コールマンランタンの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

記事ID9416のサムネイル画像

コールマンはアメリカ発祥のキャンプ用品全般を取り扱う世界でも有数のアウトドア用品メーカーです。長年に渡り磨かれた美しさや、機能性に優れたコールマンランタンはキャンパーなら知らない人はいません。そのコールマンランタンをランキング形式で紹介します。

コールマンランタンで快適な生活を

キャンプといえば夜はランタンの明かりの下で手作りの食事や会話を楽しむのが定番です。ところがいざ買おうとすると多種多様なランタンがあって迷ってしまいます。燃料大きさ、形等々どれが良いか決めるのに四苦八苦ですよね。

 

ランタンはキャンプ用品でしたが最近は防災用品としても注目されています。また、ガソリン灯油ガスを燃料とするものに加え、最近はLED光源のランタンが人気です。電源としては乾電池畜電池がありUSB充電ソーラー充電等が当たり前になっています。

 

そこで今回はコールマンランタンの選び方おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは、性能価格口コミ通販の売れ筋などを基準にして作成しました。

コールマンランタンの人気おすすめランキング15選

バッテリーガード グリーン

ランキング15位はコールマンランタンのバッテリーガードシリーズでLED200です。アルカリ単3形乾電池4本で連続点灯時間は約15時間です。また光源の明るさは200lm、照射距離は約7mです。コンパクトで場所を取らないのでテーブルランタン用に最適です。

サイズ 7.4×12.6cm 重量 180g
明るさ 200lm

口コミを紹介

さっそくキャンプ場で使いました。ソロには丁度いい大きさと明るさです。さすがコールマン✨

出典:https://www.amazon.co.jp

バッテリーガード  レッド

光源はLEDでアルカリ単1形乾電池3本で作動します。明るさは2段切り替えになっていますが、最大が600lm、最小が75lmです。照射距離は最大12m、連続点灯時間は約30時間です。本体色もレッドとグリーンの2色が発売されています。 

サイズ 10.0×20.8cm 重量 490g
明るさ 600lm

口コミを紹介

明るいし軽いしデザインも好み。もういくつか買いたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

ガソリン使用のコールマンランタン

白熱電球に換算して230W相当の光量がある、ガソリン使用の本格的なコールマンランタンです。燃料はホワイト、レギュラーとも使えます。電池式の自動点火装置を装填しているので点火が容易です。燃料タンクの容量は940cc、満タンで7~14時間燃焼します。

サイズ 17.3×34.3cm 重量 1.8kg
明るさ 360CP(230W相当)

口コミを紹介

初のガゾリンランタンとして本商品を購入。電子着火式とのこともあり、非常に容易に着火することができる。光量も十分すぎるくらいあるため、メインランタンとしての購入して正解だった。

出典:https://www.amazon.co.jp

ツーマントル デュアルフューエル ランタン ケース付

ホワイト、レギュラーガソリンとも使用可能なコールマンランタンです。2マントルのため非常に明るく、明るさ調整機能が付いています。少し重たいのですが、こだわりのあるキャンパーには人気の商品です。照射距離は16m、燃焼時間は満タンで5.25時間です。

 

サイズ 15.9 ×30.5 cm 重量 2.2kg
明るさ  700lm

口コミを紹介

注文から到着まで大阪府内ですが9日掛かりました。海外発送なので当然ですね。箱から出してチェックしましたが、Shop LA ! さん発送のこれは全く瑕疵のないよいモノでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

リフレクターで隅から照らすキャンプサイトランタン

アルカリ単1形乾電池6本で稼働します。LED光源のコールマンランタンでは最大級の明るさです。明るさも3段階切り替えですが、最大連続点灯で約8時間持ちます。付属のリフレクターを使うと、約5割増しの光量を片方だけに広げるので周囲に迷惑をかけません。

