借金が返せないとどうなる?国が認めた借金救済制度「債務整理」について紹介

記事ID19861のサムネイル画像
ヤフー知恵袋や2chにある借金相談の数を見ても、多くの人が借金返済について悩んでいることが分かります。しかし借金を返すあてがない場合、国の制度を使って、借金を減額させたり、帳消しにしたりできます。ここでは、借金が返せない方への救済制度を紹介します。家族にばれるのかやどこに相談するべきかも解説します。

借金を返せないとどうなる?

病気や仕事、新型コロナウイルスの影響、気づかないうちに借金が膨らんでしまっていた・・・など様々な理由で借金が返済が困難な状態になってしまった方は一人で悩まず弁護士に相談する事がおすすめです。

 

支払い期日までに借金を返せない場合、その滞納期間に応じて債務者からさまざまな対応がなされます。最初は電話での催促で留まる場合が多いですが、時間が経つにつれて対応が厳しくなり、最終的には取り返しのつかない措置を取られる可能性があります。この記事では借金を返せないとどうなるのかや、返済が困難になった場合の対処法を紹介します。

 

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

【編集部イチオシ】おすすめの法律事務所はここ!

借金返済に困ったら、まず法律の専門家に相談しましょう。たくさんの法律事務所がある中、編集部1番のおすすめは「はたの法務事務所」です。おすすめできる魅力をまとめているので、是非チェックしてみてください!

相談実績20万件以上、満足度95.2%の法律事務所

【安定の実績と信頼!】

はたの法務事務所は、債務整理や過払い請求の相談実績20万件以上、うち95.2%が満足と回答しており、多くの方から絶大な信頼を得ています。また、依頼者に高圧的な態度をとる事務所がある中、はたの法務事務所は司法書士歴40年の実績があるため、依頼者の相談に丁寧に対応してくれますよ。

 

【充実したサービスを提供!】

債務整理は複雑だしとても重要なため、不安を感じる方が多いでしょう。周りに相談しにくい内容であり、そうなった場合に相談できるのは事務所しかありません。そんな時に7時~24時対応の電話相談を利用できるのはとても助かります。

 

問い合わせフォームからの相談は24時間受付!後日、事務所からメールもしくは電話にて連絡が来るので必ずチェックしましょう。

 

【債務者にとってありがたい料金設定!】

法律事務所によっては、高額な着手金や相談終了後に高額な報酬を要求してくる可能性があります。しかし、はたの法務事務所は調査を無料で引き受けてくれる上に、早期完済をサポートしてくれます。具体的には、相談・全国出張・着手金・初期費用・土日対応の全てが無料です。費用の分割払いも可能なので、金銭問題で困っている方の力強い味方となってくれますよ。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 無料 任意整理費用 着手金0円、報酬金、20,000~    減額報酬、10%
個人再生費用 350,000~ 自己破産費用 300,000~
受付時間 10:00~21:00 対応地域 全国

※公式サイトより

借金が返せないことで起こること6つ

借金が返せないからといきなり家まで押しかけられることはありませんが、支払いが滞ればいつかは必ず家や会社まで押しかけられます。実際にどれくらいの期間でどんな対応をされるのか見ていきましょう。

①支払い確認の連絡がくる

借金の返済期限を過ぎて数日すると、支払い確認の連絡がきます。連絡の方法は金融機関によって異なり、電話の場合もあればハガキやショートメールなどの場合もあり、多種多様です。

 

この連絡には確認以上の意味はありません。なぜなら、借金滞納の原因には、借りた方の返済日の間違えや支払いを忘れた等の勘違いも多いからです。そのため、連絡が来た段階で返済をしっかりすれば何の問題もありません

②督促状で借金の一括返済を迫られる

連絡からさらに数日たっても入金がされない場合、返済の督促が送られてきます。これは確認より強めの請求要請であり、入金が確認されるまで定期的に行われます。連絡方法も電話やハガキ、封書などを組み合わせてくるでしょう。

 

それでも2週間ほど連絡がない場合、「内容証明郵便」が送られてきます。これはほとんどの場合、借金の契約解約に伴う一括返済の請求です。期限は債権者によって違いますが、多くの場合およそ1ヶ月以内に一括で借金の返済をしなければいけなくなります。

 

