【2022年最新版】貴志祐介の人気おすすめランキング15選【新世界より・黒い家など】

第4回ホラー小説大賞受賞後、ヒット作を連発する人気作家の貴志祐介。黒い家・新世界より・悪の教典・青の炎といったメディア化された作品が多数存在し、アニメもあります。今回は貴志祐介の作品の選び方と、人気でおすすめの商品を15選ランキング形式で紹介します。

今回の記事では貴志祐介の人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では小説について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

天才・貴志祐介が手掛ける作品はメディア化された人気作

貴志祐介はホラーやSF、推理小説まで幅広いジャンルの作品を手掛ける人気作家です。貴志祐介の作品には、小説だけでなく映画化やドラマ化された作品もあるということはご存知ですか?

 

実は、貴志祐介作品はメディア化された作品が多いのです。青の炎・悪の教典は映画化され、鍵のかかった部屋はドラマ化されています。中にはマンガ化された作品もあるので、小説が苦手という方でも作品を楽しみやすくなっています。

 

そこで今回は貴志祐介の作品の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはページ数・面白さ・スリル度を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

貴志祐介の人気おすすめランキング15選

15位

KADOKAWA

雀蜂

価格: 572円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一度読み始めた止まらない!サバイバルホラー小説

目覚めたら、スズメバチの大群が…!真冬の八ヶ岳の山荘に閉じ込められた小説家の安斎。外は猛吹雪で通信機器も一切使用不可の中、一緒にいた妻は気づけば姿を消していた。いったい妻はどこにいったのか。これは妻が自分を殺すために仕組んだものなのか。

 

ラストで驚愕の真実が明かされるサバイバルホラーです。貴志祐介らしい見事なトリックと、迫り来るスズメバチの大群の恐怖の両方を楽しめる作品でなので、サバイバル、ミステリー、ホラー好きな方におすすめです。

発売日 2013/10/25 ページ数 236ページ

口コミを紹介

久々の貴志作品。相変わらず読み手をハメていく手法には脱帽。今回も見事にハマり、あっと言う間に読了。主人公目線で展開しつつ、後半から見え隠れするダブルの存在。。。最後は見事な結末でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

KADOKAWA

ミステリークロック

価格: 1,870円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

予想を裏切られるトリックで溢れた4つの短編ミステリー集

「ゆるやかな自殺」、「鏡の国の殺人」、「ミステリークロック」、「コロッサスの鉤爪」の全4作品が収容された本格ミステリー小説です。ストーリー性よりもトリックに重きをおいているので、推理しながら小説を読み進めることが好きな人にはうってつけの作品。

 

どれもこれまでのミステリー小説にはない、難解な、そして専門知識を有するトリックが隠されています。貴志祐介作品でがっつりミステリー小説を味わいたいなら、ミステリークロックがおすすめです。

発売日 2017/10/20 ページ数 536ページ

口コミを紹介

面白かったです。ちょっと難しかったけど風景が浮かんできてドラマとかでやってほしいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

KADOKAWA

青の炎

価格: 836円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

繊細な心理描写に心震えるミステリー小説

17歳の秀一は母、妹との大切な家族の幸せを守るため、自分一人が全てを請け負う覚悟をする。そう、母のかつての再婚相手である曽根をこの手で殺めることを。秀一はたった一人で、最後まで母と妹のためを思い、行動に移していくが…。

 

誰にも知られてはならない完全犯罪を成し遂げようとする少年の孤独や痛切な心を緻密に、繊細に描ききった、貴志祐介の代表作。成就小説的な色合いもあり、青い炎として燃え盛る、秀一の哀しいまでに純粋な心に、読者は涙なくして読まずに入られません。

 

発売日 2002/10/23 ページ数 496ページ

口コミを紹介

彼の中の純粋な”青の炎”が勢いよく燃え盛り、そしてゆらゆらと揺らぎながらも、最終的には落ち着いた炎になって静かに消えていく。人の心をこれほど純粋かつ情熱的に描いた作品は他にないのではないだろうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

