角田光代のおすすめ人気ランキング15選【作風や代表作もご紹介!】

直木賞受賞作家で有名な角田光代さん。長編小説だけでなく、猫との暮らしを綴ったエッセイや短編なども人気です。恋愛系など作風は多岐にわたり、代表作が多いのが特徴です。今回は、角田光代作品の選び方や、人気のおすすめ商品ランキングをご紹介します。

翻訳も手掛ける角田光代の有名書籍を読もう

角田光代さんといえば、直木賞受賞作家として小説界隈で有名な作家です。実は、猫のトトとの暮らしをエッセイに綴るほどの愛猫家で、夫である河野丈洋さんがミュージシャンということもあり、私生活エッセイも人気となっています。

 

そんな角田光代さんの書籍は、繊細な心理描写やリアルな人間関係の描写が魅力的です。さらに最近では源氏物語を現代語に翻訳するなど、ますます活躍しています。

 

今回はそんな角田光代さんの作品を、人気度・レビュー数・レビューの星5の割合を基準にランキングを作成しました。沢山ある作品の中からどれを選べばいいのかわからない方向けに選び方も紹介しています。合わせてご覧ください。

角田光代作品の選び方

多くの文学賞を受賞している角田光代さんの作品は、ドラマ化・映画化されている作品も増えています。様々な作品がある中から好みにぴったりのものを見つけられる選び方をご紹介します。

ジャンルで選ぶ

角田光代さんといえば、女性の心理描写や日常のリアルな会話・心がほっこりするようなエッセイなどが特徴です。

人間や世間の闇にゾクゾクしたいなら「リアリティ」ものがおすすめ

角田光代といえば、リアリティ溢れる作品が代表的。日常のちょっとした描写や人間関係など、多くの読者の共感を得ています。人間が持っている薄暗い側面も絶妙に表現しており、中には読んでいてゾクゾクするようなシーンもあります。

 

角田光代さんならではの世界観を味わいたいという方は、世間の多くの共感を得ている作品や、人間が誰しももっている光と闇を描いた作品がおすすめ。人間味あふれた作品で心を揺すぶられること間違いなしです。

感情移入したいなら「恋愛小説」がおすすめ

片思いや両想い、どんな形であれ、これまでの人生で少なからず恋愛をしてきたという方がほとんどでしょう。恋愛小説は読者が感情移入しやすいジャンルの1つです。

 

角田光代さんの描く恋愛小説は、苦悩に共感するもの・思わず泣いてしまうもの・一昔前の恋愛など様々。あらゆる角度から描かれた恋愛小説で、作品の世界観に浸れるおすすめ作品ばかりです。

 

下記の記事では、恋愛小説の人気作品をランキング形式でご紹介しています。合わせてご覧ください。

感動したい方は猫のトトなどの「エッセイ」がおすすめ

角田光代さんの作品は世間の闇をテーマにしたものが多いですが、心温まるエッセイも非常に上手く、評価が高いです。現実的で暗いイメージを含んでいる作品が苦手だという人にもおすすめです。

 

特に愛猫トトとの暮らしを綴ったエッセイは、猫好きなら思わず顔が緩んでしまうほど癒されると人気。愛猫家の方はもちろん、癒されるエッセイを読みたい方におすすめです。

 

また、角田光代さんのエッセイは前向きになることができ、笑うことができ、面白い作品ばかりと好評な作品ばかり。女性ならではの文章の透明感とやわらかい表現で、読んでいて心がほっこりします。

書籍の話題性で選ぶ

角田光代さんの作品で最初に何を読めばいいかわからないという方は、話題を呼んだ作品を選びましょう。

テレビをよく見る方は「ドラマ・映画」の原作本がおすすめ

話題を呼んだ作品はドラマ化や映画化されていることが多いです。もし既に知っているタイトルがあれば、原作本を読むことをおすすめします。

 

また、普段あまり小説を読まない方は、ドラマや映画を見てから読む小説を読むのもおすすめ。映像とは違う演出やより細かい感情表現など、ドラマ・映画と比較しながら楽しむことができます

 

角田光代さん原作のドラマや映画は、有名な女優さんが主演を勤めている作品が多いので、話題性があります。小説も映像作品も世間に衝撃を与えた作品が多いので、是非1度手にとってみてはいかがでしょうか。

安定の面白さを求めるなら「代表作・ベストセラー」小説がおすすめ

とにかく角田光代さんの面白い小説が読みたいという方は、ベストセラーになった作品がおすすめです。ベストセラーとは、ある期間内に最も売れた代表作という意味になります。それだけ評価されている作品ということです。

 

