ミニバンタヤの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID5837のサムネイル画像

タイヤには、実は色々な特徴があります。特に、最近人気のミニバンは、ミニバンタイヤのラインナップも豊富なため、選び方も気を付けなければなりません。そこで今回は、おすすめなミニバンタイヤをランキング形式でご紹介します。ぜひランキングを参考に選んでみて下さい。

安全性や乗り心地はミニバンタイヤで決まる!

ファミリーカーとして人気のミニバン。今やミニバンは、普通車のみならず軽自動車タイプのミニバンまで販売されています。もしあなたが、安全性をさらに高めたいとお思いであれば、ミニバンタイヤの選び方にも注目してみましょう。

 

最近は、安定した操縦性や乗り心地、燃費や静かさに特化したミニバンタイヤも数多く販売されています。そんなミニバンタイヤですが、実はメーカーやブランドによって、色々なサイズ、色々な特徴が存在します。

 

今回は、おすすめなミニバンタイヤをランキング形式でご紹介すると同時に、ミニバンタイヤを選ぶ際に重視したいポイントについてご紹介します。ミニバンタイヤを含め、タイヤ自体いまいちよくわからないという人も、特徴を参考にしながら選べるようになってみましょう!

ミニバンタイヤのおすすめランキング15選

15位

BRIDGESTONE

POTENZA (ポテンザ) Adrenalin RE003

価格:19,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーティーなドライブが楽しめる

ふらつきを軽減した安定性が魅力のミニバンタイヤです。車高が高いことで起きる、ミニバン特有のふらつき感を軽減してくれます。さらに、不安定になりやすいカーブなどのコーナリングでの走行の安定性も高めたスポーティーな走りが体感できます。そのため、スポーツタイプのミニバンユーザーにおすすめです。

 

ちなみにこちらは、溝の部分に排水性の高いバルスグループを採用していることで、濡れた路面でもグリップ力を発揮してくれます。剛性の高い最適化された構造になっていることで、操作性と摩耗への耐性も向上してあるのが特徴です。

 

タイヤサイズ(リム径)14~20インチ扁平率35~55%
転がり抵抗係数cウェットグリップ性能b

口コミを紹介

このクラスのタイヤとしては剛性高いと思います。
グリップ自体は並ですが、剛性が有るためグリップを使いきるのが容易になっていると感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

DUNLOP

LE MANS V(ルマン5)

価格:15,310円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乗り心地をさらに追及

ノイズや衝撃に関わる、乗り心地や静粛性がさらにパワーアップされたミニバンタイヤです。こちらも、スポーツタイプのミニバンユーザーおすすめなミニバンタイヤです。独自のSHINOBIテクノロジーを搭載し、運転中の路面の突起乗り越えによる衝撃を和らげてくれます。

 

さらに注目は、特殊吸音スポンジであるサイレントコア搭載によるノイズ低減機能です。前モデルであるLE MAN 4に比べ驚くほどノイズが低減されています。ちなみに、前モデルに比べ耐偏摩耗性能も向上しているため、タイヤの減りにも強いのがメリットです。

タイヤサイズ(リム径)14~20インチ転がり抵抗係数AA
扁平率35~70%ウェットグリップ性能b

とても静かで、装着して走行した時に感動しました。買ったよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

MICHELIN

プライマシー4

価格:18,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨の日の不安がなくなる

雨の日に安心な高いウェットグリップ性能を誇るミニバンタイヤです。路面のスリップが怖い方におすすめなミニバンタイヤで、前モデルよりも溝体積を向上させることにより、雨水などの排水性を高めてあります。

 

また、新配合コンパウンド素材により高いウェット性能を誇りつつも、エコ要素もしっかり兼ね備えてあるのが特徴です。さらにこちらのミニバンタイヤは、前モデルに搭載されていたノイズ低減機能に加え、サイレント・リブテクノロジーも新たに搭載することで、静粛性にさらなる期待が持てるミニバンタイヤとなっています。

タイヤサイズ(リム径)15~19インチ転がり抵抗係数AA
扁平率40~65%ウェットグリップ性能a・b

乗り心地は前のタイヤ(トランザ)より少し改善、走行音はかなり静かになった。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

DUNLOP

VEURO VE303

価格:18,275円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い安定性を実感

ミニバン特有のふらつきを抑えた、安定したドライブが楽しめるミニバンタイヤです。不安定な挙動が制御されることにより、ハンドリング性能の向上、さらにはドライバーの運転動作の疲れを軽減してくれます。通勤など、普段の走行移動距離が長い方にもおすすめです。

