ブラザープリンターの人気おすすめランキング10選【2020年最新】

記事ID13346のサムネイル画像

プリンターは使用が減っていると思われている方も多いかもしれません。ところが、大容量インクジェットプリンターに関しては需要が右肩上がりに上がっています。ブラザーは、この大容量インクジェットプリンターに特に多様な商品を投入しています。

今回の記事絵は「ブラザー」のプリンターに絞って紹介させていただきます。また、下記記事ではブラザー以外にもさまざまなメーカーのプリンターを比較しながら紹介しています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてくださいね。

ブラザーのプリンターはただのプリンターではない?

プリンターはかなり大きく場所をとるし、いろいろな機械があるとどうしても乱雑な感じがすると思っている方も多いのではないでしょうか。ブラザーのプリンターはコンパクトでスタイリッシュなデザインで場所をとらないことが魅力。スペースに困っている方にもおすすめです。

 

Wi‐Fi対応であれば、プリンターとつなぐケーブルも不要、すっきりした外観を保てます。電話やファックス、スキャナーがついた複合機なら、プリンター1台で4役を果たすので他の機材を減らせます

 

そこで今回はブラザープリンターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはプリント方式やサイズ・便利機能などを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ブラザープリンターの特徴やメリット

ブラザーのプリンターには、様々な便利機能が備えられています。エコな機能、経済性を挙げる機能などです。ブラザーのプリントの機能とメリットをご紹介します。

家族写真を大きく見たい方にも人気「A3対応プリンター」

書類つくりはA4サイズがベストだけれど、プレゼンなどで使えるポスターは大きくしたいといった場合におすすめなのがA3サイズのプリント機能。コンビニに行って拡大コピーする必要がなくなります。

 

七五三や赤ちゃんの写真など、大きく引き伸ばしたいと思うことがありますよね。大きな写真をお爺ちゃん・おばあちゃんにプレゼントすると喜ばれること請け合いです。A3・B4サイズの両面印刷も可能、紙の節約にもなりエコというメリットもあります。

大容量インクで「コスパが高い」

ブラザーには「ファーストタンク」という大容量インクカートリッジを搭載した機種があります。初めての大容量を探している方におすすめしたいという意味を込めて、ファーストタンクと名付けられています。

 

ブラザーのファーストタンクシリーズは、標準的なインクカートリッジに比べると3色のカラーインクがそれぞれおよそ10本分、ブラックは16本分搭載できます。このインクでA4のモノクロで約6000枚印刷できます。

 

また、カートリッジからサブタンクに注入するシステムも搭載しているので、カートリッジのインクが終わっても印刷を続けられます。インクカートリッジの交換は、プリンターの全面からできるため簡単に交換できるのも魅力です。

仕事の効率が上がる印刷機能が豊富

ブラザーのプリンターには、仕事の効率が上がる様々な機能があります。

色々なものをコピー印刷するのに便利な「ADF」

ADFは自動原稿送り装置です。ブラザーのプリンターには、高価格帯の商品ではない、コンパクトモデルの中にもADFを搭載したものがあります。ADFは、複数枚の原稿をスキャンしてまとめて読み取ってくれます。

 

コピーするものを1枚1枚載せる必要がなく、まとめて置くことができます。最大20枚まではまとめて読み取ってくれるので、提出書類など5枚1冊などのものもおまかせでまとめて印刷可能です。

紙の節約にも役立つ「両面印刷」機能

ブラザーの両面印刷は、A4用紙だけでなくはがきやレターにも対応しています。設定をしておけば自動で両面印刷できるので、冊子を作るのも簡単。お気に入りの写真を使ったオリジナルのカタログ作りも自在です。

 

両面印刷なら、大量の書類を印刷するのも簡単。そして、紙の節約にもなります。A3対応機なら、大判のポスターを両面で印刷可能。前後を問わず、両側から見られるので宣伝効果も高くなります。

