ベストセラー本の人気おすすめランキング30選【2019年最新版】

記事ID3761のサムネイル画像

テレビやインターネットなどで度々話題となるベストセラー本を読んでみたいと考える人も多いでしょう。しかし、どのベストセラー本を選んでいいか分からない人も多いようです。今回は、おすすめのベストセラー本をランキング形式でご紹介していきましょう。

多くの人に選ばれ、愛されてきたベストセラー本とは?

本とは、古くから人間の歴史に存在し、長きにわたって人間に知恵と物語を与えてきた存在です。内容も様々で、小説や随筆、児童文学や実用書、専門書など現在、世界には色んな本がありふれています。

 

世界中で読まれている本の中でも特に多くの人に読まれている本は、ベストセラー本と呼ばれ、度々話題になり、時には流行語や社会現象にまで発展するもあります。本は、それほどまで大きく人間の社会や思考に大きく影響を及ぼすのです。

 

今回は、そんなベストセラー本をあらゆるジャンルや世代から、「人気」「読みやすさ」「話題性」という3つの視点でおすすめランキングを製作しましたので、ご紹介していきます。

ベストセラー本の人気ランキング15選

15位

主婦の友社

新装版 話を聞かない男、地図が読めない女

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男女の違いを脳の構造から徹底解説

「話を聞かない男、地図が読めない女」は42ヵ国でナンバー1を記録した事のある世界的な大ベストセラー本です。全世界では600万部、日本では200万部の売り上げを記録しています。

 

なぜ男と女はすれ違うのかという全世界共通の悩みを、この「話を聞かない男、地図が読めない女」は、脳科学や心理学の観点から鋭く切り込んでいきます。パートナーと喧嘩をした時も、この一冊から男と女の違いを学べば違う視点から考える事が出来るかもしれません。

著者アラン・ピース バーバラ・ピース発売日2002/11/1

口コミを紹介

購入するのは何回めでしょうか?とても参考になり、なるほどと納得する内容なので、人に薦め手元に戻って来ません。また、読みたくなり買ってしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

文藝春秋

火花

価格:626円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

第153回芥川賞を受賞した、又吉直樹のデビュー作

「火花」はお笑い芸人として活躍する又吉直樹さんが執筆し、第153回芥川賞を受賞した事で話題となったベストセラー小説です。「火花」の主人公である売れない芸人の徳永は、ある日仕事の営業先で神谷という先輩に出会います。

 

主人公である徳永は、神谷という天才肌の先輩に憧れ行動を共にして、多くの人との出会いや芸人と言う仕事を通して色々な感情を抱き、自分の運命を歩んでいく物語です。

著者又吉直樹発売日 2017/2/10

口コミを紹介

あまり小説を読む方ではないのですが、前々から気にはなっていたので読みました。
結論からいうとすごく面白かった。。

理屈抜きで私は泣いたし、笑ったしで、結構心を動かされる部分が多かったので、最後まで一気に読むぐらい面白かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

新潮社

車輪の下

価格:367円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツ文学の巨匠、ヘルマン・ヘッセの代表的自伝小説

「車輪の下」は、ドイツ文学の巨匠であるヘルマン・ヘッセが執筆し、日本では1951年に発売され、318万部を売り上げ大ヒットを飾ったベストセラー小説です。

 

「車輪の下」の主人公はハンスという少年で、周囲の期待に過度に応えようとしてしまう繊細な心を持った少年です。

 

この物語は、主人公であるハンスが若く多感な時期に、厳しい社会の中で生きる中での葛藤を丁寧に描いています。この小説は、著者であるヘルマン・ヘッセの体験をもとに執筆された自伝的長編小説だと言われています。

著者ヘルマン・ヘッセ発売日1951/12/4

口コミを紹介

読んでてこの作品はすごく切なかったですよ。勤勉で真面目なギンベンラートの成功にばかり目が行く大人たちを見てどの世代も成績ばかり見て
子供の性格ややりたいことが解らないおとなって大勢いるようでもっと理解してあげればねと思いながら読みました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

サンマーク出版

脳内革命 脳から出るホルモンが生き方を変える

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プラス思考が最高の薬である事を、科学・医学的に解説した一冊

