ソイプロテインの人気おすすめランキング20選【ダイエットにも役立つ】

記事ID18268のサムネイル画像

ソイプロテインは男性にも女性にも、体調維持や健康的なダイエットのために役立ちます。飲み続けるコツは、安いことや美味しいことでしょう。できれば国産の無添加の商品が安心です。ここではソイプロテインについて、選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。

飲みやすくなったソイプロテイン

プロテインは、ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインの3種類に大きく分かれます。このうちホエイプロテインとカゼインプロテインの原料は牛乳で、ソイプロテインの原料は大豆です。

 

昔のプロテインのイメージは、もそもそとした溶けにくい粉末を水と混ぜて無理やり飲むものでした。そのため「プロテイン=飲みにくい」といったイメージが定着していました。しかし現在はメーカーの努力で、美味しく溶けやすく飲みやすくなっています

 

今回は3種類のプロテインのうち特にソイプロテインに関して「美味しさ」「飲みやすさ」「配合成分」の観点から、選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。

ソイプロテインの選び方

ソイプロテインは、前述の通り植物性のプロテインです。カゼインプロテインと同じようにタンパク質がゆっくりと体内に吸収されるという特徴があります。食物繊維も多く含まれていて腹持ちが良くダイエットの役にも立ちます。

 

また、ヴィーガンで植物性の食品しか取らない人や、乳製品にアレルギーがあって乳由来のプロテインを摂取できない人も、ソイプロテインならOKです。逆に大豆アレルギーの人は、当然ですが、ソイプロテインを摂取してはいけません

成分で選ぶ

ソイプロテインの主成分は、大豆のタンパク質です。しかしすべてがタンパク質でできているわけではなく、大豆由来の他の成分が含まれていたり、大豆由来ではない栄養素が配合されていたりします。

「タンパク質含有量」で選ぶ

プロテインはメーカーや商品によって、含まれているタンパク質の量が異なります。ソイプロテインをダイエット目的で摂取する場合、1食分にタンパク質が15グラムから20グラム以上含まれているものを選ぶのがおすすめです。

 

ソイプロテインの体への吸収速度は、ホエイプロテインとカゼインプロテインの中間くらいです。吸収速度が遅くなりすぎないように、脂質のできるだけ少ないものを購入するのがおすすめです。

 

どちらかというと、海外製の商品の方が日本製の商品より、タンパク質が多く含まれています。ただし海外製のソイプロテインの商品数は少ないので、国内産の商品と上手に使い分けるようにしましょう。

「タンパク質以外の成分」で選ぶ

ソイプロテインには、タンパク質の他に、食物繊維イソフラボンなども含まれています。それだけでなく、さまざまな栄養素が配合されている製品もあるので、プロテインを飲む目的に合わせて成分表をチェックしましょう。

 

たとえばビタミン類(特に多くのアミノ酸の代謝を助けるB6や美容に役立つC)、コラーゲン乳酸菌は健康維持の助けになる成分です。

 

また、運動の際の栄養補給にソイプロテインを摂取する人には、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシンという、運動に関わりの深い必須アミノ酸)やHMB(筋肉作りをサポートする栄養素)が配合されている製品がおすすめです。

「国産で無添加」の市販品を選ぶ

ソイプロテインの成分表を注意してみると、人工甘味料が添加されている商品も目立ちます。特に、海外製のプロテインを個人輸入すると、それが日本の法律では許可されていない添加物である可能性もあります。

 

人工甘味料を使うことによって、ソイプロテインを低カロリーで美味しく摂取することができます。しかし一方で、人工甘味料は腸内環境の悪化に関連するなど、健康に良いとはいえない物質であるのも事実です。

 

健康のために飲むのだから、できれば国産で人工の添加物が入っていないソイプロテインを選ぶようにしましょう。海外製のプロテインを入手する場合は、日本国内の代理店を通じた正規の安全なルートを使いましょう。

「フレーバー」で選ぶ

プロテイン製品の多くにはバニラ、チョコレート、ストロベリー、バナナなどのフレーバーが付いています。海外製の製品には、数十種類もフレーバーのバリエーションがあるものもあります。

 

一方で、大豆の味をそのまま味わいたい人には、プレーンタイプのソイプロテインもあります。プレーンタイプの場合、自分好みのアレンジをいろいろと楽しむことも可能です。

 

