【2021年最新版】ノートパソコン用インナーケース人気おすすめランキング10選

記事ID22256のサムネイル画像

ノートパソコン用インナーケースはパソコンを持ち歩くための必需品です。インナーケースなしで無造作にカバンに入れるのと、インナーケースに収めてから入れるのでは、安心感が違います。そこで今回は、ノートパソコン用インナーケースの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

ノートパソコンの持ち歩きにはインナーケースを忘れずに!

コロナ禍によるテレワーク需要のおかげで、ノートパソコンのニーズが復活しました。ノートパソコンの良いところは、どこにでも持ち運びができることです。でも乗っていた車が急停車して大切なノートパソコンをぶつけ、慌てて取り出したら動かないでは困りますよね。

 

実はパソコンはデリケートな機械なのです!そのほかにも満員電車の中で圧迫されたり、自転車通勤の途中で一緒に転倒したりするだけても、故障する可能性があります。このようなリスクを減らすためには、インナーケースに収めてからカバンに入れると安心です。

 

そこで今回は、ノートパソコン用インナーケースの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは使いやすさ耐衝撃性デザインを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ノートパソコン用インナーケースの選び方

ノートパソコンのインナーケースを選ぶ際には、いくつかの大切なポイントがあります。ここでは、それらのポイントの主要なものを紹介します。

ノートパソコンが「ぴたりと収まる」ものを選ぶ

インナーケースを選ぶときは、自分のパソコンが収まるかどうかを確認することから始めます。パソコンに対してケースが大きすぎると、ケースの中でパソコンが動いて保護効果が半減します。逆にぎりぎりの場合、窮屈すぎてパソコンが入らない可能性もあります。

 

ここで注意することは、インナーケースの内寸がパソコンの実寸とほぼ一致していることです。外寸だとケース自体の厚みがあるので、パソコンを収めるスペースは測定値より幾分小さくなります。

インナーケースの形で選ぶ

インナーケースといっても、中にスポンジがはさまっただけのシンプルな袋型のものから、持ち手が付いていて、PC用のサブバッグとして独立して使うことができるものまで、いろいろあります

持ち手のある「バッグタイプ」はサブバッグとしてもおすすめ

インナーケースであっても、デザインが洒落ていてしかも持ち手が付いている場合、必ずカバンの中に入れて移動しなければならない、ということはありません。パソコン専用のサブバッグとして、それ自体を単独で持ち歩くことも可能です。

 

持ち手の形も手持ちからショルダータイプまでそろっているので、自分の好みのものを選んで大丈夫です。ただし通勤の間などはインナーケースとして使うのなら、通勤用のカバンに入れやすいように、薄型で計量の製品を選んでください

スリムな「スリーブタイプ」は手持ちのカバンの中に入れて持ち運ぶのにおすすめ

カバンの中にノートパソコンを入れて持ち歩くのだったら、スリーブタイプのインナーバッグを利用しましょう。スリーブタイプの製品には薄型で軽く、カバンの中でかさばることはありません。衝撃吸収力の高い製品なら、不意の事故からパソコンを守ってくれます。

 

周辺機器をパソコンと一緒に持ち歩きたい場合には、ファスナー付きのポケットが付いているタイプを選びましょう。特にマウスやACアダプターなどのごろごろとかさばるものは、専用のポーチが付属しているタイプがあるので、そちらを利用した方がよいかもしれません。

フタ部分の形状で選ぶ

インナーケースは袋状で上部を閉じる方式が多いですが、パソコンの出し入れが少々面倒です。安全性を優先するか取り出しやすさを優先するかで、ふたつの考え方があります。

パソコンを確実に守るためには「ファスナーで閉じる方式」がおすすめ

インナーケースのフタの仕組みとして最もポピュラーなのが、ファスナーで開閉するタイプです。このタイプなら、パソコンを運んでいる最中にケースからパソコンが飛び出してしまう心配をせずに済みます。

 

ファスナーさえ締めたら確実に収納できるのがこのタイプのケースの長所ですが、パソコンを取り出すときに案外手間がかかるという難点もあります。これに対処するためには、ケースの3面が全開状態(フルオープン)になる製品を選べばよいでしょう。

「取り出しやすさ」を優先するならマグネット式かフタがないものがおすすめ

パソコンを取り出す際に、カバンを開けていちいちインナーケースのファスナーを全開にするのは、焦っているときには辛いかもしれません。その場合はフタがフラップ式になっていたり、マグネットで留めてあったりフタそのものがないタイプをおすすめします。