文藝春秋

極悪鳥になる夢を見る

価格: 734円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

非凡な貴志祐介の頭の中身を垣間見れるチャンス! 著者初エッセー集

どうして緑色の哺乳類がいないのか、心底真面目に考えてみたり、すっぽんに詫つつすっぽん鍋を調理したり収録内容は多岐にわたり、社会への提言、作家としてのあり方などから、阪神タイガースへの熱烈な愛まで、機知に富んだ文章で書き記してあります。

 

独特な感性をもった人気ミステリー作家、貴志祐介の日常を覗き見ることができるのが、このエッセイ集。書けば必ずヒットを出すと言われる、著者の頭の中はどうなっているのか、これを読まずして貴志祐介を語ることができません。

発売日 2017/4/7 ページ数 261ページ

口コミを紹介

私は貴志祐介さんのファンです。緊張感たっぷりの恐ろしくも素晴らしい文章を書かれる貴志さんが、どのようなエッセイを書かれるのか気になりましたので購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

KADOKAWA

狐火の家

価格: 734円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全密室殺人事件好き!集まれ!

数百年の歴史がある日本家屋で起きた完全密室殺人事件。この超難解事件に立ち向かうのは、おなじみ防犯探偵榎本と、弁護士の純子の2人組。2人は完全密室トリックを解き明かすことができるのか‥?!

 

防犯探偵榎本シリーズの第2段。「密室」をキーワードに4つの短編集が楽しめます。貴志祐介が描く密室はどれも最後には唸ってしまうようなものばかりで、密室トリック好きなら読んで損はありません。気軽に貴志祐介作品にトライしたいなら、こちらがおすすめです。

発売日 2011/9/23 ページ数 358ページ

口コミを紹介

密室にこだわった短編集です。密室といっても、手換え品換え楽しませてくれるので、密室ものが好きな人なら、十分に楽しめると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

KADOKAWA

エンタテインメントの作り方 売れる小説はこう書く

価格: 880円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気作家貴志祐介が語る「売れる小説」テクニック!

貴志祐介が明かした、「売れる小説」の書き方、テクニックが詰め込まれた物語の創作論。売れる小説の書き方、アイデアの思いつき方、プロットの組み立て方、人間味溢れるキャラクターの作り方、など、作家希望に役立つテクニックが惜しみなく詰まっています。

 

これを読めばエンタテインメント小説を書く上で理解必須の、暗黙の了解、明確なルールを把握でき、その上で「売れる小説」を書く方法がわかります。ミステリーに関わらず、小説を書いてみたいと思うのであればぜひ一読しておきたい、おすすめの1冊です。

 

発売日 2017/10/10 ページ数 240ページ

口コミを紹介

小説を書いてみたいと思いその指南書を探していた。貴志祐介は大好きな作家のひとりだったので迷わず購入。丁寧に小説の書き方や新人賞に応募する際の注意点などが詳しく書かれてあった。何度も読み返してみようと思う

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

文藝春秋

悪の教典 上

価格: 825円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な疾走感を味わえる!サイコパスホラー小説

性善説が基本とされる学校に、共感性欠如のサイコパスが完璧な仮面をかぶって教師として紛れ込んだら…?爽やかなルックスと有能な仕事ぶりに絶大な支持がある蓮実聖司。しかし、彼の正体はさした理由もなく周囲の人間を殺していく殺人鬼だった。

 

美しい女性を娼婦にし、弱みを握った同僚を徹底的に追い詰め、モリタートの曲を口笛で吹きながら、なんてことないように殺人を繰り返す聖司の残虐性には圧巻です。ぞっとする恐怖を感じながらもページをめくる手が止められず、一気読みしてしまう作品です。

発売日 2012/8/3 ページ数 467ページ

口コミを紹介

いつも感じる事は、妙にリアリティーがある事。現実的にはあり得ないっしょ、って思うこともあたかも自分がそこにいるかのごとく情景が目の前に現れる。
早く次を読みたい!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

KADOKAWA

ダークゾーン

価格: 704円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軍艦島を舞台に熱いバトルゲームが今始まる!

