言葉遣いの本の人気おすすめランキング15選【2020年度最新版】

記事ID8244のサムネイル画像

言葉遣いの本の人気おすすめランキング15選をご紹介します。日本語の言葉遣いは使う場面で表現が変わることも多く、気付かないうちに誤った使い方や失礼な言葉を使っている可能性があります。そこで改めて正しい日本語の言葉遣いを勉強できる本を厳選してご紹介します。

言葉遣いの本を読んで正しい日本語を身につけよう

正しい日本語の言葉遣いは意外と難しいです。正しい言葉遣いができていないと、それだけで無作法な人間と思われて、相手を不快にさせてしまう可能性があります。敬語や尊敬語など学校で勉強したつもりでも実際に使いこなせている方は少ないのではないでしょうか。

 

そこで、正しい日本語の言葉遣いをしっかり勉強できる15冊の本をランキング形式でご紹介します。ご紹介する本は実用性、読みやすさ、読者の評価を基準に選びました。

言葉遣いの本おすすめランキング15選

15位

日本経済新聞出版社

大人の語彙力 敬語トレーニング100

価格:836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

100のシーン別にクイズ形式で敬語が学べる

仕事の日常会話でよく使われる敬語をクイズ形式でサクサクと勉強できる「敬語ドリル」。問題を解いていくだけで、自分の立場によって使い分けるべき敬語・尊敬語の使い方・使い分けが理解できます。

 

電話の会話や会議での発言、接客での話し方など、誰もが間違いやすい言葉遣いが100個にまとまっています。新社会人だけでなく、敬語を勉強し直したいビジネスマンにも最適。巻末に「よく使う敬語一覧」があり便利です。

発売日2018/3/2ページ数272ページ
著者本郷 陽二タイプ文庫

口コミを紹介

わかりやすくまとめてあり、問題形式になっているので、しっかり身につきます。
日常使う内容なので、すぐ実践に役立ちます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

SBクリエイティブ

大人の語彙力ノート

価格:1,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

言葉を「言い換える」だけで信頼感がある言葉遣いに

明治大学 齋藤孝先生による33万部のベストセラー本。普段 使っている言葉を「言い換える」だけで、チープな表現から大人っぽい信頼感がある言葉遣いができる点が好評です。

 

言いづらいことを伝える、スムーズにお願いをしたいときなどに使うべき言葉の表現を場面別に紹介。最近メールやSNSで増えている「同じ言葉を何度も繰り返してしまう」ケースの解決法も伝授してくれます。

発売日2017/9/9ページ数240ページ
著者齋藤孝タイプ単行本

口コミを紹介

テレビで齋藤先生が語彙力のお話をしていた時に早速購入。20代前半にも読みやすい本になっていると思います。職場や目上の人への言葉遣いや対応の幅が広がると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

かんき出版

ゼロから教えて電話応対

価格:1,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

苦手な電話対応の超基礎から応用まで

新社会人が最も苦手な業務である「電話対応」を超基礎からイラスト付きで解説。はじめて電話対応する方でもゼロから分かるよう詳しく説明しています。

 

電話ならではの言葉の使い方、敬語の使い方、お客さんとの会話、クレーム対応など様々な場面を1冊でカバーしています。苦手意識を克服できるコツを知って「電話恐怖症」を克服しましょう。

発売日2011/10/19ページ数192ページ
著者大部美知子タイプ単行本

口コミを紹介

これぞ、まさに電話応対のバイブル。不在対応、伝言、苦情応対等、基礎→応用へと至るシーンの区分けが明解。かわいいイラストが、やりとりを視覚化、単純化してくれています

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

三笠書房

敬語「そのまま使える」ハンドブック

価格:660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

良い敬語・悪い敬語が豊富な実例で紹介

敬語には決まった「形」があり、その「形」をそのまま覚えていくのが上達への近道というコンセプトの本。ページの左側に悪い敬語、右側に良い敬語の使い方が載っていて、英単語カードのように正しい敬語の「形」を次々に頭にインプットしていけます。

 

