ゲーミングモニターの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID11452のサムネイル画像

ゲーミングモニターは滑らかな映像でゲームを楽しむことができます。144Hz・240Hzや4Kなど選ぶ要素が多く、PS4やSwitch用のモニターとして使いたい人もいます。ゲーミングモニターの選び方やおすすめランキングをまとめたので、参考にしてください。

ゲームのスコアを上げるのにも重要なゲーミングモニター

ゲーミングモニターは、FPSなどで勝つためには重要になってきます。よりゲームを楽しむにも、ゲーミングモニターでプレイすることは大切です。ゲーミングモニターの滑らかな動きでプレイすると普通のモニターには戻れませんよね。

 

快適にゲームを楽しめるゲーミングモニターですが、PCのスペックによっては性能が発揮できないので注意がいるんです!ゲーミングモニターも144Hz・240Hz、4Kのものなどがあり、PS4やSwitchで使いたい人もいます。自分に合ったものを選ぶのは、難しいです。

 

そこで今回はゲーミングモニターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングはサイズ・解像度・リフレッシュレート・応答速度の4つのポイントを基準として作成しました。

ゲーミングモニターの選び方

ゲーミングモニターを選ぶ場合は、モニターのサイズや解像度、リフレッシュレートなどさまざまな要素を考慮する必要があります。ゲームのジャンルによっても最適なモニターは変わってきます。ゲーミングモニターの選び方をまとめました。

「モニターサイズ」は24インチ前後を基準に選ぶ

モニターは大きい方が良いともいわれますが、ゲームのジャンルによって異なります。プロは21~27インチを愛用する場合が多く、標準的な24インチを基準に考えるのがおすすめです。画面全体が視界に入るサイズで、動きの速いFPSでもプレイしやすいサイズです。

 

大きなモニターで動き速いゲームをすると動きについていけず、画面全体に意識がいきません。酔いやすいという意見もあります。ただし、MMOやレーシングゲームのようなジャンルでは画面の大きなモニタ―の方がプレイしやすくなります。

解像度で選ぶ

解像度はモニター画面を構成するピクセルの数を表しており、ピクセルの数が多いほど映像がキレイになります。解像度が高いほどゲームが楽しめると思いがちですが、デメリットもあります。解像度を基準にゲーミングモニターの選び方をご紹介します。

一般的な解像度なら1920×1080の「フルHD」を基準に

ゲームをリアルに楽しみたいなら、1920×1080以上のフルHD以上の解像度は基本です。サイズが大きいほど解像度が高くないと、キレイな映像は見られません。それでも、24インチ前後ならフルHDは十分な解像度です。

 

FPSや格闘ゲームのような動きの激しいゲームをする場合でも、この解像度ならそこまでPCの負担にはなりません。

キレイな映像でゲームを楽しみたいなら「4K」(3840×2160)

RPGなどのゲームを楽しむなら、「4K」のゲーミングモニターもおすすめです。情報量が増えるので、よりリアルで高精細な映像が楽しめます。ただし、4Kのゲーミングモニターは、リフレッシュレートが60Hz程度のものがほとんどです。

 

144Hzの4Kゲーミングモニターもありますが、価格が20万円以上する上にGPU性能が高いPCでないと使いこなせません。現状では、4Kモニターで動きの激しいゲームをするのは厳しいです。FPSなどをする場合は、応答速度の速いものを選びましょう。

「リフレッシュレート」で選ぶ

リフレッシュレートは、1秒間に画面を書き換える回数を表しています。単位はHzで数字が高くなるほど、動きの激しいゲームも滑らかに表現できます。リフレッシュレートが高いほど良いというわけではないので、ゲームの種類などに合わせて考えましょう。

FPSなどの強さを追求したいなら「240Hz」がおすすめ

240Hzは、現在のゲーミングモニターのリフレッシュレートの数値としては最高峰です。144Hzと比べるとそこまで違いが感じられない場合もありますが、動きの激しいゲームでは確実に有利になります。画面が切れてしまうティアリングもほとんど起こりません。

 

ただし、DisplayPortかHDMI2.0など対応した出力端子で出力しないと、モニターに反映されないので注意が必要です。HDMI1.4・DVI-DLなどの入力端子があっても、キチンと出力されていないと本来のスペックを発揮できないので注意が必要です。

