コスパ最強ノートパソコンの人気おすすめランキング10選【軽量モデルも】

記事ID13502のサムネイル画像

パソコンはスペックが高くなるほど価格も高くなると思っていませんか。実はパソコンの機能を全部フル活用する割合はそれほど高くありません。そこで、今回は用途や機能を基準にコスパの高いおすすめのノートパソコンをランキング形式でご紹介します。

ノートパソコンもコスパが重要

ノートパソコンというと高い、というイメージがありますよね。最近はかなりお手頃価格のものも出てきていますが、安い分、機能が足りないのではないかという心配になってしまうかもしれません。

 

実は、最近はお値段がお手頃で機能も充実したコスパの高いノートパソコンが増えています。今回は、コスパが高いノートパソコンの選び方をご紹介します。使い方に合った機能に重点を置いて選ぶのがおすすめです。

 

コスパの高いパソコンについて知っておくべきこと

コスパの高いパソコンを選ぶために、まず知っておくべきことがあります。OSの種類・特長、ストレージの種類、パソコンの性能、画面性能などを表す用語をおさえましょう。自分の使い方にどういった性能・機能が必要になるのか、参考にしてみてください。

OSの種類

パソコンを動かすOSには、大きく分けるとWindowsOSとマッキントッシュのMac OSです。コスパの高い格安パソコンで使われているOSには、Googleが開発したChrome OSもあります。

最もメジャーな「WindowsOS」

WindowsOSは、様々な価格帯のパソコンに使われています。もっともメジャーなOSです。マッキントッシュ以外のほとんどのメーカーのパソコンに使われています。そのため、対応する機種が多く、使えるソフトウェアの数も多いです。

 

2020年8月現在では、Windows10が最新バージョンになっています。とはいえ、古いバージョンでも動きますし、最新のバージョンで古いソフトを最新の環境で動かすこともできます。周辺機器の多くもWindowsOSで動くものが多く、選択肢が増えます。

 

以下の記事では、Windowsパソコンの人気おすすめランキング10選【学生にもおすすめ】を紹介していますので、是非参考にしてください。

Googleに慣れている方におすすめ「Chrome OS」

Googleが開発したのがChrome OSです。Google開発なだけに、Googleの各サービスとの連携がスムーズだというメリットがあります。また、Googleは、Chrome OSを無償で公開しているので、Chrome OS搭載機種は、かなり安い価格帯になっています。

 

Google開発なだけに、Googleの各サービスとの連携がスムーズだというメリットがあります。また、ソフトウェアをブラウザのGoogle Chrome上で動かすシステムになっているので、ストレージが小さくても作動できるというメリットもあります。

 

以下の記事では、Chromebookの人気おすすめランキング15選【2019年最新】を紹介していますので、是非参考にしてください。

パソコンの頭脳「CPU」

CPUとは、Central Processing Unitの頭文字をとったもので、パソコンに不可欠のデバイスです。ハードディスクやキーボード、マウスなど周辺機器からデータを取り、制御や演算を行います。小さい部品ですが、パソコンの性能に直接かかわってきます。

 

CPUのメーカーとしては、アメリカのIntelとAMDが有名です。Intelはほとんどのパソコンメーカーが採用しています。安価タイプのパソコンに搭載されているIntelのCPUには、Pentium、Celeron、Atomがあり、より高いモデルにはCoreシリーズが搭載されています。

 

Atomは、タブレットなどに使われていることが多く、処理能力は高くありませんが、省電力性が高くなっています。PentiumとCeleronは、Coreシリーズの機能を減らして価格をおさえています。AMDのCPUは、こちらのレベルに相当します。

作業机の大きさを表す「メモリ」

メモリは、パソコンで作業をするスペースを表します。作業をする机の大きさにたとえられます。机が大きいほど作業スペースが広くとれて、作業がしやすくなりますよね。メモリが大きいと、パソコン上でいくつものソフトを切り替えながらの作業が楽になります。

 

メモリが大きいほど、やはり価格も上がってしまいます。ネットサーフィンをしたりメールのやり取りをしたりといったことだけなら、2GBでも足りると思われます。オフィスを合わせて使うなら4GB、高画質のゲームをするとなると、8GB欲しいかもしれません。