文庫サイズで持ち運びやすいため、困ったときにサッと取り出して読めるのも便利。言葉遣いの書籍としては、ロングセラーで人気があります。

発売日2012/8/22ページ数248ページ
著者鹿島 しのぶ タイプ文庫

口コミを紹介

今の会社は言葉遣いがとても厳しいし会社なので、購入してよかったです。
間違えて使っていた敬語などもあり、とても勉強になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

日本実業出版社

敬語力の基本

価格:1,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「失礼」「ビミョー」な間違った敬語が理解できる

敬語としては合っていても場面によっては「失礼」「ビミョー」になる敬語を詳しく教えてくれます。敬語の基本を抑えつつ、さらにワンランク上の敬語を目指したい方におすすめ。

 

丸暗記では難しい、場面と状況によって変化する敬語についてキッチリ解説。難易度がやさしいものからより難しくなる構成になっていて読みやすいです。何度も繰り返して読むのも効果的です。

発売日2010/4/22ページ数188ページ
著者梶原 しげる タイプ単行本

口コミを紹介

仕事でメールを送るときなど、ちょっと迷ったときにこの本を開いて確認しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

主婦の友社

心が伝わるお礼の手紙・はがき きちんとマナーハンドブック

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手書きの手紙を書くときのマナーが分かる

お礼状・お祝いなど手書きの手紙を書くときに知っておくべきマナーや書き方について事例を交えて紹介。手書きの文章ならではの感謝の気持ちやお礼を伝える方法、上手な言い回しの表現が分かります。

 

いつでも手元に置いておけば辞書的にも使えます。ネット全盛の今こそ、手書きの文章で自分の想いを上手く伝えられるようになりたいです。

発売日2017/6/2ページ数192ページ
著者杉本 祐子タイプ単行本

口コミを紹介

わかりやすい内容で、とても参考になりました。
色々な場面で使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

永岡書店

すぐに使えて、きちんと伝わる 敬語サクッとノート

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

相手に好印象を与えるフレーズが満載

実例を交えた敬語のフレーズを読んでいくだけで、好感度が高まる敬語の使い方がマスターできます。仕事で使うコミュニケーションだけでなく、ご近所の方との付き合いなど幅広く日常でも使える内容です。

 

シンプルな構成になので本を読むのが苦手な方でも読みやすいです。場面別に使う敬語もまとめられていて便利です。

発売日2013/2/19ページ数192ページ
著者山岸 弘子タイプ単行本

口コミを紹介

一つ一つの例文がとてもシンプルで、わかりやすい印象を受けました。
普段つい使ってしまうフレーズなども例文に使われているので、自分自身も間違った使い方をしている事が一目瞭然。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

キニナルブックス

デキる人の敬語の正しい使い方

価格:1,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

元NHKアナウンサーが教える敬語の本

話し相手と気持ちよく会話ができ、自分の品位を落とさない敬語の使い方を「敬語の仕組み」「言葉の使い分け」を通して学べます。著者は元NHKアナウンサーで日本語の正しい使い方を分かりやすく丁寧に教えてくれます。

 

応用問題や敬語のまとめ一覧があり、読んだあとでも辞書のように使えます。やや難しい内容も含んでいるので、普段話している敬語を、よりステップアップしたい方におすすめです。

発売日2009/5/2ページ数223ページ
著者半谷進彦タイプ単行本

口コミを紹介

本書の冒頭で「敬語は、自分のため、自分の品位を保つために使う」という一文に引かれ読みました。尊敬語と謙譲語の違いが分からない方、これから社会にでる方必読の書です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

サンクチュアリ出版

イラッとされないビジネスメール 正解 不正解

価格:1,375円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

分かりづらいメールを書いてしまう方は必読

仕事で使うメールの文章が「読みづらい」「失礼な内容」「無駄な長文」になってしまう方への処方箋です。メールを書くのが苦手な新社会人からベテランの方まで一度は読んでおきたい内容です。

 