これ以降の対応はどれも取り返しがつかなくなるものばかりです。もし返済が難しいのであれば、一刻も早く債権者に連絡を取り、判断を仰ぎましょう。

③ブラックリストに載る

借金の滞納がおよそ2~3カ月程継続すると、個人信用機関に事故情報として登録されます。これがブラックリストに載るというもので、一定期間、新規クレジットカードやキャッシングの利用が制限され、ローンを組むこともできなくなるのです。

 

ブラックリストは借金を返済し終えても最低5年、最大で10年は情報の登録が持続します。借金の返済時だけでなく、今後の人生設計にも大きな影を落とすことになるので気を付けてください。

 

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

④法的措置により給料や預貯金が差し押さえにあう

それでも返済が滞っている場合、最終的には裁判所を通じて法的措置をとられることとなります。裁判所から送られてくる「支払督促」がいわゆる最後通告であり、これを無視すると最終手段である強制執行からの財産差し押さえに繋がるのです。

 

実際に差し押さえになる場合、主に給与の最大25%や預貯金が対象となります。こうなると会社や家庭にも借金の存在を知られることとなり、人間関係にも取り返しのつかない傷を残すこととなるでしょう。

 

ここまでくると個人でできることはほとんどありません。専門の弁護士に依頼するか、こうなる前に借金の返済を行うべきです。

⑤家族に迷惑がかかる

保証人でない限り、家族に取り立てがくることはありませんが、闇金などで借金をすると悪質な取り立てが家族に及ぶこともあります。基本的には違法行為ですので、警察や弁護士に相談すれば解決します。


但し、債務者が財産の差し押えになった場合、債権者名義の住宅に家族が同居していれば、当然一緒に家を出なければなりません。個人所有の車も処分しなければならないので、家族への影響は少なくありません

⑥借金の末路には無職のリスクもある

個人で債務整理をおこなった場合、その情報が会社に通知されることはありません。但し、自己破産すると官報に一定期間氏名や住所が掲載されるので、官報を詳細にチェックしている会社には知られることがあります。知られても解雇の理由にはならないので、職を失うことはありません。

 

但し、宅地建物取引士・公認会計士・税理士・警備員・交通事故相談員・固定資産評価員などは制限が定められているので一定期間仕事につけないケースもあります。生命保険外交員なども該当するので、これらに職種の方は一時的に無職になるリスクがあることも覚悟すべきです。

借金がなかなか返せない2つの理由

①借金の利息によって返済額が増えていく

借金には『利息』があり、返すまでの期間が長くなればなるほど返済金額が増えていく仕組みになっています。例えば100万円の借金を年利率15%で1年間借り続けた場合、1年後の返済金額は115万円程です。

 

前述の例では、毎月9万円ずつ返済すると返済には約1年かかり、返済金額は約108万円となります。一方毎月の返済を3万円程度にすると、返済にかかる時間は約3年8カ月もの時間がかかり、返済金額は約130万円に膨れ上がるのです。

 

毎月少しずつでも返済をしているのに、一向に借金が返せないと感じる原因の多くはこの利息です。無理のない返済計画と言えば聞こえはいいですが、実際は多少無理をしてでも早めに借金を返した方が結果的に支払う金額が少なくなります。

②遅延損害金でさらに負担が増して返せない

借金を期日までに返済することができない場合、『遅延損害金』がかかりさらに利率が発生します。遅延損害金の利率は上限の年20%に設定されている場合が多く、通常の利率よりも高いのでさらに支払い金額が増えていくのです。

 

ただし、通常の利息と遅延損害金の利息を同時に請求されるわけではありません。支払い期限までは通常の利率で請求され、期限を過ぎた後の請求額は遅延損害金の利率に切り替わるというイメージです。

 

遅延損害金は日数計算になっているので、返済に時間がかかるほど支払い金額が増えていきます。ただでさえ返済が辛い借金の返済額がさらに膨れ上がっていくので、後述する対策を参考にしながら返済期限内の返済を目指しましょう。

借金が返せない時にやってはいけない2つのこと

返済日が迫ってきたり、何度も督促が送られてきたりすると、焦って正常な判断がつかなくなる方も多いでしょう。しかし、ここで対応を誤るとさらに事態が悪化して取り返しがつかなくなってしまいます。

 

以下で紹介する内容は、どれも問題の先送りをしているだけなので最終的に自分の立場を悪くするだけです。どんなに不安でも絶対にしないように注意してください。1度落ち着いて、自分の行動を見直しましょう。

