ランタンスタンドの人気おすすめランキング10選【コールマン・flyflygo】

記事ID10041のサムネイル画像

ランタンスタンドはキャンプで活躍するアイテムです。夕方になってキャンプが盛り上がった頃には綺麗なランタンに火が入り、キャンプが最も楽しい時間に入ります。そのような時に脇役として最も大切なのがランタンスタンドと言えるでしょう。今回はそんなランタンスタンドのおすすめランキングを紹介します!ぜひ参考にしてみてください!

ランタンを効果的に演出するランタンスタンド

キャンプ等で素敵なランタンを使うと素敵な気分になる人も多いのでは無いでしょうか。そのランタンをスタイリッシュに飾ってくれるのがランタンスタンドですが、材質や形式からメーカーの違いなど、その種類も多くて選ぶのに苦労する人も多いと思います。

 

デザインや仕上げが素晴らしくても不安定では困りますし、設置で苦労するのも有り難くありません。またリュックに入れて持ち歩く場合の重さも大切な問題です。そのようなランタンのスタンドですが、実はランタン以外でも使用される事が増えています。

 

ランタンスタンドは洗った食器を乾かす場合に使用されるトライネットを吊り下げたり、洗濯物を干すロープを掛けたりと大活躍もしますので、ランタンを吊るす事だけでは惜しいという人も多く、ランタンスタンドの応用などランキング形式でご説明いたします。

ランタンスタンドの人気おすすめランキング10選

10位

FLYFLYGO

ランタンスタンド ランタンポール アルミ製 ランタンハンガー

価格:2,080円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでリュックに収まる収納性で軽量

持ち歩きに便利で荷物にならないランタンのスタンドを探している人には最適な製品です。ケースに入れても重量はたったの340gです。長さも34cmで幅も7cmに収まりますから、一般的なリュックに綺麗に収まってくれますから、一人で出掛ける登山にも便利です。

 

ポールは4つに折れる作りですが、それぞれのポールの間は伸縮性に優れたショックコードで結ばれていますので、ワンセットの単位になっていますので組み立ても非常に簡単でポール自体を紛失する心配もありません。収納時もまとまり易く扱いがとても簡単です。

形式1本脚材質アルミ
重量260gサイズ124cm(調節不可)
収納時34cm x 7cm備考小型で軽量

口コミを紹介

ジェントスエクスプローラSOL-036Cを使用しました。ぐらつく事となく使えました。もっと重いモノでも大丈夫そうでした。杭の部分はペグ抜きを引っかける場所がないのでパラコードを巻いてちいさな輪を作りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

North Eagle(ノースイーグル)

スタンド ランタンスタンド2 NE752

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性が高く、スタンドの高さが自由に調整出来る製品

カメラの一脚のように一本のポールに伸縮して伸ばして使用するランタンスタンドです。畳むと一本の棒になってしまいますので、収納性も良くて扱いやすい製品と言えます。伸縮して使用する製品ですから、高さを自由に設定出来る事が大きなメリットと言えるでしょう。

 

テントの中に設置したい場合などは高さが気になるのですが、110cm~250cmの長さに調整出来ますので、どのような高さの場所でも問題なく設置が出来ます。伸ばして、長さを固定する場合にはアームを回す事で固定するストッパーが効くようになっているタイプです。

形式3本脚タイプ材質アルミ・スチール
重量2.9kgサイズ90×90×110~250cm
収納時70x8x8cm備考伸縮式

口コミを紹介

頑丈そうですよ。足もペグで固定できるし申し分ないと思います。でもタープを使ってアジャスタブルポールがある人はランタンフックを利用すれば、買わなくて済むかも。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

BUNDOK(バンドック)

ランタン スタンド コンパクト BD-299

価格:3,155円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納性時のサイズがコンパクトで軽量なランタンスタンド