「脳内革命 脳から出るホルモンが生き方を変える」は、1995年に春山茂雄という東京大学の医学博士が執筆した、脳科学・脳医学の解説書です。今までに410万部を売り上げ、1996年には、第31回書店新風賞受賞を受賞しています。

 

本書では、ポジティブなプラス思考がどのように脳に良い影響をもたらすのかについて、脳科学・脳医学の視点から分かりやすく解説されています。また、1996年には、「脳内革命2 この実践方法が脳と体を生き生きさせる」という続編も発売されています。

著者春山茂雄発売日1995/5/1

口コミを紹介

この本を薦めて本当に生き方が変わった人がいました。
この本の主旨は、脳内モルヒネと筆者が命名したベータエンドルフィンが分泌される時は、どういった心境でいる時かを説明し、体内にどのような影響が現れるのかを分かりやすく解説するといったもの。
東洋医学と西洋医学の両者を知る筆者の一般の患者さんにも分かるような説明が心を捉えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

新潮社

坊っちゃん

価格:334円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

江戸っ子教師の改革劇

「坊ちゃん」は、夏目漱石が2番目に執筆したと言われている長編小説です。「親譲りの無鉄砲で子供の頃から損ばかりしている」という有名な一文から始まるこの物語は、愛媛県の松山に赴任した江戸っ子教師の「坊ちゃん」が主人公です。

 

「坊ちゃん」は赴任先の学校である松山の教師を務める事になるのですが、赴任先の松山は田舎の古いしきたりや慣習などが色濃く地域でした。

 

近代化の進む東京で育った江戸っ子で、しかも無鉄砲な「坊ちゃん」はそのような松山のしきたりや慣習に大人しく従えるはずもなく、保守的な松山の慣習を改革していく事を心に決めるのです。

 

この小説の舞台は明治維新後であり、東京では近代化が大幅に行われていましたが、地方ではまだ旧時代的で保守的な考えや慣習が色濃く残っていた時代です。夏目漱石は、そのような時代を風刺して描いた作品ではないかと考えられています。

著者夏目漱石発売日2003/04

口コミを紹介

坊ちゃんの周りの人間たちが 時に善人 時に悪人 千変万化するさまに そうだよねと いちいち納得の気持ちです。
50年振りくらいに読みましたが 新鮮な感動を覚えました。
人間関係は複雑だから面白いとも言えるし それ故に人生の悩みは尽きないともいえる。
人生の幸福も不幸も そのほとんどが周りの人々からもたらされることを思うと 対人関係は難しいものだと つくずく感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

静山社

ハリー・ポッターと秘密の部屋

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハリー・ポッターシリーズの第2巻

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」は、1998年にイギリスの小説家であるJ.K.ローリングが発表したファンタジー小説で、ハリー・ポッターシリーズの第2作目になります。2002年には映画化され、大きな話題となった作品です。

 

この物語は、主人公であるハリーが義理の親であるダーズリー家で夏休みを過ごすという所から始まります。そこに妖精であるドビーが現れ「ホグワーツ魔法学校へ行ってはいけない」とハリーに警告するのですが、ハリーはそれを聞き入れません。

 

そして、ホグワーツ新学期が始まり学校に戻るハリーですが、ホグワーツ魔法学校で起こる不可解な出来事にハリーが巻き込まれていくというストーリーとなっています。謎解き要素が多く、わくわくさせられる内容となっていますので、ファンタジー世界に浸りたい人におすすめの作品です。

著者J.K.ローリング発売日 2000/9/1

口コミを紹介

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」。

どうやって秘密の部屋を見つけるのか、秘密の部屋に何があるのか。
楽しい謎解き要素がつまっています。
作者の想像力に感心しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

白水社

ライ麦畑でつかまえて

価格:950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニューヨークが舞台の歴史的青春小説

「ライ麦畑でつかまえて」は、1951年にJ・D・サリンジャーというアメリカの小説家によって執筆された長編小説です。主人公は、成績不振により通っていた名門高校を退学する事になったホールデン・コールフィールドという16歳少年で、ホールデンは今の生活や学校に嫌気が差し、ニューヨークへの家出を決意します。

 