①返済の催促を無視し続ける

借金を返済する目途の立たない状態では、現実逃避のために督促を無視してしまう方が多いです。しかし、この行為はその場しのぎでしかなく、最終的に事態を悪化させてしまいます。

 

債権者も同じ人間ですから、こちらがすぐに連絡を取って丁寧な対応をとれば返済計画の相談に乗ってくれたり、多少の融通を利かせてくれたりすることも多いです。逆に督促を無視し続ければ債権者の心証が悪くなり、厳しい取り立てや自宅への連絡にもためらいがなくなります。

 

どの道すぐに返済できないのであれば、少しでも債権者の心証はよくしておいた方がいいです。督促の無視だけはしないようにしましょう。

②借金を返すために他の場所や友人から借金する

借金の返済のためのお金を作るのに1番手っ取り早いのは、他の場所から借金をすることです。しかし、借金のための借金をしていてはいつまでたっても借金は減らず、利息が増えていく一方なのでおすすめできません。

 

これはいわゆる「自転車操業」と呼ばれる状態であり、万が一借金ができなくなった時に返済ができなくなるので危険です。また、感覚が麻痺してどんどん借入金額が増えていくケースも多いので注意しましょう。

 

また、友人から借金するのもNGです。友人という甘えで、返済がルーズになり、結果友情にもヒビが入り、借金が増えるだけでなく大切な人からの信頼も失ってしまいます。借金を返済するためだけに新しい借金をするのは、根本的な解決ができないということを覚えておきましょう。

【必見】借金を返せないと感じたらやるべきこと3つ

①借金の返済計画を見直す

借金を重ねて返済に追われていると、当初の返済計画では返済が追い付かなくなるケースが少なくありません。1度自分の現状を確認し、現在の借入残高に応じた返済計画を立て直しましょう。

 

返済計画を立てるには借入残高、利息、自分の収支バランスを見直します。いつまでに借金を返すために、いくらある借金を毎月いくら払って返済するという計画を立てるのです。無理のない返済計画で借金が返せないのであれば、支出を見直して多少無理をしてでも返済金額を増やすべきでしょう。

 

具体的な期間や金額が決まっていれば、それを目標に頑張れる方は沢山います。毎月なんとなく借金を返済するよりも借金を返せる確率は上がるので、必ず具体的な返済計画を立てましょう。

②債権者に借金が返せないことを相談する

個人での返済計画に無理が出るようであれば、債権者に連絡して返済についての相談をしましょう。前述の通り債権者も同じ人間なので、連絡を無視するよりも正直に相談したほうが心証が良くなり、融通を利かせてもらいやすくなります。

 

連絡の際は、最初に必ず返済の意思があることを伝えましょう。その上で現在の返済額や返済期間では厳しいと相談すれば、相手も期間の延長や利息の軽減等の対応を取ってくれる可能性があります。

 

返済期限までに返済できないと分かった時点で連絡しましょう。期限の延長ができれば督促等も送られてきません。相談することで家族や会社にばれるのが心配な方もいると思いますが、むしろ早急に連絡したほうが結果的にばれるリスクを減らせるので覚えておきましょう。

③法律事務所に相談する

「借金が膨れ上がり過ぎでもう自分ではどうしようもない!」そんな方は最後の手段として、法律事務所に相談をしましょう。専門家の視点から適切なアドバイスをしてもらえますし、守秘義務があるので相談したことが債権者や身の回りの方にばれる心配もありません。

 

そしてどうしても自力での返済が難しい場合には、「債務整理」と呼ばれる法的手続きをとることが可能です。債務整理によって、借金の減額や期限の猶予、場合によっては借金そのものの免除を行うことができます。詳細は後述しているので参考にしてください。

 

借金問題は1人で悩んでいても答えが出ないことが多いです。どうにもならないと感じたら、早めに専門家である法律事務所に相談しましょう。具体的な返済計画や債務整理によって解決策が提示されれば、これ以上借金問題で悩まなくても済むようになります。

債務整理の4つの方法【メリット・デメリットも】

「債務整理」とは、法的手続きによって借金の減額や毎月の負担の軽減などを行う借金の救済制度です。自力での返済が困難な方は、この制度を利用することで無理のない返済計画でも借金が返済できるようになります。

 

債務整理には主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」の4つの種類があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

