ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選【コールマン以外も紹介!】

非常に明るく低温下でも、使えるガソリンランタンはメインランタンに最適です。手入れが面倒ですが、手順を理解すれば初心者でも十分に使えます。ガソリンランタンも、小型やアンティーク調のおしゃれな商品があります。ガソリンランタンの選び方、人気おすすめランキング8選をまとめました。

明るい!ガソリンランタンの魅力とは?

ランタンはキャンプの灯として便利です。ランタンは電気で点灯するLED、ガソリン・灯油・ガスなどを燃料にして炎を灯にするタイプなどがあります。ガソリンランタンは、他のタイプと比較しても非常に明るいのが魅力です。

 

扱いが難しいイメージがありますが、使い方とメンテナンスを理解すれば初心者でも十分に扱えます。低温下でも安定して燃焼するので、雪山や冬のキャンプで使いやすいんです。ガソリンランタンも、ホワイトガソリン以外を燃料にする商品やおしゃれな商品があります。

 

そこで今回は、ガソリンランタンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは明るさ・燃焼時間・サイズなどに基準に作成しました。購入を迷われている方は参考にしてみてください。

ガソリンランタンの選び方

それでは、ガソリンランタンの選び方をご紹介します。ガソリンランタンを選ぶポイントは、明るさや燃焼時間・燃料種類・サイズ・大きさ・ケースの有無・ブランドの6つです。

明るさを選ぶ

ガソリンランタンの最大の魅力といえば、明るさです。自分が納得のいく明るさを選ぶことで、満足度もぐっとアップします。メインランタンとして使える基準、光量調整機能について解説します。

メインランタンとして使いたい方には「200CP以上またはツーマントル」がおすすめ

ガソリンランタンを選ぶなら、200CP以上かもしくはツーマントルタイプを選びましょう。200CPかツーマントルを選べば、夜のキャンプサイト全体を照らしてくれるメインランタンとして使えます。

 

ツーマントルタイプは、光源のマントルが2つあるタイプです。光源が2倍あるので、明るさも1.5倍ほどにアップします。マントル部分の形状をチューブ型にして、光量を確保したランタンもあります。

 

ガソリンランタンの明るさはCPと表記される場合が多く、CPは「キャンドルパワー」の略称です。他にもW(ワット)やlm(ルーメン)などの単位が、よく使われます。ワットなら130W、ルーメンなら1000ルーメンほどあれば十分です。

サブランタンとして使いたい方には「光量調節機能つき」がおすすめ

サブランタンとしても使いたいなら、光量調節機能付きがおすすめです。外での使用が前提のガソリンランタンは、200CP以上の明るさが必要です。ただ200CPだとテーブルの上に置くサブランタンとしては、明るすぎてスペックオーバーです。

 

最大200CP以上のガソリンランタンでも、光量調整機能があれば一台でメインとサブの両方に使えます。光量を絞って100~150CP程度にすれば、サブランタンとして適切な明かりになります。

 

ちなみに、光量が強いとどうしても虫が寄ってきてしまいます。特に子供がいる場合、できるだけ虫さされなどは避けたいところです。虫が気になる場合には光量を50~100CPまで落として使えば、虫の被害も少なくなります

長時間使いたい方には「タンク容量」が多い商品がおすすめ

ガソリンランタンを選ぶ場合、燃焼時間とタンク容量のチェックは必須です。1回の給油でどのくらいの量を給油して、最大何時間点灯するか確認しましょう。当然ですが、タンク容量が大きい方が燃焼時間が長いランタンが多いです。

 

ただし、ランタンが明るいほど燃料の消費は激しいので、容量が大きくても燃焼時間が短くなりやすいです。200CPのガソリンランタンより、300CPのガソリンランタンのほうが、燃焼時間は短くなります。

 

またタンク容量が大きいと、ガソリンランタンの重量も重くなってしまうので気を付けましょう。タンク容量が600cc程度で、燃焼時間が7~14時間程度なら、それほど重くなく補給無しで一晩中燃焼します。

