シニアカーの人気おすすめランキング8選【中古や補助金も解説】

電動で動く便利なシニアカー。年配の方の買い物や移動には助かるアイテムですが、中古やレンタル品もありどれを選べば良いのか迷いますよね。今回はシニアカーの選び方と、人気おすすめランキングを紹介します。補助金についてや、トヨタなど人気メーカーもまとめました。

シニアカーで快適にお出かけしよう!

「買い物に行くとき荷物が重くて持ち歩けない」「体が不自由で長距離を移動できなくて不便」などと感じる年配の方は多いですよね。移動が困難になってしまうと普段の買い物が大変になるのはもちろん、お出かけもできず楽しみが減ってしまいます。

 

そんなときにおすすめなのが、電動で動いてくれるシニアカーなんです。シニアカーは免許いらずで使える電動の乗り物で、快適な移動をサポートしてくれます。しかし、中古やレンタル品などもあり、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、シニアカーの選び方と人気おすすめランキングを紹介します。ランキングはサイズ・タイヤの種類・安定性・メーカーなどを基準に作成しました。若者が使えるかどうかなどもまとめているので、購入を迷われている方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

シニアカーは危ない?どんな乗り物?

シニアカーの選び方やランキングを見る前に、まずはシニアカーがどんな乗り物なのか紹介します。危ないのかどうか、若者が乗れるのかなどもまとめました。

免許不要で使える電動の乗り物

シニアカーは免許不要で乗れる電動の乗り物です。車椅子とは少し違い、スピードの出ないスクーターのようなイメージとなります。多くのシニアカーはかごが付属しており、手荷物や買い物袋を入れられるようになっているのが特徴です。

 

また、免許不要で乗れる電動の乗り物には電動車椅子もあります。以下の記事では電動車椅子を含めた車椅子の人気おすすめランキングを紹介しているので、ぜひあわせて参考にしてみてください。

操作方法はシンプル簡単で若者も使える

シニアカーは操作がとても簡単で、前進・後進・ハンドル操作のみで使用できます。レバーを握るだけで前や後ろに進み、ハンドルで行く方向を操作すればOKです。シニアカーは年配の方が使うイメージがありますが、体の不自由な若者も使えます。

最高速度は時速6kmで公道は走れない

シニアカーの最高速度は時速6kmと定められています。それほどスピードが出ないので安全性が高く、事故を起こしにくいのが特徴です。電動の乗り物でバイクやスクーターにも似た形をしていますが、車が走行する公道は走れません。

 

シニアカーに乗っている方は歩行者と同じ扱いになるため、歩道を走るようにしましょう。その際、周りの人に配慮したり気を付けたりしながら走行してください。

室内・施設内でもルールを守れば利用可能

シニアカーは基本的に外での移動に使用するものですが、最近では利用可能な施設も増えてきています。電車の中で使用したいときは、国土交通省が定める基準に沿ったルールを守れば利用可能です。ただし、周囲の乗客に配慮するようにしましょう。

シニアカーの選び方

シニアカーは体に合わせたサイズ・バッテリー容量・タイヤの種類・メーカーなどから選べます。以下で詳しく解説しているので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

体に合わせた「サイズ」をチェック

シニアカーを選ぶ際は、必ず体に合ったサイズのものを選びましょう。椅子の奥行や幅などをチェックしながら、自分の体に合うものを探してみてください。また、本体のサイズだけでなく乗り降りのしやすさや足元の安定感などをチェックしておくのがおすすめです。

 

足を高く上げられない方は、低い位置にステップが付いたものを探してみましょう。ひじ掛けの高さや背もたれの位置などもあわせて確認しておくと、よりフィットするものを選べます。不安な場合は、実際に実物を見て乗り心地を確認してみてください。

頻度や距離に合わせた「バッテリー容量」を確認

シニアカーは充電式なので、バッテリー容量によって走行できる距離が異なります。長距離を乗りたい場合にはバッテリーが大容量なもの、手軽に使うなら小型で走行距離が短めなものがおすすめです。走行距離が15km程度のものは本体もコンパクトで、畳めるものもたくさんあります。

 

30km以上の大容量バッテリーを搭載したものは、長距離でも走りやすいように重く安定感のあるものが多い傾向です。本体が重すぎると小回りが効きにくい可能性もあるので、利用頻度や用途に合わせたものを選んでみてください。

