【初心者でも綺麗に撮れる】おすすめの赤道儀人気ランキング15選

記事ID5800のサムネイル画像

天体の姿を綺麗に写真に写したい時に活躍してくれるのが赤道儀。星が線のように写ってしまうのをしっかりと点として写すので目でみたままの状態で撮影する事が可能になります。今回はそんな赤道儀のおすすめの物を人気ランキング形式で紹介しています。選び方も解説しています。

赤道儀があれば星空も綺麗に残せる

赤道儀は地球上の緯度が違う色々な場所での天体観測を行うために望遠鏡に取り付ける器具。地球の自転軸に平行な極軸に直角な回転軸を取り付けて、軸上の反射鏡やレンズが中心軸から外れないようにする効果があります。初心者にもマストアイテムです。

 

天文台の特殊な望遠鏡はこの取り付け方で赤道儀が必ず取り付けられているので綺麗に星が見えます。今回はおすすめの赤道儀をサイズや種類、付属品に注目して人気ランキング形式で紹介。選ぶ時のポイントも解説していますので参考にしてみて下さい

赤道儀の人気ランキング15選

15位

セレストロン

赤道儀アドバンスVX

価格:98,083円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CE91519

アドバンスVX赤道儀があれば簡単に土星や木星、星雲などを自動で探す事ができます。経緯台タイプよりも赤道儀タイプの方がより点像の撮影がしやすいです。場所や時間で見れる惑星や星を40000個のデータから選ぶだけなので初心者にも操作しやすいです。

 

23cmクラスなら単体で20cmクラスの望遠鏡ならガイド望遠鏡も同時に搭載す事も可能。ガイド望遠鏡を使うとより正確に追尾ができます。アリミゾ式の望遠鏡を持っている方はすぐに乗せることができます。コントローラーは日本語表記。最大荷重は13.6kg。

サイズ93×64×28cm(梱包サイズ)種類オールマイティー
付属品ハンドコントローラー

口コミを紹介

三脚架台は重量があり、とてもしっかりしています。アリガタプレートの固定は2本のねじでがっちり固定できます。デジ一+300mmf4程度の機材は楽勝です。レンズのフォーカスリングを回しても像が揺れにくいので天体撮影のシビアなピントあわせがやりやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

Gskyer

天体望遠鏡セット

価格:24,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者と子供向け

海外メーカー製の天体望遠鏡。屈折式天体望遠鏡と赤道儀のマウントを採用してステンレス製の三脚を組み合わせました。金属部品を多く使っているので重量があり風のお影響も受けにくいです。高級天体望遠鏡を使う前の入門機として最適機種。

 

口径80mmで初心者には十分な明るさを与えて焦点距離900mmは、全長にして11000mm位です。180/90/25倍の三段階の倍率があるので便利です。

サイズ102×33×22cm(梱包サイズ)種類オールマイティー
付属品天体望遠鏡・三脚

口コミを紹介

手にすると心地良い重みを感じます。そして隅々まで丁寧に作られている質の高さを実感します。使用してみると操作感の滑らかさ、光学的解像力の高さを感じます。単眼鏡なのに双眼鏡並みの見えが得られるのが他の数多の単眼鏡との違いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ケンコー(Kenko)

スカイメモT

価格:30,401円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポータブル赤道儀

スマホで操作できるポータブル赤道儀スカイメモT。スカイメモシリーズで最軽量で650g。コンパクトな手の平サイズだから旅行などにもおすすめです。無料アプリのスカイメモTをダウンロードすると北極星の位置を表示して簡単に極軸合わせができます。

 

車の中や小屋の中などからスマホで遠隔操作して赤道儀に必須な極軸望遠鏡・明視野照明も付いているから便利。天体撮影やタイムラプス撮影が簡単にできて初心者でも扱いやすい赤道儀。小型一眼レフカメラやミラーレスカメラを使っている方に最適です。

サイズ76×70×103mm種類ポータブル
付属品なし

口コミを紹介

星景写真を撮影するために購入しました。流星群も今年はきれいに見える年なので奮発して購入しました。今回は途中から車ではいけない場所だったのでレンズ一本分の重さのスカイメモTはとても軽くて持ち運びに便利でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ケンコー(Kenko)

