【直木賞受賞作家】荻原浩の人気おすすめランキング10選【笑えて元気の出るハートフルな作風】

記事ID3618のサムネイル画像

「噂」、「海の見える理髪店」、「トンネル鏡」など、受賞作品やドラマ化・映画化をした小説も多いベテラン作家、萩原浩。「ハードボイルド・エッグ」などのシリーズ作品や短編集、漫画も手掛けています。今回は荻原浩作品の選び方と人気おすすめ作品10選をランキング形式で紹介!

今回の記事では荻原浩の人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では小説について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

萩原浩の書く小説の魅力

萩原浩はコピーライターを経て作家になりました。1996年のデビュー以来たくさんの小説を発表してきた作家です。ドラマ化、映画化、さらには漫画化などのメディアミックスをした作品もあるベテラン作家でもあります。

 

萩原の小説の魅力は、登場人物に寄り添うまなざしのやさしさにあります。面白くて笑えて元気が出る、ハートフルな作風なのです。しかし、荻原浩作品の中にはホラー小説やミステリー小説が存在していることはご存じでしたか?

 

今回は、荻原浩作品の選び方とおすすめ小説10作品をランキング形式でご紹介します。ランキングはジャンル、文章の長さなどを基準に作成しました。記事の最後にはおすすめの作家を紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

萩原浩の人気おすすめランキング15選

ホームレスからの逆転劇

主人公はささいなきっかけで大手証券会社を解雇され、現在の所持金は3円。主人公は侮蔑や寒さ、飢えの極貧生活を強いられます。占い師と美形のホームレスとの出会いをきっかけに、新興宗教を創立。社会への逆襲を開始します。

 

主要キャラクターの言動も面白く、個性豊かです。上下巻の長編小説ですが、ポップな読み心地で一気に読めてしまうのは作者のなせる技。シニカルで読み応えのある小説をお探しの方にぜひおすすめです。

ジャンル ユーモア小説 ページ数 496
出版日 2013/11/15

口コミを紹介

登場人物のキャラクターが皆おかしい。おなか抱えて笑っちゃう場面も少なくなかった。特に占い師は魅力的。

出典:https://www.amazon.co.jp

研究者の謎の死に迫る

霊長類研究センターを舞台にボノボ研究者たちを描くミステリー小説です。ボノボのバースディの言語習得実験のプログラムに参加している研究者の真。真が恋人の由紀にプロポーズした夜に、由紀は自殺してしまいます。

 

以前にも研究所内で同様の事件があったことから、真は不審に思い、真相に迫っていくミステリーです。愛する人を思う気持ちと人間の不条理を描いています。バースディとの会話のシーンが圧巻です。切ない愛の物語を読みたい方におすすめ。

ジャンル ミステリー小説 ページ数 384
出版日 2008/5/20

口コミを紹介

とても切なくて・・・・バースディの健気な態度や愛らしさに何度も泣いてしまいました。人に薦めたいような、薦めたくないような・・・・・他の荻原作品も最近少しずつ読んでいますが、私にとっては、いまのところこの本が一番!

出典:https://www.amazon.co.jp

もう一つの人生を考える

元銀行員のタクシー運転手がある折に青春を過ごした街を通しかかり、人生をもう一度やり直すことを考えます。ささいなことで銀行をやめてしまったことを悔い、転職先でも営業成績があがらずに挫折感を味わう主人公。

 

主人公は選んでいたかもしれない、もしもの世界を想像します。人生の岐路について思いを巡らすことは多くの人が経験することですが、自分の選んだ人生を前向きに生きることの大切さに気付かせてくれる小説です。

ジャンル ユーモア小説 ページ数 288
出版日 2009/4/20

口コミを紹介

誰あの時ああしてたら違う人生だったのではないか。誰もが一度は思うことだと思う。後悔しても戻れないけれど、後悔する必要があるのか?読み終わってスッキリほっこり前向きになれる作品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

フリーターと軍国青年の入れ替わり劇

尾島健太はサーフィンの大波にのまれて失神し、戦争中の1944年で目覚めます。一方で帝国海軍飛行術練習生の石庭吾一訓練中の墜落で現代へタイムスリップ。健太は軍隊にてサバイバル生活を強いられます。吾一は戦争の行く末を知り落胆。

