ガソリン携行缶のおすすめ人気ランキング15選【1L~10Lタイプやホワイトガソリンが運べるものも】

ガソリン携行缶は、500mlタイプや1L~20Lまで給油できるタイプがあります。カインズなどのホームセンターでどこでも販売され人気です。今回はおすすめのガソリン携行缶を紹介します。給油をどこでするのか・ガソリンスタンドでの販売禁止事項・代用についてもご説明するので是非チェックしてみてください。

便利なガソリンの持ち運びにはガソリン携行缶が必須

ガソリン・ホワイトガソリンは非常に気化しやすい燃料で、ー40℃の気温でも気化します。そのため、法律・消防法に適合したガソリン携行缶に入れて取り扱うようにしましょう。ガソリンは取り扱いを間違えると爆発する可能性もあるので怖いですよね。

 

ガソリン携行缶はバイクなどにも給油しやすい500mlサイズなどもありますが、缶・タンクタイプは1Lや5L・10L・20Lの商品が人気です。しかし、種類が多すぎて悩んでしまう方や給油をどこですればいいのか分からない方もいますよね。

 

そこで今回はガソリン携行缶の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、種類・使いやすさ・付属アイテムを基準に作成しました。販売禁止事項やガソリン缶の代用についても説明するので最後までチェックしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

缶タイプのガソリン携行缶のおすすめ

ノズルも付属しているので購入してすぐに使用できる人気の携行缶

こちらの商品は持ち運びがしやすいトリプルハンドルタイプを採用しており、中にガソリンを入れていても安定して持ち運びができる人気の商品です。容量も10リットルタイプで、縦型となっているため狭いスペースにも置いておけます。

 

また鋼板は0.8mmと厚いので安心でノズルも付属しているおすすめの商品です。エアー調整ネジも付いており、安全にガソリンの取り扱いがしやすくなっています。

サイズ 約348(W)×282(H)×176(D)mm 重量 約2.7kg
種類 金属缶タイプ 容量 10リットル
素材 亜鉛メッキ鋼板(0.8mm)

ボトルタイプのガソリン携行缶のおすすめ

注ぎ口の内径が大きく素早くガソリンを入れられる人気の携行缶

容量が1000mlの使い勝手の良いボトルタイプのガソリン携行缶で、素材にアルミを採用しており本体の重量が軽く持ち運びにも便利です。収納袋にカラビナが付いているため、腰に付けて携行もできます。

 

付属の給油ノズルの長さは約200mmとなっているので安全に給油するが可能な大人気のガソリン携行缶です。注ぎ口の内径も大きく、素早くガソリンを入れられます。

サイズ φ80×245(H)mm 重量 163g
種類 ボトルタイプ 容量 1000ml
素材 アルミ

ガソリン携行缶の選び方

ガソリン携行缶は種類や容量などさまざまな種類が多く販売されています。そのため自分のニーズに合った製品から選ぶことが最も重要なポイントです。

種類から選ぶ

ガソリン携行缶には多くの種類が販売されています。それぞれにメリットやデメリットがあるため自分が使いやすいと感じる種類から選ぶことが大切です。

さまざまな種類から選びたい方は「金属缶タイプ」がおすすめ

金属缶タイプはガソリン携行缶の中では最も多くの種類が販売されているスタンダードな種類です。耐久力が高く縦型や横型などの形状の違う製品も多いため、自分にとって使いやすい種類を探しやい点で人気があります。

 

横型はスペースを取りますが安定して保管しておけるので特におすすめで、縦型はスペースが狭くても設置ができるのが大きなメリットです。

女性やお年寄りには「ポリタンクタイプ」がおすすめ

一般的なポリタンクにガソリンを入れるのは絶対にNGですが、高密度のポリエチレンを採用したポリタンクの場合はガソリンを入れられます。一般的な軽油や灯油用と違い気密性が非常に高い点が大きな特徴の1つです。

