ブックスキャナーの人気おすすめランキング20選【ハンディ型もご紹介】

記事ID21068のサムネイル画像

本を読み込むためのブックスキャナーは、画像の歪みを最小限に抑えて取り込めます。その分種類も豊富なので、一つに絞るには迷ってしまうでしょう。今回は、ブックスキャナーの種類や解像度・メーカーなどの選び方やおすすめランキングをご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ブックスキャナーでお気に入りの本をいつでも身近に

ブックスキャナーは、本をスキャンしてデータ化するためには欠かせない機器です。本を自分でデータ化して処分するなど、本の自炊をしたい方におすすめです。裁断しない非破壊タイプのスタンド型や、持ち運びに便利なハンディタイプなど種類は様々です。

 

そんな便利なブックスキャナーですが、より便利さや使いやすさを追求して非破壊型のブックスキャナーを自作している方もいます。紙の本が好きな方も当然いますが、本の省スペース化や整理整頓のしやすさを重視するならブックスキャナーでの自炊がおすすめです。

 

そこで今回は、ブックスキャナーの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは解像度・読み取りサイズ・接続方法などを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ブックスキャナーの選び方

ブックスキャナーの種類やセンサーの精度などの選び方を紹介します。ブランドごとの特徴も含めて参考にしてください。

種類で選ぶ

ブックスキャナーには、主にシートフィード・フラットベッド・オーバーヘッド・ハンディの4種類があります。それぞれの特徴を掴んで選びましょう。

非破壊で精度にこだわるなら「フラットベッド」がおすすめ

スキャナーの形状からフラットベッド型と呼ばれています。厚みのある本でも非破壊でスキャンでき、影が入らないよう工夫されているため読み取り精度にこだわりたい方におすすめです。ただ、一気にスキャンできないのでページ数が多いほど時間がかかってしまうのがデメリットです。

 

また、フラットヘッドスキャナーに搭載されているセンサーは、大きく分けるとCCDとCISの2種類があります。精度を取るならCCD、コンパクトさを取るならCISを搭載したものを選びましょう。

素早くスキャンするなら「シートフィード(ドキュメントスキャナー)」がおすすめ

シーフィード型のブックスキャナーは、原稿をまとめてセットして素早く簡単にスキャンできるのが特徴です。両面読み取りできるものもあり、短時間で作業を終わらせたい方におすすめのタイプです。

 

ただし、スキャンするためには裁断機を用いて本自体を分解する必要があります。大切な本をきれいな状態のまま残しておきたい方には不向きです。

非破壊で簡単に読み取るなら「オーバーヘッド(スタンドスキャナー)」がおすすめ

オーバーヘッド型(スタンドスキャナー)は、デスク用のライトと似たような形状をしています。読み取り機は上の位置にあり、離れたところから原稿をスキャンする仕組みで、本を開いて読み取り機の下に置くだけでスキャンできる手軽さが特徴です。

 

非破壊で時間もかからず、ゆがみを調節してくれる機能を搭載しているモデルもあります。やや高額にはなりますが、厚みのある本や裁断できない貴重な本を手軽にスキャンするのにおすすめです。

必要な箇所だけを読み取るなら「ハンディスキャナー」がおすすめ

ハンディースキャナーは手で持って使用できる小型スキャナーです。一般的なスキャナーは本を固定して自動で読み込みますが、ハンディスキャナーは手動で本を読み込みます。電源は内蔵バッテリーもしくは乾電池を使用するため、コンセントが必要なく持ち運びがラクなのがメリットです。

 

解像度は300dpiのものが一般的で。写真をスキャンするのなら物足りなさを感じる数値ではありますが、本など紙媒体であれば十分な性能です。ハンディスキャナーについてもっと詳しく知りたい方は下記リンクを参考にしてください。

写真や絵もきれいに読み取るならなら「解像度」は600dpiがおすすめ

より読み取り精度が高いブックスキャナーを選ぶなら、解像度も要チェックです。解像度が高ければ高いほど、より精密な読み取り結果になります。ただし、解像度に比例してファイルサイズも大きくなります。

 

目安としては、文字のみの本を読み取りたいなら300dpi程度、写真や絵もきれいに読み取りたいなら600dpi程度のスキャナーがおすすめです。

読み取りセンサーで選ぶ

読み取りセンサーはCISとCCDの2種類が存在します。それぞれのメリットを把握して選び方の参考にしてください。

読み取り精度とスピードなら「CCD」がおすすめ

本をより美しくスキャンしたいなら、読み取り精度とスピードで勝るCCDセンサーがおすすめです。コピー機などにも使われており、フィルムの読み取りも可能で画質が高いのが特徴です。CISよりも高価かつ大型で電源が必要になるので、据え置きでの使用がおすすめです。

