ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング19選【オーバーヘッドスキャナーも紹介】

ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング19選【オーバーヘッドスキャナーも紹介】

本を読み込むブックスキャナーは、画像の歪みを抑えてデータを取り込めます。自動めくりタイプ、 裁断しない非破壊タイプやオーバーヘッドスキャナーなどの種類が販売中です。今回は、ブックスキャナーの種類や解像度・メーカーなどの選び方や商品比較、おすすめランキングをご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

mac対応・スマホ対応でお気に入りの本を身近に

ブックスキャナーは本や資料をスキャンしてデータ化できる機器で、本を処分して本棚を整理したい方にも適しています。ブックスキャナーはフラットベッド・シートフィード・オーバーヘッドスキャナーや自動めくり型など種類が豊富です。

 

特に非破壊型のオーバーヘッド型ブックスキャナーは本を裁断しないで済むため手軽にスキャンできます。ただ、mac・スマホ対応や写り込み・歪みの補正機能を搭載したものなど、種類だけでなく性能もさまざまなのでどれがいいか悩む方も多いです。

 

そこで今回は、ブックスキャナーの選び方やおすすめ商品ランキング、商品比較をご紹介します。ランキングは解像度・読み取りサイズ・接続方法などを基準に作成しました。本や資料だけでなく名刺やカードなどをスキャンできるものもあるので、購入を迷われてる方はぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

オーバーヘッド型のブックスキャナーのおすすめ

1位

CZUR

ET16 Plus

短時間で簡単にデータ化できるオーバーヘッド型ブックスキャナー

高速スキャンが可能なため、素早くデータ化作業を行えるブックスキャナーです。自動平坦化・オートトリミング・指サック自動削除・見開き自動分割などさまざまな機能を備えており、非破壊で簡単に読み取れます。

基本情報
解像度 4,608×3,456
読み取りセンサー Sony製 CMOS
読み取りサイズ A3以下(見開きの場合は片側A4以下)
サイズ 375×220×390mm(長さ×幅×高さ)
重量 1.5kg
読み取り速度 紙1枚/見開き(2ページ):1秒
インターフェース USB 2.0 High-Speed
電源 -
もっと見る

フラットベッド型のブックスキャナーのおすすめ

1位

キヤノン

CanoScan LiDE 400

外出先でも導入しやすいコンセント不要のコンパクトスキャナー

原稿台カバーを持ち上げれば、最大21mmまでの厚い原稿や本もスキャン可能なスキャナーです。付属のスタンドにより立てた状態でもスキャンを行えます。さらに、軽量かつコンセント不要なため、持ち運びやすいのもポイントです。

基本情報
解像度 4800×4800dpi(光学解像度:主走査×副走査)
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 最大216×297mm
サイズ 約W250×D367×H42mm
重量 約1.7kg
読み取り速度 約8秒*
インターフェース USB
電源 USBバスからの供給(本体に電源スイッチはありません)**
もっと見る

*A4/Color/300dpi/付属のUSBケーブルをUSB3.0以上に対応したUSBポートに接続した場合(使用環境・方法により異なる場合あり)。

**PCのポートごとに500mA(最高速を出すには900mA)の電源が供給されている必要があります。

ハンディ型のブックスキャナーのおすすめ

1位

サンワサプライ(Sanwa Supply)

ポータブルハンディスキャナ PSC-HS2BK

片ページずつ読み取れるから影ができにくい!

ブレにくくまっすぐスキャンできるダブルローラーを採用したハンディスキャナーです。厚みのある本や資料の一部分だけスキャンしたいときも、なぞるだけで簡単に読み取れます。

 

また、モノクロディスプレイにより、現時点でのスキャン枚数が一目でわかるのもポイントです。コンパクトで持ち運びやすいので、家だけでなくオフィスや出張先でも活躍します。

基本情報
解像度 300dpi(標準)/600dpi(中画質)/1200dpi(高画質)
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 最大216×356mm
サイズ W258×D41×H34mm
重量 約250g
読み取り速度 300dpi:モノクロ0.6秒・カラー1.6秒/600dpi・1200dpi:モノクロ2.4秒・カラー6.5秒
インターフェース USB Ver.2.0準拠
電源 単三乾電池×2(1.5Vより下の電圧・充電電池では動作しない場合あり)
もっと見る

シートフィード型のブックスキャナーのおすすめ

1位

Epson(エプソン)

ES-60WB

コンパクトで持ち運びしやすいシートフィード(ドキュメントスキャナー)タイプ

軽量で持ち運びしやすく、分かりやすいパネルで操作しやすいのが特徴です。コンパクトながら、スキャンのスピードが速いので出先でもサッと読み取れます。1枚ずつの資料・レシート・カードなどをデータ化したい方におすすめです。

基本情報
解像度 600dpi×600dpi(光学解像度)
読み取りセンサー カラーCIS
読み取りサイズ 最大216×1828.8mm
サイズ W272×D47×H33.8mm(突起物・ゴム足含まず)
重量 約300g
読み取り速度 A4カラー/モノクロ原稿:4.0秒/1枚
インターフェース Hi-Speed USB・IEEE802.11b/g/n
電源 DC5V(USBバスパワー)/DC5Vバッテリー(Li-ion Battery)
もっと見る

ブックスキャナーの選び方

ブックスキャナーの種類やセンサーの精度などの選び方を紹介します。ブランドごとの特徴も含めて参考にしてください。

種類で選ぶ

ブックスキャナーには、主にシートフィード・フラットベッド・オーバーヘッド・ハンディの4種類があります。それぞれの特徴を確認して選びましょう。

非破壊で手軽に読み取るなら「スタンド・オーバーヘッドスキャナー」がおすすめ

オーバーヘッドスキャナー(スタンドスキャナー)はデスクのライトのような形状をしています。上の位置にある読み取り機から原稿をスキャンする仕組みのため、本を開いて置くだけでスキャンできる手軽さが特徴です。

 

歪みや写り込みが起きやすいですが、ページはめくりやすく中には補正機能を搭載しているモデルもあります。非破壊でスキャンできるので、本自体もきれいなまま電子化したい方におすすめです。以下の記事では、ドキュメントスキャナーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