タイヤの種類で選ぶ

タイヤの種類は空気を入れて使うエアタイヤと、メンテナンスがほとんど必要ないノーパンクタイヤの2種類があります。好みに合わせて選んでみてください。

こまめにメンテナンスできるなら「エアタイヤ」

エアタイヤは自転車に付けられているもののように空気を入れて使うタイヤで、乗り心地が良く凹凸のある道でも走りやすいのが特徴です。ただし、空気が抜けたら都度入れなければならず、時にはパンクする場合もあるので気を付ける必要があります。

空気管理が面倒なら「ノーパンクタイヤ」

ノーパンクタイヤは空気を入れる必要がなく、そのままで乗り続けられます。メンテナンスがほとんどいらないため、自分で空気入れができないような方におすすめです。エアタイヤよりもやや高価な傾向にはあるものの、パンクの心配なく快適に使用できます。

車輪の数で選ぶ

シニアカーのタイヤは4輪タイプと3輪タイプがあります。以下でそれぞれの特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

小回りのきくものが良いなら「3輪タイプ」

3輪タイプは前輪が1つしかついておらず、小回りが効きやすいのが特徴です。狭い町中を快適に乗りたいなら、3輪タイプを選ぶようにしましょう。ただし、慣れていない方が乗ると転倒の危険があります。安定感にはやや欠けるため、気を付けて乗らなければなりません。

安定感を重視するなら「4輪タイプ」

シニアカーの多くは4輪タイプで安定感があり、年配の方が乗っても転倒しにくいのが大きな特徴です。前と後ろに2輪ずつ付いており、車のような感覚で乗れます。ただし、4輪タイプは小回りが効きにくいため、狭い道や電車内では利用しにくい可能性が高いです。

持ち運ぶなら「折り畳み」がおすすめ

シニアカーを車などで持ち運びたいと考えているなら、折り畳みのできるタイプを選ぶようにしましょう。そのままの状態で折り畳めるものと、一部の部品を外してコンパクトにするタイプがあります。折り畳みができると行動範囲も広がるので、ぜひ検討してみてください。

予算に合わせた「値段」もチェック

シニアカーの値段は10~20万円程度と高額なため、予算に合わせて選ぶのもおすすめです。走行距離の短いコンパクトなタイプなら10万円以下で購入できる場合もあります。また、それほど介助が必要ではない場合にはシルバーカーの利用も検討してみましょう。

 

以下の記事ではシルバーカーの人気おすすめランキングを紹介します。普段の買い物を少しサポートして欲しいと考えている方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

デザインも重視するなら「おしゃれ」なものを

最近ではおしゃれなシニアカーも増えてきています。好きな色やデザインのシニアカーを選べば、お出かけもきっと楽しくなるはずです。また、自宅などに停める際にもオシャレを楽しみたいなら、バイクカバーを使ってみましょう。

 

バイクカバーを使えば雨や風からシニアカーを守れます。以下の記事ではバイクカバーの人気おすすめランキングを紹介しているので、ぜひこちらもあわせて参考にしてください。

日差しを防ぐなら「屋根付き」がおすすめ

日差しを防ぎながらお出かけをしたい方は、屋根付きのモデルを検討しましょう。屋根が付いていれば強い日差しから肌を守れるだけでなく、多少の雨なら買い物やお出かけができて便利です。取り外しができるモデルもあるので、好みのものを探してみてください。

メーカー・ブランドで選ぶ

シニアカーはトヨタ・スズキ・ホンダなどの車メーカーが多く扱っています。以下で代表的なメーカーやブランドを解説するので、選ぶ際の参考にしてください。

快適さを重視するなら「トヨタ」

トヨタは利用者の気持ちを考え、悩みに寄り添いながらシニアカーを開発しています。「こんな機能があったら」などの希望を叶えるシニアカーも多く発売されており、乗り心地の良さに定評があるのも魅力です。種類も豊富なので、自分好みのものを選べます。

セニアカーなど豊富な種類から選ぶなら「スズキ」

スズキのシニアカーは人気の「セニアカー」をはじめ、さまざまなモデルが発売されています。小回りの利くものやコンパクトで使いやすいタイプも発売されており、たくさんの種類や豊富なデザインから好みのものを選べるのが魅力です。