 

金属缶と違い錆びる心配がなく本体自体も軽量なので、力のない女性やご年配の方には特に人気が高いです。ただし、耐久性などは金属缶よりも劣るため、取り扱いは気を付ける必要があります。

キャンプ・バイクのお供やおしゃれな商品なら「ボトルタイプ」がおすすめ

1リットル前後の少ない量を持ち運ぶ際は、ボトルタイプのガソリン携行缶がおすすめです。ホルダーを取り付けるとバイクなどに取り付けて持ち運べます。キャンプなどにも便利なので使い勝手が非常に良いです。

 

入れられる容量が少ない点もあり、本体自体も軽量でコンパクト・おしゃれな商品が多い点が大きなメリットです。以下の記事では、シングルバーナーの人気おすすめランキング15選をご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

どこでも保管したい方は「ミニドラム缶タイプ」がおすすめ

ミニドラム缶の大きな特徴はなんといっても積み重ねて保管しておける点です。そのため、どこでも多くのガソリンを保管しておけます。耐久面も高いため安全に保管ができるので人気です。

 

また、ミニドラム缶タイプの中には底が少し上がっているタイプも多く底部分が破損しにくいメリットもあります。底が破損して液漏れしてしまった。といった事例も少なくありません。ただし、40リットル以上の保管は届け出が必要なので気を付けましょう。

素材から選ぶ

ガソリン携行缶の素材には大きく分けて2種類があります。自分が使用しやすい素材を使った商品を選ぶようにしましょう。

軽量のものをお探しの方は「プラスチック」がおすすめ

一般的なプラスチック製よりも気密性が高いポリエチレンを使用しているのがプラスチック製のガソリン携行缶です。金属缶とは違い錆びる塵肺がなく本体自体が軽量なので、非常に高い人気を得ています。

 

ただし、耐久面が低く落下させてしまうと意外と簡単に割れてしまう場合もあるため、取り扱いには気を付けましょう。ガソリンを入れるとガソリン携行缶はより重くなるので、本体が軽いプラスチック製はおすすめの素材です。

耐久性を求める方はステンレスなどの「金属」がおすすめ

一般的にガソリン携行缶は金属を採用した商品をイメージする方が多いです。金属製は耐久面に優れていますが錆びてしまう場合があります。錆びてしまうと非常に危険なので、新品と買い替えるしかありません。

 

ステンレスや亜鉛メッキが施されている製品は、錆びに強いので人気があります。金属製のガソリン携行缶を選ぶ際は、錆びに強い素材かどうかもしっかりとチェックしておくのがおすすめです。また、ボトルタイプには主にアルミが多く使用されています。

必ず「消防法適合マーク」が付いているかを確認

これは最初に気を付けるポイントですが、消防法適合マークがしっかりと付いている製品から選ぶようにしましょう。どれだけ頑丈で耐久性が高くても、マークが付いていないとガソリンを入れられない場合があります。

 

また、マークにも日本規格や国連規格などの種類もあります。どちらかがあれば問題ありませんが、より安全な製品を希望するなら日本規格であるKHKマークが付いている製品から選ぶのがおすすめです。

容量から選ぶ

容量は500mlのような小さな製品から20Lのような大きな製品まで幅広く販売されているため自分が使用する用途に合った容量から選ぶことが重要です。

バイクで携行したり少量だけ必要な場合は「500ml」サイズがおすすめ

バイクのボトルホルダーに付けて携行する方や、キャンプやアウトドアで少しだけガソリンが必要な方は500mlの容量がおすすめです。手軽に持ち運べるのでサッと取り出して使用できます。軽量なので女性でも楽に持ち運べられる人気の容量です。

手持ちで運んで使用する方は「1L~5L」サイズがおすすめ

1L~5Lなどの10L以下の製品は手軽に持ち運びが可能なので使い勝手が良いです。1L前後の場合はボトルタイプに入れられます。また、10L以下の場合は金属缶タイプのガソリン携行缶でも簡単に持ち運びができるのでおすすめです。

