【現役家電販売員監修】洗濯機の人気おすすめランキング16選

記事ID11476のサムネイル画像

衣類の汚れやニオイを落とすのに必要な洗濯機。今回はおすすめの洗濯機をランキング形式でご紹介します。一人暮らし用の安い小型なものや大家族用の大型のものなど、洗濯機の容量別にランキングを作成しました。パナソニック・日立といった人気メーカーを網羅した選び方も参考にしてください。

最新洗濯機は「洗剤自動投入・スマホ連動」がトレンド

洗濯は意外に時間がかかってしまう家事のひとつ。洗濯機が回っている間は出かけにくかったり、干すのに時間がかかったりと拘束時間が気になりますよね。最新の洗濯機は、洗剤の自動投入とスマホ連動がトレンド。

 

あらかじめ洗剤・柔軟剤をタンクに入れておくことで、自動的に適量を投入してくれます。また、スマホと連動すると、外出先から洗濯機の操作が可能に。洗濯のし忘れを防止し、翌日着ていく服がないという緊急事態を回避できます。

 

今回はそんな洗濯機を現役家電量販店店員のたろっささん監修のもと、洗濯機の選び方やおすすめ商品のランキングを紹介します!

現役家電販売員が教える洗濯機の選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

たろっさ

現役家電販売員

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多い洗濯機ですが以下の4つの観点で選べばまず間違いないです!

1.目安容量を確認しよう
2.搬入経路は大丈夫?
3.洗濯機の形の特徴
4.その他の付加機能

1.目安容量を確認しよう

たろっささんの画像

たろっささん

一般的な成人が一日に出す洗濯物の量はおよそ1.5kgと言われています。ここにシーツや毛布などの大きいものを洗う可能性も考えて大体1~2kg程度プラスすればおおよその目安となる量になります。しかしながら本当に毎日洗濯を行うのであればこれでいいですが、貯めることがあったり、週末にまとめて…という習慣があるのであれば少し余裕のあるものを選ぶのが王道。一人暮らしでも7kgや二人暮らしでも11kgなどは大きすぎるということはないでしょう。

2.搬入経路は大丈夫?

たろっささんの画像

たろっささん

洗濯機や冷蔵庫、テレビなどの大型家電全般に言えることですが、搬入するスペースは皆さん確認するものの、搬入の経路はなかなか見てこないという方が多いです。実際に廊下が渡せない、内階段が引っかかる…などの事情で断念するケースもあり、そこも入念にチェックしたほうが良いでしょう。特に直角に曲がっている廊下や最近の「玄関だけ1Fの内階段を上がって2Fに居住区のあるアパート」などは注意が必要です。自身での採寸に自信がない場合は家電量販店などで行っている見積もりの搬入を事前に行うとスムーズです。

3.洗濯機の形の特徴

たろっささんの画像

たろっささん

洗濯機には大きく分けて二槽式、縦型、ドラム式と方式があります。二槽式は昔ながらの洗濯機で洗濯槽と脱水槽が分かれているタイプ。横に広いため一人暮らし物件などでは入らない場合もありますが、全てを手動で行えるので心いくまで選択ができるというのが大きなメリットです。縦型は一番一般的な全自動洗濯機で、場所も取らず洗浄力も高いのが特徴。ドラム式は乾燥までしっかりと行える機種がほとんどなので、手間を省きたい方には最適です。自分の生活スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

4.その他の付加機能

たろっささんの画像

たろっささん

スマホとの連携機能がついているモデルを選ぶと、外出先からでも洗濯機の電源を入れたり乾燥を行うことが可能です。帰宅に合わせて洗濯が終わっていれば後は出して畳むだけ。非常に便利に使用できるでしょう。また洗剤の自動投入も非常に便利で、これは洗剤をケースに入れておけば自動で最適な分量を洗濯に使用してくれる機能です。洗濯物を入れてスイッチを押すだけで全て機械任せにできるのがメリットです。

より拘りたい方に!編集部がおすすめするその他の選び方

ここでは編集部がおすすめするその他の洗濯機の選び方をご紹介します。サイズ・乾燥機能・搭載された機能・メーカーなど、洗濯機を選ぶうえで重要な要素を解説しています。

より余裕がある「本体サイズ」の洗濯機を

洗濯機を購入するときには、本体サイズの確認は必須。搬入経路や設置スペースを考慮して選んでください。

 

設置する場所にピッタリのサイズだと、洗濯中の振動で本体が壁にぶつかることがあります。集合住宅などで防水パンが設置してある場合、その上に設置できるサイズの洗濯機を選ぶ必要も。

 

マンション・アパートでは、エレベーターや階段といった搬入経路の幅も確認しておくと安心です。

乾燥機能で選ぶ

一口に乾燥機能といっても実は「ヒーター式」「ヒートポンプ式」「送風乾燥」の3種類があります。ここでは、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

縦型洗濯機は「ヒーター乾燥」が主流

ヒーター乾燥は、電気ストーブのようにヒーターで温風を発生させて乾燥させる方法。タオル類をカラッとあたたかく仕上げられることが特徴です。乾燥時に出た水蒸気を冷水で除湿するものを「水冷除湿タイプ」、そのまま外へ排気するものを「排気タイプ」といいます。

 

冷水除湿タイプでは水道水を使うので、水道代がかかることがデメリットに。排気タイプは部屋の温度・湿度が上昇しやすいことがデメリットです。

 

また、ヒーター乾燥はヒートポンプ式よりも温度が高いので、衣類が傷みやすい傾向にあり、電気代も高くなってしまうというデメリットもあります。

「ヒートポンプ式」の乾燥機は衣類を傷めにくい

ドラム式に搭載されていることが多いヒートポンプ式は、60度前後の温風で乾燥させます。衣服を痛めにくいことが特徴です。また、ヒーター式より省エネであることもポイント。おしゃれ着などを乾かすなら、ヒートポンプ式がおすすめです。

 