①月々の返済額を少なくする「任意整理」

債権者と交渉し、将来の利息をカットもしくは減額し、3年から5年程度で完済できるように「任意整理」です。裁判所を介さず手続きできるため、実生活への影響が少ない方法で、債務整理で最も多く利用されている方法です。交渉は全て法律事務所側でやってもらえるので、自分で交渉をする必要はありません。自分で直接交渉する特別調停という方法もありますが、初心者には難しいので専門家に任せましょう。

 

メリット

  • 将来利息を減額し、3年から5年程度で完済
  • 裁判所を介さないので、手続きが簡単で3か月程度で解決する
  • 財産の没収がなく実生活への影響が少ない
  • 自宅に書類が届かず、家族や職場、友人にバレづらい

デメリット

  • 他の方法に比べて減額幅が小さい
  • 相手が和解案に応じない場合、交渉が成立しない
  • 元本自体は減額されず、残った元本を3〜5年で完済する必要がある
  • 5年間は信用情報(ブラックリスト)に載りローンが組めず、クレジットカードが作れない

 

利息の軽減程度では到底返済ができない程の巨額の借金がある場合には、以下の2つの選択肢を検討しましょう。

借金の総額を減額する「個人再生」

「個人再生」は裁判所を通じて借金の総額を減額し、3~5年での返済ができるようにする方法です。個人再生を行うと借金の総額はおよそ20%ほどになるため、返済の負担が大幅に軽減されます。

 

 

ただし、個人再生を受けるには以下に載せている条件があります。難しい条件ではありませんが、誰でも受けられるわけではないことは覚えておきましょう。

 

・安定した収入がある

・借金の総額が5,000万円未満

・個人の借金

 

メリット

  • 住んでいる家や土地を処分せずに、借金を大幅に減額可能
  • 借金の元本を1/5~1/10まで、減額して返済
  • 借金の理由は不問

デメリット

  • 手続きが複雑、提出書類が多く、地方裁判所とのやり取りもあるので時間がかかる
  • 弁護士を雇うと費用がかかる
  • 借金の総額が住宅ローンを除いて5,000万円以上の場合、利用できない
  • 5年間は信用情報に載り(ブラックリスト入り)ローンが組めず、クレジットカードが作れない

全ての借金を免除する「自己破産」

「自己破産」は、最低限度の生活用品以外の資産を全て失う代わりに、全ての借金の返済を免除するものです。任意整理でも返済しきれず、個人再生の条件も満たせなかった方にとっての最終手段と言えるでしょう。

 

ただし、「免責不許可事由」といって自己破産の申請が下りないケースがあります。例えば、賭博による借金や、資産を隠蔽していた場合には申請が認められません。自己破産は借金でどうにもならなくなった方への救済措置なので、弁護士とよく相談して最終手段として利用しましょう。

 

メリット

  • 借金の全額免除を受けることができる
  • 無職の人でも利用できる
  • 生活必需品や20万円以下の預金・財産、99万円以下の現金は手元に残せる

デメリット

  • 住宅や土地、価値が高い財産を没収される
  • 借金の理由によっては免除されない
  • 破産手続き中に就けない職業制限がある
  • ブラックリストに載る、官報に掲載される

裁判所が債権者と債務者を仲介する「特定調停」

「特定調停」は、簡易裁判所が債権者と債務者の話し合いを仲介して、無理なく借金の返済ができる条件で合意するように支援します。具体的には、任意整理のように利息をなくしたり、借金の元本を減額したりします。交渉のための最低限の知識が必要になるため、初心者の方にはあまりおすすめできません。

 

メリット

  • 将来利息をカットし、3年から5年程度で完済
  • 弁護士や司法書士を雇う必要が無い、費用負担が少ない
  • 2か月程度の短期間で解決

メリット

  • 過払金が無いと大幅に減額できない
  • 簡易裁判所に提出する書類を自分で作成、平日に2回程度出廷が必要(弁護士や司法書士を雇えば不要)
  • 相手によっては、調停が不成立となる

\借金がいくら減らせるか30秒で診断/

【失敗しない】借金の返済状況に応じた債務整理の選び方

債務整理はそれぞれ効果やリスクが異なるので、自分の資産状況や返済の可否によってどの債務整理を選ぶのか決める必要があります。少し返済額を減らしたいだけなら自分の大切な資産を失う必要はありませんし、収入がない方が利息をなくしても効果が薄いでしょう。

 

