【2022年最新版】ハンディスキャナの人気おすすめランキング10選

外出先などで気軽に原稿などをスキャンしたいと思ったことはありませんか?そのようなときはハンディスキャナがおすすめです。そこで今回は、ペン型などハンディスキャナの種類などを解説し、ハンディスキャナの選び方をランキング形式で紹介していきます。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

厚い本にも対応できる非破壊自炊用のハンディスキャナ

スキャナは高価な印象があると思っていませんか?実はスキャナの中でもハンディスキャナは他のタイプのスキャナに比べて安価で購入ができるのです!ハンディスキャナとは、写真や文書といった原稿となるものの上を動かすことによってスキャンができます。

 

また、小型化したペン型ハンディスキャナといったものもあり、これを「モバイルスキャナ」と呼ぶことがあります。ハンディスキャナは、乾電池やバッテリーによって作動するのでコンセントが不要なものがほとんどであり、持ち運びができる商品が多いのが特徴です。

 

そこで今回は、ハンディスキャナの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、解像度やスキャンできる最大サイズなどを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

FUJITSU(富士通)

ScanSnap iX100

4.4

WindowsやMacにも対応

WindowsやMac、iosやAndroidにも対応しており、ハンディスキャナでスキャンされた画像が簡単にダウンロード可能です。こちらの商品は、充電式リチウム電池によって作動されています。

 

1回の充電で約600枚のスキャンができるのも魅力です。また、最大32GBのメモリーカードがサポートされており、使い勝手に困らないハンディスキャナ商品になります。購入後の24ヶ月保証もあるので安心です。

質量 400g 解像度 最大1050dpi
スキャンサイズ A4サイズ 接続技術 USB

ハンディスキャナの選び方

さまざまな商品があり、自分が求めているものは何かをきちんと確認する必要があります。今回は、7つの選び方のポイントを紹介していきますので、参考にしてください。

スキャンできる原稿用紙の「大きさ」をチェック

ハンディスキャナは、スキャンができる用紙の大きさの限度があります。しかし、名刺サイズやはがきサイズといった大きさが限界ではなく、A4サイズのものを一度にスキャンできるものや、ハンディスキャナ本体よりも大きな原稿でスキャン可能です。

 

自分がやりたい作業方法がどんなものかによって、選ぶハンディスキャナは変わっていきます。そのハンディスキャナがどのくらいの用紙サイズが最大限度なのかを理解することにより、購入後の失敗を防げるのもポイントです。しっかりと確認しておきましょう。

持ち運びやすいものは「軽量」化されたものをチェック

ハンディスキャナは、なるべく持ち運びが可能なものを選びたいです。製品によっては箱もの・棒状のものといったさまざまな形のハンディスキャナ商品があります。最近では薄型のバッテリーもあるため、軽量化されたものも多く存在しているのも特徴です。

 

ハンディスキャナを選ぶ際には、なるべくコンパクトなものや持ち運びやすいものを選んでください。

見やすくデータ化するには「解像度」をチェック

ハンディスキャナで原稿を読み取る際に、やはり解像度が気になるでしょう。解像度はdpi(ドットパーインチ)という単位で示されます。数値が高いものほど見やすくデータ化されます。スキャナの場合は最低でも300dpiあれば十分です。

 

更に高い900dpi、1200dpiといった解像度で読み取ることができる商品もあります。しかし、本来のハンディスキャナは、正確に且つ精密に取り込めるような商品ではありません。解像度も大事ですが、それ以外にも注目して検討してみましょう。

タイプで選ぶ

ハンディスキャナには、持ち運びができるタイプやパソコンに接続して使うタイプのものがあります。それぞれのメリットなどを確認していきましょう。

持ち運びやすさを重視したい方は「単体」がおすすめ

ハンディスキャナには、それ単体で使うことができるものがあります。その場合、乾電池を使用したりmicroSDによってデータを記録をするなどといったことによって、単体でも使うこと可能です。

 

このようなハンディスキャナ単体で使うことのできる商品は、スキャンするたびにパソコンを持ち運ばなくてもよく、手軽に持ち運びができるということが一番の特徴になります。多くの荷物を抱えたくない方におすすめのタイプです。