 

大きな容量のガソリン携行缶を購入しても、ガソリンを入れて持ち運びができるかどうかは非常に重要なポイントです。特に女性やご年配の方の場合は安全に持ち運びがしやすい10L以下のガソリン携行缶を選びましょう。

災害時なども考える方は「10L」サイズがおすすめ

一般的には10Lサイズのガソリン携行缶が使いやすくて人気が高いです10Lあれば自動車の場合でも100キロ以上は走行が可能な場合もあるため便利で、災害時などの場合でも10Lあればさまざまな用途に使用ができます。

 

成人男性が持ち運びするのを考えれば、10Lのガソリン携行缶なら満タンにしても持ち運びができる場合も多いです。そのため、使いやすさ・便利さのバランスが最も取れているのが10Lのガソリン携行缶で人気があります。

大量にガソリンを使う方は「20L」サイズがおすすめ

ガソリンは20Lのように10Lを超えてしまうと1人で持ち運ぶのが難しくなるため使い勝手は悪くなります。もちろん、ガソリンの容量が大いのは便利です。が、その分取り扱いもより気を付ける必要が出てくるので気を付けましょう。

 

また、10L以上の場合は金属缶タイプやミニドラム缶タイプでないと保管や持ち運ぶのが不可能なので、より重量が重くなってしまいます。大量のガソリンも持ち運ぶのが難しければ意味がないので、自分にとって必要かどうかよく考えてから購入しましょう。

付属部分で選ぶ

ガソリン携行缶本体ではなく付属しているアイテムなどによっては使いやすさなどが大きく変わってくるのでしっかりとチェックしておきましょう。

噴射を防ぎたい方は「エアー調整ネジ」付き製品がおすすめ

上記でも紹介したようにガソリンは-40℃の世界でも揮発してしまう燃料です。ガソリン携行缶は気密性が高いため、外に漏れませんが、キャップを空けた際にガソリンが噴出する恐れはどうしてもあります。

 

これを防ぐためにもエアー調整ネジが取り付けられたガソリン携行缶を選ぶのが重要です。キャップを空ける前にエアー調整ネジで内圧を下げると、ガソリンが噴出するのを防いでくれるため、安全に使用ができます。

爆発の危険を下げるなら「ノズル・パッキン」がおすすめ

ノズル本体は特に問題がない場合が多いですが、パッキン部分は劣化しやすいためしっかりとチェックしておきましょう。劣化したままだと液漏れしてしまったり燃料が揮発したりして爆発の原因になる可能性もあります。

ガソリン携行缶なら「コーナン・カインズ」をチェック

ガソリンの携行に必須のガソリン携行缶ですが、購入するならコーナンやカインズなどの大手ホームセンターもおすすめです。種類やサイズが豊富にラインナップされており、自分が欲しいタイプの商品が見つかります。

 

ネットでの購入が便利ですが、実物を見て購入を考えたい方はホームセンターに足を運んでみましょう。

缶タイプのガソリン携行缶人気おすすめランキング8選

省スペースでの保管にも便利な6段まで積み重ねられる携行缶

最大で6段まで積み重ねて保管できるので、狭いスペースの中でも保管しやすい大人気のガソリン携行缶です。容量は20Lと使い勝手の良い容量を入れられます。ガソリンの補給だけでなく、災害時などでもしっかり使用が可能です。

サイズ ‎29 x 29 x 24.5 cm 重量 2.8kg
種類 ミニドラム缶 容量 20L
素材 0.6mmクロムメッキ鋼板

口コミを紹介

安定した形状。普通のドラム缶と同形状の缶口。内部も、そのまま給油しても問題ない程の状態でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

