【2021年最新版】Dynabookの人気おすすめランキング10選

記事ID13147のサムネイル画像

パソコンメーカーの中でも、安心の国産ブランドとして長年親しまれてきた「dynabook」。豊富なラインナップとコスパの高さ、充実したサポートが最大の魅力ですよね!ここでは、dynabookのパソコンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

dynabookは長年愛されるロングセラーメーカー

東芝の「dynabook」は、安心の国産メーカーで昔から馴染みがあるため、一度は使用したことがあるという方も多いのではないでしょうか。最近では、コロナの影響で、仕事でもプライベートでもパソコンの出番が増え、買い替えを考えている方も少なくないはず。

 

dynabookは2018年にシャープグループに入りました。実は、そのシャープの海外営業網を活用し海外展開を進めるとともに、デスクトップ型やサーバー用dynabookも揃えるなど、ラインナップの充実を図るそうです!今後の活躍がますます楽しみなメーカーですね。

 

そこで今回は、dynabookのパソコンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、シリーズ、スペック、本体サイズ、バッテリー駆動時間、モデルを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

dynabookのパソコンの選び方

ラインナップが豊富な分、どれが自分に合っているのか選ぶのに迷ってしまいますよね。使用目的や機能といったポイントをチェックして、パソコン選びの参考にしてみてください。

シリーズの違いで選ぶ

自宅で普段使いする程度なのか、仕事や学習で頻繁に使用するのかでは、押さえたいポイントが異なってきます。パソコンの使用目的ごとにおすすめポイントをご紹介します。

「Tシリーズ」はサウンドにこだわった高スペック据え置きPC

据え置き型なら大画面に限りますよね!Tシリーズなら、16.5インチの大画面で、なおかつ東芝独自の超解像技術を搭載しているため、鮮やかな高画質大画面を実現しました。CPUは第7世代インテルCoreプロセッサー6を搭載しており、高速処理が可能になっています。

 

また、有名スピーカーブランド「オンキヨー」との共同開発による高音質スピーカーを搭載しており、立体感のある音が楽しめます!「DTS Audio Processing」というサウンドアプリが搭載されており、音楽や映画、ゲームなどコンテンツに応じた音響効果を楽しめます。

頻繁に利用するならタフな「Gシリーズ」がおすすめ

コンパクトボディにもかかわらず、バッテリー駆動時間は最大19時間という長時間を実現しているため、場所を選ばず、バッテリーを気にすることなく作業することが可能になったのが好評価ポイントです!

 

そしてGシリーズ最大の特徴が、「タフさ」です。なんと76cm落下試験にもクリアするほど頑丈な作りになっています。その抜群の強度を誇るボディゆえに、日常生活でも安心して使用することができますよ。

学生の方必見!外出先で長時間利用するなら薄型の「Rシリーズ」がおすすめ

Rシリーズは持ち運びに特化したシリーズで、改良を重ねた結果、ボディにマグネシウム合金を用いることで薄さ約22.4cm、軽さ約1400gという超薄型&軽量かつ頑丈なボディを実現することに成功しました。

 

さらに、外出先での使用で不安なバッテリーですが、省電力設計や高容量リチウムイオンバッテリーの搭載により、16.5時間のバッテリー駆動時間を実現しています。外出先で長時間利用するという方にぜひおすすめしたいシリーズです!

パソコンの種類で選ぶ

dynabookのパソコンには、「ノートPC」「モバイルノートPC」「2in1モバイルノートPC」の3種類があります。ここでは、それぞれの特徴をご紹介します。

性能面を重視するなら「ノートパソコン」がおすすめ

画面も大きく高性能な機種が多いのがノートパソコンの特徴です。デスクトップ型と比較しても省スペースで据え置くことができ、持ち運ぶことも可能なのが一番のメリットです。高性能の機種から安価の機種まで種類が豊富なので、自分に合った機種を選びやすいです。

 

持ち運び可能とはいっても、小型のモバイルノートパソコンや2in1モバイルノートパソコンと比較すると、サイズや重量的に持ち運びにくさを感じるでしょう。頻繁に外で使用する場合は、大画面のノートパソコンは適しているとはいえません。

持ち運びが多いなら「モバイルノートパソコン」がおすすめ

「モバイル」というだけあって、持ち運びに特化した種類です。鞄の中でも場所を取らず、軽いのがメリットと言えます。その反面、小型・軽量化に伴って、どうしても同価格帯のノートパソコンに比べると性能面で劣るのがデメリットです。

