安部公房作品の人気おすすめランキング15選【高い国際的評価】

記事ID4772のサムネイル画像

「もう少しでノーベル文学賞を受賞することができたかもしれない」と言われる安部公房。国内外の作家にもさまざまな影響を与えてきたとされる、作家安部公房は小説だけでなく、数々の戯曲も残しています。そこで今回は安部公房の作品の選び方と共におすすめの人気作品をランキング形式でご紹介します。

シュールな作家・安部公房作品の魅力

前衛的な手法」、「不条理な展開」、「超現実的な設定」。いずれもシュールな作品を書く作家・安部公房の魅力として語られる言葉です。1950年代から1993年に亡くなるまで活躍した作家で、文壇からも距離も置き、固定観念的な現実を書き換えるような幻想的で実験的なSF作品を多く残しました。

 

実は晩年にはノーベル文学賞にもっとも近い作家とさえ言われていた安部公房。国内外問わず、数多くの賞を受賞し、安部公房からの影響を公言している作家も数多くいます。

 

そこで今回は、安部公房の作品の選び方やおすすめ小説をランキング形式でご紹介します。ランキングは発売日、ページ数、ジャンルを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

安部公房作品の選び方

作家として40年以上活動してきた安部公房。彼の残した著作は数多いです。ここではそんな多岐にわたる安部公房の作品の選び方をご紹介します。

ジャンルで選ぶ

安部公房の作家としての仕事は小説家だけではありません。小説以外にも戯曲や評論、随筆なども手がけています。ここでは安部公房の活動をジャンルごとにご紹介します。

ノーベル文学賞受賞寸前と言われた「小説」

安部公房の活動は小説から始まりました。成城高校時代に慕っていたドイツ語の教師・阿部六郎のもとに「粘土塀」と題した処女長編を持ち込んだのです。この小説は阿部を通して文芸誌『近代文学』の編集者の手に渡り、他誌である「個性」に掲載される運びとなったのでした。

 

「粘土塀」は後に『終りし道の標べに』として刊行されます。以来、小説家としての安部公房の作品は国内外で評価されていきました。シュルレアリスムの手法などを用いた実験的な作品は総じてシュールでありながら、人間存在への深い洞察を備えてもいるのです。

 

安部公房の書く前衛的な小説作品は、一見して探偵小説やSF小説ではありながら、純文学が目指す哲学的で深い人間理解が描かれたものが多いです。ぜひ、シュールであっても深い洞察が秘められた小説作品を読んでみてください。

数々の受賞作品も含む「戯曲」

安部公房は一般的にシュールな作風を誇る小説家として知られています。ところが劇作にも関心を持っていた安部公房は演劇の台本、つまりは戯曲も書いていました。書いた戯曲はじっさいに上演もされ、戯曲を元にしたラジオドラマも製作されています。

 

戯曲もまた小説と同様に高い評価をされていて、戯曲が元になって受けた賞には岸田演劇賞谷崎潤一郎賞などがあります。谷崎潤一郎を受賞した戯曲作品『友達』は、三島由紀夫からも激賞され、長編小説を主な対象にしていた同賞の異例の受賞作にもなりました。

 

また1973年には自身が主宰する「安部公房スタジオ」という演劇集団も発足していて、演劇への情熱の高さが伺えます。

鋭い切り口の多い「評論・随筆」

安部公房はユニークな視点と鋭い洞察力を持った作家でした。彼の小説が単にシュールな作品であるだけに留まらず、人間存在に対する深い考察にもなっているのもそのためです。そんな安部公房の著作には評論や随筆などのジャンルもあります。

 

安部公房の書く評論や随筆は、彼がいかに人間の現在や未来に対して敏感であったのかが伺えます。発表当時にも時代を先取りしていた論点は、現代に読んでもなお新しさがあるのです。

 