スカイメモRS

価格:108,815円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三脚がセットになってる

正確な極軸合わスカイメモRSせに役立つ微動マウントやカメラとのバランスを取るのに欠かせないバランスウエイト、ウエイトシャフトなどがセット。このセットとカメラ、自由雲台だけで本格的な天体撮影が始められます。

 

長時間露光しても星は点像のまま写しとる事ができます。内容:赤道儀本体・大型微動マウント・カメラアーム・バランスウエイト(1.5kg)・ウエイトシャフト・QMDコントローラー・暗視野照明装置・電池ボック。

サイズ95×31×29cm(梱包サイズ)種類オールマイティー
付属品大型微動マウント・ウエイトシャフト・バランスウエイト
11位

peh

ハヤブサMk3

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポータブル手動式赤道儀

カメラ専用の手動式のポータブル赤道儀。電源が不要で故障しにくい丈夫な作りです。コンパクトでもフルサイズ一眼からコンパクトデジカメまで多種多様のカメラに使えます。

 

魚眼レンズから250ミリ程度の望遠まで対応。上達すれば500ミリで星雲もとらえられます。内蔵されたスコープで北極星を捉えたらすぐに撮影スタンバイが出来ます。撮影までにしっかりとした雲台付き三脚・小型の自由雲台・カメラを用意しましょいう。

サイズ種類ポータブル
付属品なし

口コミを紹介

以前に綺麗な星景写真に憧れて撮り始めましたが、やはり赤道儀を使った写真にはかなわないと感じ、諦めていた所このハヤブサに出会いました。手頃な値段で使いかたも簡単。

星の写真が撮りたいが赤道儀は高価で敷居が高いと感じている方にお勧めします。コストパフォーマンスは大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ケンコー(Kenko)

赤道儀セット

価格:225,831円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セットだからラク

高精度放物面鏡の口径200mmの反射望遠鏡。眼視観測だけではなく写真撮影にも適した望遠鏡です。主鏡セル部分はシースルー構造で観測前の温度に素早く順応します。斜鏡を支えるスパイダーには0.5mm厚の羽根型を採用。

 

主鏡には光軸合わせに便利なセンターマークが表示。4万個以上の天体を記憶したSynScan自動導入システムに大型赤道儀と三脚をセット。コントローラーには日本語でメッセージが表示。別売のソフトを使うとパソコンで見たい星を探して望遠鏡への導入や制御が可能

サイズ200N種類オールマイティー
付属品鏡筒

口コミを紹介

この値段でこのクラスでこの見え味なら非常にコスパの高い望遠鏡だと思います。付属のアイピースPL25mmはとても明るく低倍率なので星雲・星団を眺めるには快適。

もう一つの付属PL10mmは中倍率になるので、今が旬の球状星団M13やM5は小さな星が集まっている様子が綺麗に見えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ペンタックス

GPSユニット

価格:16,352円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

O-GPS1

星を自動追尾するアストロトレーサーを搭載していて赤道儀を使わずに星が流れないように撮影できます。対応機種はK-5・K-r。真北を基準にした正確な電子コンパス搭載なので緯度・経度・高度・時間に加えて方位情報を撮影画像に記録可能。

 

GPS情報から得られた現在地から目的地までの距離と方位を算出する直線ナビ使えばパソコンで作成した位置情報ファイルや画像データからナビゲーションもできます。防滴対応でカメラとケーブルレスで使えるので急な雨でも安心

サイズ5cm種類
付属品なし

口コミを紹介

星景撮影自体にはオプション的な使い方限定ですが、ふと望遠でオリオン座大星雲を撮ってみて美しき宇宙の姿に感動。小さいながらもこれなしでの写真より良く撮れました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ビクセン(Vixen)

SX2赤道儀

価格:169,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザイン

STAR BOOK ONEコントローラーを標準装備しているのでこれから本格的な天体観測をしたい方に最適。パルスモーターによる電動駆動。マイクロステップ駆動は約250pps。電源・消費電流はDC12V・0.3A~2.0A。搭載可能重量:約1.2~12kg。重さは約7kg。