燃料の種類で選ぶ

ガソリンランタンはホワイトガソリンを燃料にするものが多いですが、それ以外にもレギュラーガソリン、灯油などをできるものもあります。燃料の種類も確認しておきましょう。

綺麗な火を楽しみたい方には「ホワイトガソリン」がおすすめ

ガソリンランタンの一般的な燃料は、ホワイトガソリンです。ホワイトガソリンのメリットは、レギュラーガソリンと比べるととても純度が高くキレイに燃えるのがメリットと言えます。比較的安価なので、燃料費も負担になりにくいです。

 

ただ、ホワイトガソリンは、アウトドア専門ショップやネット通販など限られた場所でしか購入できません。何連泊もする場合は、予備のホワイトガソリンを用意するのがおすすめです。

手に入りやすいガソリンを使いたい方は「レギュラーガソリン兼用タイプ」がおすすめ

防災を意識してガソリンランタンを準備するなら、レギュラーガソリンも使える兼用タイプがおすすめです。ホワイトガソリンは一部の店舗でしか手に入りませんが、レギュラーガソリンはガソリンスタンドで購入できます。災害時にも比較的入手しやすいです。

 

ただ、レギュラーガソリンはホワイトガソリンに比べて純度は低く、ススなどの汚れが出やすいのがデメリットです。レギュラーガソリンが使えるタイプのランタンでも、レギュラーガソリンを普段使いすると、ランタンが傷みやすくなります。

 

ちなみに、レギュラーガソリン以外にも灯油との兼用タイプもあります。ガソリンランタンはホワイトガソリンの使用が基本ですが、非常用なら兼用タイプを検討してみましょう。

「サイズや重さ」もチェック

ガソリンランタンの標準的なサイズは、高さ31~35cm×直径15~17cm程度です。高さ31cm程度だと比較的コンパクトに感じますが、高さ35cmになるとビッグサイズと感じる方が多いようです。

 

重さも1.4kg程度が標準ですが、タンク容量が大きいものは2kg近くなります。数百g程度の差ですが、なるべく荷物をコンパクトにしたいキャンプでは大きな違いと言えます。

 

タンク容量が大きく、燃焼時間が長いガソリンランタンほど、サイズも重量も大きくなる傾向になります。内容をとるか、サイズをとるかという問題ですが、できれば実際に店舗で手に取ってサイズ感を確かめるのがおすすめです。

「ポンピング機能」の有無をチェック

ポンピングとは、ランタンの燃料タンクの空気圧を高めるために行う行為です。ポンピングが足りないと、十分な燃料が供給されず明かりが不安定になります。安定した炎にするためにも定期的にポンピングが必要です。

 

ポンピングがいらないランタンも、あります。ポンピングは手間ではありますが、キャンプ感を演出してくれる要素でもあります。自分の好みで選びましょう。

持ち運び・保管には「ケースつき」がおすすめ

ガソリンランタンを購入する際に、ぜひチェックしてほしいのがケースが付属しているかどうかです。ガソリンランタンの炎を覆うホヤはガラス製が多く、割れやすいのがデメリットです。ケースが無いと、保管や持ち運びにはかなり厳重な梱包が必要となります。

 

一般的なガソリンランタンだと、だいたいの商品でケースが付属しています。ケースはプラスチックが多く、商品の形状に合わせて作られています。基本的に、違うガソリンランタンのケースの使い回しはできません

 

人気のあるガソリンランタンの場合、ケースのみを販売している場合もあります。お友達から古いガソリンランタンを譲り受けた場合などに、ケースのみの購入も可能です。

ガソリンランタンは「Coleman(コールマン)」の独占状態!

