外付けSSDの人気おすすめランキング15選【丈夫で転送速度が速い】

記事ID4250のサムネイル画像

外付けHDDよりも壊れにくく、転送速度も速い外付けSSDは非常に便利な外部ストレージです。価格が高いですが、以前よりも格段に安くなりました。さまざまな観点から外付SSDの選び方やおすすめランキングをご紹介します。外付SSD選ぶの参考にしてください。

外付けSSDについて

最近は半導体メモリを用いたSSDが高性能になり、HDDの代わりに、パソコンに搭載されることが多くなりました。外付けSDDは外部から取り付けるタイプのもので、パソコンやゲーム機に取り付けて使用します。

 

HDDと比べて価格は高いです。しかし、速度が非常に速くデータを記録したり、パソコンやゲーム機の速度を速くするなど非常に重宝します。

 

転送速度やインターフェース、容量などを基準に外付けSSDのおすすめランキングを作成しました。外付けSSDの選び方についてもまとめてみました。

外付けSSDおすすめランキング15選

15位

Zheino

外付け 128GB SSD

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスの良い外付けSSD

安価でコストパフォーマンスの良い外付けSSDです。耐久性に関する対策などはありませんが、スペック上の最高通信速度はそこそこ高速になっています。

 

USBケーブルは2種類付属し、3年保証もついています。安価な外付けSSDが欲しい人にはおすすめの製品です。

容量128GB耐久性対策なし
インターフェースUSB3.1 Gen1最大転送速度読込:450MB/s 書込:400MB/s

口コミを紹介

所有しているMacがHDDだっため遅くてストレスが溜まっていたのですが、これにOSをインストールしてからだいぶ速度が上がり助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

シリコンパワー

外付けSSD 512GB Bolt B75

価格:6,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなアルミボディの外付けSSD

デザイン性の高いアルミボディの外付けSSDになります。単純に見た目を考えただけでなく強度も考慮してデザインされたアルミボディは、1.2mの米軍基準落下テストをクリアしています。間違って落とした場合でも、衝撃に耐えることができます。

 

放熱性にも優れているため、安心して使用できます。USB3.1(Gen1)に対応しているため、高速転送が可能です。Type-CとType-Aケーブルの2種類のケーブルがあるため、幅広いデバイスに接続できます。

容量512GB耐久性耐衝撃・耐震動
インターフェースUSB3.1 Gen1最大転送速度読込:440MB/s 書込:430MB/s

口コミを紹介

コンパクトで、どこに入れても邪魔にならないし、持ち運ぶストレスはありません。
速度も十分に速くて満足しています!

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

TCSUNBOW

TCSUNBOW 外付SSD 500GB

価格:6,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな高性能外付けSSD

コンパクトで軽量な高性能外付けSSDになります。カタログページに目立たないように書かれていますが、衝撃や振動に対する耐性はトップクラスです。3年間の保証もついています。

 

USB 3.1 (Gen 2)対応機器に接続した際の転送速度もかなり高速であり、性能の良い外付けSSDになります。ただしデータ復旧ソフトは付属しますが、セキュリティーソフトは付属しません。

容量500GB耐久性耐衝撃・耐振動
インターフェースUSB 3.1 Gen 2最大転送速度読込:550MB/s 書込:368MB/s

口コミを紹介

今までのFORZAでは、レースが始まるまで時間がかかりましたが、この商品で、かなりスピードアップしました。
安くて、この容量で、とても満足な商品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

プリンストン

ULTRA PLUS ゲーミングSSD

価格:17,849円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーム用の超高速外付けSSD

「ULTRA PLUS ゲーミングSSD」はゲーム用に作られた超高速外付けSSDです。USB 3.1 (Gen 2)対応機器に接続することで、読み込みで最大1000MB/s、書き込みで900MB/sもの転送が可能です。

 

高速SSDは発熱が心配ですが、アルミボディと放熱シートを使用し効率的に放熱を行うことで安定して高速転送を行えます。もちろん、PS4で使用できます。速度が速いことに特化したSSDです。もちろん、ゲーム以外の用途にも使用できます。

