借金を払えないとどうなる?法的に借金を免除・減額できる方法があるって本当?

記事ID19884のサムネイル画像
借金を返済したいのにあてがない時はどうすれば良いのでしょうか?もし借金が払えなくなったら、弁護士や司法書士に相談することが大切です。この記事では、借金が払えなくなった場合の解決策について、具体的に紹介します。

払えない額の借金があるとどうなる?

いつの間にか膨らんだ借金、その支払期日が気になって居ても立っても居られない。支払う金額が思った以上に多額となって、この先どうやって返済すればよいか目途が立たない。そんな状況に陥っている方が案外多いのではないでしょうか。

 

誰も借金を払わないで済むとは思っていませんが、いくら払っても借金が減らないと、不安な日々が続いてくたびれてしまいます。一体この先どうなるのか、1人で悩んでいるだけでは全く解決しません。そこで、借金が払えないとどうなるのか次で紹介します。

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

結局一番おすすめの法律事務所はここ!【編集部おすすめ】

【迷ったらここ】実績と信頼のはたの法務事務所

【安定の実績と信頼!】

「はたの法務事務所」は、債務整理や過払い請求の相談実績20万件以上、うち95.2%が満足と回答しており、多くのユーザーの絶大な信頼を得ています。また、依頼者に高圧的な態度をとる事務所がある中、はたの法務事務所は司法書士歴40年の実績があるため、お客様の相談に丁寧に対応します。

 

【安心のサポート体制!】

はたの法務事務所は、充実のサポート体制を提供しています。債務整理は複雑だしとても重要なため、多くの方が不安を感じます。周りに相談できる相手がいない場合、相談できるのは事務所しかありません。

 

そんな時、全国どこからでも対応の無料相談、7時~24時対応の電話受付体制を敷いているのはとても助かります。相談実績の経験をいかし、的確なアドバイスをしてくれるでしょう。疑問がある方は、気軽に相談してみましょう。

 

問い合わせフォームから連絡した場合、後日事務所からメールもしくは電話にて連絡が来るので必ずチェックしましょう!

 

【ありがたい料金設定!】

法律事務所によっては、高額な着手金や相談終了後に高額な報酬を要求してくる可能性があります。しかし、はたの法務事務所は調査を無料で引き受けてくれる上に、早期完済をサポートしてくれます。また、すぐにお金が集まらない方のことを考慮して、初期費用の削減に努めております。具体的には、相談・全国出張・着手金・初期費用・土日対応の全てが無料です。そして、費用の分割払いが可能なので、とても助かりますね。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 0円 報酬金 20,000円~
減額報酬 10% 相談料 無料
対応業務 過払い請求、任意整理、個人民事再生、自己破産など 対応地域 全国

長期間の滞納は給与・財産の差し押さえもあり得る

実際に借金を払えなくなった場合、そのまま放置してはいけません。もしも支払日に返済できないと、借りた先の金融機関から連絡が入ります。連絡内容は、期日までに入金されていない理由、いつまでに入金できるか、延滞金がかかるなどです。

 

この段階では、新たに設定された期日までに支払えばそれで終わりです。問題は払えない場合です。長期間滞納すると、給与差し押さえや、強制執行によって財産や家財が差し押さえられる場合があります。

 

この場合でも期日が過ぎるとまた連絡が入りますが、自分の方から事情を説明して、再度支払い期日を延ばしてもらうことがいいでしょう。しかしながら、この先本当に借金を返済することが難しいのなら、根本的な対策が必要になります。

催促状を無視すると最終通告として催告状が届く

借金の返済を滞ってしまうと、最悪の場合には財産の差し押さえという措置を受けてしまいます。財産を差し押さえられてしまうと、車や家、家具やブランド物に至るまで、あなたが生きていくうえで最低限必要な物以外はすべて失ってしまうのです。

 

ですが、突然ここまでの措置を取られることはありません。借金の返済を滞ってからある程度の期間が経過すると「催促状」が届きます。これはあくまでも返済を滞っている現状を通知するためのものです。

 