コンパクトな収納性から考えますと組み立てた時のサイズが最大で2メートル近くにまでなりますので、とても使いやすいランタンスタンドです。伸縮式のタイプで高さが75cm〜195cmと広い範囲で調整できるので、どのような場所にも対応できる柔軟さが好評です。

 

組み立ては伸ばして固定する側に回すと縮まなくなる方式です。ロックする機能などは他にありません。この回しが緩いと使用中に縮んでしまいますので注意が必要です。その点を配慮すればサイズを自由に変更出来ますので、高さを調整したい場合には助かります。

形式3本脚タイプ材質アルミニウム・スチール
重量1.5kgサイズ75cm〜195cm
収納時70x8x8cm備考-

口コミを紹介

突っ張り棒のようにパイプをねじってロックする形式ですが固定力は十分です。ランタンのフック部分も含めて収納or折りたたみなので部品を紛失する心配がないのは良いですね。フック部分も真下に荷重をかけるぶんには問題ない強度です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ogawa(オガワ)

ライトスタンド コンパクトランタンスタンドII 1384

価格:9,163円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽さを優先したいならという、老舗のランタンスタンド

老舗のメーカーとして様々なキャンプグッズを手がけるオガワのランタンスタンドです。魅力は、何と言っても軽さとコンパクトな収納サイズ。驚くほど軽くてコンパクトな製品と言えるでしょう。製品は1914年に創業された老舗中の老舗の小川テントから提供されます。

 

その高さは86cm〜116cmの間で調整できます。収納も非常にコンパクトで、重さも非常に軽いのでパッキングでリュックに入れる場合にも困る事も無くて、一人で出掛ける場合にも適している製品と言えます。山を知り尽くしたメーカーならでは製品と言えるでしょう。

形式3本脚材質アルミ・ステンレス
重量0.8kgサイズ86cm〜116cm
収納時45cm×5cm×5cm備考-

口コミを紹介

何よりコンパクト、軽くて収納にも良かったです。バイクのキャンプツーリングで使用しています。キャンプ場で隣でテントを張っていたベテランキャンパーのご主人が何処の商品?って聞かれました。帰ったら購入したいと言っていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ユニフレーム(UNIFLAME)

コンパクトランタンスタンド 622049

価格:9,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三角形に組み上がるユニークなランタンスタンド

数本のポールをピラミッド型に組み立てるというユニークな構造の製品です。この構造ならではの安定感が良い事が魅力と言えるでしょう。グラグラすることがなく安定した状態でランタンを吊り下げられると実際に使用した方々から多くの評価を得ている製品です。

 

ランタンを吊り下げる部分はフック形状になっておりますので、吊り下げた状態には安定感があります。スタンドが揺れてもランタンが落ちにくいので、特にアウトドアでは助かる仕組みと言えます。組み立てると三角形の立体空間が出来ますので、見た目も素敵です。

形式三角錐型材質ステンレス鋼・アルミ
重量1.3kgサイズ195cm
収納時6×55cm備考-

口コミを紹介

かっこいい。面白い発想のスタンドですね!意外と簡単に設営出来ペグでしっヵり固定できます。これだけの存在感があると子供達も足を引っ掛けにくいようです。
テント周りでは比較的高価なランタンですから安心感が大切ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

アルミ ランタン スタンド UF-4

価格:2,560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐荷重も十分ですが、軽量で設置も楽な製品

ランタンスタンドを選ぶ時に最初に気になるのが完成時のサイズでしょう。キャプテンスタックから販売されているこの製品は高さの調整幅が107cm〜190cmと一般に必要なサイズをしっかりキープしてくれています。調整はネジ式なので、細かな高さ調整も可能です。

 

キャンプに出掛けると食事時は少しだけ高い位置にランタンをセットしますが、寝る前の時間は日記を書いたり、テント内で寝るまでにくつろぐ人も多くて、低めにランタンをセットしたくなります。高さが固定されてしまうタイプやテント内に持ち込めないのも困ります。