 

画面が小さいことにより、目が疲れやすかったり作業がしにくいという面があります。また、キーボードの形がノートパソコンと多少異なる機種もあるため、慣れるまでに使いづらさを感じるかもしれません。

パソコンとタブレットを兼ねるなら「2in1モバイルノートパソコン」がおすすめ

Vシリーズのようにディスプレイを回転させることでタブレット型に変形できるコンパーチブルタイプと、Kシリーズのようにディスプレイとキーボードが離れるデタッチャブルタイプがあります。パソコンとしてもタブレットとしても楽しみたい方におすすめです。

 

VシリーズKシリーズともに、ディスプレイのタッチパネル操作やペン入力に対応しているため、ペンならではの繊細な操作性を兼ね備えています。ただし、一般的なパソコンと比べると、コスト面で割高になる傾向があるのがデメリットと言えます。

ストレージで選ぶ

ストレージは、保存するであろうデータの容量と価格、読み込みの速度、衝撃への耐性を総合的に判断して決めることをおすすめします。

容量の大きさと低価格を求めるなら「HDD」がおすすめ

SSDよりも保存できるデータ容量が大きく、安価であることがメリットです。しかし、消費電力が比較的大きく、衝撃に弱いというデメリットもあります。容量の大きさと低コストを重視する方におすすめなのはHDDです。

読み込みの速さを求めるなら「SSD」がおすすめ

本体のサイズが小さく軽いというコンパクトさが特徴のSSD。衝撃に強く、静かで、消費電力が小さい、読み書きの反応が速いというメリットがあります。しかし、容量が小さいわりに高価で、故障した場合のデータ復旧が困難というデメリットもあります。

サクサク作業したい方は「高性能CPU」のものを選ぶ

dynabookのCPUは、性能が低い順に、「Celeron」「Intel Core i3」「Intel Core i5」「Intel Core i7」の4種類が採用されています。性能が高いほど処理速度も速くなるので、自分の求める処理速度に応じてCPUを選択することをおすすめします。

 

画像編集や動画閲覧など、負荷の大きい作業を頻繁にする方は高性能CPUを選択するとよいでしょう。ただし、高性能になるほど価格も高くなるため、性能と価格のバランスを考慮しましょう。

文書作成・表計算・インターネット・メールをするなら「搭載アプリ」

文書作成や表計算、インターネット、メールなどの機能を利用するなら、Word、Excel、Microsoft Officeなど自分に必要なアプリが最初から搭載されているものがおすすめです。処理能力の高いものであれば、さらに作業時のストレスが軽減しますよ!

インテリアに馴染む色や気分の上がる色で「ボディカラー」を選ぶ

dynabookでは、メインとなるボディカラーが設定されています。一部のモデルでは、さらにさらにモデナレッド」「リュクスホワイト」「サテンゴールド」「プレシャスブルー」など好みのカラーが選べます。

 

据え置き型の場合は、部屋のインテリアに馴染むようなカラーを、持ち運び用の場合は、自分の好きなカラーを選べば、気分も上がり作業もサクサクはかどるかもしれませんよ。

dynabookのパソコン人気おすすめランキング10選

10位

東芝

T4

価格: 90,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

迫力あるオーディオ体験ができる東芝モデル

「オンキヨー」「DTS Sound™」の2社とコラボレーションしてできた2way 4speakersを搭載しており、迫力のオーディオが楽しめます。また、キーボードの見やすさを追求することでミスタッチを減らし、見た目の美しさにもこだわってあります。

シリーズ T CPU Celeron 4205U
ストレージ HDD 1TB サイズ 15.6インチ
本体重量 2400g バッテリー駆動時間 約7.0時間
Microsoft Office モデル 2019年秋冬
cpuコア数 - 解像度 -
2in1タイプ - os Windows 10 Home
メモリ容量 4GB ssd容量 -
ドライブ搭載 - ドライブ種類 -
ビデオチップ詳細 - 無線LAN -

口コミを紹介

予想していた通りの製品でした 不安も有ったが確かな製品でした 違和感も無いしお買い得だと思っています 説明通りの製品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Dynabook

GZ73/M

価格: 148,280円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量&長時間駆動!持ち歩くならこれに決まり