また、省エネの洗濯機について以下の記事でランキング形式でまとめているので、是非参考にしてみてください。

乾かす時間を短縮したいだけなら「送風乾燥」も

送風乾燥は熱を利用せず、風を当てて洗濯物を乾かします。ヒートポンプ式やヒーター式とは異なり、完全に洗濯物を乾かす機能ではありません。脱水と同じく、衣類が乾くまでの時間を短縮する目的で使用してください。使用後には洗濯物を干す必要があります

 

以下の記事で乾燥機付きの洗濯機についてランキング形式でまとめているので、是非参考にしてみてください。

搭載された機能で選ぶ

自身の生活スタイルによっては、機能を重視して選ぶことを重要です。ここでは、洗濯機のトレンド機能や人気の高い便利な機能をご紹介していきます。

「AIつき洗濯機」なら洗濯物ごとに最適な選択を

洗濯機に入れた洗濯物の素材や量、汚れ方などをAIが自動判定し、最適な洗い方を選んでくれる機能です。上述した洗剤自動投入もセットになっていて、たいていはボタン1つで済んでしまうくらいに簡単に洗濯ができます。

夜間に使用するなら「45dB以下」の静かなものを

毎日忙しく過ごしていて昼間に洗濯機を回せない、どうしても夜間に洗濯機を回さなければいけないと言う人もいるでしょう。そんな人は「静音」仕様の洗濯機がおすすめです。

 

環境省では夜間の騒音の基準を45dB以下としていますので、夜間に洗濯機を使用せざる得ない人は、45dB以下の「静音」仕様の洗濯機を探してみてください。

 

以下のリンク先で静かな洗濯機についてランキング形式でまとめているので、是非参考にしてみてください。

メンテナンスを省ける「自動お掃除機能」も人気

洗濯機を使い続けていると洗剤のカスが洗濯槽に残ってしまいカビ発生の原因になってしまったり、夏場だと菌の繁殖も気になってきます。かと言って逐一洗濯機のメンテナンスをするのも一苦労です。

 

洗濯機の中には、洗濯槽を抗菌素材でカバーしていたり、余った水で洗濯槽を洗浄し、菌の増殖やカビの発生を抑止する「自動お掃除」機能がついているものがあります。洗濯槽の汚れやカビが気になる人は、是非こういった機能がついている洗濯機を選ぶと良いでしょう。

「タイマー付き」なら忙しくてもしっかり洗濯できる

洗濯機を回して外出をすると、帰ってきた頃にはとっくに洗濯が終わっていて、何だかにおうという経験はないでしょうか。洗濯物が洗濯槽に残ったまま放置してしまうと雑菌が繁殖して、嫌なニオイが染み付いてしまうのです。

 

忙しい上に外出が多く、どうしても外出中に洗濯機を回したいなら「タイマー付き」の洗濯機がおすすめです。ちょうど帰宅時間に合わせて洗濯が終了するようタイマーをセットしておけば、帰宅してすぐ干す事ができ、雑菌の繁殖を防ぎニオイの防止につながります。

頑固な汚れに強い「温水洗浄機能」もおすすめ

シミや黄ばみ・ニオイなどの汚れを落としやすくするのが温水洗浄機能。洗濯で使う水温を高め、頑固な汚れを落としやすくします。中には、すすぎも温水でおこなうモデルがあるので、洗濯物の乾燥時間を短縮できることもポイント。

 

小さなお子さまが汚してしまった服を洗濯するときや、冷たい水に解けにくい粉末洗剤を使っている方におすすめです。

 

以下の記事で温水洗浄機つきの洗濯機についてランキング形式でまとめているので、是非参考にしてみてください。

学生や1人暮らしの方は「安さ」で選ぶ

お金の自由度が少ない学生の方や、他のことにお金を費やしたい方は、なるべくコスパの良い商品を選びましょう。最近は技術も向上しているので、安くても優秀な商品がたくさんあります。特に有名メーカーではない商品もしっかり口コミをチェックすれば安心して安く購入できます。

 

日本の有名メーカーの中だと「日立」と「シャープ」が安くて優秀です。なるべく無駄な機能を省いて、シンプルで使いやすい商品を選びましょう。

 

以下の記事で安い洗濯機についてまとめているので、是非参考にしてみてください。

メーカーで選ぶ

買ってよかったと思える洗濯機と出会うためには、メーカーについても知っておきましょう。人気の高い「パナソニック」「日立」「シャープ」「東芝」について紹介します。

泡洗浄がおすすめの「パナソニック(Panasonic)」

パナソニックは大阪府に本社を構える電機メーカー。洗濯機では、洗剤を泡立てて洗う「泡洗浄」や黄ばみや嫌なニオイの予防におすすめの「温水泡洗浄W」といった、洗浄力を高める機能を搭載している傾向にあります。

 

他にも「約30℃槽洗浄コース」「約60℃カビクリーンコース」など、洗濯槽を衛生的に保つ機能や、洗剤・柔軟剤の自動投入機能を搭載したモデルも人気です。

スマホ連動・AI洗濯もできる「日立(HITACHI)」

日本を代表する総合電機メーカー・日立。スマホと連携して外出先から洗濯できる機能や洗濯をより最適化できる「AIお洗濯」などの機能が人気です。もみ洗い・たたき洗い・押し洗い・ナイアガラ ビート洗浄といった洗浄力を上げる機能も。

 

「デリケートコース」や「おしゃれ着コース」も搭載し、大切な服を家で洗濯できることもポイントです。

節水するなら「シャープ(SHARP)」がおすすめ

独自技術の「プラズマクラスター」が有名な電機メーカー・シャープ。洗濯機においては縦型洗濯機に採用している「穴なし槽」が注目を集めています。文字通り洗濯槽に穴がないので、洗濯槽と外の槽に水が入り込みにくく、節水・黒カビ予防に効果的。

 

ドラム式には繊維の奥の汚れまで落とせる「マイクロ高圧洗浄機能」が人気です。他にも、ヒートポンプとヒーター式を併用した「ハイブリット乾燥」を搭載しているモデルも。独自の機能が豊富なメーカーです。