PC用ゲームを楽しむなら「144Hz」がおすすめ

PC用のゲームを滑らかな動きで楽しむなら、リフレッシュレートは144Hzあるものがおすすめです。PC用ゲームで動きの激しいものになると、120Hz以上ないと滑らかな動きを表現するのは難しくなります。

 

144Hzなら、最近のPCと接続してリフレッシュレートが制限されることもほとんどありません。FPSを快適に楽しむためには、144Hzのゲーミングモニターが必要です。一般的な60Hzのモニターと比べると、動きの滑らかさがはっきりと感じられます。

PS4やSwitchなど家庭用ゲーム機のみなら「60Hz」がおすすめ

PCではなく家庭用のゲームをゲーミングモニターで楽しむ人も多いです。ただし、「PS4」や「Nintendo Switch」のような家庭用ゲーム機は、最大60Hzまでしか出力できません。そのため、リフレッシュレートが60Hz以上のゲーミングモニターを使用しても意味がありません。

 

リフレッシュレートよりも応答速度や解像度などの点を重視しましょう。PCゲームでも、動きの少ないゲームなら60Hz程度でも十分です。ただし、「Xbox One」はリフレッシュレートが120Hzまで対応しており、例外的な家庭用ゲーム機もあります。

応答速度で選ぶ

応答速度は、モニター内の色が別の色に変化する早さのことです。単位は「ms」で、この数値が少ないほど色が切り替わるのが速く残像が出ません。ゲーミングモニターの性能では重要な点なので、チェックポイントを理解して選びましょう。

スピードが求められるゲームには「1ms」以下おすすめ

ゲーミングモニターの応答速度が遅いと、色の変化が追いつかずに残像がでます。シビアな反応が求められるゲームでは、残像が出ると操作に影響が出ることも考えられます。一般的なゲームでは5ms以下で充分といわれています。

 

FPSやバトルロワイアル系など、素早い入力が求められるゲームでは1ms以下のものがおすすめです。最近は1msのゲーミングモニターは増えています。ただし1ms以下になると体感的にほとんど変わらないので、あまり数値にこだわる必要はありません。

より信頼できる応答速度が知りたいなら「GtoG」などの表記のあるものをチェック

応答速度と一緒に「GtoG」と記載されている場合があります。ただ応答速度と書かれたものは黒→白→黒の変化速度を表したものがほとんどです。GtoGと表記されたものは、黒白以外の色の変化の速度を表しています。 「MPRT」と記載される場合もあります。

 

白黒以外の色の変化の方が重要なため、GtoGと記載された数字の方が応答速度として信頼できるといわれています。ただし、全てのゲーミングモニターで表記されているわけではありません。よりシビアに応答速度にこだわる場合は、GtoGの数値をチェックしましょう

「GameFast入力技術」搭載なら入力遅延を抑えられる

ゲーミングモニターを選ぶためには、入力遅延も重要です。入力遅延は、コントローラーやキーボードで入力した操作が画面に反映されずに遅れてしまうことをいいます。これもモニターの性能に左右されます。

 

入力遅延はスペック表には記載されていないため、あまり知られていません。ゲーミングモニターは一般的なモニターより入力遅延は抑えられていますが、どの程度かはわかりません。「GameFast入力技術」など入力遅延を抑える記述を採用したモデルも販売されています。

ゲームジャンルで選ぶ

ゲームにはさまざまなジャンルがありますが、ゲーミングモニターに求められる性能もジャンルによって変わってきます。ゲームのジャンルごとにゲーミングモニターに求められる性能をまとめたので、参考にしてください。

「FPS」はリフレッシュレートと応答速度が速い物がおすすめ

FPSやバトルロワイアル系の動きの激しいゲームは、リフレッシュレートと応答速度の速いゲーミングモニターを選びましょう。解像度が高いモニターだとリフレッシュレートと応答速度に影響が出て、性能が発揮できない場合もあります。

 

4Kのモニターで、PCゲームのFPSをプレイするのはあまりおすすめできません。PS4などでプレイする場合は、リフレッシュレートは低くても大丈夫です。応答速度の速いものを選びましょう。

「MMO」をプレイするなら解像度がいいものを

MMOやアドベンチャーゲームは、画面が大きい方が臨場感があります。サイズが大きめで、解像度の高いゲーミングモニターがおすすめです。リフレッシュレートの重要性はアクションの高さによって変わってきます。

