【最新版】ダイエットプロテインのおすすめ人気ランキング

記事ID22118のサムネイル画像
ダイエットを頑張る方に必要不可欠なプロテイン。数多くの種類がありますが、「どのプロテインがダイエットに適しているのか、分からない……。」と悩む方も多いのではないでしょうか。今回は、ダイエットにおすすめのプロテインと選び方を紹介します。女性向けから性別を問わず飲めるものまで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

プロテインとは

プロテインとは、栄養補助食品として捉えられていますが、本来はたんぱく質を英訳したものです。語源を辿ると、古代ギリシャ語で「もっとも重要なもの」という意味になります。それを示すように、人間の骨、皮膚や内臓に至るまで、たんぱく質から構成されています。

 

たんぱく質不足に陥ると、人間の体は機能不全を起こします。記憶力や集中力の低下を招き、体そのものが脆弱になってしまうのです。

 

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動下では、プロテインの摂取によって、持久力を維持する筋肉をより発達させることができます。短距離走や筋トレなどの無酸素運動下では、プロテインの摂取により、瞬発的に発揮する筋肉をより鍛えることが可能です。

なぜダイエットに『プロテイン』なのか?

そもそもプロテインは筋肉を作りたい人が飲むものだと勘違いしていませんか?プロテインはダイエットが目的の商品も多く出ています。

 

プロテインは選び方と飲み方さえ間違えなければ、低カロリー・低脂肪・高タンパク食品で、ダイエット中に不足するたんぱく質を補うことができるのです。たんぱく質は、筋肉だけではなく、骨や皮膚、髪や爪をつくる素になります。

 

身体は必要な栄養素を得ることができれば、体内循環が整い基礎代謝量を上げることにつながります。つまりは少しの運動でも脂肪が燃えやすい身体になるためにプロテインが効果的なのです。健康的に美しくなりたい人は、ぜひ生活にプロテインを取り入れてみましょう。

 

ダイエットプロテインの選び方

ダイエットプロテインを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。適切な商品を選ぶ事ができれば、摂取カロリーや栄養素が考えられているため、リバウンドを防ぐことに繋がりますi

ダイエットにはソイプロテインが基本

ダイエットにプロテインを取り入れる際には、ソイプロテインが基本になります。大豆が原料になっているため、植物性タンパク質と動物性たんぱく質を、バランスよく取り入れることができます。

 

また食事と置き換える際にも、ホエイ入りプロテインより吸収速度がゆっくりであるため、腹持ちがよいというメリットがあります。一方でダイエットに運動を取り入れる場合には、ホエイ入りのプロテインを適度に摂取することで、筋肉をつけることもできます。

 

ソイプロテインの原料となる大豆は、植物性エストロゲンを含んでいます。女性ホルモンと似た働きをするため、ダイエット中のストレスケアや肌荒れにも効果が期待できます。

糖質・カロリー控えめのものを選ぼう

ダイエットプロテインには、糖質・カロリー控えめのものを選びましょう。体重増加を促す栄養素は、エネルギー源となる糖質と脂質が主です。しかし体内にたんぱく質を循環させるためには糖質も必要不可欠であるため、バランスのよい摂取を心がけなければなりません。

 

食品には、栄養成分表を表示する義務があります。たんぱく質・脂質・炭水化物・ナトリウムの量・熱量は必ず表記されているため、ダイエットプロテインを購入の際には、必ずチェックしましょう。

 

たんぱく質・脂質・炭水化物・ナトリウムの量・熱量は、体重や運動量によっても変わってきます。自分の生活スタイルに合った商品を選びましょう。なかには人工甘味料を使っている商品もあるため、注意が必要です。

必要な栄養素をチェックしよう

たんぱく質以外にも鉄・カルシウム・ビタミンなどの栄養素をチェックしましょう。たんぱく質だけを一生懸命に摂取しても、必要栄養素が不足していると、有効に活用することができません。

 

鉄やビタミンB群が含まれている商品なら、糖質や脂質の分解、新陳代謝を促す効果が期待できます。カルシウムは、脂肪細胞の成長を抑制する効果があります。

 

またダイエットが成功しない場合、栄養不足が原因ということもあるため注意が必要です。栄養不足になると脂肪を溜め込みやすくなるため、極端な食事制限は逆効果になります。適度な運動と栄養補給、そしてプロテインの摂取を心がけましょう。

