【2022年版】輸入タイヤのおすすめ人気ランキング10選【中国などの海外メーカーをご紹介】

国産タイヤに比べて比較的安いと話題の輸入タイヤ。あまり知られていないメーカーも多く、気になっているけどなかなか購入まで踏み切れない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめする輸入タイヤをランキング形式に10選ご紹介していきます。

輸入タイヤの魅力

国産タイヤと比べて低価格で購入できると話題の輸入タイヤですが、アジアンタイヤとも呼ばれてます。国産の有名なメーカーとは違い、海外の知らないメーカーも多く、情報も少ないため「本当に大丈夫か?」と不安になる方も多いでしょう。

 

ひと昔前には国産タイヤと比べるとかなりの性能差は確かにありましたが、現在ではその差はかなり縮まっているようです。「日常で普通に使用する分には特に問題はない」と、実際の使用者も満足している方は多くいます。

 


そこで今回は輸入タイヤの選び方やアジアンタイヤの人気おすすめランキング15選【高品質低価格】をご紹介します。ランキングは価格・性能面・満足度などを基準に作成しました。購入を迷われいてる方はぜひ参考にしてみてください。

輸入タイヤの選び方

情報が少ない輸入タイヤを購入したいと思った時、どのように選べば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。輸入タイヤの選び方を解説します。

メーカーで選ぶ

輸入タイヤを選ぶ基準として、発売しているメーカーはとても重要です。しかしメーカーの種類が多すぎてここではすべてを紹介しきれませんので、今回の記事で取り上げているメーカーを8つご紹介していきます。

メーカー純正タイヤに採用「韓国製のHankook」

韓国のタイヤメーカー「Hankook(ハンコック)」。韓国国内でのシェア率は1位をほこり、世界ではトップ10入りするほどの有名なメーカーです。日本ではメーカーの名前を知らない方も多いかもしれませんが、実は国産の新車にハンコックタイヤが装着されていることもあります。

 

その他モータースポーツでもハンコックタイヤが採用されており、採用されたレーシングカーが有名な大会で表彰台に上った実績もあります。それであるにも関わらず、国産タイヤと比べて低価格で購入できるので、輸入タイヤとして人気のタイヤメーカーです。

激安タイヤが多く手に入りやすい「台湾製のNANKANG」

台湾のタイヤメーカー「NANKANG(ナンカン)」。こちらのメーカーも日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、台湾では一番古い歴史を持つタイヤメーカーで、日本だけではなく世界中(180ヵ国)で製品を提供しています。

 

日本の横浜ゴム(ヨコハマタイヤで有名)と技術提携をしていた過去があり、日本の車事情にマッチした製品も多く存在しています。軽自動車向けの製品からスポーツタイプ、スタッドレスタイヤまでラインナップは幅広く展開しているタイヤメーカーです。

 

価格も比較的安価なため、手に入れやすいタイヤメーカーの1つといえるでしょう。

スポーツ走行、ドリフト走行におすすめ「インドネシア製のATR RADIAL」

インドネシアのタイヤメーカー「ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)」。日本では走り屋なら誰もが知っているD1グランプリ、そしてフォーミュラドリフトなどのスポンサーを務めており、主にモータースポーツを中心としてその認知度は徐々に高まってきています。

 

イタリアの有名タイヤメーカー「ピレリ」と技術提携を結んでいた過去もあり、その他フランスの「パリ・サンジェルマンFC」という強豪サッカークラブチームのスポンサーにもなっている事から、世界的にも知名度は高いです。

 

品質や技術面など優秀な製品を多く販売しているATR RADIALは、タイヤの種類もスポーツタイプだけではなく、静粛性や衝撃吸収性能などに優れたコンフォートタイプのタイヤも充実しているので、幅広い用途でタイヤを選ぶことができます

降雨時でもグリップ力が良い「ベルギー製のMINERVA」

ベルギーのタイヤメーカー「MINERVA(ミネルバ)」。もともとミネルバは1902年~1938年まで高級車を製造していたメーカーですが、コンチネンタル社の提供により1992年にタイヤブランド「ミネルバタイヤ」として誕生しました。

 

現在は世界52ヵ国以上でタイヤを流通させており年間300万本の販売実績もあるなど、グローバルで有名なタイヤメーカーとしても知られています。価格も安く、実際に日本で使用されている方の口コミも上々なので、輸入タイヤとしてもおすすめできるメーカーです。