 

このタイプなら、いつもの仕事用のカバンを開けたら、インナーケースの存在を気にせずに、パソコンを引き出せます。インナーケースがノートパソコンのカバーになっているタイプも、パソコンを引き出してすぐに作業に取り掛かることができて、おすすめです。

「耐衝撃性」優先ならハードケースかセミハードケースがおすすめ

カバンにパソコンを入れて持ち歩くだけなら、低反発性ポリウレタンのソフトなインナーケースだけで大丈夫です。しかし特に大切な情報が入っている等の理由で、もっと安全なインナーケースを探しているのなら、セミハードやハードタイプのケースを選びましょう

 

「セミハードタイプ」のケースは外側にEVA樹脂、「ハードタイプ」のケースは外側にABS樹脂を使用している場合が多いです。内側は衝撃吸収素材です。セミハードケースやハードケースは少し重いですが対衝撃性が高いので、パソコンに衝撃が伝わりにくいです。

「周辺機器も一緒に収納できる製品」ならかばんの中がすっきりとする

ノートパソコンだけでなく、マウスやACアダプターやコード類など、必要な周辺機器も一緒にインナーケースに収納できれば、かばんの中が乱れないで済むので、たいへん助かります。そのためにはインナーケースに十分な数のポケットがあると整理が楽になります。

 

ポケットがケースの内側にあるか外側にあるか大きさはどれくらいかポケットにファスナーが付いているかどうかは、インナーケースの使い心地に大きく影響します。製品によっては専用のポーチが付いている場合もあります

自己アピールしたいなら「色やデザイン」にこだわってもOK

インナーケースには、さまざまな色やデザインのものがあります。そのため機能が自分の目的に見合ったものであるなら、ビジネス用でない限り、好きな色やデザインのケースを選んで、ちょっとした自己アピールに利用するのも楽しい使い方です。

 

ただしビジネスで使うのが目的なら、極端に華やかな色や可愛いキャラクターの付いたインナーケースは、避けた方が無難です。仕事では地味な色やシンプルなデザイン、プライベートではファッション感覚で好みのデザインと、TPOに合わせて使い分けるとよいでしょう。

「無印良品のインナーケース」は装着した状態でそのまま使える

いろいろなものが格安で手に入る100均や、シンプルなデザインの雑貨が手頃な値段で手に入る無印良品でも、インナーケースを販売しています。特に無印良品は、デザインもシンプルで、ケースを装着したままでパソコンを使用できる優れものの製品を販売しています。

 

一方の100均では、100円では無理ですが、300円から400円ぐらいの値段で、小型パソコン向けのインナーケースを販売しています。ホコリや汚れを防ぐ目的で使用するのなら良いですが、クッション性などは十分でないようなので、割り切った利用の仕方が肝心です。

ノートパソコン用インナーケースの人気おすすめランキング10選

10位
 

MOSISO

ラップトップ スリーブケース

価格: 2,099円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性用にも使える華麗なインナーケース

「ほかの人とは違うものが欲しい」という方におすすめの、インパクトのあるデザインのインナーケースです。水の波紋をデザイン化した「ウォーターブルー」模様です。ほかに「大理石」模様(白あるいはピンク)と天の川のような「創意の波」模様が選べます。

 

もちろん、デザインだけでなく機能面も充実しています。内側には衝撃を吸収する素材が使われていて、ノートパソコンをしっかりと守ってくれます。表面には小物が入るポケットがあり、また撥水加工が施されているので水に濡れても大丈夫です。

対応 13〜13.3インチ 外寸 36.5×2.0×26.0cm
内寸 34.5×2.0×24.5cm 開閉方法 ファスナー
素材 キャンパス地、ポリエステルフォーム、フリース 特記事項 撥水加工

口コミを紹介

柄が気に入り、購入しましたが、思ったよりしっかりしていて、万が一落としてしまっても、耐久性があると思います。使い勝手も問題なし。軽くていいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位
 

サンワサプライ

セミハードPCインナーケース

価格: 2,082円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコンをがっちりと守る

ノートパソコンを強い衝撃からもがっちりと守る、セミハードケースです。ソフトケースよりも衝撃から守る力は圧倒的に大きいため、大切なパソコンを絶対に壊したくない方におすすめします。

 

ケースをつけたままでパソコンの操作も可能なので、省スペースにもつながります。

対応 15.6インチワイド 外寸 W41.5×D4.5×H28.5cm
内寸 W39.0×D3.5×H27.0cm 開閉方法 ファスナー(3面オープン)
素材 EVA(PU張り) 特記事項 防水、セミハード