自分が飲みやすいプロテインを選ぼう

ダイエットプロテインを選ぶ際には、自分が飲みやすいプロテインかどうかも確認しましょう。ダイエットプロテインを摂取しても、一朝一夕で効果は出ません。必ず続けられるものをチョイスしましょう。

 

自分好みの味であることは、もっとも重要です。商品によっては、プレーン味・抹茶味・ココア味・ミルクティー風味などさまざまです。ラインナップが豊富な商品なら、そのときの気分によって選ぶ事ができるでしょう。

 

味と同時に喉ごしにもこだわりましょう。どろっとしたものなら、腹持ちを実感することができます。さらっとしたものは、飲みやすいことが特徴です。飲む時間帯によっても好みが分かれるため、ライフスタイルに適したものを選びましょう。

【最新版】ダイエットプロテインのおすすめ人気ランキング14選

1位

ULTORA

ホエイダイエットプロテインプレミアム

長期にわたってプロテインを摂取したい方におすすめ

泡立ちが少なく、プロテインの飲みにくい匂いが抑えられていることが特徴です。粉っぽさがなく、すっきりした飲み心地です。甘さは十分にありますが、人工甘味料を使用していないため、長期にわたって摂取する場合にも安心して飲むことができます。

 

一般的に人工甘味料不使用のプロテインは、飲みにくさがデメリットとなり続けられる人は少数でした。ホエイダイエットプロテインプレミアムの、甘ったるくなくあっさりした飲み心地は、普通のジュースのように飲めると好評です。

ラインナップ チョコレート風味
2位

トレーニングを行いつつ摂取したい方におすすめ

炭水化物は極力抑えられていて、たんぱく質は1食あたり約39g含有しています。筋肉の分解抑制や消化機能のサポート、免疫向上に役立つグルタミンも配合されているため、トレーニングしている方にもおすすめです。

 

チョコレート味のプロテインはよく見かけますが、こちらはチョコミント味というのが特徴。あまったるいプロテインが苦手な人でも、爽やかに飲むことができます。

ラインナップ ナチュラルバニラ味・チョコミント味

全身のケアに気を使いたい女性におすすめ

ダイエットで不足しがちな栄養素を同時に摂取することができます。たんぱく質こそ女性に必要なものであるという考え方のもと開発されているため、肌・爪・髪のケアまで望む女性に最適なプロテインです。筋肉量と美しいプロポーションを同時に保ちましょう。

 

腹持ちが良いため、置き換えダイエットを試したい人におすすめです。しかし甘みのあるラインナップばかりなので、甘いものが苦手な人は続きません。自分の好みの味を探しましょう。

ラインナップ バナナミルクアーモンド味・ミックスベリー味・ココア味
4位

CRAS(クラース)ソイプロテイン

ソイプロテイン

プロテインを朝ごはんにしたい方におすすめ

タレント・モデルのマギーさんがプロデュースするソイプロテインです。朝食・就寝前に摂取することが推奨されていますが、和スイーツのような味わいから、スムーズに取り入れることができます。牛乳やバナナに混ぜて朝ごはんにしてもいいでしょう。

 

粉が溶けにくいという評価もあるため、朝の忙しい時間に取り入れる方にはシェイカーを使用することをおすすめします。腹持ちは良いため、置き換えダイエットには向いているといえます。

ラインナップ 黒蜜きなこ味
5位

アサヒグループ食品

ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン

体作りのためのプロテイン

大豆由来のたんぱく質を含む、1度に23種類の成分がまとめて摂取できるプロテインパウダーです。ソイミルク味は、毎日続けやすい豆乳のような味わいがあると評判です。シェイカーを使って飲むと、よりなめらかにおいしく頂くことができます。

 

運動の後、食事のとき、就寝前いずれのときも飲むことが可能です。食事のとき飲む際には、炭水化物と一緒に摂取するのがおすすめです。

ラインナップ ソイミルク味・ココア味・カフェオレ味・グレープフルーツ味
6位

アイシー製薬株式会社

ホエイプロテイン フルアクセル

バランスよく必要な栄養素を摂取したい方におすすめ

ホエイプロテインアイソレートといわれる高純度のプロテインと、90種類もの栄養素を含む奇跡の木「モリンガ」を配合しています。モリンガで天然のBSAAが摂取でき、フルアクセルは熊本産の完全無農薬栽培されたモリンガを使用しているため、安心して取り入れることができます。

 