全国約1000人以上の役職者がNGと感じたメールのポイントをしっかり解説してくれます。報告、謝罪、催促など様々な場面に役立つ例文が豊富にそろっています。

発売日2017/5/26ページ数224ページ
著者平野友朗 タイプ単行本

口コミを紹介

プロローグではイラっとするダメなメールの例と、それを直した例を紹介。
あ〜あるある、こういうの本当にイラっとくるよね...となりつつ例がわかりやすいため、そうか、こう正せばいいのかと納得できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

エイ出版社

正しい日本語の使い方 新装版

価格:825円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

もう怖くない敬語と謙譲語

毎日 話している日本語で間違えやすい敬語や文法、漢字、四字熟語など、日本語をイチから学び直せるようバラエティに富んだ構成。著者は多くの受験生を有名大学に送り出している予備校の人気講師です。

 

予備校の講師ならではの難しいことを分かりやすく簡単に説明するテクニックが満載で、誰でも納得する内容です。品格がある言葉とマナーが楽しく身につきます。

発売日2019/7/29ページ数127ページ
著者吉田裕子タイプ単行本

口コミを紹介

あらためて、日本語の使い方を勉強することができた。
知らずに間違った使い方を沢山していたことがわかる内容でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

日経BP

マンガでわかる 仕事の敬語

価格:1,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手っ取り早く敬語が身につく

敬語の本をジックリ読むより、マンガでサッと敬語の基礎知識を身につけたい方向け。新入社員となった主人公が上司やお客さんとの会話で失敗をしながら成長していくストーリーで、感情移入しながら勉強できます。

 

マンガ+解説の構成でしっかり敬語の使い方を解説。「よくある勘違いしがちな敬語」「電話の会話」「接客の会話」「冠婚葬祭」など幅広いテーマも取り上げられています。

発売日2016/7/8ページ数192ページ
著者本郷 陽二タイプ単行本

口コミを紹介

整理されていてとても、わかりやすいと思います。新人向けに購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

あさ出版

敬語の使い方が面白いほど身につく本

価格:1,210円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

敬語で損をしているなら読んでおきたい

NHK放送研修センターでまとめられた日本語の使い方、敬語の使い方の解説本。敬語が苦手な人が失敗しがちなパターンと対策を丁寧に解説しています。

 

本書によると敬語が上手く話せない原因は2つあるとのこと。上手く話せない原因を根本から解消して、敬語を自然に話せるコツを伝授してくれます。

 

これまで敬語を勉強しても効果を感じなかった方、敬語を話そうとしてもいざ本番になると上手く話せない方などに向いている内容です。実践的な内容になっているので読んですぐ使える方法がたくさん掲載されているのも特徴です。

発売日2017/3/23ページ数160ページ
著者合田敏行タイプ単行本

口コミを紹介

国語の教科書の延長では無い、敬語本に出会えて大変満足しました。この本では言葉の枠を超え、敬意を表現する事に関して言葉以外にも物腰や態度に言及していますので、マナー本としても活用できると思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

プレジデント社

入社1年目ビジネスマナーの教科書

価格:1,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

社会人として押さえるべき超基本を学ぶ

なかなか人には聞きづらい社会人の敬語やマナーなどがしっかり学べます。新入社員だけでなくベテランの方も押さえておきたい内容です。

 

敬語の使い方、電話対応、他社訪問での会話、来客の応対、ビジネス文章の作成方法など、ビジネスシーンでの言葉遣いやマナーがすべて1冊にまとまっているのが良いです。仕事上のお付き合いでも参加する会食・結婚式・お葬式のマナーについても解説しています。

 

またイラスト付きの解説が多くあり、読みやすい構成になっています。会社の机の中やカバンにこっそり入れておきたい1冊です。

発売日2017/3/28ページ数280ページ
著者金森 たかこタイプ単行本

口コミを紹介

社会人になって8年ほどたちますが、知らないことが多かったです。転職が控えてるのでマスターしたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

永岡書店

大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モノの言い方ひとつで印象が変わる

社内・社外のコミュニケーションや接客、電話対応など、仕事だけでなく日常の様々なシーンで役立つ、大人として必須の言葉を集めたフレーズ集です。

 