衣類に優しく洗浄するなら「aqua」がおすすめ

アクアは様々な家電の中でも特に洗濯機が有名なメーカーです。アクアの洗濯機の特徴は力強い洗浄で汚れを落としてくれるにもかかわらず生地には優しく衣類を傷めにくいという点です。

 

その高い技術力からホテルのランドリーでもアクア製の洗濯機が多く使われているほか、約70%のコインランドリーでもアクア製の洗濯機が使用されています。

「アイリスオーヤマ」なら豊富なラインナップの中から選べる

アイリスオーヤマと言えば製品の安さが魅力でしょう。どの商品もコスパが良く、ドラム式や縦型洗濯機、容量も5~10kgまであり豊富なラインナップの中から製品を選ぶことができます。また、部屋干しモードや洗剤自動豆乳モードなど機能性が高い商品ばかりです。

「東芝(TOSHIBA)」は夜間・マンションでも

東芝の洗濯機は低騒音・低振動のモデルが多いことで人気です。特に「アクティブS-DDモーター」を搭載しているモデルは、ギアやベルトがないので騒音を軽減してくれます。マンションやアパートにお住まいの方におすすめです。

 

他にも「ウルトラファインバブル洗浄」という機能にも注目。繊維の隙間よりも細かい泡で、繊維の奥についた汚れも効率よく落とせます

 

以下の記事で洗濯機のおすすめメーカーについてランキング形式でまとめているので、是非参考にしてみてください。

洗濯容量から選ぶ

洗濯機を利用する人数によって適切な容量が異なります。何人分のモノを選択するかで容量を選ぶようにしましょう。

一人暮らしなら「7kg以下」がおすすめ

一人暮らしの場合、毎日洗濯するのはなかなか難しく面倒ではないでしょうか。一人暮らしの人は、3日に一度くらい洗濯することを想定して、洗濯容量が「7kg以下」のものがおすすめです。この容量のモデルは価格が安く、一人暮らしに適したサイズとなっています。

2人暮らしなら「7〜10kg」程度がおすすめ

2人暮らしの場合、2日洗濯物をためるだけでも約6kgになってしまうので、余裕を持って「7〜10kg」の洗濯機を選ぶのがおすすめです。

4人以上の家族なら「10kg以上」がおすすめ

4人暮らしで小さな子どもがいる家庭や週末にまとめて洗濯する人は、「10kg以上」の大きめサイズを選ぶのがおすすめです。さらに、6人以上の大家族の場合は、「12kg以上」の大型洗濯機を選ぶと、たくさんの洗濯物を一度に干すことができて便利です。

今家電量販店で一番売れてる洗濯機を紹介!

たろっささんの画像

たろっささん

家電量販店で実際に今一番売れている洗濯機を紹介します!

ナノイーや洗剤自動投入などが付いた最新ドラム式洗濯機

パナソニックの洗剤自動投入、ナノイーがついた最新ドラム式洗濯機です。スマホにも対応しており、外から仕上がりの時間を設定できる他、投入する洗剤の銘柄をあらかじめ送信しておけばその銘柄の能力に合わせた洗剤を自動で投入してくれるのも大きなポイント。

 

毎回掃除を行わないといけない乾燥フィルターがステンレス製になっているため、汚れがさっと取れやすいのも嬉しいポイントです。

サイズ 幅639×高さ1058×奥行722mm 洗濯容量/乾燥容量 洗濯11.0kg/乾燥6.0kg
標準使用水量 78L 設置可能防水パン 奥行(内寸)540mm以上
標準水量 55~78L 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 32db/41db/46db
自動お掃除機能

予算別!価格帯ごとの違いとおすすめモデル

洗濯機の購入を考えている人の中には、予算を決めている方も多いのではないでしょうか。ここでは洗濯機を値段で分けて、おすすめの商品をご紹介していきます。5万円以下・10万円以下・20万円台の人気モデルを紹介しているので、参考にしてください。

5万円以下!1人暮らしにぴったり『東芝 AW-5G8』

東芝のAW-5G8は洗濯時間を自動で調整してくれることが強みです。衣類の絡みを自動でほぐし、時間を調節する「からみまセンサー」のような機能は同価格帯にもありますが、水温に合わせて洗濯時間を調節する「温度センサー」はこの製品の大きな特徴です。

 

また、乾燥力の高さも強みです。この製品には「部屋干しモード」が搭載されています。このモードでは通常より脱水時間を長くして、部屋干しの場合でもしっかりと衣類を乾燥させることができるようにしています。

 

最低水位が12Lと、節水につながるのもこの製品の特徴です。洗濯機の中ではお手頃価格かつ、節水もできるのでコスト面で非常に優秀な洗濯機と言えます。

10万円以下!洗浄力が魅力の『パナソニック NA-FA80H7』

パナソニックのNA-FA80H7は洗浄力が強みです。「パワフル滝洗い」と「パワフル滝すすぎ」という二つの洗浄に特化した機能が搭載されています。洗うだけでなく、すすぎにも特化した製品は同価格帯の中では大きな特徴です。

 

また、衣類の出し入れのしやすさも強みです。この製品は「スッキリフロント」を採用しており、他の製品よりも洗濯槽が本体の前面にあるので、衣類の出し入れがしやすく足腰への負担を軽減させることができます。

20万円台!乾燥の仕上がりにこだわるなら『パナソニック NA-VX900AR-N』

パナソニックのNA-VX900AR-Nは、洗浄コースの豊富さが強みです。黄ばみの除去に最適な40℃付け置きコースだけでも2種類あり、その他にもタオルをふわふわに仕上げられるタオル専用コースなど、洗浄コースの種類の多さは同価格帯の中でも魅力的です。

 

また、清掃能力の高さも強みです。60度のスチームを用いて、洗濯機に付着しがちな黒カビの発生を抑制し、清潔性を保てます。こちらは日本食品分析センターでの検証で証明されており、効果の高さには定評があります。

1人暮らし向け洗濯機の人気おすすめランキング6選

高い洗浄力で洗濯もラクラク

3枚のビッグウィングと3個の突起をもつビッグウィングパルセーターでうねりを起こし、しっかり洗浄してくれます。また本体がコンパクトながらも洗濯槽の位置が高いので洗濯物を取り出しやすいこともポイントです。