続いては、どの債務整理がどんな方に向いているのかを解説していきます。下記を参考に自分の状況と照らし合わせながら、どの債務整理を選択するのがベストなのかを検討していきましょう。

「減額されれば月々返済できる方」は任意整理

定期的な収入があって、毎月の返済額が減額されれば十分借金を返済できる方は、「任意整理」が向いています。1番リスクが少なく、財産を没収されることがないので、任意整理で解決できるのであれば可能な限り任意整理を利用すべきです。

 

また、任意整理であれば家族や会社にばれることなく返済ができるので、借金を秘密にしたい方にもおすすめです。ただし、ブラックリストに載ってしまうため、5~10年はローンが組めなくなります。後々住宅ローンなどを申請しようとして、そこから家族にばれないよう気を付けましょう。

「財産を手放せない方」は個人再生

借金の返済額が膨れ上がってしまい、利息をカットした程度では到底返済ができない方には「個人再生」や「自己破産」を利用します。その中でも、家や車などの財産を持っていて、それらを手放すことができない方は個人再生を利用すべきです。

 

借金を大幅に減額しつつ財産を失うこともないため、借金の負担がかなり軽くなります。自己破産と違い借金の理由を問わないため、賭博などで借金を作ってしまった場合でも申請できるのは大きなメリットです。個人再生の条件を満たせるのであれば、自己破産よりも個人再生がおすすめです。

「財産がない・借金が財産以上の方」は自己破産

「自己破産」は、借金と共に自身の財産を失うデメリットがあります。しかし裏を返すと、財産を持っていなければ借金がなくなるだけで済むのです。つまり、失うほどの資産を持たない方、手持ちの資産とは比較にならないくらい膨大な借金を抱えた方は、自己破産をすべきです。

 

また、他の債務整理と違い借金そのものがなくなるため、今後の収入が見込めない方でも返済に悩まされることがなくなるのも大きなメリットです。収入の無い方にとっても自己破産は選択肢に入ると言えるでしょう。

債務整理に強いおすすめの弁護士・司法書士事務所ランキング10選

債務整理をおこなうなら、法律相談所に相談が必要です。一口に法律相談事務所といっても、費用や実績、相性などさまざまな要素があるので、はじめての債務整理でどの法律相談事務所を選んだらいいのか分からない方も多いと思います。

 

ここでは、債務整理初心者でもおすすめの法律相談事務所を紹介していきます。今回は、「実績、対応、口コミ」の3つの観点から比較してランキングを作りました。法律相談所選びが債務整理の成否を決めるので、自分が相談する法律相談事務所を決める際の参考にしてください。

実績と信頼のはたの法務事務所

「はたの法務事務所」の最大の特徴は、債務整理にかかる着手金が全て0円であるという点です。任意整理は勿論、個人再生や自己破産であっても手続きが完了するまでお金を請求されないので、安心して依頼する事ができます。

 

はたの法務事務所は、相談実績20万件以上、そのうち満足度が95%越えとなっていて、実績と信頼を兼ね備えています。また、司法書士歴が40年の実績があるため、担当者が親身になって話を聞いてくれますよ。

 

もちろん相談も完全無料なので、何度でも相談に乗ってもらえます。電話だけでなく、もちろん問い合わせフォームでの相談もOK!後日、事務所からメールもしくは電話にて連絡が来るので必ずチェックしましょう!休日であっても問題なく対応してくれるので、時間やお金に困っている方にとってはうってつけの事務所と言えるでしょう。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 無料 任意整理費用 着手金0円、報酬金、20,000~   減額報酬、10%
個人再生費用 350,000 自己破産費用 300,000
受付時間 10:00~21:00 対応地域 全国

債務整理に強い法律事務所

「アース法律事務所」は元裁判官も担当した30年以上のキャリアのある弁護士が担当します。そのため、債務整理手続きの中でも必ず裁判所を介して手続きを行う必要がある自己破産や個人再生などに強みがあります。

 

債務整理の受任実績は3,500件以上。豊富な実績と経験を活かし、一人一人に最適な解決方法を提案してくれます。初回相談は無料なので、まずは24時間受付している無料相談メール予約をしてみましょう。

 

オフィスは港区新橋ですが、出張面談を行っているので全国どこからでも債務整理を依頼できます。面談を基本としていますが、電話やメールでも相談が出来るので遠方の方でも大丈夫です。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 初回のみ無料 任意整理費用 着手金、報酬金、20,000~          減額報酬、10%
個人再生費用 300,000~ 自己破産費用 300,000~
受付時間 10:00~19:00 対応地域 全国