低価格でコスパの良さなら「CIS」がおすすめ

小型で低価格なCISは、コンセントがなくてもUSBケーブルで電源供給ができるのがメリットです。ただし、CCDよりも読み取り速度・精度は低下します。原稿が密接していないと読み取れないのが弱点なので分厚い本には不向きです。

大きいサイズをスキャンするなら「A3サイズ」対応がおすすめ

大きいサイズを読み取るならA3サイズに対応したスキャナーがおすすめです。一般的なブックスキャナーは、A4まで対応となっていますが、中にはA3まで読み取れるモデルも発売されています。文庫本はA4で十分ですが、ハードカバーや新書、雑誌や絵本などにはA3サイズ対応がおすすめです。

付加機能で選ぶ

スキャナーには、便利な機能が多くあります。製品によって異なるので欲しい機能をチェックして選びましょう。

データをすぐにチェックするなら「Bluetooth搭載」がおすすめ

Bluetooth搭載タイプはパソコンやタブレット、スマホに読み込んだデータを転送して内容を確認できます。そのため、取り込んだイメージを逐一チェックしながら作業をしたい方にもおすすめです。

 

また、Googleドライブを始めとしたクラウドサービスに接続して、取り込んだデータをクラウド上へ簡単に保存できます。

より時短したいなら「両面スキャン」がおすすめ

両面スキャンに対応しているこのタイプは大量のページを有している本の読み取りに向いています。多くは背面に用紙をセットする形式を採用しており、一度に50枚セットできる機種も存在しています。


おおよその機種であれば白黒で1分間50枚取り込めるため、200ページの単行本を取り込むのに4分から5分あれば完了できます。

本を裁断したくないなら「自動めくり機能」がおすすめ

ブックスキャナーの中には本のページを自動でめくってスキャンしてくれる機種が存在します。このタイプは本を裁断せずに取り込めます。本を固定台に設置して放置するだけで勝手に取り込んでくれるために手間がかかりません。


多くは業務用に販売されているため、会社組織で本を大量に取り込む必要がある場合に重宝します。

スキャンに自信がないなら「補正機能あり」がおすすめ

補正機能が付いたブックスキャナーは、取り込んだ画像の歪みを自動で修正したり裏写りを補正したりできます。きれいにスキャンする自信がない方や、正式な資料として使用する場面などにおすすめです。

ブランド・メーカーで選ぶ

ブックスキャナーのおすすめのブランドやメーカーを紹介します。それぞれの特徴をチェックして選んでみてください。

幅広いラインナップなら「EPSON(エプソン)」がおすすめ

EPSON(エプソン)は多くのプリンターやスキャナーで有名なメーカーです。低価格のエントリーモデルから高価格のハイエンドモデルまで幅広くそろえており、ユーザーのニーズに幅広く対応しているのも魅力です。

ハンディタイプなら「サンワサプライ」がおすすめ

手で持つハンディスキャナーを多く販売しており、そのどれもが1万円前後とコスパの良さも魅力のひとつです。ハンディスキャナーを試しに使ってみたい方におすすめのメーカーです。もちろんハンディスキャナー以外のスキャナーも販売しています。

人気モデルから選ぶなら「富士通」がおすすめ

富士通はスタンドスキャナーである「FI-SV600」をはじめ世界で人気の製品を販売している有名なメーカーです。「ScanSnap」シリーズは全世界で400万台出荷を達成しており、大ヒット製品になっています。信頼のある製品から選びたい方におすすめです。

クオリティで選ぶなら「Canon(キャノン)」がおすすめ

Canon(キャノン)は常に最先端技術を製品に盛り込んでいる有名メーカーです。そのため高いクオリティのスキャナーを多く販売しています。価格帯も2万円台から10万円台までとバリエーション豊かです。用途にあったブックスキャナーをしっかり選びたい方におすすめのメーカーです。

低価格で試してみたい初心者なら「plustek(プラステック)」がおすすめ

plustek(プラステック)はスキャナーを多く扱っている台湾に本部を置くメーカーです。そのどれもが機能的にシンプルであり、使いやすいものを取り揃えています。また、価格は抑えられているので、ブックスキャナーを試したい初心者の方にもおすすめです。

フラットベッド型のブックスキャナー人気おすすめランキング6選

本の読み込みの特化した高速ブックスキャナー

エッジ部分が2mmしかないため、本の中央部分まで正確にスキャンできるスキャナーです。本を広げてガラス面に押し付ける必要がなく、本を傷める危険性が低いのも魅力のひとつです。

 

スキャンした本は、OCR技術で文字の読み取りが行われるため、検索可能なPDFとして保存できます。精度の高さを重視する方におすすめのスキャナーです。

解像度 1200dpi 読み取りセンサー CCD
読み取りサイズ 〜A4 付属ソフトの機能 OCR・画像補整
接続方法 USB サイズ 29.1 x 49.1 x 10.2 cm
重量 3.9kg 読み取り速度 約3.6秒
インターフェース -