安定感のある3輪が良いなら「ホンダ」

ホンダでは前が2輪、後ろが1輪の3輪シニアカーを発売しています。3輪タイプでありながら安定感があり、小回りも利くので非常に便利です。車メーカーの作るシニアカーなので安心感もあり、初めての乗車でも気軽にお出かけができます。

快適なお出かけなら「ダイハツ」

ダイハツのシニアカーは快適におでかけができる点を重視して作られており、機能性に優れたモデルが販売されています。試乗会なども開催されているため、一度試しに乗ってみてから購入を考えたい方にもおすすめです。

シニアカーの人気おすすめランキング8選

折り畳んで運べる!小回りも利く3輪タイプ

こちらのシニアカーは小回りの利く便利な3輪タイプで、折り畳んで持ち運べるのが大きな魅力です。操作もシンプルで簡単なので、初めてでも気軽に使えます。また、走行可能距離が40kmと非常に長く、耐荷重も150kgとハイスペックなモデルです。

タイヤの種類 ノーパンクタイヤ 車輪の数 3輪タイプ
サイズ 93×76×54cm 重量 26kg
走行可能距離 40km 折り畳み
耐荷重 150kg
7位

坂道も登れる安定感!長く走れる大容量バッテリー

エスケイジャパンのアイウォーカー2はずっしりとした見た目で安定感があり、1回の充電で35kmの走行と長く走れるのが大きな魅力です。見やすいライトや大きめのかごなども付属しており、毎日便利に活用できます。長くしっかり走れるもの欲しい方におすすめです。

タイヤの種類 ノーパンクタイヤ 車輪の数 4輪タイプ
サイズ 119.5×64×89cm 重量 46.5kg
走行可能距離 35km 折り畳み 不可
耐荷重 140kg

小回りの利きやすい3輪タイプ!

こちらのシニアカーは前輪が1つしかない3輪タイプで、小回りが利きやすいのが特徴です。狭い道や細かな道の多い町中でも走りやすく、1回の充電で約30kmも走行できます。ノーパンクタイヤ搭載で年配の方も扱いやすく、耐荷重も120kgと十分です。

タイヤの種類 ノーパンクタイヤ 車輪の数 3輪タイプ
サイズ 94×56×47cm 重量 36kg
走行可能距離 30km 折り畳み
耐荷重 120kg

家庭の電源で簡単充電!操作も簡単なシニアカー

Dream Linkのシニアカーは家庭の電源から簡単に充電ができ、毎日手軽に使用できるのが魅力です。ノーパンクタイヤ搭載でメンテナンスの必要もほとんどなく、1度の充電で30kmの走行ができます。大型のウインカーがあり、歩行者に配慮して作られているのも特徴です。

タイヤの種類 ノーパンクタイヤ 車輪の数 4輪タイプ
サイズ - 重量 60kg
走行可能距離 30km 折り畳み
耐荷重 -

口コミを紹介

中国製は日本製の半額以下ですが価格の割にはよくできていますね

出典:https://www.amazon.co.jp

折り畳み可能!持ち運びしやすいシニアカー

Metro Mobilityのシニアカーは部品を外し、折り畳んで持ち運びできるのが特徴です。走行可能距離は15kmとやや短めではあるものの、4輪タイプで安定感があり走りやすいモデルとなります。折り畳めば車のトランクに入るサイズになり、お出かけにも便利です。

 

フロントバンパー・転倒防止装置・LEDライトなど安全性に配慮した機能も多く搭載されており、シニアカーの乗車に不安がある方でも気軽に利用できます。カラーは赤と青が用意されているので、好みで選んでみてください。

タイヤの種類 ノーパンクタイヤ 車輪の数 4輪タイプ
サイズ 112×93cm 重量 約46kg
走行可能距離 15km 折り畳み
耐荷重 120kg

口コミを紹介

操作性もよく考えられているようで、キーを挿して電源のON/OFFをしますが、2個ついてるキーの片方は通常のキーで、もう片方は回転ダイヤルのようなつまみが付いており、ちいさなキーの操作が難しい人でもダイヤルキーなら使えそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