 

また、特殊吸音スポンジ、サイレントコアの搭載により、ノイズを低減した静かなドライブが体感できます。ウェット性能も高いため、乾湿関係なく最適なドライブが可能です。ちなみに、剛性のある構造を取り入れているため摩耗への耐性も期待でき、エコ面でも注目ができます。

タイヤサイズ(リム径)15~20インチ転がり抵抗係数A
扁平率30~55%ウェットグリップ性能b
11位

BRIDGESTONE

Playz PX-RV

価格:14,920円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミニバンの快適を一番に考えて作られている

ミニバン特有の悩みを解決するべく生まれたミニバンタイヤです。スラロームなどのカーブに対するハンドルの操舵量を軽減することで、ドライバーにとって快適なハンドリングを実現してくれます。

 

さらに、タイヤの接地面には高剛性ショルダーブロックを配置することで、タイヤが変形しづらく、よりふらつきの少ない運転と、摩耗への高い耐性を可能にしています。ミニバン専用タイヤなので、タイヤ選び初心者にもおすすめなミニバンタイヤです。

タイヤサイズ(リム径)14~20インチ転がり抵抗係数A
扁平率35~70%ウェットグリップ性能b

履き替えてさっそく雨の東北自動車道や山岳道をはしりました。以前履いていたタイヤが4年目だったこともあり、雨のグリップが全然違います。停まります。現時点では満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

TOYO

TRANPATH LUK

価格:6,918円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽自動車タイプのミニバン向け

軽ミニバンを意識して作られているミニバンタイヤです。そのため、軽自動車のミニバンユーザーにおすすめです。小回りが得意な軽ミニバンの難点である、偏摩耗への耐性が強化されているのが特徴です。高剛性のある構造をタイヤに盛り込むことにより、タイヤの片減りを低減してくれます。

 

さらに、2本のサイレントウォールと呼ばれる深い溝が、パターンノイズを低減し、ドライブ中の気になる音の問題にも対処してくれます。最近主流のハイカータイプの軽ミニバンにも対応しており、重心が高くてもしなやかな走りを体感できます。

タイヤサイズ(リム径)13~16インチ転がり抵抗係数A
扁平率50~80%ウェットグリップ性能C

以前はBSばかりでしたが評判がとても良いトランパスを購入、走りが良くて驚いた!静かで振動も無い。コーナーもストレスなく快適!超有名メーカーや値段ではない事がわかりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

GOODYEAR

EAGLE RV-F

価格:13,825円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

走りに安定を生み出す

ミニバンの重心の高さによる不安定性を軽減してくれるミニバンタイヤです。安定した走りと、快適な操作性が得意なミニバンタイヤで、ドライバーの快適な運転操作の向上にも役立ちます。

 

タイヤの素材にもこだわっており、摩耗につながる発熱抑制効果を持つ素材や、転がり抵抗を低くする素材を使っており、タイヤの減りの軽減や燃費向上にも成果を出してくれます。しっかりした走り心地を味わいたい方におすすめなミニバンタイヤです。

タイヤサイズ(リム径)14~20インチ転がり抵抗係数A・AA
扁平率35~70%ウェットグリップ性能b・c

EAGLE RVーFにしたらサイドウォールが効いているのか?締まった感じになり好評です。
柔らかい乗り心地が好みの方は、硬いという印象になるかもしれません。
フワフワは嫌だという方には、おススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

TOYO

TRANPATH Lu2

価格:11,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静粛性が実感できる

乗り心地に特化して作られたミニバンタイヤです。パターンノイズや高周波ロードノイズといった、様々なノイズを軽減する構造が取り入れられていることで、静粛性の向上を実現しています。さらに、タイヤ自体の振動を抑制する構造が、ふらつきを軽減してくれるため乗り心地を快適なものへと変えてくれます。

 

運転中の音や、衝撃を和らげたい人におすすめです。ちなみに、こちらのミニバンタイヤは、ナノバランステクノロジーという特殊な技術が搭載されており、転がり抵抗、ウェット制動、耐摩耗といった異なる機能性がそれぞれバランスよく向上しています。