 

19歳のふたりが過去と未来でそれぞれの立場を経験するなかで、読者も戦争をリアルなものとして追体験できるでしょう。戦争を知らない世代にぜひ読んでもらいたい小説です。

ジャンル ユーモア小説 ページ数 480
出版日 2016/8/4

口コミを紹介

現代の若者が体験する戦争と、軍国主義で育ってきた若者が体験する現代。そのお互いの感じ方・考え方が交互に現され物語に引き込まれた。最後に二人の奇妙な縁が判明し、ストーリーに深みが加わったし、ちょっと切ないエンディングが余韻を残す。

出典:https://www.amazon.co.jp

笑って泣けるハードボイルド小説

フィリップ・マーロウに憧れている「私」最上俊平。他人よりも損をする道をすすむことに決めるものの、現実の仕事はペットの捜索ばかり。主人公はカッコよく事件を解決したいのですが、実際にはボロボロになって奔走する羽目になります。

 

イメージ通りに動けない主人公ですが、ある決断をすることで物語が展開を迎えます。テンポの良い会話や笑って泣ける展開の物語が楽しみたいときにおすすめの小説です。

ジャンル ユーモア小説 ページ数 400
出版日 2015/1/15

口コミを紹介

とても軽快な文章で、読みやすく、展開も早く、心地よい作品でした。
旅行などに持ってゆくのが最高かと。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

新潮社

メリーゴーランド

価格: 737円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すべての働く人に向けたお勤め小説

激務の職場を辞めてUターンした主人公が新たに務めた先は郊外の市役所。家族と共に平穏無事な日々を過ごせるかと思いきや、テーマパークの再建の案が出ます。引き受けなければ良いものを、もう一人の自分の囁きを聞いてその気になってしまったものだから大変。

 

萩原浩の持ち味である人情・ユーモアで彩られたこの小説は、地方公務員の苦労と悲哀を描いています。しかしそれだけではありません。この小説は、勤め人がいかにして自分の仕事から働くことの充実感を引き出せるのかを描いた作品でもあります。

 

利益追求とは別の論理で働くことになる公務員はえてして、充実したやりがいを感じにくいものです。そんな中、あえて自分から苦労を引き受けることで得られるやりがいがある。――世に働くすべての人に関わる仕事の意義を考えさせられる小説です。

ジャンル ユーモア小説 ページ数 445
出版日 2006/12/1

口コミを紹介

この本を読んで、とてもさわやかな感動をおぼえました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

双葉社

誘拐ラプソディー

価格: 11円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

憎めない人物たちが織りなすドタバタ逃走劇

使える金もなく、住む家もなく、連れ添う女もいない。あるのは借金と前科だけのダメ人間の主人公。一発逆転を狙って金持ちの子供を誘拐するのですが、その子供はなんとヤクザの子供。誘拐した子供を連れて主人公が逃げに逃げるドタバタ逃走劇です。

 

萩原浩の描く憎めない登場人物たちによってユーモアあふれるコメディ作品になっています。映画化もされているので、小説を読んで映画、もしくは映画を見てから小説を、という二倍の楽しみ方ができる作品でもあります。

 

誘拐と逃走を描いた小説でありながらも、思わず笑ってしまえるところや子供との絆の大切さにじーんとさせられるところなど、萩原浩の人情とユーモアがぎゅっと詰まったエンタメ小説です。

ジャンル ユーモア小説 ページ数 421
出版日 2004/10/1

口コミを紹介

寝る前に読んでいて、続きが気になってついつい夜更かししちゃいました。
そのぐらい、面白かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

KADOKAWA / 角川書店

金魚姫

価格: 585円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人の楽しめる切ないホラー&ファンタジー

恋人にはふられ、仕事はやりがいがなく、残念な毎日に追われる主人公。気まぐれに夏祭りで金魚をすくい部屋に持って帰ると、その夜に謎の美女が現れて奇妙な同居生活がはじまります。ホラー物語でもあり、ひと夏の切ない恋のファンタジーでもある小説です。

 

コメディ調の萩原浩作品とは違った雰囲気で、ホラーとファンタジーをミックスした物語になっています。それでいて一組の男女のひと夏の幻想的な出会いと別れを描いた、大人の楽しめる切ない恋愛ストーリーでもあります。