催告状が届いてもなお返済を滞ると、次は「催告状」という通知書が届きます。この通知書は実質的な最終通告であり、債権者があなたに対して法的な措置を検討している・もしくはこれから法的措置に移るということを知らせるものです。

 

催告状が届いてからほどなくして給与や財産を差し押さえられてしまうので、絶対に無視せずにきちんと支払いをしましょう。

差し押さえになる対象と基準について

借金の返済を滞納していると最悪の場合には財産の差し押さえ措置をとられてしまいますが、差し押さえになると具体的にどうなってしまうのか気になりますよね。ここでは差し押さえによって奪われてしまう財産にはどのようなものがあるのか、ということについてご説明します。

 

給与

●支払われる給与のうち4/1が差し押さえの対象になる

※99万円を超える現金、もしくは20万円を超える預金残高が差し押さえの基準になる

家具・家電

●生活をするうえで必要な財産である「自由財産」は手元に残すことができる

※大型テレビなどが複数台ある場合は、1台以外を差し押さえされることがある

自動車

●自動車の評価額が20万円以上の場合は差し押さえの対象となる

※ローンが残っている場合は所有権がローン会社にあるので、金額に関わらず没収される可能性が高い

パソコンやゲーム機

●パソコンを複数台所有している場合は1台以外を差し押さえの対象

●ゲーム機は20万円を超える場合に限り差し押さえの対象

 

財産を差し押さえられてしまうと、これらすべての物を没収されてしまいます。最低限の生活を送るうえで必要な物については手元に残すことができますが、自分が大事にしてきたものや思い出のある品のほとんどは没収されてしまうということを覚えておきましょう。

4種類の債務整理【メリット・デメリットも】

あれこれ悩み・検討・努力した結果、それでも解決策が見つからないことがあります。「やはり借金が返せない、どうしよう」「このままでは会社や家族にバレる、本当に困った」など、解決策が見つからないと悩みで頭が一杯になります。

 

自力で借金返済が不可能な場合には「債務整理」という方法があります。債務整理は、国が認めている借金救済策であり、借金が払えない場合に絶大な効果を発揮します。1人で悩んでいても解決しない場合は、とても有効な解決手段です。

 

債務整理には4つの方法(過払金返還請求を入れると5種類)があり、裁判所が関与する方法が3つ、もう1つは自分で弁護士や司法書士を頼って解決する方法です。4つある債務整理とは、以下の通りです。

 

①任意整理

②特定調停

③個人再生

④自己破産

 

それぞれの方法には違った特徴があるため、自分の事情に合った方法を選択するといいでしょう。

①任意整理

「任意整理」は、裁判所を介さずに自分の力で借金問題を解決する点が、他の債務整理と大きく異なる特徴です。そのため、裁判所に出廷したり、財産を失ったりすることがなく、実生活に影響が少ない手段です。

 

任意整理とは、借入先の金融機関と交渉を行って、「将来利息」を無くしたり、借金を正しい利息で計算し直して過払い金があれば減額したりして、現実的な借金返済を行うものです。その結果、毎月の返済額が減るのはもちろん、利息がないため、払った分だけ確実に借金が減っていきます

 

将来の利息を無くすことで3年~5年で無理なく返済ができるなら、任意整理が最も適した方法となります。一方で、利息が無くなっても過払い金が無ければ、元金が減るわけではありません。期間内に元金の返済が難しい場合は、他の債務整理を選択しなければなりません。

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、将来利息をカットできる点です。借金を返済し続けても減っている感じがしないのは、利息のせいでもあります。また、借金の返済を滞納している期間に発生する賠償金である「遅延損害金」の支払いを免除してもらえる可能性もあります。

 

上記に挙げたものを免除してもらうことで、3~5年の間、元本の支払いに集中することができます。その期間に返済すれば、失うものが少なく済みます。そして、1番現実的な方法であることから、多くの方が利用します。

 