容量480GB耐久性対策なし
インターフェースUSB 3.1 Gen 2最大転送速度読込:1000MB/s 書込:900MB/s

口コミを紹介

USBメモリースティックと同じ感覚で使え(サイズもとても小さいです)、尚且つ、こちらにゲームをインストールしたところ、読み込み速度がびっくりするぐらい早くなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

エレコム

外付けSSD ESD-ED0120GBK

価格:3,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量外付けSSD

「ESD-ED0120GBK」は、名刺サイズの大きさで35gという軽さの外付けSSDです。胸ポケットに簡単に入るサイズで、なんといっても軽いので持ち運びが非常に楽です。常に携帯したりモバイルで使用する機会が多い人におすすめの外付けSSDといえます。

 

外に持ち出す機会が多いと落としてしまうのが心配ですが、軽い上に耐衝撃・耐震動対策もされているので安心して携帯できます。カラーもブラック・レッド・ホワイトの3色が用意されているので、パソコンや自分の好みに合わせて選ぶことができます。

 

エレコムのサイトからセキュリティソフトをダウンロードできるので、セキュリティ面も安心です。

容量120GB耐久性耐衝撃・耐震動
インターフェースUSB3.1 Gen1最大転送速度読込:300MB/s 書込:50MB/s

口コミを紹介

今までUSBメモリでPCバックアップをしていたのですが、SSDに変えたら爆速だったので大変満足しています。PCがSSDの方はお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

トランセンド・ジャパン

Thunderbolt対応 外付けSSD 512GB

価格:20,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Mac用の外付けSSD

「TS256GSJM500」は、MacOSに最適化された外付けSSDです。USB3.0で接続可能ですが、アップルのThunderboltで接続可能になっています。ThunderboltとUSB 3.0ケーブルが2本付属します。

 

Mac用にフォーマットされた状態で販売されているため、Macで使用するには便利な外付けSSDです。ただし、Windowsで使うには再フォーマットする必要があります。

 

デザインもアップルに合ったオシャレなものなっています。ただし、耐衝撃対策などは取られていません。外付けSSDはHDDと比べて衝撃に強いですが、取り扱いには注意が必要です。

容量512GB耐久性対策なし
インターフェースThunderbolt・USB3.0最大転送速度読込:440MB/s 書込:300MB/s

口コミを紹介

丸々データを外付けに移行し、コントロールパネルから起動ディスクとして登録。
結果、物凄くMacの起動が早くなりました!
これで2014年モデルのiMacも暫くは現役で頑張ってくれそうです

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

アイ・オー・データ

ポータブルSSD SSPH-UT480K/E

価格:7,643円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PS4用に人気の外付けSSD

USBバスパワー駆動で端末やパソコンにつなぐだけで使用できる外付けSSDになります。四隅と表面にラバー素材が使われており、衝撃に強いです。そのため、落とすのを心配せずに安心して使用できます。

 

最大でポータブルHDDの3倍の高速転送が可能になっています。1年間の保証期間がありますが、データが破損した際には有償のデータ復旧サービスも用意されています。PS4用として人気があります。PS4接続ガイドがついているので初心者でも安心です。

容量480GB耐久性耐衝撃・耐振動
インターフェースUSB3.1 Gen1最大転送速度読込:350MB/s 書込:300MB/s

口コミを紹介

PS4で快適にプレイする事を目的に購入しました。
結論を言うとこの値段で殆どのゲームのロード時間が半分以下になります。ロード時間が長いモンハンなどのゲームだとより威力を発揮します。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

サンディスク

Extreme900 ポータブルSSD 1.92TB

価格:50,306円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超高速の大容量外付けSSD

エクストリーム900は読み込み・書き込みの両方で850MB/sという超高速の転送ができる外付けSSDです。容量も1.92TBという大容量なので、4K動画や高画質の写真を保存するのに適しています。