裁断しない非破壊で精度にこだわるなら「フラットベッド」がおすすめ

フラットベッド型はガラス台に本のページを開いて置き、非破壊でスキャンできるタイプです。厚い本でも影や写り込みを抑えられ、読み取り精度が高いのも特徴です。ただし、大型な製品が多く場所を取ったり、本を取り出してページをめくる必要があり大量スキャンはしにくかったりします。

 

そのため、少ないページ数をスキャンしたい場合や使用頻度が少ない場合に向いています以下の記事では、フィルムスキャナーの人気おすすめランキングを紹介しているので、ぜひご覧ください。

必要な箇所だけを読み取るなら「ハンディスキャナー」がおすすめ

一般的なスキャナーは本を固定して自動で読み込みますが、ハンディスキャナーは基本的に手動で本をなぞって読み込みます。内蔵バッテリーか乾電池を使用するため、コードレスで外出先への持ち運びも楽です。

 

1ページ全部スキャンせずに必要な部分だけさっとスキャンしたい方は選択肢に入れてみてください。以下の記事では、ハンディスキャナーの人気おすすめランキングをご紹介しているので、ぜひご覧ください。

素早くスキャンするなら「シートフィード(ドキュメントスキャナー)」がおすすめ

シートフィード(ドキュメントスキャナー)は資料やプリントなどを素早くスキャンしたい方におすすめのタイプです。まとめてセットした原稿を自動で1枚ずつ読み取れるモデルなら大量スキャンもしやすいです。ただし、スキャンはページ1枚単位なので、本の場合は裁断する必要があります。

 

きれいな状態のまま本を残したい方には向いていませんが、処分予定で裁断しても問題ない方はシートフィード型も選択肢に入れてみてください。以下の記事では、スキャナーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

写真や漫画をきれいに読み取るなら「解像度」は600dpiがおすすめ

より読み取り精度が高いブックスキャナーを選ぶなら、解像度もチェックしましょう。解像度が高ければ高いほど、より精密な読み取り結果になりますただし、解像度に比例してファイルサイズも大きくなりやすいです。

 

目安としては、文字のみを読み取りたいなら300dpi程度、写真・絵・図表もきれいに読み取りたいなら600dpi程度のスキャナーがおすすめです。

1枚あたりの「読み取り時間」をチェック

大量の資料やページ数の多い書籍を読み取る場合は、1枚あたりの読み取り時間も重要です。解像度が高いものや大きい用紙を読み取る場合は時間がかかる傾向にあります。読み取り速度を確認するときは、解像度や用紙サイズごとにかかる時間をチェックしましょう。

効率重視なら「出力形式・付属ソフト」をチェック

効率重視で選ぶなら出力形式・付属ソフトもチェックしてください。出力形式はJPEG・PDFなどさまざまな種類があるので、使用環境や目的に合ったファイル形式に対応しているものを選びましょう。読み込んだ文書を文字認識してテキストデータ化できるOCR機能搭載モデルもあります。

 

また、付属の専用ソフトにはスキャンなどの操作が楽に行えるものもあるので、ソフトの有無や内容も確認しましょう。

読み取りセンサーで選ぶ

読み取りセンサーはCISとCCDの2種類が存在します。それぞれのメリットを把握して選び方の参考にしてください。

読み取り精度とスピードなら「CCD」がおすすめ

画質重視でスキャンしたいなら、読み取り精度や速度に優れたCCDセンサーがおすすめです。ただし、大きいサイズの製品が多く価格も高い傾向にあるため、本をきれいに読み取りたい方やオフィスで使用したい方に向いています。

低価格でコスパの良さなら「CIS」がおすすめ

CISセンサーはCCDより小型で値段の安いものが多く、手軽に使えます。その分CCDよりも読み取り速度・精度は低くなりますが、費用を抑えたい方にはおすすめです。必要なスペックと値段のバランスを考慮して使用用途に合った方を選びましょう。

大きいサイズをスキャンするなら「A3サイズ」対応か確認

大きいサイズを読み取るならA3サイズに対応したスキャナーがおすすめです。スキャナーにはA4まで対応のものが多いですが、中にはA3まで読み取れるモデルも発売されています。地図・雑誌・新聞・絵本などにはA3サイズ対応がおすすめです。

付加機能で選ぶ

スキャナーには、便利な機能が多くあります。製品によって異なるので欲しい機能をチェックして選びましょう。

データをすぐにチェックするなら「BluetoothやWi-Fi接続」がおすすめ

BluetoothやWi-Fi接続に対応していればパソコン・タブレット・スマホなどに読み込んだデータを転送して内容を確認できます。ケーブルを繋がなくても作業できるので、取り込んだイメージを手軽にチェックしたい方にもおすすめです。

 

また、クラウドサービスと連携できるものなら、取り込んだデータをクラウド上へ簡単に保存できます。

より時短したいなら「両面スキャン」がおすすめ

両面スキャンに対応しているタイプは、時間を短縮して大量のページを読み取りたい方におすすめです。背面に用紙をセットする形式を採用しているものが多く、1分間に35枚・70面読み取れる機種もあります。

図書館の書籍など本を裁断したくないなら「自動めくり機能」がおすすめ

本のページを自動でめくってスキャンしてくれる自動めくり機能を搭載した機種なら、図書館の書籍なども本を裁断せずに取り込めます。本を固定台に設置するだけで済むために手間がかかりません。


ただし、業務用に搭載されている場合が多く、家庭用ではほとんど取り扱っていません。そのため、会社などで本を大量に取り込む必要がある場合に重宝します。

スキャンに自信がないなら「補正機能あり」がおすすめ

補正機能付きブックスキャナーには、取り込んだ画像の歪みを自動で修正したり写り込みを補正したりできるものがあります。きれいにスキャンする自信がない方や正式な資料として使用する場面などにおすすめです。

ブランド・メーカーで選ぶ

ブックスキャナーのおすすめのブランドやメーカーを紹介します。それぞれの特徴をチェックして選んでみてください。

ハンディタイプなら「SANWA SUPPLY(サンワサプライ)」がおすすめ

サンワサプライではフラットヘッド・オーバーヘッド・ハンディスキャナーなどさまざまな製品を取り扱っています。ハンディタイプなら1万円台で購入できるものもあり、試しに使ってみたい方におすすめのメーカーです。

