【2021年最新版】ウルトラワイドモニターの人気おすすめランキング20選【在宅ワークにも】

記事ID23335のサムネイル画像

ゲーミングや仕事用に便利なウルトラワイドモニターは、29インチ・34インチなどの大きさの違いや平面・湾曲(曲面)タイプといった形状の違いがあり、用途によっておすすめ商品が異なります。そこで今回はウルトラワイドモニターの選び方や人気のおすすめ商品ランキングをご紹介します。

FF14やFPSをもっと楽しむにはウルトラワイドモニターがおすすめ

ウルトラワイドモニターとは、通常よりも横幅が長いモニターのことを指します。FF14やFPSなどのPCゲームをもっと迫力のある映像で楽しむために、ウルトラワイドモニターの購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

 

実はウルトラワイドモニターはゲーム以外にも多くのメリットがあります。例えば画面上に複数の情報を表示できるため、仕事の作業効率がぐっと上がります。またタイムラインを広く表示できるので、動画編集をしたい方にもおすすめです。

 

そこで今回は、ウルトラワイドモニターの選び方や人気のおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは解像度・機能・価格を基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ウルトラワイドモニターの選び方

ウルトラワイドモニターはサイズや形状、メーカーなどによって様々な種類があります。これからご紹介する選び方を押さえておけば、きっとご自分に合ったウルトラワイドモニターを見つけることができますよ。

モニターサイズで選ぶ

ウルトラワイドモニターには29インチや34インチなどのサイズがあります。特に横幅に注目して、設置スペースに合ったウルトラワイドモニターを選びましょう。

設置スペースが狭いなら「29インチ」がおすすめ

デスク上の設置スペースが限られている場合は、横幅およそ70cmに設置することができる29インチのウルトラワイドモニターをおすすめします。

 

もし29インチのウルトラワイドモニターを設置するスペースもない場合は、対処策としてモニター台の設置やモニターアームの利用がおすすめです。

 

なお、以下の記事でモニター台やモニターアームの人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

設置スペースに余裕があるなら「34インチ前後」がおすすめ

スペースに十分余裕がある場合は、横幅およそ80~90cmでウルトラワイドモニターの魅力を最大限に引き出せる34インチ前後をおすすめします。

 

34インチのウルトラワイドモニターを使うことで、仕事用としては画面に情報を複数表示できて便利です。またゲーミングでは通常のモニターでは見つけられなかった敵を発見できるようになります。

形状で選ぶ

ウルトラワイドモニターは画面の形状によって「平面タイプ」と「湾曲(曲面)タイプ」に分けられます。それぞれに特徴があるのでみていきましょう。

仕事用PCとして使うなら「平面タイプ」がおすすめ

平面タイプのウルトラワイドモニターは、通常のモニターと同様の感覚で利用できる点が特徴です。一般的なモニターの横幅が広くなったタイプなので、仕事の効率をぐっと上げることができます。

 

したがって、平面タイプのウルトラワイドモニターは画像編集をする方や、エクセルやワードなどで作業をする方におすすめです。特にPhotoshopなどで作業する場合は、湾曲タイプだと線がズレて見えてしまう可能性があるので、平面タイプを強くおすすめします。

映画鑑賞・ゲーミングなら「湾曲(曲面)タイプ」がおすすめ

湾曲(曲面)タイプのウルトラワイドモニターは自分を中心にモニターが湾曲しているので、画面への距離が一定に保たれて臨場感と没入感が生まれます。ゲームや映画鑑賞のためにモニターを使用したい方におすすめです。

 

ただし、湾曲タイプのウルトラワイドモニターは基本的に一人用である点に注意してください。左右から見ると画面の遠近感にズレが生じるため、複数人で画面を見るのには向いていません。

画質にこだわるなら解像度は「4K」がおすすめ

解像度が高いほど、映像が緻密に表現されます。最近では解像度の高いウルトラワイドモニターがたくさん登場しています。

 