 

萩原浩のユーモア小説にも味わいのある人情にあふれた感動的な要素はありますが、それとはまた違った味わい深い感動が胸に迫ってくる幻想小説として楽しめる一冊になっています。

ジャンル ホラー小説 ページ数 464
出版日 2018/6/15

口コミを紹介

小説はあまり得意ではないのですが、レビューにつられて購入してみました。
結果…どハマり。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

集英社

オロロ畑でつかまえて

価格: 497円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユーモアあふれる萩原浩のはじめの一冊

小説家萩原浩が小説すばる新人賞を受賞したデビュー作であり、後にユニバーサル広告社シリーズとして続くシリーズの第一作目。ストーリーは過疎化に陥った秘境の村の村おこしのために、倒産寸前の広告代理店の活躍を描いたものとなっています。

 

お仕事小説というよりは、仕事を通したユーモア小説です。重点が置かれているのはむしろ、萩原浩お得意のユーモアあふれる人物たちのドタバタなのです。

 

テンポが良くて読みやすく、人情・ユーモアが魅力の萩原浩の作品の要素もあります。作家のデビュー作にはその作家のすべてがあるという視点からも、萩原浩の小説を読む「はじめの一冊」として選んでみてもいいユーモア小説となっています。

ジャンル ユーモア小説 ページ数 240
出版日 2001/10/19

口コミを紹介

抱腹絶倒ということで、どれどれと読んでみた。
語り口が独特で、絶妙。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

新潮社

押入れのちよ

価格: 637円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

萩原浩の書く九つの怖いお話

一夜から九夜まで、全九夜まで収録された短編集。いずれの作品もホラー小説のジャンルのもので、怪奇・幻想・幽霊・人間の異常心理などを扱った九つの物語が読める一冊になっています。ホラー小説といえどもただ怖い話ばかりではありません。

 

そこは人情とユーモアを得意とする萩原浩です。幽霊を登場させるにしてもどことなく可笑しみがあり、さらには悲哀のペーストもあったりと物語に厚みがあります。

 

ホラー小説ど真ん中と言った不気味な話もあり、読者は読んでいて思わずゾクッとさせられたり、一度本を閉じてしまいたくなることさえあるかもしれません。ユーモアのあるホラー小説もあり、得体の知れないホラー小説もある、そんなホラー短編集になっています。

ジャンル ホラー小説 ページ数 377
出版日 2008/12/20

口コミを紹介

笑いあり、涙あり、怖さあり、感動あり。。いろいろなテイストがびっしり詰まったこの1冊は価値のある一冊です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

新潮社

コールドゲーム

価格: 724円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いじめをテーマにした青春・復讐ミステリー小説

高校三年生の夏、中二の頃に一緒だったクラスメイトが次々と襲われます。中学時代のいじめが、進路を決める大事な時期である高校三年生の夏に吹き上がってくる。そんな青春・復讐ミステリーです。

 

あらすじだけ知ると、この小説は一見して人間の暗い陰の面を描いた重たい作品です。しかし実際はテンポも良くて読みやすく、400ページ以上あっても一気に読める、エンタメ小説としてのおもしろさがあります。

 

人間には、過去のあやまちが現在に思わぬ形で復讐してくることで、自分たちのしでかした事の重大さを知ることがあります。いじめをテーマにしたこの小説が描くところも、そのような人間の失敗と後悔とやりきれなさなのです。

ジャンル ミステリー小説 ページ数 480
出版日 2005/10/28

口コミを紹介

人情を言語化させたら日本随一の作家荻原 浩がリアルに少年の心理へと迫ります。酷薄ないじめの生じる機構をさらりと表現し,そんなものだとしか言い様のない人間社会を描写しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

光文社

明日の記憶

価格: 669円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「若年性アルツハイマー」の実態を描いた啓蒙小説

広告代理店勤務で仕事も家庭も順風満帆な50代の主人公。しかし彼に異変が起こります。病院で診断されたのは若年性アルツハイマーでした。重要な役目を任せられている仕事、結婚を控える娘、銀婚式をすませた妻。これらのすべてを思い出せなくなってしまうのです。

 