すぐに編集したい場合は「パソコン」に接続して使うものがおすすめ

すぐにでもスキャンして読み込んだものを編集したい場合は、パソコンに接続されているタイプを購入することをおすすめします。最近のハンディスキャナ商品にはいろいろな機能が入っているのも魅力です。

 

たとえば、パソコンに読み込まれた原稿の文字をデータ認識したのちにパソコンに保存できるものなど、便利なハンディスキャナが売られているので確認してみてください。

付属機能で選ぶ

ハンディスキャナ商品は、各メーカーによって特徴があります。今回は3つの機能を紹介していきますが、必ずしもこれらが搭載しているとは限らないので注意してください。

出張など外出が多い方は「Wi-Fi・Bluetooth機能」がおすすめ

Wi-FiやBluetoothによって、ワイヤレスで使うことのできるハンディスキャナ商品もあります。また、ハンディスキャナでスキャンをしたデータをスマートフォンやタブレットにワイヤレス送信・閲覧する商品もあり、データ損失が可能性もなくなるのもポイントです。

 

加えて、一部のハンディスキャナ商品はクラウドサービスを利用することでメール添付といった場合もできます。ケーブルなどを持ち運ぶのがいらなくなるので、コンパクトに荷物がまとまるのです。出張など外出が多い方にはおすすめの機能になります。

手ブレが気になる方は「歪みを補正」する機能がおすすめ

ハンディスキャナの商品は、スマートフォンなどのカメラで撮影するのと違うところは、歪みの心配が少ないのが特徴です。しかし、そんなハンディスキャナといっても手ブレなどで歪んでしまうこともあります。

 

そのようなことに備え、ハンディスキャナ内に歪みを補正する機能がついているものもありるのが特徴です。これがあることで文字や写真などの歪みの心配はほぼ必要なくなります。

電源のタイプ・給電の仕方で選ぶ

ハンディスキャナには給電方法は主に2種類あります。今回はその2種類の方法と、それぞれのメリットについても紹介していきますので、参考にしてください。

外出先での作業には「乾電池タイプ」がおすすめ

乾電池タイプのハンディスキャナは、バッテリータイプと比べコストがかかってしまいます。しかし、突然の事態に対応しやすいのが乾電池タイプの良いところです。外出先での作業の際にはこのような乾電池タイプのハンディスキャナをおすすめします。

 

電池切れなどが起きた場合でも新しい乾電池を購入すればいいので、すぐに対応ができるのが特徴的です。

電池代を使いたくない方は「バッテリータイプ」がおすすめ

バッテリータイプであれば、充電をすることで何回でも使用できます。乾電池タイプとは違い、コストもそこまでかかりません。電池代を考慮して購入を希望されている方は、乾電池タイプよりもバッテリータイプがおすすめです。

 

給電方法もUSB接続での給電やポータブルタイプのハンディスキャナもあるのでチェックしておきましょう。

性能・機能によって「価格」をチェック

スキャナ商品の中では、ハンディスキャナは比較的に安い値段で手に入ります。しかしそんなハンディスキャナ商品でも、ものによって値段にバラつきがあり、平均するとおおよそ1万円程度といったところです。

 

どのくらいの頻度でハンディスキャナを使うのか、どのような性能・機能が搭載されたものを求めているのかを事前に確認してから、それに見合ったいくつかのハンディスキャナ商品を見比べて検討をおすすめします。

「ペン型」などさまざまな読み込み方法もチェック

ハンディスキャナの読み込み方法には、自らの手で書籍などの紙の上をすべらすようにして読み込む手動タイプと原稿自体をハンディスキャナに差し込んで読み込む自動タイプの2種類があります。

 

ほかにも底に読み取り装置が設置されているマウス型のハンディスキャナや、必要な部分だけをなぞるようにしてスキャンするペン型のハンディスキャナもあります。これから購入していく上で、どのようなタイプのハンディスキャナを選ぶのかを考えておきましょう。

ハンディスキャナの人気おすすめランキング10選

10位

KING JIM(キングジム)

マウス型スキャナ

3.7
価格: 14,800円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い方によってはマウスにもなるのが特徴