一方で高純度のプロテインは消化吸収が速く、フルアクセルも1時間以内に70%が体内に吸収されるとのこと。腹持ちの良さを求める人にはおすすめできません。

ラインナップ バニラ味
7位

株式会社レティシアン

ジェシカズ・フォーミュラ プロテイン

ボディメイク中のおやつにしたい方におすすめ

衛生管理体制を徹底している国内の工場で作られ、安全性にこだわったプロテインです。たんぱく質は55%と高配合処方です。余分な糖質・資質を抑え、ビタミンをたっぷり摂取できます。

 

丁寧にシェイクするとふわふわのフォームが作れるため、満足感が高いドリンクに仕上がります。女性好みのベリー風味の甘さも人気のポイントでしょう。

ラインナップ ブルーベリー&アサイー味

トレーニングにある程度慣れている方におすすめ

トレーニング初級~中級者の方向けのプロテインです。DAILY BASICは美ボディ・細マッチョを目指す方に最適で、糖質・炭水化物をぎりぎりまで抑えています。原料は増粘剤・保存料・粉末油脂を使用せずにシンプルにすることで、たんぱく質配合量を全体の80%以上に高めました。

 

しかし人工甘味料が含まれている点が懸念材料です。粉っぽさもなく、水に溶けやすいといった点は評価が高いため、それらを総合して検討しましょう。

ラインナップ バニラ味・ストロベリー味・バナナ味・コーヒー味・フルーツミックス味
9位

明治

ザバス(SAVAS) ホエイプロテイン100+ビタミン

肥満予防を徹底したい方におすすめ

脂肪合成を抑制し、肥満を予防するガルシニアエキスを配合しています。ほかにも汗で失われがちな10種のビタミンを摂取することができるため、トレーニングを並行して行う方におすすめのプロテインです。「インフォームドチョイス」というアンチドーピング認証を取得しているので安心。

 

食事から摂取することが困難な「ガルシニアエキス」が含まれていますが、1食あたり116mg。効果が期待できる目安量は、0.5g~1.5gといわれているため過度の期待は禁物です。適量を守って継続しましょう。

ラインナップ チョコレート味

様々な味のプロテインに挑戦したい方におすすめ

全8種類とフレーバーが豊富にあるため、飽きずに飲み続けることができます。香りのプロが作成したフレーバーマップを備えているため、味を選ぶときの参考にしてみましょう。

 

水でおいしく飲めるため、牛乳や豆乳などの余計な脂肪・炭水化物を摂取する必要がありません。一方で、「ネオテーム」という人工甘味料が成分表に記載されています。成分を気にする方は、成分表のチェックも忘れずに。

ラインナップ カフェオレ味・抹茶味・プレミアムチョコレート味・リッチバニラ味・イチゴミルク味・バナナオレ味・トロピカルマンゴー味
11位

アンファー株式会社

ボタニカルライフ プロテイン

ダイエットと美容対策を同時に進めたい方におすすめ

ダイエットだけでなく、美容も気にする方におすすめしたいプロテインです。「実感があると思える植物性プロテインNo.1」を獲得した実績があります。美容には大豆、ダイエットには玄米、ボディメイクにはヘンプと3つの植物性たんぱく質を使用しています。

 

一方で、粉っぽさが残るという口コミもあるため、水の温度管理とあわせてシェイカーを使用しましょう。腹持ちもいいため、食事がつらいつわり時や病み上がりにもおすすめです。

ラインナップ きなこ味・抹茶味・チョコ味
12位

DHC(ディー・エイチ・シー)

DHCプロティンダイエット MCTプラス 15袋入

甘さ控えめのプロテインを摂取したい方におすすめ

中鎖脂肪酸100%の「MCTオイル」を配合したプロテインです。MCTオイルはダイエット、筋肉量の増加以外にもむくみ解消、安眠の効果があるため、さまざまな分野で注目されています。

 

ラインナップが豊富で甘さも控えめなので、飽きずに飲みつづけることができるでしょう。粉は溶けやすく、味も評判がいいですが、腹持ちが悪いという意見もあります。一般的なドリンクタイプよりもやや少ない量で作るため、量を求める方には不向きです。

ラインナップ マンゴー味・抹茶味・ダブルベリー味・バナナ味・チョコ味
13位

有限会社九南サービス

タンパクオトメ ピュアプロテイン100

小麦アレルギーの方でも安心して飲める

人気の美容専門プロテイン「タンパクオトメ」シリーズに追加されたピュアプロテインです。小麦を使用していないため、小麦アレルギーの方でも安心して摂取することができます。植物性・動物性両方のたんぱく質をバランスよく取り入れることができます。