 

アクション性の高いゲームなら120Hz以上あった方が良いですが、そうでないなら60Hzくらいで十分です。

「格闘対戦ゲーム」に使うなら、「応答速度」が早く「入力遅延」がないものを

対戦格闘ゲームはリフレッシュレートよりも、応答速度の速さが重要になります。また、コマンド入力が重要なので、入力遅延の起こりにくいゲーミングモニターがおすすめです。入力遅延は数値が記載されていないことが多いので、口コミなどで確認しましょう

 

入力遅延を抑える技術を採用したゲーミングモニターもあるので、チェックしてみましょう。格闘ゲーム用のゲーミングモニターも販売されています。

「レーシングゲーム」はウルトラワイドモニターがおすすめ

24インチが使いやすいといわれるゲーミングモニターですが、レーシングゲームをする場合は例外です。レーシングゲームは、横方向への広がりが重要なジャンルなので横幅が広いウルトラワイドモニターがおすすめです。

 

リフレッシュレートは144Hzあった方が良いですが、応答速度は5ms程度でも問題ありません。解像度はあまり高くなくても大丈夫ですが、文字が読みにくくなります。ゲーム以外にも使う場合は、解像度の高いものを選びましょう。

「ピボット機能」の機能のあるものは、シューティングゲームやリズムゲームにおすすめ

ゲーミングモニターには、画面を縦横に回転させられるピボット機能を搭載したものもあります。アケードから移植されたシューティングゲームやリズムゲームをより快適にプレイできます。

 

また、縦にしてサブモニターとして使えば、レーシングゲームやRPGをプレイするのに便利です。

ジャンル用のモードがあるものは最適な設定でプレイできる

ゲーミングモニターの中には、ゲームのジャンルごとにプレイしやすい環境が記録されたものもあります。FPSモード・格闘ゲームモードなどを選ぶことで、そのジャンルをプレイしやすいように自動で調整されます。

 

3Dゲームを楽しむための「NVIDIA 3D Vision」を搭載したものもありますが、現在はサポートが終了になっています。

PS4用は「応答速度」が早く「解像度」の高いものを

PS4用のゲーミングモニターは、リフレッシュレートは60Hzあれば問題ありません。ただし、応答速度は速い方が良いので、FPSなどをプレイする場合は1ms以下のものを選びましょう。解像度の高いものを選んだ方がキレイな画像でプレイできます。

 

PS4の出力端子は、HDMIのみです。必ずHDMI入力端子のあるゲーミングモニターを選びましょう。「Nintendo Switch」も基本的に同じです。4Kのゲーミングモニターはオーバースペックですが、PS4Proのモニターにする場合はおすすめです。

PCやゲーム機に対応した「入力端子」のあるものを選ぶ

ゲーミングモニターを選ぶ場合はスペックや機能だけでなく、入力端子の種類や数を必ず確認しましょう。どれだけ良いゲーミングモニターを見つけても、接続することができないのでは意味がありません。

 

HDMI・DVI・USB・DisplayPortなど、さまざまな端子を搭載したものが販売されています。セレクタで入力端子を増設することもできますが、安定性に欠けます。元からある端子に接続できるゲーミングモニターを選びましょう。

安く買うには機能を絞り込もう

ゲーミングモニターは、1万円代から購入できるものから20万円以上するものもああります。当然、高いものほど高性能になります。ただし、プロが使用しているものでも、2万円代で購入できるものも多いです。

 

画面の大きいものや解像度の高いものは高くなります。安いゲーミングモニターが欲しいなら、リフレッシュレートと応答速度を優先しましょう。解像度や画面の大きさを重視する場合は、必要な機能を絞り込めば安いゲーミングモニターが見つかりやすいです。

メーカーで選ぶ

ゲーミングモニターは、海外を中心に多数のメーカーから販売されています。人気の高いゲーミングモニターのメーカーをまとめたので、参考にしてください。

リーズナブルなものからハイスペックなものまで扱う「エイスース(ASUS)」

エイスースは、PCや周辺機器、スマホなどを製造する台湾の企業です。PCのマザーボードでは、世界シェアは約40%に達しています。ゲーミングブランドとして「ROG」や「TOF」などを立ち上げており、ゲーミングモニターでも高い評価を受けるメーカーです。

 