口コミを紹介

確かに素早く使用でき、解体しないですむのは非常にありがたい。ただ、解体して両面読み込みの方が素早くスキャニングできる。

出典:https://www.amazon.co.jp

A3サイズにも対応した大型フラットベッドスキャナー

原稿の自動分割に対応している点がユニークなスキャナーです。複数の原稿を一気に読み取った際、パソコン上で自動で分割してくれるため、小さな原稿をいくつも読み込みたいときに便利です。

 

A3サイズまで対応している大きなスキャナーなので、大きめの絵本や写真集など、大半の本は問題なく読み取れます。また蓋を簡単に取り外せるので、厚みのある本でも安心して読み込めます。

解像度 2400dpi 読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 299mm×423mm 付属ソフトの機能 OCR・画像編集
接続方法 USB サイズ W576×D406×H72mm
重量 約4.6kg 読み取り速度 -
インターフェース USB 2.0

口コミを紹介

画質にこだわらなければ、新聞の大量スキャンにおすすめです。とにかく読み取りスピードが速い!A3を取り込む時間が、他社スキャナのA4プレビューより速いくらいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

エプソンこだわりのハイエンドモデル

高画質を実現するためにフィルムホルダーの品質を改善したハイエンドモデルです。強度や可動性を改善し、さらにフィルムのたわみやニュートンリングを軽減するアンチニュートンリングアクリル板を搭載しています。画質にこだわる方におすすめです。

解像度 6400dpi 読み取りセンサー CCD
読み取りサイズ A4 付属ソフトの機能
接続方法 サイズ 30.8×50.3×15.2cm
重量 9.86kg 読み取り速度 300dpi:A4カラー12秒/1枚・A4モノクロ12秒/1枚
インターフェース

口コミを紹介

GT-X980のスキャン速度が早くて驚きました。画質もきれいです。初めて使ったのはフイルム専用機(マイクロテック社製)でしたが、その10倍以上の早さを感じます。解像度も充分以上という感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

先進の光学技術で高解像度を実現

プロ仕様にも匹敵する高解像度のスキャナーです。高性能のレンズを搭載しており、シャープかつ高精細な画像データを得られるのが特徴です。写真やイラストを美しいままにスキャンしたい場合にもおすすめです。

 

スキャン時にLED光源を2方向から照射し、原稿のシワや折り目によって生じる影を軽減する機能も備わっています。本体ボタンでさまざまな操作が直感的に行える「スキャナビボタン」も便利です。

解像度 6400dpi 読み取りセンサー CCD
読み取りサイズ 〜A4 付属ソフトの機能 OCR・画像補整・ユーティリティ 接続方法 USB
接続方法 USB サイズ -
重量 5.74kg 読み取り速度 6秒
インターフェース -

口コミを紹介

プロフェッショナルモードでスキャンすると画像調整も簡単に出来る上、スキャン画素数も十分に設定出来ます。Digital ICEという機能ですが、小さいゴミがきれいに除去されます。これはいいですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

前モデルよりもバージョンアップしたスタイリッシュスキャナー

薄くて軽い、フラットベッドタイプのブックスキャナーです。コンパクトですっきりとしたデザインで、置き場所を選ばないのが魅力です。立てたままスキャンができるので、狭い書斎やデスク上での使用にも最適です。

 

スキャンや転送など、シンプルなボタン操作で簡単に行えるので、機械操作が苦手な方にもおすすめです。

解像度 4,800dpi 読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ ~A4 付属ソフトの機能 -
接続方法 USB サイズ W249 × D364 × H39mm
重量 約1.5kg 読み取り速度 約10秒 (300dpi)
インターフェース USB

口コミを紹介

他の方の評価の中では酷評もあって購入するのに不安がありましたが、使用してみたら全く問題なく動いています。スキャンした画像もきれいで、画質にこだわり等がなければコスパは高いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

図書館でも導入できるコンセント不要のスピーディーなモデル

原稿台カバーを持ち上げれば、最大21mmまでの厚さの原稿をスキャンできる「Advanced Z-Lid」を採用しています。ハードカバーの本など、厚みのある書籍でも難なくスキャンできます。

 

付属のスタンドを使えば、立てた状態でもスキャンを行えてさらにコンセント不要で使えるのもポイントです。

解像度 4800dpi 読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 〜A4 付属ソフトの機能 OCR・画像補整
接続方法 USB サイズ W250×D367×H42mm
重量 約1.7kg 読み取り速度 約8秒(300dpi)
インターフェース USB

口コミを紹介

資格試験で作成した多量のノートをスキャニングして整理しましたが、大きな問題はなかったです。色につきましては、Red・Blue・Greenのボールペンは問題なく反映。