タイヤ寿命が長くコストパフォーマンスが高い「中国製のZEETEX」

「ZEETEX(ジーテックス)」は、ドバイを本拠地に置く大手タイヤディーラー「ZAFCO」のプライベートブランドです。本拠地はドバイですが、製造は主に中国そしてインドネシアが行っています。

 

生産開始は2005年と比較的歴史の浅いメーカーですが、現在では世界85ヵ国以上に流通しており、種類も600種類以上と豊富なラインナップも魅力の1つです。

 

タイヤの品質面では、ロングライフで走行音も静かなど実際に使用している方の口コミの評判も上々です。モータージャーナリストの走行レビューでは、雨でウェットな路面でもしっかりと走ってくれるとの評価もあります。

環境に配慮し満足度が高い「シンガポール製のRadar」

「Radar(レーダー)」は、シンガポールのメーカーですが、製造はインドネシアや中国、タイなどを中心に行われています。環境に配慮されたタイヤの製造に力を入れており、タイヤ製造時にPAH(多環芳香族炭化水素)が含まれていないオイルを原材料として使用しているのが特徴です。

 

現在は世界で90ヵ国以上の国でタイヤを流通させているほか、LPGA認定プロゴルファーをレーダータイヤのブランドアンバサダーとして迎え入れるなど、グローバルなメーカーとしても知られています

 

タイヤは主にコンフォートタイプを中心に、スタンダードタイプ、商用車、SUVに加えオフロードタイプなど幅広いラインナップです。

ハイパフォーマンスで信頼性抜群「アメリカ製のHIFLY」

アメリカを所在国としているユニコーンタイヤ社のタイヤブランド「HIFLY(ハイフライ)」。製造は主に中国が行っており、日本だけだけではなく北米やヨーロッパなど、世界中にタイヤを販売しています。

 

商品のラインナップは、ハイパフォーマンスタイヤやコンフォートタイプの他にオフロード、商用車、オールシーズンタイヤ、そしてスタッドレスタイヤなど幅広い種類があり、国産と比べて価格が低い事も魅力です。

快適性も兼ね揃えたスポーツ走行タイヤ「台湾製のKENDA」

台湾のタイヤメーカー「KENDA(ケンダ)」。製造は主に台湾をはじめ、ベトナム、中国が行っています。日本を含むアジアはもちろん北米や中南米、ヨーロッパ、さらに中東、アフリカなどさまざまな国にタイヤ販売しており、現在では150ヵ国以上に流通させているメーカーです。

 

商品のラインナップも豊富で、スポーツタイプからコンフォート、SUVなどさまざまなタイヤがあり、そして自転車用のタイヤメーカーとしても有名です。そのためスポンサーもTORCというトラックレースの他に、自転車のロードレースチームもあります。

車やバイクなど様々な用途で選ぶなら「イギリス発祥のダンロップ(Dunlop)」

イギリス発祥のダンロップ(Dunlop)はグッドイヤーから、日系自動車メーカー向け製品とバイク用製品に対する商標使用権を認められているメーカーです。

 

車だけではなくバイク用のタイヤもあり、価格・用途・車種など色々な面で自分に合ったタイヤを探すことができるでしょう。

高品質で信頼性が高いものなら「メーカー純正採用ブランド」を

メーカーが新車の純正タイヤに指定するブランドは品質や耐久性で信頼性が高くないと選ばれません、そのため純正採用ブランドはメーカーの高い要求水準をクリアしてきたものと言えます。

 

アジアンタイヤで純正タイヤに採用されているタイヤブランドとしては韓国製ではKUMHO、Hankook、NEXEN(VW、ポルシェ、BMW、ルノー)など、台湾製ではマキシス、CST(BMW、メルセデスベンツ)などのブランドがあります。

目的で選ぶ

輸入タイヤにもさまざまなタイプのタイヤがあり「走行性能重視」なのか、もしくは「乗り心地重視」なのかなど、自分の目的にあったタイプのタイヤを選ぶことも大切です。

スポーツ重視なら「スポーツタイプ」

しっかりとしたグリップ性能でキビキビ車を走らせたい方は、スポーツタイプのタイヤをおすすめです。とは言え、国産のスポーツタイプのタイヤと比べるとやはり見劣りする部分はあります。