4Kでリフレッシュレート144HZというハイスペックなゲーミングモニターも販売しています。

ラインナップが豊富な「エイサー(Acer)」

エイサーは、パソコンと関連機器を製造する台湾の企業です。ゲーミングモニターはラインナップが多く、リーズナブルな価格のものから高性能なハイエンドモデルまで販売しています。

 

画面も小さなものから大きなものまで、幅広いサイズが揃っています。価格帯は全体的に抑えられています。Amazonでは割引クーポンが適用されることが多く、割引価格で購入しやすいです。

リーズナブルな価格で人気の「ベンキュー(BenQ)」

ベンキューは、エイサーグループのディプレイや周辺機器を企業として設立されました。現在は、イメージスキャナーや液晶ディスプレイの生産では、世界3位の企業です。リーズナブルな価格のゲーミングモニターを中心に販売しており、ゲーマーの間で高い人気があります。

 

ベンキューのゲーミングモニターは、PUBG公式大会で大会公式モニターとして認定されています。

薄型のゲーミングモニターが得意な「LGエレクトロニクス(LG Electronics)」

LGエレクトロニクスは、LGグループの中核企業で世界110か国に拠点を持つ多国籍企業です。2014年の液晶パネルの世界シェアは世界一で、パネル事業では非常に大きなシェアを誇ります。

 

薄いテレビやモニターを開発することに定評があり、ゲーミングモニターも薄いモデルを販売しています。薄型のゲーミングモニターが欲しい人におすすめです。

4Kのゲーミングモニターの人気おすすめランキング3選

3位

Asustek

ROG SWIFT PG27UQ

価格:278,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kながら高いリフレッシュレートを実現

4Kながら、144Hzというスペックのゲーミングモニターです。その分、価格は非常に高くなっていますが、4Kでリフレッシュレートが高いモニターが欲しい人におすすめです。応答速はあまり速くありませんが、画面のカクツキを減らす「NVIDIA G-SYNC」に対応しています。

 

384分割の直下型LEDバックライトやゲームに合わせて6種類の映像表現が選べるなど、ハイスペックなゲーミングモニターになっています。

サイズ27インチ解像度3840×2160
リフレッシュレート144Hz応答速度4ms

口コミを紹介

黒色は前のと比べると感動物です。
またHDRの輝度レベルも格段に違います。明暗がはっきりしていて本当に感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ベンキュージャパン

ゲーミングモニター EL2870U

価格:36,619円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格で使いやすい4Kゲーミングモニター

コスパの良いゲーミングモニターですが、応答速度は1msとかなり早くなっています。4K対応なので、荒い表現になりやすい部分もキレイな映像で再生されます。自動で明るさを調整できるため、目の負担を軽減し長時間見ても疲れにくいです。

 

画面が大きめなので、ストリーミング再生用にも使えます。「PS4 Pro」用のモニターとしてもおすすめです。

サイズ27.9インチ解像度3840×2160
リフレッシュレート60Hz応答速度1ms

口コミを紹介

FPSを自分よくプレイするので調べ上げた結果こちらの商品にたどり着きました。
サイズも大きすぎず程よくHDR対応のTNパネルで遅延も少なく4Kのおかげでゲーム映像がすごい綺麗です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Asustek

VP28UQG

価格:42,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーム用機能が多彩な4Kゲーミングモニター

1msの応答速度でリフレッシュレート75Hzの4Kゲーミングモニターです。リフレッシュレートが一般的なゲーミングモニターよりも多少速くなっています。ゲーム用の照準やタイマーなどを表示するGamePlus機能も搭載しています。

 

画質も用途に合わせて、最適なものに調整できるようになっています。高機能でコスパの良い4Kゲーミングモニターです。

サイズ28インチ解像度3840×2160
リフレッシュレート75Hz応答速度1ms(GtoG)

口コミを紹介

ゲーム体験が劇的に変わったということはありませんが
画質はさすが4Kだけあってきめ細かい映像を見ることができます。
値段も比較的安く初期不良などもなく満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4Kのゲーミングモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5638049の画像