 

ただし、USB3.1(Gen2)に対応した機器に接続しないと超高速転送はできません。大容量外付けSSDは発熱して、短期間で使えなくなる製品もあります。しかし、エクストリーム900は1年以上問題なく使用できる信頼性の高い製品です。

 

衝撃や振動に強いだけでなく、70℃から氷点下20℃まで耐えられる耐久性の高い外付けSSDです。コンパクトサイズなので、持ち歩くにも適しています。ファイルを簡単にパスワード付きにできる暗号化ソフト付きです。

容量1.92TB 耐久性耐衝撃・耐振動
インターフェースUSB3.1 Gen2最大転送速度読込:850MB/s 書込:850MB/s

口コミを紹介

macもUSB3.1Gen2に対応したので購入しました。
速度は表記通りちゃんと早いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Western Digital

My Passport Go 外付けSSD

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケーブル内蔵タイプの外付けSSD

「My Passport Go」は、コンパクトなポケットサイズの外付けSSDです。ケーブル内蔵型なので接続するだけで、WindowsでもMacでも簡単に使用できます。ただし、ケーブルのそのものは短いので注意が必要です。

 

ゴム製バンパーが取り付けられた衝撃に強い、外付けSSDなので持ち運びの非常に便利です。PS4用の外部ストレージとしても便利な製品といえます。Windows用の自動バックアップソフトもついています。

容量500耐久性耐衝撃・耐震性
インターフェースUSB3.0最大転送速度読込:400MB/s 書込:400MB/s

口コミを紹介

軽くて携帯性が非常に良いです。接続ケーブルが収納式なので使いやすいです。転送スピードがもう少し早ければ言うことなしです。安定性は今のところ問題なしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

サンディスク

エクストリーム500 ポータブルSSD1TB

価格:24,812円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロカメラマンご用達の外付けSSD

スマートフォンの半分以下のサイズでありながら、1TBの大容量を持つ外付けSSDです。過酷な環境での使用することが前提の外付けSSDになっています。耐衝撃・耐震動はもちろん、耐温度(-20℃~70℃)の環境でも使用可能です。

 

 

1TBのモデルは読み込み速度最大440MB/秒・書込み速度最大400MB/秒を実現しており、大容量のファイルを高速で転送できます。プロのカメラマンも使用する外付けSSDなので、一眼レフを使用した写真や動画の保存に適しています。

 

削除したファイルを復元できる復旧ソフトに、暗号化ソフトウェアも完備です。発熱せずに静かに使用できます。

容量1TB耐久性耐衝撃・耐振動
インターフェースUSB3.1(Gen1)最大転送速度読込:440MB/s 書込:400MB/s

口コミを紹介

いつも重いHDディスクを持って出張に出かけていたのですが、エクストリーム500にしてからとても楽になりました。
読込・書き出しも早くとても使い勝手が良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

日本サムスン

外付けSSD T5 MU-PA500B/IT

価格:12,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いOSに対応した軽量高機能な外付けSSD

日本サムスンの外付けSSDです。転送速度は最高で540MB/sというスピードを実現しています。ただし、USB3.1 (Gen2)に対応した機器に接続した場合なのでご注意ください。容量は500GBです。

 

専用の管理ソフトを使用することで、Windows、Mac、android端末の3種類に対応した暗号化セキュリティが可能です。防水・防塵性能はありませんが、2メートルの落下にも耐える優れた耐衝撃・耐震動性能があります。

 

名刺ほどのサイズで、重さも51gしかありません。PS4でも動作確認されているので、ゲーム用としても安心して使えます。

容量500GB耐久性耐衝撃・耐振動
インターフェースUSB3.1 Gen2最大転送速度読込:540MB/s 書込:540MB/s

口コミを紹介

軽くて耐久性もあるので、ケーブルつなげっぱで無造作に置いてます。
外付けSSDなだけあって、頑丈だしホコリも入りにくいので、変に気にせず、
そのままつけっぱにできるのがいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