評論や随筆からは、安部公房のシュールで前衛的な小説作品が描かれた背後にあった思想に触れることができるのです。

長さで選ぶ

安部公房は短編作品も長編作品も充実しています。ここでは作品の長さごとの特徴をご紹介しましょう。

安部公房の世界に初めて触れる人には「短編」

安部公房作品の特徴とされるユニークで前衛的な手法は、長編作品に用いられるよりも前に短編作品において展開されました。実験的な作品を多く手がけた安部公房にとって、短編作品はユニークな手法を試すのには格好の実験室だったのです。短めな作品と言えども突飛な文体が見られるのもそのためです。

 

短編小説の魅力のひとつはアイデアのユニークさにあります。そのため、短編小説家としての安部公房の書く短編からは、アイデアマンとしての魅力を読み取ることができるのです。ぜひ、安部公房の短編を読んでみてください。

読み応えのある「長編」

一般的に知られる安部公房の作品は長編小説です。長編小説では、安部公房の得意とするシュールで前衛的な作風がボリュームのあるしっかりとした構成でもって書かれることになり、より凄味が増すのです。

 

長編ではまた安部公房の哲学的な思想がよりまとまった形で小説化されてもいます。ぜひ長編小説を読んで、ユニークなアイデアやテーマを長編の尺へと広げる安部公房の才能に触れてみてください。

失踪三部作で選ぶ

安部公房には「失踪三部作」と呼ばれているシリーズがあります。安部公房自身がそのようなまとめ方をしたわけではなく、安部公房の読者が自然とそう呼ぶようになっていたのです。

 

失踪三部作と呼ばれている三作品は『砂の女』、『他人の顔』、『燃えつきた地図』の三作です。三つの小説の内容に直接のつながりはありません。しかしどの作品も何らかの形で登場人物が社会から失踪し、自分自身のアイデンティティを見失っていくところが共通しています。

 

失踪三部作は発表順に並んではいますが、読むのに順番があるわけではありません。発表時期が気になる場合は、下記サイトで安部公房の略歴が紹介されているので、ぜひご覧になってみて下さいね。

映像化作品で選ぶ

映像化された安部公房の作品の中で、最も有名なものと言えば、三國連太主演の「利休」や宮沢りえ主演の「豪姫」などで知られる勅使河原宏監督による「砂の女」でしょう。

 

国内の数々の賞のみならず、カンヌ国際映画祭では審査員特別賞、さらに第37回アカデミー賞では「シェルブールの雨傘」などと並び外国語映画賞にノミネート。映像化された小説の世界を堪能したい人にはぜひおすすめです。

受賞作で選ぶ

安部公房は小説・戯曲共に国内外で高い評価を得ている作家です。数々の賞も受賞しているので、まずはそれぞれの受賞作をチェックするのも良いでしょう。

芥川賞受賞作品の「壁」

安部公房は国内外でさまざまな賞を受賞しました。賞の種類に文学賞、演劇賞、シナリオ賞、芸術賞など多岐に渡っています。果てにはアメリカ・コロンビア大学から名誉人文科学博士の称号が与えられ、アメリカ芸術科学アカデミーの名誉会員、さらには発明家としても賞を受けているのです。

 

多くの賞を受賞した安部公房の作品を、受賞作から選ぶこともできるでしょう。たとえば小説で芥川賞やフランス最優秀外国語文学賞、戯曲では谷崎潤一郎賞や芸術選奨文部大臣賞などが与えられています。

 

その中でも芥川賞を受賞した「壁」は、選考審査員の川端康成にも高い評価を得た作品としても知られています。以下の記事では、そんな芥川賞受賞作品の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

岸田演劇賞受賞作品の「幽霊はここにいる」

「幽霊はここにいる」は安部公房の前期の戯曲作品であり、1958年に岸田演劇賞を受賞しています。初演時に主役を演じたのは、田中邦衛。盟友のドナルド・キーンによって英訳され海外でも上演されています。

 

安部公房の友人であった三島由紀夫も「白蟻の巣」で同じく岸田演劇賞を受賞しています。以下の記事では、三島由紀夫の人気おすすめ本ランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