実は日本でガソリンランタンを探す場合、選択肢はかなり少ないのが現状です。日本ではガソリンランタンは、1つのブランドのみで販売されています。そのブランドはコールマンです。ガソリンランタンは、コールマンの独擅場と言っても過言ではありません。

 

コールマンのガソリンランタンは100年以上の歴史があり、品質の良さで人気です。1970年代からずっとユーザーに愛され続け、今も当時の形状と変わらぬスタイルで販売されている商品もあります。ガソリンランタンを選ぶなら、コールマンの商品がおすすめです。

 

下記の記事では、コールマンのランタンについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

安く購入したい・小型や最小のものが欲しいなら「中古」もチェック

ガソリンランタンは新品で買うと、ほとんどの商品が1万円以上で5万円オーバーの商品もあります。高額な買い物になるので、安く購入したいという方は中古品も選択肢の一つになります。

 

ガソリンランタンは、メンテナンスを行えば一生モノと呼ばれるほど長く使える商品です。フリマアプリや、オークションなどでもたくさん売られているので、探してみてください。

 

小型ガソリンランタンの中でも最小と呼ばれるコールマンのフェザーランタンは、廃盤になっています。フェザーランタンも、フリマアプリやオークションで中古が購入可能です。

おしゃれなアンティーク調のものが欲しいなら「ヴィンテージ」

おしゃれなアンティーク調のガソリンランタンが欲しいなら、コールマンのヴィンテージランタンをチェックしてみましょう。コールマンのガソリンランタンの歴史は長く、100年以上前に作られた本物のアンティークランタンもあります。

 

古いのでそのままでは使えないものが多いですが、簡単に修理できます。メンテナンスすれば、非常に長く使えるのも魅力です。中古でも価格が安いわけではなく、扱いも簡単ではありませんが、メンテナンスを楽しめる方におすすめです。

ガソリンランタンの人気おすすめランキング8選

8位

Coleman(コールマン)

プレミアム ダブル フューエル 光度調整機能付き ランタン

光度調節ができるガソリンランタン

コールマンの日本未発売のダブルフューエルランタンです。燃料はガソリンとホワイトガソリンの両方使えるので、緊急時にも使用できます。ツーマントルで最大861ルーメンの明るさがあるので、メインランプとして使えます。

 

光度調整機能が付いていて、真ん中のレバーで調整できます。ハードケース付きなので持ち運びに便利なアイテムです。1つあればメインでもサブでも使える嬉しいアイテムです。

明るさ 最大871ルーメン 燃焼時間 最大7時間
燃料 ホワイトガソリン、ガソリン サイズ・重量 40.6 x 35.6 x 17.8 cm
ケース

口コミを紹介

ガスや電気に比べると暗いですがいい味出てます!
安価なレギュラーガソリンでも使えるのでコスパは良いです!
お気に入り!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Coleman(コールマン)

プレミアム パワーハウス デュアルフューエルランタン

ビッグサイズのツーマントル!レギュラーガソリン可能

日本正規品では販売されていない貴重なUSA版のガソリンランタンです。17cmほどの半径に高さが35cmと、ビッグサイズになっています。ツーマントルタイプで明るさは800ルーメンあり、暗い野外での作業に便利です。

 

非常時にはレギュラーガソリンも使用可能です。USA版の285に似ていますが、こちらは一回り大きなサイズになります。

明るさ 800ルーメン 燃焼時間 最大20時間
燃料 ホワイトガソリン・レギュラーガソリン サイズ・重量 約直径17×35(h)cm・-
ケース ×

口コミを紹介

明るい!
ガソリンも使えたら良いなと285を当初買おうとしましたが、まさかの三連続不具合で違うのをと思い、大型のこちら(295)を購入。
285より断然明るいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Coleman(コールマン)

ツーマントル デュアルフューエル ランタン

290Aのツーマントルよりも小型!レギュラーガソリンも使える

通販ならではの並行輸入品です。日本では未発売のコールマンガソリンランタンとなります。ツーマントルタイプの290Aと似ていますが、こちらはやや小ぶりで、レギュラーガソリンも使えます

 

US版なので照度など詳しいことはわかりませんが、290Aより明るさはやや劣ります。「日本の290Aはちょっと大きすぎる…」と感じている方には、しっくりとくるサイズ感&照度かもしれません。