走行距離の短いエコタイプ!軽量モデル

ポルタス・ドリーム・エコはコンパクトな計量モデルとして販売されており、走行可能距離が18kmとやや短いものの近所の利用なら十分に活用できます。軽くて小型なので移動もしやすく、遠出ではなく普段の買い物などに使いたい方におすすめです。

 

シニアカーの中でも価格が安く、10万円以下なので気軽に購入できます。転倒防止のホイールも付いており、安定感に不安がある方にもぴったりです。耐荷重は190kgと十分で、手荷物もたくさん乗せられます。

タイヤの種類 ノーパンクタイヤ 車輪の数 4輪タイプ
サイズ 105×50×90cm 重量 43kg
走行可能距離 18km 折り畳み 不可
耐荷重 190kg

口コミを紹介

安かったので父に購入 
乗せて練習している

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

PORTUS

ポルタス・ドリームM48 電動シニアカート

ライト付きで薄暗い道のりでも安心して走れる

PORTUSのシニアカーにはフロント部分にライトが搭載されており、薄暗い道でも明るく照らして安全な走行をサポートしてくれます。4輪タイプなので安定感もしっかりとあり、ノーパンクタイヤ採用で空気入れなどの必要もありません。

 

走行可能距離が45kmとかなり長く、少し遠くまでお出かけをしたい方にもおすすめです。前に大きなかごが付いているだけでなく、足元にも小さめのかごが付いています。操作もシンプル簡単で、初めてのシニアカーにもぴったりです。

タイヤの種類 ノーパンクタイヤ 車輪の数 4輪
サイズ 125×56×90cm 重量 47kg
走行可能距離 45km 折り畳み 不可
耐荷重 -

口コミを紹介

マシンそのものも、半年経ちますが電池の持ちが良いし、今まで大したトラブルも無く、その後のアフターサービスも申し分無く五つ星です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4輪で安定感あり!かごやひじ掛けもあって便利

HAIGEのシニアカーは4輪タイプで安定感があり、乗り降りをする位置が低いので年配の方でも気軽に利用できます。前には大きめのかごが付属しており、ちょっとした買い物やお出かけにも便利です。耐荷重が190kgなので、たくさん荷物を乗せられます。

 

タイヤはノーパンクタイヤなのでメンテナンスの必要もなく、1度の充電で36km走れる大容量バッテリーも魅力です。操作盤の左右に同じボタンが用意されているので、右手でも左手でも簡単に操作できます。

タイヤの種類 ノーパンクタイヤ 車輪の数 4輪
サイズ 54×112×94cm 重量 58kg
走行可能距離 約36km 折り畳み
耐荷重 190kg

口コミを紹介

HAIGE電動シニアカーのおかげで父親は少し元気になってます。本当にありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

シニアカーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイヤの種類 車輪の数 サイズ 重量 走行可能距離 折り畳み 耐荷重
1
アイテムID:9831046の画像
電動シニアカート シルバーカー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

4輪で安定感あり!かごやひじ掛けもあって便利

ノーパンクタイヤ 4輪 54×112×94cm 58kg 約36km 190kg
2
アイテムID:9831419の画像
ポルタス・ドリームM48 電動シニアカート

Amazon

詳細を見る

ライト付きで薄暗い道のりでも安心して走れる

ノーパンクタイヤ 4輪 125×56×90cm 47kg 45km 不可 -
3
アイテムID:9831430の画像
ポルタス・ドリーム・エコ

Amazon

詳細を見る

走行距離の短いエコタイプ!軽量モデル

ノーパンクタイヤ 4輪タイプ 105×50×90cm 43kg 18km 不可 190kg
4
アイテムID:9831438の画像
電動シニアカート

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

折り畳み可能!持ち運びしやすいシニアカー

ノーパンクタイヤ 4輪タイプ 112×93cm 約46kg 15km 120kg
5
アイテムID:9831448の画像
電動シニアカート

Amazon

詳細を見る

家庭の電源で簡単充電!操作も簡単なシニアカー

ノーパンクタイヤ 4輪タイプ - 60kg 30km -
6
アイテムID:9831495の画像
折りたたみ電動シニアカート

Amazon

詳細を見る

小回りの利きやすい3輪タイプ!