本体重量が859gと飛び抜けて軽量なのがこちらのモデルです。また、バッテリー駆動時間も19時間とスタミナも抜群なので、パソコンを持ち歩く方にはぜひおすすめしたい1台です。処理能力も早いので、動作もサクサク動きます。

シリーズ GZ CPU Core i7
ストレージ SSD 256GB サイズ 13.3インチ
本体重量 859g バッテリー駆動時間 約19.0時間
Microsoft Office モデル 2020年1月
cpuコア数 - 解像度 -
2in1タイプ - os Windows 10 Home
メモリ容量 8 GB ssd容量 256GB
ドライブ搭載 なし ドライブ種類 -
ビデオチップ詳細 - 無線LAN IEEE802.11ax
8位

Dynabook

X7

価格: 144,575円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパフォーマンスで映像とサウンドにこだわったスタンダードノート

パワフルな処理能力を兼ね備えており、搭載されている動画編集アプリや機器連携アプリを使って高度な動画編集などができ、パソコンの楽しみ方が広がります。また、デュアルストレージ(SSD+HDD)で、高速起動と大容量保存を両立しています。

シリーズ X CPU Core i7
ストレージ SSD 256GB サイズ 15.6インチ
本体重量 2400g バッテリー駆動時間 約9.0時間
Microsoft Office モデル 2020年春
cpuコア数 - 解像度 1366x768
2in1タイプ - os Windows 10 Pro
メモリ容量 8GB ssd容量 256GB
ドライブ搭載 あり ドライブ種類 DVDスーパーマルチ
ビデオチップ詳細 - 無線LAN IEEE802.11ax
7位

東芝(TOSHIBA)

T75/GG

価格: 125,880円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大画面&パワフル処理能力で仕事がはかどる

キーボードは快適な打ち心地だけでなく、余分な穴や隙間をなくすことで、埃の入りにくい美しいデザインに仕上げてあります。また、顔認証システムを搭載しており、実用性にこだわったモデルです。

シリーズ T CPU Core i7
ストレージ HDD 1TB サイズ 15.6インチ
本体重量 2400g バッテリー駆動時間 約7.0時間
Microsoft Office モデル 2018年夏
cpuコア数 - 解像度 3840x2160ピクセル
2in1タイプ - os Windows 10 Home
メモリ容量 8GB ssd容量 -
ドライブ搭載 - ドライブ種類 -
ビデオチップ詳細 - 無線LAN -

口コミを紹介

東芝のパソコンのキーボードが壊れたので買いました。新しいモデルなので画像が綺麗だし、キーボードの操作性もいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Dynabook

P1K1PPTG K1

価格: 67,700円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小学生目線に立ってこだわり抜いたモデル

2020年度から必修科目となったプログラミング学習に向けて、教育現場の声と文科省の基準をクリアした2in1デタッチャブル自立型デザイン、打鍵感のあるキーボード、ワイヤレスマウス、タッチペン、ノングレア液晶と、小学生目線でこだわり抜いたモデルです。

シリーズ K CPU Celeron N4020 1.1GHz
ストレージ 128GB サイズ 10.1インチ
本体重量 610g バッテリー駆動時間 約16時間
Microsoft Office モデル 2020年春
cpuコア数 2コア 解像度 WXGA
2in1タイプ セパレート os Windows 10 Pro
メモリ容量 4GB ssd容量 128GB
ドライブ搭載 なし ドライブ種類 -
ビデオチップ詳細 - 無線LAN IEEE802.11a,b,g,n,ac

口コミを紹介

小型軽量のPCです。キーボードは簡単に分離できタブレットとしても使えますが、キーボード操作が多いので、ノートPCの格好で使っています。バッテリー容量は十分なようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Dynabook

T5

価格: 140,580円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー無償保証2年の高品質モデル

15.6インチのフルHD液晶で目が疲れにくいので、長時間使用される方におすすめの1台です。厳しい品質テストをクリアした、細部まで妥協のない高品質モデルだからこそ、メーカー無償保証2年を実現しています。

シリーズ T CPU Core i5
ストレージ 1TB HDD サイズ 15.6インチ
本体重量 2400g バッテリー駆動時間 約9.0時間
Microsoft Office モデル 2019年夏
cpuコア数 - 解像度 -
2in1タイプ - os Windows 10 Home 64ビット
メモリ容量 8GB ssd容量 -
ドライブ搭載 - ドライブ種類 -
ビデオチップ詳細 - 無線LAN -
4位