また、家族や会社の方にバレにくいメリットがあります。任意整理は、他の方法と違って裁判所を挟まないため、自宅に書類が届くことがありません。絶対にバレないで債務整理を行いたい方には債務整理がおすすめです。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、元金は減額されない点です。元金自体は減額されないため、3~5年以内に確実に元金を返済する必要があります。ただ、将来利息や遅延損害金をカットできれば、借金返済は大幅に容易になります

 

また、任意整理を行うと、信用情報機関に5年間情報が残り、クレジットカード・住宅ローン・キャッシングの利用ができません。しかし、これに関しては他の債務整理でも生じる共通のデメリットです。

②特定調停

「特定調停」とは、債務者からの申立により、簡易裁判所が債務者と債権者(金融機関など)との話し合いを仲裁して、無理なく借金返済ができるような条件で合意するよう支援します。借金の返済ができなくなる恐れがあれば利用できるので、借金問題に素早く取り組むことができます

 

特定調停では、任意整理と同様に、利息や遅延損害金を無くしたり、借金をした当初に遡って正しい利息で計算を行い、過払い金があれば借金の元本を減額したりします。また、返済期限の延長についても働きかけて、より現実的な返済が行えるようになります。

 

特定調停では、裁判官と弁護士資格を持つ調停委員によって構成される「調停委員会」が主導して、問題解決を図ります。そのため、弁護士を雇う必要が無く、費用負担が少ない債務整理の方法です。ただ、3年~5年で完済できるための安定収入が必須です。

特定調停のメリット

特定調停の1番のメリットは、かかる費用が少ない点です。上記で述べたように、特定調停では、弁護士を雇う必要がないため、そこで大幅な費用削減が可能です。

 

また、任意整理の時と同じように、利息の計算し直しや過払い金について話し合いを行い、借金返済が容易になります

特定調停のデメリット

特定調停のデメリットは、複雑な手続きを自分で行わなければならない点です。弁護士を雇わないということは、弁護士がやっていた作業を自分で行うことになります。そのため、交渉する際の最低限の知識が必要になります。

 

また、特定調停の場合、簡易裁判所ごとに調停基準にばらつきがあるため、自分の期待していた結果通りにいかない可能性があります。初心者にはあまりおすすめできない方法です。

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

③個人再生

「個人再生」は、任意整理のように利息を無くしたり過払い金で借金を減額したりしても、返済が困難な場合に、裁判所を通じて元本を大幅に圧縮して3年以内に返済する制度です。これにより、借金は5分の1~10分の1に減額(最低返済額100万円)できます。

 

個人再生は、自己破産と違って財産を没収されません。たとえローンの支払い中であっても、住宅ローン特例を利用すれば、現在住んでいる家や土地を処分せず、住み続けながら借金の大幅な減額が受けられます。但し、住宅ローンは減額されず、支払いは継続します。

 

個人再生には、「小規模個人再生」と「給与所得者再生」の2種類があり、利用条件が異なります。小規模個人再生は、小売店の店主などの個人事業主が利用できる制度です。給与所得者再生は、会社員のように給与をもらっている方が利用できます。

個人再生のメリット

個人再生のメリットは、大幅に借金の元金を減らすことが可能な点です。借金を5分の1~10分の1に減額できることにより、その後の借金返済がとても容易になります。

 

また、自己破産と違って財産を没収される心配がありません。マイホームについても、上記に書いたような特例を利用すれば、残すことが可能です。やはり、家などの大切な財産が残ることは大きいですよね。

 

さらに、自己破産の時には借金をした理由を問われますが、個人再生ではそれがありません。職業・資格の制限がないため、どのような方でも利用することができます

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットは、手続きが複雑で時間と費用がかかることです。個人再生は、債務整理の中でも最も手続きが複雑であり、手間がかかります。裁判所に提出する書類が多く、手続きにかかる時間は、約6カ月~約12カ月です。

 

裁判所に提出する再生計画案は、債権者の理解を得る必要があるだけでなく、法的な要件を満たすことが前提です。そのため、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的で、費用もかさんでしまいます。

④自己破産

「自己破産」とは、借金の返済目途が立たなくなった時に、裁判所を介して全ての借金を免除してもらう方法です。金融機関から借りたお金はもちろん、現在支払い中のローンの支払いや友人から借りたお金など、全ての借金が無くなります。