容量が10Lサイズでどんなシーンでも使いやすく大人気

一般的に最も使いやすいとされている容量の10リットルタイプのガソリン携行缶です。素材は0.8mmの鋼板を採用しているので、しっかりと厚さがあり安全に使用できます。給油ノズルだけでなくノズルの収納袋まで付属している商品です。

サイズ W173xH257xD345mm 重量 2.5kg
種類 金属缶タイプ 容量 10リットル
素材 亜鉛メッキ鋼板(0.8mm)

口コミを紹介

バイクの予備燃料の保管用途で使用しています。容量の半分ぐらいしか入れないので重くも無く不満は無い。ハンドルは持ち易く、缶内収納のノズルも便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

連合・UN・消防法適合商品で20Lサイズだからたっぷりガソリンを入れられる

金属缶タイプのガソリン携行缶で容量が20リットルもあるため、自動車やバイクなどの補給以外にも災害時などにも使用がしやすい大人気の商品です。連合・UN・消防法適合商品なので安心して使用ができます。

 

ノズルが本体に収納できるため。ノズルだけを紛失したりする心配のないおすすめのガソリン携行缶です。

サイズ 42.8x30.4x25.8cm 重量 3kg
種類 金属缶タイプ 容量 20リットル
素材 スチール

口コミを紹介

当たり前かもしれませんが、満タン入れると重いです。持ち手がサイドにあったりすると注ぎやすいのだが。18Lくらいの給油をお勧めいたします。

出典:https://www.amazon.co.jp

鋼板の厚さが0.8mmと厚みがあるので安心して使用できる

こちらの商品はKHK試験の気密・水圧・落下・積み重ねの試験をクリアしているため、安全に使用ができる大人気のガソリン携行缶です。容量は20リットルと大容量ですが横置きタイプなので安定度が高く、保管・携行できます。

 

また、鋼板の厚みは0.8mmと厚みがある点もおすすめのポイントです。

サイズ 約458(W)×254(H)×293mm 重量 約3.1kg
種類 金属缶タイプ 容量 20リットル
素材 亜鉛メッキ鋼板 (日本製・JIS規格)0.8mm

口コミを紹介

キャップが頑丈です。今まで持っていた5Lの携行缶のキャップと比べると重く、耐圧性が高そうです。ガソリンは気化しやすいのでしっかりとした商品で好感が持てました。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型エンジンの給油に適したガソリン缶

片手でも楽に持ち運びが可能な大人気のガソリン携行缶です。容量は2.5リットルとなっているため、小型エンジンの給油などに向いています。持ち運びもしやすいのでアウトドアレジャーなどの際にも人気です。

 

横置きタイプで安定感が高い点もおすすめのポイントで、取っ手は手が大きい方でも握りやすいように設計されており、とても使いやすい人気の商品です。

サイズ W300×D165×H128mm 重量
種類 金属缶タイプ 容量 2.5リットル
素材 0.7mm鋼板

容量は5Lと使い勝手が良く本体重量も約2kgと軽量で持ち運びしやすい

こちらの商品は安全性と使いやすさを求めてできたガソリン携行缶で、重量も軽く非常に使いやすい人気の商品です。ハンドル部分も大きいのでしっかりと握れます。そのため、力のない女性でも持ち運びしやすいです。

 

給油ノズルは収納式なので紛失する心配もなく、レジャーやスポーツなどさまざまなシーンで活躍が見込める商品です。

サイズ 約378 (W) ×138 (H) ×248 (D) mm 重量 1.95kg
種類 金属缶タイプ 容量 5リットル
素材 亜鉛メッキ鋼板(0.7mm)

口コミを紹介

キャンプや農作業など、いろんな場面での利用が出来そうですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

消防法適合商品で法律的に見ても安全性が高い人気のガソリン携行缶

こちらの商品は容量が20リットルと非常に大きいですが、ハンドル部分がトリプルハンドルになっているので安心して持ち運びや給油が可能な人気の商品です。本体の素材には亜鉛メッキ鋼板を採用しており、錆びにくくなっています。