明るさ 700ルーメン 燃焼時間 約7~14時間
燃料 ホワイトガソリン・レギュラーガソリン サイズ・重量 約直径15×31(h)cm・-
ケース

口コミを紹介

現在日本で正規品として販売されているガソリンランタンは3機種だけ。1マントルでは物足りないがパワーハウスやノーススターでは大き過ぎるという場合丁度良い288A 2マントルは、いつの間にか消えてしまったのでこちらを購入。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Coleman(コールマン)

パワーハウスツーマントルランタン 290A740J

ワンマントルと比較すると感動ものの明るさ

感動モノと言われるほどの明るいガソリンランタンです。ワンマントルの約1.5倍である300CPの明るさがあります。ツーマントルの明るさを一度知ってしまうと、他のランタンには戻れないと言われるほどの明るさです。

 

ただ、ワンマントルと比べてると大量の燃料を消費します。コールマンのワンマントルが燃料590ccで最大15時間もつのに対し、ツーマントルは燃料940ccで最大14時間ほどです。重量も400gほど重くなります。

明るさ 約300CP/190W相当 燃焼時間 約7~14時間
燃料 ホワイトガソリン サイズ・重量 約直径18×35(h)cm・約1.8kg
ケース

口コミを紹介

今年からキャンプデビューするため、ツーマントルのランタンを購入しました。さっそくサイトで使用しましたが、メインランタンとして、十分過ぎる明るさで、サイトを照らす太陽となっておりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

アンティークな雰囲気のおしゃれなランタン

70年以上前から、製造されていたヴィンテージランタンです。製造年は古いですが、メンテナンスすれば問題なく使用できます。燃料はホワイトガソリンで、ポンピングによるタンク内加圧を行い点灯させます。

 

昔ながらのガソリンランタンを楽しみたい方におすすめです。製造年月が刻印されているので、バースデーランタンにもなります。

明るさ 300cp 燃焼時間 約7.5時間~15時間
燃料 ホワイトガソリン サイズ・重量 14×14×31cm・1.37kg
ケース -

マントル不要のおしゃれなガスランタン

テーブルの上に置いて炎の雰囲気を楽しむのに、最適なおしゃれなランタンです。ガソリンランタンではないので明るさは劣りますが、揺らめくキャンドル風の炎が楽しめます。マントル不要なので、簡単に操作できます。

 

置くだけ雰囲気の良くなるランタンが欲しいならおすすめです。

明るさ - 燃焼時間 48時間以上
燃料 LPガス サイズ・重量 直径7.3×6×18.3(h)cm・210g
ケース

口コミを紹介

キャンプやベランダでそばに置くだけで雰囲気が良くなります。揺らぎ効果でしょうか。
炎なので、周りを明るくしたい場合は向かないと思います。雰囲気重視ならおススメです!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Coleman(コールマン)

コールマン Coleman ワンマントルランタン

ホワイトガソリン使用の基本のガソリンランタン!

コールマンのガソリンランタンの中で、最も基本的なスペックを備えているがワンマントルランタンです。1985年からずっとこのスタイルを維持していることから、ロングライフデザイン賞を受賞しています。

 

使用燃料はホワイトガソリンのみで、明るさも200CPと申し分ありません。ワンマントルなので、燃料少なめでも光量を調整すれば最大15時間照らし続けてくれるエコな面も持ち合わせています。

明るさ 約200CP/130 W 燃焼時間 約7.5~15時間
燃料 ホワイトガソリン サイズ・重量 6×31(h)cm・1.4kg
ケース

口コミを紹介

定番中の定番。やっぱりこのランタンの灯りがキャンプには必要です。メンテナンスをして大事に使い続けたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Coleman(コールマン)