ScanSnapシリーズから選ぶなら「Fujitsu(富士通)・RICOH(リコー)」がおすすめ

「ScanSnap」シリーズはオーバーヘッドタイプやモバイルタイプなどを展開しています。2023年にブランドオーナーが富士通からリコーに変わりました。コスパのいいモデルや操作が簡単なモデルもあるので、ぜひチェックしてみてください。

省スペースに設置したいなら「Canon(キヤノン)」がおすすめ

キヤノンでは個人向け・法人向けにフラットヘッド型やドキュメントスキャナーを取り扱っています。コンパクトで軽量な製品が多く、省スペースに設置したい方や持ち運んで使いたい方におすすめです。

低価格で試してみたい初心者なら「plustek(プラステック)」がおすすめ

plustek(プラステック)は台湾に本部を置くメーカーです。フラットヘッドスキャナー・ドキュメントスキャナーなどを展開しており、豊富な種類があります。価格は抑えられているので、ブックスキャナーを試したい初心者の方にもおすすめです。

高速スキャンと歪み補正なら「CZUR(シーザー)」がおすすめ

CZUR(シーザー)ではオーバーヘッドタイプのスキャナーを取り扱っています。高速スキャン・歪み補正・指サック削除・オートトリミング機能などを搭載している製品もあり、機能性が充実しています。その分値段は高めなので、機能性重視の方はチェックしてみてください。

家庭用から業務用まで幅広いラインナップなら「EPSON(エプソン)」がおすすめ

EPSON(エプソン)はプリンターやスキャナーで有名なメーカーです。ドキュメントスキャナーやフォトスキャナーを取り扱っており、自宅でも使いやすい低価格のエントリーモデル・高価格のハイエンドモデル・業務向けなど幅広い製品があります。

オーバーヘッド型のブックスキャナー人気おすすめランキング4選

4位

CZUR

ブックスキャナー Aura S

非破壊で簡単に本をデータ化できるオーバーヘッドスキャナー

指または付属の指サックでページを広げながらフットペダルを踏むだけで簡単に本をスキャンできるオーバーヘッドスキャナーです。2.0秒/ページのスキャン速度で、オフィスや教育現場でも素早く作業を行えます。

 

PCモニターを確認しなくても、本体にある液晶ディスプレイからプレビュー画面を見られます。位置補正・指サック削除・平坦化機能などを搭載しており、編集なしでもきれにデータ化できるのも特徴です。

基本情報
解像度 4896×3672
読み取りセンサー Sony製 CMOS
読み取りサイズ 最大420×297mm
サイズ 展開時:372×180×443mm/格納時:180×130×443mm
重量 1.48kg
読み取り速度 2秒 / A3ページ
インターフェース USB 2.1 High-Speed
電源 -
もっと見る
3位

リコー

ScanSnap SV600

原稿の歪みや写り込み補正機能搭載で本のスキャンも快適

原稿の歪みを補正するブック補正機能や、写り込んだ指を簡単に消せるポイントレタッチ機能などを搭載しているブックスキャナーです。ページめくり検出機能・タイマースキャン機能も備えており、大量スキャンでもスムーズに作業を進められます。

基本情報
解像度 光学解像度:主走査285dpi~218dpi/副走査283dpi~152dpi*
読み取りセンサー カラーCCD
読み取りサイズ 最大432×300mm
サイズ 幅210x奥行156x高さ383mm
重量 3kg
読み取り速度 A3片面カラー3秒/枚
インターフェース USB2.0/USB1.1(コネクタ:B Type)**
電源 AC100V±10%
もっと見る

*同一紙面上で読み取り角度が異なるため、読み取り位置によって光学解像度に違いが生じます。

**USB3.0を搭載したコンピュータでは、USB2.0として動作します。

2位

CZUR

M3000PRO-V2

本を裁断せずに効率よくスキャンできるブックスキャナー

2,800万画素のカメラを搭載しているオーバーヘッド型のブックスキャナーです。本を置く場所にはページがめくりやすくなるV字ブッククレードルを採用しています。加えて、読み取り時間も速いため、作業効率を上げたい方におすすめです。

基本情報
解像度 6144×4608
読み取りセンサー Sony製 CMOS
読み取りサイズ ≦A3 (見開きの場合は片側≦A4)
サイズ 長さ505×幅520×高さ425mm
重量 4.5kg
読み取り速度 紙(1枚)/見開き(2ページ):1秒
インターフェース USB 2.0 High-Speed
電源 入力:100 to 240V(50/60Hz)・出力: 9V/1.5A
もっと見る
1位

CZUR

ET16 Plus

短時間で簡単にデータ化できるオーバーヘッド型ブックスキャナー

高速スキャンが可能なため、素早くデータ化作業を行えるブックスキャナーです。自動平坦化・オートトリミング・指サック自動削除・見開き自動分割などさまざまな機能を備えており、非破壊で簡単に読み取れます。

基本情報
解像度 4,608×3,456
読み取りセンサー Sony製 CMOS
読み取りサイズ A3以下(見開きの場合は片側A4以下)
サイズ 375×220×390mm(長さ×幅×高さ)
重量 1.5kg
読み取り速度 紙1枚/見開き(2ページ):1秒
インターフェース USB 2.0 High-Speed
電源 -
もっと見る

口コミを紹介

曲面の補正がしっかりしており、スキャン設定の変更や後で画像処理することが少なかったため、ストレスなくスキャンできた点が大変良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーバーヘッド型のブックスキャナーおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 解像度 読み取りセンサー 読み取りサイズ サイズ 重量 読み取り速度 インターフェース 電源
1位 アイテムID:15161698の画像

Amazon

楽天

ヤフー

短時間で簡単にデータ化できるオーバーヘッド型ブックスキャナー

4,608×3,456

Sony製 CMOS

A3以下(見開きの場合は片側A4以下)

375×220×390mm(長さ×幅×高さ)