ノーパンクタイヤ 3輪タイプ 94×56×47cm 36kg 30km 120kg
7
アイテムID:9831467の画像
アイウォーカー2 SGB-002B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

坂道も登れる安定感!長く走れる大容量バッテリー

ノーパンクタイヤ 4輪タイプ 119.5×64×89cm 46.5kg 35km 不可 140kg
8
アイテムID:9831489の画像
電動シニアカート

Amazon

詳細を見る

折り畳んで運べる!小回りも利く3輪タイプ

ノーパンクタイヤ 3輪タイプ 93×76×54cm 26kg 40km 150kg

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天 「カート・シルバーカー」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

電動車椅子とシニアカーの違いとは

シニアカーはハンドル付きのスクーターのようなもの、電動車いすはその名の通り電気で動く車椅子です。性能に大きな違いはなく、シニアカーを電動車椅子と記載して販売している場合もあります。どちらも電動で動き、移動をサポートする点は同じです。

 

ただし、シニアカーは買い物や移動をサポートするものですが、電動車椅子は主に体の不自由な方の介護や介助として使います。シニアカーは自転車やバイクのような乗り物に近いイメージですが、電動車椅子は医療現場でも使われる介護用品となります。

 

道路交通法と呼ばれる法律上では、どちらも同じ「原動機を用いる身体障害者用の車いす」です。電動車椅子はシニアカーと同じく歩行者の扱いになるため、歩道や路側帯を通ります。大きな違いはないので、体の不自由具合などで選ぶようにしましょう。

補助金・介護保険が使える場合もある

要介護や要支援の方がシニアカーを利用したい場合、介護保険が適用される可能性があります。ただし、要介護や要支援のレベルが1もしくは2と低い場合には、認められないケースがほとんどです。3以上で利用する際は1~2割の負担でレンタルができます。

 

また、シニアカーの購入やレンタルに対して補助金を出している自治体も多いです。地元で補助金の取り扱いがないかどうか、導入前に一度チェックしてみましょう。補助金や介護保険を活用すれば、シニアカー導入の金銭的な負担が減少します。

シニアカーはどこで買う?販売店をチェック

シニアカーを欲しいと思っても、どこで買うのか販売店などが分からない方も多いはずです。ここでは、シニアカーを扱う販売店やレンタルについて見ていきましょう。

ネット通販や専門店の利用がおすすめ

シニアカーを購入するなら、Amazonや楽天などのネット通販か介護用品の専門店を訪れるのがおすすめです。ネット通販なら手軽に購入でき、専門店なら体のサイズや好みに合うものを選んで貰えます。より快適に移動できるよう、じっくり選んでみてください。

シニアカーはレンタルも可能

シニアカーのレンタルは多くのメーカーが取り扱っており、短期間の利用なら購入より安い可能性があります。まずはお試しでレンタルをし、気に入ったら購入をするのもおすすめです。レンタルなら好きな種類を選びやすいので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回はシニアカーの選び方と人気おすすめランキングを紹介しました。シニアカーは1台持っておくと、移動や買い物が楽にできるようになります。中には安価で購入できるものもあるので、ぜひ本記事を参考にしながらお気に入りの1台を探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年05月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

シニア向けの電子辞書人気おすすめランキング18選!【50音配列の辞書も紹介!】

シニア向けの電子辞書人気おすすめランキング18選!【50音配列の辞書も紹介!】

その他
【2022年最新版】シニア犬ドックフード人気おすすめランキング12選【国産ものもご紹介】

【2022年最新版】シニア犬ドックフード人気おすすめランキング12選【国産ものもご紹介】

ペット・ペット用品
【コスパ良し!】 安いドッグフードのおすすめ人気ランキング19選【ホームセンターは安いし安全?】

【コスパ良し!】 安いドッグフードのおすすめ人気ランキング19選【ホームセンターは安いし安全?】

犬用品
補助便座の人気おすすめランキング15選【トイトレに最適の便利グッズ!】

補助便座の人気おすすめランキング15選【トイトレに最適の便利グッズ!】

介護用品
【50代向け】結婚相談所の人気おすすめランキング16選【シニア婚】

【50代向け】結婚相談所の人気おすすめランキング16選【シニア婚】

その他のサービス
【2022年最強版】グラフィックボードのおすすめ人気ランキング15選【補助電源なしも!】

【2022年最強版】グラフィックボードのおすすめ人気ランキング15選【補助電源なしも!】

グラフィックボード・ビデオカード