プレーンタイプが苦手な人は、自分に合うフレーバーを選びましょう。フレーバーには当たりはずれがあるので、最初は少量ずつ試すのがおすすめです。王道のチョコ風味や大豆と相性のよいきなこ風味には「ハズレ」が少ないようです。

「溶けやすいもの」を選ぶ

ソイプロテインは、水や牛乳に溶かして飲むのが普通です。しかしソイプロテインの中には簡単に溶けてくれず、とろみがついたりダマができやすい商品もあります。

 

とろみがつくのは好みの問題かもしれませんが、ダマができてしまうのは感心しません。できるだけ溶けやすく飲みやすい商品を選びましょう。

「コスパの良さ」で選ぶ

ソイプロテインは、長い間継続して飲み続けて、はじめて効果が現れます。そしてプロテインの値段はメーカーによって異なります

 

栄養が十分で飲みやすいフレーバーの製品だけに注目するのでなく、長く続けることのできる、コストパフォーマンスの良いソイプロテインを選びましょう。

プロテインに「男性用」・「女性用」の区別があるか?

プロテインには男性向けと女性向けの違いはありません。運動の後に疲労回復や筋肉を発達させるためのサポートとして飲むのに向いているプロテイン、体調維持のために飲むのに良いプロテインといった、目的別の違いがあるだけです。

 

ソイプロテインは、どちらかというと後者に属します。ただしその中に、女性に不足しがちな鉄やカルシウム、あるいはコラーゲンのような美容成分を特別に配合して「女性向き」と銘打って販売している商品があります。

 

そのような「女性専用」の製品を、女性が購入して体調維持の目的で飲むのも良いでしょう。大切なことは商品の目的を理解して、上手に活用することです。

手軽にタンパク質が摂れるプロテインバー

記事番号:18268/アイテムID:6179551の画像

プロテインはパウダー状で、シェイカーなどを使って水や牛乳に溶かして飲むもの、と決めてかかっていませんか?プロテインはパウダー状だけでなく、飲み物タブレットなど、いろいろな形で売られています。

 

コンビニなどで簡単に買うことができるプロテインバーだって、プロテインの一種です。そして間食や忙しいときの朝食代わりとしてしっかり役立ってくれます。手軽で美味しいし、タンパク質など不足気味の栄養素も補ってくれます。

 

プロテインバーもプロテインの一種として、上手に生活に取り入れてはどうでしょうか?

ソイプロテインの人気おすすめランキング10選

10位
 

バルクスポーツ

ソイプロ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

タンパク質含有量90パーセント

ビッグホエイなど、さまざまなプロテインのブランドとして知られるバルクスポーズが販売している、ソイプロテインです。フレーバーのついた製品は販売されておらず、ソイプロテインはプレーンのみです。

 

バルクスポーツのソイプロテインは香料や甘味料を一切使っていません。他のプロテインと比べて群を抜いているのが、タンパク質含有量でおよそ90パーセントあります。水に比較的溶けやすいのも特徴です。

タイプソイプロテイン内容量1000g
タンパク質27.2g(1食30g当たり)

口コミを紹介

甘いものや、味のついたものが全くダメな私には、すごくあっています。
スープや、ヨーグルトに入れて、味がおかしくならないので、とても有り難いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位
 

アルプロン製薬

ウェイトダウン大豆プロテイン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ヨーグルト風味で飲みやすい

甘さ控えめのレモンヨーグルト味です。溶けやすく、飲んでも粉っぽさも感じません。大豆の風味が苦手な人にとっても飲みやすいソイプロテインです。

 

成分面では、脂肪燃焼に役立つL-カルニチンが配合されています。砂糖や保存料は添加されていません。国内生産品。

タイプソイプロテイン内容量1050g
タンパク質6.6g(1食15g当たり)

口コミを紹介

飲みやすいです。お菓子のハイレモンみたいな味がします。
水、牛乳によく溶けます。私はヨーグルトに混ぜて食べています。正しい方法ではないかもしれませんが、プレーンヨーグルトでも美味しく食べれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位
 

MYPROTEIN

ソイプロテイン アイソレート ノンフレーバー

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

イギリス生まれのソイプロテイン

イギリス生まれのソイプロテインです。脂質と炭水化物を極限まで除去した大豆を原料にしているので、タンパク質の含有量が90パーセントもあり、コストパフォーマンスの良いソイプロテインです。