売れ筋ランキングなどを調べて、上位になっている作品を選ぶのも1つの手段です。上位に入っている作品はそれだけ手に取った方が多く、口コミも多く掲載されています。ネタバレを避けながら、ご自身の好みにあったものを選びましょう

 

下記の記事では、ベストセラー本のおすすめ作品をランキング形式でご紹介しています。合わせてご覧ください。

文学的評価を考えるなら「直木賞」など文学賞受賞作品がおすすめ

文学賞を受賞している作品は著名な作家から評価されているもの、つまり文学的な評価が高い作品を指します。特に芥川賞は非常に有名で、賞を獲ったことで一気に有名になる名誉ある賞とされています。

 

角田光代さんは有名な直木賞など多くの文学賞を受賞されています。代表的な作品のほとんどは文学賞を受賞していますので、作品を選ぶ際の基準にすれば文学的評価・世間からの評価が高い本に出会えます

注目度重視なら「芥川賞」などの文学賞候補作品がおすすめ

上記で文学賞を受賞した作品をおすすめしましたが、文学賞候補にあげられた作品もおすすめです。文学賞を受賞することはもちろん、文学賞候補に選ばれることも十分すごいことなんです。

 

角田光代さんは芥川賞候補などにも複数回選ばれており、長きにわたって注目され、認められている作家です。候補に選ばれている作品を1度読んでみることもおすすめです。

 

下記の記事では、芥川賞受賞作品の人気おすすめ本についてランキング形式でご紹介しています。合わせてご覧ください。

角田光代のルーツを知るなら「デビュー作」がおすすめ

角田光代さんの作品をもっと知りたいなら、デビュー作は抑えておきたいポイント。角田光代さんは「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞を受賞し、デビュー、文学的にも高評価を得ています。

 

この選び方は他の作家さんの作品を選ぶ際でも役に立ちます。有名な作家さんのデビュー作は世間的にも文学的にも評価されているものが多いので、迷った際はデビュー作を読んでみることをおすすめします。

身近な話題に触れたい方は「西荻窪」がテーマの作品がおすすめ

自身の生活や、暮らしている場所などに近い話題の作品を読みたい方は、角田光代さんが描いた西荻窪関連の作品がおすすめです。

 

実は、角田光代さんは26歳からずっと西荻窪に暮らしており、西荻窪を舞台にした作品も人気を集めています。聞いたことある地名であれば、小説中のシーンも想像しやすいです。

おすすめ度で選ぶ

実際に作品を読んだ方がどんな感想を持ち、どれくらいおすすめしているかを基準に選ぶことも重要です。ネットに限らず様々な媒体でおすすめ度を調べましょう。

間違いなしの面白い作品を読みたい方は「本屋大賞」がおすすめ

本屋大賞は他の文学賞と違い、著名な作家さんや受賞者が選考をするのではなく、本屋で働く店員さんが投票して受賞作が決まります。出版業会に新しい流れを作る為にできた賞で、読者目線で本が選ばれています。

 

そのため、世間の「この本が面白い」という声が集まって選ばれている作品ばかり。本屋大賞を受賞した作品は間違いなしの面白さと言えるでしょう。さらに、本屋大賞を受賞した作品はメディア化されることも多く、影響力が強いです。

作風や特徴を知るなら「感想・レビュー」を見るのがおすすめ

作品のおすすめ度を知るためにレビューを見ることも大切です。レビューを見ることで、客観的に見た作風・特徴をある程度知ることができ、ご自身の好みに合っているかあらかじめ予想できます。

 

文学作品は角田光代さんに限らず、賛否両論分かれることが多いです。レビュー星5の割合が低くても文学的な価値は高いこともありますので、ネタバレに注意しながらレビューを見てみましょう

角田光代の人気おすすめランキング15選

西荻窪で交差する人生を描いた長編小説

智と泰子の男女の視点が入れ替わりながら進んでいく物語。どちらも真っ当な人間ではないですが、偶然この2人の人生が交わっていきます。それぞれの生き方や心情が絶妙に表現されており、どのようなラストを迎えるのかが気になってしまう小説です。

レビュー数 42件 星5の割合 38%

口コミを紹介

普通じゃない人達(智、泰子、直子)、厭世的な内容で共感できる
人減はいないけれどなぜか印象に残る一冊である、それぞれの
生き方、それぞれの心の動きが巧みに描写されており一気に読める作品である。

出典:https://www.amazon.co.jp

不幸と幸福を持ち生きる人々を描いた作品

普通の人達が平凡に暮らす東京近郊の街で駆け落ちしそびれた高校生・薬にはまってしまう主婦など、日常とはかけ離れた闇や小さな幸福を書いた作品。人々の現実的で暗い部分が描かれているのですが、非常に透明感のある表現ですっと頭に入っていきます。