 

板の厚さも0.8mmもあるため非常に耐久性も高いです。給油ノズルとノズルの収納袋が付属した大人気の商品で、シンプルなデザインで縦型を採用しています。

サイズ W173xH434xD345mm 重量 3.5kg
種類 金属缶タイプ 容量 20リットル
素材 亜鉛メッキ鋼板(0.8mm)

口コミを紹介

バイクの予備燃料の保管用途で使用しています。容量の半分ぐらいしか入れないので重くも無く不満は無い。ハンドルは持ち易く、缶内収納のノズルも便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ノズルも付属しているので購入してすぐに使用できる人気の携行缶

こちらの商品は持ち運びがしやすいトリプルハンドルタイプを採用しており、中にガソリンを入れていても安定して持ち運びができる人気の商品です。容量も10リットルタイプで、縦型となっているため狭いスペースにも置いておけます。

 

また鋼板は0.8mmと厚いので安心でノズルも付属しているおすすめの商品です。エアー調整ネジも付いており、安全にガソリンの取り扱いがしやすくなっています。

サイズ 約348(W)×282(H)×176(D)mm 重量 約2.7kg
種類 金属缶タイプ 容量 10リットル
素材 亜鉛メッキ鋼板(0.8mm)

口コミを紹介

早速使いました 大変使いやすいです10リットルは バイクに使用しましたこれ以上大きいと重くて注入に苦労しますと思います。作りも丈夫そうで長年使用できると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

缶タイプのガソリン携行缶おすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重量 種類 容量 素材
アイテムID:11245020の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ノズルも付属しているので購入してすぐに使用できる人気の携行缶

約348(W)×282(H)×176(D)mm

約2.7kg

金属缶タイプ

10リットル

亜鉛メッキ鋼板(0.8mm)

アイテムID:11242015の画像

楽天

Amazon

ヤフー

消防法適合商品で法律的に見ても安全性が高い人気のガソリン携行缶

W173xH434xD345mm

3.5kg

金属缶タイプ

20リットル

亜鉛メッキ鋼板(0.8mm)

アイテムID:11242012の画像

楽天

Amazon

ヤフー

容量は5Lと使い勝手が良く本体重量も約2kgと軽量で持ち運びしやすい

約378 (W) ×138 (H) ×248 (D) mm

1.95kg

金属缶タイプ

5リットル

亜鉛メッキ鋼板(0.7mm)

アイテムID:11242011の画像

楽天

Amazon

ヤフー

小型エンジンの給油に適したガソリン缶

W300×D165×H128mm

金属缶タイプ

2.5リットル

0.7mm鋼板

アイテムID:11242008の画像

楽天

Amazon

ヤフー

鋼板の厚さが0.8mmと厚みがあるので安心して使用できる

約458(W)×254(H)×293mm

約3.1kg

金属缶タイプ

20リットル

亜鉛メッキ鋼板 (日本製・JIS規格)0.8mm

アイテムID:11242005の画像

楽天

Amazon

ヤフー

連合・UN・消防法適合商品で20Lサイズだからたっぷりガソリンを入れられる

42.8x30.4x25.8cm

3kg

金属缶タイプ

20リットル

スチール

アイテムID:11242002の画像

楽天

Amazon

ヤフー

容量が10Lサイズでどんなシーンでも使いやすく大人気

W173xH257xD345mm

2.5kg

金属缶タイプ

10リットル

亜鉛メッキ鋼板(0.8mm)

アイテムID:11241999の画像

楽天

Amazon

ヤフー

省スペースでの保管にも便利な6段まで積み重ねられる携行缶

‎29 x 29 x 24.5 cm

2.8kg

ミニドラム缶

20L

0.6mmクロムメッキ鋼板

ボトルタイプのガソリン携行缶人気おすすめランキング7選

バイクなどにもピッタリな1Lサイズのガソリン携行缶

こちらの商品は持ち運びやすく使い勝手が良い1リットルタイプのガソリン携行缶です。持ち運びやすいボトルタイプなのでさまざまな場所で使用がしやすく、給油ホース付きな点も人気があります。