この小説はそんな主人公が病に負けず懸命に生きる姿を描いた感度長編です。すぐれた大衆文学に贈られる山本周五郎賞、本屋大賞第二位を受賞した作品であり、萩原浩の代表作ともいえる傑作小説です。

 

この小説を読んだ俳優の渡辺謙が、作家である萩原浩本人に映画化の話を持ち掛けたのだそう。病気のの当事者やその家族、それに彼らを取り巻く世間の対応なども細かく描写されていて、「若年性アルツハイマー」という病気を知ることのできる啓蒙小説でもあります。

ジャンル フィクション ページ数 387
出版日 2007/11/8

口コミを紹介

若年性アルツハイマーにかかった本人が一人称で物語るスタイル。
自分の方が10歳近く年上だが、いずれ来るだろう痴呆状態が手に取るように理解できた。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

光文社

神様からひと言

価格: 741円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツラい仕事の中で自分の人生を見つめ直すお仕事小説

広告代理店を辞めて「珠川食品」に再就職した主人公。入社直後にトラブルを起こし、「リストラ要員収容所」と言われるお客様相談室へと異動することになります。そんな主人公の奮闘の日々を描いた長編お仕事小説です。

 

「サラリーマン・ユーモア・ドタバタ」という萩原浩の本領が発揮されたユーモラスなお仕事小説です。作者自身の経験に裏打ちされた企業内の生き生きとした描写がすばらしく、ツラい業務のなかで主人公が自分の人生を見つめ直していくストーリーも味わい深いです。

 

会社の内外の人間関係のドタバタを楽しめるばかりでなく、クレーム処理の方法が実際に応用できるという「お仕事小説」の点からも楽しむこともできるユーモア小説です。また、ドラマ化もされているので小説以外の楽しみ方ができます。

ジャンル ユーモア小説 ページ数 449
出版日 2005/3/20

口コミを紹介

荻原浩の作品なので、間違いない!と思って読みました。いつもながら、ストーリー展開の面白さでグイグイ読み進められました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

集英社

海の見える理髪店

価格: 626円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族関係に潜むやさしさを描いた短編集

感動的な物語が収録された、人生の可笑しさと悲哀が描かれた短編集であり、家族小説集でもあります。表題作はすぐれた大衆小説作品に贈られる直木賞を受賞した作品で、萩原浩という作家の代表作として名前の挙がる一冊でもあります。

 

収録された作品はいずれも家族の人間関係をテーマにしています。それぞれの話にべつべつの家族像があり、いずれの話も作家の人情味ある視線から丁寧に描写されたやさしさがあります。どの物語にも独特の可笑しみがあり、そして悲しみがあるのです。

 

家族というものは誰もが気掛かりな人間関係です。そこには家族以外の人間にはうかがい知れない事情もあります。この小説ではそうした事情へと目を向けるのです。誰の人生にも付いてまわる家族関係に潜む物語に気づかせてくれるやさしい小説です。

ジャンル フィクション ページ数 272
出版日 2019/5/17

口コミを紹介

理髪店亭主の過去とお客の未来への期待が 海のように開ける思いがしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

新潮社

価格: 767円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衝撃のラストに裏切られる!

香水の新ブランドのPRのために使われたのは女子高生の口コミ。スカウトされた女子高生たちは言われた通りに噂を広めます。PRのための噂が功を奏し、都市伝説が誕生、香水は大ヒット。

 

ここまでは販売戦略の通りでしたが、やがて予想外の事態が起こります。都市伝説をもとにした連続殺人事件が起こったのです。ミステリー小説の傑作と呼ばれているこの小説の最大の魅力は「どんでん返し」。衝撃のラストに向けて一気に読める作品です。

 

萩原浩の代表作と言われている『明日の記憶』や『海の見える理髪店』に負けず劣らず読まれているのも、この小説が「どんでん返しされたい」読者にとって魅力的だからなのです。ラスト一行に裏切られたい読者にはうってつけの一冊です。

ジャンル ミステリー小説 ページ数 492
出版日 2006/2/28

口コミを紹介

学生時代に一度読んでいたにも関わらず再びの恐怖…これから暑くなるから夏に読めば良かった…

出典:https://www.amazon.co.jp

荻原浩のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7266275の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:7266272の画像