画質にこだわりたい方には、3840×2160の4K解像度のウルトラワイドモニターをおすすめします。ただ、パソコンのスペックや使用するゲームがこの解像度に対応していなければ、ウルトラワイドモニターの性能を活かせないので注意しましょう。

リフレッシュレートで選ぶ

単位「Hz」で表されるリフレッシュレートとは、1秒間でモニターが画面を更新する回数を指します。ウルトラワイドモニターを使用する用途に合わせて、リフレッシュレートの数値にも注目しましょう。

仕事に使うなら「60hz」がおすすめ

仕事を主な用途としてウルトラワイドモニターを使用したい場合や、メール送信などの作業が多い場合は、それほどのハイスペックを必要としないため、60Hz程度のリフレッシュレートをおすすめします。60Hzであれば不便を感じず快適に作業を進められます。

ゲームや動画視聴なら「60hz以上」がおすすめ

ウルトラワイドモニターでゲームや動画の視聴を主に楽しみたい方には、リフレッシュレートは高めがおすすめです。リフレッシュレートが高いほどなめらかな映像を見ることができます。60Hz以上を基準として選ぶとよいでしょう。

超高性能を求めるなら「144hz以上」がおすすめ

FPSといった急速な動きが求められるゲームなど、さらに高い品質を求める場合は、144Hz以上のリフレッシュレートをおすすめします。超高性能であるため値段が高くなってしまいますが、映像の滑らかさは別格です。

応答速度で選ぶ

応答速度とは、画面の色が変化するためにかかる時間を指します。応答速度が速いほど、画面の移り変わりが素早くなり残像がなくなります。

仕事やネットなら「5ms」がおすすめ

仕事やネットサーフィンなどでウルトラワイドモニターを使用する方には、5ms程度の応答速度をおすすめします。5ms以上の商品を選んでしまうと、画面の切り替わりの遅さにストレスを感じてしまうかもしれないので注意しましょう。

ゲームを楽しみたいなら「4ms以下」がおすすめ

ゲームを存分に楽しみたい方には、応答速度が4ms以下であるウルトラワイドモニターをおすすめします。応答速度が速いほど映像の時差や遅延を抑えることができ、残像が気にならなくなります。リフレッシュレートとのバランスを見ながら選びましょう。

FPSなどを極めたいなら「1ms以下」がおすすめ

特にFPSやアクションゲームなどをプレイしている方は、できるだけ残像を抑えたいのではないでしょうか。そうした方には、応答速度が1ms以下であるウルトラワイドモニターをおすすめします。応答速度の数値にこだわることで、ゲームをより有利に進められます。

光沢の有無で選ぶ

ウルトラワイドモニターには、表面に光沢があるタイプとないタイプがあります。用途や目への負担などに考慮して選びましょう。

ゲーミングなどで鮮明な映像を求めるなら「グレア」がおすすめ

グレアタイプのウルトラワイドモニターは画像や動画を鮮明に映し出してくれるので、映画鑑賞やゲーミングにおすすめです。ただし発色や光の映りが激しいので、長時間画面を見ていると目が疲れてしまう可能性があります。

目への負担を抑えたいなら「ノングレア」がおすすめ

ノングレアタイプのウルトラワイドモニターは、画面に光沢がありません。したがって彩度や発色は控えめになりますが、そのぶん目への負担が軽減されます。長時間の事務作業などのためにウルトラワイドモニターを使用する方におすすめです。

長時間使用にはブルーライトカットなどの「機能」付きのものがおすすめ

仕事や映画鑑賞、ゲームなどで長時間ウルトラワイドモニターを使用する方には、目にやさしい機能がついた商品をおすすめします。特に目の負担を軽減するブルーライトカット機能や、映像のチラつきを抑える「フリッカーフリー」機能の有無に注目しましょう。

ゲーミングで使用するなら「グラフィックボード」との相性を確認しよう

特にゲーミングでウルトラワイドモニターを使用する場合は、持っているPCのグラフィックボードに合ったタイプを選ぶことをおすすめします。

 