作業内容をしまえる棚「ストレージ」

ストレージは、貯蔵・倉庫。作業内容をしまっておく棚のような役割を果たします。メモリを超えた作業をすると、一時的にストレージに入れて作業スペースを空けようとします。価格を抑えたパソコンに搭載されているストレージには、eMMC・SSD・HDDがあります。

持ち運ばないなら「HDD」

500GBといった大容量にも対応しているのが魅力。大容量に対応しているので、容量当たりの価格で見ると、お手頃価格なのもメリット。ただし、ディスクが回転する構造なので、振動や衝撃に弱いというデメリットあり。速度も遅めで、消費電力が大きいのもデメリット。

 

消費電力が大きいので、モバイル端末としてはあまりおすすめできません。写真やビデオなどはかなり大容量になります。そういった大容量のデータをたくさん保存したい、それほど持ち運ばない、といった方におすすめです。

持ち運ぶなら「SSD」か「eMMC」

SSDには回転部品がなく構造上、振動や衝撃に強いというメリットがあります。消費電力が少なく、処理スピードも非常に速いというメリットも。デメリットは、容量当たりのコストが高いため、HDDに比べると容量が小さいという点です。

 

eMMCは、非常に小さい構造なので、小さなパソコンに搭載できます。消費電力が少なく、振動や衝撃に強いというメリットもあります。ただし容量が小さいのがデメリットです。小さくて軽いモバイルパソコンに向いています。

画面の性能も要チェック

ノートパソコンの場合、モニターに気に入らない面があっても交換できません。そのため、画面性能は要チェックです。

ノートパソコンの「インチ」は大きさ

パソコンの画面の大きさは、インチで表します。画面の対角線の長さが何インチかというのが、パソコンの画面の大きさになります。ただ、対角線の長さのため、ワイド型とスクエア型で、同じ15インチでも高さや幅が違ってきます。

 

画面を2つ以上開いて作業する必要があるなら、15インチ以上のノートパソコンがおすすめ。持ち歩いて外でもネットチェックをするのであれば、8インチのタブレットパソコンも一考の余地ありです。

見やすさは「解像度」をチェック

パソコンの画面の解像度は、画面に表示できるピクセルの数で表されます。最近人気の4Kに対応したものだと、4000×2000くらいの解像度になります。フルHD表示があるモニターのあるノートパソコンなら、高精細で美しい画面で見られます。

 

高画質の動画を見るのであれば、解像度が高いものがおすすめ。ゲームも、RPGなどで画質が高い方がより一層楽しめるので、解像度が高い方がおすすめです。

コスパの高いノートパソコンの選び方

スペックや機能が上がれば上がるほど、価格も上がってしまうのがノートパソコン。コスパをあげるには、自分の使い方に合ったスペックがあるものを選び、必要がないものを諦めることも必要です。そのために、自分の使い方に何が必要かをチェックしましょう。

使い方に合った「スペック」で選ぶ

自分に合った、ある程度必要なスペックを備えているノートパソコンは、快適に使えるはずです。価格がいくら安くても、起動に時間がかかったりソフトが開かなかったり動作が遅すぎたりしては、コスパが高いとは言えません。

ゲームがメインなら「CPU」とディスプレイの「解像度」

ゲームを快適に楽しもうとすると、どうしても高性能なパソコンが欲しくなります。高性能となると、価格もそれなりに上がってしまいます。コスパを考えると、ゲームの快適性を追求し、他の機能はおさえる必要があります。そこで、注目したいのがCPUと解像度。

 

RPG・格闘系など、好みのゲームは様々ですが、サクサクと動く動作性を考えると、CPUはCorei5もしくはRyzen5以上欲しいところです。画面の解像度は、フルHDで1920×1080以上がおすすめです。

仕事や勉強に使うなら「Office搭載モデル」がおすすめ

安価なパソコンには、オフィスソフトが搭載されていないものも多くなっています。学校の課題や仕事でオフィスのワードやエクセル・パワーポイントを使う必要がある方は、最初から搭載されているモデルがおすすめです。

 

別売りのオフィスを入れようと思ったら、動作が悪くなったということもあり得ます。また、別売りのオフィスはかなりお値段が張ることも。結果的にコスパが悪くなったということがないよう、要チェックです。