将棋にも似た、人が異形と化した駒を用いて戦う殺戮ゲーム。そんなバトルゲームに気づけば塚田たちは巻き込まれていて…?ゲームの駒である愛する女性や大学教授を生き返らせたり殺されたりしながら、愛する人を失わないために、塚田は必死に戦術を繰り広げる。

 

恋愛小説のような切なさ、そして圧倒的なスリルとホラー両方を味わいながら、一気読みできるこの作品。最後のオチ、そして読後感はなんとも言えない微妙なのものがあり、そこで賛否両論分かれています。とにかく惹き込まれる物語を読みたいという方におすすめです。

発売日 2011/2/11 ページ数 496ページ

口コミを紹介

私の中では、『悪の教典』『新世界より』に匹敵する面白さでした。それにしても貴志氏は毎回いい意味で裏切ってくれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

KADOKAWA

鍵のかかった部屋

価格: 748円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超絶密室トリックを味わえるミステリー小説

防犯探偵榎本シリーズの第3弾。防犯探偵の榎本と弁護士の純子のコンビがまたもや完全密室殺人事件に挑みます。練炭自殺の現場となった密室、血管住宅の密室、舞台本番中の密室、など、4つの難解な密室トリックを榎本たちと一緒に味わうことができます。

 

防犯探偵シリーズならではのユーモア、コミカルさは、この第3段が最も顕著かもしれません。トリック重視、軽快なテンポで進む短編小説集のため、重厚さを味わいたいというより、コメディー感を味わいながら密室トリックを謎解きしたい人にぴったりな1冊です。

発売日 2012/4/25 ページ数 368ページ

口コミを紹介

防犯探偵榎本シリーズ3作目。またもやAudible(オーディブル)の助けを借りて読了。4つの短編それぞれのトリックが斬新で良かったです。純子先生のちょっと間の抜けた発言も健全で、頑張れ!って声を掛けたくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

KADOKAWA

硝子のハンマー

価格: 968円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

推理作家協会賞を受賞した本格ミステリー

舞台は株式上場を目前に控えた介護会社。日曜の昼下がり、介護会社役員たちに衝撃的なニュースが飛び込んでくる。なんと、厳重なセキュリティーに覆われた自室で社長が撲殺されていたのだ。いったい誰に、どうやって社長は殺されたのか。

 

590ページに渡って、1つの密室事件の発端から解決にいたるまでが丁寧に、そして緻密に描かれています。物語の終盤では犯人の半生が丁寧に描かれ、思わず犯人の心に寄り添ってしまうほど。感情移入したところで明かされる犯人の正体は、驚愕すること間違いなし。

発売日 2007/10/11 ページ数 608ページ

口コミを紹介

硝子のハンマーというタイトルに惹かれて購入しましたがこれは凄い。 ここまでそんなバカな!と思ったトリックははじめてです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

角川書店(角川グループパブリッシング)

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA

価格: 748円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

貴志祐介圧巻のデビュー作

由香里にはエンパスという他者の強い感情を読み取る力があった。被災者の心のケアをしていた由香里は、多重人格障害に苦しむ長期入院中の少女と出会う。千尋の多数の人格と言葉を交わしていた由香里だったが、十三番目に現れたISOLAと出会い状況が一変していく…。

 

ラスト、ISOLAの正体がわかり思わずゾッとしてしまう、貴志祐介のデビュー作。自然災害の災厄と、人間が引き起こした災厄の両方が絡み合い、オカルト好きも、ミステリ好きも、満足行く読後感を味わえる物語です。

発売日 1996/4/18 ページ数 401ページ

口コミを紹介

従来の作品に見られる、「人間の恐怖」「緻密なプロット」「詳細な基礎知識」の片鱗は伺えた。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