 

自己破産には、全ての借金が無くなるメリットがあります。その代わりに、生活必需品を除く高額な財産は没収され、換金後に債権者に分配されます。手元には、20万円以下の預貯金や家財道具、99万円以下の現金しか持てません。

 

自己破産の方法は「同時廃止」と「管財事件」の2種類あります。同時廃止は、殆ど財産が無い場合、管財事件は、財産があって、財産を換金して債権者に配当する場合に行われます。自己破産の申立人が自営業者や個人事業主の場合も管財事件になります。

自己破産のメリット

自己破産のメリットは、やはり借金返済が免除されることです。税金や養育費など非免責債権を除いて、消費者金融からの借り入れやクレジットカードの滞納金、住宅・車のローンなど、すべての返済義務を免れます。

 

また、一定の財産は没収されてしまいますが、生活に最低限必要な財産や、没収するほどの価値がないものは残すことができます。例えば、家具や家電、衣服など生活する上で必要なものは没収されません。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットは、家や土地などの財産が没収されることです。自己破産をすると、一定以上の価値ある財産はすべて売却され、借入れ先への返済に充てられます。具体的には、家、土地、99万円を超える現金、車、生命保険、宝石などの換金して20万円を超える財産などです。

 

ただ、車やバイクは売却しても20万円を超えないものもあります。売却値が20万円を超えない場合は、没収を免れます。また、自己破産で没収される財産の基準は裁判所によって異なるため、自己破産の申立をする場合には、裁判所の基準を専門家に相談するのがおすすめです。

【失敗しない】債務整理の選び方3つ

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

ここからは、債務整理の選び方を3つのケースで紹介していきます。それぞれの方の状況によって、選ぶべき債務整理は異なります。重要な選択の1つの材料として、是非参考にしてみてください。

①3~5年で返済可能な方には「任意整理」がおすすめ

定期的な収入があって、借金総額を3~5年で完済できる場合は、「任意整理」がおすすめです。1番リスクが少なく、財産を没収されることがないので、任意整理で解決できるのであれば可能な限り任意整理を利用すべきです。また、他の方法に比べて費用は少なく済みます。

 

そして、任意整理であれば家族や会社にばれることなく返済ができるので、借金を秘密にしたい方にもおすすめです。ただし、ブラックリストに載ってしまうため、5~10年はローンが組めなくなります。任意整理の手続きの際にはバレなかったとしても、他のところからバレないように注意しましょう。

②返済額が膨大だけど、財産を確保したい方には「個人再生」がおすすめ

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

借金が膨れ上がってしまい、利息をカットしても3~5年では絶対に完済できない方は、「個人再生」か「自己破産」を利用できます。その中でも、家や土地などの財産は残しておきたい方には「個人再生」がおすすめです。

 

個人再生では、財産を確保したまま借金を大幅に減らすことが可能です。また、自己破産と違って借金の理由を問われないため、賭博などで借金を作ってしまった方でも利用できます。もし、個人再生の条件を満たせるのであれば、自己破産でなくて個人再生を利用するのがおすすめです。

 

具体的にどれくらいの金額なら個人再生を利用すればいいのか分からない方も多いと思います。目安として、借金が300万円以上ある方は、「個人再生」がおすすめです。対して、借金が200~300万円までの方は「任意整理」がおすすめです。

③膨大な借金を抱えて財産が少ない方には「自己破産」がおすすめ

「自己破産」を行うと借金はなくなりますが、自身の財産を失うことにもなります。裏を返せば、財産をあまり持たない場合には、借金がなくなるだけで済みます。つまり、財産を失ってもダメージが少ない方、資産とは比較できないほど膨大な借金を抱えた方には自己破産がおすすめです。

 

また、他の債務整理と違って、自己破産では借金そのものがなくなります。そのため、今後の収入が見込めない方にとって自己破産は1つの選択肢になると思います。

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

各債務整理の具体的な流れ

ここまで、債務整理について説明してきました。それぞれの債務整理では、異なる手続きがあります。個人で対応することは可能ですが、手続きに必要な書類が多く、専門的な知識が必要になります。そのため、特定調停以外は弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。