 

フレーバーもバラエティーに富んでいますが「好き嫌いがはっきり分かれて」しまうようです。「味がもうひとつ」と感じる場合には、納得のできる風味が見つかるまで試飲を繰り返すか、アレンジを加える等の工夫が必要でしょう。

タイプソイプロテイン内容量1000g
タンパク質27g(1食30g当たり)

口コミを紹介

ソイプロテインの中では飲みやすくて美味しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

AIGエム

ウェリナ ソイプロテイン 黒蜜きなこ味

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ナチュラルで美味しい

ボディワーカの森拓郎氏がプロデュースしているソイプロテインです。遺伝子組み換え大豆は使用していません。植物由来の原料のみを使っていて香料・保存料・着色料・合成甘味料・砂糖は不使用です。

 

プロテインを飲みやすくするための甘味には、ステビアという植物からの抽出物と果物由来の羅漢果エキスを用いています。大豆と相性の良い黒蜜きなこ味。「香ばしくておいしい」と飲みやすく、自然な甘さを求める人におすすめです。

タイプソイプロテイン内容量500g
タンパク質20.73g(1食30g当たり)

口コミを紹介

普通のプロテインよりも甘さがマイルドかつプロテイン独特の味が少ない、シェイカーで混ぜた時の泡立ちが少ないので飲みやすいです。コンビニとかにあるプロテインドリンクの甘さが苦手な人にちょうど良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

健康体力研究所

Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

必須アミノ酸も配合

体内で作ることのできない9種類の必須アミノ酸と11種類のビタミン、3種類のミネラル(Ca・Mg・Fe)を配合しているソイプロテインです。そのため体のコンディションを整えながら、筋肉アップを図ることができます。

 

大豆の風味がそのままのプレーンタイプなので、自分好みの味にアレンジして飲むと良いです。

タイプソイプロテイン内容量1200g
タンパク質16.6g(1食20g当たり)

口コミを紹介

甘味料が入っていないからでしょうか、想像していた以上にあっさりしていて飲みやすかったです。
普段あまり肉類を食べず、タンパク質不足のせいか体調をくずしてしまっていたのですが、このプロテインを飲み始めて大分良くなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

森永製菓

ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

毎日の健康を維持するために

森永製菓のオリジナルブランド「ウィダー」が出しているソイプロテインです。コーヒー味で飲みやすいです。

 

カルシウムなどのミネラル分が比較的多く配合されているソイプロテインなので、ウェイトトレーニング後に筋肉を発達させるサポートとして飲むより、毎日の体調維持のために飲む方がふさわしいでしょう。

タイプソイプロテイン内容量900g
タンパク質10.0g(1食20g当たり)

口コミを紹介

80歳を過ぎたら体重がどんどん増加。それで1日2食にしましたが心配なのはタンパク質。
この商品はカルシュウムも入っているのでありがたい。淡いコーヒー味が最高。毎日の昼ご飯です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

日本ガーリック株式会社

大豆プロテイン NICHIGA(ニチガ)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

プレーンタイプで料理にも使えます

脂肪分を極限までカットした大豆(アメリカ産、遺伝子組み換え不使用)を使ったプレーンタイプのソイプロテインです。製造は日本国内。

 

砂糖も人工甘味料も使っていないプレーンタイプです。大豆特有の風味が苦手な人は、ココア粉末などを混ぜて飲むと良いでしょう。また料理に混ぜて使ってもOKです。

タイプソイプロテイン内容量1000g
タンパク質16.9g(1食20g当たり)

口コミを紹介

豆乳や牛乳に溶かして飲んでも思っていたほど、不味い訳ではありませんでした。大豆を食べることが出来る人なら砂糖などで味付けしなくても、そのまま飲めそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

ボディウイング

大豆プロテイン 無添加

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

こだわりの大豆を使ったソイプロテイン

プレーンなソイプロテインですが、大豆臭さは気になりません。無調整豆乳を飲んでいるような感覚で飲めます。遺伝子組み換え大豆を使わないのはもちろん、人工甘味料・保存料・着色料・香料も使用していません。

 