1.5kg

紙1枚/見開き(2ページ):1秒

USB 2.0 High-Speed

-

2位 アイテムID:15161686の画像

Amazon

楽天

本を裁断せずに効率よくスキャンできるブックスキャナー

6144×4608

Sony製 CMOS

≦A3 (見開きの場合は片側≦A4)

長さ505×幅520×高さ425mm

4.5kg

紙(1枚)/見開き(2ページ):1秒

USB 2.0 High-Speed

入力:100 to 240V(50/60Hz)・出力: 9V/1.5A

3位 アイテムID:13980016の画像

Amazon

楽天

ヤフー

原稿の歪みや写り込み補正機能搭載で本のスキャンも快適

光学解像度:主走査285dpi~218dpi/副走査283dpi~152dpi*

カラーCCD

最大432×300mm

幅210x奥行156x高さ383mm

3kg

A3片面カラー3秒/枚

USB2.0/USB1.1(コネクタ:B Type)**

AC100V±10%

4位 アイテムID:13980007の画像

Amazon

楽天

ヤフー

非破壊で簡単に本をデータ化できるオーバーヘッドスキャナー

4896×3672

Sony製 CMOS

最大420×297mm

展開時:372×180×443mm/格納時:180×130×443mm

1.48kg

2秒 / A3ページ

USB 2.1 High-Speed

-

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

フラットベッド型のブックスキャナー人気おすすめランキング7選

7位

サンワダイレクト

400-SCN038

端まできれいにスキャンできる非破壊型ブックスキャナー

上下に動く原稿カバーを搭載し、分厚めの本も押さえられるブックスキャナーです。スキャンの速度が速いため、スムーズに作業を進められます。大型サイズでも端までしっかり読み取れるので、本や資料をきれいなまま残したい方におすすめです。

基本情報
解像度 600dpi
読み取りセンサー CCD
読み取りサイズ 最大304.8×431.8mm(12×17インチ・A3サイズ)
サイズ W623×D400×H133mm
重量 約7.7kg(本体のみ)
読み取り速度 2.48秒(カラー・300dpi・A3サイズ)/2.10秒(グレースケール・モノクロ・300dpi・A3サイズ)
インターフェース USB仕様 Ver.2.0準拠(USB仕様 Ver.1.1上位互換)
電源 ACアダプタ 24V/1.7A
もっと見る
6位

サンワダイレクト

400-SCN057

Mac・Windowsでも使用可能!A3対応で厚みのある本も読み取れる

A3対応スキャナーなので、大きめの資料も裁断せずにスキャン可能です。また、可動式のカバーを採用しており、約2.4cmまでなら厚い本もフタを閉めて読み取れます。解像度は5種類あり、ファイル形式はWindows7種類・Mac8種類から選べるのも特徴です。

基本情報
解像度 1200dpi×1200dpi
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 約W304×D426mm(11.98インチ×16.8インチ)
サイズ 約W565×D394×H54mm
重量 約4.3kg
読み取り速度 約8秒(200dpi・A3サイズスキャン時)
インターフェース USB Ver.2.0準拠(USB Ver.1.1上位互換)
電源 12VDC/2A・24W(Input:100〜120VACor200〜240VAC・50〜60Hz)
もっと見る
5位

サンワダイレクト

スキャナー 400-SCN025

A3サイズにも対応した大型フラットベッドスキャナー

A3サイズまで対応している大きなスキャナーなので、設計図や写真集などさまざまな資料をスキャンできます。基本的にはカバーを付けてスキャンしますが、厚みのある本を読み取りたい場合はカバーを外して使用可能です。

 

また、4種類のファイル形式に対応しており、オートパワーオフ機能も備えています。

基本情報
解像度 2400×2400dpi
読み取りセンサー CISセンサー
読み取りサイズ 最大297mm×423mm
サイズ W576×D406×H72mm
重量 約4.6kg
読み取り速度 約9.8秒(A3サイズ・解像度300dpi・ファイル形式BMPの場合)
インターフェース USB 2.0準拠(USB.1.1上位互換)
電源 ACアダプタ
もっと見る

口コミを紹介

漫画原稿をスキャンするために買いました。B4で白黒、600dpiでスキャンするのに、スキャンから保存終了まで10秒~15秒くらいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

EPSON(エプソン)

スキャナー GT-X980

レンタルから試すのもおすすめ!エプソンこだわりのハイエンドモデル

4種類のフィルムホルダーが付属しており、さまざまなフィルムを高画質でスキャンできるスキャナーです。フィルムだけでなく、雑誌・新聞・資料なども読み取れます。シックな部屋の雰囲気に合う高級感のあるデザインも特徴です。

基本情報
解像度 光学解像度:6,400dpi(フィルムホルダー使用時)/4,800dpi(反射原稿/フィルムエリアガイド使用時)
読み取りセンサー α-Hyper CCD Ⅱ オンチップマイクロレンズ付 6ラインカラーCCD(R/G/B×2ライン)
読み取りサイズ 最大216×297mm(8.5×11.7インチ)
サイズ W308×D503×H152.5mm
重量 約6.6kg
読み取り速度 A4カラー/モノクロ1枚12秒(300dpi)
インターフェース Hi-Speed USB
電源 AC100V±10%(ACアダプター)
もっと見る
3位

EPSON(エプソン)

GT-X830

写真や雑誌などの読み取りに!高解像度で色再現力も高いスキャナー

高性能のレンズを搭載しており、解像度の高いデータを実現するスキャナーです。フィルムや写真・雑誌などの原稿も手軽に読み取れます。スキャン時にLED光源を2方向から照射し、原稿のシワや影を軽減できるのも特徴です。

 

本体ボタンでさまざまな操作が行える「スキャナビボタン」を備えているため、作業効率もアップします。

基本情報
解像度 光学解像度:6400dpi
読み取りセンサー α-Hyper CCD II オンチップマイクロレンズ付12ラインカラーCCD(R/G/B×4ライン)
読み取りサイズ 最大 216×297mm(8.5×11.7インチ)
サイズ W280×D485×H118mm
重量 約4.1kg
読み取り速度 A4モノクロ/カラー1枚6秒(300dpi)
インターフェース Hi-Speed USB
電源 AC100V±10%(ACアダプター)
もっと見る