Dynabook

AZ65/KG

価格: 124,080円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能で大容量なおすすめモデル

AZシリーズは2×2アンテナを搭載しており、Wi-Fiの送受信を2本ずつのアンテナで行うため、動作がスムーズです。オンキヨーとの開発サウンドシステムや超解像技術、フルHDにより、画像や映像、音楽がよりきれいで鮮明なものに感じるはず。

シリーズ AZ CPU Core i7
ストレージ SSD 256GB サイズ 15.6インチ
本体重量 2400g バッテリー駆動時間 約9.0時間
Microsoft Office モデル 2019年5月
cpuコア数 - 解像度 -
2in1タイプ - os -
メモリ容量 16GB ssd容量 -
ドライブ搭載 - ドライブ種類 -
ビデオチップ詳細 - 無線LAN -
3位

Dynabook株式会社

EZ35/P

価格: 103,180円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォンとリンクさせて音楽を楽しむことも

第8世代 インテル® Core™ プロセッサーを搭載しており、動画編集などもスムーズに作業可能です。Windows10がすぐに使える点も高ポイントです。スマートフォンとリンクさせることにより、スマートフォン内の音楽を高音質で聞きながら作業することができます。

シリーズ EZ CPU Core i5
ストレージ HDD 1TB サイズ 15.6インチ
本体重量 2400g バッテリー駆動時間 約8.0時間
Microsoft Office モデル 2020年春
cpuコア数 - 解像度 -
2in1タイプ - os Windows 10 Home
メモリ容量 8GB ssd容量 256GB
ドライブ搭載 あり ドライブ種類 DVDSマルチドライブ
ビデオチップ詳細 - 無線LAN -
2位

Dynabook

B65/DN

価格: 89,760円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスペックでコンパクトな人気モデル

高速SSDと大容量HDD搭載によりハイスペックにもかかわらず、最薄部16.9mm、2400gという持ち運びにも便利なサイズ感です。webカメラも搭載しており、リモートワークにも対応できます。

シリーズ B CPU Core i5
ストレージ HDD 500GB サイズ 15.6インチ
本体重量 2400g バッテリー駆動時間 約8.0時間
Microsoft Office モデル 2019年7月
cpuコア数 解像度 1366x768ピクセル
2in1タイプ - os Windows 10 Pro
メモリ容量 8GB ssd容量 -
ドライブ搭載 - ドライブ種類 -
ビデオチップ詳細 - 無線LAN -
1位

Dynabook

T7

価格: 173,900円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フル液晶と新サウンドシステムで写真・動画・音楽が快適に楽しめる

フル液晶搭載されており、写真や動画が美しく自然な色合いで楽しめます。また、オンキヨーと共同開発した新サウンドシステム「Dynamic Wide Sound」の搭載により、クリアで立体感のあるサウンドを感じることができます。

シリーズ T CPU Core i7
ストレージ HDD 1TB サイズ 15.6インチ
本体重量 2400g バッテリー駆動時間 約9.0時間
Microsoft Office モデル 2019夏
cpuコア数 - 解像度 -
2in1タイプ - os -
メモリ容量 8 GB ssd容量 -
ドライブ搭載 - ドライブ種類 -
ビデオチップ詳細 - 無線LAN -

口コミを紹介

パソコンが壊れてしまったので購入しました。元々使っていたパソコンがとても古かったので、起動が早く、ネットもさくさく見れるので嬉しいです。色も濃い青で綺麗だし、問題なく使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

dynabookのパソコン人気おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6854768の画像

    Dynabook

  • 2
    アイテムID:6854767の画像

    Dynabook

  • 3
    アイテムID:6854766の画像

    Dynabook株式会社

  • 4
    アイテムID:6854765の画像

    Dynabook

  • 5
    アイテムID:6854764の画像

    Dynabook

  • 6
    アイテムID:6854763の画像

    Dynabook

  • 7
    アイテムID:6854762の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 8
    アイテムID:6854761の画像