水にも溶けやすく、適正な分量(水300ミリリットルに対して20グラム)なら、ダマにならずさらっと飲めてしまいます。大豆にこだわりを持ったソイプロテインです。

タイプソイプロテイン内容量1000g
タンパク質16.9g(1食20g当たり)

口コミを紹介

とにかく豆乳が飲めるならば大丈夫です。
低脂肪乳と割って飲んでいます。
毎年なる脂漏性湿疹の炎症が今年はならないのはトレーニングのおかげか、プロテインのおかげかと。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

明治

アスリート ウェイトダウン ヨーグルト風味

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

運動とダイエットを両立させるために

ガルシニアの果実から取った脂肪の生成を抑えるエキスを加えた、筋肉を保ちながらダイエットを行うのに向いた、ソイプロテインです。運動の後に飲むことで、ダイエットの際に不足しがちなビタミンやミネラルも体に取り込めます。

 

ソイプロテインの中でも、高いシェアを誇る商品です。「細いけれど筋骨隆々」を目指す人が一度は試す商品だとか。味もヨーグルト味で、とても飲みやすいです。

タイプソイプロテイン内容量945g
タンパク質16.8g(1食21g当たり)

口コミを紹介

予想していたより大変美味しく、筋トレ後の楽しみ、ご褒美になりました。
一緒に買った専用シェイカーで簡単に溶け、美味しく飲めます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

明治

ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100 ココア味

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

プロテインの定番味

ザバスのココア味には、プロテインの定番といってよいほど人気があります。6回分に小分けされたトライアルセットも販売されているので、ソイプロテインに興味がある人は一度試してみるのも良いでしょう。

 

このソイプロテインには、アスリートが1日に必要とする7種のビタミンB群とビタミンC等が配合してあります。ただし人工甘味料も使用しているので、日常的に飲むのには割り切りが必要かもしれません。

タイプソイプロテイン内容量945g
タンパク質15.0g(1食21g当たり)

口コミを紹介

ソイプロテインは昔に1度飲んで
以来、不味いイメージでしたが
想像していたより全然、美味しかったです!
これなら続けられそう(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

ソイプロテインのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6175727の画像

    明治

  • 2
    アイテムID:6174982の画像

    明治

  • 3
    アイテムID:6174185の画像

    ボディウイング

  • 4
    アイテムID:6175693の画像

    日本ガーリック株式会社

  • 5
    アイテムID:6174957の画像

    森永製菓

  • 6
    アイテムID:6175642の画像

    健康体力研究所

  • 7
    アイテムID:6175836の画像

    AIGエム

  • 8
    アイテムID:6174069の画像

    MYPROTEIN

  • 9
    アイテムID:6175931の画像

    アルプロン製薬

  • 10
    アイテムID:6175637の画像

    バルクスポーツ

  • 商品名
  • ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100 ココア味
  • アスリート ウェイトダウン ヨーグルト風味
  • 大豆プロテイン 無添加
  • 大豆プロテイン NICHIGA(ニチガ)
  • ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味
  • Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ
  • ウェリナ ソイプロテイン 黒蜜きなこ味
  • ソイプロテイン アイソレート ノンフレーバー
  • ウェイトダウン大豆プロテイン
  • ソイプロ
  • 特徴
  • プロテインの定番味
  • 運動とダイエットを両立させるために
  • こだわりの大豆を使ったソイプロテイン
  • プレーンタイプで料理にも使えます
  • 毎日の健康を維持するために
  • 必須アミノ酸も配合
  • ナチュラルで美味しい
  • イギリス生まれのソイプロテイン
  • ヨーグルト風味で飲みやすい
  • タンパク質含有量90パーセント
  • 価格
  • 3880円(税込)
  • 3850円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 3418円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 4050円(税込)
  • 1900円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 3344円(税込)
  • タイプ
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • 内容量
  • 945g
  • 945g
  • 1000g
  • 1000g
  • 900g
  • 1200g
  • 500g
  • 1000g
  • 1050g
  • 1000g
  • タンパク質
  • 15.0g(1食21g当たり)
  • 16.8g(1食21g当たり)
  • 16.9g(1食20g当たり)
  • 16.9g(1食20g当たり)
  • 10.0g(1食20g当たり)
  • 16.6g(1食20g当たり)
  • 20.73g(1食30g当たり)
  • 27g(1食30g当たり)
  • 6.6g(1食15g当たり)
  • 27.2g(1食30g当たり)