KADOKAWA

天使の囀り

価格: 880円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エグさと恐怖が共存するサスペンス・ホラー

精神科医の早苗の恋人、高梨は病的なまでの死恐怖症を患っていた。だが新聞社が主催したアマゾン調査隊に参加して以降、高梨の人格は変わり、あれほど恐怖していた死に魅せられるように自殺してしまう。アマゾン調査隊に参加した他のメンバーも異様な自死をとげ…。

 

高梨が死の直前に残した言葉「天使の囀りが聞こえる」という意味がわかったとき、リアルティのある、圧倒的なえぐさのある恐怖に襲われます。貴志祐介らしく、丁寧な物語の描写と疾走感のある物語の展開に、一気読み必須の作品です。

発売日 2000/12/8 ページ数 526ページ

口コミを紹介

丁寧な物語の展開とスピード感ある展開の絶妙な組み合わせに最後まで一気によみました。奥にあるテーマは重厚なのに物語としては読みやすく、満足行く読書時間になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

講談社

新世界より

価格: 902円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

第29回日本SF大賞受賞!子どもたちが生きる“新世界”の真実とは…

舞台は1000年後の日本。呪力という超能力を手にした人間たちが作り上げた世界は、戦争も殺しも犯罪もない、理想郷、のはずだった…。大人になる直前にこの「新世界」の歪みに気づき、ついに大人たちが隠していた世界の真実に目の当たりにする。

 

圧倒的なスケールのSF小説でありながら現代日本にも通じる普遍的な問題をはらんだ作品です。エンタメ性が強く、青春的な要素を含む物語展開に、大人も子どもも、怒涛の勢いで読み切ることができるはず。まだ読んだことのないすべての人におすすめします。

発売日 2008/1/24 ページ数 498ページ

口コミを紹介

貴志祐介といえば、メディア化されている[悪の教典]が有名ですが、書店員としてのおすすめは断然こちらになります。実際著者が作品制作に掛けた年月を考えても、こちらの方が力が入っているといえるのではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

KADOKAWA

クリムゾンの迷宮

価格: 748円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一気読み必須のSFホラー小説

藤木が目覚めると、そこは真紅色の奇岩で覆い尽くされた異様な世界だった。傍らにおいてあったゲーム機が「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された」というメッセージを映し出す。わけがわからない状況のまま、藤木は狂気のデスゲームへと引きずり込まれていく。

 

ホラー、SF、サバイバルの3つかけ合わせたような、他に類を見ないストーリー展開に、読み始めると一気に引き込まれていきます。残酷な描写にぞっとしながらラストまで一気読みしてしまうことまちがいなしの、おすすめ作品です。

発売日 1999/4/9 ページ数 393

口コミを紹介

最後まで一気に読める極上のエンターテイメント、 『バトルロワイヤル』『インシテミル』などが好きな人なら絶対に楽しめます。唯一ちょっと残念なのはエンディング。淡白過ぎるので、もう少し書き方を変えればもっと深みが出たと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

KADOKAWA

黒い家

価格: 653円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノンフィクションのような現実感のある怖さを味わえる作品

お客に呼ばれ出向いた家で子どもの首吊り死体を見つけてしまった保険会社会社員の若槻。どうも相手客の態度を不審に思い、この事件について独自調査を行うことを決意する。が、それが恐怖の始まりだった…!

 

貴志祐介が得意なリアルな恐怖が描かれています。保険会社に勤務していた貴志祐介が描く生々しさは、読むうちに物語がノンフィクションのに思えてきてしまうほど。圧倒的恐怖の中に身を置きながら、無我夢中でページをめくる快感を味わいたい方におすすめです。

発売日 1998/12/10 ページ数 392ページ

口コミを紹介

めちゃめちゃ恐ろしい内容の本です。読後感が悪いです。しかし、登場人物が実際に存在しそうなところが本当に恐ろしいです。結末が気になるんで頑張って最後まで読みましたが、読み返す気にはなりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