「レーベル印刷」など特殊な印刷機能

ブラザーのプリンターにはCDなどのレーベル印刷が可能な機種があります。CDやDVD・ブルーレイディスクのレーベル面に、直接印刷できます。付属しているアプリを使えば、操作も簡単。

 

イベントごとに写真や動画をCDやDVDに保存して、レーベル印刷しておけば写真や動画の管理が簡単になります。遠くにいる家族や友人に、作ったオリジナルDVDをプレゼントするのも楽しそうです。

プリント機能以外も充実

ブラザーのプリンターには、仕事に役立つプリンター以外の機能がついているものがあります。1台で何役も果たす頼もしい存在です。

安心機能が付いた「電話」

ブラザーのプリンターには電話機能がついた複合機があります。別に置き電話を購入する必要がありません。子機も付いているので、家全体で使えて便利です。

 

電話には、迷惑電話を防げる迷惑電話番号指定機能、お断り機能も付いていて安心して使えます。わかりやすい漢字表示の液晶や暗いところでも見やすいダイヤルライト機能がついているので使いやすいのも魅力です。

使いやすい「FAX」・「スキャナー」機能

スキャナーやファックス機能が付いた機種もあります。プリンターに搭載されていると、別にファックスや電話を置く必要がありません。1台で何役も果たしてくれるので、スマートにまとめられます。

 

ファックスには「見るだけ受信」機能が搭載されているので、いるものだけをプリントすれば良いので無駄な印刷を防げます。使い方によっては、用紙やインクの消費量を半分にできそうです。

「フロントオペレーションシステム」なら置くところ選ばず

プリンターの給紙トレー・排紙トレーがどちらも前面についているのがフロントオペレーションシステムです。トレーだけでなく、インクカートリッジの交換口も機体の前面についています。

 

前面に作業が必要な出入り口をまとめることで、全ての操作を前面で行えるメリットがあります。インク交換などのメンテナンスも簡単です。また、プリンターの後ろに入り込む必要がなくなるので、置く場所の選択も容易になります。

充実した「サポート体制」で「問い合わせ」も簡単

ブラザーはサポート体制も万全。電話でも、Webでも問い合わせが可能です。またサイトにはよくある質問内容がまとめてあるので、簡単な不具合であれば、自分でまず調べて対応することも可能です。

 

症状別にまとめてあるだけでなく、検索もできるので使いやすいサイトになっています。電話での問い合わせは、機種別に番号が違うので、要確認です。使っている機種に詳しいところにつながるのでより安心ですね。

ブラザーの評判の良い人気モデルを比較

ブラザーの人気モデル2機種を比較してみました。

ビジネス用にもおすすめ「DCP-J982N」

本体正面に給紙トレー、インク交換口、タッチパネルをまとめているため簡単操作が可能。カラー液晶で見やすいのも魅力です。コピーとスキャン機能も搭載、ADFも搭載しているため大量印刷も楽々です。Wi-Fi Direct。クラウド接続機能もあるので、置き場所も選びません。 

 

シアン・マゼンタ・イエローの染料インクカートリッジを搭載、写真の印刷も美しく仕上がります。黒インクは顔料インクを採用、にじまずはっきりした文字の印刷が可能。使用済みカートリッジを再利用した純正インクカートリッジを搭載。リサイクルインクなので、環境にやさしく低コスト。

バランスの取れた「DPC-J582N」

こちらもフロントオペレーションシステムを採用、給紙トレー、インク交換口、タッチパネルが機体の前面にまとめて配置されています。自動両面プリント機能は搭載、スマホから直接操作可能。シンプルですが必要な機能が全部搭載されているコスパの高いモデルです。

 

インクカートリッジは独立式カートリッジ。DCP-J982N同様、使用済みカートリッジを再利用した純正インクカートリッジを搭載。リサイクルインクなので、環境にやさしく低コストです。ランニングコストをおさえられるという点でもコスパの高い機種です。