サイズ 幅562×奥行572×高さ880 mm 洗濯容量/乾燥容量 6kg/-
標準使用水量 116L 設置可能防水パン 540mm
標準水量 - 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 37dB/46dB
自動お掃除機能

朝晩のすき間時間に役立つ洗濯機

シンプルなデザインと短い洗濯時間が魅力の縦型の洗濯機になります。様々な種類のコースとタイマー機能で毎日の洗濯をサポートしてくれます。また一人暮らしにも十分な5.5kgの容量があるので、ゆとりのある選択が可能です。

サイズ 約 565 × 545 × 895 mm 洗濯容量/乾燥容量 5.5kg/-
標準使用水量 100 L 設置可能防水パン -
標準水量 - 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 50 Hz:700 rpm 60 Hz:830 rpm
自動お掃除機能

1人暮らしにぴったりの機能満載な小型洗濯機

「しわケアモード」でアイロンをかける時間や手間を短縮できたり、最短10分で洗濯できる時短コースなど1人暮らし向けの機能が満載の小型洗濯機です。しわになりやすい衣類に対して「しわケア脱水」「弱脱水」などの機能もついています。

サイズ 幅526×奥行500×高さ888 洗濯容量/乾燥容量 5.5kg/2.0kg
標準使用水量 90L 設置可能防水パン 幅490×奥行500以上
標準水量 12~46L 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 39dB/50dB/-
自動お掃除機能 ×

口コミを紹介

7年前の洗濯機と比較したからでしょうか、とても静かです。洗いを◯分、すすぎを◯分で◯回、脱水を◯分、など、自分なりの洗濯設定を記憶してくれるので、以降は数プッシュで洗濯できて簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

浸透パワフル洗浄でしっかり洗える

衣類のからみ具合をチェックしてほぐし時間をコントロールしてくれます。節水&便利な機能として脱水時間を長くすることで、風の力でしっかり水分を飛ばしてくれるので部屋干しをする方にもおすすめです。

サイズ (幅)56.3㎝×(奥行)58.0㎝×(高さ)95.7㎝ 洗濯容量/乾燥容量 5.0kg/-
標準使用水量 約99L 設置可能防水パン 奥行内寸550mm以上
標準水量 - 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 洗い 約38dB / 脱水 約43dB
自動お掃除機能 -

口コミを紹介

機能メニューはシンプルだけど前の洗濯機は機能がたくさんついていても使わなかったので安くてシンプルでたくさん洗えるものを色々探し、コレにたどり着きました!結果満足!

出典:https://www.amazon.co.jp

小型ながらパワフルな洗濯力を持つ小型洗濯機

小型ながらパワーのある洗濯機です。水平、垂直と立体的に水流を起こして水や衣類を念入りにかくはんし、衣類が少なく水位が低い時でもしっかりと汚れを落としてくれます。また、さらにがんこな汚れは「つけおきコース」が便利です。

 

毎日の槽洗浄から大掃除用の槽洗浄まで3つのモードを搭載し、洗濯槽を衛生的に保てるようになっているので、衛生面においても安全です。洗濯時のからみをほぐし、軽い力でもするすると簡単に洗濯物を取り出すことができる「からみほぐし」も評判です。

サイズ 572 x 562 x 880 洗濯容量/乾燥容量 5kg/1.5kg
標準使用水量 114L 設置可能防水パン 540mm以上
標準水量 - 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 39dB/49dB/-
自動お掃除機能 ×

口コミを紹介

この洗濯機の前は同じくパナソニックのやさしい愛妻号だったんです。なんと25年間使えました。だからこの度もパナソニックしか考えてなかったので、安く購入できて良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

節水しながらしっかり洗濯ができる1人暮らしよう洗濯機

1回あたり2Lペットボトル約13本分を節水できる洗濯機です。穴なし槽なため黒カビの発生をブロックし清潔な状態を保ってくれるほか、糸くずフィルターやパルセーター、バランサーといった洗濯物に直接触れるものはしっかりと抗菌防カビ加工がしてあります。

 

デリケートな衣類を洗うのに適している「おしゃれ着コース」やしっかりと汚れを落とす「ガンコ汚れコース」、スピーディな洗濯ができる「時短コース」などのほか、「シワ抑えコース」洗濯物の絡みを抑える「ほぐし運転」など、様々な機能が備わっています。

サイズ 幅565×奥行590×高さ985mm 洗濯容量/乾燥容量 5.5kg/3.5kg
標準使用水量 75L 設置可能防水パン 530mm以上
標準水量 20~37L 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 40dB/46dB/47dB
自動お掃除機能

口コミを紹介

一人暮らし用に買いましたが、特に問題なく満足です。乾燥は少量で3時間は必要です。乾燥メインではないのでその点は仕方ないかもですね。この値段で乾燥までついて大満足です。サイズも小さめで良し。

出典:https://www.amazon.co.jp

1人暮らし向け洗濯機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:6365345の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:6362466の画像

    パナソニック

  • 3
    アイテムID:6381364の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 4
    アイテムID:6362460の画像

    ハイアール

  • 5
    アイテムID:6365354の画像

    ツインバード工業(Twinbird)