 

特定調停以外の債務整理の手続きは、表にまとめると以下の通りです。実際にどの方法が自分に適しているのか、現実的に実行可能かどうかを、必ず弁護士や司法書士に相談して決めてください。相談は無料で行っていることが多いので、是非利用してください。

 

任意整理 個人再生 自己破産

弁護士・司法書士が、受任通知書を各債権者に送付 

弁護士が、受任通知を各債権者に送付 

弁護士が、受任通知を各債務者に送付 

各債権者に取引開示請求 

各債権者に取引開示請求  各債権者に取引開示請求 

過払金の有無を確認 

過払金を計算し、借金の金額を確定 

過払金を計算し、借金の金額を確定 

過払金がある場合は、元金を減額 

個人再生申立書を作成し、裁判所へ申立てを行う 

自己破産申立書を作成し、裁判所に破産申立てを行う

裁判所で同日面談 

3年で返済する和解案を提示して、債権者と交渉 

裁判所で選定された個人再生委員と再生計画の話し合い  破産手続き開始決定 

合意できれば和解書を作成 

再生手続き開始 

同時廃止の場合、免責審尋

管財事件の場合、破産管財人の選定 

和解書に従って、借金返済を開始

各債権者が裁判所へ債権を届出 

破産管財人面接 

 

債務者は裁判所へ債権認否一覧表を提出 

債権者集会 

 

債務者は裁判所へ再生計画案を提出 ↓

免責許可の決定 

 

再生計画の認可または不認可を決定・確定 

官報へ公示 

 

再生計画に従って、借金返済を開始 免責許可の決定の確定

債務整理に強い人気の弁護士・司法書士事務所ランキング12選

債務整理をしたいけれども、どの事務所を選ぶのか迷いますよね。とても深刻で大事な相談なので、しっかりとした所にお願いしたいと誰もが思います。全国展開している人気の事務所なら、実績が豊富で安心して頼めますよ。

 

ここからは、債務整理におすすめの人気事務所をランキング形式で紹介します。今回は、「実績、対応、口コミ」の3つの観点からランキングを作りました。是非参考にしてみてくださいね。上位の事務所から確認したい方は、下のボタンをクリックしてください。

弁護士に相談したらホッとした

「ベリーベスト法律事務所」は、全国に42の拠点があるので、自宅や会社の近くの事務所で相談できる、とても便利で安心な法律事務所です。70万件以上という圧倒的な相談実績を誇り、さまざまな借金問題をしっかり解決します。

 

ベリーベスト法律事務所は、借金問題には何度でも無料で相談ができます。契約後の費用では、分割払いや後払いにも対応していますので、安心して相談できます。フリーダイヤルで全国から何時でも無料相談を受け付けています。1度相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 50,000円 報酬金 1社につき20,000円
減額報酬 10% 相談料 無料
対応業務 任意整理、個人再生、自己破産 対応地域 全国

土日&全国対応で相談者からのアクセス環境がgood!

東京都中央区の「弁護士法人アシスト法律事務所」は、土日も休まず、全国対応をしています。全国どこからでも、何時でも相談ができます。債務整理や過払金返還請求の経験が豊富な弁護士やスタッフが揃っているのは魅力的です。

 

アシスト法律事務所なら、何度でも無料で相談できて、気になるその後の費用についてもホームページに分かりやすく記載されていて安心です。まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 5万円(税別) 報酬金 成功報酬1社3万円
減額報酬 相談料 無料
対応業務 任意整理、個人再生、自己破産 対応地域 全国

全国展開で安心実績のみつ葉グループ

「司法書士法人みつ葉グループ」は、全国展開しているため、誰でも気軽に利用することができます。また、女性相談員対応可能などの強みがあります。

 