貴志祐介のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 発売日 ページ数
1
アイテムID:7387281の画像
黒い家

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ノンフィクションのような現実感のある怖さを味わえる作品

1998/12/10 392ページ
2
アイテムID:7387278の画像
クリムゾンの迷宮

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

一気読み必須のSFホラー小説

1999/4/9 393
3
アイテムID:7387275の画像
新世界より

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

第29回日本SF大賞受賞!子どもたちが生きる“新世界”の真実とは…

2008/1/24 498ページ
4
アイテムID:7387272の画像
天使の囀り

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

エグさと恐怖が共存するサスペンス・ホラー

2000/12/8 526ページ
5
アイテムID:7387269の画像
十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

貴志祐介圧巻のデビュー作

1996/4/18 401ページ
6
アイテムID:7387266の画像
硝子のハンマー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

推理作家協会賞を受賞した本格ミステリー

2007/10/11 608ページ
7
アイテムID:7387263の画像
鍵のかかった部屋

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

超絶密室トリックを味わえるミステリー小説

2012/4/25 368ページ
8
アイテムID:7387260の画像
ダークゾーン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軍艦島を舞台に熱いバトルゲームが今始まる!

2011/2/11 496ページ
9
アイテムID:7387257の画像
悪の教典 上

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

圧倒的な疾走感を味わえる!サイコパスホラー小説

2012/8/3 467ページ
10
アイテムID:7387254の画像
エンタテインメントの作り方 売れる小説はこう書く

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

人気作家貴志祐介が語る「売れる小説」テクニック!

2017/10/10 240ページ
11
アイテムID:7387251の画像
狐火の家

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

完全密室殺人事件好き!集まれ!

2011/9/23 358ページ
12
アイテムID:7387248の画像
極悪鳥になる夢を見る

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

非凡な貴志祐介の頭の中身を垣間見れるチャンス! 著者初エッセー集

2017/4/7 261ページ
13
アイテムID:7387245の画像
青の炎

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

繊細な心理描写に心震えるミステリー小説

2002/10/23 496ページ
14
アイテムID:7387242の画像
ミステリークロック

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

予想を裏切られるトリックで溢れた4つの短編ミステリー集

2017/10/20 536ページ
15
アイテムID:7387239の画像
雀蜂

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

一度読み始めた止まらない!サバイバルホラー小説

2013/10/25 236ページ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

貴志祐介作品の選び方

貴志祐介の小説は作品1つ1つの完成度が高いことが魅力です。しかし、多くの種類があるので迷う方のためにここでは貴志祐介作品の選び方について解説します。

小説のジャンルで選ぶ

貴志祐介の作品には、様々なジャンルがありますがここでは代表的なジャンルについて解説します。

怖い物語が好きな方は「SFホラー」がおすすめ

貴志祐介らしい小説を楽しみたいという方は、ホラーやSFといったジャンルの小説がおすすめです。貴志祐介のホラー小説は人の内面的な恐怖や不安を書き出す表現が非常にうまく、世界観に引き込まれてしまうでしょう。

 

また、SFシリーズも同様に、人の内面の描写が非常にうまく少し設定が複雑であっても登場人物を追っていくだけでも十分に楽しむことができます。

ミステリーや探偵ものが好きな方は「推理小説」がおすすめ

貴志祐介の作品の中ではミステリー要素に溢れた探偵シリーズもおすすめです。有名なのがドラマ化もされた「鍵のかかった部屋」です。探偵シリーズでは、トリックや容疑者の心理が丁寧に描かれており、次の展開が気になってどんどん読み進めていくことができます。

 

貴志祐介の作品だけでなく、日ごろから推理小説をよく読むという方はぜひ探偵シリーズもチェックしましょう。推理小説は作家によってかなりストーリー展開やトリックの表現方法が異なるので、比較して読んでみるとよりいっそう面白くなります。

 