    Asustek

  • 2
    アイテムID:5638038の画像

    ベンキュージャパン

  • 3
    アイテムID:5638045の画像

    Asustek

  • 商品名
  • VP28UQG
  • ゲーミングモニター EL2870U
  • ROG SWIFT PG27UQ
  • 特徴
  • ゲーム用機能が多彩な4Kゲーミングモニター
  • リーズナブルな価格で使いやすい4Kゲーミングモニター
  • 4Kながら高いリフレッシュレートを実現
  • 価格
  • 42800円(税込)
  • 36619円(税込)
  • 278640円(税込)
  • サイズ
  • 28インチ
  • 27.9インチ
  • 27インチ
  • 解像度
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • 3840×2160
  • リフレッシュレート
  • 75Hz
  • 60Hz
  • 144Hz
  • 応答速度
  • 1ms(GtoG)
  • 1ms
  • 4ms

240Hzのゲーミングモニターの人気おすすめランキング3選

3位

Asustek

ROG SWIFT PG258Q

価格:63,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスペックでゲームがスムーズに楽しめる

G-SYNC対応で重いゲームでもスタッタリングが起こりにくく、スムーズにゲームが楽しめます。入力遅延が非常に起こりにくいというレビューもあるゲーミングモニターです。ゲームを行う上で便利な機能やゲームタイトルに合わせて6種類の表示モードが選べます。

 

フリッカーフリーでブルーライトも軽減されているので、長時間のプレイでも疲れにくくなっています。

サイズ24.5型解像度1,920×1,080
リフレッシュレート240Hz応答速度1ms

口コミを紹介

湾曲モニタでこれ以上のものはまだ無いのではないでしょうか。スーパーフルスペックだと思います。
今まで使ったモニタ全部の中で一番綺麗だと感じました。そしてG-Syncすごいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイ・オー・データ

240Hz対応24.5型ゲーミング液晶「GigaCrysta」

価格:45,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FPSや格闘ゲームにおすすめのゲーミングモニター

リフレッシュレートが高いだけでなく、応答速度も速いゲーミングモニターです。オーバードライブ機能をONにすることで、応答速度が0.6msまで上がります。動きの激しいゲームでもくっきりした映像が楽しめます。

 

内部の遅延時間を約0.22ミリ秒まで減らしているため、操作とプレイのずれを感じにくくなっています。リフレッシュレートと応答速度を追求したゲーミングモニターが欲しい人におすすめです。

サイズ24.5インチ解像度1920×1080
リフレッシュレート240Hz応答速度5ms・0.6ms(GtoG)

口コミを紹介

とても良いモニターです。ps4、pcで使用していますが今まで使っていたどのモニターよりも優れているとおもいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ベンキュージャパン

ZOWIE XL2546

価格:59,124円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DyAc機能で驚くほどスムーズな映像に

コマとコマの間に毎回「黒いコマ」を挿入する「DyAc機能」を搭載したゲーミングモニターです。残像感を軽減することが可能で、疑似480Hzとも呼ばれています。144Hzと比べても、はっきりと違い感じられるほど自然に画面が切り替わるゲーミングモニターです。

 

ゲーム公式大会で採用されており、FPSのオフライン大会でも使われることが多いといわれています。144Hzのリフレッシュレートでは物足りない人におすすめのゲーミングモニターです。

サイズ24.5インチ解像度1920×1080
リフレッシュレート240Hz応答速度1ms(GtoG)

口コミを紹介

滑らかだな、という感想を得るには120以上あれば充分ですが、200以上出ている場合ですとモニター内での動きが自然界のそれと同じものに感じます。これは144hzには無いものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

240Hzのゲーミングモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5638055の画像

    ベンキュージャパン

  • 2
    アイテムID:5639898の画像

    アイ・オー・データ

  • 3
    アイテムID:5639946の画像

    Asustek

  • 商品名
  • ZOWIE XL2546
  • 240Hz対応24.5型ゲーミング液晶「GigaCrysta」
  • ROG SWIFT PG258Q
  • 特徴
  • DyAc機能で驚くほどスムーズな映像に
  • FPSや格闘ゲームにおすすめのゲーミングモニター
  • ハイスペックでゲームがスムーズに楽しめる
  • 価格
  • 59124円(税込)
  • 45940円(税込)
  • 63700円(税込)
  • サイズ
  • 24.5インチ
  • 24.5インチ
  • 24.5型
  • 解像度
  • 1920×1080
  • 1920×1080
  • 1,920×1,080
  • リフレッシュレート
  • 240Hz
  • 240Hz
  • 240Hz
  • 応答速度
  • 1ms(GtoG)
  • 5ms・0.6ms(GtoG)
  • 1ms