ノーススター チューブマントル ランタン

大光量のチューブ型マントル!自動着火装置付きで初心者でも扱いやすい

自動着火装置付きの多機能なガソリンランタンで、ガソリンランタンは初めての方でも使いやすいです。電池式の自動着火装置がついているので、初心者でも簡単に着火できます。コールマンのガソリンランタンの中でも、特に明るいのも魅力です。

 

光量が多くなるチューブ型のマントルを使用するので、ワンマントルながら明るさ360CPを実現しています。

明るさ 360CP/230W相当 燃焼時間 約7~14時間
燃料 ホワイトガソリン・無鉛ガソリン(非常時のみ) サイズ・重量 17.3×34.3(h)cm・約1.8kg
ケース ×

口コミを紹介

数年前からずっと気になっていましたが、燃料がガソリンと言う事で躊躇していました。明るさは確かにランタンの中では一番明るい感じですね。思ったよりガソリンの扱いも点灯までの作業も簡単で問題なかった。何より雰囲気が最高で買って良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

ガソリンランタンのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 明るさ 燃焼時間 燃料 サイズ・重量 ケース
アイテムID:10895448の画像

楽天

Amazon

ヤフー

大光量のチューブ型マントル!自動着火装置付きで初心者でも扱いやすい

360CP/230W相当

約7~14時間

ホワイトガソリン・無鉛ガソリン(非常時のみ)

17.3×34.3(h)cm・約1.8kg

×

アイテムID:10895445の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ホワイトガソリン使用の基本のガソリンランタン!

約200CP/130 W

約7.5~15時間

ホワイトガソリン

6×31(h)cm・1.4kg

アイテムID:10896334の画像

楽天

Amazon

ヤフー

マントル不要のおしゃれなガスランタン

-

48時間以上

LPガス

直径7.3×6×18.3(h)cm・210g

アイテムID:10895431の画像

楽天

Amazon

ヤフー

アンティークな雰囲気のおしゃれなランタン

300cp

約7.5時間~15時間

ホワイトガソリン

14×14×31cm・1.37kg

-

アイテムID:10895442の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ワンマントルと比較すると感動ものの明るさ

約300CP/190W相当

約7~14時間

ホワイトガソリン

約直径18×35(h)cm・約1.8kg

アイテムID:10895439の画像

楽天

Amazon

ヤフー

290Aのツーマントルよりも小型!レギュラーガソリンも使える

700ルーメン

約7~14時間

ホワイトガソリン・レギュラーガソリン

約直径15×31(h)cm・-

アイテムID:10895436の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ビッグサイズのツーマントル!レギュラーガソリン可能

800ルーメン

最大20時間

ホワイトガソリン・レギュラーガソリン

約直径17×35(h)cm・-

×

アイテムID:10895433の画像

楽天

Amazon

ヤフー

光度調節ができるガソリンランタン

最大871ルーメン

最大7時間

ホワイトガソリン、ガソリン

40.6 x 35.6 x 17.8 cm

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

初心者でも簡単!使い方や手入れ方法をチェック

「素人にはガソリンランタンはハードルが高い」と言われるのは、使い方や手入れ方法が若干面倒だからです。ガソリンランタンの使い方と手入れ方法をよく確認してから選びましょう。手順を理解すればそれほど難しくありません。

使い方

ガソリンランタンの使い方をよく確認して、自分が求めるランタンの使い方に適しているのか確認しましょう。ガソリンランタンを使う場所は、屋外に限ります。屋内だと一酸化炭素中毒になる可能性があるので、屋外のみで使用可能です。

 

次に使い方です。燃料タンクに圧力をかけるポンピングをしてから、マントル全体をライターの火であぶる空焼きをします。ポンピングは内部の燃料の量によって、回数が異なります。レバーが硬くなるまでい、行いしましょう。

 

ポンピングが終わったら、空焼きをします。マントルを二重結びで取り付け、ライターであぶります。黒から白に色が変わって、灰になったら完了です。空焼き後のマントルはとてももろく、触るとすぐに破れるので注意します。予備マントルを持っておくと安心です。

