レーザープリンターの人気おすすめランキング20選【モノクロ・カラー】

記事ID12170のサムネイル画像

テレワーク化が一気に進み、それに伴い自宅でレーザープリンターを導入する機会も多くなってきました。高価なものなのでいざ購入しようとすると、どの機種が良いか迷ってしまいます。ここではそんなレーザープリンターの選び方や人気商品ランキングをご紹介します。

ビジネス現場でテレワーク化が進みレーザープリンターの需要が増加中

インクジェットプリンターに比べて、印刷速度が速く1枚あたりのコストも安いレーザープリンターはビジネス向けと言われています。特に最近はテレワークも進んできて、自宅にレーザープリンター導入を検討する機会も多くなっていると思います。

 

レーザープリンターというと高性能な分価格が高いという印象がありますが、実は今ではインクジェットプリンターと比べても低価格で、購入しやすい機種も非常に多いのです。

 

ここではそんなレーザープリンターについて、選び方や人気おすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングは使いやすさ機能面、そして人気の高さの観点から作成しました。今後レーザープリンター導入を検討されている人は、ぜひ参考にしてみてください。

レーザープリンターの選び方

レーザープリンターの選び方について、対応している用紙サイズ複合機の機能カラー/モノクロ印刷について紹介していきます。

対応している用紙のサイズで選ぶ

レーザープリンターの用紙規格は主に2つです。最大A3対応かA4対応かです。ここではそんな印刷できる用紙の規格について紹介します。

ポスターなど大きな紙に印刷したいなら「A3対応」プリンターを選ぶ

大きな紙に印刷する機会が多いなら、間違いなくA3対応プリンターを選ぶべきです。A4対応プリンターでA3サイズの印刷物を作ろうとすると、A4サイズで出力したものを2枚張り合わせなければいけなくなります。

 

主な使いどころとしては、例えば経営している店舗にポスターを掲示する必要があるとか、あるいは個人利用でも字がいっぱいの書類を印刷するにあたり、A4では字が小さくて見えないという時などに有効です。

 

ただしA3対応のレーザープリンターはその分本体のサイズも大きくなり、より広めの設置場所が必要になってしまうので、注意が必要です。

家庭用やテレワークやSOHOで使うなら「A4対応」のものを選ぶ

A3サイズやB4サイズを印刷する機会があまり多くないのであれば、通常はA4対応のレーザープリンターで十分と言えるでしょう。一般的にビジネス文書は皆A4規格で統一されていることが多いため、A4対応のレーザープリンターで十分に対応できます。

 

A3対応のレーザープリンターに比べると、A4対応のレーザープリンターはコストも低めで、また本体サイズもそこまで大きくなりません。特に最近は省スペースを意識して、レーザープリンターも小型化していく傾向にあるようです。

 

是非ともレーザープリンターの設置場所ともよく相談すると良いでしょう。

複合機の機能で選ぶ

レーザープリンターの中にはプリンター以外にも多くの機能を持つものがあります。いわゆる複合機と呼ばれるものです。ここではそんな複合機の機能について紹介します。

プリントなどをデータで保存しておきたいなら「スキャナーつき」が必須

配られた書類や必要性を感じたチラシ、はたまた家庭でなら学校で配られたプリントなど、そのまま紙でとっておくと場所もとりますし探すのも非常に手間です。そんな時はレーザープリンターのスキャナー機能電子化して保存すると大変便利です。

 

さらに通常はスキャンしたデータを有線・無線LANでパソコンに保存させるわけですが、最近のスキャナー機能はスキャンしたデータをメールでスマホなどに送る機能がついているものもあります。

 

また高機能のレーザープリンター複合機だと、スキャンした書類をOCR化することで、書類の中の文字を検索できるものもあるのです。スキャンしたデータをどのように管理するか考慮した上で、検討すると良いでしょう。

個人事業主のビジネス利用ならは「ファックスつき」のプリンターがおすすめ

現在ビジネスもIT化が進み、仕事の連絡や発注受注業務などもだいぶインターネット上で行われるようになってきましたが、それでも未だにファックスのやり取りは廃れることがありません。