口コミを紹介

サイズ違いで昔からお世話になっています、ケースから出さずに使用できるので便利です、チャックもしっかりしていて5年ほどの開閉にも不具合なしです、パソコンを買うと、とりあえず購入するようにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位
 

ハクバ(HAKUBA)

Chululu(チュルル) PCインナーケース ポーチセット

価格: 1,980円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ちょっぴりかわいい北欧テイスト

カメラバッグの分野で知られるハクバのノートパソコン用インナーケースです。「北欧」をイメージしたデザインは、とても洒落ています。素材は、伸縮性と弾力性でパソコンを衝撃から守るクロロプレンゴムです。小物をまとめるためのポーチも付いています。

対応 13.3インチ 外寸 35.5×25.5×6.0cm
内寸 32.5×23.0×2.0cm 開閉方法 ファスナー
素材 ポリエステル、クロロプレンゴム 特記事項 アクセサリポーチ付き

口コミを紹介

北欧タイプなケースで、充電ケーブルやら備品入れポーチまで附属でとてもお安く購入できました。
つくりもしっかりしていますし、お値段以上の価値があるなと思いました。
旅のお供に最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

WIWU

PCインナーバッグ

価格: 2,080円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小物もしっかり収納できる

見た目はスマートですが、内側が2つに仕切られて大きなフロントポケットが3つあるので、収納力は想像以上です。ノートパソコンとタブレット端末を本体に入れ、フロントポケットにはマウスやコードなどの細々としたものを入れるといった具合です。

 

シンプルで落ち着いたデザインなのでビジネスにも使えるし、持ち手が付いているので普通のPCバッグとして単独で使うことも可能です。

対応 11.6〜12インチ 外寸 31.8×2.5×22.5cm
内寸 開閉方法 ファスナー
素材 ナイロン+ポリエステル等 特記事項 持ち手

口コミを紹介

MacBook 11.6インチに丁度フィットし、小物入れも充実しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

エレコム

ZEROSHOCKインナーバッグ

価格: 2,061円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衝撃を吸収してパソコンも安心

衝撃を吸収する性質に優れた、ウェーブ状の低反発ポリウレタンを使った、使いやすいインナーバッグです。表面には12インチ以下のタブレットやちょっとしたメモ帳を仕舞うことができるポケットもついています。ブラックのほかにホワイトもあります。

対応 〜13.3インチ 外寸 34.5×2.5×27.0cm
内寸 31.5×4.0×23.5cm 開閉方法 ファスナー
素材 PVC、ポリエステル、低反発ポリウレタン 特記事項 撥水加工

口コミを紹介

MacBook入れに使ってます。

生地もしっかりしてて良いですね

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

Evoon

ノートパソコンケース/ガジェットポーチ

価格: 3,980円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全てをひとつに

このインナーケースは2つのブロックに分かれていて、片方にはノートパソコン、もう一方には周辺機器を収納できる、スグレモノです。全部で23個のポケットがあるので、たくさんの周辺機器を整理することができます。

 

バッテリーにDVDドライブにたくさんのコード類といった具合に、ノートパソコンと一緒にたくさんの周辺機器を持ち歩かなければならない方におすすめのインナーケースです。

対応 15〜15.6インチ 外寸 41.5×3.5×28.5cm
内寸 開閉方法 ファスナー(3面オープン)
素材 ナイロン+ポリエステル等 特記事項 持ち手、撥水加工

口コミを紹介

仕事のものを区別して持ち運ぶのにとても便利です。
値段以上のものだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

tomtoc

ラップトップスリーブケース

価格: 2,350円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特許取得の保護システム

底部のコーナー部分にゴム製の衝撃吸収素材を取り付けて、衝突や落下でノートパソコンが故障する可能性を減らします。(この仕組みは特許取得済みです。)そのほかの部分には厚いクッション素材を使っています。パソコン全体を保護してくれるインナーケースです。

対応 13〜13.5インチ 外寸
内寸 30.5×21.5×2.2cm 開閉方法 ファスナー
素材 ゴム等 特記事項 撥水加工

口コミを紹介

surface laptopを入れて使っています。
軽くて持ち運びに便利、というよりはしっかりしていて安心感がすごい感じです。私はとにかくpcが壊れてほしくなかったので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