出典:https://www.amazon.co.jp

フラットベッド型のブックスキャナーおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 解像度 読み取りセンサー 読み取りサイズ 付属ソフトの機能 接続方法 サイズ 重量 読み取り速度 インターフェース
1
アイテムID:8168444の画像
CANOSCAN LIDE 400 9,755円

詳細を見る

図書館でも導入できるコンセント不要のスピーディーなモデル

4800dpi CIS 〜A4 OCR・画像補整 USB W250×D367×H42mm 約1.7kg 約8秒(300dpi) USB
2
アイテムID:8168447の画像
GT-S650 7,800円

詳細を見る

前モデルよりもバージョンアップしたスタイリッシュスキャナー

4,800dpi CIS ~A4 - USB W249 × D364 × H39mm 約1.5kg 約10秒 (300dpi) USB
3
アイテムID:8168453の画像
GT-X830 31,000円

詳細を見る

先進の光学技術で高解像度を実現

6400dpi CCD 〜A4 OCR・画像補整・ユーティリティ 接続方法 USB USB - 5.74kg 6秒 -
4
アイテムID:8176257の画像
スキャナー GT-X980 60,999円

詳細を見る

エプソンこだわりのハイエンドモデル

6400dpi CCD A4 30.8×50.3×15.2cm 9.86kg 300dpi:A4カラー12秒/1枚・A4モノクロ12秒/1枚
5
アイテムID:8168450の画像
スキャナー 400-SCN025 49,980円

詳細を見る

A3サイズにも対応した大型フラットベッドスキャナー

2400dpi CIS 299mm×423mm OCR・画像編集 USB W576×D406×H72mm 約4.6kg - USB 2.0
6
アイテムID:8168456の画像
OpticBook 4800 55,900円

詳細を見る

本の読み込みの特化した高速ブックスキャナー

1200dpi CCD 〜A4 OCR・画像補整 USB 29.1 x 49.1 x 10.2 cm 3.9kg 約3.6秒 -

シートフィード型のブックスキャナー人気おすすめランキング5選

コスパが良くストレートっパスを採用したスキャナー

しわの多さなどといった要素を問わずスムーズな給紙が可能な「ストレートパス」構造を採用しているスキャナーです。これにより、安定して読み取れるメリットがあります。A4原稿を毎分40枚/80面のスピードで読み取れるのもポイントです。

 

また読み取り後の原稿がバラバラになりにくいので、整理もしやすいです。

解像度 600dpi 読み取りセンサー CCD
読み取りサイズ 〜A4(キャリアシート使用でA3まで対応可) 付属ソフトの機能 PDF/JPEGワンプッシュ作成・2次元バーコード認識・OCR・イメージデータ仕分け
接続方法 USB サイズ 17 x 30 x 16.3 cm
重量 6.28kg 読み取り速度 カラー/グレースケール/モノクロ2値:片面:40枚/分、両面:80面/分(200/300dpi)
インターフェース USB2.0/USB1.1

コンパクトサイズなのに高速両面スキャンが可能

比較的コンパクトなサイズのシーフィード型スキャナーですが、A4原稿を最大20枚/40面セット可能な上、約25枚/分の読み取り速度を備えています。また読み取り時の傾きを自動補正したり、スキャンをスムーズにする機能も便利です。

解像度 〜600dpi 読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 51~215.9mm×70~297mm 付属ソフトの機能 OCR・ファイル管理・PDF編集
接続方法 USB・Wi-Fi サイズ 103×300×83mm
重量 - 読み取り速度 A4カラー原稿を毎分25枚/50面
インターフェース Micro USB3.0

口コミを紹介

手軽に使えます. 普段は机の上の脇の方に置いています。書類があれば, 立ち上げて数十秒で読み込み可能です. 読み込み終わったら電源を切り再び脇に戻します. コンパクトなので邪魔になりません.

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトな高速ラウンドスキャナー

読み取った原稿が本体前方に排出されず、クルッとUターンして縦に収まる搬送方式「ラウンドスキャン」がユニークなモデルです。排紙スペースがいらないので、よりスッキリ設置できます。

 

原稿は最大30枚までまとめてセットできます。また超音波重送検知機能があるので、原稿が重なって送られてしまえばきちんと知らせてくれます。

解像度 600dpi 読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 50.8~216mm×53.9~356mm 付属ソフトの機能 画像編集・クラウド連携・OCR
接続方法 USB サイズ 15.6 x 30 x 22 cm
重量 2.7kg 読み取り速度 カラー読取速度… ・片面 200dpi:25枚/分、300dpi:15枚/分、600dpi:4枚/分 ・両面 200dpi:50面/分、300dpi:30面/分、600dpi:6面/分 * モノクロ読取速度… ・片面200dpi:25枚/分、300dpi:25枚/分、600dpi:13枚/分 ・両面 200dpi:50面/分、300dpi:50面/分、600dpi:26面/分
インターフェース -