サンディスク

エクストリーム ポータブル SSD 2TB

価格:44,841円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高の耐久性を持つ大容量外付けSSD

USBでは最も早いUSB3.1 (Gen2)に対応した外付けSSDです。USB3.1 (Gen2)に対応した機器に接続すれば、読み込み速度は550MB/sとかなり速いです。ただし、書き込み速度は非公開になっています。

 

大容量ファイルの保存に適した2TBで、外付けSSDとして最大級の容量を誇ります。野外での使用を想定した外付けSSDなので、耐衝撃・耐震動はもちろん、IP55規格に対応しており、優れた防水・防塵性能を持っています。

 

2メートルの落下に耐えることができ、-20°C ~ 70°Cまでの温度なら問題なく使用できます。プロのための高性能外付けSSDです。

容量2TB耐久性耐衝撃・耐振動・防水・防塵
インターフェースUSB3.1 Gen2最大転送速度読込:550MB/s 書込:非公開

口コミを紹介

このSSDドライブは想像以上に高速で使い勝手がイイです。
動画データをバックアップするために購入しましたがストレス無くデータをコピーできるので助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

バッファロー

ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B/NL

価格:12,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量の1TBの外付けSSD

1TBの大容量外付けSSDです。大量のファイルを保存するのに適していますが、軽量タイプになっています。残念ながら転送速度は非公開になっています。ただし、HDDと比べて半分以下の時間で書き込みや読み込みが可能です。

 

PS4に使用する場合、特に面倒な設定もなく接続するだけで使用可能になっています。落下時の備えとして衝撃吸収材がつけられているので、安心して使用できます。また、滑り止め対策も行われています。

 

USB3.1(Gen1)に対応した50cmのケーブルが付属していますが、ケーブルは柔らかく使いやすいです。

容量1TB耐久性耐衝撃・耐振動
インターフェースUSB3.1 Gen1最大転送速度非公開

口コミを紹介

PS4の外付けストレージとして使用。結果、ゲームのロード時間が圧倒的に早くなりました。モンハンでいうとセーブデータ選んでから拠点までの時間が1分10秒→15秒になりました。こりゃすげえ。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ADATA

ASD700-512GU3-CYL

価格:16,631円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防塵、防水、耐衝撃を兼ね備えた商品

この商品はしっかりと防塵、防水、耐衝撃等の機能を万全に備えているので、パフォーマンスは最高です。最高水準の機能を備えているこの商品を試してみたいと思いませんか。コレを使えば間違いないでしょう。

容量512GB耐久性防塵/防水 耐衝撃
インターフェースUSB 3.1 IP68最大転送速度-
1位

バッファロー

ポータブルSSD SSD-PL480U3-BK/N

価格:6,818円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで安心安全な外付けSSD

「SSD-PL480U3-BK/N」は軽量コンパクトで、セキュリティも万全の外付けSSDです。胸ポケットに入れられるサイズなので、持ち運びが簡単です。衝撃や振動に強く落としたとしても、簡単には壊れません。

 

外付けSSD内のファイルを暗号化することができるので、パスワードがわからないとファイルを開くことができません。容量も480GBなので特別容量の大きなファイルを保存する人以外には、充分に対応できます。

 

対応したPS4で動作が確認されているので、ゲームのデータを保存するのにも便利です。防塵・防水性はありませんが、普段使いの外付けSSDとしては非常に便利な製品といえるでしょう。

容量480GB耐久性耐振動・耐衝撃
インターフェースUSB3.1 Gen1最大転送速度読込:340MB/s 書込:320MB/s

口コミを紹介

書込み・読み込みの速度に満足。
以前はポータブルHDDでしたが、別世界?と思える製品です。
Win10で全く問題ありません。価格にも満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

外付けSSDの選び方

外付けSSDはどんなふうに選んだら良いのでしょうか?外付けSSDはデータ容量や転送速度に関係してくるUSB規格などが重要になってきます。また、耐衝撃なども忘れてはいけません。外付けSSDの選び方についてご紹介します。