以下の記事ではおすすめの推理小説について紹介しているので、ぜひご覧ください。

貴志祐介について深く知りたい方は「エッセイ」がおすすめ

「極悪鳥になる夢を見る」は、貴志祐介の全エッセイの中から精選したエッセイ集です。作家としての思索、社会への提言、ホラーのような出来事、ブラックユーモア、謎の日常生活などを、エッセイとして綴られています。貴志祐介のファンや、貴志祐介をより知りたい方におすすめです。

小説家を目指している方には「ハウツー本」がおすすめ

エンターテインメントの革新者と呼ばれる作家 貴志祐介は、小説執筆のポイントをまとめたハウツー本を執筆しています。 

 

ヒットする小説を書くための取材方法やアイデアの出し方、分かりやすく読みやすい文章、実際に使っている手法などを手とり足とり教えてくれます。小説家を目指している方や、小説を書きたい方におすすめです。

メディア化された作品で選ぶ

メディア化された作品は知名度が高く、貴志祐介作品の中でも特に面白いです。小説が苦手でも別のメディアで見ることができるので、おすすめです。

映画化された作品を読みたい方は「青の炎」がおすすめ

貴志祐介の作品の中には映画化された作品もあります。これまで映画化された作品は青の炎・十三番目の人格(ペルソナ)-ISOLA・悪の教典・黒い家の全部で4作品です。

 

約2時間に原作にあった全ての場面を盛り込むことは不可能というもの。そのため、原作にあって映画にはないシーンはいくつもあります。ただ、それでもなお1つの映画として非常に完成度、満足度の高い作品となっている作品が多いです。

 

小説を読んだ後、小説の世界観をリアルな音と映像で楽しみたいという方や、映画独特の作品展開に興味があるという方は、映画化された作品を読むことをおすすめします

ドラマ化された作品が読みたい方は「鍵のかかった部屋」がおすすめ

小説と同じようなストーリーを映像で楽しみたい方はドラマ化された作品がおすすめです。ドラマは映画と異なり区切りが明確なので、ある程度小説に沿ったストーリーを楽しめます。すでにドラマ化された作品は「鍵のかかった部屋」です。

 

ドラマ版ではオリジナルキャラクターが登場しています。トリックの仕掛けなどは映像化されていたほうがわかりやすい部分もあるので、ミステリー初心者の方にもおすすめしたい作品です。

 

そのため、まず小説を読んだ少し分かりにくかったトリックの部分をドラマでチェックしてみるという読み方がおすすめです。

アニメと一緒に楽しむなら「新世界より」がおすすめ

アニメ化した小説には「新世界より」が挙げられます、原作小説を読んでからアニメを見ても十分に楽しめるほど、小説の映像化に成功している作品として高い評価を得ています。

 

また、アニメはストーリーだけでなく、最初と最後にある曲もつきもの。アニメ版『新世界より』に登場する声優達(種田梨沙、花澤香菜)が歌うオープニング曲、エンディング曲はストーリーに合った幻想的な曲だと話題です。ぜひ注目してみてください。

漫画化された作品が読みたい方は「悪の教典・天使の囀り」がおすすめ

マンガ化された作品であれば、小説を読んだ後に、簡単にストーリーを振り返ってみたり、小説との違いはどこかを探しながら楽しむことができます。

 

すでに漫画化された作品は悪の教典・青の炎・十三番目の人格(ペルソナ)-ISOLA・新世界より・クリムゾンの迷宮・天使の囀りがあります。特にホラーであれば視覚でも恐怖を感じることになるので、より臨場感を味わえるでしょう。

文章の長さで選ぶ

貴志祐介の作品には、一般的な長編小説だけでなく、短編のようにサクサク読める作品もあります。ここでは長さの選び方を紹介します。

重厚な物語を味わいたい方は「長編小説」がおすすめ

貴志祐介の作品の中には、「新世界より」のように、かなりの文章量がつめこまれた作品も数多く存在します。あまりに多い文章量や、本の分厚さに怖気づき、長編小説はなかなか手に取りづらいこともあるかもしれません。