口コミを紹介

シートフィーダーで大量の名刺もかんたんに読み込めました。
ずっと以前に使っていたシステム手帳のリフィルもシートフィーダーで読み込めて処分できてよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

AC電源がいらないから外出先でも使えて便利

AC電源不要、パソコンのUSBポートに挿すだけで使える利便性が魅力的な製品です。ボディもA4サイズノートパソコンより小さい程度なので、外出先でスキャン作業を行う方におすすめです。自宅やオフィスで設置場所を取らないのも魅力です。

解像度 600dpi 読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 〜A4 付属ソフトの機能 PDF/JPEG閲覧整理・名刺管理・PDF編集・OCR・ECM連携
接続方法 USB サイズ 9.9 x 28.4 x 7.7cm
重量 1.4kg 読み取り速度 -
インターフェース USB2.0

口コミを紹介

素晴らしいです。感想を述べたい。
これでバンバン自炊しています(笑)
買って1年経ちましたが、なんの異常もありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

タッチパネルで直感的操作ができるスキャナー

簡単操作のタッチパネルを搭載しているため、ワンタッチでやりたい操作にアクセスできます。二つ折りの書類もそのままスキャンできたり、読み取りやすいガイドがついていたりと、細かいところまで配慮が行き届いています。

 

チームや家族でスキャナーを共用したい場合にも便利です。アイコンのカラーをユーザーごとに変更可能なので、自分のアイコンが見つけやすいのもポイントです。

解像度 600dpi 読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 〜A4(オプションパーツ使用でA3まで対応可) 付属ソフトの機能 PDF/JPEG閲覧整理・名刺管理・OCR・ECM連携
接続方法 USB・Wi-Fi サイズ 16.1 x 29.2 x 15.2 cm
重量 600g 読み取り速度 -
インターフェース USB3.2 Gen1/USB3.1 / USB3.0 / USB2.0 /USB1.1

口コミを紹介

驚きの速さです!
また、Wi-Fi接続でデスク周りもスッキリです

出典:https://www.amazon.co.jp

シートフィード型のブックスキャナーおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 解像度 読み取りセンサー 読み取りサイズ 付属ソフトの機能 接続方法 サイズ 重量 読み取り速度 インターフェース
1
アイテムID:8168471の画像
ScanSnap iX1500 43,434円

詳細を見る

タッチパネルで直感的操作ができるスキャナー

600dpi CIS 〜A4(オプションパーツ使用でA3まで対応可) PDF/JPEG閲覧整理・名刺管理・OCR・ECM連携 USB・Wi-Fi 16.1 x 29.2 x 15.2 cm 600g - USB3.2 Gen1/USB3.1 / USB3.0 / USB2.0 /USB1.1
2
アイテムID:8168468の画像
ScanSnap S1300i 27,485円

詳細を見る

AC電源がいらないから外出先でも使えて便利

600dpi CIS 〜A4 PDF/JPEG閲覧整理・名刺管理・PDF編集・OCR・ECM連携 USB 9.9 x 28.4 x 7.7cm 1.4kg - USB2.0
3
アイテムID:8168465の画像
FORMULA DR-C225 II 32,200円

詳細を見る

コンパクトな高速ラウンドスキャナー

600dpi CIS 50.8~216mm×53.9~356mm 画像編集・クラウド連携・OCR USB 15.6 x 30 x 22 cm 2.7kg カラー読取速度… ・片面 200dpi:25枚/分、300dpi:15枚/分、600dpi:4枚/分 ・両面 200dpi:50面/分、300dpi:30面/分、600dpi:6面/分 * モノクロ読取速度… ・片面200dpi:25枚/分、300dpi:25枚/分、600dpi:13枚/分 ・両面 200dpi:50面/分、300dpi:50面/分、600dpi:26面/分 -
4
アイテムID:8168462の画像
ADS-1700W 28,000円

詳細を見る

コンパクトサイズなのに高速両面スキャンが可能

〜600dpi CIS 51~215.9mm×70~297mm OCR・ファイル管理・PDF編集 USB・Wi-Fi 103×300×83mm - A4カラー原稿を毎分25枚/50面 Micro USB3.0
5
アイテムID:8168461の画像
ScanSnap FI-7140G 31,300円

詳細を見る

コスパが良くストレートっパスを採用したスキャナー

600dpi CCD 〜A4(キャリアシート使用でA3まで対応可) PDF/JPEGワンプッシュ作成・2次元バーコード認識・OCR・イメージデータ仕分け USB 17 x 30 x 16.3 cm 6.28kg カラー/グレースケール/モノクロ2値:片面:40枚/分、両面:80面/分(200/300dpi) USB2.0/USB1.1