ブラザーのプリンターの選び方

プリンターは日常的に使うものなので使いやすさやランニングコストを検討する必要があります。日常的に印刷だけでなくコピーやスキャナーを使う、印刷も文書が6~7割で写真の印刷が3~4割はある、などプリンターの使い方は人それぞれですから、使いやすさを考えながら選びましょう。

置き場所に合わせた「使い勝手」で選ぶ

日常的に使うものなだけに、操作性やデザイン、サイズも気になります。置き場所が決まっている場合には、そこにおけるサイズのものである必要があります。また、給紙トレーが後方にあるものは、手を入れられる場所かどうかも考える必要が出てきます。

 

部屋の中で浮いてしまうデザインや大きさでも困るかもしれません。ケーブルが邪魔になるという場合には、wifi機能があるものを選ぶことで解決できます。タッチパネルの大きさも操作性に関わってきます。

接続方式で選ぶ

ブラザーのプリンターには、多様な端末から接続して操作できる機能があります。自分の使っている端末を使えるプリンターを選ぶのもおすすめです。

「SDカード」や「Wi‐Fi」を使って印刷

Wifiに対応している機種は、パソコンなどとケーブル接続しなくても印刷ができます。同じ部屋であればどこでも印刷可能なので、設置場所の制限がないのも魅力です。コードの見苦しさもなく、他のパソコンやタブレットからの印刷も簡単にできます。

 

SDカードやUSBメモリ対応機種もあります。カメラから取り出したSDカードをカードスロットに直接差し込んで保存してあるデータや写真を印刷できます。USBメモリ対応であれば、パソコンで作った資料を保存しておいてそのまま印刷できます。

スマホアプリを使って「ダイレクトプリント」

Androidスマホやアイフォン、アイパッドやアイポッドタッチ、タブレットといった携帯端末とプリンターの間に、無線LANのアクセスポイントを使わずに無線LANを設定できる機能です。外部アクセスがないので、安全な接続が保障されます。

 

モバイルプリント&スキャンアプリの「Brother iPrint&Scan」をダウンロードすれば、タブレットやスマホから、直接印刷やスキャンができます。

「クラウド」にあげたものをいつでも印刷可能

写真や書類のアップロードや閲覧ができるクラウドサービスにブラザーのプリンターからスキャンした画像を保存できるのが、クラウド接続機能です。写真をアップロードしておいて、後から印刷できます。

 

クラウドにアップロードしたものは、家族や友達と共有できます。それぞれが見て、欲しいというものをプリントしてプレゼントすることも可能です。

印刷方法の「種類」で選ぶ

ブラザーのプリンターは、プリント方法から大きく2つに分けられます。インクジェットプリンターとレーザープリンターです。

SOHOやホームオフィスなら「レーザープリンター」がおすすめ

レーザープリンターはインクではなく粉状の色材を感光体に吹き付けて、感光体を用紙に押し付ける形で印刷します。印刷直後、用紙が温かいのはレーザープリンターで印刷されたものです。

 

レーザープリンターは、感光体に映し出したイメージを面でプリント用紙に押し付ける形で印刷するので、印刷スピードが速いというメリットがあります。また、絵としての解像度は劣りますが、くっきりと印刷できるので文書の印刷に向いています。

 

コスト面では、レーザープリンターは熱を与えて印刷を行うので、電力消費が少し多めになります。メリットは、大量の印刷物を短時間で印刷できる点と劣化が少なく長期間保存できる点。ビジネスシーンでの利用もおすすめです。

ホームユーズにおすすめ「インクジェットプリンター」

インクジェットプリンターは、用紙に直接液体のインクを吐出する形で印刷します。インクを吐出するヘッドが左右に動きながら印刷を行います。ヘッドの分だけ印刷でき、印刷した分が出てくるので、徐々に用紙が出てきます。

 

印刷スピードは遅いですがインクをしっかり吐出するので、解像度が高い色鮮やかな印刷が可能になります。陰影などのニュアンスのある色のコントラストなどもしっかり再現できます。一般的に写真は、インクジェットプリンターの方がきれいに印刷できます。