NVIDIA G-SyncやAMD FreeSyncといった技術に対応した商品であれば、グラフィックボードのフレームレートとモニターのリフレッシュレートを同期することができます。このことにより、さらに滑らかな映像を楽しむことができます。

自分のPCと繋げる「接続端子」かどうか確認しよう

現在販売されている外付けディスプレイは多くの入力端子対応している商品がほとんどですが、その組み合わせはモデルによって様々です。ウルトラワイドモニターの購入前に、PC側の端子と合致しているかよく確認することをおすすめします。

メーカーで選ぶ

ウルトラワイドモニターはLGエレクトロニクスやASUSなど、様々なメーカーから販売されています。それぞれの特徴をみていきましょう。

幅広いモデルから選びたいなら「LGエレクトロニクス」がおすすめ

LGエレクトロニクスは韓国の大手家電メーカーです。テレビやモニターを中心に、幅広く生活家電を取り扱っています。特にウルトラワイドモニターについては幅広いモデルをラインナップしており、予算に応じて高品質なモデルを選べる点が魅力です。

独自技術にこだわるなら「ASUS(エイスース)」がおすすめ

ASUS(エイスース)の特徴はオリジナルの機能が搭載されたモデルを多く販売している点です。特に「ROG」シリーズはゲーミング向けに開発されたウルトラワイドモニターで、スタイリッシュなデザイン長時間利用に最適な設計が魅力です。

コスパと高品質にこだわるなら「MSI(エムエスアイ)」がおすすめ

台湾のメーカーであるMSI(エムエスアイ)はマザーボードやビデオカードの製造で世界のトップに君臨しています。ウルトラワイドモニターにも力を入れており、高品質ながら低価格の商品が多くラインナップされています。コスパ重視の方におすすめです。

特大モニターを買いたいなら「Dell(デル)」がおすすめ

Dell(デル)はパソコン分野で世界のトップを誇るアメリカのメーカーです。モニターの製造でも有名で、49インチの特大ウルトラワイドモニターも販売されています。作業の効率化にこだわりたい方におすすめです。

平面・ウルトラワイドモニターの人気おすすめランキング10選

超スリムデザインでスタイリッシュに

こちらのウルトラワイドモニターは、最も薄い部分でたった7mmの薄さを達成したスタイリッシュなモデルです。全体的にコンパクトであるため設置スペースが狭くても心配はいりません。またフレームレス・デザインであるため、映像への没入感が高まります。

サイズ 23インチ リフレッシュレート -
応答速度 5ms 光沢 -

口コミを紹介

形状がとても薄く驚きました!画質も凄く良く、設定も細かくできるのでとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲームを最大限楽しめるパフォーマンス

こちらのウルトラワイドモニターは120hzのリフレッシュレートと4msの応答速度によって、ゲームのプレイに最適なパフォーマンスを実現しています。また接続端子が豊富にそろっているので、あらゆるゲームやスピーカーへの接続が可能です。

サイズ 34.1インチ リフレッシュレート 120Hz
応答速度 4ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

画質・応答速度・デザイン・スタンドの丈夫さなどいずれもこれまでに購入したことのあるディスプレイの中で最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

隅々まで敵が見えるゲームの世界

こちらのウルトラワイドモニターは、29インチのサイズなのでゲーミングにおすすめのモデルです。16:9では見えなかった敵まで見つけることができ、これまでにないゲームの世界を楽しめます。またノングレア加工のため、長時間プレイしても目の疲れが軽減されます。

サイズ 29インチ リフレッシュレート 56-75Hz
応答速度 1ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

24インチからの買い替えですが縦幅が小さくなった感じも全くせず良かったです。ゲームをしている方に是非おすすめしたいモニターです。

出典:https://www.amazon.co.jp

長時間作業の負担を削減

こちらのウルトラワイドモニターは、長時間の仕事などをしても目にやさしい機能がついています。ブルーライトカットだけではなく、明るさ調整によって発生する画面のチラつきを防ぐフリッカー・セーフ機能が搭載されています。仕事に使用したい方におすすめです。