谷崎潤一郎賞受賞作品である「友達」

1967年に谷崎潤一郎賞を受賞した「友達」も戯曲作品であり、現代社会に孤絶して生きる人間像を描いた傑作です。国内外で人気が高く、2008年には柄本時生や小林十市らによって上演されています。

安部公房の小説・随筆の人気おすすめランキング12選

12位
 

新潮社

方舟さくら丸

価格: 649円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

核の時代の方舟物語

主人公は世界滅亡に備えて地下採石場跡の洞窟に核シェルター設備を造り、各時代を生き延びるための方舟にします。主人公は共に生活する3人の乗船客を探しますが、予期せぬ乗船者が次々と現れ、やがてパニックに陥るのでした。世界の終わりを生き抜くための方舟生活、そのなかで起こる心理サバイバルゲームを描いた傑作です。

発売日 1990/10/29 ページ数 386
ジャンル 小説

口コミを紹介

やっぱ、すごいわ。この作家は。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位
 

新潮社

密会

価格: 572円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一台の救急車に破られる日常

ある朝、妻が救急車に連れ去られてしまった男が、妻を探しに巨大病院に乗り込む物語。主人公は巨大なシステムのなかで翻弄され、迷走がはじまるのでした。安部公房はこの作品で、社会のなかの弱者とそれを管理する強者の関係を考察します。出口のない迷路のような現代社会を描いたおすすめの小説です。

発売日 1983/05/25 ページ数 272
ジャンル 小説

口コミを紹介

寄せ付けずにいきるか、受け入れながら生きるか??多分後者の方がずっと人にも沢山の事にも優しくなれる気がします。何度か読んだらまた新しい考えが浮かぶかもしれません。面白かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位
 

新潮社

無関係な死・時の崖

価格: 605円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

前衛的な手法で描いた短編小説集

前衛的な主題をユニークな手法で描いた小説作品集。どの作品も追い詰められた人間の不安や緊迫感に満ちた傑作です。作品ごとの文体の変化も楽しめます。安部公房のあくなき実験精神を堪能できるおすすめの一冊です。

発売日 1974/5/28 ページ数 336
ジャンル 小説

口コミを紹介

なんと言っても残酷な童話「人魚伝」が秀逸で、これを読むためにだけでも購入する価値があります。他にも、優れた短編がたくさん入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位
 

新潮社

燃えつきた地図

価格: 781円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

探偵小説×純文学で描く都市生活の孤独と不安

興信所員が失踪した男の調査を進めていくうちに自分自身を見失っていく物語。現代社会の、とくに都市生活における孤独と不安を描いた長編小説で、探偵小説と純文学とが融合した作品になっています。

 

この小説から安部公房は、戯曲や短編で用いていた前衛的な手法を、初めて長編小説に適用してもいます。「他人への通路の探検」という安部文学のテーマの一つの大きな到達点ともされるおすすめの一冊です。

発売日 1980/1/29 ページ数 416
ジャンル 小説

口コミを紹介

こういう読み方は正しくないのかもしれないが、憂鬱なときにぱらぱらと読んでいるとなんだかとてもホッとする作品。全体的に非常に重い不安感に包まれているが、それも含めて私にはぴったりくる(変な表現だが)。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位
 

新潮社

水中都市・デンドロカカリヤ

価格: 649円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

寓意とユーモアを凝らした初期短編集

「水中都市」、「デンドロカカリヤ」。ともに安部公房の短編作品の頂点とされる作品です。他に谷崎潤一郎賞を受賞した「友達」の原型となった作品や、シュルレアリスムの手法を取り入れた作品も収録され、全編に寓意とユーモアがあふれています。安部公房独自の文体で人間存在の不安を浮かび上がらせているおすすめの短編集です。

発売日 1973/8/1 ページ数 336
ジャンル 小説

口コミを紹介

期待を裏切らない安部ワールドです。短編なので、1つ読んで余韻を噛みしめながらだったので、長いこと楽しめました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