タイヤサイズ(リム径)16~20インチ転がり抵抗係数A
扁平率35~65%ウェットグリップ性能b

ハイブリッド車で少しでも静かに乗りたいと思い同じメーカーのMPFからの履き替えで、思った以上にとても静かで驚きました

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

BRIDGESTONE

ECOPIA NH100RV

価格:15,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お財布事情にも優しい

低燃費を極めたエコ性能の高いミニバンタイヤです。転がり抵抗を低減することで、燃費の向上に役立っています。さらに、摩耗に強い高剛性構造で、摩耗によるタイヤの低寿命を抑制してくれます。

 

そのため、タイヤの出費を防ぎたい方にもおすすめです。さらにこちらのミニバンタイヤは、サイド部分にプロテクトを搭載することにより、タイヤの損傷を防ぎます。

タイヤの値上げを言われておりましたので購入しましたが良いタイヤでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

TOYO

TRANPATH ML

価格:9,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強アイテム

機能性の高さと、コスパの良さを兼ね備えたミニバンタイヤです。トランパスブランドではお馴染みのナノバランステクノロジーにより、摩耗に対する耐性と、低燃費の両方を確立することができています。

 

さらに、ふらつきを抑える構造で、カーブなどのコーナリングをスムーズにしてくれます。価格も安いため、コスパ重視の方にもおすすめなミニバンタイヤです。

タイヤサイズ(リム径)15~19インチ転がり抵抗係数AA
扁平率40~65%ウェットグリップ性能b・c

音も気にならない。安かったけどこれで十分。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

BRIDGESTONE

REGNO GRVII

価格:21,389円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランクの高い静粛性

静粛性の高さが特徴のミニバンタイヤです。後部座席にまで配慮されたノイズ低減機能により、どこに乗っても静かで落ち着いた空間が楽しめます。接地面の溝構造を共鳴音の消音効果の高い立体構造にすることにで、よりノイズの低いドライブを楽しめるようになっています。

 

さらに、こちらのミニバンタイヤは快適性にも重点を置いて作られており、外側と内側のそれぞれに、挙動を抑制するサイドチューニングやラウンドスロットを搭載しています。走り心地を上げたい方にも、おすすめなミニバンタイヤです。

タイヤサイズ(リム径)15~20インチ転がり抵抗係数A
扁平率35~65%ウェットグリップ性能b

GRVⅡに履き替えたら、荒れた路面でも音が静かでびっくりでした。又、乗り心地もしっとりとしていてふらつきも少なく、すごく満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

TOYO

TRANPATH MPZ

価格:9,440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパと機能性のバランスが良い

価格が安くても、バランスの良い機能性を持ったミニバンタイヤです。剛性向上に役立つスーパーハイターンアップ構造と、内側外側の異なる立体構造により、安定した走りとコーナリングの挙動の安定に役立ちます。

 

さらに、摩耗にも強いため、タイヤの片減りの抑制にもおすすめです。気になるノイズに関しては、タイヤの内部にサイレントウォールを搭載することにより、タイヤから伝わるノイズをしっかり吸収して抑えてくれます。ドライブ中の悩みをトータル的に解決したい方におすすめです。

タイヤサイズ(リム径)14~18インチ転がり抵抗係数A
扁平率45~70%ウェットグリップ性能b・c

値段が安いのでバランスやら走行中の雑音やら心配しましたが意外や意外全く問題なしです。高速走行時はとくに静かで皆さんにオススメしたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

DUNLOP

ENASAVE RV504

価格:12,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頼れるバランス型

ライフ性能、安定性、乗り心地、静粛性、ウェット性能、エコ要素のすべての要素をバランスよく満たすミニバンタイヤです。前アイテムからの機能性向上によって生まれたこちらのミニバンタイヤは、なかでも転がり抵抗係数をAAとしています。

 

低燃費を意識した改善により、エコ重視の方にもおすすめとなっています。またこちらは、溝の構造パターンを一新することにより、剛性のアップも図っています。そのため、摩耗への耐性もより高度になっている安定のアイテムです。

タイヤサイズ(リム径)15~19インチ転がり抵抗係数AA
扁平率40~70%ウェットグリップ性能b・c

滑らかさが気持ち良く、これからの燃費に期待です。クルマの特性もあると思いますが、ブルーアースの時はフロントがかなり偏べりしたので、これから様子見します。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DUNLOP

ENASAVE RV505

価格:14,475円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワーアップした機能性

先ほど紹介したRV504の新モデルのミニバンタイヤです。バランス型のRV504に対し、さらに機能性を高めてきた注目のアイテムです。ミニバン特有のふらつき感は前モデルよりも19%も向上、さらに、耐偏摩耗性に関しても50%以上も機能が上がっています。