サイズ 27インチ リフレッシュレート 61Hz
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

24インチのフルHDから27インチの4Kにした時にきめ細かさといいますか、色味も鮮やかで、本当に満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

複数画面を一度に表示できる

こちらのウルトラワイドモニターは、複数の画面を表示するのに最適な43.51インチの大型サイズです。最大で4つのPCをつないで画面を表示することができるので、作業を効率よく進めることができます。また、4Kの高画質で映画鑑賞なども楽しめます。

サイズ 43.51インチ リフレッシュレート -
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

初の4Kディスプレイです。画質は非常に良く、色むらやドット欠けも特にありません。最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらのウルトラワイドモニターはAMD FreeSyncを採用しているため、ゲームのプレイで画面のかくつきを抑えることができます。また、フレームレスであるため画面が広く見え、臨場感あふれる映像を楽しむことができます。

サイズ 34インチ リフレッシュレート 48-75Hz
応答速度 1ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

VGAとHDMIの端子が1つずつ付いているので、pcとps4を付け替えずに使えるので便利です!ゲーミングモードとかがあるのでゲームやるにも問題なく使えると思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

HDR対応で色鮮やかな映像を楽しめる

こちらのウルトラワイドモニターはHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しているため、明るい部分も暗い部分も通常より鮮明に映し出されます。これにより深みのある鮮やかな映像を楽しむことができます。

サイズ 34 インチ リフレッシュレート 100hz
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

この価格でUWQHD(3440x1440)解像度@100Hzに対応したウルトラワイドモニターはほかにはない性能で気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

横長画面で作業効率UP

こちらのウルトラワイドモニターは21:9の横長サイズとScreenSplit機能を活用することにより、複数の情報を上下左右に表示することができます。作業中にウィンドウを閉じる手間が省けるため、作業を効率よく進めることができます。

サイズ 29インチ リフレッシュレート -
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

とても発色が良いです。半光沢とDCI-P3対応がいい方向に働いていそうです。暖色の発色が良く、人物の肌色が綺麗に見えるので安心して使用できます。また明るい場所は明るく、暗い場所は暗く描写する能力に長けています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲーム向けディスプレイの大型バージョン

こちらのウルトラワイドモニターは、フルHDと比べておよそ2.4倍の広い画面で映像を表示できます。またUWQHD解像度(3440×1440)に対応しているので、ゲームをより快適に楽しむことができます。さらに設計面では、角度や高さを自由に調整できます。

サイズ 34インチ リフレッシュレート 75Hz
応答速度 2ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

ADSパネルという時点で当たり前のことなのですが、以前使用していたAMVA+のパネルに比べ、ディスプレイの角度を調節する頻度が激減しました。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

映像の臨場感UP

こちらのウルトラワイドモニターは近年の映画の多くで採用されている21:9の縦横比とほぼ同じであるため、迫力満点の映像を画面いっぱいに満喫することができます。さらにHDR対応であるため、よりダイナミックな映像に没入したい方におすすめです。