基本的な操作がしたい初心者の方は「鉄板構成」

パソコンのことはあまりわからないけれど、書類を作ったり、動画を見たり、ゲームも少しはしたりするかも。といった初心者の方におすすめなのは、鉄板構成と言われる性能を備えたパソコンです。

 

鉄板構成とは、CPUがインテルのCorei5、ストレージが256GBSSDでメモリーは8GBという組み合わせです。この構成は、かなり高性能になるため、価格も低価格とまでは行かないかもしれません。

 

使い始めた後、元々のパソコンの構成性能が低いために起こりえるトラブルが起きる可能性が低いので、特に初心者の方におすすめなのです。トラブルを解消するために、手当てをしなくてはならない費用やストレスが減らせるので、コスパが高いと言えます。

携帯するか据え置きかで選ぶ

よく持ち歩くか、それとも基本的には家で使いあまり持ち歩かないのか、という使い方で選ぶなら、サイズと重さも要チェックです。

持ち運ぶなら「小さめのサイズで軽いもの」がおすすめ

学校や仕事にも常に持っていく、携帯するという方は、サイズと重さも要チェック。他にもいろいろなものを持ち運ばなくてはならないことを考えると、なるべく軽く、場所をとらないものがおすすめです。

 

軽いモデルの場合は、落とした時の衝撃などが心配なので本体を保護するカバーやケースを使うと安心です。急な雨などのことも考えて、防水性があるものを選ぶことをおすすめします。

据え置きなら「画面が大きい」ものがおすすめ

家や仕事場の机に置いて使うことが圧倒的に多い、という方には画面が14インチ以上あるものがおすすめです。画面が大きいと、いくつかのページを同時に開けるので作業がしやすくなります。

 

大サイズのものには、テンキーがついているものもあります。電卓機能を使った作業やエクセルなどの表計算ソフトへの数字の入力が多い方には、このテンキー付きがおすすめです。入力作業がとても楽になります。

その他の機能「インターフェース・バッテリー」で選ぶ

DVDライターがあるとDVDやCDの再生・書き込みができます。USBがあればDVDはなくてもいいという方も多いかもしれませんが、DVDはパソコンを使わない方に送るのに便利です。写真や動画を編集してプレゼントしたいという方には、おすすめの機能です。

 

長時間使えるバッテリーは、モバイル端末として外で使うことが多い方におすすめです。連続10時間使用可能など、バッテリー駆動時間が長いものだと、安心して作業をすることができます。

 

USB 3.0/2.0ポート・HDMI・SDカードスロットがあると、周辺機器の接続が簡単。ストレージを外付けすることも可能になるので、いざという時にも安心です。ネット接続が難しい場合には、有線LANポートがあるとケーブル接続ができます。

安心・信頼できる「メーカー」で選ぶ

万が一故障したときにも対応がしっかりしているメーカーで選ぶのもおすすめです。海外メーカーなら、しっかりしたサポートが期待できる日本法人があるメーカーなら安心です。国内メーカーも電話サポートなどのバックアップ体制がある大手メーカーはやはり安心です。

「日本法人」がある海外メーカー

エイサー(Acer)は、台湾に本社があるメーカー。ノートパソコンやタブレット端末・周辺機器なども製造しています。Windowsとクロムブック両方を製造、コスパの高い低価格なノートパソコンにも豊富なラインアップがあります。

 

レノボ(Lenovo)は、香港に本社がある中国メーカーです。IBMを買収後、「Think Pad」ブランドを継続して製造しています。ゲーム用の「Leigion」 ブランド、多目的機の「ideapad」ブランドなど。多様なモデルがあるのも魅力です。

 

デル(Dell)とHPは、アメリカに本社があるメーカーです。両社とも、コスパの高い2in1モデルもあり、豊富なラインアップをもちます。アメリカの国内シェア1・2メーカーで、コスパの高いモデルからハイエンドモデルまで充実した商品が揃っています。

サポート体制も充実している「国内メーカー」

NECは、ノートパソコンの国内シェアトップメーカーです。あまりパソコンに慣れていない方でも、安心できるサポート力があります。サポートを使用するにはコストがかかりますが、自分で何とかしなくても済む安心感は抜群です。