サイズ高さ343×幅360×厚さ128mm種類
付属品ウエイト1.9kg
7位

ケンコー

MEADE

価格:37,963円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セットで使いやすい

初めての方にも使いやすい赤道儀式天体望遠鏡シリーズ。微動ハンドル1本で天体の動きに合わせて追尾が可能です。天体望遠鏡とプラネタリウムソフトのセットだからすぐに天体観測を始められます。焦点距離は1000mm。対物レンズ径は127mm。F値はF7.9。

サイズ15.5×41.8×95cm(梱包サイズ)種類オールマイティー
付属品天体望遠鏡・プラネタリウムソフト

口コミを紹介

使い慣れるまで苦労しましたが初めて月を見たときは感動しました。スマホでも写真が撮れます。固定する器具を買うと楽に撮れました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

VIXEN

SXD2

価格:280,754円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤道儀PFL

駆動モーターにパルスモーターを採用してレスポンス性能を向上しました。マイクロステップ方式により高トルクながら低速から高速域まで常にスムーズな駆動を実現。減速ギアヘッドを排除してバッグラッシュの徹底排除をしました。


コントローラーにはSTARBOOK TEN を付けていて優れた視認性と情報量で天体観測をバックアップ。恒星追尾時におきる鏡筒反転のタイミングをユーザー自身が選定できるので鏡筒反転を回避できます。

サイズ種類
付属品コントローラー
5位

ビクセン(Vixen)

星空雲台ポラリエ

価格:58,859円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に使える

満点の星が綺麗に撮れるポラリエと三脚M-155MAのセット。小さなコンパスや傾斜計と目視で合わせて使うので細かく設定したい方には向いていません。電源 は単三乾電池2本。連続駆動2時間以上可能です。外部電源 はUSB-miniのB型対応。本体重量は2.6kg。

サイズ82×57×57cm種類ポラリエ
付属品三脚

口コミを紹介

アルミボディーで高級感あります。左右に北斗七星、カシオペア座のデザインお互いの交わる中心に北極星の位置。古代の壁画を思わせるロマン溢れた商品です。オプションを使えば設定も簡単です。軽いので登山、旅行にはいい相棒になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

スリック

赤道儀

価格:41,622円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイムラプスが使える

最大5kgまでの機材を搭載可能なタイムラプス赤道儀。小型で軽量なので持ち運びに便利です。天体撮影に最適な自動追尾できる赤道儀。大小2つの北極星のぞき穴とVカット溝で簡単に極軸合わせができます。別売のSMH-250を使えば極軸あわせも容易にできます。

 

回転モードを搭載していてタイムラプス撮影を行う際に便利な電動雲台としても活躍。液晶ディスプレイにより多彩なモード変更がしやすいです。単三電池4本で駆動します。モバイルUSBチャージャーからのマイクロUSB給電ポートも備えています。

サイズ84×86×65cm種類タイムプラス
付属品電動雲台
3位

サイトロンジャパン

NEWnano.tracker

価格:22,408円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト赤道義

ナノトラッカーは撮影できます。単三電池や外部バッテリーにも対応。外部バッテリーの容量によって長く撮影できます。コントローラーを1のモードにすると星空写真撮影モード。

 

広角の撮影を目的に開発していますのでワイド撮影するのに最適。0.5のモードにすると星と風景を一緒に撮影する星景写真モード。400gと手の平に収まる小型赤道義です。山での撮影などNewナノトラッカーは軽くて場所とらないので持ち運びに適しています。

サイズ55×66×99mm種類タイムプラス
付属品日本語取扱説明書・国内保証書

口コミを紹介

なんといってもこの商品の強みはコンパクトさです。微動モーターとコントローラー、電子レリーズをまとめてお弁当箱サイズのタッパーに入れて持ち運んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ケンコー(Kenko)

スカイメモS

価格:31,604円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポータブル赤道儀

簡単なセッティングで素晴らしい星野写真が撮れるケンコーポータブル自動追尾赤道儀シリーズのスカイメモに小型な新タイプが誕生。コンパクトボディに充実の機能を多数搭載していて持ち運びに最適。