 

そのためレーザープリンター複合機では、ファックス付きのものも根強い人気を博しています。単純にファックスとプリンターだけのものもあれば、スキャナー機能やコピー機能まで備えたフル装備のものもありますので、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

カラー・モノクロで選ぶ

レーザープリンターでもフルカラー対応のものもあれば、モノクロ印刷に特化したものあります。ここではそんなカラー・モノクロの選び方について紹介します。

オフィスで使用するなら「カラー対応」のプリンターがよい

ポスターを作ったりイラスト入りの書類を印刷したりするなら、当然カラー対応のプリンターを選ぶべきでしょう。ただしカラー対応といっても、その画質にはピンからキリまで様々です。

 

とりあえず見た目が少し華やかになれば良いというのならば、そこまで高い画質を求める必要はないでしょう。ただし写真を入れ込んだ書類を印刷したい細かいグラフをカラーで見せたいというニーズがあるのなら、高い画質ものもを選ぶべきです。

 

画質が良くなる分コストも高くなりますので、どの辺で折り合いをつけるかよく考えて検討していただければと思います。

テレワークなどでランニングコストも気にするなら「モノクロ専用」のプリンターがおすすめ

特にカラーは必要ない、モノクロ書類の印刷だけで十分というならば、モノクロ専用のレーザープリンターが良いでしょう。通常モノクロ専用の方が価格が安く印刷などにかかるランニングコストも抑えることができると言われています。

 

特に最近多くの企業が導入してきたテレワークに向けてプリンターを購入するというのなら、美しいカラー印刷などは必要ないはずです。

 

無駄にカラーで印刷するとその分ランニングコストが非常に高くなってしまいますので、もし経費の節減を考えるなら、モノクロ印刷専用のレーザープリンターを検討することをおすすめします。

毎回コンビニで写真を印刷している人なら「写真印刷対応」を選ぶ

どんな高画質なカラー対応レーザープリンターでも、写真を印刷するとなると通常のカラー対応だけでは役不足と言えます。本当にちゃんとした写真を印刷したいのであれば、しっかりと写真印刷対応と明記されているものを選ぶべきです。

 

特にこれまで、スマホで撮った写真をコンビニなどのプリンターで何枚も印刷していたのなら、写真印刷対応のレーザープリンターを購入し、自宅で印刷した方が遥かにお得と言えるでしょう。

 

ただし当然ながら写真印刷対応のレーザープリンターとなるとその分価格も高くなりますし、印刷コストも通常印刷の比ではありません。そこまで写真印刷はしないというならば、購入は見送ったほうがいいかもしれません。

メーカーで選ぶ

安定した品質と多彩な機能を求めるなら「キャノン」がおすすめ

レーザープリンターに限らず様々な電子機器を扱う大手企業キヤノンですが、そのブランドに恥じない品質安定性が評判です。多彩な機能を有しているモデルも多く、目的や環境に合わせて最適なプリンターを選ぶことができます。

なるべくコストを抑えたい人は「ブラザー」がおすすめ

特にプリンターやファックスなどを中心に製造販売しているメーカーで、レーザープリンターもラインナップが充実しています。高機能ながらリーズナブルで購入できるものが多いため、コストを抑えたい人におすすめです。

高画質と耐久性にこだわるなら「エプソン」がおすすめ

エプソンは主に情報関連機器、精密機器を扱うメーカーで、プリンター領域ではインクジェットプリンターのカラリオシリーズが有名です。レーザープリンターでも速い印刷スピード高画質が評判を得ています。

価格で選ぶ

テレワークなど自宅で利用するなら「低価格」なものを

通常レーザープリンターは高速かつ大量に印刷することに重点を置いているため、価格が高めなことが多いですが、最近はリモートワークが増えてきたことやSOHOワーカー向けに、機能を抑えた低価格のものも増えています。

 