 

また、快適性についてもパワーアップしており、静粛性もロードノイズとパターンノイズの両方で30%以上もの向上が期待できます。バランスよくミニバンタイヤの機能性を上げたいという方にもおすすめです。

当初504を検討してましたが505が販売となり購入し履き替えた所、以前よりふらつき感がなくなり車線変更が楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

YOKOHAMA

BluEarth RV-02

価格:16,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの人に選ばれる

圧倒的に支持率の高いミニバンタイヤです。その理由は、ぴたっと止まる制動性にあり、特に雨の日の走行には抜群の安定度を誇ります。ナノブレンドゴムを採用することで、ウェットグリップ性能の向上の他にも、低燃費性能摩耗に対する耐性もアップしています。

 

そのため、長寿命であるとの定評も多く、多くのミニバンユーザーから選ばれています。またこちらは、特徴の異なるノイズの周波数を分析し、ピッチバリエーションの配置をすることで、運転中は小さな声で会話できるほど静かな走りを体感できます。ミニバンの悩みを解決したいという方にも、おすすめなミニバンタイヤです。

タイヤサイズ(リム径)14~20インチ転がり抵抗係数A
扁平率35~55%ウェットグリップ性能a・b

走行距離が200kmを超え、ふらつき・高速安定性・静粛性・最近の集中豪雨での排水性 どれを取っても標準タイヤとは比べ物に成りません。今の所120点満点の評価を付けられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミニバンタイヤの選び方

ここまで紹介したミニバンタイヤを見てもらえれば判りますが、実はサイズや扁平率など、メーカー以外で選ぶべき要素があります。ここで、機能面からどういった要素を持つミニバンタイヤを選ぶべきかを紹介します。

安定性で選ぶ

ミニバンは、その形状から重心が高くバランスがとりづらい特徴を持ちます。そのため、カーブなどのスラロームや横からの風の煽りに弱いといったデメリットは、多少仕方がない要素です。安定性の確立を図りたい人は、ミニバンタイヤの剛性を確認してみるのが良いでしょう。

 

剛性とは変形に強いかどうかを表す言葉で、剛性の高いタイヤはカーブでもスムーズな走行が可能で、横からの風にも強くふらつきの低い運転ができます。剛性の向上は、各社独自のテクノロジーや使用素材、構造の工夫をチェックすることで判断しましょう。

静粛性や静音性で選ぶ

運転中、運転席から後部座席の人に声をかけても、話が聞こえてないということがありませんか?実はこれは運転中のノイズが車内に伝わることで、会話音が遮られているために起きます。

 

特に路面からのノイズは、様々なパターンが存在するため、車内にも伝わりやすいものです。これをいかに抑えているかによって、そのタイヤの静粛性や静音性が決まります。静音性や静粛性は、タイヤの構造に施される吸音構造や消音構造によって異なります。

 

たいていの場合が、ノイズを吸収する立体構造を採用していますが、さらに静粛性を上げたいのであれば、様々なノイズパターンに対応した構造を持つタイヤを選ぶのが良いでしょう。

摩耗に強いかどうかで選ぶ

消耗品であるミニバンタイヤは、買換えが必須なアイテムです。できることなら、長く愛用したいと思う人も多いはずです。そんな時は、摩耗への耐性をチェックしてみましょう。剛性の高いミニバンタイヤは、基本的には摩耗にも強くなっているためタイヤの剛性をチェックしてみるとよいでしょう。

 

ちなみに、軽ミニバンなどのように、小回りの利くミニバンは、タイヤの片減りもしやすいものです。こうした心配を軽減するためには、耐偏摩耗性にも注意して選びましょう。

 

燃焼性能(エコ重視)で選ぶ

エコタイヤは最近のミニバンタイヤでも主流です。判断材料の1つとして、転がり抵抗係数をチェックすることが良いでしょう。転がり抵抗係数とは、タイヤが走行することによって失われる熱量のことで、これを数値化して比較したのが転がり抵抗係数です。

 

転がり抵抗係数のランクが高ければ高いほど、燃費の向上に役立つと言われています。エコ面を重視したい人は、ランクもチェックしておきましょう。

制動性で選ぶ

ファミリカーとしてミニバンを使う人は安全面、特に制動性を重視したいことでしょう。なかでも、雨の日のような路面が濡れた状態はスリップもしやすいため特に慎重に選びたいものです。そんな、雨の日の制動性を表しているのが、ウェットグリップ性能です。

 