メンテナンス方法

メンテナンスもガソリンランタンが面倒だと言われる理由の1つです。ただ、メンテナンスにガソリンランタンの魅力を感じているベテランキャンパーも少なくありません。メンテナンスが、できそうか確認してから購入しましょう。

 

消火後は、必ずタンク内の圧を抜きます。長期間、使用しない場合は、ホワイトガソリンも抜きましょう。さらに、ポンプカップにリュブリカントという潤滑油を注入しておきます。リュブリカント注入は、ポンピングで圧がかかりにくい時にも使用します。

 

長期間ガソリンランタンを使うと、ジェネレーターが詰まりやすいです。特に緊急時にレギュラーガソリンを使った場合は、ジェネレーターの詰まりに気を使いましょう。ジェネレーターの交換はやや難しいので、プロにお願いするのも選択肢の1つです。

コールマン以外の選択肢!灯油式ペトロマックス(Petromax)も

ガソリンランタンの代名詞のコールマンですが、みんなと違う商品が良い方や個性を出したい方にはペトロマックスがおすすめです。圧力式灯油ランタンで、1990年にドイツで生まれたブランドです。燃料が灯油なので、手に入りやすく安価なのも嬉しいですよね。

 

200以上の細かい部品からなる洗練されたデザインで、レトロ感のあるランタンに仕上がっています。だた、加圧式の灯油ランタンは扱いが難しいので、ガソリンランタンからのステップアップとして挑戦してみてくださいね。

マントル不要のものが欲しいならその他のランタンもチェック!

ここまでガソリンランタンについて、ご紹介してきましたが、もっと簡単に操作できるランタンが良い方はLEDランタンやガスランタンもチェックしてみてください。LEDは火を扱わないので安全性が高く、ガスはマントルなしでランタンの炎が楽しめます。

 

最近ではガソリンランタン並みの明るさの商品も、増えています。。下記のサイトではLEDランタンとガスランタンの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ランタンを高い位置に吊るすならランタンスタンドをチェック

ガソリンランタンを高い位置に設置する場合は、ランタンスタンドが便利です。光量のあるランタンでも、高い位置に吊るさないと広範囲を照らせません。ランタンスタンドに吊るせば広範囲が明るくなるだけでなく、万が一の事故も起きにくいです。

 

 

下記の記事では、ランタンスタンドについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

その他のキャンプ用品をチェック!

ランタンと共に、キャンプ用品もグレードアップさせましょう。キャンプの必需品といえば、テントです。最近では、簡単に組み立てられる商品がたくさんあります。キャンプ以外にも公園で使ったり、子供の運動会で使ったりとさまざまなシーンで活躍します。

 

下記のサイトではテントやキャンプ用品について詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、ガソリンランタンを特集しました。ガソリンランタンは、使い方やメンテナンスがやや面倒ですが、非常に明るいのが魅力です。寒冷下での使用も問題ありません。ぜひガソリンランタンを使って、カッコいいキャンパーを目指しましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年10月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ガソリンストーブおすすめ人気ランキング10選【燃料の種類もご紹介】

ガソリンストーブおすすめ人気ランキング10選【燃料の種類もご紹介】

アウトドアグッズ
【2023年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング20選【おしゃれ・防災用も!】

【2023年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング20選【おしゃれ・防災用も!】

ランタン・ワークライト
ガソリン携行缶のおすすめ人気ランキング15選【1L~10Lタイプやホワイトガソリンが運べるものも】

ガソリン携行缶のおすすめ人気ランキング15選【1L~10Lタイプやホワイトガソリンが運べるものも】

カー用品
コールマンランタンの人気おすすめランキング15選

コールマンランタンの人気おすすめランキング15選

ランタン・ワークライト
ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング16選【コスパ最強の安いものも!】

ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング16選【コスパ最強の安いものも!】

ランタン・ワークライト
灯油ランタンの人気おすすめランキング15選【加圧式や圧力式も】

灯油ランタンの人気おすすめランキング15選【加圧式や圧力式も】

インテリア雑貨