形式3本脚タイプ材質アルミ・スチール
重量1.2kgサイズ700×600×さ1070-1900mm
収納時90×35×1070mm備考-

口コミを紹介

多くのレビューにある通り、収納時は確かにそこまでコンパクトではありません!しかし一旦使用すると今まで無かった時の不便さが嘘のように解消され、夜のBBQで非常に重宝します☆金額も他のメーカーよりだいぶ安いので、個人的にはキャプテンスタッグで良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

コールマン(Coleman)

ランタンスタンド4 2000031266

価格:4,548円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三脚の脚が邪魔にならない細かな配慮が光るランタンスタンド

ランタンのスタンドもスタイリッシュなコールマンで揃えたいという時にオススメなのがこの製品です。コールマンのランタンをキャンプで使う事も多いので、やはりこれという方も多いでしょう。キャンプ用品の専門メーカーならではの作りの良さを感じる製品です。

 

スタンド部分がフラットになる作りのランタンスタンドはこの製品だけかもしれません。地面に対して足が掛かる部分がピタッと着きますので足を掛けてしまう事が無いよう配慮されています。この3本に脚にはそれぞれペグで固定できるようにループが用意されています。

形式3本脚タイプ材質アルミニウム、スチール、ナイロン
重量1.4kgサイズ109~226cm
収納時11×90cm備考-

口コミを紹介

スライドする際の操作に最初手間取りましたがアジャスターの使い方がわかってしまえば問題なし。単一乾電池3本使用のLEDランタンて試しましたがペグ打ちしなくても安定してました。つまづきにくいフラット構造はテント内での使用に最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

YOGOTO

ランタンスタンド 高さ調節可能 4段式 三脚タイプ

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ式ですが、ワイドに高さ調整が出来るランタンスタンド

収納ケースに収まった状態がしっかりとした厚手のケースに入って高級感を感じるランタンスタンドです。このタイプは伸縮式が多いのですが、珍しく折りたたみ式の製品です。折りたたみ式ですが、伸縮もワイドに調整出来るので場所を選ばずに使いやすい製品です。

 

高さの調整は78cm〜230cmと広くなっています。屋外で広い範囲を照らし、店頭の中での作業にも程よい高さに調整出来ますので、使いやすいのが良いですね。ランタンを掛けるフックは外れないストッパーになっているクリップフック形式で2台吊るせるのが特徴です。

形式3本脚タイプ材質アルミ・スチール
重量1.9kgサイズ78cm〜230cm
収納時80cm備考螺旋ペグ付属

口コミを紹介

今まで使っていたランタンスタンドが壊れたので購入しました。
フックが2個あるので便利です。
しかも今まで使っていた物よりコンパクトに収納できたので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

MAGNA

パイルドライバー ステンレス ランタンスタンド

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地面に手でねじ込んで使用する耐久性が高い一脚の製品

ハンマーを使わないで地面にねじ込んで使用する耐久性の高さが評判のランタンスタンドです。ステンレスで作られた頑丈な筐体は日本国内で溶接をやり直して脆弱性を解決しているというメーカーの徹底した品質管理に支えられているタフさが感じられる製品です。

 

ランタンスタンドは三脚を持つタイプが多いのですが、しっかり立ってランタンを吊るして不安定さが無いのであれば、一本の脚でも全く問題になりません。ステンレスは錆難さという特徴でも優れていて、外に出したままで雨になっても気にならないのもメリットです。

形式1本脚材質ステンレス
重量1.7kgサイズ113cm~225cm
収納時113cm備考-

口コミを紹介

存在感はないが地味に役に立ってくれます。ただ少し錆びてきたのが気になるところです。あと引っ掛ける部分のネジは小まめに締めないとすぐに緩んできてネジを無くしてしまいますので注意が必要です。使用には問題無いので満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

スノーピーク(snow peak)

パイルドライバー LT-004

価格:5,830円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランタンばかりではなく、色々と吊るせるタフなスタンドとして好評