データ記憶容量で選ぶ

外付けSSDにとってどのくらいデータを記憶できるかというのは最も重要なポイントでしょう。容量が大きいほど当然大量のデータを記録できますが、価格が高くなるというデメリットもあるのです。容量を基準に外付けSSDの選び方をご紹介します。

安価な120GBクラスから選ぶ

外付けSSDで最も容量の小さい120GBクラスのものは、数千円で購入できるものが多いです。大容量に比べると転送速度は遅いですが、ハードディスクよりははるかに早いです。ドキュメントや画像など軽いファイルを中心に扱うなら120GBクラスはおすすめです。

スタンダードな250GBから500GBクラスから選ぶ

外付けSSDでもっともスタンダードで使いやすい容量のクラスです。動画を保存するのに適しており、ゲーム機の外部ストレージとしても重宝します。転送速度の速い外付けSSDを使うことで時間が短縮され、ストレスなくゲームができるという意見も多いです。

大容量の1TBから2TBクラスから選ぶ



高画質な写真や動画を撮影する場合は、1TB以上の大容量外付けSSDを買うことも検討しましょう。高画質な写真を大量に撮ると500GBでは足りません。高画質な動画となるとさらに、大容量の外付けSSDが必要になります。

転送速度で選ぶ

外付けSSDはUSBで接続するものが多いです。転送速度が記載された製品が多いですが、接続する機器が高速通信可能なUSBに対応していないと十分な転送速度を発揮できません。外付けSSDの転送速度を確認するだけでなく、接続する機器は対応しているか確認しましょう。

OSで選ぶ

外付けSSDは使用できるOSを確認してから、購入しましょう。外付けSSDは全てのOSに対応しているわけではなく、1つOSにしか対応していないものもあります。

できるだけ、幅広いOSに対応している外付けSSDを選んだ方が良いです。きちんと使用できる外付けSSDか確認してから購入しましょう。

頑丈さで選ぶ

ハードディスクはちょっとした事で壊れることで有名ですが、SSDは衝撃や振動にかなり強いというメリットがあります。外付けSSDによってはほこりや水に強いものも販売されています。用途を自分に合った外付けSSDを選ぶましょう。

衝撃や振動に強いものを選ぶ

外付けSSDを選ぶならできるだけ衝撃に強いものを選んでおいた方がいいでしょう。外付けSSDは携帯することも多いものなので、落とした時のことを考えて頑丈なものを選んでおくと安心できます。中には、軍用規格をクリアした頑丈な外付けSSDもあります。

防水・防塵性のあるものを選ぶ

屋内ではなくアウトドアで外付けSSDを使用する機会が多いなら、防水性能を持った外付けSSDがおすすめです。水の中に1時間沈めても問題ないほどの防水性能を持った外付けSSDもあります。防水性のある外付けSSDは防塵性能を持ったものがほとんどです。

機能で選ぶ

外付けSSDは持ち運ぶだけに、携帯しやすさを考えることも重要です。また持ち歩く以上、紛失することも考えられます。重要なデータが入っている外付けSSDを持ち歩くなら、防犯性を考える必要もあるのです。

携帯性で選ぶ

外付けSSDを常に持ち歩いて使用する人は多いです。あまり重いものやかさばるものは運びにくいです。軽いものやコンパクトサイズの外付けSSDなら、持ち運ぶのが楽です。USBケーブルと一体化した外付けSSDも常に携帯するのに便利な製品といえます。

防犯性で選ぶ

外付けSSDを外に持ち出す場合、紛失するリスクがつきまといます。重要なデータを外付けSSDに入れる人は、セキュリティーのしっかりしたものを購入しましょう。ICカードや自分のスマホがないと、ロックが解除されない外付けSSDなら安心して使用できます。

外付けSSDでできること

なんとなく便利そうな外付けSSDですが、具体的に、どんな時にその機能を発揮してくれるのでしょうか?改めて疑問に思った方は一緒に見ていきましょう。

 

例えば、これが最も多い理由になると思いますが、PCの容量が足りなくなってしまった場合。「ストレージ容量が足りません」なんていう表示を目にしたことはありませんか?そんな時外付けSSDをつければストレージ容量を足すことができます。

 

他にも、HDDではゲームの起動時間が遅いと感じた時。SSDの方がHDDより早いので起動が幾分早くなります。また、旅先や複数のPCでデータを使用したい時も活躍します。詳しくはyoutuberのせろりんねさんが解説してくれているのでこちらの動画をご覧ください!