 

人間の日常を描きながらも、小さな幸せ・闇部分を淡々と描いている文章に思わず引き込まれます

レビュー数 18件 星5の割合 33%

口コミを紹介

「生きていくって、きれいごとでは済まされない。人間はきれいな生き物じゃない。」というような現実を突きつけられるようで、読んでいて辛くなるのだけれど、なぜか読後には「それでも生きよう」と思わされる、まさに角田マジックでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

もがきながらも前に進む女性の本

ある日、実家にある蔵で祖母が書いた本を見つけ、主人公は作家を志ざします。作家として努力する主人公ですが、恋人の嫉妬や母の言葉・社会・仕事の壁にぶち当たります。その全てにもがきながらも自分の道を進む女性の物語です。

 

女性はもちろん、男性にもおすすめしたい本。自身の考えや生き方について考えさせられる作品です。

レビュー数 37件 星5の割合 36%

口コミを紹介

ひとりの女性の生活の変化、それに伴う心境の変化が克明に綴られています。
読み進めていくうち、自己投影できてどんどん物語に引き込まれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

幸せになれるレシピつき短編小説集

自分の為に美味しい料理を作って失恋から立ち直ろうとするOL・妹を思って料理に挑戦する兄などが登場する、食にまつわる短編小説集。心がほっこりするような温かいエピソードばかりです。

 

心温まる内容はもちろん、レシピが実用的だと話題になりました。短編小説集ですので、長編小説に抵抗がある方・料理好きな方にもおすすめです。

レビュー数 58件 星5の割合 66%

口コミを紹介

前から読みたかった作品で、久し振りに角田光代さんの本を読みました。食にまつわる14話の短編集で、それぞれの登場人物が、全作品を通して何かしら関わり繋がりがある、連作になっています。どれも良いエピソードばかりで、そして心動かされます。

出典:https://www.amazon.co.jp

人間模様を描く作風・特徴を楽しめる書籍

7組の親子が毎年家族ぐるみでキャンプを行なっていたのですが、ある年からその集まりが無くなってしまいます。後に当時子供だった7人のうちの1人が謎を探り始めるのですが、やがて衝撃の事実を目の当たりにします

 

物語が進んで謎が解けていくにつれ、読み進める手が止まらなくなります。ラストを読み終えた後の満足感と衝撃が話題の作品です。

レビュー数 48件 星5の割合 38%

口コミを紹介

同じ境遇の人たちが互いを支え合うコミュニュティを作りたかった、木々に
囲まれた空の広い美しい場所で、いつでも帰れる秘密の場所として、すぐ
れた文章には出来事や情景が目に浮かぶよう描写されてる。

出典:https://www.amazon.co.jp

家族のルーツを探す旅路

祖父を失った良嗣は、親戚もいない、墓の場所もわからない自分の家族に興味を持ちます。そこで祖父母が出会ったという満州へ行き、家族のルーツを探す旅を始めます。

 

家族・戦争をテーマにしていて、これまでの角田光代さんの作風とはちょっと違った作品として話題を集めました。若い方にもおすすめしたくなる小説です。

レビュー数 39件 星5の割合 64%

口コミを紹介

角田さんの小説が大好きだが、この小説は他の作品と毛色が違うので読むのを後回しにしてしまっていた。いざ読むと「こんな作品も書けるんだ!」と感動した。戦争時代を生きていない作者が、こんなにも生々しく戦争の生活への影響を表現できるなんて感動した。

出典:https://www.amazon.co.jp

片思いがテーマのエッセイ風恋愛小説

主人公のOL、テルコがマモちゃんに出会い恋に落ちるという片思いがテーマの小説。主人公のテルコは会社もクビになるような所まできているのにもかかわらず、マモちゃんを優先させてしまいます。しかし、マモちゃんはテルコのことが好きではありません。

 

片思い中の女性の心理描写に共感を抱く方は多く、男女問わず恋愛をしている方におすすめの作品です。

レビュー数 221件 星5の割合 50%

口コミを紹介

予想よりはるかに面白かった。恋愛中にはたびたび出くわす心理状態を指摘されたようで、作者の鋭さに拍手。

出典:https://www.amazon.co.jp

人生を動かす短編集

主人公の少女は、入院中の祖母に「その本を見つけてくれなけりゃ、死ぬに死ねないよ」とある本を探してくるように頼まれます。

 