 

しかし年々品質も向上してきており、価格以上の性能を発揮してくれるとして人気もあります。走行性能だけではなくトレッドパターンのかっこよさから、スポーツタイプの車だけではなく軽自動車やワゴン車などのドレスアップとしてもおすすめです。

乗り心地重視なら「コンフォートタイプ」や「スタンダードタイプ」

走行時の乗り心地を快適にしたい方はスタンダードタイプ、またはコンフォートタイプのタイヤをおすすめします。スポーツタイプのように走行性能にこだわりが無ければ、こちらのタイプを選んでおくと良いです。

 

これらのタイプは、主に走行時のロードノイズの減少や振動の軽減、ロングライフ、燃費の向上など走行時の快適さや、経済的な負担の軽減といった面で優れています。

突然の雪にも慌てない!安心して乗るなら「オールシーズンタイヤ」

あまり雪が降らない地域にお住まいの方でも、最近の気候変動で急に雪に見舞われて困ってしまうなんてこともあるでしょう。オールシーズンタイヤなら、降雪時の道路でも安心して走行することができます。

 

しかし道路が凍結しまっている場合などは、オールシーズンタイヤではなくスタッドレスタイヤを選びましょう。

雪道で使うなら「スタッドレス」がおすすめ

輸入タイヤは通常のタイヤのみならず、雪道などで活用できるスタッドレスタイヤも販売されています。一般的な国産のスタッドレスタイヤであれば、一本あたり10,000円程度ですが、輸入スタッドレスタイヤであれば7,000円程度で購入できるのでかなりお財布に優しいです。

 

価格が安いと突然壊れたりしないかと不安になる方がいると思いますが、実際に使用した方からは「以前まで履いていた国産のタイヤとなんら変わりない。」「国産と比較して全く劣りがない。」など、特に問題なく使用できる上、価格も抑えられて良かったとの声があるようです。

車種で選ぶ

車種によって輸入タイヤを選ぶことも可能です。もし、現時点では車を所持していなくても、「もしあの車を購入したら?」と考えることもできます。

「プリウス」は走行性能を重視

低燃費が代名詞のプリウスですが、走行性能も高いのが特徴です。振動やふらつきが軽減された快適な乗り心地を保つことのできる輸入タイヤを選びましょう。

「アルファード」などの「ミニバン」なら輸入ミニバンタイヤ

ミニバンには専用タイヤがあります。ミニバンの専用タイヤは、ミニバンの特徴を活かして、なおかつ弱点を補うように設計されたタイヤのことです。ミニバンは室内空間を広くするために背が高く設計されていて重量があるため、一般的なタイヤでは偏摩擦を起こします。

クロスオーバーSUV「ハリアー」

クロスオーバーSUV車でも人気の高いトヨタのハリアー、SUV車には3種類の専用タイヤがあります。それぞれオンロード、オフロード、オールラウンド(オン、オフ両方対応)の3つで、重心が高い特徴があるSUV車を安定させる設計がされています。

 

オンロードは市街、オフロードは市内で走行することが多い方向けで、両方使用するならオールラウンドタイヤを選ぶと良いです。

輸入タイヤの人気おすすめラインキング10選

10位

Radar

Rivera Pro 2

価格: 3,070円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静粛性に優れたアジアンタイヤ

Radarの「Rivera Pro 2」。コンフォートタイプであるこのタイヤは、低価格な輸入タイヤながら、静粛性、快適性などもよく、良質な乗り心地を実現しています。

 

 

「コスパが良い」「思ったよりも走行音が静か」といった口コミもあり、使用者の満足度は高いようです。ちなみにRadarは環境に配慮しているタイヤメーカーとしても知られています。

タイヤタイプ コンフォートタイプ メーカー所在国 シンガポール
タイヤサイズ 165/60R14 79H XL

口コミを紹介

安い!ロードノイズもそんなに気になりません また買います!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

MINERVA

F205

価格: 4,900円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスの取れた乗り心地と走行性能を持つ中国製タイヤ

MINERVAの「F205」。メーカー所在国はベルギーで、過去には高級自動車を製造してたメーカーです。このF205シリーズのタイヤは、スポーツコンフォートという位置づけがされています。

 

 

「ソフトな乗り心地」「ウェットでもグリップ良し」といった口コミもあるように、静粛性やグリップ力でバランスの取れたタイヤと言えます。この商品のタイヤサイズは17インチなので、セダンやミニバンなどに最適です。