  • 6
    アイテムID:6365361の画像

    パナソニック

  • 商品名
  • NA-VX900BL
  • シャンパン NA-F50B13-N
  • グランホワイト
  • ブラックhaier JW-C55D-K
  • WM-EC55W
  • NA-F60B14
  • 特徴
  • ナノイーや洗剤自動投入などが付いた最新ドラム式洗濯機
  • 小型ながらパワフルな洗濯力を持つ小型洗濯機
  • 浸透パワフル洗浄でしっかり洗える
  • 1人暮らしにぴったりの機能満載な小型洗濯機
  • 朝晩のすき間時間に役立つ洗濯機
  • 高い洗浄力で洗濯もラクラク
  • 価格
  • 298000円(税込)
  • 円(税込)
  • 43300円(税込)
  • 円(税込)
  • 28620円(税込)
  • 43024円(税込)
  • サイズ
  • 幅639×高さ1058×奥行722mm
  • 572 x 562 x 880
  • (幅)56.3㎝×(奥行)58.0㎝×(高さ)95.7㎝
  • 幅526×奥行500×高さ888
  • 約 565 × 545 × 895 mm
  • 幅562×奥行572×高さ880 mm
  • 洗濯容量/乾燥容量
  • 洗濯11.0kg/乾燥6.0kg
  • 5kg/1.5kg
  • 5.0kg/-
  • 5.5kg/2.0kg
  • 5.5kg/-
  • 6kg/-
  • 標準使用水量
  • 78L
  • 114L
  • 約99L
  • 90L
  • 100 L
  • 116L
  • 設置可能防水パン
  • 奥行(内寸)540mm以上
  • 540mm以上
  • 奥行内寸550mm以上
  • 幅490×奥行500以上
  • -
  • 540mm
  • 標準水量
  • 55~78L
  • -
  • -
  • 12~46L
  • -
  • -
  • 運転音(洗濯/脱水/乾燥)
  • 32db/41db/46db
  • 39dB/49dB/-
  • 洗い 約38dB / 脱水 約43dB
  • 39dB/50dB/-
  • 50 Hz:700 rpm 60 Hz:830 rpm
  • 37dB/46dB
  • 自動お掃除機能
  • ×
  • -
  • ×

下記の記事では、1人暮らしにおすすめの洗濯機をランキング形式でご紹介します。新生活を始める方、それを応援したいという方はぜひ参考にしてください。

7kg〜10kg洗濯機の人気おすすめランキング5選

時短洗濯が嬉しい忙しい人の味方の洗濯機

高濃度洗剤を少ない水で溶かし、衣類に染み込ませた後にシャワーをかけながらしっかりと洗浄する「シャワー浸透洗浄」や、高速回転で衣類の水分を飛ばし時間を短縮できる「風脱水」などの機能が充実。忙しくて洗濯に時間をかける事ができない人に評判です。

 

ケース状の糸くずフィルターも取り出す安く捨てやすいと好評ですが、反面ベルト駆動なため、音が大きめで気になるという意見も聞かれています。

サイズ 568×540×986mm 洗濯容量/乾燥容量 7kg/2kg
標準使用水量 108L 設置可能防水パン 530mm以上
標準水量 57L 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 41dB/-/-
自動お掃除機能 ×

口コミを紹介

これと同じ前の機種を15年前に買って壊れたので、同じのを買いました。フィルターが箱型になっていてとっても掃除しやすいです。4万ちょっとで買えてコスパも最高。

出典:https://www.amazon.co.jp

コストパフォーマンスが非常によい7kg容量の洗濯機

同容量の洗濯機に比べて価格が安く、インバーターや風呂ポンプがついていながらコストパフォーマンスがよいと評判の洗濯機です。ガラストップなため洗濯中の中の様子が見れる点も人気があります。

 

価格が安いとはいえ、ガンコな汚れもしっかりと落とす「3Dパワフル洗浄」や繊維の奥の汚れもしっかりと落としてくれる「高濃度クリーン浸透」など、安さだけではないところをしっかりと見せてくれます。

サイズ 565 x 550 x 965 洗濯容量/乾燥容量 7kg/-
標準使用水量 98L 設置可能防水パン 660mm以上
標準水量 - 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 35dB/38dB/-
自動お掃除機能

口コミを紹介

コンパクトで音も静か、性能もいいと思います。インバータの割に価格も安かったためコストパフォーマンスもいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

強力な洗浄力と自動お掃除機能によって毎日快適な洗濯ができる

約100億個の泡と洗剤の力で繊維の奥の汚れを落とす「ウルトラファインバブル洗浄」を採用した東芝のザブーンシリーズの洗濯機です。DDモーターの生み出すパワフルなザブーン水流によってガンコな汚れもしっかりと落としてくれると評判です。

 

また「自動お掃除機能」がついていて、最終すすぎの水を使って洗濯槽の外側や内側、槽の底などまで自動で掃除してくれて、層を除菌し、カビを発生させないようにしてくれる点も大変好評です。ガラストップの高級感あふれるデザインも人気の要因でしょう。

サイズ 569 x 600 x 980 mm 洗濯容量/乾燥容量 7kg/3kg
標準使用水量 98L 設置可能防水パン 510mm以上
標準水量 53~12L 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 26dB/37dB/-
自動お掃除機能

口コミを紹介

決め手となったのは超静音設計なところで夜に洗濯することが多い自分としては感動的でした。大げさかもしれませんがそこまでのインパクトがありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

一般的な防水パンに設置できるコンパクトなドラム式洗濯機

ドラム式ながら一般的な防水パンに設置できるスリムなコンパクトタイプのドラム式洗濯機で、小さな部屋でドラム式の洗濯機を使いたいならこの洗濯器を選ぶと良いでしょう。ドアの開閉もしやすく、洗濯ものを取り出しやすい高さになっています。

 

痛みやすい生地の衣類を優しく洗ってくれる「おしゃれ着コース」やスピーディーに選択を済ませたいときに役立つ「時短コース」など、嬉しい機能がついています。

サイズ 幅640×奥行600×高さ1,039 洗濯容量/乾燥容量 7kg/3.5kg
標準使用水量 57L 設置可能防水パン 540mm以上
標準水量 11~21L 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 24dB/39dB/36dB
自動お掃除機能 ×

口コミを紹介

実際買ってみたら大正解でした。・Yシャツを乾燥させてみても全然シワにならない。・音がめちゃくちゃ静か。今年になっていろんな買い物しましたが、満足度でいったらこの洗濯機がダントツNo1です。

出典:https://www.amazon.co.jp

高い洗浄力が強み

こちらの製品には「パワフル滝洗い」と「パワフル滝すすぎ」の2つの機能が付いており、衣類の洗浄からすすぎまでしっかりと行うことができます。洗濯後のちょっとした汚れが気になるという方に特におすすめです。