 

フレーバーが豊富な通常タイプに追加したり料理やお菓子に入れてもいいでしょう。成分構成も優秀で、ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分も含まれています。甘さ控えめなので、水よりも牛乳や豆乳で飲む方におすすめです。

ラインナップ 無味

健康体力研究所

Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン

トレーニングで減量したい方におすすめ

第6の栄養素とも呼ばれる食物繊維を含むので、たんぱく質のほかにも体つくりに必要な栄養素を手軽に摂取することができます。水でも牛乳でもおいしく飲むことができる甘さ控えめの風味が特徴です。

 

シェイクした後の泡立ちが少ないので、ストレスフリーで摂取することができます。トレーニングをすることで体を絞りたい方におすすめのプロテインです。

ラインナップ バナナ味・ココア味・ストロベリー味

プロテインの飲み方

粉末プロテインの場合は、水や牛乳に溶かして飲むのが一般的です。商品によって、チョコや抹茶などの味が付いているものがあるため、適したものをチョイスしましょう。味が付いていない商品なら、100%オレンジジュースのような果汁飲料に溶かすのもおすすめです。

 

商品によっては、パウダーが残って粉っぽくなってしまうことがあるため、プロテインシェイカーを使用することをおすすめします。毎日摂取するものだからこそ、簡単に作れるツールを手に入れましょう。

 

ダイエットが目的の場合には、牛乳を使用することで糖質や脂質が増える心配があります。目的別に調整して、飽きずに美味しく飲める方法を選びましょう。

プロテインを飲むタイミング

プロテインには、含まれる栄養素や種類によって飲むタイミングが異なります。せっかく摂取したたんぱく質を無駄なく体に行き渡らせるために、自分が摂取するタイプがどのような特徴があるかを十分に知っておきましょう。

 

ホエイプロテインは、運動後30~40分後に摂取すると効果的です。牛乳が原料となっているため、ミネラルや水溶性のビタミンが豊富です。体への吸収が速いため、運動後に摂取することで、疲労した筋肉の回復を促します。

ソイプロテインは、食前・就寝前に摂取しましょう。大豆が原料であることから、牛乳が合わない人でも安心して取り入れることができます。体へ吸収されるまで時間がかかるため、サポート効果が長続きするのも特徴です。

プロテインの人気メーカー

ダイエットプロテインの選別をするなら、人気メーカーの特徴を知りましょう。メーカーの特徴と自分の目標が一致していれば、より励みにすることができます。

明治「SAVAS(ザバス)」

ザバスは、40年間にわたってトップアスリートの体づくりを支えてきた実績があります。スポーツ栄養学にも精通しているため、それぞれの目的に合ったプロテインに出会うことができるでしょう。

 

ザバスのプロテインは、4つのシリーズに分けられます。トップアスリートを対象としたPRO。頻繁に運動する人が積極的に摂取したいATHLETE。筋肉を付けたい人におすすめのBODY MAKE。ダイエット向けのBODY SHAPE。値段がリーズナブルで種類が豊富なことが特徴です。

DNS(ディーエヌエス)

DNSはスポーツ用品店でも販売を行っているため、手軽に手に入れることができます。安全性と品質にも強いこだわりがあり、国内製造はもちろん、アンチ・ドーピングに特化した条件をクリアした工場を使用しています。

 

DNS社員の多くが、元アスリートであることも特徴です。創業よりユーザー視点で商品の開発・サービスを展開しています。プロチームと連携し生の声を聞いたり、実証実験を行った結果を商品に反映させるなど、細部へのこだわりもユーザーからの評価が高い理由です。

森永製菓「Weider(ウィーダー)」

キャラメルやココアで馴染みがある、森永製菓の「Weider」もおすすめです。味にこだわっているうえに、ラインナップが豊富なので、自分好みの商品を見つけることができるでしょう。

 

ゼリータイプは9種、バータイプは8種取り揃えています。生活のあらゆるシーンで取り入れられることに加え、ドラッグストアやコンビニでも手に入る手軽さがユーザーから評価されています。

 

スポーツ時だけではなく、仕事や勉強の合間。栄養バランスにも優れているため、緊急時のエネルギー補給としてストックにもぴったりです。

ダイエットプロテインのおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 ラインナップ
1
アイテムID:6572822の画像
ホエイダイエットプロテインプレミアム