オーバーヘッド型のブックスキャナー人気おすすめランキング6選

自動スキャンで作業もラクラク

スピーディーにスキャンができる、オーバーヘッドタイプです。ページがめくられた動きを検知し、自動でスキャンする機能を搭載しています。きれいにスキャンできる自動平坦化機能や、映り込んだ指を自動的に消去する機能など、便利な機能が豊富です。

解像度 1800万画素 読み取りセンサー CMOSセンサー
読み取りサイズ ~A3 付属ソフトの機能 動画機能、編集機能
接続方法 Wi-Fi サイズ -
重量 - 読み取り速度 1.5秒
インターフェース -

口コミを紹介

とにかく量が多いので簡単にサクサクデータ化できるものを探していたのですが、こちらを選んで正解でした。とにかく操作が非常に簡単で、かなり速いスピードでスキャンすることが出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

A3サイズ対応で立体物もスキャンできる

A3サイズ対応で雑誌を開いたまま撮影できます。分厚い本や立体物も撮影でき、リアルタイムでパソコン上に表示できるので、学校や会議などでの書面カメラにも使えます。画素数は1800万画素で最大4912×3680の高解像度で撮影できます。

 

また、湾曲した冊子をまっすぐにする自動補正機能付きで、指の映り込みなども自動で補正します。ページをめくった後に自動で撮影できるタイマー連続撮影機能や、複数並べた名刺を一気に読み込む機能も搭載されています。

解像度 4912×3680 読み取りセンサー CMOS1800万画素
読み取りサイズ 最大A3 付属ソフトの機能 OCR機能・タイマー機能・自動連続撮影・5種類の出力フォーマット
接続方法 USB サイズ 266×85×355cm
重量 750g 読み取り速度
インターフェース USB2.0 Aタイプコネクタオス

口コミを紹介

コピー機でスキャンしにくい領収書、雑誌はこちらの方が素早くきれいに残せます。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルかつスタイリッシュでペダルで簡単操作

スキャン方法も簡単で本や雑誌を置いて指または付属の指サックでページを広げながらフットペダルを踏むだけで操作できます。スキャン速度も2.0秒/ページと素早く、オフィスや教育現場でも活躍します。

 

スキャンごとにPCモニターの確認が不要で、LCDプレビュー専用液晶ディスプレイを見ながら連続でスキャン出来ます。

解像度 4320×3240 読み取りセンサー CMOS
読み取りサイズ 〜A3 付属ソフトの機能 OCR・見開き自動分割・画像補整
接続方法 USB サイズ 372×180×443mm
重量 1.5kg 読み取り速度 2.0秒
インターフェース -

口コミを紹介

スキャン速度・使いやすさ・質感・サイズの点で非常に良い製品でした。結論として、一時的なバックアップであれば十分な画質かと思います。高速なため、アルバムスキャンには嬉しいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

中古でも人気の高い使い勝手抜群の一台

複数ページにわたってスキャンを行いたいときに便利なスキャナーです。一定時間ごとに自動的にスキャンしてくれる機能があるため、何度もスキャンボタンを押す必要がないのもポイントです。

 

LEDライトがついているため、多少薄暗い場所でも、ばっちりスキャンを行えます。原稿が傾いても自動的に補正されたり、スキャンしたデータ同士の合成ができたりと、使い勝手の良いブックスキャナーを探している方におすすめです。

解像度 800万画素 読み取りセンサー -
読み取りサイズ 〜A3 付属ソフトの機能 OCR・QRコード識別・画像補整
接続方法 USB サイズ 24 x 8 x 35 cm
重量 750g 読み取り速度 -
インターフェース USB2.0

口コミを紹介

機能的にこの商品がいいんじゃないかなと思い、購入を決めました。実際使ってみるとストレスフリーでかなり便利です。このスキャナーは折り畳み式で、パソコンがあれば、いつでもどこでも使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2100万高解像度でオンライン授業にも活躍

2100万画素の高画質で大量の書類も高速でデータ化できます。書類スキャンモードでページの歪みを自動補正し、自動画像トリミングや見開きページを自動分割、指部分の自動消去などの機能にも優れています。

 

また、ビデオ録画やリアルタイム投影の機能も搭載され、プレゼンテーションやオンライン授業などにも役に立ちます。コンセント不要でどこでも使用できます。

解像度 2100万dpi 読み取りセンサー -
読み取りサイズ 最大A3 付属ソフトの機能 連続撮影・リアルタイム撮影・PDFファイル生成・QRコード識別
接続方法 USB サイズ 85×260×350mm
重量 1.74kg 読み取り速度 -
インターフェース -