その本を探す為に奔走する彼女と祖母の想い、本当の出会いを描いた作品です。本が好きな人に共感を与えてくれます。本好きの人には是非読んで頂きたい1冊です。

レビュー数 153件 星5の割合 45%

口コミを紹介

本にまつわる短編集です。
本が好きな主人公が次々と紡ぐ物語やエピソードは、どれも、本好きの共感をよび、また新しい楽しみ方を教えてくれます。短編ということもあり、読みやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

父娘の不思議な逃避行

小学5年生の女の子ハルは夏休みの1日目に誘拐されてしまいます。犯人は2ヶ月前から家にいなくなっていた父親でした。子供目線で物語が描かれており、日常的な内容になっています。

 

児童文学ですが、父親の葛藤などを想像させるような深い作品です。お子様だけでなく、大人の方にもおすすめな作品です。

レビュー数 65件 星5の割合 60%

口コミを紹介

このドラマを見たとき珍しく最後まで見ました。あまり面白かったので、この本を購入し読んだら、すぐ映像がよみがえり大変気に入りました。読みやすい文体で良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

家族の光と闇

隠し事をしない・家族には何でも話すという決まりの家族ですが、実際には家族全員がそれぞれ隠し事をもっています。一見普通の明るく見える家族の光と闇を描いた作品で、読み進めていくと背筋がゾクゾクするような感覚に陥ります。

 

様々な顔を持っている登場人物を描き、人間の2面性を巧みに表す角田光代さんの実力がわかる1冊です。

レビュー数 122件 星5の割合 38%

口コミを紹介

秘密を隠して天性の明るさで生きる家族。心理ホラーのような恐さと、ほっとする優しさとが混じり合いながら物語は完結することなく終わる。この小説には救いがあるのか、ないのか?

出典:https://www.amazon.co.jp

ドラマ化もされた人気小説

どこにでもいる一般的な専業主婦の主人公が裁判員制度により裁判官となります。裁判官となった主人公が自分と同じような境遇の女性の裁判に参加する内に、女性に共感し、徐々に心境を変化させていく物語です。

 

多くの女性の共感を得た作品で、リアルな人間性を描いており、どんどん読者が引き込まれるような内容になっています。

レビュー数 169件 星5の割合 42%

口コミを紹介

角田さんは女性の気持ちを正直に掘り起こし、それを丁寧に描写する。
なので、どんどん引き込まれ、自分も救われる気持ちになれる。
角田さんの次の作品を早く読みたいです♪

出典:https://www.amazon.co.jp

母親の闇がテーマ

育児を通じて出会った5人の母親たちは意気投合して心を許し合います。しかし、子供の受験がきっかけで母親たちの感情は怒り・嫉妬など暗い感情に変化していきます。ドロドロした展開に現実感が出ており、本を読む手が止まらなくなります。

 

人間の心の変化や暗い感情がリアルに描かれ、主婦の方から特に共感を集めた人気作品です。

レビュー数 145件 星5の割合 48%

口コミを紹介

私も主婦として、また子育てしておりますので、この本の内容は大変感慨深い物がありました。親というものは、子どもの事となると、こんなにも周りが見えなくなってしまうものかと、考えさせられました。

出典:https://www.amazon.co.jp

映画化された傑作長篇小説

主人公の梅澤梨花は銀行員で、顧客である平林孝三の家で孫の光太と出会ってから人生が変わっていきます。光太の為に営業で預かった顧現金を使ったり、お金をだまし取ったり、主人公の感覚が狂っていきます。

 

普通の生活から犯罪に手を染めていくリアリティが話題を呼んだ作品。もしかしたら立場が違えば自分でもそうなっていたかもしれないと思えてしまうほどなリアルで、思わず一気に読み進めてしまいます。

レビュー数 191件 星5の割合 39%

口コミを紹介

読み応えのある作品でした。一つの事象を複数の人物の視点でとらえている描写があり、実像が立体的に立ち上がってくる感じがありました。普通の人の普通の生活の向こうに犯罪がある、という光景がリアルで、淡々とした筆致を追って最後まで一気に読み切りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

女性の生き方がテーマの傑作小説

専業主婦の小夜子は元々同じ大学に通っていたベンチャー企業の女社長・葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事に勤めます。この2人の出会いから物語が始まり、女性の友情・亀裂などを描いた小説です。

 

女性の誰もが抱えているであろう不安感・悩みを写実的に描いており、自分が生活している日常と照らし合わせて考えて読める作品です。

レビュー数 536件 星5の割合 48%

口コミを紹介

登場人物全てに重なる人が周りにいて、その立場を『ありえるだろうな。』
自分に関しては『そうだな。』と思う一冊でした。少し前の本なのに目の前にあるように息づかいまでを感じ、共感しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