 

星野撮影やタイムラプス、インターバル撮影などワンランク上の撮影が楽しめます。天体撮影を始めたい方からサブ機として気軽に撮影したい上級者の方まで星を撮る人に必携の一台。

サイズ173.5×113.3×96mm種類ポータブル
付属品なし

口コミを紹介

設置かんたん、天の川も綺麗に撮影できます。そして山奥で赤道儀をセットしているとき、メカニカルな見た目が気分を盛り上げてくれます。α7シリーズとの組み合わせではマンフロット190シリーズが丁度良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ビクセン(Vixen)

星空雲台ポラリエ

価格:29,474円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポータブル赤道儀

ポラリエは天体の動きに合わせて動くモーター駆動のカメラ雲台。ポラリエにカメラを載せて写真を撮る事で星を点像として撮影できます。星と風景を一緒に写し込む星景写真の撮影にも威力を発揮します。

 

搭載可能重量は約2kgでコンパクトなミラーレスタイプやマニュアルモードが充実した一眼カメラ+レンズも十分に搭載可能。

 

星追尾モード、星景撮影モード(0.5倍速)、月食や日食の撮影に便利な月追尾太陽追尾の4モードを搭載していて目的によって使い分けられます。単3アルカリ乾電池で2時間動作。外部電源も使用可能。

サイズ95×137×58mm種類ポータブル
付属品なし

口コミを紹介

天の川を撮影しましたがきれいに撮れました。今回の露出時間は1分程度でしたが今度はもう少し長時間の露出に挑戦してみます。

出典:https://www.amazon.co.jp

赤道儀の選び方

赤道儀にも色々あるのでどれが良いのか迷ってしまいますよね。選び方を解説しています。

天体望遠鏡について知ってから選ぶ

天体観測や星空を見る為に使う天体望遠鏡や赤道儀ですが、そもそもどういった物なのでしょうか。見てみましょう。

天体望遠鏡について

天体望遠鏡はレンズや反射鏡が入っている鏡筒と、鏡筒を取付けて自由に安定して動かせるようにする架台、架台をしっかり支える三脚を組み合わせた物。大きな鏡筒を取付けるためには大型の架台や三脚が必要で持ち運ぶならコンパクトにしなくてはいけません。


どのような天体を観測するのか、天体写真撮影が目的か、移動をともなう天体観測かなど、目的に応じて選びましょう。鏡筒は星の光を集める対物レンズや反射鏡と目で見るための接眼レンズで構成されています。屈折式、反射式、カタディオプトリック式に分けられます。

 

選ぶときにポイントとなるのは対物レンズや主鏡の口径(有効径)。口径が大きいほど沢山の光を集められて明るくなり暗い天体の観測・撮影に適しています。

見たい物によって倍率を変える

倍率(拡大率)は観測対象により違います。倍率を決めるのは鏡筒の焦点距離と接眼レンズ。鏡筒の焦点距離を接眼レンズの焦点距離で割ったものが倍率。接眼レンズを交換すると倍率を自由に変更できます。


星雲や星団の観測、写真撮影では20~50倍の低~中倍率。二重星や月面の詳しい観測は50~100倍。惑星の表面の模様などをはっきり見る時は150倍以上といったように倍率を変えて楽しみます。

赤道儀があればさらに本格的な撮影ができる

赤道儀を使う事で星を点としてとらえる事ができます。天体観測や星空の写真撮影など本格的に使いたい方には赤道儀は必用不可欠。自分がどういった物を使いたいのかにもよりますが自動追尾が可能な物もあります。

 

赤道儀の設置(極軸合わせ)を簡単にするポーラメーターを利用すれば極軸合わせを簡単にする事も可能です。北極星の見えない場所で使う場合にもポーラメーターは威力を発揮するので併せて購入しても良いですね。

サイズで選ぶ

赤道儀にはコンパクトな物から少し大きな物まで様々なサイズがあり、サイズ選びも重要です。持ち運ぶ事が多い方や移動が公共交通機関の場合には少しでも軽くてコンパクトな物の方がラクですよね。ですが、注意したいのが耐荷重