    集英社

  • 3
    アイテムID:7266269の画像

    光文社

  • 4
    アイテムID:7266266の画像

    光文社

  • 5
    アイテムID:7266263の画像

    新潮社

  • 6
    アイテムID:7266260の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:7266257の画像

    集英社

  • 8
    アイテムID:7266254の画像

    KADOKAWA / 角川書店

  • 9
    アイテムID:7266251の画像

    双葉社

  • 10
    アイテムID:7266248の画像

    新潮社

  • 11
    アイテムID:7266697の画像

    双葉社

  • 12
    アイテムID:7268170の画像

    双葉社

  • 13
    アイテムID:7268803の画像

    光文社

  • 14
    アイテムID:7268933の画像

    集英社

  • 15
    アイテムID:7269137の画像

    講談社

  • 商品名
  • 海の見える理髪店
  • 神様からひと言
  • 明日の記憶
  • コールドゲーム
  • 押入れのちよ
  • オロロ畑でつかまえて
  • 金魚姫
  • 誘拐ラプソディー
  • メリーゴーランド
  • ハードボイルド・エッグ 新装版 (双葉文庫)
  • 僕たちの戦争 新装版 (双葉文庫)
  • あの日にドライブ (光文社文庫)
  • さよならバースディ (集英社文庫)
  • 砂の王国(上) (講談社文庫)
  • 特徴
  • 衝撃のラストに裏切られる!
  • 家族関係に潜むやさしさを描いた短編集
  • ツラい仕事の中で自分の人生を見つめ直すお仕事小説
  • 「若年性アルツハイマー」の実態を描いた啓蒙小説
  • いじめをテーマにした青春・復讐ミステリー小説
  • 萩原浩の書く九つの怖いお話
  • ユーモアあふれる萩原浩のはじめの一冊
  • 大人の楽しめる切ないホラー&ファンタジー
  • 憎めない人物たちが織りなすドタバタ逃走劇
  • すべての働く人に向けたお勤め小説
  • 笑って泣けるハードボイルド小説
  • フリーターと軍国青年の入れ替わり劇
  • もう一つの人生を考える
  • 研究者の謎の死に迫る
  • ホームレスからの逆転劇
  • 価格
  • 767円(税込)
  • 626円(税込)
  • 741円(税込)
  • 669円(税込)
  • 724円(税込)
  • 637円(税込)
  • 497円(税込)
  • 585円(税込)
  • 11円(税込)
  • 737円(税込)
  • 621円(税込)
  • 2,200円(税込)
  • 681円(税込)
  • 660円(税込)
  • 880円(税込)
  • ジャンル
  • ミステリー小説
  • フィクション
  • ユーモア小説
  • フィクション
  • ミステリー小説
  • ホラー小説
  • ユーモア小説
  • ホラー小説
  • ユーモア小説
  • ユーモア小説
  • ユーモア小説
  • ユーモア小説
  • ユーモア小説
  • ミステリー小説
  • ユーモア小説
  • ページ数
  • 492
  • 272
  • 449
  • 387
  • 480
  • 377
  • 240
  • 464
  • 421
  • 445
  • 400
  • 480
  • 288
  • 384
  • 496
  • 出版日
  • 2006/2/28
  • 2019/5/17
  • 2005/3/20
  • 2007/11/8
  • 2005/10/28
  • 2008/12/20
  • 2001/10/19
  • 2018/6/15
  • 2004/10/1
  • 2006/12/1
  • 2015/1/15
  • 2016/8/4
  • 2009/4/20
  • 2008/5/20
  • 2013/11/15

萩原浩小説の選び方

ベテラン作家として20年以上ものあいだ執筆活動をしてきた萩原浩。当然作品の数も多いです。小説にもコミカルなものからサスペンス調のものまであります。ここでは萩原浩の小説を読むに当たって、どのような選び方があるのかをご紹介します。

ジャンルで選ぶ

萩原浩の小説はいくつかのジャンルに分けられます。登場人物の言動にクスッとなったり、物語の展開にドキドキしたり。自分がどんなジャンルの小説を読みたい気分なのかは、これから読む小説を選ぶうえで大切な要素です。