Inateck

PCインナーバッグ

価格: 2,380円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マグネットで開閉

一見薄く見える外見です。しかし前後にジップポケットがついているので、ノートパソコンのほかに、筆記具やメモ帳を入れておけます。開閉はマグネット式なので、パソコンの出し入れが簡単にスムーズに行えます。

 

しかもアクセサリーポーチが付いているので、マウスやACアダプターなどかさばる周辺機器をそちらに入れれば、スマートに持ち歩くことも可能です。

対応 12.3〜13インチ 外寸 34 x 23 x 0.5 cm
内寸 33 x 22.5 x 1 cm 開閉方法 マグネット
素材 ポリエステル、フランネル 特記事項 撥水加工

口コミを紹介

アップル純正品よりははるかに安く不安でしたが、PC収納部分は起毛となっていて優しくPCを保護してくれそうです。
付属のポーチもコードなどの収納に便利で、色が同じなのでケースとの一体感もあり満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

Hseok

耐衝撃撥水加工ラップトップスリーブ

価格: 1,799円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水色のラインがアクセント

水色のジップラインが鮮やかなインナーケースです。カバンの中に入れて使うだけでなく、見た目が洒落ていて持ち手も付いていることから、単独でパソコンバッグとして使うことも可能です。表面は撥水加工がされているので、雨に濡れても大丈夫です。

対応 15〜15.6インチ 外寸 41×29×2cm
内寸 39×28×2cm 開閉方法 ファスナー
素材 ポリエステル素材、ベルベット 特記事項 持ち手、撥水加工

口コミを紹介

NEC LaVie LS350は15.6インチモニタで厚さが3cmありますので収まるか心配していましたが、ピッタリ収まりました。USBポートにwifiアダプタと無線キーボード用のアダプタを差したままでスッポリ収まりました。デザインも気に入っていて、良い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

Amazonベーシック(Amazon Basics)

ノートパソコンバッグ

価格: 939円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルこそ最高

超シンプルなノートパソコン用インナーケースです。パソコン本体だけをこのケースに入れて、いつも使っているバッグやリュックサックに入れて、シンプルに持ち歩くのにおすすめです。値段が手頃なのもありがたいです。

対応 14.0インチ 外寸 36.1 x 26.7 x 2 cm
内寸 開閉方法 ファスナー
素材 ナイロン, ネオプレン 特記事項

口コミを紹介

仕事用で購入。バックの中でも早々壊れる感じはありませんでしたが安心のために購入。
サイズフィットで生地の分厚さが期待通りでした。伸縮性もあり、使い方次第ではノートPC以外でも搬送できそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ノートパソコン用インナーケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6580568の画像

    Amazonベーシック(Amazon Basics)

  • 2
    アイテムID:6581870の画像

    Hseok

  • 3
    アイテムID:6580613の画像

    Inateck

  • 4
    アイテムID:6581241の画像

    tomtoc

  • 5
    アイテムID:6581519の画像

    Evoon

  • 6
    アイテムID:6581342の画像

    エレコム

  • 7
    アイテムID:6581480の画像

    WIWU

  • 8
    アイテムID:6581882の画像

    ハクバ(HAKUBA)