 

赤道儀の赤経と赤緯の回転する部分の中心点にある不動点。購入する時にはここの距離の耐荷重を見ておきましょう。天体望遠鏡・カメラ・カメラアダプター・フード・ヒーター・将来オートガイドを使用した場合の重量なども考慮して選びましょう。

 

天体望遠鏡の重量よりも多くの重量を搭載できるのかも確認しましょう。将来オートガイドを取り付ける予定があるのなら10kg位に耐えられる赤道儀を選ぶようにしましょう。

種類で選ぶ

赤道儀にも様々な種類があります。それぞれどういった違いがあるのか見てみましょう。

オールマイティー

赤道儀に天体望遠鏡などがセットになったオールマイティーなタイプもあります。これなら初めて天体望遠鏡をする方にも用意しやすくて簡単ですね。こういったタイプでは自動導入できる機能が付いている物が多くて作業効率が上がります。

 

自動導入は観測する時にわざわざ星図を見ながら調整せずに天体望遠鏡やカメラの中に設定した恒星や惑星などの天体が導入される機能。コントローラーが付属している物もありパソコンを経由する事も可能です。

 

天体観測で使えるソフトなどもあるのでそういった便利な機能を利用したい方や本格的な天体観測をしたい方にはおすすめです。

ポータブル

ポータブル赤道義は小型赤道式架台ともよ呼ばれます。コンパクトで軽量なので公共交通機関や自家用車で望遠鏡と一緒に持ち運ぶ事も簡単にできるので便利です。カメラ電台を使える三脚台を使う事ができたりもする為、色々な所で観測してみたい方に最適。

 

旅行やアウトドアにも便利ですね。ポータブル赤道儀は赤経にしかモーターが取り付けられれいないので天体の自動導入はできません。ですが、一度手動で導入した天体は自動追尾できるので使い勝手が良いです。カメラで星景などを撮る方はポータブル赤道儀で十分です。

 

小型望遠鏡なら自動導入が搭載可能な物が色々ありビクセンのポラリエやケンコーのスカイメモS、ナノトラッカーが代表的です。

タイムラプス

タイムラプスは一定間隔で連続撮影した静止画を編集などで組み合わて動画にする方法のこと。長時間の出来事を短時間で表現できて印象的な作品を作る事ができます。星空や天体を撮影する時にはとても便利です。

付属されている物で選ぶ

赤道儀を購入しようと考えている方は付属品も確認しておきましょう。どういった物があるのか見てみましょう。

本体のみ

赤道儀が本体のみで販売されている物もあります。こお場合、自分があらかじめもっている天体望遠鏡やカメラにセットして使います。選ぶ時には持っている物ときちんと合わせられるのかをよく確認しておきましょう。

 

同じメーカーの物なら確認しやすいですが、別のメーカーの物を使う時にはサイズや耐荷重などを確認して不安な方は購入前にメーカーに問い合わせておくと安心です。

天体望遠鏡などがセットになっている物

天体望遠鏡や三脚、大型微動マウント、ウエイトシャフト、バランスウエイトなどがセットになっている物もあります。これ1つ買えばすぐに天体観測や星空の撮影ができる物や他の物と一緒に使う物もあります。

 

初心者の方は初めから全てがセットになっている物を選ぶ方が使い勝手が良くて準備もしやすいです。慣れてきてプラスの機能が欲しいと感じる時に新たに別の物を買い足す方がやりやすいです。

自動導入コントローラー

コントローラーが付属されている赤道儀も多いですが、自動導入できるコントローラーがおすすめ。手動導入では上下左右にコントロールしたり簡易的なものが多いです。

 

こういったものを使う場合、見えない天体は数多くあるので面倒に感じてストレスになることも。こうした手動タイプのコントローラーが付属されている場合には自動導入コントローラーを別で購入する方が良いです。

パルスモーターが一番おすすめ

様々な種類がある赤道儀。自分が持っているものに付け足して購入していく方や最初からセットで用意する方など人それぞれですが、特に予算を決めていない方にはパルスモーター付属の赤道儀がおすすめです。