 

コストという点では、一般的なインクジェットプリンターはインクのコストがかかるためランニングコストが高めと言われています。ブラザーの大容量インクジェットプリンターはその点でのマイナス面が解消された良いところ取りのプリンターです。

「インク」の使い方で選ぶ

インクはプリンターを使えば使うほど必要になってくるものです。どうしても必要なコストになってくるのでなるべくおさえたいと思いますよね。もう一つ、インクで考慮したいのが交換方法です。

 

インク交換には、インクが入っているカートリッジを交換するカートリッジ方式と、備えられているタンクに直接補充するタンク方式があります。カートリッジ方式は、手が汚れたりインクがあふれたりする心配がなく簡単に交換できます。

ずっとかかるランニング「コスト」で選ぶ

プリンターは、本体は安いけれどインクが高い、と言われていたことがあります。コストには最初にかかる購入コストとその後のランニングコストがあります。1枚当たりの印刷コストが安価なプリンターは機能性が高いということで本体価格が高いように思われるかもしれません。

 

使用頻度はそれほど多くないけれど、外で印刷するよりは家で印刷したい、という方であれば1枚当たりの印刷コストよりは使いたい機能を搭載した本体価格がリーズナブルなものを選ぶのがおすすめです。

 

ブラザーにはインク節約モードがある機種があります。インク節約モードは、輪郭には通常通りのインクを使いつつ内側の部分はインクを減らして印刷します。そのため40%くらいインクを節約できます。

ブラザープリンターの人気おすすめランキング10選

10位

ブラザー工業

レーザープリンター HL-L3230CDW

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラー印刷も高速 

モノクロ・カラーどちらも毎分24枚と高速印刷可能。給紙トレイに250枚まで置けるので、大量印刷も楽々簡単です。スマートフォンに対応、アプリを落としておけばスマートフォンから操作可能です。両面印刷もできます。

 

2way給紙&排紙対応でストレート排紙が可能。封筒やはがきなどの厚手の用紙も反りにくいので安心してプリントできます。分離型のトナーとドラムを採用、消耗品のコストをおさえられるのも魅力です。

プリント方式レーザーサイズ57 x 42 x 27 cm
ネットワーク有線LAN/無線LAN便利機能高速両面印刷

口コミを紹介

スキャンやコピーの機能はありませんが、お客様向け資料を印刷したいときには大活躍。アップル社の製品から(iPhone、iPad)からダイレクトに印刷できてしまうのは驚きました

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ブラザー工業

モノクロレーザープリンターDCP-L2550DW

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大量の文書印刷も楽々

モノクロに特化したプリンター。ドラム・トナー分離方式をとっており、無駄なく使えるのでランニングコストをおさえられるのも魅力。コピー・スキャンどちらの機能もあり、文書類のプリントに関してはコスパが高いビジネスユースにおすすめ。

プリント方式 レーザーサイズ57 x 52 x 43.5cm
ネットワーク有線LAN/無線LAN/USB便利機能スキャン・コピー

口コミを紹介

定年退職して、趣味や勉強などの自分のために割く時間が増えたため、個人使いの安価なプリンターが必要になった。印刷頻度・枚数がさほど多くないと思われたので、「安価な」とはいえ、ノズルのメンテがやっかいなインクジェットではなくレーザを選択。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ブラザー工業

DCP-J582N

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズダウンで置き場所選ばず

角度調節出来て見やすい2.7インチタッチパネルで操作が簡単。前面給紙・前面インク交換なので置く場所に関わらず簡単に給紙やインク交換可能。コピー・スキャン・印刷とシンプル機能をそろえたモデル