 

ボトル本体の重量も380gと軽量で収納袋も付いているので持ち運びも快適です。

サイズ 約φ90×W198mm 重量 380g
種類 ボトルタイプ 容量 1リットル
素材 亜鉛メッキ鋼板

小型ボトルタイプだが錆びに強いステンレス製キャップを採用している

錆びに強いステンレス製キャップを採用した人気の小型ガソリン携行缶です。キャンプやアウトドアの予備タンクとしても人気で、シンプルなデザインで人気があります。消防適合品なので、安心してガソリンの持ち運びが可能な商品です。

サイズ 7.5 x 7.5 x 15.2 cm 重量 210g
種類 ボトルタイプ 容量 500cc
素材

口コミを紹介

キャップのしまりも良く、安心です。注入用のパイプも便利です。まだ使ったばかりなので、口金のパッキンはどこまでもつのかが分かりません。予備が有れば安心なのですが。

出典:https://www.amazon.co.jp

予備タンクとして人気でホワイトガソリンを携行するのにもおすすめ

小ぶりなタンクでロングツーリングにも便利なドイツ製のガソリン携行缶です。強化プラスチック製なので、使いやすく携帯にピッタリです。ハーレーやアメリカン乗りには嬉しいサドルバックに簡単に収納できます。

 

バックのラックにも簡単に固定できます。また、バイクだけでなく車の移動や作業車・船舶などのさまざまな場面で使用が可能です。

サイズ 140×252×88mm 重量 390g
種類 ボトルタイプ 容量 2000ml
素材 強化プラスチック製

口コミを紹介

給油する際にボトルを逆さにしても垂れたり漏れたりせず給油できて微かに感動しました。正直価格的には高いと思いますけど、価格なりにとても良く出来ていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれなデザインなだけでかうしっかり使いやすい人気のボトル型

ノズルキャップを外すだけで手を汚さず素早く簡単に給油ができるガソリン携行缶です。ゴミの混入を防止してくれるのでガソリン臭も残りません。コンパクトなので片手で持ちやすく、バイクのツーリングにも人気のシェイプボトルです。

サイズ 266×100×99 重量 661g
種類 ボトルタイプ 容量 1リットル
素材 -

口コミを紹介

注ぎやすい!

出典:https://www.amazon.co.jp

世界基準の「UN規格」を取得している安全性の高いガソリン携行缶

持ち運びに便利でスポーツやレジャーの際に重宝するボトルタイプのガソリン携行缶です。容量は1000ccと万が一の際には十分の量を携行が可能なので、高い人気を得ています。

 

ボトルキャップ部分はステンレスを採用しているため錆びに強く、給油ノズルはもちろん収納袋も付属しているため非常に使いやすい人気の商品です。

サイズ 9.3x9.3x19.1cm 重量 308g
種類 ボトルタイプ 容量 1000cc
素材 電気亜鉛メッキ鋼板(鋼板はJIS規格合格品)(0.6mm)

口コミを紹介

1年くらい使っていますが、一滴も漏れたことがありません。ふたを閉めると、ガソリンの匂いもまったくしません。色々な携行缶を使いましたが、これが最強です。

出典:https://www.amazon.co.jp

肉厚パッキンで液漏れせず爆発の心配が少ない500mlの使いやすい商品

素材にアルミを採用したボトルタイプのガソリン携行缶です。容量が500ccとなっているため手軽に使える点もおすすめのポイントで、レジャーやスポーツ・バイクのツーリングなどに重宝します。

 

鋼板の厚みは0.8mmもあるため耐久性が高く、万が一の際でも液漏れがしにくいので安心して使用ができます。価格もリーズナブルなおすすめの商品です。

サイズ φ66xH188mm 重量 100g
種類 ボトルタイプ 容量 500cc
素材 アルミ(0.8mm)

口コミを紹介

ツーリング用に購入!古いバイクで、ガソリンメーターが無く、距離だけで見てました!1リッター持ち運べるので、いざってときには助かる!