そこまで多彩な機能はいらない、まずは印刷することと最低限の機能さえあれば良いというのなら、少し安めのモデルを探してみると良いでしょう。

オフィスで複数人が利用するなら「高価格」なものを

オフィスで複数人が同時に利用するならば、高機能かつセキュリティも高い、高価格な複合機を選ぶべきでしょう。複数人利用だとカードリーダーをかざすことでデータ送信者を判別する機能や、遠隔での操作も必須です。。

 

コストを意識するあまり使い勝手が悪いと意味がありませんので、ぜひその点考慮してもらえたらと思います。

スマホやパソコンから遠隔でデータを送信したいなら「Wi-Fiの有無」も重要

有線でのデータの送受信は場所も制限されてしまうため、どうしても使い勝手が落ちてしまいます。その点Wi-Fi接続が可能であればどの部屋にいてもすぐに印刷を行うことができます。

 

またWi-Fiダイレクト機能付きのプリンターならば、ルーターなどのアクセスポイントがなくてもダイレクトにスマホやパソコンとアクセすることができますので大変便利です。

オフィスで活躍!カラーレーザープリンター人気おすすめランキング10選

10位

リコー

C740

価格:54,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトながら毎分35枚という印刷スピードを持つプリンター

カラー、モノクロともに毎分35枚という高速プリントが自慢のレーザープリンターです。給紙トレイ320枚、手差しトレイ110枚という容量の多さも注目すべき点。コンパクトで設置面積も取らないため、狭い個人オフィスなどでも活躍してくれます。

最大用紙A3印刷速度毎分35枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fiコピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×

口コミを紹介

カラーレーザーを探していたところ、e社の製品にオプションの両面印刷をつけて決めかけていたところ、このプリンターに出会った。オプションでないためコストパーフォーマンスも高く、以前からリコーを愛用していたのでこちらに決めた。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

沖データ

C824dn

価格:42,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

印刷の質を追求するA3対応のレーザープリンター

コピーやファックス、スキャンなどの余計な機能を付けない代わりに、印刷の質操作性のシンプルさを追求した業務用レーザープリンターです。A3印刷を頻繁に行う人に向いていますが、無線LAN接続する際には別途オプションを購入する必要があるので注意です。

最大用紙A3印刷速度A4:毎分26枚/A3:毎分14枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×

口コミを紹介

家庭用に買いました。A4インクジェット染料インクと比べてなので、比較にならないかもしれませんが、綺麗で早いです。まだ使って間もないのでメンテとかはわかりませんが、5年保証はありがたい!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ブラザー

MFC-L9570CDW

価格:94,037円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラザーのオフィス向けフラッグシップモデルのレーザープリンター

プリンターのトップメーカーの1つであるブラザーのフラッグシップモデルで、カラーモノクロともに毎分31枚の高速印刷、自動両面プリント機能、最大80枚対応のADFとフラットベッドを搭載と、多機能かつ高性能のレーザープリンターです。

 

見やすいカラー液晶タッチパネルを搭載し操作性も十分ですが、いかんせん本体価格が高いため、少々一般向けではないかもしれません。必要としている機能と予算との相談する必要がありそうです。

最大用紙A4印刷速度毎分31枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fiコピー機能
スキャナー機能ファックス機能

口コミを紹介

問題なく、すこぶる安定しています。メニューも分かりやすく、バグらしいものもないので、オススメできます。自分的には届いたFaxがEメールに転送出来るので、コピー用紙代が助かるところが気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

キヤノン

Satera LBP621C

価格:22,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最低限印刷だけできればOKの小型で高コスパなレーザープリンター

奥行き418mmの省スペース設計で、デスク周りのちょっとしたスペースにも置くことができるレーザープリンターとして評判のモデルです。しかもコンパクトな割に、1度に大量印刷ができる大容量カートリッジを採用しているため、印刷量が多くても安心です。

 

コピー機能やファックス機能のほか、自動両面機能などもついていないため、とにかく最低限印刷できればいいという人に向いています。

最大用紙A4印刷速度毎分18枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×

口コミを紹介

カラーレーザーなら7万〜15万ぐらいしてもおかしくないですが、こいつは両面印刷機能とスキャン機能のカットにより驚きの低価格を実現しています。トナーも印刷一枚あたりにするとインクよりかなり安いのでgoodです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