口コミを紹介

書籍の見開きを1Pずつ分割可能なことはメリットであり、平坦化もできるので非破壊であれば、書籍のデジタル化にはベストな1台だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

多彩な原稿を高速で読み取る便利スキャナー

原稿の歪みを補正する「ブック補正機能」、写り込んだ指を簡単に消せる「ポイントレタッチ機能」など、あると嬉しい機能が詰まったブックスキャナーです。さらに電源をオンしてから約3秒で読み取りが可能です。

 

A3サイズの原稿を読み取るのにも3秒ほどと、基本性能が高いのも魅力です。読み取った原稿の補正機能も充実しており、多彩な原稿に対応できるのもおすすめです。

解像度 600dpi 読み取りセンサー CCD
読み取りサイズ 〜A3 付属ソフトの機能 画像補整・OCR・PDF編集
接続方法 USB サイズ 21 x 15.6 x 38.3 cm
重量 3kg 読み取り速度 3秒
インターフェース USB2.0

口コミを紹介

日本メーカーだしサポートもしっかりしていそうだったので購入を決めました。発売されてから数年経っていたのもあって購入をためらっていたのですが、結果的に購入して正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーバーヘッド型のブックスキャナーおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 解像度 読み取りセンサー 読み取りサイズ 付属ソフトの機能 接続方法 サイズ 重量 読み取り速度 インターフェース
1
アイテムID:8168488の画像
ScanSnap SV600 54,190円

詳細を見る

多彩な原稿を高速で読み取る便利スキャナー

600dpi CCD 〜A3 画像補整・OCR・PDF編集 USB 21 x 15.6 x 38.3 cm 3kg 3秒 USB2.0
2
アイテムID:8176698の画像
ブックスキャナー X9 34,690円

詳細を見る

2100万高解像度でオンライン授業にも活躍

2100万dpi - 最大A3 連続撮影・リアルタイム撮影・PDFファイル生成・QRコード識別 USB 85×260×350mm 1.74kg - -
3
アイテムID:8168485の画像
S1 ドキュメントスキャナー 27,800円

詳細を見る

中古でも人気の高い使い勝手抜群の一台

800万画素 - 〜A3 OCR・QRコード識別・画像補整 USB 24 x 8 x 35 cm 750g - USB2.0
4
アイテムID:8168482の画像
Aura Pro ドキュメントスキャナー 37,026円

詳細を見る

シンプルかつスタイリッシュでペダルで簡単操作

4320×3240 CMOS 〜A3 OCR・見開き自動分割・画像補整 USB 372×180×443mm 1.5kg 2.0秒 -
5
アイテムID:8176659の画像
USB スキャナー 400-CAM073 32,099円

詳細を見る

A3サイズ対応で立体物もスキャンできる

4912×3680 CMOS1800万画素 最大A3 OCR機能・タイマー機能・自動連続撮影・5種類の出力フォーマット USB 266×85×355cm 750g USB2.0 Aタイプコネクタオス
6
アイテムID:8168476の画像
ET18 Pro ドキュメントスキャナー 69,300円

詳細を見る

自動スキャンで作業もラクラク

1800万画素 CMOSセンサー ~A3 動画機能、編集機能 Wi-Fi - - 1.5秒 -

ハンディ型のブックスキャナー人気おすすめランキング3選

3段階の解像度

OCR機能搭載で、付属のケーブルでパソコンに接続すれば画像から取り込んだ文字データを直接転送できます。また、300(低)・600(中)・900(高)dpiの3段階の解像度を選択でき、用途に合ったスキャンができます。

 

32gbのメモリーカードも付属しており、300dpiの場合で約32,000枚も保存できます。僅か150gの軽量設計でカバンに入れてもかさばりません。単三電池2本で最大600枚のスキャンが可能なので、出張先のプレゼンなどにも重宝します。

解像度 300・600・900dpi(3段階) 読み取りセンサー
読み取りサイズ 最大A4 付属ソフトの機能 OCR機能・3段階の解像度・自動保存
接続方法 USB サイズ 29.7×21cm
重量 150g 読み取り速度
インターフェース USB2.0高速

口コミを紹介

日本語の取説も入っていて、分かりやすくすぐに使用できました。
滑らかに動かすこともでき満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

パソコン不要で手軽に使える

ハンディスキャナーと32GBmicroSDの2点セットです。スキャンしたデータをSDカードに直接保存できるので、パソコンが無い環境でも使用できます。パソコンには付属のUSBで接続可能です。乾電池式なので図書館などでの勉強にも役立ちます。

解像度 300・600・900dpi 読み取りセンサー
読み取りサイズ 付属ソフトの機能
接続方法 USB サイズ 25×2.5×3cm
重量 330g 読み取り速度
インターフェース