女性向きソイプロテインの人気おすすめランキング5選

5位
 

有限会社九南サービス

タンパクオトメ ぜいたくベリー

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

美容成分がいっぱい入ったプロテイン

タンパク質だけでなく、コラーゲン・ヒアルロン産・ビタミンなど、美容に役立つ成分をたっぷりと配合した、美容専門のプロテインです。タンパク質には大豆由来のソイだけでなく、牛乳由来のホエイプロテインも含まれています

 

国産で、ベリー(ぜいたくベリー)だけでなくカカオ(まろやかカカオ)やバナナ(すこやか朝バナナ)など、味のバリエーションがいくつかあります

タイプソイプロテイン・ホエイプロテイン内容量260g
タンパク質11.07g(1食15g当たり)

口コミを紹介

初めてタンパクオトメを買いました。ヨーグルトにブルーベリーを入れたような味でとても飲みやすく美味しいです。これなら、長く飲み続けられそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

ファイン

AYA'Sセレクション スーパーフード ソイプロテイン スムージー

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

美容にも配慮、5種類のスーパーフード配合

クロスフィットトレーナーでモデルでもあるAYAさんの監修で生まれたソイプロテインです。ソイプロテインと11種のビタミンだけでなく、チアシードを始めとした5種類のスーパーフードを配合していることに特徴があります。

 

ベリーミックス風味。果汁パウダーも配合されていて、さっぱりとした甘さで飲みやすい商品です。

タイプソイプロテイン内容量300g
タンパク質7.9g(1食20g当たり)

口コミを紹介

いろんなプロテイン試したけど、一番飲みやすい。粉っぽくなくて美味しいです。
果汁100のジュースと混ぜたら最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

アサヒグループ食品

ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン ソイミルク味

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

多くの栄養素をまとめて配合

大豆たんぱくにビタミン11種類とミネラル9種類など、全部で23種類の栄養素を配合した商品です。一度に必要な栄養素が取れるので、栄養バランスが偏りがちな人におすすめです。ダイエットの補助にも役立ちます。味も甘くて飲みやすいです。

タイプソイプロテイン内容量360g
タンパク質15g(1食22.5g当たり)

口コミを紹介

80歳近い母親が飲んでいます。飲み始めたら、爪が割れなくなり、髪にボリュームが出たと喜んでいます。コーヒーに入れて飲んでいます。スポーツクラブで測定をしたら、筋力や体力が50歳と出たらしいです。味もコーヒーに入れて飲むにはちょうど良いみたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

森永製菓

ウイダー プロテイン効果 ソイカカオ味

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

プラス運動でボディメイク

プロテインと同時に、1日分の鉄分や半日分のビタミンCなどの栄養成分が取れます。特に、プロテインと同時に摂取することで筋肉の合成を促すポリフェノールEMRが配合されていることが、ポイントです。

 

味はやさしいソイカカオ味。「薄い」という人もいるようですが、「飲みやすい」という意見も多いです。

タイプソイプロテイン内容量660g
タンパク質15.5g(1食22g当たり)

口コミを紹介

子供用に購入しました。
運動部なので、プロテイン飲んでからだ作りも出来たらと思い、飲みやすいものを探していました。
 大好評で続けられそうなので定期便にしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

明治

ザバス(SAVAS) for Woman シェイプ&ビューティ ミルクティー風味

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

健康的にキレイを目指す

ソイプロテインの定番ブランドであるザバスの女性向き商品です。ソイプロテインの他に、鉄やカルシウムといったミネラル分やビタミン類などの栄養成分、さらに美容成分としてフィッシュコラーゲンも配合されています。

 

味は美味しいミルクティー味です。さらっと溶けやすくてダマが生じにくく、飲みやすいと評判です。

タイプソイプロテイン内容量945g
タンパク質12.5g(1食21g当たり)