サイズ 15×29cm 重量 980g
明るさ 1000lm

口コミを紹介

他サイトへ光が迷惑にならないのはとてもいい。電池を入れると重いのはみんな一緒ですね。明るさも板を立てると眩しい位です。

出典:https://www.amazon.co.jp

バッテリーロックLED充電式ランタン

リチウムイオン電池内蔵の充電式ランタンで、約9時間で充電が完了します。AC アダプターUSBケーブルが付属しているので、本体から携帯への充電が可能です。350lmの明るさは調節できるのでテントランタンテーブルランタンとして活用できます。 

サイズ 13×28cm 重量 830g
明るさ 350lm

口コミを紹介

車中泊やキャンプメインです。車で充電して泊まるときに大活躍してくれています。料理や寝支度は明るい白昼色で、寛ぐときはランタンのように優しい電球色で。やっぱり切り替えが出来るのは便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

LPガス式ランタン

LPガス使用でホヤは耐熱ガラス製のキャンドル風のガスランタンです。 2011年にはグッドデザイン賞を受賞しています。燃焼時間も230g缶で28~38時間という長時間ですから、実用性よりも装飾性を重視した方にはおすすめです。テーブル用には最適です。

サイズ 7.3×18.3cm 重量 210g
明るさ

口コミを紹介

揺れる炎が気分を盛り上げる。明るさはLEDランタンがあるからそちらに任せ、雰囲気作り専用目的の狙い通りで満足。ガラスが簡単に割れたってレビューを数件見てたので不安があったが、注意書きに従い金属部を持ってガス缶に取付ければ大丈夫そう。

出典:https://www.amazon.co.jp

LPガス使用した1マントルランタン

LPガス使用でルモ型マントルを1個のコールマンランタンです。小型ですが80W相当の明かるさを持っています。230gのレギュラーガス1個で燃焼時間は6~12時間です。自動点火ボタンを備えており、光量も自由に調節できるのでテーブルランタンとして最適です。

サイズ 10×13cm 重量 200g
明るさ 108CP/80W

口コミを紹介

キャンツー用にコンパクトなランタンが欲しくてこちらを購入。すりガラスのお陰で目が痛くないのが良い。明るさ調整もやりやすい。サイト全体を照らすにはちょっと明るさが足りないが、サブとして、またはテーブルランタンとして最適だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

CPX6 充電式も使えるランタン

アルカリ単1形乾電池乾4本を使用して連続点灯時間は約15時間です。 CPX6充電式カートリッジも使用できます。クリアベンチレーターで光が上に通り抜けるので明かりが反射してテント内を照らします。逆さに吊るしても利用できるテントランタンです。

サイズ 13×29.5cm 重量 775g
明るさ 350lm

口コミを紹介

せっかくのキャンプも白色LEDでは雰囲気もぶち壊しですからね。この商品はその点は心配いりません。暖色系のLEDでいい感じに照らしてくれます。光量を調整できるので寝る際はテントの中で室内照明にすることもできます

出典:https://www.amazon.co.jp

ガソリン式ワンマントルランタン ケース付き

ホワイトガソリンを使用したガソリン式のコールマンランタンです。タンク容量590ccでプラスチックカースが付いています。低気温でも使えるガソリン式ですから、ユーザーも多くて人気も高く、ロングライフデザイン賞を受賞しています。また、コスパも優れています。

 

サイズ 16×31cm 重量 1.4㎏
明るさ 200CP /130W相当

口コミを紹介

やっぱりこのランタンの灯りがキャンプには必要です。メンテナンスをして大事に使い続けたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ツーインワン テントランタン

アルカリ単3形乾電池3本使用の小型のLEDランタンです。連続点灯時間は約12時間ですが、フラッシュライトとしても約20時間使用可能です。テントライトとして天井に吊り下げても使えます。裏面にはマグネットを備えており、車などに付けることができます。

サイズ 6×17×4cm 重量 175g
明るさ 150lm

口コミを紹介

小ぶりです。でも明るさは最高。万が一に備えて準備しました

出典:https://www.amazon.co.jp

音楽を聴きながらテーブルランタンとして

2019年の新商品で、リチウムイオン電池が付属したLEDランタンです。明るさは3段切り替えが可能です。最大光度の点灯だけなら約7時間、bluetoothで音楽の同時再生をするなら約5時間利用できます。また、USB搭載ですから災害時や停電時の活用が期待できます。