公式サイト

詳細を見る

長期にわたってプロテインを摂取したい方におすすめ

チョコレート風味
2
アイテムID:6572849の画像
インパクトダイエットホエイ

公式サイト

詳細を見る

トレーニングを行いつつ摂取したい方におすすめ

ナチュラルバニラ味・チョコミント味
3
アイテムID:6572880の画像
モリンガプロテイン

公式サイト

詳細を見る

全身のケアに気を使いたい女性におすすめ

バナナミルクアーモンド味・ミックスベリー味・ココア味
4
アイテムID:6572934の画像
ソイプロテイン

公式サイト

詳細を見る

プロテインを朝ごはんにしたい方におすすめ

黒蜜きなこ味
5
アイテムID:6635155の画像
ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン

Amazon

詳細を見る

楽天

詳細を見る

体作りのためのプロテイン

ソイミルク味・ココア味・カフェオレ味・グレープフルーツ味
6
アイテムID:6572902の画像
ホエイプロテイン フルアクセル

公式サイト

詳細を見る

バランスよく必要な栄養素を摂取したい方におすすめ

バニラ味
7
アイテムID:6572954の画像
ジェシカズ・フォーミュラ プロテイン

公式サイト

詳細を見る

ボディメイク中のおやつにしたい方におすすめ

ブルーベリー&アサイー味
8
アイテムID:6572982の画像
ホエイプロテインDaily Basic

公式サイト

詳細を見る

トレーニングにある程度慣れている方におすすめ

バニラ味・ストロベリー味・バナナ味・コーヒー味・フルーツミックス味
9
アイテムID:6635453の画像
ザバス(SAVAS) ホエイプロテイン100+ビタミン

Amazon

詳細を見る

楽天

詳細を見る

肥満予防を徹底したい方におすすめ

チョコレート味
10
アイテムID:6646669の画像
DNS プロテイン ホエイ100

Amazon

詳細を見る

楽天

詳細を見る

様々な味のプロテインに挑戦したい方におすすめ

カフェオレ味・抹茶味・プレミアムチョコレート味・リッチバニラ味・イチゴミルク味・バナナオレ味・トロピカルマンゴー味
11
アイテムID:6646707の画像
ボタニカルライフ プロテイン

Amazon

詳細を見る

楽天

詳細を見る

ダイエットと美容対策を同時に進めたい方におすすめ

きなこ味・抹茶味・チョコ味
12
アイテムID:6646812の画像
DHCプロティンダイエット MCTプラス 15袋入

Amazon

詳細を見る

楽天

詳細を見る

甘さ控えめのプロテインを摂取したい方におすすめ

マンゴー味・抹茶味・ダブルベリー味・バナナ味・チョコ味
13
アイテムID:6646837の画像
タンパクオトメ ピュアプロテイン100

Amazon

詳細を見る

楽天

詳細を見る

小麦アレルギーの方でも安心して飲める

無味

まとめ

ダイエットにプロテインを取り入れる場合には、糖質・カロリーが低いソイプロテインがおすすめです。体内循環に必要な栄養素を摂取しないとリバウンドしやすくなるため、栄養成分表をチェックして、飲みやすい商品を探しましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

チョコミントスイーツの人気おすすめランキング10選【カフェもご紹介】

チョコミントスイーツの人気おすすめランキング10選【カフェもご紹介】

菓子・スイーツ
50代向け美容液のおすすめ人気ランキング20選【デパコスからプチプラまで!】

50代向け美容液のおすすめ人気ランキング20選【デパコスからプチプラまで!】

美容液
セルフタンニングの人気おすすめランキング20選【ローションやジェルタイプも】

セルフタンニングの人気おすすめランキング20選【ローションやジェルタイプも】

日焼け止め・UVケア
樹木系アロマオイルの人気おすすめランキング【生活の木やイーズなど】

樹木系アロマオイルの人気おすすめランキング【生活の木やイーズなど】

アロマ用品
【2022年最新版】グルコサミンの人気おすすめランキング16選

【2022年最新版】グルコサミンの人気おすすめランキング16選

ビューティー・ヘルスケア
フレーバーコーヒーの人気おすすめランキング20選【チョコレートやナッツ風味も】

フレーバーコーヒーの人気おすすめランキング20選【チョコレートやナッツ風味も】

コーヒー飲料