依頼、感謝、注意、断る時など、言い方をちょっと変えるだけで相手の印象をガラッと変える「マジックフレーズ」を20フレーズ掲載。

 

他にも相手との関係によって上手い言い方になる「大人のモノの言い方」が9パターン紹介されています。これらのフレーズ集は、すぐ仕事や日常会話で使えるので即効性があって重宝するでしょう。

発売日2014/2/17ページ数192ページ
著者櫻井 弘タイプ単行本

口コミを紹介

すごく勉強になります。同じ日本語の表現でこんなに違うのですね。50歳を超える自分より、日本語をきちんと習った外国人の方がしっかりした日本語をしゃべることが良くあります。この本で勉強させて頂いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

光文社

失礼な敬語

価格:836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

正しい敬語の本質を学べる

接客でよく使われる「マニュアル敬語」などを中心に、シンプルで正しい敬語の使い方を解説。日常によくある事例を取り上げて敬語の誤用を紹介しているので、興味深く読み進められます。

 

例えば日常的によく使う「よろしくお願いします」。この一言に含まれる本来の意味を読み解き、どういう場面で使ったら良いのかを丁寧に解説しています。他にも「させていただく」など知っていても本来の使い方が間違っている事例を紹介しています。

 

敬語の超初心者よりもワンランク上の敬語を話したい方、敬語に不安を感じている方に向いています。全10章でコンパクトにまとめながら、敬語の本質が学べる良本です。

発売日2013/6/18ページ数238ページ
著者野口 恵子タイプ新書

口コミを紹介

人から勧められて買いました。それぞれの見出しがおもしろく、中身も目から鱗!でした。
日本人として一度読むことをオススメします。

出典:https://www.amazon.co.jp

言葉遣い本の選び方

日本語の言葉遣いに関する本はたくさん発売されていますが、どれが自分に合うのか分かりづらいこともあると思います。そこで、ここでは日本語の言葉遣いの本の選び方についてご紹介します。

使う場面で選ぶ

敬語は話す相手、場面などによって使い方が大きく変わってきます。敬語が難しいのは色々な場面に応じた正しい敬語が使えていないためです。そこで実際に敬語を使う場面の事例が多く載っている書籍を選ぶと良いでしょう。

会社・仕事の日常会話

会社・仕事の日常会話で使う言葉遣いは、上司や同僚などと円滑なコミュニケーションをする上で最も大事なものです。ちょっとした言葉遣いのミスは、相手に不快な想いをさせてしまうだけでなく自分の評価も下がってしまう可能性があります。

 

そこで仕事の日常会話は、本で基本的なパターンを覚えてしまいましょう。集中的に勉強すれば、それほど時間がかからず覚えられます。

 

基本的な言葉遣いは、一度覚えてしまえば、ずっと使える「一生モノ」です。ですので早めに習得しておきたいところ。言葉遣いが気になったら、失敗する前に勉強しておくことをおすすめします。

 

仕事のメール

最近 仕事で重要になっているのが「正しいメールの書き方」です。正しいメールが書けないと、相手に不快な想いをさせてしまったり、意図しない内容で話が進んでしまったりして仕事の効率が大幅にダウンしてしまいます。

 

そこで注目されているのが「正しいメールの書き方の本」です。メールを書く目的に応じて、パターン化された「型」を意識するだけで、分かりやすく失礼がないメールになるのです。

 

メールを「型」に当てはめると、不思議とおかしな日本語や間違った敬語も減るので、メールを利用するすべての方におすすめです。

電話の会話

若手の社員の苦手業務ナンバーワンとして挙げられるのが「電話対応」です。ここ最近でスマホで電話をする機会が減ったために、電話で話をすることに苦手意識が強いようです。

 

ですが、まだ多くの職場では電話で連絡することも多いです。そのため、電話の基本的な会話を一度はマスターしておきたいです。

 

ただ、仕事で使う電話は、基本的なパターンが決まっているので本で勉強すればOKです。電話で話すフレーズが決まっていることが分かれば、心に余裕ができてしっかり話ができるよう変わっていきます。電話に苦手意識がある方は、本でフレーズをしっかり暗記しておくといいでしょう。