サイズ 13×25.1cm 重量 1kg
明るさ 400lm

口コミを紹介

音質は思って以上ですが、とても良いのとは違います。ただし、キャンプ場で聴くには充分ではないかと思います。気に入っていますので、今は部屋で使用しています。早くアウトドアに連れて行きたい。そんなお品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

約1543ルーメン レッド

キャンプサイトを照らし出す320キャンドルパワー(200W相当)の大光量です。燃焼時間も470g缶で約4~8時間とコスパも優れています。使用マントルは#95のワイヤークリップでワンタッチ取り付けができます。また、内蔵のイグナイターで着火も簡単です。

サイズ 14.5×26cm 重量 1.3㎏
明るさ 1543lm

口コミを紹介

すごく明るいです。ただ明るすぎて虫がいっぱい寄って来ます。本体は暑くなっているので寄ってきた虫が焦げてランタンにたまります。メインランタンとしてあえて虫を寄せて、食卓のテーブルとかには小さなランタンを使うのが賢い使い方です。

出典:https://www.amazon.co.jp

LED レッド 1000lm(約300W)

電源がアルカリ単1形乾電池4本で最大1000lmの大光量です。ガソリンやガス式と較べると軽量なため運搬がとても楽です。また、照射距離約16mですから、キャンプサイトやテーブルを明るく照らし出します。バッテリーガードは液漏れや電池切れを防止してくれます。

サイズ 11.0×21.5cm 重量 570g
明るさ 1000lm

口コミを紹介

ガスランタンを持っていますが、熱が発生して危険なのでLEDランタンを探していました、1000ルーメンの明るさは感動的でした、実用的でテントの中でも使用できるので必需品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

LED 乾電池式  多用途ランタン

使用電源はアルカリ単1形乾電池4本または8本(別売り)です。最大で約20時間点灯します。4つの発光パネルマグネット式で着脱が簡単ですから、同時に複数場所で明かりが使えます。また、急な停電でもスマホやラジオの充電が可能なUSBポートが付いています。

サイズ 14.5×23.5cm 重量 1.2kg
明るさ 800lm

口コミを紹介

電池式のランタンを探しているときに見つけて、購入しました。はっきり言ってスゴすぎます。ヤバイですキャンプに行く時は、これまでテントの中、外と何個もランタンを持って出掛けてましたが、最近ではこれだけ持ってキャンプに行ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

コールマンランタンの選び方

コールマンの他にも多くのメーカーがランタンを製造販売しています。しかし、ランタン製造の歴史技術サービス網は他のどのメーカーも真似ができないものです。ここでは、そのコールマンランタンの選び方をご紹介します。

使用する燃料でコールマンランタンを選ぶ

コールマンランタンの燃料は多岐にわたります。ガスは専用のカートリッジに入っていますし、ガソリンはホワイトガソリンという精製したものが使われます他には灯油(ケロシン)もあります。最近は安全で取り扱いが容易なLEDを光源とする電池式が人気です。

LP ガスが燃料のコールマンランタン

ガスランタンは専用のガスカートリッジに取り付けてガスを燃焼させます。そのため、マントルという合成繊維でできた袋状の発光体を燃やして使用します。ガスの量を増やすと発光量が大きくなるのでメインランタンとしても使われます。

 

マントルの数も1個とか2個が多いのですが、形も縦長の物があったり、小さい球形のマントルが1個の場合もあります。また、マントルなしのランタンもあり好みによって使われています。着火や消火が簡単で手間もかからないため初心者でも扱えます。

燃料がガソリンのコールマンランタン

ガソリンランタンはガスランタンよりも大光量で寒い場所でも安定した燃焼を続けます。燃料のホワイトガソリンはレギュラーガソリンより価格が高めですが、揮発性も火力も高いのでメインランタンとしてよく使われています。

 

コールマンランタンでも、ガソリンランタンは空気を加圧して燃料を送り出すポンピングを行って燃焼させますので少し練習が必要です。また、レギュラーガソリンを使う場合は、その臭いすすが嫌だし引火性があるので危険だという人も多くいます。