新潮社

R62号の発明・鉛の卵

価格: 649円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間の存在意義を問い詰める前衛的手法の数々

安部公房の思想的、方法的な冒険に満ちた短編小説集。収録された作品は全体的にSFの要素が強く、どの作品も人間中心的な世界から抜け出そうとする物語になっています。ユニークなアイデアから人間の存在意義を考えさせる、安部公房のおすすめ短編小説集です。

発売日 1974/8/27 ページ数 368
ジャンル 小説

口コミを紹介

又吉さんがおすすめされていたので興味があり購入しました。
読み進めることが少し難しくもありましたが、大変魅力的な本でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

新潮社

カンガルー・ノート

価格: 572円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

前衛作家・安部公房が残した最後の長編

1993年に急逝した安部公房が生前に完成させた最後の長編小説。シュールな物語ではあるものの、執筆当時の安部公房が病床にあったこともあるためか、作中に死のイメージが多い小説です。とはいえ語り口は暗くありません。前衛文学者である安部公房が最後に到達した小説世界を堪能できるおすすめの一冊です。

発売日 1995/1/30 ページ数 256
ジャンル 小説

口コミを紹介

阿部公房は二冊目ですが、グイグイ引っ張り込まれました。

このような本に出会うと純粋に本を読む楽しみを再認識します。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

新潮社

人間そっくり

価格: 506円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自称・火星人に翻弄される異色SF

主人公は「こんにちは火星人」というラジオ番組の脚本家をしています。そこに訪ねてきたのが自らを火星人と称する男でした。小説の大半は主人公である脚本家と自称・火星人とのやり取りになります。そして、次第に主人公は自分が現実にいるのかどうかも怪しくなってしまうのです。

 

この小説は安部公房の書くSF小説ともあって、寓意的なブラックジョークが散りばめられています。さらには数学的な想像力までも織り込んでもいる実験的な作品なのです。他人の正体がわからないと思いきや自分の正体もわからなくなる。──そんな翻弄されるような読書体験をしたい方におすすめの一冊です。

発売日 1976/5/4 ページ数 208
ジャンル 小説

口コミを紹介

いやあ素晴らしい。しかし、「さっさと警察呼べよ‼」って感じです。
安部公房の書く女性はみな艶やかで艶かしくかつ聡明で、したたか。それでいて言葉の返しがツボにくる。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

新潮社

第四間氷期

価格: 693円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本最初期の本格長編SF小説

日本で最初の本格的長編SF小説作品であり、万能の電子頭脳「予言機械」が人類の過酷な未来を予言してしまう物語です。日本産SF小説として世界各国で高い評価を受けた作品でもあります。予言された未来と向き合うことを通して、人間の現在を問う、安部公房作品のおすすめの一冊になっています。

発売日 1970/11/27 ページ数 352
ジャンル 小説

口コミを紹介

society5.0を目指す社会、AIやIoTという言葉がが世の中を席巻しています。今を感じさせてくれる作品でした

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

新潮社

笑う月

価格: 539円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安部公房の作品が生まれるところ

安部公房が見た「夢」に関して書かれた断片的なノートを一冊にまとめた随筆集。いわゆる「創作ノート」で、安部公房作品のシュールで前衛的な手法や主題がどのような風景から生まれてくるのかを読むことができます。前衛文学者・安部公房の頭の中を覗くことができるおすすめの一冊です。

発売日 1984/07/25 ページ数 172
ジャンル 随筆

口コミを紹介

声を出して笑えました

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

新潮社

他人の顔

価格: 649円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

顔をなくしても顔から逃げられるわけじゃない

事故によって顔を失った男が、妻に冷たくされたことを恨みます。男は他人の顔を仮面かぶり、妻を誘惑しようとする。──そんな主人公の自己回復ストーリーの中には、顔というものに対する執拗なまでの記述があります。

 

顔を失い、仮面をつくる。しかも元の顔とは違った「他人の顔」をしているので、いままでの顔とは違った社会との向き合いかたが出てくることになります。この小説は、他人の顔をかぶった主人公を通して、自我と社会の考察がなされる哲学的な小説になっているのです。