手紙などのお礼

結婚すると意外と多いのが、親族との挨拶・お礼です。お歳暮・お中元などのお礼は書き慣れていないと難しかったりします。

 

そこで相手に失礼がなく、しっかりとした挨拶やお礼を返すには、手元に手紙の書き方の事例集があると便利です。手紙には、お礼の種類によって書き方のマナーやルールがあるのでお礼をする前にしっかり確認しておきたいです。

 

また事例集があると、季節によって使い分ける挨拶文や、色々な行事の挨拶・お礼の文例などからマネできる部分が多いため、ラクに手紙が書けて助かります。

本の形態・書かれ方で選ぶ

敬語の本を1ページずつジックリ読んでいくのは、苦手な方もいるかもしれません。そんな場合は敬語の用途別にまとまった本で使うところだけ勉強したり、マンガで手早く勉強するのも良いです。自分にスタイルに合った本の形態・書かれ方を選んでください。

すぐに使える・調べられる

敬語は様々なシチュエーションによって使い分ける必要があります。そこで役立つのが、用途別にまとまった敬語の事例集です。

 

用途別にまとまった敬語の事例集は、持ち運びやすく、サッと索引が引ける本が便利です。外出先や急な来客でも手元で取り出せるようにしておけば、いつでも使う敬語が予習できます。

活字が苦手ならマンガで読む

敬語を勉強するのに本をじっくり読むより、最初に全体をサッと流したいならマンガの解説本がおすすめ。マンガだとより視覚的に場面をとらえることができるので、記憶にも残りやすいです。

 

またマンガだとストーリ仕立てになっているので、感情 移入しやすく1冊全部を読み切りやすいです。文字が多い本だと途中で挫折しそうな方はマンガでの勉強も良いです。

難易度で選ぶ

日本語の言葉遣いはとても難しく、ベテランの方でも間違った使い方をしていることがあります。そのため言葉遣いを勉強するときは、自分のレベルに合った難易度で勉強することが大切です。

超初級~初めて社会人になる

初めて社会人になるような敬語 初級者は、基本的な仕事の流れを勉強しながら、仕事で使われる基本的な敬語を上手く使えるようなりましょう。最初は挨拶・質問・報告などで使われる言葉の言い回しを覚えると良いです。

 

そこで 敬語の事例集などを使って、仕事で使う基本的な言葉遣いを身に着けておくと良いです。基本的な言葉遣いを覚えれば、色々な場面にも応用できます。慣れないうちは、敬語が口から上手く出てこないこともあるので、普段から練習をしておくと良いでしょう。

初級~相手に好印象を与える言葉遣いをマスターする

社会人になり一通りの敬語などの言葉遣いをマスターしたつもりでも、お客さんにもっと上手く気持ちを伝えたい、言いづらいことをスマートに伝えたいと言った悩みは、若い人だけでなくベテランの方でも尽きることはありません。ちょっとした言葉の選択ミスで人間関係を悪化させてしまうことは誰にでも起こります。

 

そこで役立つのが、大人の言葉の言い回し方・大人の語彙力の本です。大人の言い回しを上手く使うことで、ネガティブな内容をオブラートに包んで、相手に不快な想いをさせずに想いを伝えることができます。大人の言い回しをマスターすることで、円滑なコミュニケーションを行うことができます。

中・上級~敬語の使い方をブラッシュアップする

日本語の言葉遣いをより上手く使えるようになるには、敬語や謙譲語が持つ本来の意味をより深く勉強する必要があります。敬語や謙譲語の意味を知ることで、なぜそのような言い回しをするのかが理解できるのです。

 

そこで日本語の言い回しを研究している方や、敬語などのセミナー講師をやっている方の著書で勉強すると良いです。敬語の言い回しの理屈を知りつつ、実際に敬語を接客などの場面で使うことで、よりレベルの高い言葉遣いができるようになるでしょう。