 

富士通は、国内シェア2位。やはり、信頼できるサポート体制があります。また、モバイルノートは1kgを切り世界最軽量を誇ります。タブレットパソコンの種類も豊富です。オフィスを搭載した廉価モデルも販売されています。

 

ダイナブックは、以前は東芝のパソコン・タブレットブランドでした。現在は、シャープと合弁で製造しています。長時間バッテリー、携帯性が高いわりに堅牢な構造、パソコンとしての性能の高さなど、魅力的なシリーズが揃っています。

携帯性とコスパが高いノートパソコンのおすすめランキング5選

5位

日本エイサー

Aspire 1

価格:42,330円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サブマシンとしても優秀

小型液晶で持ちはこびやすいモデル。2台目としてもおすすめです。セキュリティの高さや高速起動といった動作性の高さも魅力です。USBポートやHDMI・SDカードスロットなどが付属しているので周辺機器との接続も可能です。

OSWindows 10 Home in S modeCPU Celeron N4000
メモリ・ストレージ4GB重さ1.36㎏
画面サイズ11.6 インチオフィスソフトなし

口コミを紹介

Windows10だと重いというレビューも見てましたのでささっと消してLinux(Fedora25)にしました。
すっごく安定していて軽いので気に入ってます。(ACアダプターも45Wで小振り○)

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Lenovo

IdeaPad C340

価格:72,760円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用範囲が広い2in1タイプ

ディスプレイは14インチでフルHDの高画質。大きくきれいな画面で動画視聴も調べ物も楽しいモデルです。ノートブックとしても、タブレットとしても使える2in1タイプ。高速アクセスも可能

OSAMD Ryzen5 3500UCPUCore i3
メモリ・ストレージ8GB/SSD256GB重さ1.65㎏
画面サイズ14インチオフィスソフトなし

口コミを紹介

とってもスムーズに動いてます。
タッチパネルにしたのが大正解で、めちゃくちゃ重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

日本HP

Google Chromebook x360 12b

価格:52,500円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ディスプレイが360度回転使い方を楽しめる

最大13.3時間稼働可能なバッテリー搭載。高精細フルHDモニター搭載で、動画視聴も楽しいノートパソコン。グーグルからのログインで様々なアプリの共有が可能。動画にもゲームにも仕事にもつかえる1台です。

OSChrome OSCPUCore i3
メモリ・ストレージ8GB/64GBeMMC重さ1.6㎏
画面サイズ14インチオフィスソフトなし

口コミを紹介

まずこの価格としてはありえないくらい質感がいいです。通常の5〜7万円のパソコンですと、プラスティックで安っぽい質感が多いですが、本製品はアルミニウムが使われているようで、キーボードのパームレスト部分たわまないしっかりとした設計になっている印象です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Dell Computers

Inspiron 14

価格:82,800円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サポート体制も充実したコスパ抜群パソコン

薄さ2cm未満、軽さ1.5kg弱と薄くて軽い機体に機能が満載されています。リッドオープン機能搭載で、ふたを開けるだけで電源ON。USBポートもCタイプ1つ、USB対応が3つと充実。高級感のある2色から選べるのも魅力です。

OSWindows 10 HomeCPUCore i5-10210U
メモリ・ストレージ8GB/256GBSSD重さ1.42㎏
画面サイズ14インチオフィスソフト搭載

口コミを紹介

性能ですが、Office+ブラウザ、VSCode+ブラウザでは全く問題ありません。FullHD液晶ですので文字が潰れることなく表示されます。低負荷時はファンが止まっているようで、とても静かです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Asustek

E203MA-4000G2/A

価格:18,800円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この価格でこの機能コスパ抜群

重さ約1kg・最大15時間持つバッテリー搭載。モバイル端末として理想的。オフィスWPSソフト搭載で、通常の事務作業は問題なし。学校や仕事に持っていく携帯端末としておすすめ。

OSWindows 10 Home in S modeCPU Celeron N4000
メモリ・ストレージ4GB/ eMMC 64GB重さ約1㎏
画面サイズ11.6インチオフィスソフトWPS Office

口コミを紹介

国産メーカーみたいに最初から入ってる不要なソフトも少なく不要な分厚いマニュアルもないし、デザインもシンプルで気に入っています。
ネット主体で普通に使う分には満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