タイヤタイプ スポーツコンフォート メーカー所在国 ベルギー
タイヤサイズ F205 205/50R17 93W XL

口コミを紹介

タイヤ音も気にならない程です。パターンも気に入りました。
リムが深くホーイールを守ります。グリップも悪くないですよ。
ただただ..ハードな運転には向かないのと、溝のヘリが早いかもね。
そのぶん雨の日には強い感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

NANKANG

NS-2

価格: 3,390円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツ走行を楽しみたい方に

NANKANGの「NS-2」。台湾のタイヤメーカーで、輸入タイヤの中でもかなり知っている方は多いのではないでしょうか。このNS-2はグリップ性能や運動性能ともに優秀な性能を発揮し、スポーツ走行を楽しみたい方におすすめです。

 

スポーツ走行をしない方にもドレスアップ目的として装着をおすすめします。国産スポーツタイプのタイヤは高額になりがちですが、気軽に楽しめる低価格なこちらの輸入タイヤを一度チェックしてみてください。

タイヤタイプ スポーツタイプ メーカー所在国 台湾
タイヤサイズ 155/55R14 73V XL

口コミを紹介

アジアンタイヤの発展は目覚しく、この価格でこのグリップは文句が出ない。ロードノイズもしょうがないが、この価格帯ならばこの寿命でも納得か。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

HANKOOK

veNtus V12 evo2

価格: 10,230円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼性のあるスポーティーなタイヤ

Hankookの「veNtus V12 evo2」。韓国でシェア率1位のHankookから発売されているこのタイヤは、主にスポーツ走行を楽しみたい方向けのタイヤです。19インチのタイヤサイズでありながら価格は1万円を切っているため、コストパフォーマンスにも優れています。

 

世界中でも有名なタイヤメーカーなので信頼性も高く、実際に使用した方も「静粛性が良い」といった口コミもあります。キビキビとした走りを体感したい方にはおすすめのタイヤです。

タイヤタイプ スポーツタイプ メーカー所在国 韓国
タイヤサイズ 225/45R19 96Y

口コミを紹介

他の人のレビューを参考に購入しました。感じかたは、人それぞれなので、あまり期待は、しませんでしたが、中々の物でした。コスパからするとかなりのオススメ レベルです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

HIFLY

HF805

価格: 4,790円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパフォーマンスでバランスの良いタイヤ

HIFLYの「HF805」。日本ではあまり聞き馴染みのないメーカーかもしれませんが、アメリカ、欧州の規格に合格している品質面で信頼性のあるタイヤメーカーです。その中でもHF805はハイパフォーマンスなタイヤで静粛性、そして走行安定性どれもバランスの取れたタイヤです。

 

センターにある4本の溝と小さなトレッドがウェットな路面の排水性を高め、雨天のでも心強く走行する事ができるため「走行性能は国産とあまり変わらない」「コーナーも安定して走る」といった口コミがあります。

タイヤタイプ コンフォートタイプ メーカー所在国 アメリカ
タイヤサイズ 215/45R17 91W XL

口コミを紹介

当方30後期プリウスに履かせました
街乗り&高速走行時の安定性は国産タイヤと変わらないです
ただ、ロードノイズが少しうるさいかなっていうレベルだけで普通に乗る分には申し訳ないくらい良いタイヤです

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

NANKANG

AS-1

価格: 3,490円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適性能を重視したコンフォートタイプのタイヤ

NANKANGの「AS-1」。8位で紹介したタイヤメーカーと同じですが、こちらはコンフォートタイプのタイヤです。スポーツ走行というよりは街乗りでの快適さを重視したタイプのタイヤで、静粛性や快適性だけではなく、燃費性能の向上や耐久性も考えられています。

 

しかし、グリップ性能も高い事からスポーティでキビキビとした走りにも対応できる万能なタイヤでもあります。扁平率が55で14インチなので、軽自動車のインチアップにも最適です。もちろんタイヤサイズによってはコンパクトカーやセダンなどにも対応できます。

タイヤタイプ コンフォートタイプ メーカー所在国 台湾
タイヤサイズ 165/55R14 72V

口コミを紹介

10年前ぐらいから使用していますが、今まで何の不具合もありません。ロードノイズも気にならないし雨の日でもしっかりグリップしてくれてると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ATR RADIAL