口コミを紹介

冷たい牛乳にもさっと溶け 味もミルクティーでとても美味しいです!
運動後にぴったりです

出典:https://www.amazon.co.jp

女性向きソイプロテインのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6176171の画像

    明治

  • 2
    アイテムID:6175766の画像

    森永製菓

  • 3
    アイテムID:6176176の画像

    アサヒグループ食品

  • 4
    アイテムID:6175960の画像

    ファイン

  • 5
    アイテムID:6175786の画像

    有限会社九南サービス

  • 商品名
  • ザバス(SAVAS) for Woman シェイプ&ビューティ ミルクティー風味
  • ウイダー プロテイン効果 ソイカカオ味
  • ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン ソイミルク味
  • AYA'Sセレクション スーパーフード ソイプロテイン スムージー
  • タンパクオトメ ぜいたくベリー
  • 特徴
  • 健康的にキレイを目指す
  • プラス運動でボディメイク
  • 多くの栄養素をまとめて配合
  • 美容にも配慮、5種類のスーパーフード配合
  • 美容成分がいっぱい入ったプロテイン
  • 価格
  • 3648円(税込)
  • 3027円(税込)
  • 1604円(税込)
  • 2022円(税込)
  • 2980円(税込)
  • タイプ
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン・ホエイプロテイン
  • 内容量
  • 945g
  • 660g
  • 360g
  • 300g
  • 260g
  • タンパク質
  • 12.5g(1食21g当たり)
  • 15.5g(1食22g当たり)
  • 15g(1食22.5g当たり)
  • 7.9g(1食20g当たり)
  • 11.07g(1食15g当たり)

ソイプロテインバーの人気おすすめランキング5選

5位
 

森永製菓

inバー プロテイン ナッツ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ウェハース状でさっくり食べられる

ナッツクリームの香ばしい甘みが楽しめるウェハースタイプの「inバー」です。ネット通販はもちろん、スーパーやコンビニなどでも手軽に買うことができます。小腹が空いたときのお菓子代わりにおすすめです。

 

大豆と乳を両方使っているので、ソイプロテインだけでなく、ホエイプロテインも摂取することができます。

タイプソイプロテイン・ホエイプロテイン内容量14本(Amazon)/12本(楽天・Yahoo!)
タンパク質10.4g(1本当たり)

口コミを紹介

ナッツ感がとてもあり美味しいです。
バータイプよりウエハースタイプが好きなら更にオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

株式会社長良園

ソイコンセプト ヴィーガン プロテインバー (アーモンド)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ヴィーガンの方も安心して食べられます

創業60余年の老舗菓子屋が作った製品で、すべて天然・植物由来の材料を使っています。プロテインも当然大豆由来です。日本ベジタリアン協会推奨。アーモンド味の他にカカオ味とブラックセサミ味があります。

タイプソイプロテイン内容量12本
タンパク質11.1g(1本当たり)

口コミを紹介

植物性タンパク質が美味しく取れて大満足!
仕事中に小腹が空いたときの間食用に最適!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

大塚製薬

ソイジョイ アーモンド&チョコレート

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

植物性タンパク質が手軽に取れる

香ばしいローストアーモンドと香りの高いチョコレートを、大豆の粉末で固めたヘルシーなプロテインバーです。小麦粉は使っていません。ヘルシーでダイエットのときの間食に役立ちます。このシリーズにはさまざまなフレーバーがあります。

タイプソイプロテイン内容量48本
タンパク質5g(1本当たり)

口コミを紹介

ゆるい糖質制限してますが、甘いものを食べたくなった時や夕方の小腹の空いた時に利用してます。
もう何回リビしたか分からないくらい。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

アサヒグループ食品

1本満足バー プロテインチョコ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

運動後の栄養補給にも

シリアルタイプのチョコレート・プロテインバーです。みごたえ十分で、ネーミング通り1本だけで満足することができます。この商品はソイだけでなくホエイプロテインも配合しており、運動後の栄養補給に利用することもできます。

タイプソイプロテイン・ホエイプロテイン内容量72本
タンパク質15g(1本当たり)

口コミを紹介

若干固めの為、直接歯でかみ切るのはリスクがあるので、指で折って食べています。トレーニングの後に、粉末タイプのプロティンを水で溶かして作成して飲んでいたが、面倒くさくて飲用する機会が減ったが、このタイプは、いつでも食用できるので便利である。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

森永製菓

inバー プロテイン グラノーラ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ザクザクの食感が魅力

美味しくおやつ感覚で、ソイプロテインを手軽に摂取することができます。脂質が少ないフルーツ入りグラノーラを固めているので、とてもヘルシー。ベリーの香りとザクザクした食感が魅力です。