偽りの母親の母性を描いた代表作

野々宮希和子は愛人であった秋山宅に侵入した際、眠っている赤ん坊を一目見て衝動的に誘拐してしまいます。希和子の3年半に渡る逃亡劇、そして偽の母に育てられた赤ん坊・恵理菜の葛藤を描いた作品です。

 

多くの読者に影響を与えた衝撃的な作品として話題を集めました。第2回中央公論文芸賞も受賞しており、読み始めると止まらないサスペンス長編です。

レビュー数 508件 星5の割合 56%

口コミを紹介

角田光代さんのお話は好きなのですが、タイトルの八日目の蝉とはやはり死をイメージしてしまい、長い間手を出せずにいました。しかし読み始めたら、一気に読み進めていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

角田光代のおすすめ作品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 レビュー数 星5の割合
1
アイテムID:9411609の画像
八日目の蝉

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

偽りの母親の母性を描いた代表作

508件 56%
2
アイテムID:9411606の画像
対岸の彼女

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

女性の生き方がテーマの傑作小説

536件 48%
3
アイテムID:9411603の画像
紙の月

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

映画化された傑作長篇小説

191件 39%
4
アイテムID:9411600の画像
森に眠る魚

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

母親の闇がテーマ

145件 48%
5
アイテムID:9411597の画像
坂の途中の家

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ドラマ化もされた人気小説

169件 42%
6
アイテムID:9411594の画像
空中庭園

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

家族の光と闇

122件 38%
7
アイテムID:9411591の画像
キッドナップ・ツアー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

父娘の不思議な逃避行

65件 60%
8
アイテムID:9411588の画像
さがしもの

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

人生を動かす短編集

153件 45%
9
アイテムID:9411585の画像
愛がなんだ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

片思いがテーマのエッセイ風恋愛小説

221件 50%
10
アイテムID:9411582の画像
ツリーハウス

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

家族のルーツを探す旅路

39件 64%
11
アイテムID:9411579の画像
ひそやかな花園

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

人間模様を描く作風・特徴を楽しめる書籍

48件 38%
12
アイテムID:9411576の画像
彼女のこんだて帖

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

幸せになれるレシピつき短編小説集

58件 66%
13
アイテムID:9411573の画像
私のなかの彼女

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

もがきながらも前に進む女性の本

37件 36%
14
アイテムID:9411570の画像
トリップ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

不幸と幸福を持ち生きる人々を描いた作品

18件 33%
15
アイテムID:9411567の画像
西荻窪キネマ銀光座

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

西荻窪で交差する人生を描いた長編小説

42件 38%

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazon 売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

角田光代の新作・銀の夜など要チェック

現在も人気作品を出版し続けている角田光代さん。2020年は、11月に発売された「銀の夜」が話題を集めました。

 

2021年7月7日には、恋愛短編集「太陽と毒ぐも」が登場しています。これからも新作を出し続ける角田光代さんに注目です。

他の直木賞受賞作家の作品を知る

角田光代さん以外にも直木賞は様々な作家が受賞しており、毎回注目されています。文学界から評価された作家から、お気に入りの作家を見つけてみるのはいかかでしょうか。

 

下記の記事では、直木賞を受賞した作家さんの人気作品について、それぞれランキング形式でご紹介しています。合わせてご覧ください。

まとめ

角田光代さんの作品のおすすめランキング15選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。角田光代さんの作品を読んだことがない方・本自体をあまり読まない方でも、角田光代さんの作品は非常に面白いものが多くおすすめです。読む作品に迷った際にはぜひ参考にしてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年03月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新版】江國香織の人気おすすめ本ランキング30選【女性の恋愛観がわかる!】

【2022年最新版】江國香織の人気おすすめ本ランキング30選【女性の恋愛観がわかる!】

本・雑誌
村上龍の人気おすすめランキング15選【代表作や作風は?おすすめの小説を紹介】

村上龍の人気おすすめランキング15選【代表作や作風は?おすすめの小説を紹介】

本・雑誌
島本理生作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作は?小説の作風も紹介!】

島本理生作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作は?小説の作風も紹介!】

本・雑誌
平野啓一郎のおすすめ人気作品ランキング15選【代表作や作風も紹介!】

平野啓一郎のおすすめ人気作品ランキング15選【代表作や作風も紹介!】

本・雑誌
朝井リョウ作品のおすすめ人気ランキング10選【エッセイや代表作も紹介】

朝井リョウ作品のおすすめ人気ランキング10選【エッセイや代表作も紹介】

本・雑誌
藤沢周平作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作や短編集・武家ものも】

藤沢周平作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作や短編集・武家ものも】

本・雑誌