キヤノン

LBP841CS

価格:52,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オンデマンド定着方式で立ち上がり素早いレーザープリンター

定着器を瞬時に加熱するオンデマンド定着方式を採用しているため、スリープ状態から印刷まで最短7.9秒と、立ち上がりの時間が非常に速いことで評判なレーザープリンターです。

 

また使用していない時は自動でスリープモードに切り替わり、その間の消費電力もしっかりと抑えているため、印刷頻度がそこまで多くない人でも安心して使うことができるレーザープリンターと言えるでしょう。

最大用紙A3印刷速度毎分26枚
接続方法有線LAN/USB/無線LAN(オプション)コピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×

LBP-9100からの買い替えです。音も静かになり、スピードも速くなり、こんな定番商品でも進化していて感心しました。インクのストックなどの縛りがあり別機種を選ぶ余地がなかったのですが、前よりは確実に快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ブラザー

HL-L3230CDW

価格:22,273円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高さわずか252mmのコンパクトボディのレーザープリンター

高さがわずか252mmというコンパクトなボディはデスク周りに設置するにもちょうどよく、しかも両面自動プリント複数ページを1枚にレイアウトできる機能は標準搭載。省スペースに用紙コストの削減、ファイリングスペースの軽減を可能にしてくれます。

 

本体価格もそこまで高くなく、手軽に高機能のレーザープリンターが欲しい人ならば1度は検討するべき機器と言っていいでしょう。

最大用紙A4印刷速度毎分24枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×

口コミを紹介

スキャンやコピーの機能はありませんが、お客様向け資料を印刷したいときには大活躍。アップル社の製品から(iPhone、iPad)からダイレクトに印刷できてしまうのは驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

富士ゼロックス

CM310 z(NL300062)

価格:58,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オフィス向けの高機能プリンターが手ごろな価格で購入できる

コピー、スキャン、ファックスなどビジネスに必要な機能をしっかりと備え、しかも新開発LEDヘッドによって1200×2400dpiの高解像度を実現したハイスペックレーザープリンターです。ディスプレイの見やすく、ユーザービリティも高いと評判です。

 

しかもこれだけの機能を持ちながら価格がそこまで高くなく、導入コストを抑えたい個人事業主でも十分検討に値する機器と言えるでしょう。

最大用紙A4印刷速度毎分28枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能
スキャナー機能ファックス機能

口コミを紹介

本機を半年程毎日使用していますが、ドライバーソフトのインストール、Wi-Fiへの繋ぎ方も簡単で、使っていても小さなトラブルも皆無です。コンビニにあるコピー機に使用感が似ていて、動作が速く、しっかり感が有ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

リコー

C260L

価格:19,261円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

余計な機能を排して高画質出力のみを追求したレーザープリンター

9600dpi×600dpiの高画質出力を実現し、通常の書類の印刷だけではなく、写真データなどもきれいに印刷することができるレーザープリンターです。給紙トレイ/手差しトレイでは60~160g/m²までの用紙厚に対応し郵便はがきや封筒、名刺の印刷などにも対応。

 

その分コピーやファックス、スキャンといった機能はついていないため、あくまでも高画質出力の印刷に必要性を感じるかどうかが購入の決めてとなるでしょう。

最大用紙A4印刷速度毎分20枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fiコピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×

仕事での契約書・請求書などの印刷に使いました。とても綺麗です。20枚ほど印刷をしてプリンターが熱を持つと5秒ほど休憩します。せっかちな方には不満かもしれません。写真も報告文書に入れましたが大丈夫ですね。お値段以上だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

キヤノン

Satera MF745Cdw

価格:79,782円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレワークに必要な機能が最大限揃っている多機能レーザープリンター

ハイスペックなレーザープリンター複合機で、特にスキャナー機能が秀逸です。パソコンのスキャナードライバーを使用せずにスキャンし、そのままデータを送信することができますし、OCR機能もついているのでデータの整理や検索にも非常に役立ちます。

 