プリント方式 インクジェットサイズ47.4 x 45 x 23 cm
ネットワーク無線LAN/USB便利機能スキャン・コピー

口コミを紹介

総評として、プリンター本体は値段のわりに機能がかなり充実していて満足。素材の多少のちゃちさは否めないが、この機能と価格を鑑みれば当然の結果。インクもカートリッジ式の中では1、2を争うコスパかと思う。インク節約モードも素晴らしく、読み物を安く刷りたい自分はそのあたりも気に入っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ブラザー工業

インクジェットプリンターDCP-J982N-W

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族で使えるみんなが欲しい機能搭載

4色カートリッジで写真の印刷もきれいで経済的です。コピーやスキャン、自動両面プリント機能も搭載。DVD等のラベル印刷機能もあります。無線LANに対応しているので、置く場所選ばず。給紙トレーやインクカートリッジも全面配置なので操作がしやすいのも魅力です。

プリント方式インクジェットサイズ47.4 x 45 x 26cm
ネットワーク有線LAN/無線LAN/USB 便利機能スキャン・コピー・自動両面プリント

口コミを紹介

4色インクでも、E社の6色より奇麗。滲まないというか、細かい線の再現性が高い。カラー液晶タッチパネルが使いやすい。印刷スピードも格段に早い。接続も無線で簡単でした。替えインクのコストもライバルより安いので、純正を使用しても良いと思えるレベル。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ブラザー工業

インクジェットプリンター MFC-J738DN

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電話機もファックスも搭載したハイパープリンター

カラーは3色染料インク、黒は顔料インクを採用、写真などの色は鮮やかで黒の文字は細い部分もかすれることなくくっきりと再現。電話には、取りたくない着信をお断りできる機能も搭載。封筒などの印刷も簡単にできる前面手差しトレーも便利です。

プリント方式インクジェットサイズ49 x 48 x 23cm
ネットワークWifiダイレクト/無線LAN/USB便利機能スキャン・コピー・ファックス・電話

口コミを紹介

レビューを参考に、あまり期待せず購入しましたが、大変満足です!
iPadからWiFiで地図をカラーで印刷しましたが、すぐに反応し、きれいな出力でびっくりしました。カラー印刷が遅いと思われる方もあるかも、な位の時間はかかりましたが、ここまできれいなら文句無しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ブラザー工業

モノクロレーザープリンター HL-L5200DW

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなのに両面印刷可能

モノクロに特化したレーザープリンター。耐久枚数は30万枚と非常に耐久性が高いのも魅力です。毎分約40枚印刷できる高速機種です。ランニングコストは、1枚約2円と低コストです。自動両面プリント機能を搭載、印刷コストをさらに削減できます。

 

有線・無線LANを搭載、アプリをダウンロードしてスマートフォンやタブレットからの接続も可能。とワイヤレス通信が可能に。封筒やハガキといった厚紙を反りなく印刷できるストレート排紙。パスワードを入力しないと印刷できないなどセキュリティ印刷機能も搭載

プリント方式レーザーサイズ49 x 45.2 x 37.8 cm
ネットワーク有線LAN/無線LAN/USB便利機能セキュリティ印刷

口コミを紹介

HL-5350時代から、ブラザーのモノクロレーザーから離れられません。
印刷速度や安定性など性能とランニングコストのコスパがいいですよね。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ブラザー工業

インクジェット複合機 MFC-J6583CDW

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

A3にも対応したハイスペックプリンター

A3と大きいにもかかわらず、カラーの印刷速度が約6.0秒、モノクロは5.5秒と高速ファーストプリントに対応。耐久度は約15万ページ、大量印刷も安心してできます。前面の給紙トレーに加えて後背部に多目的トレイを設置、封筒など異なる用紙をセットできます。

 

スキャナー・コピー・印刷、どの機能もA3対応。大きな迫力あるポスターなどの印刷も可能です。大きなもののスキャンができるのも魅力です。A3対応機とは思えないコンパクトサイズ。

プリント方式インクジェットサイズ68.5 x 57.5 x 42.5 cm
ネットワークWifiダイレクト/有線LAN/無線LAN/USB便利機能スキャン・コピー・ファックス・ADF