 

また、衣類の出し入れがしやすいように、出し入れの部分が少し洗濯機の前面についているので、足腰への負担を軽減することもできます。

サイズ 61.8 x 59.9 x 102.4 cm 洗濯容量/乾燥容量 8kg/2kg
標準使用水量 97L 設置可能防水パン -
標準水量 - 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 32dB/39dB/-
自動お掃除機能 -

口コミを紹介

とても静かで、夜に回しても全く問題ありません。以前使っていた同社のものよりも大きめなので、どんどん洗えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7kg〜10kg洗濯機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6365370の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:6362485の画像

    シャープ

  • 3
    アイテムID:6362482の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 4
    アイテムID:6362479の画像

    アクア

  • 5
    アイテムID:6362476の画像

    日立

  • 商品名
  • NA-FA80H7
  • ドラム式 洗濯乾燥機 ES-S7D-WR
  • 全自動洗濯機ZABOON AW-7D8-W
  • アクア 全自動洗濯機
  • 全自動洗濯機 白い約束 NW-R704 W
  • 特徴
  • 高い洗浄力が強み
  • 一般的な防水パンに設置できるコンパクトなドラム式洗濯機
  • 強力な洗浄力と自動お掃除機能によって毎日快適な洗濯ができる
  • コストパフォーマンスが非常によい7kg容量の洗濯機
  • 時短洗濯が嬉しい忙しい人の味方の洗濯機
  • 価格
  • 139580円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • サイズ
  • 61.8 x 59.9 x 102.4 cm
  • 幅640×奥行600×高さ1,039
  • 569 x 600 x 980 mm
  • 565 x 550 x 965
  • 568×540×986mm
  • 洗濯容量/乾燥容量
  • 8kg/2kg
  • 7kg/3.5kg
  • 7kg/3kg
  • 7kg/-
  • 7kg/2kg
  • 標準使用水量
  • 97L
  • 57L
  • 98L
  • 98L
  • 108L
  • 設置可能防水パン
  • -
  • 540mm以上
  • 510mm以上
  • 660mm以上
  • 530mm以上
  • 標準水量
  • -
  • 11~21L
  • 53~12L
  • -
  • 57L
  • 運転音(洗濯/脱水/乾燥)
  • 32dB/39dB/-
  • 24dB/39dB/36dB
  • 26dB/37dB/-
  • 35dB/38dB/-
  • 41dB/-/-
  • 自動お掃除機能
  • -
  • ×
  • ×

10kg以上洗濯機の人気おすすめランキング5選

5位
 

黄ばみをしっかりと落とす大型ドラム型洗濯機

進化した「約40度つけおきコース」に加え、「パワフル滝(洗い・すすぎ)コース」など、これまでよりもさらに短時間で衣類の黄ばみや汚れを落とす事ができます。今治タオル タオルソムリエの技を実現したタオル専用コースは、脱水後にほぐし運転を行います。

 

それによって素材のふわふわ感が残るような乾かし方をしてくれます。そのほかカビの抑制や加熱高温による除菌洗浄など、嬉しい機能が満載しています。

サイズ 639×1058×722mm 洗濯容量/乾燥容量 11kg/6kg
標準使用水量 78L 設置可能防水パン 540 mm
標準水量 - 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 32dB/41dB/46dB
自動お掃除機能

口コミを紹介

業者の設定日と、こちらの都合が合わなかったので、連絡をすると、快く日にちを合わせてもらえました。設定もスムーズで、使い方も教えてもらえました。凄く使い勝手が良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

AIと様々なサポート機能が洗濯を日々の快適にしてくれる洗濯機

布量、布質、汚れの量など9つのセンサーから得られた結果をもとに、AIが自動で洗濯の仕方を選んでくれる、多機能AIつき洗濯機です。さらには水の硬度や水温まで感知して洗濯時間の短縮を図るなど、人の手で設定するよりもはるかによい洗濯をしてくれます。

 

洗濯のたびに自動で洗剤を投入してくれる機能や高速風でシワを伸ばしてくれる機能、寒い季節でも衣類が冷たくならない温風ほぐし脱水など、様々な機能が洗濯をサポートしてくれます。片手で開けやすい扉も人気です。

サイズ 630×715×1,065mm 洗濯容量/乾燥容量 11kg/6kg
標準使用水量 78L 設置可能防水パン 540mm以上
標準水量 - 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 34dB/37dB/48dB
自動お掃除機能

口コミを紹介

洗剤自動投入のおかげで、ボタンひとつで乾燥までかけられるので、本当に買ってよかったです。乾燥もバッチリで、シワになりにくくふわっと乾燥してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

簡単な操作でパワフルな洗濯ができるドラム洗濯機

繊維の奥までしっかりと抗菌洗浄される「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」によって、皮脂汚れやタンパク質汚れもすっきり落ちると評判のドラム洗濯機です。液体洗剤、柔軟剤自動投入機能とスマートフォンとの連携により選択がより簡単になります。

 

タッチパネルはカラー表示となっており、文字も大きく見やいうえ、スマホ感覚で直感的に操作する事ができます。誰でも簡単に操作する事ができ、取扱説明書がなくても操作を覚える事ができると評判です。

サイズ 645×1060×750mm 洗濯容量/乾燥容量 12kg/7kg
標準使用水量 80L 設置可能防水パン 520mm以上
標準水量 40L 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 32dB/37dB /49dB
自動お掃除機能

口コミを紹介

筐体が大きく重く、自力での設置は不可能に思える。マンションの排水管清掃で苦労しそうだが、大きなドラムでしっかり洗えるだろうと購入。洗濯・脱水とも仕上がり良好と思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

AIによる完全サポートとナイアガラ洗浄によるパワフル洗浄

「標準コース」をスタートするだけで、複数のセンサーが自動で洗濯物の状態を読み取り、AIが効率の良い最適な洗い方を選んで洗濯してくれます。予め洗剤や柔軟剤をセットしておくことで自動で洗剤が投入されますので、洗剤や柔軟剤を入れる手間もありません。

 