燃料が灯油のコールマンランタン

燃料が灯油(ケロシン)のコールマンランタンは、種類は少ないのですが根強い人気があります。ポンピング式の送油法でマントルに点火して使います。ガソリン程の火力はないけど明るくて燃料代もガソリンよりはるかに低価格で引火点も低く安全です。

 

灯油は独特の臭いがするためランタンとしては人によって好き嫌いがあります。運搬途中で灯油が漏れた場合は長く臭いが残ったりします。ただし、災害時安価で手軽な光源になります。特に、冬季の場合は灯油ストーブには十分な量があるので安心です。

光源がLEDのコールマンランタン

人気ランキングで上位を占めるのは電池式のLEDランタンです。光源のLEDはここ数年間で驚くほど安価大光量のものが生産販売されています。ガスやガソリンと較べると安全で手軽だからです。また、従来の白熱電球よりも消費電力が少なく寿命が長いのも特徴です。

 

LEDは紫外線や赤外線をほとんど出さないので、野外では虫があまり寄って来ないというメリットもあります。電源の種類は充電式電池式です。充電式はACコンセントや車のシガーソケットから電気を供給したり、手回し発電ソーラー発電などでも充電ができます。

使用する場所で選ぶコールマンランタン

キャンプサイトはどこもほとんど同じですが、テントの周囲テントの中、食事用のテーブルの上などランタンを変えたほうが良い場合があります。テントの外が暗すぎてもだめだし、中が明るすぎても困ります。利用サイトにぴったりのランタンを選びましょう。

サイトを広く照らすコールマンランタン(メインランタン)

ランタンポールやタープサイドに下げて周囲を明るく照らすのは大光量の1000lm以上のコールマンランタンが最適です。その候補にあがるのはガソリンランタンやガスランタン、灯油ランタンです。手軽さ安全性携帯性などではLEDランタンも使えます。

 

夜間は炊事場やトイレに行くこともありますから、テントサイトを照らすメインランタンは目印にもなります。テントサイトに食卓を設置する場合は、明るいランタンが複数個必要な場合もありますし防犯上も必要です。

卓上を照らすコールマンランタン(テーブルランタン)

食卓に置くランタンの種類はなるべく臭いがしないものがベストです。ガソリンや灯油ランタンは避けます。残りはガスLEDになりますが暗すぎても困ります。せっかくの料理の色が見づらくなりますし、テーブルを囲んだ人の顔が見えないのも困ります。

 

テーブルの中央に置くランタンの明るさは200lm以上が適当だと言われています。手元が良く見える必要があります。また、携帯性のあるものだと料理を取りに行ったり洗い物をする場合に便利です。暖色系の明かりを望めばガスランタンがおすすめです。

 

テント内を照らすコールマンランタン(テントランタン)

夜になるとキャンプ場は真っ暗になります。テント内でも最低100lm以上の明かりが必要ですがLEDランタンが最適です。軽くてコンパクトで取り扱いも簡単で安全です。ガス式やガソリン式は、火災の原因になったり一酸化中毒の原因にもなります。

 

置く場所も枕元や足元では寝具や道具に隠れて見つけにくくなります。できればテントの天井部分や入り口付近の開閉用のジッパーや紐に吊るすのがベストです。マグネット式のLEDランタンも販売されています。鉄部があればどこでも張り付けられるので便利です。

 

コールマンランタンの主なアクセサリーと役割

コールマンランタンは多くの部品を使ってガソリンやガスから光源を得ています。ここでは、主にポンピングが必要なガソリンランタンのアクセサリーについて紹介します

コールマンランタン用ベンチレーターリフレクター

手持ちのランタンの光や熱が上方に拡散しないようにセットします。役割は明かりを下向きに集めて真下の本体の影をなくすことです。これがあるかないかで明るさが大きく違ってきます。上の傘はホーロー製で下のリフレクターはステンレス製です。

コールマンランタン用ジェネレーター

液体の燃料を気化させる部品です。内部にカーボンが付くと穴が詰まって機能が低下します。時々掃除をして使いますが予備を持っておくと安心です。特に寒いときは、バルブは閉めておいて事前にプレヒートすると点火しやすくなります。