サイズ 34インチ リフレッシュレート -
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

画面が広くなって、2つの画面が十分使えるので、作業が楽になります。ディスプレイとして満点です。

出典:https://www.amazon.co.jp

平面・ウルトラワイドモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8000585の画像

    LG

  • 2
    アイテムID:8000582の画像

    I-O DATA

  • 3
    アイテムID:8000579の画像

    LG

  • 4
    アイテムID:8000576の画像

    JAPANNEXT

  • 5
    アイテムID:8000573の画像

    Acer

  • 6
    アイテムID:8000570の画像

    Dell

  • 7
    アイテムID:8000567の画像

    LG

  • 8
    アイテムID:8000564の画像

    LG

  • 9
    アイテムID:8000561の画像

    Dell

  • 10
    アイテムID:8000558の画像

    ASUS

  • 商品名
  • ディスプレイ
  • ゲーミングモニター
  • ディスプレイ
  • HDR対応ウルトラワイド液晶ディスプレイ
  • UWQHDディスプレイ
  • 大型モニター
  • ディスプレイ
  • ゲーミングモニター
  • ゲーミングモニター
  • フレームレスモニター
  • 特徴
  • 映像の臨場感UP
  • ゲーム向けディスプレイの大型バージョン
  • 横長画面で作業効率UP
  • HDR対応で色鮮やかな映像を楽しめる
  • 複数画面を一度に表示できる
  • 長時間作業の負担を削減
  • 隅々まで敵が見えるゲームの世界
  • ゲームを最大限楽しめるパフォーマンス
  • 超スリムデザインでスタイリッシュに
  • 価格
  • 34,541円(税込)
  • 61,200円(税込)
  • 26,800円(税込)
  • 49,005円(税込)
  • 64,800円(税込)
  • 116,150円(税込)
  • 57,980円(税込)
  • 37,400円(税込)
  • 498,800円(税込)
  • 13,980円(税込)
  • サイズ
  • 34インチ
  • 34インチ
  • 29インチ
  • 34 インチ
  • 34インチ
  • 43.51インチ
  • 27インチ
  • 29インチ
  • 34.1インチ
  • 23インチ
  • リフレッシュレート
  • -
  • 75Hz
  • -
  • 100hz
  • 48-75Hz
  • -
  • 61Hz
  • 56-75Hz
  • 120Hz
  • -
  • 応答速度
  • 5ms
  • 2ms
  • 5ms
  • 5ms
  • 1ms
  • 5ms
  • 5ms
  • 1ms
  • 4ms
  • 5ms
  • 光沢
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • -

曲面・ウルトラワイドモニターの人気おすすめランキング10選

緩やかな曲面で作業に集中

こちらのウルトラワイドモニターは利用者を中心にして緩やかな弧を描いているため、大画面でありながら隅々まで楽に見ることができます。また正面に座ることで独特の没入感を得られるので、作業に集中したい方におすすめです。

サイズ 37.5インチ リフレッシュレート -
応答速度 - 光沢 ノングレア

口コミを紹介

EIZO製品の表示品質が素晴らしいのは言うに及びません。今まで使っていた商品と比べて文字の鮮明さが明らかに違います。このディスプレイは解像度や表示品質以外のところでも非常に使い勝手が良くなっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

鮮やかな色彩表現

こちらのウルトラワイドモニターは応答速度最大1ms、リフレッシュレート144Hzと驚異的なスペックをもっているため、鮮やかな色彩表現の映像を楽しむことができます。また3年間の品質保証が付いているので、万が一の場合にも安心です。

サイズ 34インチ リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms 光沢 -

口コミを紹介

画面がヌルヌル動き、弾も当たる!索敵も非常にしやすく腕が上がったように感じます。画質に関しても流石VAパネル高コントラスト!黒が非常に綺麗です。

出典:https://www.amazon.co.jp

49インチの特大画面

こちらのウルトラワイドモニターは49インチの特大画面が大きなポイントです。WQHD(2560×1440)の映像を2枚同時に表示できる点が特徴で、高効率な作業を実現できます。購入の際は設置スペースが確保されているかよく確認することをおすすめします。

サイズ 49インチ リフレッシュレート -
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

一旦このウルトラワイドに慣れたら通常のデュアルモニターには戻れない麻薬的要素を持ったモニターです。通常のデュアルモニター間の仕切りが如何に邪魔に無意識に操作性を損なっていたかを実感として突き付けてくれた製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

究極のゲーミング環境を実現

こちらのウルトラワイドモニターはゲーマー向けのリフレッシュレートと応答速度が設定されています。また映像に臨場感があるだけでなく、立体感のあるステレオスピーカーによってサウンドからも迫力を得ることができます。

サイズ 35インチ リフレッシュレート 144Hz
応答速度 4ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