またスキャンの際の原稿向き自動検知機能で、大量の書類も一括で処理することができます。モバイルとの連携も強化され、まさにテレワークに必要な機能を全て備えているといってもいいでしょう。価格が高い点がネックです。

最大用紙A4印刷速度毎分27枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fiコピー機能
スキャナー機能ファックス機能

口コミを紹介

ブラザーの複合機は4台目ですが、今回初めてタッチパネル式のカラー複合機を購入。
プリント、コピー、ファックス、スキャナー、すべて速い。画質も業務上まったく問題ない画質です。付属のソフトウェアを使えばPCからファックスの送受信も可能。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ブラザー

MFC-L3770CDW

価格:46,418円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

事務作業に必要な機能を全てそなえたハイスペックレーザープリンター

スキャナー機能による両面原稿のデータ化ファックス送信多機能コピー機能など、事務作業を効率的に行う上で必要なものがすべて詰まっているハイスペックレーザープリンターです。厚紙対応の多目的トレイに背面排紙を活用すれば厚紙や封筒などの印刷も容易です。

 

無料のアプリケーションやAirPrintGoogleクラウドプリントなどにも対応しており、遠隔操作でも高い力を発揮してくれます。価格もそこまで高くないため特に購入しやすく、非常に人気の高い機種です。

最大用紙A4印刷速度毎分24枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能
スキャナー機能ファックス機能

口コミを紹介

購入を決定したポイントは,ASFからのスキャンが両面に対応していることです。また,置き場が狭いので,横幅と奥行きが小さい機種であることもポイントでした。カラーはインクジェットには及ばないと思っていましたが,なかなかきれいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オフィスで活躍!カラーレーザープリンター人気おすすめ商品比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5702887の画像

    ブラザー

  • 2
    アイテムID:5703282の画像

    キヤノン

  • 3
    アイテムID:5703191の画像

    リコー

  • 4
    アイテムID:5703234の画像

    富士ゼロックス

  • 5
    アイテムID:5705858の画像

    ブラザー

  • 6
    アイテムID:5705998の画像

    キヤノン

  • 7
    アイテムID:5706013の画像

    キヤノン

  • 8
    アイテムID:5706029の画像

    ブラザー

  • 9
    アイテムID:5703161の画像

    沖データ

  • 10
    アイテムID:5706050の画像

    リコー

  • 商品名
  • MFC-L3770CDW
  • Satera MF745Cdw
  • C260L
  • CM310 z(NL300062)
  • HL-L3230CDW
  • LBP841CS
  • Satera LBP621C
  • MFC-L9570CDW
  • C824dn
  • C740
  • 特徴
  • 事務作業に必要な機能を全てそなえたハイスペックレーザープリンター
  • テレワークに必要な機能が最大限揃っている多機能レーザープリンター
  • 余計な機能を排して高画質出力のみを追求したレーザープリンター
  • オフィス向けの高機能プリンターが手ごろな価格で購入できる
  • 高さわずか252mmのコンパクトボディのレーザープリンター
  • オンデマンド定着方式で立ち上がり素早いレーザープリンター
  • 最低限印刷だけできればOKの小型で高コスパなレーザープリンター
  • ブラザーのオフィス向けフラッグシップモデルのレーザープリンター
  • 印刷の質を追求するA3対応のレーザープリンター
  • コンパクトながら毎分35枚という印刷スピードを持つプリンター
  • 価格
  • 46418円(税込)
  • 79782円(税込)
  • 19261円(税込)
  • 58000円(税込)
  • 22273円(税込)
  • 52800円(税込)
  • 22900円(税込)
  • 94037円(税込)
  • 42880円(税込)
  • 54800円(税込)
  • 最大用紙
  • A4
  • A4
  • A4
  • A4
  • A4
  • A3
  • A4
  • A4
  • A3
  • A3
  • 印刷速度
  • 毎分24枚
  • 毎分27枚
  • 毎分20枚
  • 毎分28枚
  • 毎分24枚
  • 毎分26枚
  • 毎分18枚
  • 毎分31枚
  • A4:毎分26枚/A3:毎分14枚
  • 毎分35枚
  • 接続方法
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fi
  • 有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fi
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/USB/無線LAN(オプション)
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fi
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fi
  • コピー機能
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • スキャナー機能
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ファックス機能
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×