ハンマーを使用しないで手で打ち込んで固定するという一脚のランタンスタンドです。ハンマーを使う事も無く本体に打ち込むという動作を補助する機能がありますので、実際は打ち込んだと同じ状態にしっかり地面に固定されるので、安定したスタンドとして機能します。

 

耐久性も高くて、ランタンだけでなく荷物等を少々掛けても問題ない耐久性を持っています。その耐久性を活かして、このランタンスタンドは食器などを洗い終わって乾燥させるハンギング・ドライネットを掛ける等、キャンパーには吊るす為の必須アイテムと言えます。

形式1本脚材質スチール
重量1.7kgサイズ110cm〜240cm
収納時110cm備考タフな吊るしを実現

口コミを紹介

ランタン以外にもドライネットやちょっとした府来る物を下げたりと万能に使えます。
三脚と違って足のスペースがないため子供も躓くリスクもなくテントサイトの端っこに複数立てて使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ランタンスタンドの選び方

ランタンスタンドは単純な機能に思いますが、実は各メーカーが作っている機能の奥は深いのです。実際にキャンプに出掛けて使ってみると単純な製品に見える程に工夫が凝らしてある事が理解出来るでしょう。実際に選ぶ方法をご説明いたします。

脚のタイプで選ぶ

ランタンスタンドには地面にスタンドを打ち込んで使用する杭を打ち込むタイプと三脚の形式で安定させるタイプ、クランプで他の物に固定して立たせるタイプがあります。どのタイプの製品によって違いがありますので、それぞれに良さがあります。

ハンマー機能や特殊な構造のFLYFLYGOなど特殊な一脚タイプ

普通に考えますと一脚ですから不安定さを感じますが、実際は地面にしっかり打ち込める製品が多く、一脚でも非常に安定感がある製品が存在します。強度を持たせる為に材質はスチールやステンレスが主に使用され、フレーム個々の剛性が高い製品が多くなっています。

 

一脚は地面に打ち込む作業が必要です。スノーピークの製品はハンマーで打ち込むとの同じような機能をフレームに持たせて、ハンマーを使わずに打ち込んで固定するようになっています。本体の軸の中に地面に打ち込む機能が内蔵され、手で上下すると打ち込みが出来る仕組みです

 

FLYFLYGOの一脚は畳んだ時にバラバラにならないように中にワイヤーが仕込んであり、完全に分解されるようでも、元の形状に簡単に戻る機能を持っています。組み立ても非常に簡単でコンパクトに収納できますので、扱いやすい製品と言えるでしょう。

 

一脚の場合はフレームの強度、固定の方法が自分に合っているかを良く調べて選ぶようにしましょう。製品は多くが軽くて携帯にも優れていますので、リュックで出掛けるのに適した製品が多く販売されています。

コールマンやハイランダーなどの三脚タイプは設置が簡単

三脚タイプのランタンスタンドは安定感では一般的には一脚より高くなります。地面に固定する場合にペグを使用しますが、ペグの数も3本使われる場合が多いので、風などで飛ばされる可能性が高い場合は三脚タイプを使用する事がオススメと言えるでしょう。

 

三脚タイプは地面に打ち込まなくても立ってくれますので、テントの中で使う場合にも便利です。地面に打ち込む方式はテントに持ち込む事が出来ない場合の方が多いので、三脚のタイプのように簡単に自立してくれて何処にでも使用する事が出来るタイプは最適です。

 

三脚タイプの問題点は脚が広がりますので、邪魔になり人が足を掛けてしまう事があります。子供が多いキャンプではその脚の部分が意外にネックと言えますので、脚がフラットになるコールマン製品なども是非検討して見て下さい。

 