  • 9
    アイテムID:6579897の画像

    サンワサプライ

  • 10
    アイテムID:6581938の画像

    MOSISO

  • 商品名
  • ノートパソコンバッグ
  • 耐衝撃撥水加工ラップトップスリーブ
  • PCインナーバッグ
  • ラップトップスリーブケース
  • ノートパソコンケース/ガジェットポーチ
  • ZEROSHOCKインナーバッグ
  • PCインナーバッグ
  • Chululu(チュルル) PCインナーケース ポーチセット
  • セミハードPCインナーケース
  • ラップトップ スリーブケース
  • 特徴
  • シンプルこそ最高
  • 水色のラインがアクセント
  • マグネットで開閉
  • 特許取得の保護システム
  • 全てをひとつに
  • 衝撃を吸収してパソコンも安心
  • 小物もしっかり収納できる
  • ちょっぴりかわいい北欧テイスト
  • パソコンをがっちりと守る
  • 女性用にも使える華麗なインナーケース
  • 価格
  • 939円(税込)
  • 1799円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 2350円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 2061円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2082円(税込)
  • 2099円(税込)
  • 対応
  • 14.0インチ
  • 15〜15.6インチ
  • 12.3〜13インチ
  • 13〜13.5インチ
  • 15〜15.6インチ
  • 〜13.3インチ
  • 11.6〜12インチ
  • 13.3インチ
  • 15.6インチワイド
  • 13〜13.3インチ
  • 外寸
  • 36.1 x 26.7 x 2 cm
  • 41×29×2cm
  • 34 x 23 x 0.5 cm
  • 41.5×3.5×28.5cm
  • 34.5×2.5×27.0cm
  • 31.8×2.5×22.5cm
  • 35.5×25.5×6.0cm
  • W41.5×D4.5×H28.5cm
  • 36.5×2.0×26.0cm
  • 内寸
  • 39×28×2cm
  • 33 x 22.5 x 1 cm
  • 30.5×21.5×2.2cm
  • 31.5×4.0×23.5cm
  • 32.5×23.0×2.0cm
  • W39.0×D3.5×H27.0cm
  • 34.5×2.0×24.5cm
  • 開閉方法
  • ファスナー
  • ファスナー
  • マグネット
  • ファスナー
  • ファスナー(3面オープン)
  • ファスナー
  • ファスナー
  • ファスナー
  • ファスナー(3面オープン)
  • ファスナー
  • 素材
  • ナイロン, ネオプレン
  • ポリエステル素材、ベルベット
  • ポリエステル、フランネル
  • ゴム等
  • ナイロン+ポリエステル等
  • PVC、ポリエステル、低反発ポリウレタン
  • ナイロン+ポリエステル等
  • ポリエステル、クロロプレンゴム
  • EVA(PU張り)
  • キャンパス地、ポリエステルフォーム、フリース
  • 特記事項
  • 持ち手、撥水加工
  • 撥水加工
  • 撥水加工
  • 持ち手、撥水加工
  • 撥水加工
  • 持ち手
  • アクセサリポーチ付き
  • 防水、セミハード
  • 撥水加工

インナーケースの代用品を使ってみる

もし、どうしても気に入ったインナーケースが見つからないか、何かの理由で急場しのぎの代用品を使わなければならない場合、以下の方法が考えられます。

インナーケースの役割を再確認しておく

インナーケースの役割は、ノートパソコンが衝撃を受けたときのダメージを、可能な限り小さくするだけではありません。満員電車の中などでパソコンが激しい圧迫を受けても、緩衝材がそれを和らげてくれます

 

インナーケースはそのほかにも、カバンの中でパソコンがホコリまみれになるのを防ぐ役割があります。また、うっかり液体をこぼしたときにはケースが保護してくれます。直射日光のもとではプラスチックの部分が劣化しますが、それからも保護してくれます。

ホコリよけや防水カバーとして使うなら

インナーケースに耐衝撃性を期待せず、自宅保管中のパソコンのホコリ対策だけに使うのなら、100均で手に入るクッションケースが良いでしょう。ホコリに加えて液体から守るのなら、同じく100均で手に入るファスナー付きのビニールポーチがぴったりです。

 

特にビニールポーチの場合は中が透けて見えるので、入っているものが容易に確認できて、何かと便利です。もっと凝ってみたい方は、編み物をしたりデニムやフェルトなどで縫い上げたりして、自分好みのインナーケースを手芸で作り上げるのも楽しいものです。

耐衝撃性にこだわるのなら

耐衝撃性にこだわるのなら、市販のインナーケース(特にセミハードタイプやハードタイプ)を利用するのが一番良いでしょう。しかし何かの理由で市販のものが手にはいらないときは、タオルを巻き付けてトートバッグに入れて運ぶだけでも、かなり違うはずです。

 

あるいは俗に「プチプチ」と呼ばれるシートなど、市販の緩衝材を代用してもよいでしょう。そもそもパソコンの持ち歩きにしっかりしたビジネスバッグを使っているのなら、カバン自体が圧迫に強く型くずれしにくく作られているので、ある程度までなら安心です。

どんなノートパソコンを選ぶのかも考えよう!

もしかして、ノートパソコンも新しいものを選ぶことを考えてはいませんか?実はインナーケースを選ぶのは、新しいノートパソコンを早々に傷つけてしまうのを防ぐため、といった方も多いのではないでしょうか。

 

ノートパソコンそのものも買い換えることを検討している方は、メーカーやスペックなど既に決定済みかもしれません。しかしもしかして、まだどこかに迷いの残っている方は、下記の記事も参考にしながら自分にとってベストな機種を改めて決定しましょう。

まとめ

ノートパソコンを持ち歩く際はインナーケースに収納して、落としたりぶつけたりした際のダメージを最小限にします。いつものカバンに入れて使うのならスリーブタイプ、耐衝撃性を優先するのならハードあるいはセミハードタイプと、上手に使い分けましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

TOPへ