※公式サイトより

女性専用の相談窓口!年間1,500件以上の相談実績と顧客満足度98%

「ひばり法律事務所」は、利用者の98%が満足している高い満足度が特徴です。1人1人に最適な解決案を提示してくれるので、債務整理の初心者でも安心して相談ができます。

 

女性弁護士が在籍しており、女性の利用にもおすすめです。相談は無料で年間1,500件以上の実績があり、全国どこでも出張してくれるなど、とにかく利用者に寄り添った姿勢が特徴です。電話やメールでの無料相談も受け付けているので、まずは気軽に相談してみましょう。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 無料 任意整理費用 着手金、報酬金、20,000~        減額報酬、10%
個人再生費用 300,000~ 自己破産費用 200,000~
受付時間 10:00~19:00 対応地域 全国

誰でも気軽に相談できる法律事務所

親しみやすい雰囲気が特徴で、悩んでいる方に寄り添って解決までの筋道を一緒に考えてくれます。債務整理は難しくて怖そうだと思っている方でも安心して相談することができます。

 

着手金0円で費用は分割払いも可能なので、手持ちのお金が心配な方でも気軽に相談しに行ってみましょう。総じてとっつきやすい事務所なので、とにかく誰かに相談したい方にはうってつけです。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 無料 任意整理費用 着手金、報酬金、10,000~                            減額報酬、10%
個人再生費用 300,000~ 自己破産費用 400,00~
受付時間 9:30~18:30 対応地域 全国

ありがたい料金設定の法律事務所

「東京ロータス法律事務所」は債務整理の身近な窓口として、債務整理について親身になって相談にのってくれることで評判です。相談は無料で費用もリーズナブルなため、金銭面で苦しい方でも気軽に利用できます。

 

全国どこへでも出張面談を行ってくれるので、対面で相談したい方でも安心です。実績も過去10年で3万件以上と豊富なので、まずは無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 無料 任意整理費用 着手金、報酬金、20,000~        減額報酬、10%
個人再生費用 300,000~ 自己破産費用 200,000~
受付時間 平日、09:00~19:00    土日祝日、10:00~18:00 対応地域 全国

親身な対応が評判の法律事務所

「イージス法律事務所」は、法テラスでの在籍経験がある弁護士が在籍している経験豊富な事務所です。簡単な質問に答えるだけで、借金がどの程度減額できるのかすぐにわかる無料診断サービスがあり、気軽に相談することができます。

 

相談の際は、担当弁護士と代表弁護士が一緒になって話を聞いてくれるため、より具体的で効果的な解決策を提示してくれます。スタッフとの連携が優れていて、親身になって話を聞いてもらえたという口コミも多いので、まずは無料相談からしてみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 無料 任意整理費用 着手金50,000~  報酬金、20,000~ 減額報酬10%
個人再生費用 400,000~ 自己破産費用 400,000~
受付時間 平日、9:00~19:00 土日、10:00~19:00 対応地域 全国

質の高いサービスを提供する法律事務所

任意整理に強い法律事務所で、個人・法人を問わずさまざまな問題に対応できます。シミュレーターを使った無料診断を行っており、借金がいくら減って月々の返済がいくらになるのか具体的に知ることができます。

 

着手金の金額設定が少し高めですが、その分専門性の高い手続きやアドバイスが貰えます。メール相談も受け付けており、相談までは無料で行えるので、まずは無料相談から試してみてはいかがでしょうか。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 無料 任意整理費用 着手金50,000~ 報酬金、10,000~  減額報酬10%
個人再生費用 380,000 自己破産費用 330,000
受付時間 9:00~21:00 対応地域 全国

低価格で親身な対応に定評がある

「司法書士法人浜松町歩法務事務所」は、親身になって相談に対応してくれます。債務整理についてはもちろん、これからの返済計画や人生設計についての相談にも乗ってくれますよ。出張相談も受け付けているので、是非気軽にトライしてみてください。

 

司法書士法人浜松町歩法務事務所の強みは、債務整理に特化していることです。いろいろな分野に手を出す事務所がある中でも債務整理に特化してくれているのは嬉しいですし、頼りになります。初期費用が無料なのも嬉しいポイントです。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 無料 任意整理費用 着手金・報酬金 20,000~           減額報酬 10%~
個人再生費用 400,000~ 自己破産費用 350,000~
受付時間 10:00~20:00 対応地域 全国

それぞれのニーズに対応できる

「司法書士法人みつ葉グループ」は、全国対応しているため、誰でも簡単に利用することができます。また、女性相談員対応可能などの強みがあり、それぞれのニーズに合った対応が可能です。

 

サイトに載っている無料診断ツールを用いると、自分の状況を確認することができます。メールアドレスや電話番号と一緒に送信すれば、その後の対応がスムーズに進んでいきますよ。

 

>>>公式サイトで詳細を見る!