ATR SPORT

価格: 5,260円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスペックなスポーツタイヤが欲しい方におすすめ

ATR RADIALの「ATR SPORT」。日本ではドリフト選手権(D1グランプリ)などのスポンサーを務めるなど、スポーツ走行ファンの方に人気のタイヤメーカー。その中でもATR SPORTは、スポーツ走行、ドリフト走行などを楽しみたい方にはおすすめのタイヤです。

 

スポーツタイプとしては安価で、スポーツ走行において十分な力を発揮することから、コストパフォーマンスにも優れたタイヤと言えます。さらにハイスペックなタイヤが欲しい方は「ATR SPORT2」という、ワンランク上のシリーズを検討することもおすすめです。

タイヤタイプ スポーツタイプ メーカー所在国 インドネシア
タイヤサイズ 215/45R17 91W XL

口コミを紹介

前回の車検時にBSから、初めて安価なタイヤを履きました。安価=良くない と、先入観がありましたが、グリップも、タイヤの減り具合も 問題なく普通に良いタイヤです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Kenda

KR20 KAISER

価格: 6,100円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツ走行だけではなく快適性も兼ね備えたタイヤ

Kendaの「KR20 KAISER」。NANKANGと同じ台湾のタイヤメーカ―ですが、こちらは車のタイヤのみならず、バイクや自転車まで幅広く展開しています。その中でもこのタイヤは主にスポーツ走行を楽しみたい方向けのタイヤで、ドリフト用のタイヤとしても人気です。

 

スポーツタイプのタイヤですが、ロードノイズも軽減されており街乗りの快適性も考えられています。よりスポーツ走行を楽しみたい方には「KR20A KAISER」という上位モデルもあるので、そちらも選択肢に入れてもいいでしょう。

タイヤタイプ スポーツタイプ メーカー所在国 台湾
タイヤサイズ 215/45R17 91H

国産のタイヤとほとんどなんら変わりはなく、
大変満足しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ZEETEX

ZT1000

価格: 3,600円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングライフな上に安い!そして快適な性能

ZEETEXの「ZT1000」。ZEETEXはドバイが拠点のタイヤブランドで、歴史は浅いですが安価で高性能なタイヤを販売しているとして人気です。高速走行時やコーナリング時の安定性、そして雨天のブレーキ性能なども考慮されており、快適な乗り心地を実現しています。

 

さらにタイヤ寿命も向上しているので、コストパフォーマンスに大変優れそして価格も安いのが嬉しい輸入タイヤです。「乗り心地は悪くない」「タイヤの減りがあまり感じられない」といった口コミもあります。

タイヤタイプ スタンダードタイプ メーカー所在国 ドバイ
タイヤサイズ 195/65R15 91V

口コミを紹介

海外の聞いたことも無いブランド、そして価格の安さで「大丈夫かな」と不安でしたが、実際装着して走ってみると別に普通のタイヤ。これだけ安いなら今後ずっとこれでもいいくらい。特に走りにこだわる方で無ければお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ATR RADIAL

Economist ATR-K

価格: 2,890円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

激安輸入タイヤで最高クラスのコストパフォーマンス

ATR RADIALの「Economist ATR-K」。4位で紹介したタイヤと同じメーカーの商品で、こちらはスタンダードタイプの商品です。激安なうえに耐久性にも優れており、その上燃費性能もよいため、輸入タイヤとしてのコストパフォーマンスは最高クラスと言えます。

 

コンフォートタイプの位置付けではありませんが、乗り心地に支障があるわけではなく、普段の街乗り程度の走行であれば特に問題なく快適に走る事ができます。走りにこだわりがなく、節約重視の方におすすめのタイヤです。

タイヤタイプ スタンダードタイプ メーカー所在国 インドネシア
タイヤサイズ 155/65R14 75H

口コミを紹介

タントに使用しています。購入して1年以上経ちますが、室内への音、走り心地など全く国内のメーカーに劣っていません。雨降りの路面でも水捌けが良いいです。4本で1万円以下で購入でき満足出来ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

輸入タイヤの人気おすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイヤタイプ メーカー所在国 タイヤサイズ
1
アイテムID:9162428の画像
Economist ATR-K