マウスとしても使えるこちらは、スキャンしたいときにマウスの底の読み取り装置によってスキャナに変わります。マウス自体は約110gという軽さも特徴的であり、出張などの時に持ち運びやすい商品です。

 

マウスでなぞった部分はパソコン画面上で確認することができるので、どこがスキャンしたのかを瞬時に確認できます。新聞やカタログなど、大きな原稿の一部を取り込みたい方には最適なハンディスキャナ商品です。

質量 約110g 解像度 最大400dpi
スキャンサイズ A4 接続技術 USB

口コミを紹介

取り込んだ画像が、自動的に水平調整をしてくれて、位置調整などもしてくれるので楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Sanwa Supply(サンワサプライ)

ポータブルハンディスキャナ PSC-HS1BK

3.0
価格: 20,987円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

microSDカード・変換アダプタ付きのハンディスキャナ

microSDカード・変換アダプタがついているので購入後すぐに使用することができます。ダブルローラーの搭載によってまっすぐ安定しながらスキャンができるのが特徴です。

 

読み込んだ原稿が自動的に確認されトリミングされる機能も入っています。A4サイズの用紙まで対応できます。また、スキャンしたデータは、液晶ディスプイですぐに確認ができるので非常に便利です。

質量 - 解像度 900dpi
スキャンサイズ A4サイズ 接続技術 -

口コミを紹介

マイクロSDへのダイレクト記録は非常に携帯時に助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

EPSON(エプソン)

スキャナー ES-50

3.8
価格: 15,145円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OCR機能が搭載!最大で900dpiの解像度のハンディスキャナ

パソコンが不要、更には900dpiという高画質でスキャンができてA4のサイズにも対応されています。単四形アルカリ乾電池を2本使用することで利用環境に左右されることなくスキャン可能です。

 

OCR機能が搭載されていることから、文字をテキストデータ化できます。画質に関しても、高画質な900dpi、データ・写真向けの600dpi、素早くスキャンしたい方におすすめの300dpiと、3つの選択肢があるのも魅力です。

質量 約145g 解像度 最大900dpi
スキャンサイズ A4 接続技術 -

口コミを紹介

一ヶ月に数回スキャンをする程度の使用頻度では必要十分です 紙のサイズにかかわらずスキャンすることが出来ます

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Sanwa Supply(サンワサプライ)

Amazon売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 ハンディスキャナ部門 4位

(2024/02/01調べ)

IScan02 ハンディスキャナー

3.3
amazonランキング
価格: 13,227円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スキャンした画像をすぐに見れる

簡単な操作でスキャンできるのが特徴のハンディスキャナーです。ダブルローラーとブックエッジによってスキャンした画像の歪みなどの解消・コンテンツが損失してしまう恐れもありません。

 

また、最大で32GBのメモリーカードが搭載されており、大容量のファイルでも保存できます。Wi-Fi接続により、コンピューターは必要がなく接続せずともスキャンした画像を表示・アップロード可能です。

質量 400g 解像度 最大1050dpi
スキャンサイズ - 接続技術 -

口コミを紹介

急なスキャンニング用に購入致しました。とても気に入っています。仕事用にバッグに入れ、毎日使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

EPSON(エプソン)

スキャナー ES-60WB

4.2
価格: 19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レシートなどの薄い紙などにも対応

Wi-Fiに対応しており、ワイヤレスでスキャンすることができます。最軽量のコンパクト設計がされているので、持ち運びが簡単であるので、スペースのない場所でも手軽にスキャンが可能です。

 

4.0秒に1枚のスピードでスキャンされるのも特徴になります。バさまざまな用紙にも対応しており、保険証や免許証といった厚みのあるものから、レシートといった薄い紙にも対応しているのでおすすめです。

質量 約300g 解像度 200dpi・300dpi
スキャンサイズ A4サイズ 接続技術 Wi-Fi

口コミを紹介

領収書などを取り込むために使っています。Win10で特に問題ありません。ワンタッチでとても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

FUJITSU(富士通)

スキャナー ScanSnap S1100

4.4
価格: 9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スキャナーの設定やファイルの管理の活用をアシスト