144Hzのゲーミングモニターの人気おすすめランキング3選

3位

LG

34UC70GA-B ウルトラワイド

価格:55,880円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウルトラワイドモニターで応答速度もリフレッシュレートも優秀

レーシングゲームにも、最適なウルトラワイドモニターです。画面のワイド比率は21:9になっています。応答速度は1msなので、激しい動きが求められるゲームにもピッタリです。

 

複数人が1つの画面でプレイするにも向いています。画面のちらつきなどを抑える「AMD FreeSyncテクノロジー」を採用しています。

サイズ34インチ解像度2560x1080
リフレッシュレート144Hz応答速度1ms

口コミを紹介

高さと角度は割と動かせますし、モニター台もしっかりとした作りなので安定しています。
映像は結構細かく設定できるので、高コントラストが好きな方でも見やすく調節できると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Asustek

ゲーミングモニター VG258Q

価格:25,787円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームに便利な機能を搭載

ゲームのジャンルに合わせて7種類の画質を選ぶことができます。ゲーム用の「FPS」、「RTS/RPG」、「Racing」、「MOBA」に加えて、映画用や写真・動画用などモードが選べます。

 

ゲームをするのに便利な「GamePlus機能」を搭載しており、画面上にタイマーや照準を表示させることができます。残り時間を表示したり、標的に狙いを付けるのに便利です。

サイズ24.5インチ解像度1920×1080
リフレッシュレート144Hz応答速度1ms1ms(GtoG)

口コミを紹介

「G-Sync互換」が優れもので、その中では最も安価で高コスパ。
グラボは Geforce GTX 1660Ti 6GB、CPUは Ryzen 7 2700x の組み合わせで、ゲームだろうが動画だろうが全くのストレスフリーで美しいさを堪能。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ベンキュージャパン

ZOWIE XL2411P

価格:24,962円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロに人気のゲーミングモニター

プロゲーマーに愛用者が多いゲーミングモニターです。暗い場所の輪郭をBlack eQualizer機能は、隠れている敵を発見しやすくします。色を20段階調整できるので、より敵を見つけやすくなります。

 

FPSをプレイする人におすすめのゲーミングモニターです。アクションゲームや格闘ゲームをする場合にも適しています。

サイズ24インチ解像度1920×1080
リフレッシュレート144Hz応答速度1ms(GtoG)

口コミを紹介

購入して正解でした。60HZモニターと比べて動作がヌルヌル動くようになりPUBGでは1ON1での打ち合いで60HZモニターを使っていた時と比較すると撃ち負ける確率が大幅に下がりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

144Hzのゲーミングモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5638061の画像

    ベンキュージャパン

  • 2
    アイテムID:5639625の画像

    Asustek

  • 3
    アイテムID:5639602の画像

    LG

  • 商品名
  • ZOWIE XL2411P
  • ゲーミングモニター VG258Q
  • 34UC70GA-B ウルトラワイド
  • 特徴
  • プロに人気のゲーミングモニター
  • ゲームに便利な機能を搭載
  • ウルトラワイドモニターで応答速度もリフレッシュレートも優秀
  • 価格
  • 24962円(税込)
  • 25787円(税込)
  • 55880円(税込)
  • サイズ
  • 24インチ
  • 24.5インチ
  • 34インチ
  • 解像度
  • 1920×1080
  • 1920×1080
  • 2560x1080
  • リフレッシュレート
  • 144Hz
  • 144Hz
  • 144Hz
  • 応答速度
  • 1ms(GtoG)
  • 1ms1ms(GtoG)
  • 1ms

PS4用ゲーミングモニターの人気おすすめランキング3選

3位

LG

32UK550-B

価格:44,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PS4用に適した4Kゲーミングモニター

「PS4 Pro」をプレイするのに適した4Kのゲーミングモニターです。暗い場所が良く見えるようになる「ブラックスタビライザー機能」など、ゲームをプレイするのに適した機能を多く採用しています。暗い方が良い場合は、カットすることもできます。

 

フリッカーセーフ機能とブルーライト低減モード搭載で、長時間プレイしても疲れにくくなっています。

サイズ31.5インチ解像度3840×2160
リフレッシュレート60Hz応答速度4ms

口コミを紹介

会社で27インチ4Kを使用中なのに、4K解像度は32〜36インチ程度が最も現実的なようだ。PCにDPポートに接続してHDRを有効にしてゲームを楽しむことができる。
比較的低価格で4Kを楽しむことができるマジノ線ではないかと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Asustek