口コミを紹介

プロフェッショナルモードでスキャンすると画像調整も簡単に出来る上、スキャン画素数も十分に設定出来ます。Digital ICEという機能ですが、小さいゴミがきれいに除去されます。これはいいですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

エプソン

GT-S660

写真や本をスキャンできるスマートなスキャナー

薄くて軽いフラットベッドタイプのスキャナーです。コンパクトですっきりとしたデザインのため、場所を取らずに設置・収納できます。内蔵スタンドで立てたままスキャンができるので、狭い書斎やデスク上でも使いやすいです。

 

原稿カバーを外せば厚い本や大きい原稿もスキャンできます。ボタン操作で簡単に作業を行えるので、機械操作が苦手な方にもおすすめです。

基本情報
解像度 4,800×4,800dpi(光学解像度:主走査×副走査)
読み取りセンサー カラーCIS
読み取りサイズ 最大216×297mm(8.5×11.7インチ)
サイズ W249 × D364 × H39mm
重量 約1.4kg
読み取り速度 A4カラー/モノクロ1枚約10秒 (300dpi)
インターフェース Hi-Speed USB
電源 DC5V(USBバスパワー)*
もっと見る

*USBバスパワー駆動時は500mAの電源が供給されている必要があります。

1位

キヤノン

CanoScan LiDE 400

外出先でも導入しやすいコンセント不要のコンパクトスキャナー

原稿台カバーを持ち上げれば、最大21mmまでの厚い原稿や本もスキャン可能なスキャナーです。付属のスタンドにより立てた状態でもスキャンを行えます。さらに、軽量かつコンセント不要なため、持ち運びやすいのもポイントです。

基本情報
解像度 4800×4800dpi(光学解像度:主走査×副走査)
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 最大216×297mm
サイズ 約W250×D367×H42mm
重量 約1.7kg
読み取り速度 約8秒*
インターフェース USB
電源 USBバスからの供給(本体に電源スイッチはありません)**
もっと見る

*A4/Color/300dpi/付属のUSBケーブルをUSB3.0以上に対応したUSBポートに接続した場合(使用環境・方法により異なる場合あり)。

**PCのポートごとに500mA(最高速を出すには900mA)の電源が供給されている必要があります。

口コミを紹介

領収書のスキャンに使うために購入しました。簡単にPDFにできて便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

フラットベッド型のブックスキャナーおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 解像度 読み取りセンサー 読み取りサイズ サイズ 重量 読み取り速度 インターフェース 電源
1位 アイテムID:13979984の画像

Amazon

楽天

ヤフー

外出先でも導入しやすいコンセント不要のコンパクトスキャナー

4800×4800dpi(光学解像度:主走査×副走査)

CIS

最大216×297mm

約W250×D367×H42mm

約1.7kg

約8秒*

USB

USBバスからの供給(本体に電源スイッチはありません)**

2位 アイテムID:13979981の画像

Amazon

楽天

ヤフー

写真や本をスキャンできるスマートなスキャナー

4,800×4,800dpi(光学解像度:主走査×副走査)

カラーCIS

最大216×297mm(8.5×11.7インチ)

W249 × D364 × H39mm

約1.4kg

A4カラー/モノクロ1枚約10秒 (300dpi)

Hi-Speed USB

DC5V(USBバスパワー)*

3位 アイテムID:13979978の画像

Amazon

楽天

ヤフー

写真や雑誌などの読み取りに!高解像度で色再現力も高いスキャナー

光学解像度:6400dpi

α-Hyper CCD II オンチップマイクロレンズ付12ラインカラーCCD(R/G/B×4ライン)

最大 216×297mm(8.5×11.7インチ)

W280×D485×H118mm

約4.1kg

A4モノクロ/カラー1枚6秒(300dpi)

Hi-Speed USB

AC100V±10%(ACアダプター)

4位 アイテムID:13979975の画像

Amazon

楽天

ヤフー

レンタルから試すのもおすすめ!エプソンこだわりのハイエンドモデル

光学解像度:6,400dpi(フィルムホルダー使用時)/4,800dpi(反射原稿/フィルムエリアガイド使用時)

α-Hyper CCD Ⅱ オンチップマイクロレンズ付 6ラインカラーCCD(R/G/B×2ライン)

最大216×297mm(8.5×11.7インチ)

W308×D503×H152.5mm

約6.6kg

A4カラー/モノクロ1枚12秒(300dpi)

Hi-Speed USB

AC100V±10%(ACアダプター)

5位 アイテムID:13979972の画像

Amazon

ヤフー

A3サイズにも対応した大型フラットベッドスキャナー

2400×2400dpi

CISセンサー

最大297mm×423mm

W576×D406×H72mm

約4.6kg

約9.8秒(A3サイズ・解像度300dpi・ファイル形式BMPの場合)

USB 2.0準拠(USB.1.1上位互換)

ACアダプタ

6位 アイテムID:15161692の画像

Amazon

楽天

ヤフー

Mac・Windowsでも使用可能!A3対応で厚みのある本も読み取れる

1200dpi×1200dpi

CIS

約W304×D426mm(11.98インチ×16.8インチ)

約W565×D394×H54mm

約4.3kg

約8秒(200dpi・A3サイズスキャン時)

USB Ver.2.0準拠(USB Ver.1.1上位互換)

12VDC/2A・24W(Input:100〜120VACor200〜240VAC・50〜60Hz)

7位 アイテムID:15161694の画像

Amazon

楽天

ヤフー

端まできれいにスキャンできる非破壊型ブックスキャナー

600dpi

CCD

最大304.8×431.8mm(12×17インチ・A3サイズ)

W623×D400×H133mm

約7.7kg(本体のみ)

2.48秒(カラー・300dpi・A3サイズ)/2.10秒(グレースケール・モノクロ・300dpi・A3サイズ)

USB仕様 Ver.2.0準拠(USB仕様 Ver.1.1上位互換)

ACアダプタ 24V/1.7A

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

ハンディ型のブックスキャナー人気おすすめ2選

2位

スリーアールシステム

液晶付ハンディスキャナー 3R-HSAP700

読み込んだデータをすぐに確認できるカラー液晶搭載

カラー液晶モニターを搭載しており、PCなどに接続しなくても読み込んだデータが確認できるハンディスキャナーです。書籍や新聞はもちろん、壁に掛けてある資料も手軽にスキャンできます。コンパクトかつ軽量なので、持ち運びしやすいのも特徴です。

基本情報
解像度 ファイン(FINE):900dpi/高画質(HIGH):600dpi/低画質(LOW):300dpi
読み取りセンサー コンタクトイメージセンサー
読み取りサイズ 幅約210mm・長さ最大116cm(低画質時)
サイズ 約258mmX31mmX32mm
重量 約197g(乾電池を含む)
読み取り速度 -
インターフェース USB 2.0
電源 アルカリ単三乾電池2本
もっと見る
1位

サンワサプライ(Sanwa Supply)

ポータブルハンディスキャナ PSC-HS2BK

片ページずつ読み取れるから影ができにくい!