スキャナーの設定、ファイルの管理や活用をアシストしてくれハンディスキャナーです。アプリケーションの連携によって、読み取りや情報抽出、編集といったこともできるのでおすすめします。

 

学習機能も搭載されていることから、スムーズに作業を進行できるので非常に便利です。日常の生活で使っていくのはもちろんのことビジネス用としても大活躍します。

質量 - 解像度 -
スキャンサイズ A4サイズ 接続技術 USB

口コミを紹介

S1100は思った以上にコンパクト、用紙の送りもスムーズ、USB接続なので軽くて確実にデータ保存でき、とても良い商品と出会え購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

サンワダイレクト

ペン型スキャナ

2.9
価格: 23,600円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

193か国語の言語の読み取りに対応したペン型

日本語や英語、中国語など193か国語の言語の読み取りができるのが大きな特徴です。音声での読み上げや、発音の確認ができるといった機能があるので、語学の勉強をしている方にはおすすめします。

 

また、このハンディスキャナは、テキストモード・画像モード・辞書モード・翻訳モード・バーコードモード・数字モードといったさまざまなモードを選択しスキャン可能です。さまざな用途で活躍していきます。

質量 約47g 解像度 -
スキャンサイズ - 接続技術 USB

口コミを紹介

必要な部分を手軽に読み込んでくれます。認識力も高く、95%以上の正確性です。値段も安く、利用価値は一押しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

SUNTRUST(サントラスト)

ハンディスキャナ MagicScan

3.3
価格: 2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単操作で手軽に使えるハンディスキャナ

ハンドスキャナ商品MagicScanの特徴は、何といっても開いてスキャンするだけでの手軽さです。これによってスキャンしたデータの確認をすぐに行うことができるので非常に便利に使用できます。

 

USB接続で手軽にパソコン接続ができるほか、別売りのアダプタを購入すれば、iPadやAndroidといったものでもデータを確認可能です。

質量 - 解像度 最大900dpi
スキャンサイズ A4 接続技術 USB2.0

口コミを紹介

新聞のグラフや表を取り貯めるのに、重宝して使っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Aidodo

ハンディスキャナー Aoleca

3.4
価格: 10,999円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6パターンのスキャン方法があるハンディスキャナ

Aolecaは、解像度が300dpi・600dpi・900dpiの3種類で保存形式がjpgとpdfの2種類あります。合わせると6パターンのスキャン方法があるのが特徴です。また、いろいろな用紙のサイズにも対応ができています。

 

また、OCTの機能が搭載されているので、Word・Excel・TXTといったものに変更も可能です。A4用紙にはもちろんのこと、名刺やメモ書きといったものもスキャンできます。

質量 約150g 解像度 300dpi・600dpi・900dpi
スキャンサイズ A4 接続技術 USB

口コミを紹介

購入して未だ一ヶ月程しか使用していますが、スキャン速度、使い易さなどの欠点を言うことがない。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

FUJITSU(富士通)

ScanSnap iX100

4.4
価格: 23,800円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WindowsやMacにも対応

WindowsやMac、iosやAndroidにも対応しており、ハンディスキャナでスキャンされた画像が簡単にダウンロード可能です。こちらの商品は、充電式リチウム電池によって作動されています。

 

1回の充電で約600枚のスキャンができるのも魅力です。また、最大32GBのメモリーカードがサポートされており、使い勝手に困らないハンディスキャナ商品になります。購入後の24ヶ月保証もあるので安心です。

質量 400g 解像度 最大1050dpi
スキャンサイズ A4サイズ 接続技術 USB

口コミを紹介

外出先で不要な預かり書類を減らしたい時に、とても有効です。
買って良かった‼️

出典:https://www.amazon.co.jp

ハンディスキャナのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 質量 解像度 スキャンサイズ 接続技術
アイテムID:11796158の画像