テレワーク向けモノクロレーザープリンター人気おすすめランキング10選

10位

キヤノン

Satera LBP441e

価格:52,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かな文字や線まできれいに印刷できる高精細レーザープリンター

細かい文字や斜めの罫線もきれいにくっきりと再現してくれる高精細のモノクロプリンターです。プリンターがデータを受信してから1枚目の排紙が完了するまでの時間ファーストプリント6.3秒と、非常に素速い動きをしてくれます。

最大用紙A3印刷速度毎分33枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×
9位

ブラザー工業

HL-L5200DW

価格:29,742円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレート配紙の多目的トレイによって様々なものに印刷できる

封筒や葉書などの厚紙も反りなく印刷できるストレート排紙を採用しており、多彩な印刷に利用することができます。無料アプリケーションをダウンロードすればスマホやタブレットとのワイヤレス通信も可能です。

最大用紙A4印刷速度毎分40枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×

口コミを紹介

印刷が軽快に出来満足しています。これまでブラザー製品レザープリンターは4回目の更新。仕上がりがきれい。静か。両面印刷機能、トナー節約機能など大変優れています。耐久性も抜群のようなので予備も含め2台購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

エプソン

LP-S2200

価格:34,791円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

A3サイズからA6不定形用紙まで対応するビジネス用レーザープリンター

A3用紙まで対応しているレーザープリンターで、A6や不定形の用紙にも対応しており、様々なサイズの用紙で利用できる点が大きなポイントです。各種証明書や領収書の印刷も可能で、オフィスなどの窓口業務でも活躍してくれます。

最大用紙A3印刷速度毎分29枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×

口コミを紹介

前機が調子悪く、会社で使うものなのでこちらが早いと代理購入しました。すぐ使えたし、機能も大満足。主に使うA4はもちろん、大きくても小さくてもちゃんと印刷できてスグレモノです!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

エプソン

LP-S180DN

価格:23,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モノクロの印刷のみに特化したコンパクトながらもパワフルなプリンター

店舗のカウンターやバックヤードなど狭い場所でもすっきりと収まるコンパクトなモノクロレーザープリンターです。上から見ても正面から見ても見やすいようにLEDインジケーターをレイアウトしていて、プリンターの状態がひと目で分かる点も好評です。

最大用紙A4印刷速度毎分30枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能×
スキャナー機能×ファックス機能×

口コミを紹介

ネットワーク接続可能なプリンターとして強くお薦めします。 セットアップが簡単、ルーターを介し複数のPCと繋がるのがうれしい。 他社で安価なプリンターが販売されてるが「安定作動=信頼」と言える製品は少ない。しかも安価。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

キヤノン

Satera MF264dw

価格:23,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作性の高さとコンパクトさが売りのモノクロレーザープリンター

高さを抑えた折りたたみ式のADFがついていて、スマートな見た目ながらもしっかりとした印刷ができます。本体前面に配置された電源スイッチをはじめ、プリンターを正面から操作することを意識して作られていて、ユーザビリティの高さも好評です。

 

ファーストコピーも8秒程度と迅速で、急ぎのコピーにも対応しています。ADFが片面対応のみなのところが少々残念です。

最大用紙A4印刷速度毎分28枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能
スキャナー機能ファックス機能×
5位

ブラザー

FAX-2840

価格:23,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパと安全面に配慮されたエントリーモデルのレーザーファックス

省エネ・省スペース設計のエントリーモデルのレーザーファックスです。トナーとドラムを別々に交換できるので両方の部品を無駄なく使い切ることができ、ランニングコストを抑えることができます。

 

ファックスを2度入力するダブルチェック機能や、短縮/ワンタッチボタンからの送信のみを強化する番号直接入力禁止機能など、安全面に配慮された機能もついています。

最大用紙A4印刷速度毎分20枚
接続方法USBコピー機能
スキャナー機能×ファックス機能

口コミを紹介

接地面上からトレイなどが飛び出さない唯一無二の製品です。いろいろと小型の機種はありますが、設置場所周辺にトレイが出っ張るなど、使い勝手がイマイチのモノが多く、この商品は、非常に貴重です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