曲面ウルトラワイドは見た目がかっこいいですね。2560x1080の解像度でも1画面に十分な情報量が表示できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

あらゆる機能を備えた万能モニター

こちらのウルトラワイドモニターは目にやさしいブルーライトカット、フリッカーフリー機能を備えています。また映像を最大限に楽しめる緩やかな湾曲迫力のサウンド映像の鮮明さなどあらゆる技術にこだわっており、多くの方が満足できる商品に仕上がっています。

サイズ 34インチ リフレッシュレート -
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

複数ソフトを表示して仕事をすることが多いので表示領域が広くなり、作業が大変楽になりました。映像を見るときは一画面で見ています。複数モニタよりは臨機応変に使えてよいのではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

色彩のズレを極力削減

こちらのウルトラワイドモニターはノートパソコンなどで有名なHP(ヒューレット・パッカード)による製品です。色補正後に工場出荷しているため、モニター間の色のばらつきが極力抑えられています。

サイズ 37.5インチ リフレッシュレート -
応答速度 5ms 光沢 -

口コミを紹介

非常に鮮やかな映像なので気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

49インチのダイナミックな映像体験

こちらのウルトラワイドモニターは16:9のディスプレイを2つ並べた場合と同じ画面を実現します。また操作が簡単であることも特徴で、初めてウルトラワイドモニターを使用する方にもおすすめです。HDR対応なので鮮やかな映像を楽しめます。

サイズ 49インチ リフレッシュレート 60Hz
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

リモコンがありPCの優先を切り替えたり電源ON/OFFが便利です。とても満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

仕事にもゲームにも使える!

とにかく画面が大きく高精細で、快適に使うことができます。目や脳の疲れを軽減するフリッカーセーフや、目の負担を軽減するブルーライト低減モードなどが搭載されているので、長時間の仕事にもおすすめです。

 

また、映像をリアルタイムで表示してくれたり暗いところも明るく映し出してくれたりします。基本的なゲームの設定をWindows上で行うことができる機能もあり、ゲームも快適に楽しめるでしょう。

サイズ 34インチ リフレッシュレート 60Hz
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

色々な描写がくっきりなので、目の疲れが非常に少ないです。これは助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ウルトラワイド画面で見やすく高速表示にも対応

2560×1080@144Hzに対応しており、広い視野でいち早くライバルを見つけてすぐに行動することができ、普段のゲームが映画を観ているかのように感じられ臨場感があります

 

また、色の再現率が高かったり、ブルーライト低減モードやフリッカーセーフ搭載だったりとゲーム以外にも様々な用途で使うことができます。

サイズ 34インチ リフレッシュレート 144Hz
応答速度 - 光沢 ノングレア

口コミを紹介

画像は流石に綺麗です。
値段的にもコスパは良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

高解像度な大画面!

3440×1440(QHD)と高解像度なだけでなく、横に広い大画面で快適に作業やゲームができます。暗いシーンを明るくしてくれたり、解像度の低い画像も鮮明に映してくれたりするのも嬉しいところです。

 

ブルーライト低減モードがあるので、長時間使用する場合も目に優しいですよ。

サイズ 35インチ リフレッシュレート 100Hz
応答速度 5ms 光沢 ノングレア

口コミを紹介

作業領域が圧倒的に広くなり、仕事で使用しているLogic ProやFinal Cut Proがさらに使いやすくなった印象です!ラップトップユーザーで自宅でも大きなモニターで作業したい人にオススメです!