 

貴志祐介は多くの作家の中でもずば抜けて文章力、構成力、そしてエンタメ性の強いストーリーを書く作家です。長編小説でも貴志祐介の作品なら、一度手に取れば怒涛の勢いで読み進めてしまうことが可能です。

 

長編小説は読みきれるか不安という方ほど、貴志祐介の作品で長編小説にチャレンジしてみるのがおすすめです。長編小説ならではの丁寧な話の展開、迫力のあるストーリー展開に、記憶に残るような読書体験ができますよ。

軽快に読み進みたいなら「短編小説」がおすすめ

軽快なテンポで気軽に読み進めることができる点が、短編小説の良いところ。貴志祐介の作品では、防犯探偵シリーズが短編小説となっています。だいたい4作品が1冊の本となっており、スキマ時間でぐいぐいと読み進めることができますよ。

 

貴志祐介の短編小説は、起承転結やトリックの種明かしがしっかりと描かれている点が魅力です。思わずうなってしまうようなトリックを味わいたい、トリックに重きをおいた単純なミステリーが好き、そんな人はぜひ短編小説から貴志祐介作品を手にとってみてください。

貴志祐介の代表作を読みたいなら「黒い家」がおすすめ

貴志祐介はデビューから現在までに、数多くの賞を受賞しています。日本ホラー小説大賞長編部門では、「黒い家」が第4回大賞を受賞しており、「硝子のハンマー」で第58回日本推理作家協会賞を、「新世界より」で第29回日本SF大賞を受賞しています。

 

間違いなく面白い貴志祐介の代表作を読みたいのであれば、受賞歴のある作品を選ぶことをおすすめします。

新刊・新作が読みたい方は「ミステリークロック」がおすすめ

既に他の貴志祐介作品を読んでいるというファンの方は新作である「ミステリークロック」がおすすめです。2020年11月に出た最新作で貴志祐介の得意とするジャンルの1つであるミステリーです。

 

図解があっても難しいレベルのトリックなので、推理物が好きという方は読んでみるといいでしょう。

その他のミステリー・推理小説作家をチェックしよう!

貴志祐介以外にも、ミステリー、ホラー、推理、SF、オカルトなどの要素の強い作品を多く生み出している、小説家や作家はたくさんいます。以下の記事では、江戸川乱歩、綾辻行人、京極夏彦、東野圭吾の人気おすすめランキングを紹介しています。

まとめ

貴志祐介の人気作品ランキングや、自分に合った作品を選ぶ方法などを紹介してきました。貴志祐介の小説が未読だという人も、貴志祐介にハマりつつある人も、次に手に取ってみたい作品が見つかったのなら幸いです。時を忘れてしまうような読書時間を楽しみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新版】SF漫画の人気おすすめランキング30選【漫画の王道ジャンル】

【2022年最新版】SF漫画の人気おすすめランキング30選【漫画の王道ジャンル】

本・雑誌
【2022年最新版】ガリレオシリーズの人気おすすめランキング9選【面白い回をご紹介!】

【2022年最新版】ガリレオシリーズの人気おすすめランキング9選【面白い回をご紹介!】

本・雑誌
ホラー小説のおすすめ人気ランキング50選【怖い本が好きな方に】

ホラー小説のおすすめ人気ランキング50選【怖い本が好きな方に】

本・雑誌
【2022年最新版】ホラーの人気おすすめランキング15選

【2022年最新版】ホラーの人気おすすめランキング15選

DVD・ブルーレイソフト
推理・ミステリー小説のおすすめ人気ランキング50選【最高に面白い小説はどれ?】

推理・ミステリー小説のおすすめ人気ランキング50選【最高に面白い小説はどれ?】

本・雑誌
ハウツー本のおすすめ人気ランキング10選【ハウツー本とは?自己啓発本との違いも!】

ハウツー本のおすすめ人気ランキング10選【ハウツー本とは?自己啓発本との違いも!】

本・雑誌