発売日 1968/12/24 ページ数 352
ジャンル 小説

口コミを紹介

比喩的な表現と科学的な記述とが混在しており、読んでいて不思議な不安感を呼び起こす。
ストーリー展開自体は特に面白いわけではないが、「仮面をつける」というトピックだけで、これだけの妄想を作り出せる著者はすごい。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

新潮社

箱男

価格: 649円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダンボール箱をかぶって過ごす都市生活

頭から腰までダンボール箱をすっぽりとかぶり、都市をさまよう箱男。箱男は全国各地にいるという、そんな世界。この小説はおもに箱男の記録となっています。箱男の残した手記をベースにして、誰のものかもわからない文章、寓話、新聞記事、詩、ネガフィルム、写真などの多様な断章から構成された実験的構成の小説です。

 

都市空間における匿名性や、自己と他社の関係のありかた、それに加えて社会のなかでの人間の帰属に関する考察がなされています。そうした点から、人間が物を書くことを問いかけ、これまで当たり前のものだとされてきた物語や小説の構造に別な視点をもたらす作品となっているのです。

 

ダンボール箱にかぶって生活するといった安部公房作品におなじみの奇妙なアイデアは、ひきこもりやコミュ障などが問題となっている現代の人間の姿と重なるところがあるでしょう。そうした点から、コミュニケーションに関心のある方にもおすすめの一冊となっています。

発売日 2005/05 ページ数 248
ジャンル 小説

口コミを紹介

安部公房と行ったら箱男。はっきり言って、よく分からな無い構成ですが、このカオスをどう泳ぎきるか。読み手によって、評価も、感想も、読後感も違うものでしょう。
それこそ、安部さんに踊らされているような気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

安部公房の小説・随筆のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6234401の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:6234398の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:6234395の画像

    新潮社

  • 4
    アイテムID:6234392の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:6234389の画像

    新潮社

  • 6
    アイテムID:6234386の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:6234383の画像

    新潮社

  • 8
    アイテムID:6234380の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:6234377の画像

    新潮社

  • 10
    アイテムID:6234374の画像

    新潮社

  • 11
    アイテムID:6234371の画像

    新潮社

  • 12
    アイテムID:6234368の画像

    新潮社

  • 商品名
  • 箱男
  • 他人の顔
  • 笑う月
  • 第四間氷期
  • 人間そっくり
  • カンガルー・ノート
  • R62号の発明・鉛の卵
  • 水中都市・デンドロカカリヤ
  • 燃えつきた地図
  • 無関係な死・時の崖
  • 密会
  • 方舟さくら丸
  • 特徴
  • ダンボール箱をかぶって過ごす都市生活
  • 顔をなくしても顔から逃げられるわけじゃない
  • 安部公房の作品が生まれるところ
  • 日本最初期の本格長編SF小説
  • 自称・火星人に翻弄される異色SF
  • 前衛作家・安部公房が残した最後の長編
  • 人間の存在意義を問い詰める前衛的手法の数々
  • 寓意とユーモアを凝らした初期短編集
  • 探偵小説×純文学で描く都市生活の孤独と不安
  • 前衛的な手法で描いた短編小説集
  • 一台の救急車に破られる日常
  • 核の時代の方舟物語
  • 価格
  • 649円(税込)
  • 649円(税込)
  • 539円(税込)
  • 693円(税込)
  • 506円(税込)
  • 572円(税込)
  • 649円(税込)
  • 649円(税込)
  • 781円(税込)
  • 605円(税込)
  • 572円(税込)
  • 649円(税込)
  • 発売日
  • 2005/05
  • 1968/12/24
  • 1984/07/25
  • 1970/11/27
  • 1976/5/4
  • 1995/1/30
  • 1974/8/27
  • 1973/8/1
  • 1980/1/29
  • 1974/5/28
  • 1983/05/25
  • 1990/10/29
  • ページ数
  • 248
  • 352
  • 172
  • 352
  • 208
  • 256
  • 368
  • 336
  • 416
  • 336
  • 272
  • 386
  • ジャンル
  • 小説
  • 小説
  • 随筆
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説

