タイムラプスカメラの人気おすすめランキング10選【屋外・星空観測も】

野外の建築現場や星空の様子・花開く様子などを撮影するなら、静止画を繋げて撮れるタイムラプスカメラがおすすめです。今回は、タイムラプスカメラの選び方と人気おすすめランキングを紹介します。4Kや防水機能があるものなど豊富なので参考にしてください。

風景や街並みを撮るならタイムラプスカメラがおすすめ

雲の流れや絵を描く工程など、長回しの動画を撮ったけれどいまいち画が変わらなくて尺が長いと困る場合も多いです。実は、ゆっくり変化するものを撮るなら一定の間隔で撮影した静止画を繋げて撮影ができるタイムラプスカメラがおすすめです。

 

花が咲いていく様子や街並み・空の様子などの撮影にも向いています。コマ送りしたような速さで完成するので、見ている側も変化が楽しめます。しかし、水中撮影ができるものや、高画質のものなどタイムラプスカメラはさまざまな種類が発売されており迷いますよね。

 

そこで今回はタイムラプスカメラの選び方と人気おすすめランキングを紹介の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはサイズ・画質・機能性を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

タイムラプスカメラとは

タイムラプスカメラは、長時間の静止画をコマ送りにして再生ができるカメラです。数時間から数ヶ月など、長い期間の記録と1つの動画にしてくれます。人の流れや街並み、工事の様子など1つの芸術や記録で楽しめるのが特徴のカメラです。

タイムラプスで撮影できる被写体

タイムラプスカメラは、基本的に長い時間にわたって変化があるものを撮る用途で作られています。朝日が登ったり、夕日が沈んだりする風景の様子や、工事現場や絵の完成までの様子・人の街並みや、植物が花開くまでなどさまざまな被写体を撮れるのが魅力です。

 

暗い場所や天候の悪い場所でも撮れるタイプも多いため、普通のカメラでは映りにくい夜の街や星空・雨の日の撮影にもおすすめです。

タイムラプスカメラの選び方

タイムラプスカメラは、サイズや画質・機能性など幅広く商品が販売されています。自分の欲しい機能性や大きさなどを考慮した上で選ぶとお気に入りの商品が選べます。

画質(画面サイズ)で選ぶ

フルHDや4Kなど、画質(画面サイズ)を考慮して選ぶのもおすすめです。高画質を求めるなら、画面サイズが大きいものを選ぶとより迫力ある映像が撮れます。

記録用なら容量が軽い「HD」がおすすめ

作業の記録用として使うなら、容量が軽いHDサイズがおすすめです。画質はフルHD・4Kよりも劣りますがスマホで見ても申し分ない画質です。SDカードの容量が少ない方は、HDサイズのタイムラプスを使用すれば長時間の撮影ができます。

スマホやパソコンで見るなら「フルHD」がおすすめ

通常のデジカメやスマホのカメラなど、最近では通常の画質がフルHDに設定されているものが多いです。スマホやパソコンなどのモニターで映像をチェックするなら、フルHDで十分です。4Kよりもファイルサイズが小さいので、長く撮影ができるのも魅力です。

 

YouTube用の動画を編集する場合は、フルHDに対応しているアプリや動画編集ソフトがかなり多いため扱いやすいサイズになります。あとから画質を落とすのは可能なので、とりあえずある程度の画質を求める方にはフルHDがおすすめです。

高画質にこだわるなら「4K」がおすすめ

細かい部分まで録りたい場合や、とにかく高画質にこだわるなら4Kのタイムラプスカメラがおすすめです。フルHDのタイプよりも価格は張りますが、大きい動画にもしっかり対応してくれます。大画面のモニターで映像を楽しみたい方にもおすすめです。

機能性で選ぶ

HDR機能や防水機能など、撮影する場所や求める機能性に合わせて選ぶのもおすすめです。事前に欲しい機能性をチェックしておくと選びやすいです。

ダイナミックレンジを表現するなら「HDR機能」がおすすめ

露出を変えながら2枚以上の画像を合成して、よりダイナミックレンジな写真が撮れるのがHDR機能の魅力です。動画にしたときにより鮮やかで綺麗な映像になるので人気があります。鮮やかな映像を使うだけでなく、暗い場所や明るすぎる場所でも使えます。