    Dynabook

  • 9
    アイテムID:6854760の画像

    Dynabook

  • 10
    アイテムID:6854759の画像

    東芝

  • 商品名
  • T7
  • B65/DN
  • EZ35/P
  • AZ65/KG
  • T5
  • P1K1PPTG K1
  • T75/GG
  • X7
  • GZ73/M
  • T4
  • 特徴
  • フル液晶と新サウンドシステムで写真・動画・音楽が快適に楽しめる
  • ハイスペックでコンパクトな人気モデル
  • スマートフォンとリンクさせて音楽を楽しむことも
  • 高性能で大容量なおすすめモデル
  • メーカー無償保証2年の高品質モデル
  • 小学生目線に立ってこだわり抜いたモデル
  • 大画面&パワフル処理能力で仕事がはかどる
  • ハイパフォーマンスで映像とサウンドにこだわったスタンダードノート
  • 超軽量&長時間駆動!持ち歩くならこれに決まり
  • 迫力あるオーディオ体験ができる東芝モデル
  • 価格
  • 173900円(税込)
  • 89760円(税込)
  • 103180円(税込)
  • 124080円(税込)
  • 140580円(税込)
  • 67700円(税込)
  • 125880円(税込)
  • 144575円(税込)
  • 148280円(税込)
  • 90000円(税込)
  • シリーズ
  • T
  • B
  • EZ
  • AZ
  • T
  • K
  • T
  • X
  • GZ
  • T
  • CPU
  • Core i7
  • Core i5
  • Core i5
  • Core i7
  • Core i5
  • Celeron N4020 1.1GHz
  • Core i7
  • Core i7
  • Core i7
  • Celeron 4205U
  • ストレージ
  • HDD 1TB
  • HDD 500GB
  • HDD 1TB
  • SSD 256GB
  • 1TB HDD
  • 128GB
  • HDD 1TB
  • SSD 256GB
  • SSD 256GB
  • HDD 1TB
  • サイズ
  • 15.6インチ
  • 15.6インチ
  • 15.6インチ
  • 15.6インチ
  • 15.6インチ
  • 10.1インチ
  • 15.6インチ
  • 15.6インチ
  • 13.3インチ
  • 15.6インチ
  • 本体重量
  • 2400g
  • 2400g
  • 2400g
  • 2400g
  • 2400g
  • 610g
  • 2400g
  • 2400g
  • 859g
  • 2400g
  • バッテリー駆動時間
  • 約9.0時間
  • 約8.0時間
  • 約8.0時間
  • 約9.0時間
  • 約9.0時間
  • 約16時間
  • 約7.0時間
  • 約9.0時間
  • 約19.0時間
  • 約7.0時間
  • Microsoft Office
  • モデル
  • 2019夏
  • 2019年7月
  • 2020年春
  • 2019年5月
  • 2019年夏
  • 2020年春
  • 2018年夏
  • 2020年春
  • 2020年1月
  • 2019年秋冬
  • cpuコア数
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 2コア
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 解像度
  • -
  • 1366x768ピクセル
  • -
  • -
  • -
  • WXGA
  • 3840x2160ピクセル
  • 1366x768
  • -
  • -
  • 2in1タイプ
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • セパレート
  • -
  • -
  • -
  • -
  • os
  • -
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Home
  • -
  • Windows 10 Home 64ビット
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Home
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Home
  • Windows 10 Home
  • メモリ容量
  • 8 GB
  • 8GB
  • 8GB
  • 16GB
  • 8GB
  • 4GB
  • 8GB
  • 8GB
  • 8 GB
  • 4GB
  • ssd容量
  • -
  • -
  • 256GB
  • -
  • -
  • 128GB
  • -
  • 256GB
  • 256GB
  • -
  • ドライブ搭載
  • -
  • -
  • あり
  • -
  • -
  • なし
  • -
  • あり
  • なし
  • -
  • ドライブ種類
  • -
  • -
  • DVDSマルチドライブ
  • -
  • -
  • -
  • -
  • DVDスーパーマルチ
  • -
  • -
  • ビデオチップ詳細
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 無線LAN
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • IEEE802.11a,b,g,n,ac
  • -
  • IEEE802.11ax
  • IEEE802.11ax
  • -

以下の記事では、2021年最新版のパソコン人気おすすめ商品をランキング形式で詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

サウンドにこだわるなら「FMV LIFE BOOK」もおすすめ

オンキヨーとの共同開発スピーカーを搭載しているのは、dynabook以外にも富士通の「FMV LIFE BOOK」があります。ハイレゾ再生に対応しており、臨場感のあるクリアなサウンドを楽しむことができます。

以下の記事では、富士通の「FMV LIFE BOOK」をはじめ有名メーカーのデスクトップパソコンの人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひご覧ください。

2020年モデルの特徴

2020年モデルには、「T7」「T5」「T4」「X7」の4種類があります。15.6インチ大画面でのフルHD液晶、オンキヨーとの共同開発スピーカ―の搭載などの特徴があります。ここでは、4種類の違いをご紹介します。

「T7・X7」はパワフルな処理能力で作業がサクサク!