安部公房の受賞小説の人気おすすめランキング3選

3位
 

新潮社

友達・棒になった男

価格: 605円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現代の人間のありかたを描いた代表的戯曲集

表題になっている「友達」は、人と人とのつながりを大切にしようとする親切心から孤独であることの価値を奪ってしまう物語です。三島由紀夫から絶賛され、谷崎潤一郎賞を受賞した作品でもあります。他の「棒になった男」と「榎本武揚」も傑作です。安部公房の代表的な戯曲3編が収録されたおすすめの一冊。

発売日 1987/8/28 ページ数 352
ジャンル 戯曲

口コミを紹介

20世紀の昭和が舞台ですが、21世紀の令和に読んでも遜色ありません。面白くて怖い戯曲集でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

新潮社

価格: 649円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分の名前を失くした男の奇妙な物語

ある朝、自分の名前が失くなっていた。━━そんな冒頭ではじまる「壁―S・カルマ氏の犯罪」は安部公房の初期の作品であり、そして第25回芥川賞受賞作品でもあります。自分の名前を失ってしまった男の経験を、独自のユニークな想像力を駆使して描き出した作品となっています。

 

表題にもなっている「壁―S・カルマ氏の犯罪」以外にも、この本には全体で3部6編の中編・短編小説が収録されています。本としてはどの小説も共通のテーマによってまとめられたオムニバス形式の作品集といった作りです。

 

収録されているどの小説も、かなり前衛的な実験小説になっています。安部公房の他の作品がそうであるように、至るところに寓意的な要素が散りばめられた物語集と言っていいでしょう。安部公房の代表作のひとつとして名高い、安部公房作品を知るのにおすすめの一冊です。

発売日 1969/5/20 ページ数 304
ジャンル 小説

口コミを紹介

授業で国語の先生が言ってた通り、実に面白てく少し不気味です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

新潮社

砂の女

価格: 649円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

不条理文学の最高傑作

安部公房の作品と言えばこの小説。砂丘に昆虫採集に出かけた男の物語。━━ですが、展開という展開はありません。主人公は蟻地獄に落ちた虫のように、砂に埋もれていく家に閉じ込められます。物語は砂に埋もれていく家にいた女とのやり取りや男の心情の変化が中心となります。

 

安部公房の代表作とも言われるように、世間的な評価も優れた作品です。国内では1962年に読売文学賞小説賞をしています。さらには20ヶ国語以上に翻訳されてもいて、世界中に読者を持つ小説でもあるのです。

 

この小説は安部公房作品の中でもっとも知名度のある作品ですので、初めて安部公房作品に接する方にとっても親しみやすいことでしょう。安部公房作品に特有の不条理さを体感するにもおすすめの一冊になっています。

発売日 2003/03 ページ数 288
ジャンル 小説

口コミをご紹介

ニートやひきこもりは、ある意味で環境に順応した結果なのでは考えていた自分にとって、結末はリアリティを感じられました。最初は比喩が多く読み進めるのが苦痛でしたが、半分ほどすぎると次に次にと本をめくる手が止まらなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

安部公房の受賞小説のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6234412の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:6234409の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:6234406の画像

    新潮社

  • 商品名
  • 砂の女
  • 友達・棒になった男
  • 特徴
  • 不条理文学の最高傑作
  • 自分の名前を失くした男の奇妙な物語
  • 現代の人間のありかたを描いた代表的戯曲集
  • 価格
  • 649円(税込)
  • 649円(税込)
  • 605円(税込)
  • 発売日
  • 2003/03
  • 1969/5/20
  • 1987/8/28
  • ページ数
  • 288
  • 304
  • 352
  • ジャンル
  • 小説
  • 小説
  • 戯曲