水中や海など野外で撮影するなら「防水機能」がおすすめ

水中や海など、水がある場所や野外で撮影するなら防水機能が付いているものは重要です。防水規格によってどれくらいの水で故障しないのかが分かるので事前にチェックしておきましょう。数値が大きいほど、防水機能が高いので使う場所によって選びましょう。

 

以下の記事では、防水カメラのおすすめ商品を紹介しています。水中の様子を撮れるカメラが揃っているので参考にしてください。

夕日や星空など決まった時間を撮るなら「タイマー機能」がおすすめ

夕日が落ちる瞬間や、星空が出ている間など、決まった時間のタイムラプスを撮るならタイマー機能が搭載されているものを選びましょう。指定した時間のみ撮影をしてくれるので、容量や無駄な写真を撮るのを抑えられて、データや電池の節約になります。

リアルタイムで映像確認をするなら「液晶モニター付き」がおすすめ

基本的にタイムラプスカメラは、定点で撮影する場合が多いですがリアルタイムで映像を確認しながら撮影をしたい方には、液晶モニターが付いているものを選びましょう。フィルターが選べたり、不要なデータを消去したりもできるので操作性も高いです。

持ち運びに使うなら「サイズ・重量」もチェック

タイムラプスカメラをよく持ち歩くなら、サイズが小さかったり重量が少なかったりとコンパクトなものを選ぶと使いやすいです。重いものだとカバンを圧迫してしまうので、荷物も増えてしまいます。特に女性や子供が使う場合は、サイズ感にもこだわりましょう。

 

また、折りたたみができるタイプやスタンドが別で付けられるタイプだと収納もしやすいのでおすすめです。重量は100g以下のタイプも多くありますが、基本的には300g前後のタイムラプスカメラが多く販売されています。

数日かけて長回しするなら「連続撮影時間」もチェック

何日も定点でタイムラプスカメラを使用するなら、連続撮影時間をチェックしましょう。バッテリータイプのものは、何時間稼働するか知っておくと適度に充電ができます。10日以上とかなり長い期間なら、乾電池で稼働するタイプの方が長回しできるのでおすすめです。

 

また、外部充電に対応しているものだと電池やバッテリーが切れたときでも使えるので安心です。工事現場や絵の制作状況・街並みなど、カメラを回す時間を事前に計算しておくのをおすすめします。

屋外のトラブル防止なら「防犯タイプ」もおすすめ

家の周りの不審者や畑の監視など、屋外のトラブル防止なら防犯機能が付いているタイムラプスカメラもおすすめです。人や動物を察知してカメラを回してくれる機能が付いているタイプもあるので、防犯カメラとしても役に立ちます。

iPhoneで画像チェックするなら「アプリ対応」がおすすめ

iPhoneにて撮影した画像をチェックするなら、アプリ対応のものを選びましょう。アプリとiPhoneを繋ぐとパソコンに繋がなくてもすぐに映像や画像がチェックできます。出先でiPhoneの動画アプリでフィルターをかけたり、字幕を入れたりできるので便利です。

人気メーカー・ブランドで選ぶ

タイムラプスカメラの種類に迷ったら、人気ブランドやメーカーから販売されているものがおすすめです。口コミも多く初心者にも参考にしやすいです。

建築や工事現場で使うなら「ブリンノ(Brinno)」がおすすめ

建築や工事現場の作業工程を撮影するなら、建築用に特化したブリンノ(Brinno)のタイムラプスカメラがおすすめです。天候が悪くても使える防水機能はもちろん、水平を保ったり落としても丈夫な耐久性にこだわったりと設計もしっかりしています。

 

ほかにも、HDR機能が搭載されていたり逆光でも撮影できる機能だったりと多くのタイムラプスカメラを販売しているメーカーなので迷ったらおすすめです。

広角レンズでダイナミックな映像を撮るなら「ハンファ」がおすすめ

ハンファは、画角120°と広角レンズを搭載しているタイムラプスカメラを販売しているメーカーです。4種類の撮影モードが搭載されていて、撮る目的や被写体に合わせて選べるのも魅力です。ソーラーパネルで充電ができるので野外での長時間撮影にもおすすめです。