ブレにくくまっすぐスキャンできるダブルローラーを採用したハンディスキャナーです。厚みのある本や資料の一部分だけスキャンしたいときも、なぞるだけで簡単に読み取れます。

 

また、モノクロディスプレイにより、現時点でのスキャン枚数が一目でわかるのもポイントです。コンパクトで持ち運びやすいので、家だけでなくオフィスや出張先でも活躍します。

基本情報
解像度 300dpi(標準)/600dpi(中画質)/1200dpi(高画質)
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 最大216×356mm
サイズ W258×D41×H34mm
重量 約250g
読み取り速度 300dpi:モノクロ0.6秒・カラー1.6秒/600dpi・1200dpi:モノクロ2.4秒・カラー6.5秒
インターフェース USB Ver.2.0準拠
電源 単三乾電池×2(1.5Vより下の電圧・充電電池では動作しない場合あり)
もっと見る

ハンディ型のブックスキャナーおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 解像度 読み取りセンサー 読み取りサイズ サイズ 重量 読み取り速度 インターフェース 電源
1位 アイテムID:15160109の画像

Amazon

楽天

ヤフー

片ページずつ読み取れるから影ができにくい!

300dpi(標準)/600dpi(中画質)/1200dpi(高画質)

CIS

最大216×356mm

W258×D41×H34mm

約250g

300dpi:モノクロ0.6秒・カラー1.6秒/600dpi・1200dpi:モノクロ2.4秒・カラー6.5秒

USB Ver.2.0準拠

単三乾電池×2(1.5Vより下の電圧・充電電池では動作しない場合あり)

2位 アイテムID:15161672の画像

Amazon

楽天

ヤフー

読み込んだデータをすぐに確認できるカラー液晶搭載

ファイン(FINE):900dpi/高画質(HIGH):600dpi/低画質(LOW):300dpi

コンタクトイメージセンサー

幅約210mm・長さ最大116cm(低画質時)

約258mmX31mmX32mm

約197g(乾電池を含む)

-

USB 2.0

アルカリ単三乾電池2本

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

シートフィード型のブックスキャナー人気おすすめランキング6選

6位

brother(ブラザー)

ADS-1700W

Amazon での評価

(2024/07/11調べ)

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

高速両面スキャンが可能!タッチパネルで操作もしやすい

タッチパネルにより直感的な操作が可能なドキュメントスキャナーです。A4原稿を最大20枚/40面セットでき、解像度300dpi時には約25枚/分の速さで読み取りできます。

 

また、読み取り時の傾きを自動補正する機能や裏写りを除去する機能も備えており、資料などを1枚ずつ快適にデータ化したい方におすすめです。

基本情報
解像度 最大600×600dpi(光学解像度)
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 幅51~215.9mm/長さ70~297mm*3
サイズ 幅300×奥行103×高さ83mm
重量 約1.41kg
読み取り速度 片面約25枚/分(カラー/モノクロ300dpiまで)・片面約5枚/分(カラー/モノクロ600dpi)
インターフェース Micro USB 3.0・IEEE802.11 b/g/n
電源 100V AC
もっと見る

*1枚ずつの場合は長さ863.0mmまで可能。

口コミを紹介

手軽に使えます. 普段は机の上の脇の方に置いています。書類があれば, 立ち上げて数十秒で読み込み可能です. 読み込み終わったら電源を切り再び脇に戻します. コンパクトなので邪魔になりません.

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Canon(キヤノン)

FORMULA DR-C225 II

ラウンドスキャナンでコンパクトに設置できるドキュメントスキャナー

読み取った原稿が本体前方に排出されず、クルッと回って縦に収まるラウンドスキャンを採用しているモデルです。排紙スペースが不要なので省スペースに設置でき、デスク周りもすっきりします。

 

原稿は最大30枚までまとめてセット可できるため、スキャンする量が多くても効率よく作業を行えます。超音波重送検知機能を備えており、原稿が重なった場合に知らせてくれるのもポイントです。

基本情報
解像度 600dpi(光学解像度)
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ 幅50.8~216mm×長さ53.9~356mm(長尺対応は3,000mmまで)
サイズ トレー収納時:W300×H220×D156mm/トレー全開時:W300×H339×D235mm
重量 約2.7kg
読み取り速度 カラー読取速度… ・片面 200dpi:25枚/分、300dpi:15枚/分、600dpi:4枚/分 ・両面 200dpi:50面/分、300dpi:30面/分、600dpi:6面/分 * モノクロ読取速度… ・片面200dpi:25枚/分、300dpi:25枚/分、600dpi:13枚/分 ・両面 200dpi:50面/分、300dpi:50面/分、600dpi:26面/分
インターフェース Hi-Speed USB2.0*
電源 100V(50/60MHz)
もっと見る

*USB2.0はUSB1.1の上位互換のためUSB1.1としても使用可能ですが、読み取り速度が低下します。本機はUSB2.0の認証試験に合格しています。ただし、Hi-SpeedUSBを標準装備したPCすべての動作を保証するものではありません。自作PC・ショップブランドPCでは動作しない場合があります。

口コミを紹介

シートフィーダーで大量の名刺もかんたんに読み込めました。
ずっと以前に使っていたシステム手帳のリフィルもシートフィーダーで読み込めて処分できてよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