洗濯物に高濃度の洗剤液を浸透させて、温風と水道水のミストを吹き付ける「ナイアガラビード洗浄」は、単なる汚れ落としだけではなく、衣類の皮脂汚れや酸化の黄ばみなどもしっかり落としてくれて、また部屋干しのニオイにもなる菌の除菌も行ってくれます。

サイズ 650×715×1,060mm 洗濯容量/乾燥容量 12kg/6kg
標準使用水量 125L 設置可能防水パン 540mm以上
標準水量 - 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 37dB/36dB/43dB
自動お掃除機能

口コミを紹介

汚れは前と比べて凄い落ちるし、沢山入るし一日に二回、回していたのが今では1回で済んでいます。洗剤の自動投入なんてなくてもいいと思ってましたが…とっても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ふんわりとした仕上がりの乾燥機能とAIの洗濯サポート機能が充実

業界初、ヒートポンプとサポートヒーターのハイブリッド乾燥機能を有していて、洗濯物がふんわり温かな仕上がりなると評判の洗濯機です。また7つのセンサーが洗濯の状況を感知し、AIが自動で最適な運転パターンを選んでくれる点も魅力的です。

 

スマホやスマートスピーカーと連動させることもでき洗濯の状況を確認できるほか、AIがどんな洗濯の仕方を選んだのかも確認する事ができ、まるで洗濯のアシスタントがいる気分になります。パワフルなのに音も静かで、深夜や早朝の使用も問題ないと言われています。

サイズ 640×728×1,104mm 洗濯容量/乾燥容量 11kg/6kg
標準使用水量 78L 設置可能防水パン 540mm以上
標準水量 15~35L 運転音(洗濯/脱水/乾燥) 30dB/37dB/39dB
自動お掃除機能 ×

口コミを紹介

洗濯物の量や種類をAIが自動で認識して時間を運転時間を調節してくれたり、洗濯が終わった後に洗剤が多かった等のアドバイスもくれるのでなかなか良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10kg以上洗濯機のおすすめ商品比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6362505の画像

    シャープ

  • 2
    アイテムID:6362502の画像

    日立

  • 3
    アイテムID:6362499の画像

    東芝

  • 4
    アイテムID:6362496の画像

    日立

  • 5
    アイテムID:6362493の画像

    パナソニック

  • 商品名
  • ドラム式洗濯機 ハイブリット乾燥 ES-W112-SL
  • ビートウォッシュ BW-DX120C W
  • グレインブラウン TW-127X8L-T
  • ビッグドラム BD-SX110CR N
  • ナノイーX ノーブルシャンパン NA-VX900AR-N
  • 特徴
  • ふんわりとした仕上がりの乾燥機能とAIの洗濯サポート機能が充実
  • AIによる完全サポートとナイアガラ洗浄によるパワフル洗浄
  • 簡単な操作でパワフルな洗濯ができるドラム洗濯機
  • AIと様々なサポート機能が洗濯を日々の快適にしてくれる洗濯機
  • 黄ばみをしっかりと落とす大型ドラム型洗濯機
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • サイズ
  • 640×728×1,104mm
  • 650×715×1,060mm
  • 645×1060×750mm
  • 630×715×1,065mm
  • 639×1058×722mm
  • 洗濯容量/乾燥容量
  • 11kg/6kg
  • 12kg/6kg
  • 12kg/7kg
  • 11kg/6kg
  • 11kg/6kg
  • 標準使用水量
  • 78L
  • 125L
  • 80L
  • 78L
  • 78L
  • 設置可能防水パン
  • 540mm以上
  • 540mm以上
  • 520mm以上
  • 540mm以上
  • 540 mm
  • 標準水量
  • 15~35L
  • -
  • 40L
  • -
  • -
  • 運転音(洗濯/脱水/乾燥)
  • 30dB/37dB/39dB
  • 37dB/36dB/43dB
  • 32dB/37dB /49dB
  • 34dB/37dB/48dB
  • 32dB/41dB/46dB
  • 自動お掃除機能
  • ×

下記の記事では10kg・12kgのおすすめ洗濯機をランキングで紹介しています。大型なので大人数で生活している方におすすめです。ぜひ参考にしてください。

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の違いは?

洗濯機にはドラム式洗濯機と縦型洗濯機があります。では、この2つではどのような点が異なるのでしょうか?今回は3つの違いをご紹介します。

サイズ

ドラム式洗濯機も縦型洗濯機も洗濯・脱水容量や乾燥容量に違いはありません。どちらも豊富なラインナップの容量の製品が販売されています。同じ容量の洗濯機の場合、幅、奥行き、高さともにドラム式洗濯機の方がサイズがあります

 

しかし、大きな違いはなくまたメーカーや製品によっても異なるため、ドラム式洗濯機と縦型洗濯機のサイズによる違いはそれほど考えなくて良いでしょう。

乾燥機能

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機では乾燥機能も異なります。ドラム式洗濯機の乾燥方法にはヒートポンプ式や排気式、ヒーター乾燥式があります。ヒートポンプ式は湿気を含んだ空気を除湿し機外に排水、乾いた温風で乾燥させます。

 

温度が低いため衣類が傷みにくく、省エネにつながるという特徴があります。排気式はヒーターで加熱した室温プラス約15 ℃の低温風で乾燥させるもので、衣類の傷みや縮みが少ないメリットがあります。

 

縦型はヒーター乾燥式が基本です。ヒーター乾燥式には湿気を排出して乾かすタイプのものと、冷却水で湿気を含んだ温風を除湿して、乾燥時の水蒸気を水に戻して機外に排出する水冷除湿タイプの2種類があります。衣類が傷みやすく電気代がかかるというデメリットがあります。

洗浄能力

ドラム式洗濯機の場合、斜めに設置されたドラムを回転させることで衣類を持ち上げて下に落とすたたき洗いと、ドラムを反転させて小刻みに衣類を動かす揉み洗いを組み合わせることによって汚れを落とします。

 

使用する水量が少なく、それによって洗剤の濃度を刻することができるため皮脂汚れを洗浄する能力が高いです。また、洗濯による衣類のからみが少なく傷みにくいという点も特徴といえます。

 

縦型洗濯機は、パルセーターという洗濯機の底の回転羽根の回転によるかくはん水流で揉み洗いをします。洗濯機の回転で衣類同士をこすり合わせて汚れを落とします。固形の汚れに対して力を発揮します。

洗濯機の寿命は?長持ちさせる方法もご紹介!