出典:https://www.amazon.co.jp

注ぎ口の内径が大きく素早くガソリンを入れられる人気の携行缶

容量が1000mlの使い勝手の良いボトルタイプのガソリン携行缶で、素材にアルミを採用しており本体の重量が軽く持ち運びにも便利です。収納袋にカラビナが付いているため、腰に付けて携行もできます。

 

付属の給油ノズルの長さは約200mmとなっているので安全に給油するが可能な大人気のガソリン携行缶です。注ぎ口の内径も大きく、素早くガソリンを入れられます。

サイズ φ80×245(H)mm 重量 163g
種類 ボトルタイプ 容量 1000ml
素材 アルミ

口コミを紹介

キャンプでレギュラーガソリンのストーブを使うために購入。ガソリンスタンドのノズルが入るか心配でしたが入ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ボトルタイプのガソリン携行缶おすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重量 種類 容量 素材
アイテムID:11242041の画像

楽天

Amazon

ヤフー

注ぎ口の内径が大きく素早くガソリンを入れられる人気の携行缶

φ80×245(H)mm

163g

ボトルタイプ

1000ml

アルミ

アイテムID:11242038の画像

楽天

Amazon

ヤフー

肉厚パッキンで液漏れせず爆発の心配が少ない500mlの使いやすい商品

φ66xH188mm

100g

ボトルタイプ

500cc

アルミ(0.8mm)

アイテムID:11242035の画像

楽天

Amazon

ヤフー

世界基準の「UN規格」を取得している安全性の高いガソリン携行缶

9.3x9.3x19.1cm

308g

ボトルタイプ

1000cc

電気亜鉛メッキ鋼板(鋼板はJIS規格合格品)(0.6mm)

アイテムID:11242032の画像

楽天

Amazon

ヤフー

おしゃれなデザインなだけでかうしっかり使いやすい人気のボトル型

266×100×99

661g

ボトルタイプ

1リットル

-

アイテムID:11242029の画像

Amazon

ヤフー

予備タンクとして人気でホワイトガソリンを携行するのにもおすすめ

140×252×88mm

390g

ボトルタイプ

2000ml

強化プラスチック製

アイテムID:11242026の画像

楽天

Amazon

ヤフー

小型ボトルタイプだが錆びに強いステンレス製キャップを採用している

7.5 x 7.5 x 15.2 cm

210g

ボトルタイプ

500cc

アイテムID:11242023の画像

楽天

ヤフー

バイクなどにもピッタリな1Lサイズのガソリン携行缶

約φ90×W198mm

380g

ボトルタイプ

1リットル

亜鉛メッキ鋼板

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

灯油用容器に入れるのは法律で違法とされている

ガソリンを灯油用のプラスチック容器に給油・運搬した場合、法律により罰則の対象になる場合があります。ガソリンはとても危険なものです。ガソリンを購入する際は、店舗の方に確認してから購入するようにしましょう。

ガソリン携行缶の扱い方

ガソリン携行缶の扱いは少し間違うと大きな事故に繋がるので気を付けて取り扱うようにしましょう。ここでは簡単ですが取り扱い方について紹介します。

給油時は熱を持っていないかチェック

給油時に危険なのは内圧が上がったままキャップを空けての燃料噴出です。これを防ぐためにはガソリン携行缶を触って熱を持っていないかチェックするのが重要で、熱があれば内圧が上がっている危険があるため自然に冷めるまで待ちます。

 

次にエアー調整ネジをゆっくり開けて内圧を下げます。内圧が下がったのを確認してからエアー調整ネジは軽く締めるのが重要です。後はゆっくりキャップを開けノズルを取り付けてから給油するようにしましょう。