口コミを紹介

子供のプリントってB4サイズが多いですよね。今まで左右半分ずつA42枚でコピーしていたのが嘘のように楽になりました。さらに自動紙送り機能が付いているのは感動モノです。
デカくて超重いですが、そんなことも気にならないほど快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ブラザー工業

インクジェット複合機 MFC-J903N

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな機体に充実した機能

コンパクトなボディに充実した機能を満載。ランニングコスト、印刷速度ともに効率が良くバランスの取れたモデルです。ファックスはプリントせずにパソコンに送信して画面で確認可能、必要なものだけをプリントすれば良いので、用紙代やインク代も節約できます。

 

コピー・スキャン・ファックスといった多機能なプリンターを探している方におすすめ。プリントもラベル印刷まで可能。2.7インチタッチパネルを搭載、見やすく操作性の良いプリンターです。

プリント方式インクジェットサイズ47.8 x 44.8 x 25 cm
ネットワーク有線LAN/無線LAN/USB便利機能 スキャン・コピー・ファックス・ADF

口コミを紹介

接続や設定はスマホからQRコードを読み取るとブラザーのYouTube公式に繋がります。それを見ながらWi-Fiとダイレクトプリントの設定やNFCおサイフケータイが付いているスマホならダイレクトプリントも楽だとWi-Fiにも繋ぎ方もYouTubeでの解説を見ながら出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ブラザー工業

インクジェット複合機 DCP-J988N

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファーストタンク搭載のマルチプリンター

使用頻度が多いからランニングコストはできるだけおさえたい、という方におすすめのプリンターです。大容量インクカートリッジ搭載のファーストタンクモデル。通常のプリンターの半分のコストにおさえられます。1回のインク交換で1年以上使えるので交換の手間も少なくて済みます。

プリント方式インクジェットサイズ 50.6 x 46.6 x 27.3 cm
ネットワークWifiダイレクト/有線LAN/無線LAN/USB便利機能スキャン・コピー・自動両面プリント

口コミを紹介

安物のインクジェットを買っては短期間に壊れることを繰り返したので巨大インクの新機種に変えました。カラー印刷が爆速なのにたまげました。インクはカタログ通りの爆量です。スターターインクを使っていますが、黒の残量が2300枚分、その他の色が900枚分です。これまでの機種とは次元が違います。印刷品位もかなりハイレベルです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ブラザー工業

インクジェット複合機 MFC-J1605DN

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電話も付いたマルチプリンター

印刷だけでなく、ファックス、電話、コピーと多機能なプリンター。電話は迷惑電話を防止する機能も付いてさらに便利。液晶2.7型のタッチパネルで操作性も抜群です。USBで直接印刷できるのも魅力。

 

大容量インクカートリッジのファーストタンクを搭載。インク残量が表示され、インク切れの状態になってからも200枚は印刷が可能。ファーストタンクは、1年間交換が必要にないほどの大容量、カートリッジ交換の手間が減るのも嬉しいです。

プリント方式インクジェットサイズ 53.5 x 53 x 27.3 cm
ネットワークWifiダイレクト/有線LAN/無線LAN/USB便利機能スキャン・コピー・ファックス・子機付き電話・ADF

口コミを紹介

丁度電話FAXも換えたかったのでこの全部入り複合機にしました。買って半年以上経ちますが、やっとインクが2つほどなくなりました。両面印刷、自動紙送り、連続コピー、紙に出さなくてもFAXを見られるし、素晴らしいです。
スマフォアプリも秀逸です。家族も何も悩むことなく、直感操作で使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブラザープリンターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5816737の画像