作家・安部公房を知ることができる作品

等身大の安部公房が見えてくる作品の数々

シュールな作風で知られた作家・安部公房ですが、知人や友人の手による、等身大の人物像に迫る作品もあります。小説で興味を抱いた人には一読の価値があるでしょう。

恋人だった女優の手による「安部公房とわたし」

女優の山口果林と安部公房が出会ったのは18歳の時、桐朋学園大学の演劇科を受験したときの面接官が安部公房でした。そして入学後、山口果林は安部公房の教え子になります。

 

そこから2人は次第に秘めた関係を持ち始めることに。もちろん20歳以上も年長の安部公房には妻子がいたものの、その関係は安部公房が亡くなるまで続いたのだとか。

 

口絵には安部公房が撮影した山口果林のヘアヌード写真、さらには安部公房と楽しげに笑う2人の様子が随所に見られるこの一冊。文学者、劇作家として以外の安部公房をうかがい知ることができる作品です。

無類の日本文学通による「思い出の作家たち―谷崎・川端・三島・安部・司馬―」

アメリカ人でありながら、古典から現代まで日本の文学に深い造詣と理解を持ち、日本文化の神髄について発信し続けたドナルド・キーン。

 

そのドナルド・キーンと交友のあった作家たちについてまとめたこの本では、安部公房についても触れられています。交友関係の少なかった安部公房にとっても唯一無二といっても良い友情を結んだドナルド・キーンから見た安部公房像には驚かされるかもしれません。

実娘が描いた「安部公房伝」

安部公房の実娘である著者の安部ねり。娘としてそばにいた著者が、作家・安部公房の生い立ちや、真知子夫人とのなれそめや結婚生活などを、日常生活を切り取った貴重なスナップ写真と共に綴った一冊です。

 

女優・山口果林が描いた安部公房とはまた違う、一家庭人としての安部公房をうかがい知ることができます。

安部公房の母が書いた作品

安部公房の実母である、安部ヨリミがその生涯で発表した最初で最後の作品である「スフィンクスは笑う」。恋愛小説のような始まりから、やがて二通りの生き方を選ぶ女性たちの心理や心情を描くストーリー展開となり、読み進めるうちにどんどん引き込まれていきます。

 

安部公房の実母という肩書きがなくても、十分評価されるべきです。一作品しか書かれなかったのが悔やまれる作家としても、一度は読んでみることをおすすめします。

実はノーベル賞受賞もあり得た安部公房

現在までにノーベル文学賞を受賞した日本人作家は、1968年の川端康成、1994年の大江健三郎の2人です。(2017年のカズオ・イシグロは受賞時はイギリス国籍のため除外)

 

安部公房が亡くなったのは1993年1月でしたが、後にノーベル賞選定委員の1人は「受賞に非常に近い位置にいた」と語ったと言われています。以下の記事では、そんなノーベル賞受賞者の作品を含む文学作品の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。シュールで前衛的な作風で知られる安部公房ですが、その作品にはさまざまなタイプ・ジャンルが揃っています。ぜひこの記事で紹介したランキングを参考に、ユニークなアイデアと深い人間理解が魅力の小説家・安部公房の作品を手にとってみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

幼児用英語教材の人気おすすめランキング10選

幼児用英語教材の人気おすすめランキング10選

本・CD・DVD
大学受験対策用国語参考書の人気おすすめランキング15選【漢文・現代文・古文】

大学受験対策用国語参考書の人気おすすめランキング15選【漢文・現代文・古文】

本・CD・DVD
地方公務員試験対策参考書の人気おすすめランキング15選【過去問に強くなる】

地方公務員試験対策参考書の人気おすすめランキング15選【過去問に強くなる】

本・CD・DVD
無機化学参考書の人気おすすめランキング10選【勉強法もご紹介】

無機化学参考書の人気おすすめランキング10選【勉強法もご紹介】

本・CD・DVD
【初心者から上級者まで】洋書の人気おすすめランキング10選

【初心者から上級者まで】洋書の人気おすすめランキング10選

本・CD・DVD
TOPへ