サイトに載っている無料診断ツールを用いると、借金がいくら減るのか、月々いくらの支払額が減るのかを簡単に診断してくれます。自分の状況を確認でき、結果を送信すればその後の対応がスムーズに進んでいきます。また、家族に内緒で借金の整理をすることができますよ。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 11,000~ 報酬金 11,000~
減額報酬 0 相談料 無料
対応業務 任意整理、個人再生、自己破産など 対応地域 全国

元裁判官の弁護士が借金問題を解決‼

「アース法律事務所」は、東京都港区にあり、東京地方裁判所の元裁判官の弁護士が、債務整理にしっかり対応する、全国対応の事務所です。借金問題について、初回は無料で相談できます。

 

経験豊富な元裁判官の弁護士は、これまでに3,500件を超える借金問題を解決してきた実績があります。その経験やノウハウを生かして、それぞれの方の借金問題に対して、最適な債務整理を検討して支援してくれます。

 

アース法律事務所は、土日祝日もフリーダイヤルで、毎日10時~19時の間相談を受付けています。また、メールでも無料相談の受付・対応をしています。まずは、お気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 20,000円 報酬金 20,000円
減額報酬 10% 相談料 無料
対応業務 任意整理、個人再生、自己破産、過払い請求 対応地域 全国

あなたの借金をどれだけ減らせるか、匿名・完全無料で診断

「イージス法律事務所」は、東京の銀座にあり、全国から相談を受け付けています。3つの安心を掲げて、借金問題で悩んでいる方が安心して相談できるようにしています。3つの安心とは、「費用の心配」「バレないか心配」「電話・手紙が怖い」への対応です。

 

費用面では、相談料が何度でも無料で、その後の費用も分割や後払いに対応しています。バレないかの不安には、郵便を含め連絡方法に最大限の配慮をしています。そして、金融機関からの電話・手紙はすぐに停止させます。

 

さらに、借金問題を誰にも知られたくない方向けの、無料減額診断サービスを行っています。匿名で診断ができるので、家族や会社に知られることはありません。無料の診断だけでなく、法律の専門家が借金問題の解決方法を提案してくれます。まずは、利用してみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 1万円(税抜)~ 報酬金 1万円(税抜)~
減額報酬 相談料 無料
対応業務 任意整理、個人再生、自己破産 対応地域 全国

親身な対応に定評がある事務所

「近藤邦夫司法書士事務所」では、メールや電話による無料相談を行っており、気軽に債務整理の相談ができます。また、初期費用が発生しないため、事前の持ち出しが必要ありません。他の事務所に比べて、着手金や報酬金にかかる費用が少ないので、なるべく費用を抑えたい方におすすめです。

 

近藤邦夫司法書士事務所の強みは、債務整理に特化していることです。債務整理に特化しているため、望んだ結果が期待できます。出張相談を受け付けていて、親身に対応してくれるので、まずは気軽にトライしてみてください。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 10,000~ 報酬金 10,000~
減額報酬 10% 相談料 無料
対応業務 任意整理、個人再生、自己破産など 対応地域 全国

3万件以上の解決実績

東京都台東区の「東京ロータス法律事務所」は、問題解決3万件以上の実績を誇る全国対応の法律事務所です。借金問題の相談に何度でも無料で対応します。豊富な経験から、借金の状況に合った解決策を検討して、最適な債務整理の方法を紹介します。

 

東京ロータス法律事務所は、フリーダイヤルで、平日だけでなく、土日も10時から19時まで対応しています。相談は何度でも無料なので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 20,000円~ 報酬金 20,000円~
減額報酬 10% 相談料 無料
対応業務 任意整理、個人再生、自己破産 対応地域 全国

匿名で法律の専門家に相談ができる法律事務所

「C-ens(シーエンス)法律事務所」は、東京都新宿区にある法律事務所です。誰にもバレずに借金問題を解決したい方、弁護士に相談することを迷っている方には、とても利用しやすい事務所です。

 

1分程度の簡単な入力で、匿名で借金減額の無料診断をしてくれるので、周囲ににバレる心配はありません。借金問題について、法律の専門家に無料で相談をすることができます。

 

無料診断では、現在の借金がどれだけ減るかだけでなく、同時に過払金があるかどうかも分かります。C-ens法律事務所は全国対応をしているのも魅力的です。まずは、無料の減額診断をしてみてはいかがでしょうか?