楽天

Amazon

ヤフー

WindowsやMacにも対応

400g

最大1050dpi

A4サイズ

USB

アイテムID:11795089の画像

楽天

Amazon

ヤフー

6パターンのスキャン方法があるハンディスキャナ

約150g

300dpi・600dpi・900dpi

A4

USB

アイテムID:11795069の画像

楽天

Amazon

ヤフー

簡単操作で手軽に使えるハンディスキャナ

-

最大900dpi

A4

USB2.0

アイテムID:11795086の画像

楽天

Amazon

193か国語の言語の読み取りに対応したペン型

約47g

-

-

USB

アイテムID:11795083の画像

Amazon

スキャナーの設定やファイルの管理の活用をアシスト

-

-

A4サイズ

USB

アイテムID:11795080の画像

楽天

Amazon

ヤフー

レシートなどの薄い紙などにも対応

約300g

200dpi・300dpi

A4サイズ

Wi-Fi

アイテムID:11795077の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スキャンした画像をすぐに見れる

400g

最大1050dpi

-

-

アイテムID:11795075の画像

楽天

Amazon

ヤフー

OCR機能が搭載!最大で900dpiの解像度のハンディスキャナ

約145g

最大900dpi

A4

-

アイテムID:11795072の画像

ヤフー

microSDカード・変換アダプタ付きのハンディスキャナ

-

900dpi

A4サイズ

-

アイテムID:11795066の画像

Amazon

楽天

ヤフー

使い方によってはマウスにもなるのが特徴

約110g

最大400dpi

A4

USB

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

A3用紙にも対応しているオーバーヘッドスキャナ

ハンディスキャナの選び方やおすすめを紹介しましたが、ほかにもスキャナにはいろいろな種類があります。精度の高いフラットべッド型のスキャナや、より手軽にスキャンしたい方におすすめのオーバーヘッドスキャナ型のスキャナといったものもあるのも魅力です。

 

以下のサイトではそういった本を読み込むためのブックスキャナの選び方などが書かれており、フラットベッド型やオーバーヘッド型・シートフィード型といったスキャナのおすすめ商品も紹介されています。こちらもぜひチェックしてみてください。

ハンディスキャナの種類について

スキャンする媒体によって2つの種類に分かれます。ひとつは、原稿書類や名刺といったものの上をすべらしてスキャンしていくハンディスキャナです。このようなハンディスキャナは、書籍・写真といったものを簡単に読み込みたいときにおすすめします。

 

ビジネスシーンでは、資料を作るといったことなどで活躍するのも特徴です。もうひとつは、バーコードを読み込むためのハンディスキャナ商品になります。身近な場所で目にすることが多いと思います。スーパーマーケットのレジでの読み取り機械がそれです。

 

このようなハンディスキャナがあることによって、手入力の必要がなくなり、且つ誤入力といったことも防止できます。

まとめ

今回はハンディスキャナの選び方やおすすめランキングについて紹介していきました。ハンディスキャナといってもマウス型やペン型といった独特の型があります。どれを買うか迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年08月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ハンディモップのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものや洗えるものも】

ハンディモップのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものや洗えるものも】

掃除用具・清掃用品
【2023年最新版】ハンディカムの人気おすすめランキング10選【安いものや4K対応も】

【2023年最新版】ハンディカムの人気おすすめランキング10選【安いものや4K対応も】

ビデオカメラ
ハンディミシンの人気おすすめランキング10選【糸の通し方も!】

ハンディミシンの人気おすすめランキング10選【糸の通し方も!】

手芸用品・クラフト
ハンディミシンの人気おすすめランキング10選【マスクや雑巾作りに】

ハンディミシンの人気おすすめランキング10選【マスクや雑巾作りに】

家電
【2023年】ハンディクリーナーの人気おすすめランキング15選【乾湿両用や国内メーカーも】

【2023年】ハンディクリーナーの人気おすすめランキング15選【乾湿両用や国内メーカーも】

掃除機
ペビーカー向け扇風機のおすすめ10選|いらない?指が入らないのはどれ?

ペビーカー向け扇風機のおすすめ10選|いらない?指が入らないのはどれ?

扇風機・サーキュレーター

アクセスランキング

ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング20選【オーバーヘッドスキャナーも紹介】のサムネイル画像

ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング20選【オーバーヘッドスキャナーも紹介】

スキャナ
スキャナーのおすすめ人気ランキング19選【B3やB4サイズや家庭用など】のサムネイル画像

スキャナーのおすすめ人気ランキング19選【B3やB4サイズや家庭用など】

スキャナ
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。