 

この際、ガソリンは使い切るのがベストです。ガソリンが残ったままだと劣化したりタンクの内側から錆びる原因となってしまいます

保管時は直射日光の当たらない場所に

基本的にガソリン携行缶であっても使用しない場合はガソリンを入れない方が安全です。どうしても入れたまま保管する必要がある場合は、劣化しにくいようにガソリンを満タンまで入れて直射日光を避けて保管するようにしましょう。

 

意外と多いのが車の中での保管です。車の中は温度が40℃以上になる場合も珍しくなく、中にガソリン携行缶を保管しておくと引火する恐れがあります。また、ガソリンは最大でも6ヶ月以内に使用するのがベストです。

キャンプやアウトドアにはホワイトガソリンも人気

キャンプや登山などの燃料に人気のホワイトガソリンは、純度が高いので寒冷地でも使いやすい燃料です。価格は高いですが、安定した燃焼・風に強い特性もあります。ガスやガソリンも燃料として優秀ですが、ホワイトガソリンも視野に入れて燃料を考えてみましょう。

アウトドアで大活躍!欠かせないガソリン携行缶

アウトドアではランタンやストーブなどでガソリン携行缶を使用する機会が多くあり、あるだけでできる行動の幅を大きく広げられます。特にこれからの季節ご家族やお友達とアウトドアへ出掛ける機会が増える方も多いです。

 

より充実したキャンプができるよう、ガソリン携行缶と合わせてランタンやストーブを購入するのがおすすめです。以下の記事では、アウトドアで使える便利なグッズをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ガソリン携行缶をほかのもので代用するのは禁止

基本的にガソリン携行缶を石油用のポリタンクで代用するのは消防法で禁止されています。ガソリンは常温でも聞かしてしまうため、ポリタンクに入れておいても引火して萌えてしまう恐れがあります。

 

そのため、代用品は控え、運ぶなら消防法で規定されている携行缶を使ってください。

給油はどこでするの?ガソリン販売禁止事項もチェック

初めてガソリン携行缶を購入すると、給油をどこでするのか分からない方もいると思います。ガソリンはガソリンスタンドで給油するのが一般的です。しかし、ガソリンスタンドでも販売が禁止になる場合もあります。

 

ガソリンスタンドでは自動車以外へガソリンの給油をする場合、1日200リットルまでと定められています。そのため、携行缶への給油が多い日ではガソリンの販売禁止になってしまうケースも多いです。

まとめ

非常に便利なガソリン携行缶ですが、種類などによって入れて置ける容量に違いがあるので気を付けて使用しましょう。大きな事故になってからでは遅いので、しっかり気を付けながら取り扱うようにするのが大事なポイントです。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年11月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

行動食の人気おすすめランキング12選【最強の携行食はどれ?入れ物も紹介】

行動食の人気おすすめランキング12選【最強の携行食はどれ?入れ物も紹介】

アウトドアグッズ
ガソリンストーブおすすめ人気ランキング10選【燃料の種類もご紹介】

ガソリンストーブおすすめ人気ランキング10選【燃料の種類もご紹介】

アウトドアグッズ
ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選【コールマン以外も紹介!】

ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選【コールマン以外も紹介!】

ランタン・ワークライト
【最強】ガソリン添加剤のおすすめ人気ランキング15選【ハイオク用も】

【最強】ガソリン添加剤のおすすめ人気ランキング15選【ハイオク用も】

カー用品
ガーデンシュレッダーの人気おすすめランキング10選【レンタルという選択肢も】

ガーデンシュレッダーの人気おすすめランキング10選【レンタルという選択肢も】

作業用品
【2023年最新】缶チューハイのおすすめ人気ランキング25選【酔いやすいものも】

【2023年最新】缶チューハイのおすすめ人気ランキング25選【酔いやすいものも】

カクテル・チューハイ(サワー)