頻繁に買い替えることも少ない洗濯機ですが、洗濯機のじゅみょは一体どれくらいなのでしょうか。また、長持ちさせる方法についてもご紹介します。

洗濯機の寿命は7年程度

洗濯機の購入に際して、中古品を検討することもあるでしょう。けれどもそこで気になるのが洗濯機の製造年です。通常、洗濯機の寿命は7年程度と言われています。

 

もちろん7年経った後も使用できる洗濯機は多いですが、7年経つとメーカーの方がその製品の部品を持たなくなってしまうのです。つまり、万が一壊れてしまった場合、修理する事が非常に困難になってしまうという事です。

 

ただし使い方によっては10年も20年も使い続ける事ができますので、大事に使うことを心がけて欲しいものです。

洗濯機を長持ちさせるには

洗濯機を長持ちさせる方法はいくつかあります。まず、無理に洗濯物を詰め込まないということです。洗濯物が多いとドラムの回転ができず上手く洗浄することができません。それだけでなく、洗濯槽を回転させる駆動部分にも負担がかかり、劣化が早くなることで故障しやすくなってしまいます。

 

使用するとき以外は元栓を閉めておくというのも長持ちさせる方法の一つです。元栓をあけていると洗濯機に不要な圧力がかかってしまい、負担がかかり続けることによって水漏れなどの故障に繋がってしまいます。

 

また、定期的なメンテナンスも大切なポイントです。洗濯機は湿気が残りやすくカビが発生しやすいです。また、糸くずやほこりなどの小さなごみも洗濯機に影響します。カビあごみが残った状態で洗濯を行うと、不要な負荷がかかってしまい性能を悪化させてしまします。

中古品には注意しよう

洗濯機を買い替える際、中古品の購入を検討する方もいらっしゃると思います。しかし、中古品を購入する際には注意が必要です。洗濯機の寿命は7年程度と言われていますが、この7年はメーカーの部品保有期間が終了する年数でもあります。

 

7年以上過ぎた中古の洗濯機を購入した場合、メーカーによるサポートがないため故障時に修理してもらうことができません。中古品を購入するのであれば、年数もしっかりと確認するようにしましょう。

買ってはいけない洗濯機とは?

たまに噂になる「買ってはいけない洗濯機」ですが、果たしてどのようなものでしょうか。まず言えるのが、「乾燥機能がないドラム式」の洗濯機です。上述していましたが、ドラム式のメリットはなんと言っても乾燥機能です。

 

乾燥機能がないとなると、「ドラム式」は「縦型」よりも洗浄力に劣る大きな洗濯機なだけですので、購入するメリットがだいぶ薄くなってしまうのです。また小さな子どもやネコがいる家ではドラム式の購入を控えるべきとも言われています。

 

縦型と違い、小さな子どもやネコなどが間違って入りやすいドラム式洗濯機は、間違って入ってしまったまま洗濯機を起動させてしまい、重大な事故に発展してしまったというケースが報告されているのです。

専門家が選ぶおすすめの洗剤も紹介

衣類についた汚れをしっかり落とすには、洗濯洗剤選びも重要です。泥汚れ・油汚れ・ニオイなど、汚れや悩みに合わせた洗剤選びがポイント。下記の記事では、洗濯ハカセが紹介するおすすめの洗濯洗剤をランキング形式で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

外置きするなら洗濯機カバーは必須

洗濯機を家の外に置く場合、雨やホコリで洗濯機が壊れてしまう可能性があります。そのため、洗濯機を長く使うためには洗濯機カバーの購入をおすすめします。

 

買ったはいいもののうまく被せられなかった場合もったいないので、事前にしっかり調べて自分の洗濯機に合った形やサイズの洗濯機カバーを見極めましょう。以下の記事で洗濯機カバーについてランキング形式でまとめているので、是非参考にしてください。

簡単に掃除したいなら置き台の購入を

洗濯機周りを清潔に保ちたいひとは置き台を購入しましょう。洗濯機は1人で簡単に持ち上げられるような重さではないので、一度置いてしまったら基本的に引っ越すまでに置きっぱなしになりがちですが、洗濯機の周りはホコリや糸くずでいっぱいです。

 

掃除機も入れずらいような狭いスペースなことが多いので、煩わしい思いをしたことがある方も多いと思いますが、置き台があればいつでも簡単に洗濯機を移動させることができます

 

下記の記事でしっかり選び方を確認して、自分の洗濯機や家の広さにあった置き台を購入しましょう。

まとめ

ここまで、洗濯機の選び方や、人気おすすめ商品を容量ごとに紹介してきました。容量や搭載機能ごと、様々な洗濯機があることが分かったかと思います。是非ともこのランキングを参考に、自分の生活スタイルにあった洗濯機を選択してください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

光デジタルケーブルの人気おすすめランキング10選【ゲーム機やオーディオ機器に】

光デジタルケーブルの人気おすすめランキング10選【ゲーム機やオーディオ機器に】

家電
一人暮らし向け食洗器の人気おすすめランキング10選【メリット・デメリット】

一人暮らし向け食洗器の人気おすすめランキング10選【メリット・デメリット】

家電
携帯用空気清浄機の人気おすすめランキング15選【首かけ・カード型】

携帯用空気清浄機の人気おすすめランキング15選【首かけ・カード型】

家電
スマホレンズの人気おすすめランキング20選【スマホ関連グッズも!】

スマホレンズの人気おすすめランキング20選【スマホ関連グッズも!】

家電
【2021最新版】ドライフルーツメーカーーの人気おすすめランキング15選

【2021最新版】ドライフルーツメーカーーの人気おすすめランキング15選

家電
TOPへ