VE248HR

価格:16,134円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PS Storeでレトロゲームをプレイしたい人におすすめ

PS4でレトロゲームをプレイしたい人におすすめのゲーミングモニターです。応答速度は1msなので、格闘ゲームやFPSを楽しむのに十分なスペックがあります。このモニターの魅力はアスペクト比が変えられることです。

 

レトロゲームのアスペクト比は4:3になっており、16:9の現代のモニターでは画面が横に伸びてプレイしづらくなる可能性もあります。このモニターは、アスペクトコントロールで正しい比率を再現します。古いゲームも自然な感覚でプレイ可能です。

サイズ24インチ解像度1920×1080
リフレッシュレート76Hz応答速度1ms(GtoG)

口コミを紹介

画質は明らかにきめ細かくなり解像度の違いが分かります。
特にモンハンワールドはかなり変わりました!!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

アイ・オー・データ

GigaCrysta

価格:18,212円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PS4に最適なゲーミングモニター

公式にPS4で動作確認がされたゲーミングモニターです。ゲーミングモニターが映らないというトラブルの心配もありません。オーバードライブ機能で、応答速度が0.6msまで上がる上に遅延時間も短縮されています。

 

格闘ゲームやFPSなどの激しい動きのゲームをPS4でプレイするのに最適なゲーミングモニターです。

サイズ24.5インチ解像度1920×1080
リフレッシュレート75Hz応答速度5ms/0.6ms(GtoG)

口コミを紹介

設定も物凄く楽でAPEXの世界観のすごさを改めて実感できました。
ただ画面がキレイすぎて最初は画面に寄ってしまう。
慣れれば物凄く楽しくなる。

出典:https://www.amazon.co.jp

PS4用のゲーミングモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5638035の画像

    アイ・オー・データ

  • 2
    アイテムID:5640056の画像

    Asustek

  • 3
    アイテムID:5640069の画像

    LG

  • 商品名
  • GigaCrysta
  • VE248HR
  • 32UK550-B
  • 特徴
  • PS4に最適なゲーミングモニター
  • PS Storeでレトロゲームをプレイしたい人におすすめ
  • PS4用に適した4Kゲーミングモニター
  • 価格
  • 18212円(税込)
  • 16134円(税込)
  • 44980円(税込)
  • サイズ
  • 24.5インチ
  • 24インチ
  • 31.5インチ
  • 解像度
  • 1920×1080
  • 1920×1080
  • 3840×2160
  • リフレッシュレート
  • 75Hz
  • 76Hz
  • 60Hz
  • 応答速度
  • 5ms/0.6ms(GtoG)
  • 1ms(GtoG)
  • 4ms

価格の安いゲーミングモニターの人気おすすめランキング3選

3位

Asustek

VP228HE

価格:11,664円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格ながら応答速度が速く目に優しい

画面は小さめでリフレッシュレートも低いですが、性能は悪くありません。応答速度は1msなので、残像を気にせずにプレイできます。長時間のプレイでも疲れないようにブルーライトとフリッカーを軽減しているのも魅力です。

 

スピーカーもついています。PS4など家庭用ゲーム機用に使うには、十分すぎるスペックのゲーミングモニターです。

サイズ21.5インチ解像度1920x1080
リフレッシュレート60Hz応答速度1ms

口コミを紹介

フレームレート30~60で遊びたいという方にとてもおすすめです。
特に遅延などなく遊べます。
ディスプレイの脚が円形で、場所をとりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

AOC International

AG251FZ2

価格:39,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良い240Hzゲーミングモニター

240Hzに加えて、応答速度0.5msと高性能なゲーミングモニターです。「Low input lag(低入力遅延)」機能を搭載しているので、入力が遅延しにくくなっています。「シャドウコントロール」を搭載しているので、暗い部分も鮮明に表示されます。

 

 

HDMI・DisplayPort・DVI・VGAポートなど入力端子が豊富に用意されています。さまざまな機器に接続して使用できるので便利です。

サイズ24.5インチ解像度1920x1080
リフレッシュレート240Hz応答速度応答速度0.5ms (MPRT)

