円

詳細を見る

4Kのウルトラハイビジョンでエンターテインメントを

Radeon RX 570 246x130x39 mm 8GB DVIx1 HDMIx1 DisplayPortx3 450W(150W) 8PIN
12
アイテムID:7151120の画像
GeForce RTX 3060 GAMING X 12G 95,500円

詳細を見る

冷却性能と静音性のバランスがすぐれたグラフィックボード

NVIDIA GeForce RTX 3060 276.9x50.8 x132.1 mm 12 GB DisplayPort×3/HDMI 映像出力端子 - -
13
アイテムID:7099627の画像
AMD Radeon RX580 PG D Radeon RX580 8G OC 133,955円

詳細を見る

強力な冷却性能実現するデュアルファン

Radeon RX 580 236.2x127.5x41.91 mm 8GB DVIx1 HDMIx1 DisplayPortx3 550W(-) 6PIN
14
アイテムID:7099618の画像
NVIDIA GT710 GT710-SL-1GD5-BRK 5,927円

詳細を見る

マルチディスプレイ環境に最適なファンレス設計

GeForceGT710 約167×69×17 mm 1GB HDMI×1/DVI-D ×1/S-sub 15ピン×1 - -
15
アイテムID:7099615の画像
NITRO+ RADEON RX 5700 XT 8G 11293-03-40G VD7077 339,362円

詳細を見る

高負荷時にも安定した電力供給を行える「NITRO+」

RADEON RX 5700 XT 約306×135×49mm 8GB 2x HDMI / 2x DisplayPort -(265W) 8PINx2

グラフィックボード・ビデオカード・GPUの違い

実は「グラフィックボード」と「ビデオカード」に違いはありません。他にもグラフィックカード、グラフィックアダプター、ビデオアダプターなどの呼び方もあります。では、GPUはどうでしょうか?

 

GPUは、「Graphics Processing Unit」の略で、映像処理用のCPUを指します。そしてこのGPUを搭載したパーツが「グラフィックボード」なのです。

グラフィックボードの交換時期について

ゲームやソフトは日々進化していきます。そのためPCは使用しているうちに動画処理やゲーム動作が重くなってきます。デフラグや初期化をしても改善できなければ、PCやモニターもセットで買い替えを検討しましょう。

 

以下の記事ではゲーミングモニターの選び方とおすすめランキングを紹介していますので、是非ご覧ください。

まとめ

グラフィックボード・ビデオカードの選び方のポイントとおすすめ人気ランキングを紹介してきました。メーカーによるこだわりやスペックも様々ですが、自分の目的、設備環境、必要性に適したスペックのものを選ぶことがポイントです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月03日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】デスクトップパソコンの人気おすすめランキング20選【コスパ最強】

【2021年最新版】デスクトップパソコンの人気おすすめランキング20選【コスパ最強】

デスクトップパソコン
Windowsパソコンの人気おすすめランキング10選【学生にもおすすめ】

Windowsパソコンの人気おすすめランキング10選【学生にもおすすめ】

ノートパソコン
【2021年最新版】オールインワンパソコンの人気おすすめランキング19選【グラボ付きも】

【2021年最新版】オールインワンパソコンの人気おすすめランキング19選【グラボ付きも】

デスクトップパソコン
ゲーミングモニターの人気おすすめランキング20選【人気メーカーも紹介!PS4にも!】

ゲーミングモニターの人気おすすめランキング20選【人気メーカーも紹介!PS4にも!】

PCモニター・液晶ディスプレイ
【2021年最新版】Dellのパソコン人気おすすめランキング10選【オフィス付き・大学生におすすめのものも!】

【2021年最新版】Dellのパソコン人気おすすめランキング10選【オフィス付き・大学生におすすめのものも!】

ノートパソコン
15.6インチノートパソコンのおすすめ人気ランキング10選【持ち運びに!】

15.6インチノートパソコンのおすすめ人気ランキング10選【持ち運びに!】

ノートパソコン