クスッと笑えて元気が出る「ユーモア小説」

疲れたときに癒される小説を読みたい。思わず笑ってしまうような小説を読んでみたい。じーんと胸の奥があたたまる小説が読みたい。――そんな気分のときに楽しめる萩原浩の小説があります。

 

小説すばる新人賞を受賞したデビュー作の『オロロ畑でつかまえて』もユーモア小説でした。その後に発表された小説も人情味のあるものや、くすりと笑える作品の多いことが特徴です。

 

ユーモアたっぷりのヒューマンドラマで、笑えるだけでなくあたたかい気持ちになれる作品には『誘拐ラプソディー』があります。萩原浩の小説を読むのに笑えたり、ほっこりしたい方はぜひユーモア小説のジャンルで選んでみてください。

ドキドキしたいなら「ミステリー小説」

読んでドキドキしたいときにはミステリー小説が定番。ミステリー小説は先の展開が気になってハラハラしながらページをめくるのが楽しい読書ができます。ハートフルな作品が多い萩原浩ですが、その一方で、サスペンス・ミステリー小説の名手でもあるのです。

 

そのなかでも『噂』は傑作と言われています。連続殺人事件の真相を追う刑事2人のシリアスな物語ですが、ラスト一行で訪れるどんでん返しは読者をアッと言わせる衝撃があります。ハラハラドキドキしたい!という方は、ぜひミステリー小説を選んでみてください。

スリル満点な「ホラー小説」

荻原浩作品のなかには、ゾクッとする、ときに切ないホラー小説もあります。代表的なのが『押入れのちよ』。有名なので聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。短編集なのですが、どれもホラーな作品です。

 

ホラーだからと言ってもただ怖いだけではなく、萩原浩の本領である人情・ユーモアな面もあり、ホラー小説なのにほっこりさせられたりもします。また『コールドゲーム』という作品もゾクッとさせられる点でホラー風味です。

 

こちらはいじめられたことの報復を描いた長編小説です。シリアスでゾッとするタイプのサスペンス・ホラー小説となっています。ゾクッとスリル満点の怖さを味わってみたい方は、ぜひホラー小説を選んでみてください。

社会人におすすめの「サラリーマン小説」

萩原浩の小説はサラリーマンが主人公であることが多いです。何かと苦労のあるサラリーマンの実態が読める、サラリーマンが主人公の小説を「サラリーマン小説」と言います。中でも有名なのが『神様からひと言』です。

 

食品会社に就職した主人公が「お客様相談室」のクレーム処理係にまわされる物語。実社会で役に立つクレーム処理の方法なども登場し、営業マンにおすすめの小説だとされています。また萩原浩の代表作と言われる『明日の記憶』もサラリーマン小説です。

 

渡辺謙の主演で映画化もされた感動作。ハートフルな作品も多いので、共感したい社会人の方やじんわりと温かい気持ちになりたい方におすすめです。

「漫画」もチェック!

なんと60代に入ってから漫画家デビューしたという荻原浩。素敵な文章だけでなく絵も描けるなんて、多彩ですよね。漫画作品も、荻原浩にしかかけないようなセンチメンタルで不可思議な物語となっています。

 

『人生がそんなにも美しいのなら』は、全8編の短編漫画を楽しむことができる作品集です。泣ける感動作から、ブラックで奇妙な世界まで、荻原浩ワールド全開の作品をまとめて読むことができますよ。

シリーズ小説で選ぶ

萩原浩の小説にはシリーズものもあります。ユニバーサル広告社シリーズ最上俊平シリーズの2つです。

広告代理店での経験を生かした「ユニバーサル広告社シリーズ」

萩原浩のデビュー作である『オロロ畑でつかまえて』からはじまるシリーズがユニバーサル広告社シリーズです。倒壊寸前の広告会社「ユニバーサル広告社」がメインのシリーズで、作者である萩原浩の広告代理店勤務だった経験を活かした、ユーモアあふれる作品です。

 

萩原浩は広告代理店に勤務していた経験を活かして、サラリーマンを主人公にした小説など多く書いています。その点から、著者が会社員時代に培ったハウツーを学べる小説としても読むことができるのです。