    ブラザー工業

  • 2
    アイテムID:5816730の画像

    ブラザー工業

  • 3
    アイテムID:5816704の画像

    ブラザー工業

  • 4
    アイテムID:5816693の画像

    ブラザー工業

  • 5
    アイテムID:5816686の画像

    ブラザー工業

  • 6
    アイテムID:5816660の画像

    ブラザー工業

  • 7
    アイテムID:5816638の画像

    ブラザー工業

  • 8
    アイテムID:5816632の画像

    ブラザー工業

  • 9
    アイテムID:5816600の画像

    ブラザー工業

  • 10
    アイテムID:5816589の画像

    ブラザー工業

  • 商品名
  • インクジェット複合機 MFC-J1605DN
  • インクジェット複合機 DCP-J988N
  • インクジェット複合機 MFC-J903N
  • インクジェット複合機 MFC-J6583CDW
  • モノクロレーザープリンター HL-L5200DW
  • インクジェットプリンター MFC-J738DN
  • インクジェットプリンターDCP-J982N-W
  • DCP-J582N
  • モノクロレーザープリンターDCP-L2550DW
  • レーザープリンター HL-L3230CDW
  • 特徴
  • 電話も付いたマルチプリンター
  • ファーストタンク搭載のマルチプリンター
  • コンパクトな機体に充実した機能
  • A3にも対応したハイスペックプリンター
  • コンパクトなのに両面印刷可能
  • 電話機もファックスも搭載したハイパープリンター
  • 家族で使えるみんなが欲しい機能搭載
  • サイズダウンで置き場所選ばず
  • 大量の文書印刷も楽々
  • カラー印刷も高速 
  • 価格
  • 62000円(税込)
  • 28000円(税込)
  • 36800円(税込)
  • 61560円(税込)
  • 30028円(税込)
  • 28065円(税込)
  • 24500円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 18800円(税込)
  • 22800円(税込)
  • プリント方式
  • インクジェット
  • インクジェット
  • インクジェット
  • インクジェット
  • レーザー
  • インクジェット
  • インクジェット
  • インクジェット
  • レーザー
  • レーザー
  • サイズ
  • 53.5 x 53 x 27.3 cm
  • 50.6 x 46.6 x 27.3 cm
  • 47.8 x 44.8 x 25 cm
  • 68.5 x 57.5 x 42.5 cm
  • 49 x 45.2 x 37.8 cm
  • 49 x 48 x 23cm
  • 47.4 x 45 x 26cm
  • 47.4 x 45 x 23 cm
  • 57 x 52 x 43.5cm
  • 57 x 42 x 27 cm
  • ネットワーク
  • Wifiダイレクト/有線LAN/無線LAN/USB
  • Wifiダイレクト/有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • Wifiダイレクト/有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • Wifiダイレクト/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB 
  • 無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN/USB
  • 有線LAN/無線LAN
  • 便利機能
  • スキャン・コピー・ファックス・子機付き電話・ADF
  • スキャン・コピー・自動両面プリント
  • スキャン・コピー・ファックス・ADF
  • スキャン・コピー・ファックス・ADF
  • セキュリティ印刷
  • スキャン・コピー・ファックス・電話
  • スキャン・コピー・自動両面プリント
  • スキャン・コピー
  • スキャン・コピー
  • 高速両面印刷

互換性のあるインクを使ってコストを下げられる?!

プリンターを使うと必ず必要になるのがトナーかインクですよね。インクの中にはお値段がびっくりするほど高いものもあり、買うのをためらってしまうことがあるかもしれません、そんな時に使えるのが、互換インクです。互換インクには安価な使いやすいお値段のものもあります。

 

とはいえ、互換インクにも様々な種類があります。必ず所持しているプリンターに対応しているものを選びましょう。こちらのページでは、おすすめの互換インクをランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

まとめ

ここまでブラザーのプリンターのおすすめランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたか。電話付き・ファックス付きなどプリント機能以外の充実も魅力です。自分にとって使いたい機能が揃った使い勝手の良いプリンターなら楽々ですね。

 

今回の記事では「ブラザー」のプリンターに絞って紹介させていただきましたが、プリンターはブラザー以外にもさまざまなメーカーから発売されています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年09月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