コールマンランタン用ポンプリペアキット

レザーポンプカップ付きのセット商品です。各部の部品が単品でも売っていますがセットで揃えておくと安心です。特にポンプカップが劣化しやすいので準備しておき時々交換します。ポンピングの調子が良いと明かるさも違ってきます。

コールマンランタン用マントル

化学繊維でできています。バーナーチューブに固定したら一度空焼きして使用します。もろくて壊れやすいので予備のマントルは準備しておきます。穴が空いたりすると急激に明るさが落ちます。ランタンによって指定されたマントルを使います。

コールマンランタン用グローブ

耐熱性のガラスですがこわれやすいので取り扱いに注意します。ホヤという人もいますが、ランタンのサイズで形も色も選べます。主に光源を風や虫等から守るためのアクセサリーです。ランタンの種類によって指定されていますので購入時は注意が必要です。

コールマンランタン用ケース

ランタンの収納や運搬を慎重にするためには安全なケースが必要です。特にマントルを使用する形式のランタンはその保護のために必需品です。ハードケースとソフトケースがありますが、ジッパーで開け閉めできるタイプやそのまま収めるタイプ等があります。

コールマンランタン用燃料ケース

コールマンランタンの燃料などを収納し運搬するケースです。ショルダー用ベルトも付いていますので持ち運びにも便利です。ガソリン缶やガスカートリッジ、電池、簡単な工具類、替えの部品など整理して収納できるよう、仕切り板が付いています。

コールマンランタン用ランタンスタンド

コールマンランタンを吊るすためのスタンドです。アルミ製の組み立て式で約2.3m伸ばせて収納時は90cmになり、収納ケース付きです。重さも1.4kgという軽量です。ランタンを吊るす時は場所を選ばないと、火災の原因になります。ペグも付いていて地面に固定できます。

 

 

コールマンランタン用電源カートリッジ

多種類のLEDランタンが販売されていますが、乾電池は一度使えば廃棄しかありません。その分AC電源から充電して使えるバッテリーパックがあるとコスパも良く環境にも優しいのでおすすめです。車のシガーライターも使えるようになっています。

コールマンランタンのメンテに必要な基本工具類

コールマンランタンのメンテナンス時に特にガソリンランタンに必要な工具を紹介します。シーズンオフの時などに定期的に手入れをしておくと長く使えますし愛着もわきます。

リュブリカント

コールマンランタンの燃焼法の基本はポンピングです。燃料タンク内の空気を圧縮して燃料が気化するようにしています。この時必要なものがこのリュブリカントという潤滑油です。常に注油しておいて圧縮を助けます。

スーパーレンチ

独特の形をしていますが、スーパーレンチと言います。ジェネレーターやバーナー部、ポンピング部の分解・組み立て作業がこのレンチ1つでできます。他にはネジ回し用のプラスドライバーと、汚れ落とし用に鉄ブラシが必要です。

コールマンランタンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5428814の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:5428900の画像

    コールマン(Coleman)

  • 3
    アイテムID:5428777の画像

    コールマン(Coleman)

  • 4
    アイテムID:5428724の画像

    コールマン(Coleman)

  • 5
    アイテムID:5430231の画像

    コールマン(Coleman)

  • 6
    アイテムID:5428712の画像

    コールマン(Coleman)

  • 7
    アイテムID:5428695の画像

    コールマン(Coleman)

  • 8
    アイテムID:5428677の画像

    コールマン(Coleman)

  • 9
    アイテムID:5428669の画像

    コールマン(Coleman)

  • 10
    アイテムID:5428653の画像

    コールマン(Coleman)

  • 11
    アイテムID:5428572の画像

    コールマン(Coleman)

  • 12
    アイテムID:5428557の画像

    Coleman

  • 13
    アイテムID:5428522の画像

    コールマン(Coleman)

  • 14
    アイテムID:5428507の画像

    コールマン(Coleman)

  • 15
    アイテムID:5428500の画像

    コールマン(Coleman)