そして、ニューヨークでニューヨークで女の子たちとダンスを踊ったり、初めて飲酒をしてみたり、詐欺師にお金を巻き上げられたりと、ホールデンはニューヨークで様々な経験をします。育った環境を抜け出しひと時味わった大人の世界で、16歳という思春期真っただ中のホールデンは、何を想ったのかを描いていく青春小説です。

 

本書は誰もが大人になるまでに経験する「子供」と「大人」の狭間で揺れる少年の心を巧く描写しています。誰もが味わう青春を美しく描いているこの「ライ麦畑でつかまえて」は世界中から共感を集め、今もなお愛されている名作だと言われています。

著者J・D・サリンジャー発売日1984/5/20

口コミを紹介

間違いなく名作だ。
文にリアリティがあり引き込まれてしまう。古い作品は余り読まないが、偶然手にした。
やっぱり名作は時代を超えても名作だ。
なんとなく夏目漱石を読んだ時のようなリアリティを感じた。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

新潮社

異邦人

価格:497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「不条理」がテーマのカミュの代表作

「異邦人」は、1942年に執筆されたアルベール・カミュを代表する「不条理」がテーマの小説です。アルベール・カミュは、当時フランス領だったアルジェリアで農業労働をしていた父と、スペイン系の母親の元に生まれています。カミュはその後父親を戦争で亡くし、貧しい生活を余儀なくされ波乱万丈の人生を送る事になってしまいます。

 

この「異邦人」という作品は、そういったアルベール・カミュ自身の波瀾万丈な人生に振り回される嘆きや、理不尽な人生への諦めの感情が詰まっています。「異邦人」の主人公はアルジェリア出身のムルソーという男です。

 

このムルソーも親を亡くし、悲しい運命に巻き込まれてしまいます。無気力で無関心な男・ムルソーは、一体どんな最後を迎えるのか?とまるでこちらに問いかけているような不条理小説となっています。

著者カミュ発売日1963/7/2

口コミを紹介

不条理小説の代表的な作品の一つと学校で習っていたので読んでみた。
もっとムカつく作品と思っていたが、想像していたのとは真逆。全然不条理じゃない。虚無あるいは冷めた目で現実を見ている主人公には意外と好感が持てる。
短いがなかなか悪くない小説だった。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

新潮社

バカの壁

価格:799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間や人生についてじっくり考えたい人に

「バカの壁」は、東京大学の名誉教授である養老孟司によって執筆された、「人間同士は根本的には理解し合えない」といった内容をテーマにした随筆書です。「バカの壁」は、2003年に発売され、400万部を売り上げるという大ベストセラーを記録したと言われています。

 

「バカの壁」は、2003年の流行語大賞で毎日出版文化賞を受賞し、大きな話題となった事でも有名です。人の心を方程式で表し、人間の思考や捉え方などの癖を解説するという今までになかった斬新な内容は、多くの人から注目を集めました。

 

人の考え方の仕組みだけでなく、人生の意味についても切り込んでいく濃い内容となっていますので、人間や人生についてじっくりと考えてみたいという人におすすめです。

著者養老孟司発売日2003/4/10

口コミを紹介

私も、若い頃から、養老氏のような考え方をしておりましたが、それを見事にまとめて頂いたような1冊で、非常に面白かった。多くの方が共感したのも頷ける。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

新潮社

星の王子さま

価格:518円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フランス文学屈指の名作

「星の王子さま」は、サン=テグジュペリという元飛行士であるフランスの小説家によって執筆された児童文学です。「星の王子さま」の物語は、砂漠に不時着してしまった飛行士の主人公である「ぼく」は、砂漠で小さな王子さまに出会います。

 

「ぼく」は飛行船を修理しながら、王子さまや周囲の大人や自然などと触れあい、王子さまとの絆を深めていく物語です。

 

この作品は児童向け文学というジャンルですが、大人が読んでも面白く、大人になってから深く理解できるという部分もあるようで、広い年齢層から支持を得ているベストセラー本だと言われています。

著者サン=テグジュペリ発売日2006/3/28

口コミを紹介

子供より大人向け。ずっと持っておきたい一冊です。意味が深く、考えさせられ、影響されます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

講談社

永遠の0

価格:946円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

零戦の謎を解き明かす物語

「永遠の0」は、放送作家としてテレビ番組の制作などに携わってきた百田尚樹の、小説家としてのデビュー作品です。2009年に発売され、2012年には「オリコン本ランキング部門」では歴代13作目のミリオンヒット作品となり、546万部を売り上げるという大ベストセラーを記録しました。