出典:https://www.amazon.co.jp

曲面・ウルトラワイドモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8000614の画像

    LG

  • 2
    アイテムID:8000593の画像

    LG

  • 3
    アイテムID:8000605の画像

    LG

  • 4
    アイテムID:8000611の画像

    Philips(フィリップス)

  • 5
    アイテムID:8000608の画像

    hp

  • 6
    アイテムID:8000617の画像

    LG

  • 7
    アイテムID:8000602の画像

    Acer

  • 8
    アイテムID:8000599の画像

    LG

  • 9
    アイテムID:8000596の画像

    MSI

  • 10
    アイテムID:8000590の画像

    EIZO

  • 商品名
  • モニター ディスプレイ
  • ゲーミング モニター UltraGear
  • モニター ディスプレイ 34WL75C-B
  • モニターディスプレイ
  • プロフェッショナル液晶モニター
  • モニターディスプレイ
  • ゲーミングモニター
  • ディスプレイ
  • Optix
  • FlexScan
  • 特徴
  • 高解像度な大画面!
  • ウルトラワイド画面で見やすく高速表示にも対応
  • 仕事にもゲームにも使える!
  • 49インチのダイナミックな映像体験
  • 色彩のズレを極力削減
  • あらゆる機能を備えた万能モニター
  • 究極のゲーミング環境を実現
  • 49インチの特大画面
  • 鮮やかな色彩表現
  • 緩やかな曲面で作業に集中
  • 価格
  • 68,841円(税込)
  • 59,980円(税込)
  • 75,980円(税込)
  • 129,276円(税込)
  • 198,839円(税込)
  • 69,800円(税込)
  • 82,000円(税込)
  • 174,801円(税込)
  • 99,843円(税込)
  • 188,100円(税込)
  • サイズ
  • 35インチ
  • 34インチ
  • 34インチ
  • 49インチ
  • 37.5インチ
  • 34インチ
  • 35インチ
  • 49インチ
  • 34インチ
  • 37.5インチ
  • リフレッシュレート
  • 100Hz
  • 144Hz
  • 60Hz
  • 60Hz
  • -
  • -
  • 144Hz
  • -
  • 144Hz
  • -
  • 応答速度
  • 5ms
  • -
  • 5ms
  • 5ms
  • 5ms
  • 5ms
  • 4ms
  • 5ms
  • 1ms
  • -
  • 光沢
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • -
  • ノングレア
  • ノングレア
  • ノングレア
  • -
  • ノングレア

ウルトラワイドモニターのメリット・デメリット

通常のモニターよりも横幅が広いウルトラワイドモニターには多くのメリットがある反面、デメリットもあります。短所・長所をしっかり把握したうえで購入を検討しましょう。

ウルトラワイドモニターのメリット

ウルトラワイドモニターには画面が大きいゆえのメリットがたくさんあります。仕事で利用すれば多くの情報を一度に画面で表示することができるので、作業効率が格段に上がります

 

映画鑑賞で利用すれば迫力抜群の大画面で作品に没入することができます。さらにゲームで利用すれば、通常のモニターでは見つけられない敵にも素早く対処することができるなど、有利になるポイントが多くあります。

 

いずれの用途においても、通常のモニターでは味わえない魅力がたくさんあることが分かります。「テレワークが増えた」「室内で過ごすことが多くなった」といった方は、ウルトラワイドモニターの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

PS4は注意!ウルトラワイドモニターのデメリット

ウルトラワイドモニターのデメリットとしては、SwitchやPS4など特定のゲームには不向きである点が挙げられます。SwitchやPS4は画面の縦横比が16:9に固定されているため、ウルトラワイドモニターの魅力を活かすことができません。

 

これらのゲームを大画面で楽しみたい場合は、4Kモニターをおすすめします。4Kモニターであれば、ウルトラワイドモニターよりも多くのサイズがラインナップされています。以下の記事では4Kモニターを詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ウルトラワイドモニターの周辺グッズをチェックしよう

ウルトラワイドモニターと合わせて、周辺グッズにも注目してみましょう。ウルトラワイドモニターの周辺グッズとしてはスピーカーなどが挙げられます。周辺アイテムをそろえることで、ゲームや映画鑑賞などをよりいっそう楽しむことができますよ。

 

以下の記事ではUSBスピーカーの人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ここまでウルトラワイドモニターの選び方や人気のおすすめ商品ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたか。用途に合ったウルトラワイドモニターを選んで、これまで味わえなかった大画面の魅力を楽しんでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事