言葉遣いの本のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5337125の画像

    光文社

  • 2
    アイテムID:5337064の画像

    永岡書店

  • 3
    アイテムID:5337027の画像

    プレジデント社

  • 4
    アイテムID:5336988の画像

    あさ出版

  • 5
    アイテムID:5336928の画像

    日経BP

  • 6
    アイテムID:5336894の画像

    エイ出版社

  • 7
    アイテムID:5336854の画像

    サンクチュアリ出版

  • 8
    アイテムID:5336828の画像

    キニナルブックス

  • 9
    アイテムID:5335700の画像

    永岡書店

  • 10
    アイテムID:5335671の画像

    主婦の友社

  • 11
    アイテムID:5335518の画像

    日本実業出版社

  • 12
    アイテムID:5335457の画像

    三笠書房

  • 13
    アイテムID:5335401の画像

    かんき出版

  • 14
    アイテムID:5335356の画像

    SBクリエイティブ

  • 15
    アイテムID:5335301の画像

    日本経済新聞出版社

  • 商品名
  • 失礼な敬語
  • 大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート
  • 入社1年目ビジネスマナーの教科書
  • 敬語の使い方が面白いほど身につく本
  • マンガでわかる 仕事の敬語
  • 正しい日本語の使い方 新装版
  • イラッとされないビジネスメール 正解 不正解
  • デキる人の敬語の正しい使い方
  • すぐに使えて、きちんと伝わる 敬語サクッとノート
  • 心が伝わるお礼の手紙・はがき きちんとマナーハンドブック
  • 敬語力の基本
  • 敬語「そのまま使える」ハンドブック
  • ゼロから教えて電話応対
  • 大人の語彙力ノート
  • 大人の語彙力 敬語トレーニング100
  • 特徴
  • 正しい敬語の本質を学べる
  • モノの言い方ひとつで印象が変わる
  • 社会人として押さえるべき超基本を学ぶ
  • 敬語で損をしているなら読んでおきたい
  • 手っ取り早く敬語が身につく
  • もう怖くない敬語と謙譲語
  • 分かりづらいメールを書いてしまう方は必読
  • 元NHKアナウンサーが教える敬語の本
  • 相手に好印象を与えるフレーズが満載
  • 手書きの手紙を書くときのマナーが分かる
  • 「失礼」「ビミョー」な間違った敬語が理解できる
  • 良い敬語・悪い敬語が豊富な実例で紹介
  • 苦手な電話対応の超基礎から応用まで
  • 言葉を「言い換える」だけで信頼感がある言葉遣いに
  • 100のシーン別にクイズ形式で敬語が学べる
  • 価格
  • 836円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 1210円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 825円(税込)
  • 1375円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 660円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 836円(税込)
  • 発売日
  • 2013/6/18
  • 2014/2/17
  • 2017/3/28
  • 2017/3/23
  • 2016/7/8
  • 2019/7/29
  • 2017/5/26
  • 2009/5/2
  • 2013/2/19
  • 2017/6/2
  • 2010/4/22
  • 2012/8/22
  • 2011/10/19
  • 2017/9/9
  • 2018/3/2
  • ページ数
  • 238ページ
  • 192ページ
  • 280ページ
  • 160ページ
  • 192ページ
  • 127ページ
  • 224ページ
  • 223ページ
  • 192ページ
  • 192ページ
  • 188ページ
  • 248ページ
  • 192ページ
  • 240ページ
  • 272ページ
  • 著者
  • 野口 恵子
  • 櫻井 弘
  • 金森 たかこ
  • 合田敏行
  • 本郷 陽二
  • 吉田裕子
  • 平野友朗
  • 半谷進彦
  • 山岸 弘子
  • 杉本 祐子
  • 梶原 しげる
  • 鹿島 しのぶ
  • 大部美知子
  • 齋藤孝
  • 本郷 陽二
  • タイプ
  • 新書
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 単行本
  • 文庫
  • 単行本
  • 単行本
  • 文庫

まとめ

言葉遣いの本のおすすめランキング15選と選び方をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ここで紹介した内容を参考に自分に合った本を探してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