 

「永遠の0」は、現代に生きる佐伯健太郎という青年が主人公です。祖母を亡くして四十九日が過ぎた頃、健太郎と姉の慶子は自分達の実の祖父は第二次世界大戦で特攻し戦死した「宮部久蔵」という人物である事を知らされます。

 

自分達の実の祖父である「宮部久蔵」という人物に興味を抱いた健太郎と慶子は、かつての彼の戦友だった人などから話を聞き、祖父の戦死の真実を探るという物語です。この作品は第二次世界大戦の日本の特攻隊の様子について深く描かれており、日本人なら一度は読んでおきたい一冊と言われています。

 

 

著者百田尚樹発売日2009/7/15

口コミを紹介

この話はフィクションであるけど、ノンフィクションでもある。
国のために命を捧げてきた人の存在を絶対に忘れてはいけない。
多くの犠牲があって今の平和な社会が築かれている事を再確認。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

KADOKAWA

人間失格

価格:309円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

太宰治の描く、自伝的小説の傑作

「人間失格」は、日本を代表する文豪の1人である太宰治が1948年に発表した中編小説です。この「人間失格」を発表した太宰治は、その一か月後に愛人と入水自殺をした事で有名で、この小説は太宰治の遺作だとも呼ばれています。

 

「人間失格」は、主人公である大庭葉蔵という男の人生を描いたものとなっています。この小説ははしがきとあとがきを除くと3部構成の小説であり、はしがきの最初は大庭葉蔵を知らない第三者の視点から始まります。

 

主人公である大庭葉蔵は、幼い頃から変わった感覚を持った子供で、人の気持ちを理解するのが大変苦手な性格でした。そんな大庭葉蔵が、幼少期から青年期にわたって道化を演じ、内心では孤独に傷ついて堕落してしまう様子を描いています。

 

この「人間失格」は、太宰治の遺作であり代表作だとも言われており、夏目漱石の「こころ」と何十年にも渡って売り上げ部数を競っている大ベストセラー小説です。

著者太宰治発売日2007/5/30

口コミを紹介

作品は超有名ですが内容を今まで知らなかったので、読みましたが、冒頭から吸い込まれました。

人間失格という印象を頭に描き、主人公の三つの時代の写真に対する人間離れした様子を読むから、変わった人もいるもんだと思い、本編に突入。

私が印象に残った部分は、幼少時代の異常なまでの感受性や考え方や行動でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

新潮社

こころ

価格:399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高校の教科書にも載っている夏目漱石の名作小説

「こころ」は高校の教科書にも載っている、1914年に発表された夏目漱石の代表作として有名な長編小説です。元々は、当時の朝日新聞で「心 先生の遺書」として連載されていたのが、この作品だと言われています。

 

主人公は「私」という人物ですが、「私」が誰を差すのかは上中下の3部構成の中で変わっていくのが本作の見どころで、上は田舎出身の独身の青年で中も同じ人物ですが、下の「私」は上と中の「先生」にあたる人物です。3部構成の最後の下の部分で、「先生」の秘められた過去と懺悔が明らかとなります。

 

この小説は、高校の教科書にも一部分が載っているので知っている人も多く、日本で一番有名で一番売れている小説だと言われています。

 

著者夏目漱石発売日2004/3/1

口コミを紹介

多くの自己啓発本や読書を勧める本の中で、必ずと言っていいほど紹介されていた小説であったので今回読むことができました。勧められていた訳は十分はわかりました。遺書が長過ぎる面はありましたが、人の持つ弱さを思い知らされたと思っています。Kの奇妙さは気にはなりましたが、それも時代なのかなとも。一生のうちに読んだ方が良い本であることは間違いありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

角川書店(角川グループパブリッシング)

不思議の国のアリス

価格:475円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1865年から今もなお愛される、児童文学の名作

「不思議の国のアリス」は、1865年にイギリスの小説家であるルイス・キャロルが発表した児童文学です。ディズニーなど様々なメディアで展開され、今も多くの人から愛され続けている作品となっています。

 