リコー

ScanSnap iX100

資料や名刺などのデータ化をスマートに行えるモバイルスキャナー

軽量かつコンパクトなうえに、バッテリーとWi-Fi搭載で外出先でもスマートに使用できるモバイルスキャナーです。1枚単位の書類・名刺・カードなどを素早く簡単にスキャンできます。

 

収納にも困らないサイズ感のため、リビングやデスクまわりに置いても省エネスペースで済みます。

基本情報
解像度 600dpi(光学解像度)
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ A3対応*・長尺863mmまで
サイズ 幅273×奥行47.5×高さ36mm(突起物を除く)
重量 400g
読み取り速度 片面5.2秒/枚
インターフェース USB2.0/USB1.1(コネクタ:Micro-B Type)**・IEEE802.11b/g/n準拠
電源 DC5V+0.25V / -0.5V(USBバス給電)
もっと見る

*2つ折り時またはA3キャリアシート(別売)使用時

**USB3.0を搭載したコンピュータでは、USB2.0として動作します。

3位

リコー

ScanSnap iX1300

AC電源がいらないから外出先でも使えて便利

A4サイズほどのスペースで使えるうえに、前方に排紙スペースがなく省スペースに置けるスキャナーです。クラウドサービスと連携すれば、データ化した資料の管理もしやすくなります。また、A4原稿を最大20枚セットできるので、作業時間を短縮したい方にもおすすめです。

基本情報
解像度 600dpi(光学解像度)
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ A3対応*・長尺最大3000mm
サイズ トレー収納時:幅296×奥行114×高さ87mm/トレー全開時:幅296×奥行247×高さ242mm
重量 2.0kg
読み取り速度 毎分30枚・60面**
インターフェース USB3.2 Gen1x1/USB3.0/USB2.0/USB1.1(コネクター:B Type)***・IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠
電源 AC100V±10%
もっと見る

*2つ折り時またはA3キャリアシート(別売)使用時

**「スーパーファイン」モード(カラー/グレー 300dpi)まで

***USB3.2/USB3.1/USB3.0対応のUSBポートに接続した場合、一部のコンピューターでScanSnapが認識されないことがあります。その場合は、USB2.0対応ポートに接続するか、USB2.0対応ポートがない場合はUSB2.0対応ケーブルを使用してください。

2位

リコー

ScanSnap iX1600

タッチパネルで直感的操作ができるスキャナー

簡単に操作できるタッチパネルを搭載していて、ワンタッチでやりたい操作にアクセス可能です。用途別に豊富なアイコンが用意されており、自分でわかりやすく使いやすいアイコンに設定できます。

 

2つ折りの書類もそのままスキャンできたり、画像に入る縦筋を減らしたり利便性も高いです。

基本情報
解像度 600dpi(光学解像度)
読み取りセンサー CIS
読み取りサイズ A3対応*・長尺3,000mmまで
サイズ トレー収納時:幅292×奥行161×高さ152mm/トレー全開時:幅292×奥行494×高さ293mm
重量 3.4kg
読み取り速度 40枚/分**
インターフェース USB3.2 Gen1/USB3.1/USB3.0***/USB2.0/USB1.1(コネクター:B Type)・IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠
電源 AC100V±10%
もっと見る

*2つ折り時またはA3キャリアシート(別売)使用時

**「スーパーファイン」モード(カラー/グレー 300dpi)まで

***USB3.2/USB3.1/USB3.0対応のUSBポートに接続した場合、一部のコンピューターでScanSnapが認識されないことがあります。その場合は、タッチパネルの[スキャナー設定]-[USB]の設定を「USB2.0」にしてください。

1位

Epson(エプソン)

ES-60WB

コンパクトで持ち運びしやすいシートフィード(ドキュメントスキャナー)タイプ

軽量で持ち運びしやすく、分かりやすいパネルで操作しやすいのが特徴です。コンパクトながら、スキャンのスピードが速いので出先でもサッと読み取れます。1枚ずつの資料・レシート・カードなどをデータ化したい方におすすめです。

基本情報
解像度 600dpi×600dpi(光学解像度)
読み取りセンサー カラーCIS
読み取りサイズ 最大216×1828.8mm
サイズ W272×D47×H33.8mm(突起物・ゴム足含まず)
重量 約300g
読み取り速度 A4カラー/モノクロ原稿:4.0秒/1枚
インターフェース Hi-Speed USB・IEEE802.11b/g/n
電源 DC5V(USBバスパワー)/DC5Vバッテリー(Li-ion Battery)
もっと見る

口コミを紹介

コンパクトで置き場所を選ばず
使い勝手もとても良い商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

シートフィード型のブックスキャナーおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 解像度 読み取りセンサー 読み取りサイズ サイズ 重量 読み取り速度 インターフェース 電源
1位 アイテムID:13980027の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コンパクトで持ち運びしやすいシートフィード(ドキュメントスキャナー)タイプ

600dpi×600dpi(光学解像度)

カラーCIS

最大216×1828.8mm

W272×D47×H33.8mm(突起物・ゴム足含まず)

約300g

A4カラー/モノクロ原稿:4.0秒/1枚

Hi-Speed USB・IEEE802.11b/g/n

DC5V(USBバスパワー)/DC5Vバッテリー(Li-ion Battery)

2位 アイテムID:13980002の画像

Amazon

楽天

ヤフー

タッチパネルで直感的操作ができるスキャナー

600dpi(光学解像度)

CIS

A3対応*・長尺3,000mmまで

トレー収納時:幅292×奥行161×高さ152mm/トレー全開時:幅292×奥行494×高さ293mm

3.4kg

40枚/分**

USB3.2 Gen1/USB3.1/USB3.0***/USB2.0/USB1.1(コネクター:B Type)・IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠

AC100V±10%

3位 アイテムID:13979999の画像

Amazon

楽天

ヤフー

AC電源がいらないから外出先でも使えて便利

600dpi(光学解像度)

CIS

A3対応*・長尺最大3000mm

トレー収納時:幅296×奥行114×高さ87mm/トレー全開時:幅296×奥行247×高さ242mm

2.0kg

毎分30枚・60面**

USB3.2 Gen1x1/USB3.0/USB2.0/USB1.1(コネクター:B Type)***・IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠

AC100V±10%

4位 アイテムID:13980033の画像

Amazon

楽天

ヤフー

資料や名刺などのデータ化をスマートに行えるモバイルスキャナー

600dpi(光学解像度)

CIS

A3対応*・長尺863mmまで

幅273×奥行47.5×高さ36mm(突起物を除く)

400g

片面5.2秒/枚

USB2.0/USB1.1(コネクタ:Micro-B Type)**・IEEE802.11b/g/n準拠

DC5V+0.25V / -0.5V(USBバス給電)

5位 アイテムID:13979996の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ラウンドスキャナンでコンパクトに設置できるドキュメントスキャナー

600dpi(光学解像度)

CIS

幅50.8~216mm×長さ53.9~356mm(長尺対応は3,000mmまで)

トレー収納時:W300×H220×D156mm/トレー全開時:W300×H339×D235mm

約2.7kg

カラー読取速度… ・片面 200dpi:25枚/分、300dpi:15枚/分、600dpi:4枚/分 ・両面 200dpi:50面/分、300dpi:30面/分、600dpi:6面/分 * モノクロ読取速度… ・片面200dpi:25枚/分、300dpi:25枚/分、600dpi:13枚/分 ・両面 200dpi:50面/分、300dpi:50面/分、600dpi:26面/分

Hi-Speed USB2.0*

100V(50/60MHz)

6位 アイテムID:13979993の画像

Amazon

ヤフー

高速両面スキャンが可能!タッチパネルで操作もしやすい

最大600×600dpi(光学解像度)

CIS

幅51~215.9mm/長さ70~297mm*3

幅300×奥行103×高さ83mm

約1.41kg

片面約25枚/分(カラー/モノクロ300dpiまで)・片面約5枚/分(カラー/モノクロ600dpi)

Micro USB 3.0・IEEE802.11 b/g/n

100V AC

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazon売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

スキャナーとプリンターは何が違う?

スキャナーは紙の情報をデジタルに変換する機器で、プリンターはデジタル情報を紙面化する機器です。スキャナーは読み取りのみ対応しており、プリンターはPCやスマホからデータを伝送し、紙に印刷できます。

 

複合プリンターと呼ばれるスキャン・コピー・プリントに対応したプリンターもありますが、スキャナーの方が高い精度で読み取りできます。スキャンしか使わない場合は、機能が充実したスキャナーの方がおすすめです。

中古スキャナーを購入する際の注意点

コスパ重視で選びたい方は、リサイクルショップやフリマアプリなどで中古スキャナーを購入するのもおすすめです。中古品購入時の注意点として、保証の有無や正常に動作するか、製造年が古すぎないかはしっかり確認しましょう。

 

フリマアプリは個人間でのやりとりとなるので、トラブルに発展する可能性もあります。個人間での購入に不安がある方はリサイクルショップをチェックしてみてください。

名刺のデータ化するなら名刺スキャナーもチェック

ファイルで名刺を管理していると、整理が面倒だったりどこにあるか探すのが大変だったりします。相手の話した内容をメモに記して保管しようとすると、ファイルの中身も増えてしまいがちです。

 

そんなときは、大量の名刺をデータ化して簡単に整理できる名刺スキャナーがおすすめです。名刺に書かれた情報を手早くデジタル化できれば、管理だけでなく、探す際も手間がかかりません。

ブックスキャナーは自作・レンタルもできる?

ブックスキャナーはレンタルサイトなどでレンタルしても利用できます。業者ごとにさまざま利用方法や値段がありますが、使用する期間によっては買うより安く済む場合があります。価格の高い製品が多いので、購入前に試してみたい方や一定期間だけ使いたい方におすすめです。

 

裁断機と一緒にレンタル可能な場合もあるので、裁断しながらスキャナーを使いたい方はチェックしてみてください。また、段ボールやスタンドなど家にあるものとスマホのカメラ・アプリを駆使して簡易的なブックスキャナーを自作する方法もあるので、興味のある方は調べてみましょう。

本を解体するなら裁断機もチェック

スキャナーの種類によっては、データ化(自炊)するためにもとの本を裁断する必要があります。そんなときに用意しておきたいアイテムが自炊用裁断機です。中にはまとまった枚数もスムーズに裁断できる高機能な裁断機も発売しています。

 

使いやすい裁断機があれば、自炊は格段に楽になります。以下の記事では、裁断機の人気おすすめランキングを紹介しているのでぜひご覧ください。

まとめ

ここまでブックスキャナーの種類・センサー・機能などの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介してきました。ブックスキャナーは家庭でもビジネスでも活躍する場は多くあります。本や書類の整理整頓にぜひお役立てください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年06月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

フィルムスキャナーのおすすめ人気ランキング10選【プロ仕様や高画質も】

フィルムスキャナーのおすすめ人気ランキング10選【プロ仕様や高画質も】

フィルムスキャナ
【2024年最新版】ギターエフェクターのおすすめ人気ランキング10選【初心者用にコンパクトタイプも】

【2024年最新版】ギターエフェクターのおすすめ人気ランキング10選【初心者用にコンパクトタイプも】

楽器
裁断機のおすすめ人気ランキング16選【業務用・家庭用や自炊も!】

裁断機のおすすめ人気ランキング16選【業務用・家庭用や自炊も!】

文房具・文具
画像販売サイトのおすすめ人気ランキング8選【写真販売・画像を売るサイトも紹介】

画像販売サイトのおすすめ人気ランキング8選【写真販売・画像を売るサイトも紹介】

その他のサービス
【2024年】フォトブックのおすすめ人気ランキング13選【価格が安いものも】

【2024年】フォトブックのおすすめ人気ランキング13選【価格が安いものも】

カメラ
【2024年最新版】画鋲・画鋲フックの人気おすすめランキング15選【目立たないし抜けにくい!】

【2024年最新版】画鋲・画鋲フックの人気おすすめランキング15選【目立たないし抜けにくい!】

文房具・文具

アクセスランキング

ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング19選【オーバーヘッドスキャナーも紹介】のサムネイル画像

ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング19選【オーバーヘッドスキャナーも紹介】

スキャナ
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。