楽天で詳細を見る

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

激安輸入タイヤで最高クラスのコストパフォーマンス

スタンダードタイプ インドネシア 155/65R14 75H
2
アイテムID:9162425の画像
ZT1000

楽天で詳細を見る

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ロングライフな上に安い!そして快適な性能

スタンダードタイプ ドバイ 195/65R15 91V
3
アイテムID:9162423の画像
KR20 KAISER

楽天で詳細を見る

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スポーツ走行だけではなく快適性も兼ね備えたタイヤ

スポーツタイプ 台湾 215/45R17 91H
4
アイテムID:9162420の画像
ATR SPORT

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ハイスペックなスポーツタイヤが欲しい方におすすめ

スポーツタイプ インドネシア 215/45R17 91W XL
5
アイテムID:9162417の画像
AS-1

楽天で詳細を見る

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

快適性能を重視したコンフォートタイプのタイヤ

コンフォートタイプ 台湾 165/55R14 72V
6
アイテムID:9162414の画像
HF805

楽天で詳細を見る

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ハイパフォーマンスでバランスの良いタイヤ

コンフォートタイプ アメリカ 215/45R17 91W XL
7
アイテムID:9162411の画像
veNtus V12 evo2

楽天で詳細を見る

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

信頼性のあるスポーティーなタイヤ

スポーツタイプ 韓国 225/45R19 96Y
8
アイテムID:9162408の画像
NS-2

楽天で詳細を見る

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スポーツ走行を楽しみたい方に

スポーツタイプ 台湾 155/55R14 73V XL
9
アイテムID:9162405の画像
F205

楽天で詳細を見る

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

バランスの取れた乗り心地と走行性能を持つ中国製タイヤ

スポーツコンフォート ベルギー F205 205/50R17 93W XL
10
アイテムID:9162402の画像
Rivera Pro 2

楽天で詳細を見る

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

静粛性に優れたアジアンタイヤ

コンフォートタイプ シンガポール 165/60R14 79H XL

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

輸入タイヤの特徴

輸入タイヤは格安で購入できるため徐々に人気を高めていますが、まだまだ輸入タイヤの特徴が知られていないということもあり国産のタイヤに比べると人気は劣ります。では、輸入タイヤの特徴についてみていきましょう。

ブリヂストンなど国産に比べて激安で評判が良い

輸入タイヤのメリットとしては何と言ってもコスパが良いこと。評判の良い海外産のタイヤは人件費がかなり抑えられており、国産のタイヤを比べると激安価格にできます。

 

また、ブリヂストンをはじめとした国内のタイヤは技術力が高く新技術を次々と開発しているため、コストが高くなっているのです。

 

輸入タイヤは、一般的な機能性は備えていますが、プラスαの機能はついていないので、コストが抑えられています。

輸入タイヤの静粛性

海外では日本のように舗装された道路が少ない地域も多く、静粛性よりもパンクしにくいタイヤの開発に力を入れていました。しかし、近年輸入タイヤでも静粛性の高いタイヤが増えてきています。

 

NANKANGなどのメーカーのタイヤでは以前のモデルよりも静粛性の向上を謳っており、さらに静粛性を高めたプレミアムコンフォートタイヤも販売されています。

海外製は大丈夫?事故防止のために買ってはいけない輸入タイヤ

事故防止のために買ってはいけないタイヤがあります。ただし海外製のタイヤでも日本と気候が似ている国のタイヤを選べば大丈夫です。

 

タイヤはその国の土地や気候条件に合わせて作られるものが多く熱帯気候で販売されているタイヤは、気候に合わせて固くする必要があるので、日本で使用するとスリップしやすくなります。同じように、日本のタイヤを海外で使用すると機能が発揮できない場合もあるようです。

タイヤ交換のタイミングは?アジアンタイヤなどの寿命

海外のタイヤを購入する際は、性能のみならず寿命も気になりますが、ここでは一般的なタイヤ交換のタイミングと、輸入タイヤの寿命を紹介します。

一般的なタイヤ交換の目安

タイヤは走行距離に応じて溝がすり減ってきます。溝の凹凸がなくなるとスリップなどの恐れがあるので交換をしてください。また溝の凹凸が十分に残っていたとしても古いタイヤだとホイールを歪めてしまう、その他事故の危険などもあるため5年を目安にタイヤを交換しましょう。

アジアンタイヤの寿命は?