「不思議の国のアリス」は、アリスという少女が白ウサギを追いかけて不思議な世界に迷い込み、様々なキャラクターと出会い冒険するというファンタジー小説です。

 

この作品は児童文学というジャンルに分類されていますが、社会風刺や世間への皮肉も多く含まれた内容となっており、大人も楽しめる一冊だと言われています。

著者ルイス・キャロル発売日2010/2/25

口コミを紹介

翻訳ですが、原書の味わいがよく出ていて楽しく読めました。
子供向けで読んで済ましていることが少なくないので、一度本物を読むのも大事だと思います。
スイフトの「ガリバー旅行記」も絵本などで知ったつもりになっているけど、実は皮肉や社会批判の書でもあることがわかりますよね。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

静山社

ハリー・ポッターと賢者の石

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハリー・ポッターシリーズの原点

「ハリー・ポッターと賢者の石」は、1997年にイギリスの小説であるJ.K.ローリングが発表したハリー・ポッターシリーズの第1作目というシリーズの原点と言われる作品です。2001年に映画化され、大ヒットを記録した事でも有名となりました。

 

「ハリー・ポッターと賢者の石」は、不幸な境遇でダーズリー家の養子として暮らしているハリーという少年が主人公です。ハリーは、11歳の誕生日にホグワーツ魔法学校の入学許可証を手に入れるという出来事から物語が展開していきます。

 

ハリーは、ホグワーツ魔法学校での始めての経験に戸惑いながらも、持ち前の勇気と優しさで困難を乗り越えていくというストーリーです。ハリー・ポッターシリーズのストーリーを全て知っているという人も、改めて読み返すと伏線が見つかったりなど存分に楽しめる内容となっています。

著者J.K.ローリング発売日 1999/12/1

口コミを紹介

最新号不死鳥の騎士団を読み終え、もう一度最初から読み直そうと購入しました。前回は人から借りて読んでいたもので・・・
まだあどけないハリーとロン、そしてハーマイオニ-の純粋な行動にとても微笑ましい気持ちになります。読み返すと後からの複線もよく分かり十分楽しみました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベストセラー本の選び方

世界には日々たくさんのベストセラー本が発表されていますが、一体どの本が自分に合っているのが分からないという人も多いでしょう。次は、ベストセラー本を読んでみたいけれどどの本がいいのか分からないあなたに、ベストセラー本の選び方をご紹介します。

作家から選ぶ

ベストセラー本を選ぶ時には、作家から選ぶというのも1つのポイントです。読む人によって、それぞれ自分にあったジャンルや文章の雰囲気などが違います。自分好みの作家がいる場合は、その作家のベストセラー本を選べば間違いなしです。

国を代表する作家から選ぶ

ベストセラー本には、世界各国様々な国の作品があります。本には、日本文学やアメリカ文学、フランス文学やドイツ文学など、色んな国のジャンルが存在しているようです。国によって特徴が異なっていますので、自分に合った国の文学が見つかれば、その国のベストセラー本を選ぶのが良いでしょう。

有名な作家から選ぶ

学校の教科書に作品が載った作家や、テレビやインターネットなどで話題になり有名になった作家は、多くの人に認められて愛されている作家だと考えられるでしょう。ベストセラー本選びに悩んでいる時は、誰もが一度は耳にした事があるような有名な作家から選ぶというのもおすすめです。

メディア展開をした作品から選ぶ

現在、ベストセラー本の多くが映画化やドラマ化、アニメ化などの映像化をしています。原作である本を先に読んでから映像作品を楽しむのは勿論、映像作品を先に見てから原作の本を読むというのも考察が広がったり違う視点が見てくるなど、楽しみ方が増えるようです。

映画化された作品から選ぶ

映画化されたベストセラー作品は、必ずと言っていいほど面白い作品が多いです。また、映画化されると華やかな芸能人が作品の中の役を演じますので、その芸能人からイメージを広げてみるのも良いでしょう。

ドラマ化された作品から選ぶ

ベストセラー本の中でも人気作品はかなりの数がテレビドラマ化されているので、ドラマ化されているベストセラー作品は要チェックです。長編小説は特に、映画とは違って尺に悩む事がないので丁寧に原作を再現している作品が多いようです。