一眼レフと合わせて使うなら「ソニー(SONY)」がおすすめ

持っている一眼レフと合わせて使うなら、ソニー(SONY)のカメラがおすすめです。一眼レフの高画質写真を使ったタイムラプスが作れるので人気が高いです。撮影する際に設定が必要になりますが、高画質で工程を撮影したい方におすすめです。

タイムラプスカメラの人気おすすめランキング10選

10位

Dsoon

防犯カメラ・タイムラプスカメラ

防水・防塵で屋外の映像をしっかりキャッチ

ミニ型の防犯カメラとして使えるタイプで、タイムラプス機能も付いています。単3乾電池・ACアダプター・ソーラー充電と3種類の電源方法で利用できるので、長時間の撮影が可能です。タイムラプス機能はガラス越しの撮影に使えます。

 

タイムラプスのほかにも写真モードや音声動画・通常の動画撮影にも使用できます。SDカードに記録されるので、パソコンやスマホで撮影後のデータをすぐに確認できます。

画面サイズ HD サイズ 10.6×7.4×4.3cm
重量 230g 機能性 防水・防塵機能

口コミを紹介

動きを感知して撮影してくれるのはもちろん、画質いいです。トリガースピードも早く、走り去る鹿がちゃんと録画されていました。夜間のモノクロ画像も、見やすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Plutoセンサーで動く被写体にも合わせやすい

通常の写真・タイムプラス・ビデオなど、撮りたい被写体に合わせた設定が楽しめます。HDR機能が付いており、最大19枚まで鮮やかな写真が撮れます。タイマー機能も付いているので、撮りたい時間に合わせて撮影が可能です。

 

Plutoセンサーが付いていて、レーザーや光・音などさまざまなセンサーを使って被写体が撮影できます。DIYセンサーや超音波センサーも搭載されているので動き回る被写体にも合わせられます。

画面サイズ - サイズ 6×4×2cm
重量 35g 機能性 音声コマンド付き・HDR機能

建築現場記録ならハイスペックモデルがおすすめ

建築現場の記録に特化したタイムラプスカメラです。フルHR・HDR搭載で屋外や屋内など、場所を問わず鮮明な映像が記録できます。また、電池持続時間がかなり長いので乾電池18本で最大1年間持ちます。

 

タイムラプスカメラに合わせて、クランプマウントキットやバッテリー・防水ケース・アダプターなど一式がセットになっているので届いてすぐに建築現場の記録が始められます。丸いポールや縁にもしっかり固定できるスタンドが優秀です。

画面サイズ フルHD サイズ 42.4×70.6×60cm
重量 1.8kg 機能性 HDR機能・スタンド付き・タイマー機能

夜や逆光でも撮影しやすいHDR機能

HDR機能が搭載されていて、夜や逆光でも綺麗に撮影ができます。防水ケースが付いているので、雨の日や屋外にもおすすめです。SDカードに撮影データが保存される仕組みなので、パソコンやスマホで簡単にチェックできます。

 

ハンディサイズで持ち運びがしやすいので、好きな場所に設置ができます。毎日の設定タイマー機能が付いていたり112°ワイドアングルの広角レンズが搭載されています。

画面サイズ フルHD サイズ 26.67×17.78×7.62cm
重量 589g 機能性 防水・防塵機能、タイマー機能

ビデオ・タイムラプスカメラと2種類使える

1台でビデオとタイムラプスの2種類が使える商品です。138°の超広角レンズが搭載されているので、広範囲のタイムラプス動画を作れます。バックパッククリック・バイクホルダーマウントが付いています。

 

Wi-Fiダイレクト式になっており、スマホで撮影した画像をすぐにチェックできます。スマホではアプリを使ってトリムやリバース再生・音楽をつけるなどの編集ができます。コンパクトで持ち運びしやすいのも魅力です。

画面サイズ フルHD サイズ 5.08×2.54×5.08cm
重量 74.5g 機能性 バックパッククリック・バイクホルダーマウント・ヘルメットマウント機能付き