タイプソイプロテイン内容量14本(Amazon)/12本(楽天・Yahoo!)
タンパク質10.5g(1本当たり)

口コミを紹介

とっても美味しいし、プロテインたっぷり取れ、カロリー低いので、おやつに最高

出典:https://www.amazon.co.jp

ソイプロテインバーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6173844の画像

    森永製菓

  • 2
    アイテムID:6173840の画像

    アサヒグループ食品

  • 3
    アイテムID:6173848の画像

    大塚製薬

  • 4
    アイテムID:6173859の画像

    株式会社長良園

  • 5
    アイテムID:6173973の画像

    森永製菓

  • 商品名
  • inバー プロテイン グラノーラ
  • 1本満足バー プロテインチョコ
  • ソイジョイ アーモンド&チョコレート
  • ソイコンセプト ヴィーガン プロテインバー (アーモンド)
  • inバー プロテイン ナッツ
  • 特徴
  • ザクザクの食感が魅力
  • 運動後の栄養補給にも
  • 植物性タンパク質が手軽に取れる
  • ヴィーガンの方も安心して食べられます
  • ウェハース状でさっくり食べられる
  • 価格
  • 2230円(税込)
  • 8390円(税込)
  • 4480円(税込)
  • 3200円(税込)
  • 1980円(税込)
  • タイプ
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン・ホエイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • ソイプロテイン・ホエイプロテイン
  • 内容量
  • 14本(Amazon)/12本(楽天・Yahoo!)
  • 72本
  • 48本
  • 12本
  • 14本(Amazon)/12本(楽天・Yahoo!)
  • タンパク質
  • 10.5g(1本当たり)
  • 15g(1本当たり)
  • 5g(1本当たり)
  • 11.1g(1本当たり)
  • 10.4g(1本当たり)

プロテインバーについてさらに興味のある人は、次の記事も参照してください。(ソイプロテイン以外のプロテインを含む商品も載っています。)

ソイプロテインはバストアップもかなえてくれる?

ソイプロテインはバストアップに効果があるという説が流行しているようです。大豆には、筋肉をつくるタンパク質と共に、体内で女性ホルモンのような働きをするイソフラボンが含まれているからだそうです。

 

ダイエットとバストアップが同時にかなう、という夢のような話なのですが…プロテインとイソフラボンだけに頼って、魔法のような効果を期待するのは、非現実的でしょう。

 

美しいバストを得るには、ジムなどに通って土台となる胸筋を鍛え、その効果をサポートするためにソイプロテインを摂取する、といった地道な方法の方が、間違えなくよい結果が得られます。

気をつけて!プロテインにもデメリットがある

ウェイトトレーニングの効果を高め、メリハリのあるボディを作り上げるのに役立つプロテインですが、取りすぎた場合には逆に体に悪影響を及ぼす場合もあります。

プロテインも取りすぎると太ってしまう?

タンパク質を一度に大量にとっても、全部が自分の筋肉になるわけではありません。タンパク質には1グラム当たり4キロカロリーのエネルギーがあります。取りすぎた分は脂肪になって体内に蓄積され、体重増加につながります。

 

食事で取ることのできるタンパク質の量と、プロテインから摂取できるタンパク質の量を合計して考えるようにしましょう。そして1回で摂取するタンパク質は25グラム程度を目安にして、必要な場合は摂取頻度をあげるようにしましょう。

安いと感じる一部の海外製品には要注意!

インターネットで購入できるプロテインのうち、海外製のものの一部からは、ヒ素・カドミウム・鉛などの重金属が検出されているそうです。海外製の全ての製品が悪い、というわけではありませんが要注意です。

 

「安すぎる!」などの軽い気持ちでインターネット等を通じて、プロテインを個人輸入で手に入れるのはやめる方が無難です。信頼できる国産のプロテインの方が安心です。

 

海外製のプロテインを手に入れるのなら、正規のルートを通じて日本に届いた、安心できる商品を購入するようにしましょう。

まとめ

ソイプロテインを続けて取ることで、栄養の偏りを防ぎ、健康的な生活が可能になります。さらにそこから一歩踏み出してダイエットやバストアップなどの具体的な成果につなげるには、ソイプロテインに加えて適切な運動も心がけましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月04日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