携帯性とコスパが高いノートパソコンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5887935の画像

    Asustek

  • 2
    アイテムID:5887922の画像

    Dell Computers

  • 3
    アイテムID:5887917の画像

    日本HP

  • 4
    アイテムID:5887912の画像

    Lenovo

  • 5
    アイテムID:5887906の画像

    日本エイサー

  • 商品名
  • E203MA-4000G2/A
  • Inspiron 14
  • Google Chromebook x360 12b
  • IdeaPad C340
  • Aspire 1
  • 特徴
  • この価格でこの機能コスパ抜群
  • サポート体制も充実したコスパ抜群パソコン
  • ディスプレイが360度回転使い方を楽しめる
  • 使用範囲が広い2in1タイプ
  • サブマシンとしても優秀
  • 価格
  • 18800円(税込)
  • 82800円(税込)
  • 52500円(税込)
  • 72760円(税込)
  • 42330円(税込)
  • OS
  • Windows 10 Home in S mode
  • Windows 10 Home
  • Chrome OS
  • AMD Ryzen5 3500U
  • Windows 10 Home in S mode
  • CPU
  • Celeron N4000
  • Core i5-10210U
  • Core i3
  • Core i3
  • Celeron N4000
  • メモリ・ストレージ
  • 4GB/ eMMC 64GB
  • 8GB/256GBSSD
  • 8GB/64GBeMMC
  • 8GB/SSD256GB
  • 4GB
  • 重さ
  • 約1㎏
  • 1.42㎏
  • 1.6㎏
  • 1.65㎏
  • 1.36㎏
  • 画面サイズ
  • 11.6インチ
  • 14インチ
  • 14インチ
  • 14インチ
  • 11.6 インチ
  • オフィスソフト
  • WPS Office
  • 搭載
  • なし
  • なし
  • なし

操作性とコスパが高いノートパソコンのおすすめランキング5選

5位

Dynabook株式会社

dynabook EZ35

価格:75,680円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルで使えるオフィス搭載でお買い得

パワーポイントも入ったビジネスでも使えるオフィス搭載。ビジネス用にも大学生の勉強用にもおすすめ。DVDドライブ・USBコネクタ・HDMI出力端子搭載でインターフェースも充実。大画面で使い勝手の良さも魅力です。

OSWindows 10CPUCorei3
メモリ・ストレージ8GB/16GBSDRAM重さ2.4kg
画面サイズ15.6インチオフィスソフトOffice Home & Business

口コミを紹介

HPにするか、ダイナブックにするか、迷いました。ダイナブックにして正解です。
電話サポートも充実していて、心強いです。
MSオフィスも付属でお買い得。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Dell Computers

Inspiron 15 3593

価格:68,800円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルに使いやすい

薄さ2cm以下でシンプルかつスタイリッシュなデザイン。フルHDのディスプレイは光沢なしで目に優しいのも魅力。大画面にもかかわらず、薄型なので携帯も可能。HDMIポート・USBポート・有線LAN端子も搭載。拡張機能も十分。

OSWindows 10 Home 64CPUCore i7
メモリ・ストレージ8GB/DDR4重さ2.85kg
画面サイズ15.6インチオフィスソフト搭載

口コミを紹介

あまり見慣れないCPUを積んでますがceleronよりは上とのことです。SSDとの相乗効果でサクサク動きます。
これでofficeも付いてるのだから、もうceleron搭載機種を選ぶ必要はないですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

hp

HP 15-db0000

価格:63,980円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高精細かつ目に優しい

フルHDで高精細な美しいディスプレイ、非光沢なので目にも優しいです。Webカメラと前面スピーカー搭載、ビデオ会議にも対応できます。シンプルですっきりとした外観なので、部屋においても違和感がありません。

OS Windows 10 HomeCPUAMD Ryzen5
メモリ・ストレージ8GB/256GBSSD重さ2㎏
画面サイズ15.6インチオフィスソフトなし

口コミを紹介

起動すると写真の様にデスクトップがすっきりしてていいですね
じゃあドライな感じかといえば電源とコンセントの繋ぎが2種類入っていてそういうところは親切
RYZENは期待の通りサクサク動いてくれそうです、オススメ