口コミを紹介

144hzモニターから乗り換えです。144hzから240hzに変えても違いは実感できないと思っていたが、その差は歴然だった。主にプレイしているゲームはCS:GOで最初に144hzモニターを使った時と同じような感動が得られた。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

AOC International

C24G1/11

価格:23,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高スペックでコスパ抜群のゲーミングモニター

2万円代前半で購入できますが、リフレッシュレート144Hzで応答速度1msと高スペックなゲーミングモニターです。明るさを20段階で調整可能で、ゲームのジャンルに合わせたモードに画質を変えることができます。

 

自分で設定した画質を保存することもできます。FPSなど激しい動きの求めらるを快適にプレイした人におすすめです。

サイズ23.6インチ解像度1920×1080
リフレッシュレート144Hz応答速度1ms

口コミを紹介

流石のvaパネル。綺麗さを捨てて144hzを覚悟しましたが、なんの問題もなく、以前よりも黒がハッキリして画質が良くなったと思います。
パソコンのモニターなので、正面からしか見ないので、視野角の狭さも気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

価格の安いゲーミングモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5639661の画像

    AOC International

  • 2
    アイテムID:5639651の画像

    AOC International

  • 3
    アイテムID:5640006の画像

    Asustek

  • 商品名
  • C24G1/11
  • AG251FZ2
  • VP228HE
  • 特徴
  • 高スペックでコスパ抜群のゲーミングモニター
  • コスパの良い240Hzゲーミングモニター
  • 低価格ながら応答速度が速く目に優しい
  • 価格
  • 23100円(税込)
  • 39480円(税込)
  • 11664円(税込)
  • サイズ
  • 23.6インチ
  • 24.5インチ
  • 21.5インチ
  • 解像度
  • 1920×1080
  • 1920x1080
  • 1920x1080
  • リフレッシュレート
  • 144Hz
  • 240Hz
  • 60Hz
  • 応答速度
  • 1ms
  • 応答速度0.5ms (MPRT)
  • 1ms

ゲーミングモニターの性能を引き出すための注意点

せっかくゲーミングモニターを購入しても、せっかくの性能を引き出せない場合もあります。ゲーミングモニターの性能を発揮するための注意点をまとめましたので、参考にしてください。

FPS(フレームレート)に注意

ゲーミングモニターでリフレッシュレートが高いことは重要視されています。しかし、ゲームの出力側のフレームレートとリフレッシュレートの数値が合わないと意味がありません。フレームレートは、出力側が画面を切り替える回数のことで単位はFPSです。

 

PS4は60FPS上限なので、60Hz以上のモニターを使用しても意味がないのです。FPSの低いゲームで、リフレッシュレートの高いモニターを使用してもオーバースペックです。ただし、PCゲームはフレームレートの高いものが多くなっています。

PCスペックにも注意しよう

PS4が60Hzまでしか対応できないのはスペックのせいですが、パソコンでも同じことがいえます。ゲーム自体が高フレームレートに対応していても、パソコンのスペックが足りないと低いフレームレートで出力することになります。

 

144Hz以上のゲーミングモニターを購入する場合は、PCのスペックは対応しているかチェックしておきましょう。PCも購入する場合は十分なスペックのものを選ぶことが大切です。下の記事はゲーミングPCをご紹介しているので参考にしてください。

解像度やリフレッシュレートの設定は適切に

ゲーミングモニターの性能を十分に発揮するには、解像度やリフレッシュレートの設定を行う必要があります。適切な設定になっていないと、スペックに問題がなくても性能を発揮できません。下の記事は、設定の方法を解説しているので参考にしてください。

最新のPS5用におすすめのゲーミングモニターとは?

新しく発売されるPS5では解像度は8Kまで対応し、リフレッシュレートは120Hzまで対応するといわれています。発売前ですが、PS5に最適なゲーミングモニターについて考えるユーザーは多いです。8Kで120Hz以上のモニターは現実的ではありません。

 

4Kで144Hzのモニターもかなり高価になっています。フルHDで144Hz以上のモニターが、PS5のスペックを発揮するには現実的な選択といわれています。画質を重視するなら、リフレッシュレートを落として、4Kのモニターを選びましょう。

まとめ

ゲーミングモニターの選び方やおすすめランキングをご紹介しました。ゲーミングモニターはより深くゲームを楽しみ、高度なプレイをするためにも役に立ちます。今回の記事を参考にして自分に合ったゲーミングモニターを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