国産のタイヤよりも価格が抑えられている分「寿命が短いのではないか」など不安になる部分もありますよね。こちらも走行距離によりますが、アジアンタイヤと言っても一概に寿命が短い訳ではありません

 

価格の安いアジアンタイヤを購入する際は、価格だけでなく今回紹介したような信頼できるメーカーのタイヤを選ぶのがおすすめです。

タイヤ関連商品をご紹介

最後に輸入タイヤと一緒に使うと便利なタイヤ関連商品をご紹介します。ぜひ、一緒に使って輸入タイヤの持ちや性能をなるべく長く維持させましょう。

タイヤラック

降雪地帯に住まれている方はスタッドレスタイヤ、一般の方は予備用のタイヤの保管にお困りではないでしょうか?タイヤは、倉庫のスペースに置いているだけという方もいるでしょう。

 

タイヤラックを使えば、保管しているタイヤを立てて綺麗に保管することができるので、無駄なスペースを取る必要がありません。また、タイヤラックにタイヤを保管しておけば、タイヤを取り出すときにも苦労することなく簡単に取り出すことが可能です。

トルクレンチ

トルクレンチは車のタイヤを交換するときにボルトを締めるときに使うので、車を所有している方は必須のアイテムです。トルクレンチにはシグナル式と直読式があり、直読式の中には便利なデジタル型があります。

 

デジタル型は液晶画面に今どれくらいのトルクがかかっているのかを表すトルク値をデジタルで表示するタイプです。このデジタル型は数値をみながら作業することができるため、直観的に使用することができます。そのため、トルクレンチを初めて購入する方でも使いやすいのでおすすめです。

屋外物置

屋外物置があれば、部屋に置くと邪魔になりがちな車の予備タイヤなどを屋外に保管できるので、部屋のスペースを有効活用することができます。

 

物置によって素材が様々まで、耐久性のある金属製や良い雰囲気を醸し出してくれる木製、耐熱性に富んだポリプロピレンなどがあるので、ご家庭の雰囲気に合うものを選ぶと良いでしょう。

タイヤワックス

車本体の点検や整備は行う方が多いですが、タイヤのメンテナンスはなかなかやらないという方も多いでしょう。しかしタイヤは定期的に整備をしておかないとバーストやパンクに繋がってしまうので、日頃からの整備が重要になります。

 

タイヤの整備に大いに活用できるのがタイヤワックスで、タイヤワックスを使うとタイヤの劣化を抑えながら新品のようなツヤを復活させることができる優秀なアイテムです。

タイヤの空気圧チェックにエアゲージ

タイヤの空気圧は高すぎても低すぎてもタイヤの寿命を縮めます。自然とタイヤの空気も減っていくため自分で定期的にチェックをして、空気圧の調整もできるタイプなどを揃えておくと便利です。

関連記事はこちら

今回は輸入タイヤについてご紹介しましたが、下記ではタイヤに関する記事を紹介していますので、合わせてご覧ください。

まとめ

今回はおすすめの輸入タイヤをランキング形式に10選ご紹介していきました。低価格な事がメリットとして取り上げられる傾向にありますが、性能面でも普通に使用する分には特に問題はありません。今回の記事を輸入タイヤ選びの参考として頂けたら幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年02月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング13選

【2022年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング13選

カー用品
B型ベビーカーのおすすめ人気ランキング15選【セカンドベビーカーにも】

B型ベビーカーのおすすめ人気ランキング15選【セカンドベビーカーにも】

ベビーカー
タイヤワックスの人気おすすめランキング15選【水性タイヤスプレーも紹介!】

タイヤワックスの人気おすすめランキング15選【水性タイヤスプレーも紹介!】

カー用品
電動空気入れの人気おすすめランキング15選【自転車やプール用品に!】

電動空気入れの人気おすすめランキング15選【自転車やプール用品に!】

自転車
ウェッジの人気おすすめランキング25選【サンドウェッジやアプローチウェッジなど初心者向けも紹介】

ウェッジの人気おすすめランキング25選【サンドウェッジやアプローチウェッジなど初心者向けも紹介】

ゴルフ用品
ハンコンのおすすめ人気ランキング15選【PS5・PS4対応の安いモデルも】

ハンコンのおすすめ人気ランキング15選【PS5・PS4対応の安いモデルも】

ゲーム周辺機器