笑えるコメディミステリー「最上俊平シリーズ」

最上俊平シリーズは、コメディー調の笑えるミステリー小説です。主人公の最上俊平はレイモンド・チャンドラーの探偵小説の登場人物であるフィリップ・マーロウの影響を受けて、孤独を愛するハードボイルドな探偵になろうと考えます。

 

シリーズものの小説は、その作品の世界に長く浸っていられるのが魅力ですよね。物語につながりのある作品で長く楽しみたい方は、ぜひシリーズ小説で選んでみてください。

「ドラマ化・映画化」した原作小説もおすすめ

萩原浩の小説のなかにもドラマや映画になった作品があります。ドラマになった作品には、森山未來が主演の『僕たちの戦争』、伊藤淳史が主演の『神様からひと言』、ユニバーサル広告社シリーズの『花のさくら通り』などがあります。

 

萩原浩の代表作である『明日の記憶』が渡辺謙の主演で映画化。他にも、『誘拐ラプソディー』は高橋克典の主演で、そして水谷豊主演で『愛しの座敷わらし』が製作されました。 ラジオドラマ化や漫画化をした作品があります。

 

映像化した作品はそれだけ原作小説の反響が大きく、万人受けするストーリーだということでもあります。荻原浩の小説を初めて読むという方は、ぜひ映像化した作品を選んでみてください。

「直木賞」などの「受賞作品」も見逃せない

デビュー作品『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞してからというもの、山本周五郎賞、山田風太郎賞、直木三十五賞などの様々な賞を受賞してきた荻原浩。

 

寿聡暦のある作品はやはりストーリー自体が面白いものだけでなく、構成などを含めてすべてにおいて評価できる作品が多いです。迷っている方は荻原浩の代表作ともなっている受賞作品から選んでみるのもおすすめです。

作家になったきっかけとは

全ての職業に言えることですが、小説家はなぜ小説家になったのか、気になりますよね。クリエイティブな仕事は特に「なんとなく」でなれるような甘い世界ではありません。荻原さんはなぜ物語を生み出すことになったのでしょう?

 

「WEB本の雑誌」のインタビューによれば、35歳で独立して本を読む習慣が戻ってきたことがきっかけのようです。色々な本を読んでいると中には面白くないものも混ざっている。面白くない、だったら自分で書こうと思ったのがきっかけだったそうです。

 

40歳を前にして、何もやってない!何かしなきゃ!と焦ったことも背中を押したのだとか。しかしそれで、いきなり小説すばる新人賞を受賞するとはやはりすごいですね。

その他おすすめの小説家

荻原浩作品が好きなあなたに、おすすめの作家をご紹介します。有名作家ばかりですが、もしかするとまだ読んだことのない作品があるかもしれません。ランキングと合わせてご覧くださいね!

社会現象を巻き起こすほどの名作を生んだ池井戸潤

金融界や経済界などを舞台にした小説で多くの数々のベストセラーを生み、また数多くの作品が実写化されるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの超売れっ子作家、池井戸潤。

 

大学卒業後、当時の三菱銀行に入行しますが、32歳で退職。その後はコンサルタント業の傍ら執筆活動を開始します。1998年、銀行マンの経験を生かしたミステリー「果つる底なき」で、第44回江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビューしました。

 

金融界や経済界を舞台にした小説を数多く執筆し、エンターテインメント作家として年代問わず人気を博しています。また多くの作品が実写化されており、2013年に実写化されたテレビドラマ「半沢直樹」は、平均視聴率42.2%を記録し、社会現象を巻き起こしました。

繊細で透明感のある作風の小川洋子

繊細で透明感のある文体、幻想的な物語が多くのファンを魅了している小川洋子。各種文学賞を受賞し、フランスを中心に海外でも評価のされている小説家です。

 

岡山県出身。早稲田大学で文芸を学び、就職。その後に結婚を経て辞職し、小説執筆に専念しました。1988年に『揚羽蝶が壊れるとき』で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてのデビューを果たします。1991年には『妊娠カレンダー』で芥川賞を受賞し、現在まで続く地位を築きあげてきました。

 

人間の生と死をテーマに繊細な文章で読者を魅了します。彼女の地位を確固たるものとした作品が2004年に発表した『博士の愛した数式』で、後に数学者との共著を出すなど、数学に造詣の深い作家です。「数学小説」では読売文学賞・本屋大賞を受賞しました。