スキャンした画像をwifiでモバイル転送

解像度は300dpi/600dpi/1050dpiの3段階から選べ、カラーモードもカラーとモノクロから選べます。内蔵の900mAhリチウムポリマーバッテリーで電源がなくても作業できます。

 

スキャンした画像は自動的に保存され、1.8インチのLCDスクリーンで4倍/8倍に拡大してプレビューできます。また、wifi機能でスキャンしたデータを直接モバイルに転送できるので、いつでもどこでも効率よく仕事ができます。

解像度 300・600・1050dpi 読み取りセンサー
読み取りサイズ 最大A4 付属ソフトの機能 OCR機能
接続方法 USB サイズ 258×39×28mm
重量 205g 読み取り速度 300dpi3秒/ページ(白黒2秒/ページ)・600dpi6秒/ページ・1050dpi10秒/ページ 
インターフェース

ハンディ型のブックスキャナーおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 解像度 読み取りセンサー 読み取りサイズ 付属ソフトの機能 接続方法 サイズ 重量 読み取り速度 インターフェース
1
アイテムID:8176987の画像
wifi モバイルスキャナー 11,999円

詳細を見る

スキャンした画像をwifiでモバイル転送

300・600・1050dpi 最大A4 OCR機能 USB 258×39×28mm 205g 300dpi3秒/ページ(白黒2秒/ページ)・600dpi6秒/ページ・1050dpi10秒/ページ 
2
アイテムID:8176752の画像
ハンディスキャナー (2点セット) 6,780円

詳細を見る

パソコン不要で手軽に使える

300・600・900dpi USB 25×2.5×3cm 330g
3
アイテムID:8176731の画像
ハンディスキャナー モバイルスキャナ 5,500円

詳細を見る

3段階の解像度

300・600・900dpi(3段階) 最大A4 OCR機能・3段階の解像度・自動保存 USB 29.7×21cm 150g USB2.0高速

名刺のデータ化するなら名刺スキャナーもチェック

名刺フォルダーで名刺を管理していると、整理が面倒だったり、どのファイルに収納しているかを探すのが大変ですよね。相手の話した内容をメモに記して保管しようとすると、ファイルの中身も増えてしまいがちです。

 

そこで役立つのが名刺スキャナーです。名刺に書かれた情報を手早くデジタル化できれば、管理だけでなく、探す際も手間がかかりません。名刺スキャナーは、大量の名刺をデータ化して簡単に整理できるアイテムです。ぜひ併せてチェックしてみてください。

自炊ブックスキャナーは自作もレンタルもできる

本来ブックスキャナーは非破壊で本を読み取れるものを指しますが、中には裁断してスキャンするタイプのものもあります。裁断機とスキャナーの2つを合わせて購入すると10万円以上する場合もあります。何度も使用しないのであれば、レンタル機器を利用するのもひとつの方法です。

 

また、よりこだわりを求めて非破壊のブックスキャナーを自作している方もいます。一見難しそうですが、家にあるものとスマホのアプリやカメラ機能を駆使して作る簡単な方法もあります。興味のある方は一度チェックしてみてもいいかもしれませんね。

本を解体するなら裁断機もチェックしよう

書籍のデータ化、いわゆる自炊を行う際に便利なのが自炊用裁断機です。スキャナの種類によっては、もとの本を裁断してデータ化するため、たくさんの本を自炊するときは用意しておきたいアイテムです。


中にはまとまった枚数もスムーズに裁断できる高機能な裁断機も発売されています。使いやすい裁断機があれば、自炊は格段に楽になります。自炊用裁断機はそれぞれの製品に特徴があるので、本を解体してスキャンしたい方は下記の記事もチェックしてみてください。

まとめ

ここまでブックスキャナーの種類・センサー・機能などの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介してきました。ブックスキャナーは家庭でもビジネスでも活躍する場は多くあります。本や書類の整理整頓にぜひお役立てください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】ドキュメントスキャナーのおすすめ人気ランキング15選

【2021年最新版】ドキュメントスキャナーのおすすめ人気ランキング15選

スキャナ
【2021年最新版】フィルムスキャナーの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】フィルムスキャナーの人気おすすめランキング10選

フィルムスキャナ
【2021年最新版】ハンディスキャナの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】ハンディスキャナの人気おすすめランキング10選

スキャナ
【整理収納コンサルタント監修】アイロン台の人気おすすめランキング21選【一人暮らしの方にも】

【整理収納コンサルタント監修】アイロン台の人気おすすめランキング21選【一人暮らしの方にも】

日用品
ブックライトの人気おすすめランキング15選【スタンド式やクリップ式も】

ブックライトの人気おすすめランキング15選【スタンド式やクリップ式も】

照明器具・天井照明
【2021年最新版】ステンレスタンブラーの人気おすすめランキング20選

【2021年最新版】ステンレスタンブラーの人気おすすめランキング20選

食器・カトラリー