外付けSSDの使い方

基本的な使い方はUSB接続するだけ。それで簡単にストレージの容量を増やすことができます。SSDにはHDDと同じように内蔵SSDと外付けSSDの2種類があります。

 

データの読み書きがとにかく速いSSDですが、空き容量が少なくなると読み書きのスピードが落ちるときがあるので不要なデータは定期的に消去しておきましょう。

 

SSDには2.5インチやmSATAといった大きさの規格だけでなく、SATAやM.2といったインターフェイス(接続規格)の違いもあるのでSSDの規格にも注意。またHDDと併用することでより大容量のデータを処理することも可能です。いかに早いか実感したい方はこちらの動画をご覧ください!

PC容量が気になる方へのおすすめアイテム

すぐにパソコン容量がいっぱいになってしまう方に、おすすめのアイテム2種類をご紹介します。

SSD搭載のパソコン

すぐにPC容量がいっぱいになってしまう方は、パソコン自体に容量のあるSSD搭載のパソコンがおすすめです。SSD搭載パソコンは、HDDと比べると立ち上がりが早くてデータの読み書きも早いので人気を集めています。

 

外部からの衝撃にも強いので持ち運びにも便利で消費電力が少なくて済むため駆動時間が長いのが特徴です。

 

SSDの容量によって価格が変動しますがSSDの容量によってパソコンの作業できる範囲が違いますので普段、どんな作業が多いかを考えてSSDパソコンを選ぶと満足できるパソコンが手に入ります。こちらにランキングがありますのでチェックしてみてください!

SATAケーブル

SATAケーブルは、PCのストレージであるHDD・SSDを接続するためのケーブルです。SATAケーブルは旧規格である「IDE」から、さらに高速なデータ転送が可能になった高性能なケーブルです。

 

またケーブルがシンプルな形状になったことで、SATAケーブルはPC内部の配線もすっきりとしたものにしやすくなっています。SATAケーブルはモデルによって、転送速度やケーブルの取り回しのよさなど、様々な違いがあります。

 