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Dell Computers

Inspiron 15 3580

価格:33,861円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段使いに便利なベーシック機

DVDディスクドライブ・USBジャック・HDMI出力端子・SDカードリーダーを搭載。拡張機能は抜群です。日常使いに必要な機能はすべて搭載されているベーシック機。ブラックとホワイトの2色展開。

OSWindows 10CPUCeleron
メモリ・ストレージDDR4重さ2.28㎏
画面サイズ15.6インチオフィスソフトなし

口コミを紹介

とにかく安くて使えます。
ドラクエベンチマークも4000出てます。
一つ上位のCore™ i3-7020U プロセッサーと比較しましたが、
浮いたお金でFire HD 10とFire TV Stickとマウスと東芝32GBメモリーが買えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Lenovo

IdeaPad Slim 350 17.3型

価格:72,406円(税込)

楽天で詳細を見る
ブラックフライデー開催中!Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

17.3インチの大画面でこの価格

作業領域を広く撮りたい方におすすめ。17.3インチと大画面、非光沢画面で目に優しいのも嬉しいです。ドルビーオーディオ対応でサウンドのクオリティも高いので、迫力のある動画視聴が可能。

OSWindows 10 HomeCPUAMD
メモリ・ストレージ8GB/ Ryzen 5 3500U重さ2.2kg
画面サイズ17.3インチオフィスソフト選択可能

操作性とコスパが高いノートパソコンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5888009の画像

    Lenovo

  • 2
    アイテムID:5888005の画像

    Dell Computers

  • 3
    アイテムID:5888000の画像

    hp

  • 4
    アイテムID:5887970の画像

    Dell Computers

  • 5
    アイテムID:5887952の画像

    Dynabook株式会社

  • 商品名
  • IdeaPad Slim 350 17.3型
  • Inspiron 15 3580
  • HP 15-db0000
  • Inspiron 15 3593
  • dynabook EZ35
  • 特徴
  • 17.3インチの大画面でこの価格
  • 普段使いに便利なベーシック機
  • 高精細かつ目に優しい
  • シンプルに使いやすい
  • フルで使えるオフィス搭載でお買い得
  • 価格
  • 72406円(税込)
  • 33861円(税込)
  • 63980円(税込)
  • 68800円(税込)
  • 75680円(税込)
  • OS
  • Windows 10 Home
  • Windows 10
  • Windows 10 Home
  • Windows 10 Home 64
  • Windows 10
  • CPU
  • AMD
  • Celeron
  • AMD Ryzen5
  • Core i7
  • Corei3
  • メモリ・ストレージ
  • 8GB/ Ryzen 5 3500U
  • DDR4
  • 8GB/256GBSSD
  • 8GB/DDR4
  • 8GB/16GBSDRAM
  • 重さ
  • 2.2kg
  • 2.28㎏
  • 2㎏
  • 2.85kg
  • 2.4kg
  • 画面サイズ
  • 17.3インチ
  • 15.6インチ
  • 15.6インチ
  • 15.6インチ
  • 15.6インチ
  • オフィスソフト
  • 選択可能
  • なし
  • なし
  • 搭載
  • Office Home & Business

大事なパソコンをしっかり守るには

ノートパソコンは、大画面のものは基本的に据え置きで使うとしても、やはり持ち歩くことがありますよね。携帯時には、突然雨が降ってきたり、どこかにぶつけてしまったりといった危険があるもの。そういった危険から守ってくれるのがパソコンケースです。

 

衝撃から守るクッション性、雨から守る防水性といった機能性があるだけでなく、おしゃれなデザインのものも増えてきています。バッテリーや充電器・USBなどを入れられるポケットが充実したものもおすすめ。

 

こちらのサイトでは、パソコンケースのおすすめランキング20選を紹介しています。大事なパソコンをしっかり守ってくれるケースを見つけてください。

まとめ

ここまでコスパの高いノートパソコンのおすすめランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたか。ノートパソコンは、多様なメーカーから様々な機能を備えたものが販売されているので、迷ってしまうことが多いかもしれません。是非ランキングを参考にして、自分の使い方にあったノートパソコンを見つけて頂ければと思います。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年10月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