受賞した作品から選ぶ

「芥川賞」や「直木賞」など、賞を受賞した作品は、本に詳しい専門家である審査員のお墨付きである良書です。歴代の受賞作の中から作品を選ぶのもベストセラー本選びの近道だと言われています。

「芥川賞」を受賞した作品から選ぶ

「芥川賞」は、純文学というジャンルの作品の中から選ばれる賞です。この「芥川賞」は、本を読み慣れている中級者から上級者向けの作品が多いと言われています。

「直木賞」を受賞した作品から選ぶ

「直木賞」は、大衆向けの作品の中から最も優秀な作品が選ばれます。この「直木賞」は大衆的な作品を対象としていますので、普段本を読み慣れていない初心者にもおすすめです。

ベストセラーの本のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4997996の画像

    静山社

  • 2
    アイテムID:4997988の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 3
    アイテムID:4997983の画像

    新潮社

  • 4
    アイテムID:4997976の画像

    KADOKAWA

  • 5
    アイテムID:4997834の画像

    講談社

  • 6
    アイテムID:4997822の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:4997812の画像

    新潮社

  • 8
    アイテムID:4997802の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:4997793の画像

    白水社

  • 10
    アイテムID:4997776の画像

    静山社

  • 11
    アイテムID:4997514の画像

    新潮社

  • 12
    アイテムID:4997497の画像

    サンマーク出版

  • 13
    アイテムID:4997491の画像

    新潮社

  • 14
    アイテムID:4997467の画像

    文藝春秋

  • 15
    アイテムID:4997423の画像

    主婦の友社

  • 商品名
  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • 不思議の国のアリス
  • こころ
  • 人間失格
  • 永遠の0
  • 星の王子さま
  • バカの壁
  • 異邦人
  • ライ麦畑でつかまえて
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 坊っちゃん
  • 脳内革命 脳から出るホルモンが生き方を変える
  • 車輪の下
  • 火花
  • 新装版 話を聞かない男、地図が読めない女
  • 特徴
  • ハリー・ポッターシリーズの原点
  • 1865年から今もなお愛される、児童文学の名作
  • 高校の教科書にも載っている夏目漱石の名作小説
  • 太宰治の描く、自伝的小説の傑作
  • 零戦の謎を解き明かす物語
  • フランス文学屈指の名作
  • 人間や人生についてじっくり考えたい人に
  • 「不条理」がテーマのカミュの代表作
  • ニューヨークが舞台の歴史的青春小説
  • ハリー・ポッターシリーズの第2巻
  • 江戸っ子教師の改革劇
  • プラス思考が最高の薬である事を、科学・医学的に解説した一冊
  • ドイツ文学の巨匠、ヘルマン・ヘッセの代表的自伝小説
  • 第153回芥川賞を受賞した、又吉直樹のデビュー作
  • 男女の違いを脳の構造から徹底解説
  • 価格
  • 2000円(税込)
  • 475円(税込)
  • 399円(税込)
  • 309円(税込)
  • 946円(税込)
  • 518円(税込)
  • 799円(税込)
  • 497円(税込)
  • 950円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 334円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 367円(税込)
  • 626円(税込)
  • 円(税込)
  • 著者
  • J.K.ローリング
  • ルイス・キャロル
  • 夏目漱石
  • 太宰治
  • 百田尚樹
  • サン=テグジュペリ
  • 養老孟司
  • カミュ
  • J・D・サリンジャー
  • J.K.ローリング
  • 夏目漱石
  • 春山茂雄
  • ヘルマン・ヘッセ
  • 又吉直樹
  • アラン・ピース バーバラ・ピース
  • 発売日
  • 1999/12/1
  • 2010/2/25
  • 2004/3/1
  • 2007/5/30
  • 2009/7/15
  • 2006/3/28
  • 2003/4/10
  • 1963/7/2
  • 1984/5/20
  • 2000/9/1
  • 2003/04
  • 1995/5/1
  • 1951/12/4
  • 2017/2/10
  • 2002/11/1

まとめ

今回は、おすすめのベストセラー本ランキングと、ベストセラー本の選び方についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?世界では現在もたくさんの本が発行されており、新たなベストセラー本が日々生まれています。ぜひ、この記事でご紹介した選び方を参考にして、自分に合ったベストセラー本を探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