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 1万円〜 報酬金 1万円〜
減額報酬 減額分の10%(税抜) 相談料 無料
対応業務 任意整理、個人再生、自己破産 対応地域 全国

無料相談からあなただけの解決策を提案

東京都墨田区の「弁護士法人ひばり法律事務所」は、東京大学法学部卒の名村泰三弁護士が、25年に渡り借金問題解決を行ってきました。長年の経験を生かして、最適な債務整理をしてくれます。その結果、満足度は98%ととても高く安心です。

 

これまでに2,000件以上の借金問題を解決してきた、東大卒弁護士による借金問題の相談は、何度でも無料です。無料相談はフリーダイヤルで、平日のみ10時~18時の対応となっています。また、メールで無料相談の予約も受付けています。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 0円~ 報酬金 0円~
減額報酬 10% 相談料 無料
対応業務 過払い請求、個人再生、任意整理、自己破産 対応地域 全国

全国からメールでの相談も対応

「ライズ綜合法律事務所」は、東京と横浜市そして大阪市に事務所があって、全国対応をしています。これまでに、借金問題を5万件以上解決してきた豊富な実績があります。

 

家族や会社に知られたくない方のために、匿名で利用できる無料減額診断ツールのサービスを提供しています。自分の借金がいくら減るのか、毎月の返済額はどうなるのかなど、何度でも無料で相談ができます。

 

ライズ綜合法律事務所は、メールでも相談を受け付けています。また、フリーダイヤルでも対応しています。気軽に連絡してみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 ¥50,000~ 報酬金 債権者1社あたり¥20,000
減額報酬 10% 相談料 無料
対応業務 任意整理、個人再生、自己破産 対応地域 全国

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

借金問題に悩むあなたに

東京都中央区の「弁護士法人サンク総合法律事務所」は、月に600件以上の相談を全国から受付けています。借金問題を抱えて困っている方の様々な事情、経済状況、要望をしっかり聞いたうえで、経験豊富なスタッフが最適な解決策を提案します。

 

債務整理の相談が無料だけでなく、初期費用も0円で対応します。費用は分割払いにも対応しているので安心です。借金問題で困っている方、手元資金に余裕が無い方でも、気軽に相談ができます。

 

サンク総合法律事務所は、フリーダイヤルで無料相談を受付けています。平日や日中は忙しい方でも、何時でも相談できます。まずは、お気軽に無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 報酬金
減額報酬 相談料 無料
対応業務 任意整理、自己破産、個人再生 対応地域 全国

満足度95%超えの実績を持つ法律事務所

東京都杉並区にある「はたの法務事務所」は、40年のキャリアを持つ司法書士が、借金問題を抱えている方に寄り添って、解決までしっかり支援をする事務所です。20万件を超える相談実績を誇るだけでなく、解決後の満足度が95.2%ととても高いので安心です。

 

費用面でも、相談料、出張費用、着手金が全て無料となっています。借金で困っている方への配慮が行き届いたシステムです。土日も含め、7時から24時までフリーダイヤルで相談を受付けています。

 

問い合わせフォームから連絡した場合、後日事務所からメールもしくは電話にて連絡が来るので必ずチェックしましょう!

 

任意整理はもちろん、個人再生や自己破産であっても手続きが完了するまでお金を請求されないので、お気軽に相談されてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

着手金 0円 報酬金 1社20000円~
減額報酬 減額できた債務の金額の10% 相談料 無料
対応業務 過払い請求、任意整理、個人民事再生、自己破産など 対応地域 全国

借金が払えないときに関するQ&A

ギャンブルが原因の借金でも債務整理はできる?

ギャンブルが原因の借金は債務整理することができない、なんて話をよく耳にしますが、本当にギャンブルが原因の借金は債務整理することができないのでしょうか?