相談費用 無料 任意整理費用 着手金・報酬金 11,000~        減額報酬 0
個人再生費用 300,000~ 自己破産費用 300,000~
受付時間 9:00~18:00 対応地域 全国

しっかり内容を把握してから契約できる法律事務所

「C-ens(シーエンス)法律事務所」では、原因の本質を見極めて、その後のライフプランを豊かにするための解決策を提示してくれます。債務整理のデメリットについても詳しく解説してくれるので、実際に依頼をするとどうなるのかがイメージしやすいです。

 

完全匿名で相談でき、相談料が無料なので周りの目を気にせずに何度でも相談ができます。ただ借金をなくすだけでなく、その後の人生設計のアドバイスも欲しい方はぜひ相談してみましょう。

相談費用 無料 任意整理費用 着手金、報酬金、10,000~ 減額報酬、10%
個人再生費用 400,000~ 自己破産費用 300,000~
受付時間 平日、10:00~18:00 対応地域 全国

債務整理におすすめの人気事務所ランキング10選

商品 画像 商品リンク 特徴 相談費用 任意整理費用 個人再生費用 自己破産費用 受付時間 対応地域
アイテムID:8763975の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

相談実績20万件以上、満足度95.2%の法律事務所

無料

着手金0円、報酬金、20,000~    減額報酬、10%

350,000~

300,000~

10:00~21:00

全国

アイテムID:8764065の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

債務整理に強い法律事務所

初回のみ無料

着手金、報酬金、20,000~          減額報酬、10%

300,000~

300,000~

10:00~19:00

全国

アイテムID:8764073の画像

公式HP

レビュー記事で詳細を見る

女性専用の相談窓口!年間1,500件以上の相談実績と顧客満足度98%

無料

着手金、報酬金、20,000~        減額報酬、10%

300,000~

200,000~

10:00~19:00

全国

アイテムID:8764078の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

誰でも気軽に相談できる法律事務所

無料

着手金、報酬金、10,000~                            減額報酬、10%

300,000~

400,00~

9:30~18:30

全国

アイテムID:8764071の画像

公式HP

レビュー記事で詳細を見る

ありがたい料金設定の法律事務所

無料

着手金、報酬金、20,000~        減額報酬、10%

300,000~

200,000~

平日、09:00~19:00    土日祝日、10:00~18:00

全国

アイテムID:8764067の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

親身な対応が評判の法律事務所

無料

着手金50,000~  報酬金、20,000~ 減額報酬10%

400,000~

400,000~

平日、9:00~19:00 土日、10:00~19:00

全国

アイテムID:8764076の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

質の高いサービスを提供する法律事務所

無料

着手金50,000~ 報酬金、10,000~  減額報酬10%

380,000

330,000

9:00~21:00

全国

アイテムID:8764069の画像

公式サイト

レビュー記事で詳細を見る

低価格で親身な対応に定評がある

無料

着手金・報酬金 20,000~           減額報酬 10%~

400,000~

350,000~

10:00~20:00

全国

アイテムID:8764064の画像

公式サイト

それぞれのニーズに対応できる

無料

着手金・報酬金 11,000~        減額報酬 0

300,000~

300,000~

9:00~18:00

全国

アイテムID:8764075の画像

公式サイト

しっかり内容を把握してから契約できる法律事務所

無料

着手金、報酬金、10,000~ 減額報酬、10%

400,000~

300,000~

平日、10:00~18:00

全国

社金問題に関するよくある疑問に回答!【Q&A】

Q1:ギャンブルで作った借金は自己破産できる?