ハイランダーの製品はロゴも素敵で、おしゃれで評判が良い製品が多いので、デザインに拘る方に特におすすめです。

クランクで固定は多人数の時に便利

テーブルなどにクランクで固定するタイプのランタンスタンドは使用場所に制限を受けますが、テーブルなどを持ち込んで多人数で集まるキャンプ等では使いやすい製品と言えるでしょう。固定はテーブルのような機材があれば簡単に固定できますが、取付部の強度は確認をして下さい。

 

クランプで固定するタイプはあまり高さがありませんので、テーブルが低い場合にはランタンの位置が低くなってしまいます。また、テーブル等の安定度も高い必要がありますので、不安定なテーブルに取り付けると一緒に倒れてしまう等の危険もありますから注意が必要です。

 

クランプ形式はキャンプに個人で持っていく用途にも向きますが、屋外でバーベキューの楽しさが味わえるレストラン等の設備にも最適です。バーベキュー形式のレストランでは人も多く、地面に設置するランタンスタンドは邪魔になる事が多くクランプ形式は最適です。

使用時の高さを考慮する

実際にキャンプの現場でランタンスタンドを設置する場合に必要な高さになるかは重要です。ランタンスタンドの中には高さは一種類で変わらない製品もあります。高さを変える事が出来ても細かく変わらない製品もありますので、事前に確認する事が大切です。

 

設定出来る高さが目的に合っているかは購入前にしっかり確認をして下さい。調整できるサイズの範囲という表示でも、実際は途中のサイズには調整出来ない場合もあります。調整を段階で行う形式も多いので、調整の方法はしっかりと注意する事が必要です。

 

細かくサイズを調整できるのはパイプを伸縮して組み立てるタイプです。このタイプは固定したい高さでパイプを締め付けて長さを決めますので、好みの高さにスタンドを調整できます。ただ締め付けが弱いと緩んでしまいますので、組立時には締め付けをしっかりしましょう。

安定性や安全性の確認は大切

ランタンには発光ダイオードを使用している製品も増えていますが、中には火を使用する製品も多く存在しますので重い製品もありますから、実際に使用する場合には転倒を考慮して安定性が高いランタンスタンドを選ばないと思わぬ事故が発生してしまいます。

 

特に仲間でキャンプに出掛ける場合などはそれぞれが持ち込む機材は全て把握出来ない場合がありますので、注意が必要でしょう。転倒は設置が不完全という場合もありますので、購入したランタンスタンドはマニュアルに従った適切な設置が必要です。

 

また、ランタンスタンドはランタンを吊るす以外の目的で使用する場合も増えています。洗濯物を乾かすロープを張る等にも応用する場合が多いので、耐荷重と同時に左右への荷重もある程度考慮して選ぶ事も必要になりますので十分に確認をして下さい。

DODの製品など収納時のサイズのコンパクトさにも注目

広げると大きくて、でも畳むとコンパクトで軽いが理想です。でもある程度の強度や組み立てのし易さ、使用時のサイズが柔軟に調整できる事など、色々と選ぶ基準を満たして行くと携帯時のサイズや重さも手軽では無くなってしまう場合も多いでしょう。

 

条件を全てを満たして携帯性も良い製品を選ぶのは大変かもしれませんが、コストパフォーマンスが良くて、より良いベターな製品は必ずありますので、DODの製品は畳むと50センチを切る製品もありコンパクトに収納出来る製品として特に定評がありますのでおすすめです。

 

ランタンスタンドを選ぶ場合は、実際に自分が使用する機材のサイズや仕様を十分に確認して、実際に使用出来る事を事前に確かめる事が大切です。ランタンスタンドに色々な形式がありますが、一つの形式に決めずに様々なタイプの製品を検討する事がおすすめです。

ノスタルジックなアイアンにも注目

キャンプの楽しさは雰囲気を楽しむという事が大きくあるでしょう。その為にもアイアンを感じる製品で統一するのも一つの楽しみです。中身はハイテクで軽量で高性能でも見た目はノスタルジックなアイアンを意識した製品も注目されています。

ランタンスタンドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5474952の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 2
    アイテムID:5474909の画像

    MAGNA

  • 3
    アイテムID:5474900の画像

    YOGOTO

  • 4
    アイテムID:5474884の画像

    コールマン(Coleman)

  • 5
    アイテムID:5474841の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 6
    アイテムID:5474819の画像

    ユニフレーム(UNIFLAME)

  • 7
    アイテムID:5474811の画像

    ogawa(オガワ)

  • 8
    アイテムID:5474790の画像

    BUNDOK(バンドック)

  • 9
    アイテムID:5474772の画像

    North Eagle(ノースイーグル)

  • 10
    アイテムID:5474671の画像

    FLYFLYGO

  • 商品名
  • パイルドライバー LT-004
  • パイルドライバー ステンレス ランタンスタンド
  • ランタンスタンド 高さ調節可能 4段式 三脚タイプ
  • ランタンスタンド4 2000031266
  • アルミ ランタン スタンド UF-4
  • コンパクトランタンスタンド 622049
  • ライトスタンド コンパクトランタンスタンドII 1384
  • ランタン スタンド コンパクト BD-299
  • スタンド ランタンスタンド2 NE752
  • ランタンスタンド ランタンポール アルミ製 ランタンハンガー
  • 特徴
  • ランタンばかりではなく、色々と吊るせるタフなスタンドとして好評
  • 地面に手でねじ込んで使用する耐久性が高い一脚の製品
  • 折りたたみ式ですが、ワイドに高さ調整が出来るランタンスタンド
  • 三脚の脚が邪魔にならない細かな配慮が光るランタンスタンド
  • 耐荷重も十分ですが、軽量で設置も楽な製品
  • 三角形に組み上がるユニークなランタンスタンド
  • 軽さを優先したいならという、老舗のランタンスタンド
  • 収納性時のサイズがコンパクトで軽量なランタンスタンド
  • 耐久性が高く、スタンドの高さが自由に調整出来る製品
  • コンパクトでリュックに収まる収納性で軽量
  • 価格
  • 5830円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 4548円(税込)
  • 2560円(税込)
  • 9900円(税込)
  • 9163円(税込)
  • 3155円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 形式
  • 1本脚
  • 1本脚
  • 3本脚タイプ
  • 3本脚タイプ
  • 3本脚タイプ
  • 三角錐型
  • 3本脚
  • 3本脚タイプ
  • 3本脚タイプ
  • 1本脚
  • 材質
  • スチール
  • ステンレス
  • アルミ・スチール
  • アルミニウム、スチール、ナイロン
  • アルミ・スチール
  • ステンレス鋼・アルミ
  • アルミ・ステンレス
  • アルミニウム・スチール
  • アルミ・スチール
  • アルミ
  • 重量
  • 1.7kg
  • 1.7kg
  • 1.9kg
  • 1.4kg
  • 1.2kg
  • 1.3kg
  • 0.8kg
  • 1.5kg
  • 2.9kg
  • 260g
  • サイズ
  • 110cm〜240cm
  • 113cm~225cm
  • 78cm〜230cm
  • 109~226cm
  • 700×600×さ1070-1900mm
  • 195cm
  • 86cm〜116cm
  • 75cm〜195cm
  • 90×90×110~250cm
  • 124cm(調節不可)
  • 収納時
  • 110cm
  • 113cm
  • 80cm
  • 11×90cm
  • 90×35×1070mm
  • 6×55cm
  • 45cm×5cm×5cm
  • 70x8x8cm
  • 70x8x8cm
  • 34cm x 7cm
  • 備考
  • タフな吊るしを実現
  • -
  • 螺旋ペグ付属
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 伸縮式
  • 小型で軽量

まとめ

ランタンスタンドは大きく分けると3種類位のタイプに別れますが、製品を比べると大きな違いがある事が分かります。皆様ながランタンスタンドを選ぶ参考にして頂ければ幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