 

じつは、裁判所での手続きをとらずに債権者と交渉する方法である「任意整理」であれば、たとえギャンブルが原因だったとしても借金を減額することができます。任意整理以外の債務整理は裁判所での手続きが必要となるので減額できませんが、任意整理はその必要がないので債務整理が可能です。

 

ギャンブル依存症はとても恐ろしい病なので、気が付けば多額の借金のせいで首が回らなくなってしまっている方が多いと思います。ですが、任意整理によって債務整理ができればこれからの人生を取り戻すこともできるので、諦めずに頼れる弁護士にご相談ください。

借金が払えないと家族への影響はどうなる?

もしも自分が借金の支払いができなくなってしまったときに自分以外の家族に支払い請求をされてしまうんじゃないかと心配になりますよね。ですが、あなたが借金を返済できなくなったとしてもあなたの家族に支払いの義務はありません

 

消費者金融などが消費者に対してお金を貸し与えるとき、金融会社は貸金業法を遵守しなければいけないと法律で定められています。その貸金業法では、連帯保証人になっている場合を除いてその親族に請求を行ってはいけないと明記されているので、金融会社は本人以外の親族に支払いの請求をすることができないのです。

 

ただし、例外になる3つのケースがあります。

 

ケース① 連帯保証人になっている場合
ケース② 家族の名義で親や兄弟が借金をしている場合
ケース③ 遺産相続をする場合

 

これらのケースのいずれかに該当している場合には支払いの義務が発生してしまうのでご注意ください。

失業して無職になってしまったら、借金返済はどうする?

失業してしまい、その後就職が決まらない。という時は債務整理と並行して、生活保護の申請も視野に入れて動きましょう。債務整理と生活保護の申請両方を請け負ってくれる法律事務所もあるので、依頼予定の事務所では対応してくれるか確認するのがおすすめです。

借金が返せない場合、まずは専門家に相談!

毎日毎日借金問題で頭が痛い、借金の督促の電話や郵便で困っているなら、少しでも早く行動することが重要です。何もせずに解決することはありません。それどころか、迷っている内に、借金がどんどん増えていくばかりです。

 

債務整理は、国が認めた生活再建の道です。最適な方法を選択して借金を返済して、新しい生活を始めてみましょう。少し勇気を出して行動すれば、最適な解決策が見つかります。是非専門家に相談をして、債務整理を進めてください。

 

債務整理をすれば、きっと新しい人生が開けてきますよ。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

借金の救済制度とは?法的に借金を減額・免除できる方法がある?【デメリットや費用は?】

借金の救済制度とは?法的に借金を減額・免除できる方法がある?【デメリットや費用は?】

債務整理
【仕組み・デメリット解説】借金減額の方法は?債務整理におすすめの事務所3選も紹介

【仕組み・デメリット解説】借金減額の方法は?債務整理におすすめの事務所3選も紹介

債務整理
借金が返せないとどうなる?国が認めた借金救済制度「債務整理」について紹介

借金が返せないとどうなる?国が認めた借金救済制度「債務整理」について紹介

債務整理
借金の踏み倒しはできるのか?リスクや借金問題の解決方法もご紹介

借金の踏み倒しはできるのか?リスクや借金問題の解決方法もご紹介

債務整理
借金返済のコツは?借金返済までの道のりを解説【借金返済のトリセツ】

借金返済のコツは?借金返済までの道のりを解説【借金返済のトリセツ】

債務整理
【口コミ・評判は?】愛媛県松山市で人気の債務整理に強いおすすめ事務所ランキング10選

【口コミ・評判は?】愛媛県松山市で人気の債務整理に強いおすすめ事務所ランキング10選

債務整理

債務整理のおすすめ記事

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較のサムネイル画像

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較

債務整理
はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査のサムネイル画像

はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査

債務整理
【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】のサムネイル画像

【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】

債務整理
【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】

債務整理

地域毎で選ぶおすすめ事務所

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】のサムネイル画像

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】

債務整理
【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】のサムネイル画像

【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】

債務整理
愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】のサムネイル画像

愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】

債務整理
札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】のサムネイル画像

札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】

債務整理
仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】のサムネイル画像

仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】

債務整理
【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】

債務整理
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。