SATAケーブルをお使いになる予定のある方は、こちらのランキングを合わせてご覧ください。

外付けSSDのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5029784の画像

    バッファロー

  • 2
    アイテムID:5030415の画像

    ADATA

  • 3
    アイテムID:5030082の画像

    バッファロー

  • 4
    アイテムID:5030221の画像

    サンディスク

  • 5
    アイテムID:5030272の画像

    日本サムスン

  • 6
    アイテムID:5030324の画像

    サンディスク

  • 7
    アイテムID:5030336の画像

    Western Digital

  • 8
    アイテムID:5030360の画像

    サンディスク

  • 9
    アイテムID:5030331の画像

    アイ・オー・データ

  • 10
    アイテムID:5030135の画像

    トランセンド・ジャパン

  • 11
    アイテムID:5030199の画像

    エレコム

  • 12
    アイテムID:5030475の画像

    プリンストン

  • 13
    アイテムID:5030495の画像

    TCSUNBOW

  • 14
    アイテムID:5030457の画像

    シリコンパワー

  • 15
    アイテムID:5030504の画像

    Zheino

  • 商品名
  • ポータブルSSD SSD-PL480U3-BK/N
  • ASD700-512GU3-CYL
  • ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B/NL
  • エクストリーム ポータブル SSD 2TB
  • 外付けSSD T5 MU-PA500B/IT
  • エクストリーム500 ポータブルSSD1TB
  • My Passport Go 外付けSSD
  • Extreme900 ポータブルSSD 1.92TB
  • ポータブルSSD SSPH-UT480K/E
  • Thunderbolt対応 外付けSSD 512GB
  • 外付けSSD ESD-ED0120GBK
  • ULTRA PLUS ゲーミングSSD
  • TCSUNBOW 外付SSD 500GB
  • 外付けSSD 512GB Bolt B75
  • 外付け 128GB SSD
  • 特徴
  • コンパクトで安心安全な外付けSSD
  • 防塵、防水、耐衝撃を兼ね備えた商品
  • 大容量の1TBの外付けSSD
  • 最高の耐久性を持つ大容量外付けSSD
  • 幅広いOSに対応した軽量高機能な外付けSSD
  • プロカメラマンご用達の外付けSSD
  • ケーブル内蔵タイプの外付けSSD
  • 超高速の大容量外付けSSD
  • PS4用に人気の外付けSSD
  • Mac用の外付けSSD
  • 超軽量外付けSSD
  • ゲーム用の超高速外付けSSD
  • コンパクトな高性能外付けSSD
  • スタイリッシュなアルミボディの外付けSSD
  • コストパフォーマンスの良い外付けSSD
  • 価格
  • 6818円(税込)
  • 16631円(税込)
  • 12980円(税込)
  • 44841円(税込)
  • 12980円(税込)
  • 24812円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 50306円(税込)
  • 7643円(税込)
  • 20980円(税込)
  • 3750円(税込)
  • 17849円(税込)
  • 6799円(税込)
  • 6580円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 容量
  • 480GB
  • 512GB
  • 1TB
  • 2TB
  • 500GB
  • 1TB
  • 500
  • 1.92TB
  • 480GB
  • 512GB
  • 120GB
  • 480GB
  • 500GB
  • 512GB
  • 128GB
  • 耐久性
  • 耐振動・耐衝撃
  • 防塵/防水 耐衝撃
  • 耐衝撃・耐振動
  • 耐衝撃・耐振動・防水・防塵
  • 耐衝撃・耐振動
  • 耐衝撃・耐振動
  • 耐衝撃・耐震性
  • 耐衝撃・耐振動
  • 耐衝撃・耐振動
  • 対策なし
  • 耐衝撃・耐震動
  • 対策なし
  • 耐衝撃・耐振動
  • 耐衝撃・耐震動
  • 対策なし
  • インターフェース
  • USB3.1 Gen1
  • USB 3.1 IP68
  • USB3.1 Gen1
  • USB3.1 Gen2
  • USB3.1 Gen2
  • USB3.1(Gen1)
  • USB3.0
  • USB3.1 Gen2
  • USB3.1 Gen1
  • Thunderbolt・USB3.0
  • USB3.1 Gen1
  • USB 3.1 Gen 2
  • USB 3.1 Gen 2
  • USB3.1 Gen1
  • USB3.1 Gen1
  • 最大転送速度
  • 読込:340MB/s 書込:320MB/s
  • -
  • 非公開
  • 読込:550MB/s 書込:非公開
  • 読込:540MB/s 書込:540MB/s
  • 読込:440MB/s 書込:400MB/s
  • 読込:400MB/s 書込:400MB/s
  • 読込:850MB/s 書込:850MB/s
  • 読込:350MB/s 書込:300MB/s
  • 読込:440MB/s 書込:300MB/s
  • 読込:300MB/s 書込:50MB/s
  • 読込:1000MB/s 書込:900MB/s
  • 読込:550MB/s 書込:368MB/s
  • 読込:440MB/s 書込:430MB/s
  • 読込:450MB/s 書込:400MB/s

まとめ

外付SSDのおすすめランキングや選び方をご紹介しました。基本的に大容量のものほど高性能になりますが、用途によっては容量の小さいもの方が安価で使いやすいです。自分の使用用途を考えて、自分に合ったものを購入しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