4種類の撮影モードが利用できる

タイムラプスのほかにも、ステップビデオ・ストップモーション・スチールと4種類の撮影モードを使用できるカメラです。フルHDに対応しており、さらにHDR機能に対応しているので白飛びを防いで綺麗な写真が撮影できます。

 

長時間の撮影に向いている省電力設計がされており、4本の乾電池で最大で92日間の撮影ができます。撮影する時間の設定や撮影する曜日も指定できるので、工事現場や星空などの撮影が可能です。撮影画角は118°と広角仕様です。

画面サイズ フルHD・HD サイズ 60×70.6×42.4mm
重量 85g 機能性 撮影モード4種類

口コミを紹介

ラプス撮影については機能は文句ないです。長期間の撮影にも耐えられる設計です。

出典:https://www.amazon.co.jp

超広角レンズ搭載のタイムラプスカメラ

アウトドアに使えるソーラーパネル・乾電池・ACアダプタと3種類の電源で稼働するので、状況や撮影時間に合わせた使用ができます。SD・HD・高画質FHDと3種類の画面サイズが選べて便利です。

 

防水・防塵性能がIP66と高い数値で設定されており、直接水がかかっても撮影が続けられます。防水ケースが必要ないので、オプション品を付け足す必要がありません。広角レンズ搭載で120°による範囲撮影ができます。

画面サイズ SD・HD・フルHD サイズ 32.6×27.8×10.2cm
重量 1.4kg 機能性 防水機能・ソーラーパネル搭載・乾電池稼働

口コミを紹介

屋外イベントの夜間気温マイナス5~13℃の中、問題なく撮影できていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

屋外や建築現場向けのタイムラプスカメラ

防水防塵ケースが付いていて、屋外や建築現場の撮影用として使えるタイムラプスカメラです。乾電池式で単3電池4本で稼働し、1日30分の撮影で最大78日間撮影できます。

 

超広角レンズが搭載されているので、140°の角度をしっかり記録に残せます。記録メディアはSDカードを使用しており、パソコンやデジカメに挿すだけで簡単に映像や写真の確認ができます。

画面サイズ HD サイズ 26×6.9×17.12cm
重量 690g 機能性 防水ケース付き・取り付けゴム仕様

口コミを紹介

ロングセラーの製品なので、今になってみると1280×720の解像度は残念ですが、それでも充分綺麗です。植物の観察用としては充分使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

クレイアニメ制作にも使える基本機能タイプ

基本的な機能を備えているタイムラプスカメラです。定点観測用で、1.44インチの液晶ディスプレイが搭載されています。標準レンズ搭載なので、花や緑・昆虫をはじめ空などの風景の様子も見られます。

 

オプション品が付けられるので、クレイアニメの制作にも使用できます。単3電池4本で稼働し、最大で78日分の撮影が可能です。タイマー機能が付いていて撮影したい時間帯を指定できるのも魅力です。記録メディアはSDカードです。

画面サイズ フルHD サイズ 6.35×4.57×10.67cm
重量 250g 機能性 タイマー機能

口コミを紹介

予想以上に電池が長持ちするので助かっています。大きなバッテリーを必要とせず、ガラス越しに定点観測をしたいという私の要求に合致しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

液晶ディスプレイ付きの定点観測用カメラ

1.44インチの見やすい液晶ディスプレイが搭載されており、映像をチェックしながら撮影が可能です。タイマー機能が付いていて、録りたい時間を指定できます。ダイナミックレンジを表現できるHDR機能が搭載されています。

 

乾電池で撮影が可能なので、充電も不要で最大40日と長時間の撮影ができます。録り終えた静止画は自動でタイムラプス動画を作成してくれるので、機械が苦手な方にもおすすめです。外部充電に対応していて電池がなくても使用できます。

画面サイズ フルHD サイズ 10.59×6.4×4.6cm
重量 340.19g 機能性 HDR機能・乾電池機能・タイマー機能

口コミを紹介

ネットに情報が少なく、少し心配だったが、買ってみると大満足。ただし、値段はやや高く、コストパフォーマンスはやや悪い。

出典:https://www.amazon.co.jp

タイムラプスカメラの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 画面サイズ サイズ 重量 機能性
1
アイテムID:9829150の画像
TLC200Pro