キヤノン

Satera MF262dw

価格:19,715円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユーザーの使いやすさに拘って作られたレーザープリンター

ユーザビリティの高さが好評なモノクロレーザープリンターです。立っていても座っていても操作しやすいチルト式操作パネルは5行の文字列まで対応しており、漢字表記流れ文字アニメーションも表示することができます。

 

その割にボタンレイアウトはシンプルで、誰でも簡単に扱うことができるのも魅力の1つ。モバイル連携も強化されていて、使いやすさをとことん追求しているといってもいいでしょう。

最大用紙A4印刷速度毎分28枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USBコピー機能
スキャナー機能ファックス機能×
3位

ブラザー

MFC-L2750DW

価格:29,073円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作性の高さから初心者でも安心して使えるレーザープリンター

見やすい2.7型のカラー液晶タッチパネルを搭載し、しかもスマホのように直感的な操作ができ、初見でも簡単に設定することができると評判のレーザープリンターです。扱いやすいため初めてオフィスや自宅にレーザープリンターを導入する人向けとも言われています。

 

価格の割にはコピー機能、スキャン機能、ファックス機能と揃っている上、それぞれが高い能力を有していて、レーザープリンターの初心者ならばまずはこの辺りから手をつけるとよいでしょう。

最大用紙A4印刷速度毎分34枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fiコピー機能
スキャナー機能ファックス機能

口コミを紹介

また、WindowsPCとの相性は良く、ワイヤレスで接続できるので置き場所を選ばないのも良いですね。本体をおけるスペースならどこにおいても使えるのですごく重宝します。設定も直感的でわからないところがあっても説明書を流し読み程度で使えるのも良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ブラザー

DCP-L2550DW

価格:19,627円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アプリやドライバの使い勝手が良いモノクロレーザープリンター

上で紹介したMFC-L2750DWのファックス機能がついていないバージョンのレーザープリンターです。特にファックス機能が不要ならば、こちらを購入すると良いでしょう。

 

最大50枚連続コピーができるADF、厚めの用紙にも便利なフラットベッドをも搭載していて、低価格ながら高いコピー能力を持っています。ドライバのインストールやアプリの使い勝手も非常に好評です。

最大用紙A4印刷速度毎分34枚
接続方法有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fiコピー機能
スキャナー機能ファックス機能×

口コミを紹介

今のところ、使い勝手も印刷品質も各種機能も全く文句のつけようがない。昼間Wi-Fiが混んでいる時になかなかパソコン設定できず半日悩んだが、夜中に再挑戦したら実にあっけなく出来た。在宅勤務で唯一不便だった印刷がサクサクできて、もう会社に行きたくありません(笑)。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

キヤノン

Satera MF232w

価格:12,773円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホでビジネスをする人必見の多機能ハイスペックプリンター

2in1や4in1の原稿まとめ機能や、定型倍率だけではなく目的に合わせて1%刻みで拡大縮小できる機能など、印刷やコピーを行うにあたって細かい設定もしっかりとできる多機能レーザープリンター複合機です。

 

プリント&スキャンアプリケーションCanon PRINT BusinessはiPhoneやAndroid端末にしっかりと対応していて、スマホに保存されているファイルの管理やメール送信も可能です。ビジネスにスマホを活用している人ならぜひチェックするべき機種と言えるでしょう。

最大用紙A4印刷速度毎分23枚
接続方法無線LAN/有線LAN/USBコピー機能
スキャナー機能ファックス機能×

口コミを紹介

インクジェットを使い続けて来ましたが、黒インクしか使わないのでモノクロレーザーに変えてみました。起動が早く、印刷も早くてキレイ、Wifiも便利でコピーまで出来る。とても満足しています。今までのイライラは何だったのか…驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

テレワーク向けモノクロプリンター人気おすすめ商品比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5702846の画像