 

伸びやかな文体が魅力の宮下奈都

繊細且つ伸びやかな文章で、多くのファンを魅了している宮下奈都。2016年に本屋大賞を受賞し、今最も注目されている作家です。子育てのかたわら執筆している小説は、どれも心がじんわりと暖かくなるものばかり。

 

上智大学文学部を卒業し、現在3児の母。3人目の妊娠中に小説を書き始め、初めてきちんと書き上げた小説『静かな雨』で第98回文學界新人賞佳作に入選し、その後、2004年に小説家デビューを果たします。

 

宮下奈都は繊細な文章で心が温まる優しい物語を書くことで有名ですが、数多くの人に注目され始めたのは、2016年に『羊と鋼の森』で本屋大賞を受賞してからです。『羊と鋼の森』は2018年には実写映画化になり、宮下奈都の世界観は数多くの人が魅了されました。

独特な世界観が魅力の伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の小説は独特の世界観に溢れ、今や小説だけではなく映画界や舞台業界をも沸かしている存在です。よって、小説をあまり読まない方でも名前を知っているということが多いのではないでしょうか。

 

世界観やエンタメ性が人気の小説家で、独自のユーモアや魅力ある登場人物などが多くのファンを離しません。少しクセのある物語でも何故かすんなりと入ってきて、気づけば読み込んでしまうのも特徴です。

 

映画や漫画で作品を知っていたという方も、原作を読んでみるとまた違った発見があるかもしれませんね。ランキングを参考にお気に入りの1冊を選んでみてください。

泣ける感動作が豊富な重松清

家族や友情を題材にすることの多い作家、重松清。その作風は幅広い共感を呼び、テレビドラマ化・映画化された作品の数でも群を抜いています。

 

1991年に小説「ビフォア・ラン」でデビュー。以来数多くの作品を書き続け、現在では自身も1999年に受賞した「山本周五郎賞」の選考員を務める、日本を代表する作家のひとりです。

 

小説家・重松清の作風は「かけがえのない家族」の物語をつむぎ続けること。作品のモチーフは、人生の生と死を見つめたものから、少年ををめぐる社会問題まで多彩ですが、どの作品にも、家族をかけがえのない宝物とする想いが一貫しています。

新刊情報もチェック!

荻原浩の新刊がいつ発売されるのか楽しみにされている方も多いと思います。自分で本屋をめぐって新刊情報を仕入れるのも良いですが、新刊の情報を知りたいときはインターネット上で確認することをおすすめします。

 

書店によっては置いていない出版社のものがあったり、地方の書店では情報がまだ届いていないという場合もあるからです。その点インターネットを使えば、様々な出版社の新刊情報を網羅できます。

 

各種出版社の公式サイトからは新刊の情報が随時更新されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

ここまで萩原浩の小説おすすめランキング10をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。「人情とユーモア」をテーマとした作品以外にも、サスペンス・ミステリーやホラー小説もありましたね。ぜひ自分の好みに合った萩原浩小説を手にとってみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

安部公房作品の人気おすすめランキング15選【シュールな天才作家】

安部公房作品の人気おすすめランキング15選【シュールな天才作家】

本・雑誌
小川洋子の人気おすすめランキング17選【芥川賞作品・文庫本も紹介】

小川洋子の人気おすすめランキング17選【芥川賞作品・文庫本も紹介】

本・雑誌
【2021年最新版】フランス文学のおすすめ人気ランキング15選【面白い名作を厳選】

【2021年最新版】フランス文学のおすすめ人気ランキング15選【面白い名作を厳選】

本・雑誌
BL小説の人気おすすめランキング30選【高校・ヤンキー・片思い】

BL小説の人気おすすめランキング30選【高校・ヤンキー・片思い】

ベビー用品
【2021年最新版】小池真理子作品の人気おすすめランキング15選【代表作や最新作もご紹介!】

【2021年最新版】小池真理子作品の人気おすすめランキング15選【代表作や最新作もご紹介!】

本・雑誌
村上龍の人気おすすめランキング15選【文壇に衝撃を与えた作家】

村上龍の人気おすすめランキング15選【文壇に衝撃を与えた作家】

本・雑誌