パルスモーター付属の赤道儀は微調整のコントロールがしやすくてモーター動作時の動きが少なく使いやすい点や、長焦点距離が長い時に作動するPEC機能を補正する機能など、あると嬉しい機能が色々ついています。


最近では価格もリーズナブルなものも多くでてきているので、パルスモーター搭載の赤道儀も選択肢の中に入れすいです。

赤道儀の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5144518の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 2
    アイテムID:5144520の画像

    ケンコー(Kenko)

  • 3
    アイテムID:5144662の画像

    サイトロンジャパン

  • 4
    アイテムID:5144680の画像

    スリック

  • 5
    アイテムID:5144675の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 6
    アイテムID:5144684の画像

    VIXEN

  • 7
    アイテムID:5144666の画像

    ケンコー

  • 8
    アイテムID:5144701の画像

    ビクセン(Vixen)

  • 9
    アイテムID:5144705の画像

    ペンタックス

  • 10
    アイテムID:5144537の画像

    ケンコー(Kenko)

  • 11
    アイテムID:5144715の画像

    peh

  • 12
    アイテムID:5146166の画像

    ケンコー(Kenko)

  • 13
    アイテムID:5144709の画像

    ケンコー(Kenko)

  • 14
    アイテムID:5144647の画像

    Gskyer

  • 15
    アイテムID:5144498の画像

    セレストロン

  • 商品名
  • 星空雲台ポラリエ
  • スカイメモS
  • NEWnano.tracker
  • 赤道儀
  • 星空雲台ポラリエ
  • SXD2
  • MEADE
  • SX2赤道儀
  • GPSユニット
  • 赤道儀セット
  • ハヤブサMk3
  • スカイメモRS
  • スカイメモT
  • 天体望遠鏡セット
  • 赤道儀アドバンスVX
  • 特徴
  • ポータブル赤道儀
  • ポータブル赤道儀
  • コンパクト赤道義
  • タイムラプスが使える
  • 手軽に使える
  • 赤道儀PFL
  • セットで使いやすい
  • シンプルなデザイン
  • O-GPS1
  • セットだからラク
  • ポータブル手動式赤道儀
  • 三脚がセットになってる
  • ポータブル赤道儀
  • 初心者と子供向け
  • CE91519
  • 価格
  • 29474円(税込)
  • 31604円(税込)
  • 22408円(税込)
  • 41622円(税込)
  • 58859円(税込)
  • 280754円(税込)
  • 37963円(税込)
  • 169700円(税込)
  • 16352円(税込)
  • 225831円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 108815円(税込)
  • 30401円(税込)
  • 24650円(税込)
  • 98083円(税込)
  • サイズ
  • 95×137×58mm
  • 173.5×113.3×96mm
  • 55×66×99mm
  • 84×86×65cm
  • 82×57×57cm
  • 15.5×41.8×95cm(梱包サイズ)
  • 高さ343×幅360×厚さ128mm
  • 5cm
  • 200N
  • 95×31×29cm(梱包サイズ)
  • 76×70×103mm
  • 102×33×22cm(梱包サイズ)
  • 93×64×28cm(梱包サイズ)
  • 種類
  • ポータブル
  • ポータブル
  • タイムプラス
  • タイムプラス
  • ポラリエ
  • オールマイティー
  • オールマイティー
  • ポータブル
  • オールマイティー
  • ポータブル
  • オールマイティー
  • オールマイティー
  • 付属品
  • なし
  • なし
  • 日本語取扱説明書・国内保証書
  • 電動雲台
  • 三脚
  • コントローラー
  • 天体望遠鏡・プラネタリウムソフト
  • ウエイト1.9kg
  • なし
  • 鏡筒
  • なし
  • 大型微動マウント・ウエイトシャフト・バランスウエイト
  • なし
  • 天体望遠鏡・三脚
  • ハンドコントローラー

まとめ

赤道儀は天体観測や星空を撮影したい方には最適なアイテムです。初心者の方もこれを購入しておけば点がきちんと綺麗に撮れます。まずは、自分の持っている一眼レフカメラや天体望遠鏡に取り付けられる物を探してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