    キヤノン

  • 2
    アイテムID:5702938の画像

    ブラザー

  • 3
    アイテムID:5702961の画像

    ブラザー

  • 4
    アイテムID:5703025の画像

    キヤノン

  • 5
    アイテムID:5702991の画像

    ブラザー

  • 6
    アイテムID:5703249の画像

    キヤノン

  • 7
    アイテムID:5716159の画像

    エプソン

  • 8
    アイテムID:5716222の画像

    エプソン

  • 9
    アイテムID:5716274の画像

    ブラザー工業

  • 10
    アイテムID:5716340の画像

    キヤノン

  • 商品名
  • Satera MF232w
  • DCP-L2550DW
  • MFC-L2750DW
  • Satera MF262dw
  • FAX-2840
  • Satera MF264dw
  • LP-S180DN
  • LP-S2200
  • HL-L5200DW
  • Satera LBP441e
  • 特徴
  • スマホでビジネスをする人必見の多機能ハイスペックプリンター
  • アプリやドライバの使い勝手が良いモノクロレーザープリンター
  • 操作性の高さから初心者でも安心して使えるレーザープリンター
  • ユーザーの使いやすさに拘って作られたレーザープリンター
  • コスパと安全面に配慮されたエントリーモデルのレーザーファックス
  • 操作性の高さとコンパクトさが売りのモノクロレーザープリンター
  • モノクロの印刷のみに特化したコンパクトながらもパワフルなプリンター
  • A3サイズからA6不定形用紙まで対応するビジネス用レーザープリンター
  • ストレート配紙の多目的トレイによって様々なものに印刷できる
  • 細かな文字や線まできれいに印刷できる高精細レーザープリンター
  • 価格
  • 12773円(税込)
  • 19627円(税込)
  • 29073円(税込)
  • 19715円(税込)
  • 23200円(税込)
  • 23800円(税込)
  • 23500円(税込)
  • 34791円(税込)
  • 29742円(税込)
  • 52000円(税込)
  • 最大用紙
  • A4
  • A4
  • A4
  • A4
  • A4
  • A4
  • A4
  • A3
  • A4
  • A3
  • 印刷速度
  • 毎分23枚
  • 毎分34枚
  • 毎分34枚
  • 毎分28枚
  • 毎分20枚
  • 毎分28枚
  • 毎分30枚
  • 毎分29枚
  • 毎分40枚
  • 毎分33枚
  • 接続方法
  • 無線LAN/有線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fi
  • 有線LAN/無線LAN/USB/Wi-Fi
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • コピー機能
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • スキャナー機能
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ファックス機能
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×

レーザープリンターとインクジェットプリンターの違いを仕組みから解説

レーザープリンターはビジネス向け、インクジェットプリンターは家庭向けと言われていますが、何故なのでしょうか。ここではそんな両者の特徴を仕組みの面から解説していきます。

「ビジネス用」と言われるレーザープリンターの仕組み

レーザープリンターは印刷スピードが速く大量に書類を印刷するのに向いているプリンターです。トナーの交換回数が少なく印刷コストも安いことで知られています。

 

反面トナーや感光体など消耗品が高額で、メンテナンスにかかる費用が高くなりますし、プリンター本体もインクジェットに比べると大きくなりがちです。そのため、どちらかというとビジネス向けと言われています。

「家庭用」と言われるインクジェットプリンターの仕組み

インクジェットプリンターは粒子化したインクを用紙に吹き付けて印刷する仕組みで、解像度が高く、写真の印刷などにも向いていると言われています。

 

きれいな印刷をしたい人にとっては非常に良いのですが、反面印刷速度は遅く、またインク交換や給紙回数が多いというデメリットがあります。きれいな原稿を印刷したい人、そしてそこまで大量に印刷することがないなら、インクジェットプリンターがおすすめです。

 

以下の記事ではインクジェットプリンターについてランキング形式でご紹介していますのでぜひご覧ください。

まとめ

レーザープリンターについて、選び方や人気おすすめ商品をランキング形式で紹介してきました。最近では各企業テレワークを推進し始めており、その需要はますます高まっています。是非とも購入の際に参考にしていただければと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