  • 商品名
  • クアッドマルチパネルランタン
  • バッテリーガード LED 1000
  • 2500 ノーススター
  • サウンドアンドライトランタン 360
  • 2000031271
  • 286A740J
  • CPX6リバーシブルLEDランタン3
  • フロンティア PZランタン 203536
  • ルミエールランタン 205588
  • 充電式ランタン 2000027299
  • ミレニアLEDキャンプサイトランタン 2000022276
  • コールマン 285
  • ノーススター2000-750J
  • LED 600
  • LED 200
  • 特徴
  • LED 乾電池式  多用途ランタン
  • LED レッド 1000lm(約300W)
  • 約1543ルーメン レッド
  • 音楽を聴きながらテーブルランタンとして
  • ツーインワン テントランタン
  • ガソリン式ワンマントルランタン ケース付き
  • CPX6 充電式も使えるランタン
  • LPガス使用した1マントルランタン
  • LPガス式ランタン
  • バッテリーロックLED充電式ランタン
  • リフレクターで隅から照らすキャンプサイトランタン
  • ツーマントル デュアルフューエル ランタン ケース付
  • ガソリン使用のコールマンランタン
  • バッテリーガード  レッド
  • バッテリーガード グリーン
  • 価格
  • 7,300円(税込)
  • 4,509円(税込)
  • 8,736円(税込)
  • 5,990円(税込)
  • 2,706円(税込)
  • 14,780円(税込)
  • 3,900円(税込)
  • 3,762円(税込)
  • 4,255円(税込)
  • 9,800円(税込)
  • 10,303円(税込)
  • 17,299円(税込)
  • 22,490円(税込)
  • 3,068円(税込)
  • 1,516円(税込)
  • サイズ
  • 14.5×23.5cm
  • 11.0×21.5cm
  • 14.5×26cm
  • 13×25.1cm
  • 6×17×4cm
  • 16×31cm
  • 13×29.5cm
  • 10×13cm
  • 7.3×18.3cm
  • 13×28cm
  • 15×29cm
  • 15.9 ×30.5 cm
  • 17.3×34.3cm
  • 10.0×20.8cm
  • 7.4×12.6cm
  • 重量
  • 1.2kg
  • 570g
  • 1.3㎏
  • 1kg
  • 175g
  • 1.4㎏
  • 775g
  • 200g
  • 210g
  • 830g
  • 980g
  • 2.2kg
  • 1.8kg
  • 490g
  • 180g
  • 明るさ
  • 800lm
  • 1000lm
  • 1543lm
  • 400lm
  • 150lm
  • 200CP /130W相当
  • 350lm
  • 108CP/80W
  • 350lm
  • 1000lm
  • 700lm
  • 360CP(230W相当)
  • 600lm
  • 200lm

まとめ

コールマンランタンをランキング形式で15選して紹介しましたがいかがでしたか。様々な燃料や特徴がありますが選ぶ時の参考になれば幸いです。どうかお気に入りのコールマンランタンを選ばれてお役立てください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング21選【防災用にも】

【2021年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング21選【防災用にも】

ランタン・ワークライト
【2021年最新版】ガスランタンの人気おすすめランキング15選【ユニフレームやコールマンも】

【2021年最新版】ガスランタンの人気おすすめランキング15選【ユニフレームやコールマンも】

ランタン・ワークライト
【2021年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング20選【おしゃれ・防災用も!】

【2021年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング20選【おしゃれ・防災用も!】

ランタン・ワークライト
【2021年最新版】ランタンスタンドの人気おすすめランキング16選【コールマン・flyflygo・ユニフレーム・ロゴスも】

【2021年最新版】ランタンスタンドの人気おすすめランキング16選【コールマン・flyflygo・ユニフレーム・ロゴスも】

ランタン・ワークライト
アウトドアグッズの人気おすすめランキング15選【2021年最新版!】

アウトドアグッズの人気おすすめランキング15選【2021年最新版!】

アウトドアグッズ
【2021年最新版】コールマン製タープの人気おすすめランキング15選【シェードも紹介!】

【2021年最新版】コールマン製タープの人気おすすめランキング15選【シェードも紹介!】

タープ・シェルター