4種類の中でも、T7・X7はCore i7やPCle対応高速SSDが搭載されており、3Ⅾレンダリングや動画編集など高度な処理能力が求められる作業もスムーズに処理できます。T7・T5・X7のCPUは4コアですが、T4のみ2コアとなっています。

ワイヤレス環境でも抜群の通信速度を発揮する「T7」

室内や公衆無線LANなどのワイヤレス環境において、T7はより高速な通信が可能となるWi-Fi6に対応しています。最大通信速度で比較すると、T5・T4・X7のWi-Fi5は約6.93Gbpsであるのに対し、Wi-Fi6は約9.6Gbpsという差が出てきます。

「T7」は赤外線顔認証で顔パス

T7のディスプレイ上部には、赤外線センサーと可視光センサーを一つにまとめた小型赤外線顔認証センサーが搭載してあります。このセンサーは、写真や絵によるなりすましを識別でき、周囲の明るさに関わらずフラッシュなしで認証できるため、煩わしさがありません。

dynabookのパソコンの特徴

国産メーカーならではの品質と安心を誇るdynabook。ここでは、長年にわたりdynabookが人気を集める理由をご紹介します。

圧倒的な「コスパの高さ」が評判

パソコンメーカーの大手である「富士通」「NEC」と比較して、性能はほぼ変わらないのにdynabookは圧倒的に安価です。その理由のひとつは、富士通とNECは国内生産であるのに対し、dynabookは中国生産であるため、人件費をカットできるからです。

 

もう一つは、パソコン独自の機能が、富士通とNECはdynabookと比べて多いため、本体機能を必要最低限に抑えることでコスト削減に繋がっているのです。

「品質重視」の豊富なラインナップ

dynabookの大きな魅力の一つが、そのラインナップの豊富さにあります。現在、個人向けモデルとしては、「Tシリーズ」「RX・UXシリーズ」「Vシリーズ」の3種類があり、各シリーズにも数種類あります。

初心者に嬉しい「充実した保証&サポート体制」

国内にあるdynabookの修理センターでは、検査・修理を迅速に対応してもらえます。また、「dynabook安心延長保証」や「dynabookプレミアム保証」など追加の保証制度も整っています。

 

さらに、海外での使用時にもサポートを受けられる点で、サラリーマンを中心に大きな支持を得ています!

まとめ

dynabookの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。dynabookのパソコンは、シリーズによって特徴の違いはありますが、どれも高性能で高コスパな商品ばかりです。使用シーンや、求める性能、本体サイズなどを基準に、お気に入りの1台を見つけてくださいね!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

Windowsパソコンの人気おすすめランキング10選【学生にもおすすめ】

Windowsパソコンの人気おすすめランキング10選【学生にもおすすめ】

ノートパソコン
【2021年最新版】デスクトップパソコンの人気おすすめランキング20選【コスパ最強】

【2021年最新版】デスクトップパソコンの人気おすすめランキング20選【コスパ最強】

デスクトップパソコン
オールインワンパソコンの人気おすすめランキング10選【PC初心者にも】

オールインワンパソコンの人気おすすめランキング10選【PC初心者にも】

デスクトップパソコン
【2021年最新版】15.6インチノートパソコンの人気おすすめランキング10選【軽量タイプも】

【2021年最新版】15.6インチノートパソコンの人気おすすめランキング10選【軽量タイプも】

ノートパソコン
【2021年最新版】モバイルパソコンの人気おすすめランキング11選【軽量モデルで持ち運べる】

【2021年最新版】モバイルパソコンの人気おすすめランキング11選【軽量モデルで持ち運べる】

ノートパソコン
完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング23選【おしゃれで高音質】

完全ワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング23選【おしゃれで高音質】

イヤホン・ヘッドホン