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

液晶ディスプレイ付きの定点観測用カメラ

フルHD 10.59×6.4×4.6cm 340.19g HDR機能・乾電池機能・タイマー機能
2
アイテムID:9829783の画像
TLC200

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

クレイアニメ制作にも使える基本機能タイプ

フルHD 6.35×4.57×10.67cm 250g タイマー機能
3
アイテムID:9830059の画像
BCC100

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

屋外や建築現場向けのタイムラプスカメラ

HD 26×6.9×17.12cm 690g 防水ケース付き・取り付けゴム仕様
4
アイテムID:9829799の画像
タイムラプスカメラ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

超広角レンズ搭載のタイムラプスカメラ

SD・HD・フルHD 32.6×27.8×10.2cm 1.4kg 防水機能・ソーラーパネル搭載・乾電池稼働
5
アイテムID:9829819の画像
TLC2020

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

4種類の撮影モードが利用できる

フルHD・HD 60×70.6×42.4mm 85g 撮影モード4種類
6
アイテムID:9830140の画像
TLC130

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ビデオ・タイムラプスカメラと2種類使える

フルHD 5.08×2.54×5.08cm 74.5g バックパッククリック・バイクホルダーマウント・ヘルメットマウント機能付き
7
アイテムID:9830191の画像
BCC200

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

夜や逆光でも撮影しやすいHDR機能

フルHD 26.67×17.78×7.62cm 589g 防水・防塵機能、タイマー機能
8
アイテムID:9830079の画像
BCC2000・

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

建築現場記録ならハイスペックモデルがおすすめ

フルHD 42.4×70.6×60cm 1.8kg HDR機能・スタンド付き・タイマー機能
9
アイテムID:9830167の画像
タイムプラスカメラ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

Plutoセンサーで動く被写体にも合わせやすい

- 6×4×2cm 35g 音声コマンド付き・HDR機能
10
アイテムID:9830173の画像
防犯カメラ・タイムラプスカメラ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

防水・防塵で屋外の映像をしっかりキャッチ

HD 10.6×7.4×4.3cm 230g 防水・防塵機能

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

安い価格で抑えるならレンタルするのもおすすめ

タイムラプスカメラを使う頻度があまりない方や、買おうか迷っている方、安い価格で試してみたい方にはレンタルがおすすめです。レンタルは、実際に気になるタイムラプスカメラを借りて機能性や画質などをチェックできるので、失敗する場合が少ないです。

 

実際に店舗でタイムラプスカメラをレンタルする方法もありますが、最近ではネットで数日分のレンタルができるサイトも増えています。サイトによってレンタル料金が変わりますので、しっかりチェックしてから選ぶのがおすすめです。

動画や写真保存にはSDカードが必須

ほとんどのタイムラプスカメラは、SDカードを差し込んで記録するタイプのものが多いです。SDカードは容量が多いほど、多くの写真が記録できます。8GB程度で十分ですが、長い期間撮る場合は大きめの容量を買っておくと損はありません。

 

Wi-fi付きのタイプだとスマホやパソコンと連動して写真が見られるので便利です。以下の記事では、タイムラプスカメラに使えるSDカードを紹介しています。大容量タイプから手頃な価格のものまで揃っているので合わせて参考にしてください。

デジカメやアクションカメラに搭載されている場合もある

デジカメやアクションカメラなど、ほかのカメラにもタイムラプス機能が付いている場合があります。すでにデジカメやアクションカメラを持っている場合は確認しておきましょう。工事現場や定点観測にこだわらない場合は、付属の機能でも十分楽しめます。

 

以下の記事では、アクションカメラやデジカメのおすすめ商品を紹介しています。タイムラプス機能にもいろいろ試したい方は合わせてチェックしましょう。

まとめ

今回は、タイムラプスカメラの選び方と人気おすすめランキングを紹介しました。いつもと違った動画が撮れるタイムラプスカメラは、風景や長回しの動画にも向いています。機能性やデザインなど豊富にあるので、迷ったらランキングを参考にしてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年05月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事