任意整理ができない借金の場合は、自己破産がベストですが、ギャンブルで作った借金は破産法の規定により免責できない「免責不許可事由」に該当します。つまり、競馬や競輪、パチンコなどのために作った借金は、自己破産できないのが原則です。

 

但し、実際は、裁判所が免責するケースも少なくありません。免責に相当すると判断されるには、ギャンブルをやめて生活習慣を改善するという誠意が伝わらなければなりません。そのためには、伝えるべき内容や表現の仕方などを専門家に相談することも必要です。

Q2:うつ病で借金が返せない時はどうすればいい?

債務整理をするのがおすすめです。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の3種類あります。法的な手続きなので弁護士や司法書士に依頼して行う場合が多いです。まずは弁護士に相談しましょう。

 

銀行、消費者金融、クレジットカード会社などの金融機関は、弁護士に債務整理を依頼した顧客への取立行為を禁止されています。なので弁護士に依頼すれば、金融機関からの連絡は全て代理人に行き、返済や取立への不安も軽減します。

 

ただ、借金返済そのものは債務整理で対応できますが、病院や診療所で医師の診察を受けることも大切です。色々な補償制度を利用するためには医師からの診断書が必要になり、診断日も重要になってくるため、まだ受けていない人は早めの受診をおすすめします。

Q3:お金を借りることはできる?

手元のお金がなくて明日の生活もできないという人は、緊急小口資金の融資や総合支援資金の生活支援費の融資を社会福祉協議会で受けることができます。緊急小口資金とは、緊急でかつ一時的な生計維持が困難な場合に生活費を借りれる制度のことです。

 

対象者は休業状態あるいは収入の減少がある人です。貸付上限額は20万円以内で据置期間は1年以内、償還期間は2年以内です。保証人は必要ありません。総合支援資金とは、生活を再建するまでの間に必要なお金を借りられる制度のことです。

 

貸付上限額は世帯によって異なります。2人以上世帯は月20万円以内、単身世帯は月15万円以内です。据置期間は1年以内、償還期間は10年以内です。ちなみに緊急小口資金と総合支援資金はどちらも無利息です。

借金が返せない時は法律相談事務所で債務整理を依頼しよう!

自分の力ではどうやっても借金を返せない時には、債務整理を行い、新しい返済計画を立てましょう。自分1人で悩んで答えがでない時でも、法律相談事務所の専門家に相談すれば親身になって相談に乗ってます。

 

借金がなくなり無理のない返済プランを立てることができれば、借金のことばかり考える必要がなくなるため、日常生活にも良い影響を及ぼします。相談は無料の所が多いので、まずは気軽に無料相談を行い、借金問題を解決していきましょう。

 

もっと債務整理におすすめの事務所について知りたい方は、下記のボタンをご参照ください

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

借金の救済制度とは?法的に借金を減額・免除できる方法がある?【デメリットや費用は?】

借金の救済制度とは?法的に借金を減額・免除できる方法がある?【デメリットや費用は?】

債務整理
【仕組み・デメリット解説】借金減額の方法は?債務整理におすすめの事務所3選も紹介

【仕組み・デメリット解説】借金減額の方法は?債務整理におすすめの事務所3選も紹介

債務整理
リボ払いが払えないとどうなる?返済のコツや救済制度をご紹介【2023年最新版】

リボ払いが払えないとどうなる?返済のコツや救済制度をご紹介【2023年最新版】

債務整理
借金の踏み倒しはできるのか?リスクや借金問題の解決方法もご紹介

借金の踏み倒しはできるのか?リスクや借金問題の解決方法もご紹介

債務整理
熊本で債務整理に強いおすすめ弁護士・司法書士事務所人気ランキング9選【口コミ・安いのは?】

熊本で債務整理に強いおすすめ弁護士・司法書士事務所人気ランキング9選【口コミ・安いのは?】

債務整理
借金を払えないとどうなる?法的に借金を免除・減額できる方法があるって本当?

借金を払えないとどうなる?法的に借金を免除・減額できる方法があるって本当?

債務整理

債務整理のおすすめ記事

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較のサムネイル画像

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較

債務整理
はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査のサムネイル画像

はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査

債務整理
【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】のサムネイル画像

【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】

債務整理
【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】

債務整理

地域毎で選ぶおすすめ事務所

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】のサムネイル画像

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】

債務整理
【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】のサムネイル画像

【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】

債務整理
愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】のサムネイル画像

愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】

債務整理
札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】のサムネイル画像

札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】

債務整理
仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】のサムネイル画像

仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】

債務整理
【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】

債務整理
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。