雨の日のグリップ性能、つまり制動性を示すランクで、ランクが高いほど制動距離も短くなります。ちなみに、タイヤはどうしても走っているうちに摩耗してくるものです。摩耗してもしっかり止まる、グリップ性の高いミニバンタイヤを選ぶことも大切です。

扁平率で選ぶ

扁平率とは、タイヤの高さを断面幅で割ってパーセント化した数値の事です。扁平率によってどのような違いがあるのかというと、走り心地や機能性に大きな影響を及ぼします。例えば、扁平率の低いミニバンタイヤは、所謂スポーティーな走りが体感できるため、レスポンスの高いハンドリング操作が楽しめます。

 

しかし一方で、タイヤの摩耗耐性はどうしても低くなる傾向にあります。反対に、扁平率の高いミニバンタイヤは操作性は低いですが、摩耗耐性が高い他、転がり抵抗係数のランクも高くなります。扁平率は、どんな走りがしたいのかによって選ぶとよいでしょう。

 

ミニバンタイヤのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5150123の画像

    YOKOHAMA

  • 2
    アイテムID:5150115の画像

    DUNLOP

  • 3
    アイテムID:5150102の画像

    DUNLOP

  • 4
    アイテムID:5150067の画像

    TOYO

  • 5
    アイテムID:5150049の画像

    BRIDGESTONE

  • 6
    アイテムID:5150019の画像

    TOYO

  • 7
    アイテムID:5149988の画像

    BRIDGESTONE

  • 8
    アイテムID:5149974の画像

    TOYO

  • 9
    アイテムID:5149969の画像

    GOODYEAR

  • 10
    アイテムID:5149966の画像

    TOYO

  • 11
    アイテムID:5149964の画像

    BRIDGESTONE

  • 12
    アイテムID:5149951の画像

    DUNLOP

  • 13
    アイテムID:5149944の画像

    MICHELIN

  • 14
    アイテムID:5149938の画像

    DUNLOP

  • 15
    アイテムID:5149927の画像

    BRIDGESTONE

  • 商品名
  • BluEarth RV-02
  • ENASAVE RV505
  • ENASAVE RV504
  • TRANPATH MPZ
  • REGNO GRVII
  • TRANPATH ML
  • ECOPIA NH100RV
  • TRANPATH Lu2
  • EAGLE RV-F
  • TRANPATH LUK
  • Playz PX-RV
  • VEURO VE303
  • プライマシー4
  • LE MANS V(ルマン5)
  • POTENZA (ポテンザ) Adrenalin RE003
  • 特徴
  • 多くの人に選ばれる
  • パワーアップした機能性
  • 頼れるバランス型
  • コスパと機能性のバランスが良い
  • ランクの高い静粛性
  • コスパ最強アイテム
  • お財布事情にも優しい
  • 静粛性が実感できる
  • 走りに安定を生み出す
  • 軽自動車タイプのミニバン向け
  • ミニバンの快適を一番に考えて作られている
  • 高い安定性を実感
  • 雨の日の不安がなくなる
  • 乗り心地をさらに追及
  • スポーティーなドライブが楽しめる
  • 価格
  • 16300円(税込)
  • 14475円(税込)
  • 12840円(税込)
  • 9440円(税込)
  • 21389円(税込)
  • 9900円(税込)
  • 15900円(税込)
  • 11040円(税込)
  • 13825円(税込)
  • 6918円(税込)
  • 14920円(税込)
  • 18275円(税込)
  • 18980円(税込)
  • 15310円(税込)
  • 19510円(税込)
  • タイヤサイズ(リム径)
  • 14~20インチ
  • 15~19インチ
  • 14~18インチ
  • 15~20インチ
  • 15~19インチ
  • 16~20インチ
  • 14~20インチ
  • 13~16インチ
  • 14~20インチ
  • 15~20インチ
  • 15~19インチ
  • 14~20インチ
  • 14~20インチ
  • 転がり抵抗係数
  • A
  • AA
  • A
  • A
  • AA
  • A
  • A・AA
  • A
  • A
  • A
  • AA
  • AA
  • c
  • 扁平率
  • 35~55%
  • 40~70%
  • 45~70%
  • 35~65%
  • 40~65%
  • 35~65%
  • 35~70%
  • 50~80%
  • 35~70%
  • 30~55%
  • 40~65%
  • 35~70%
  • 35~55%
  • ウェットグリップ性能
  • a・b
  • b・c
  • b・c
  • b
  • b・c
  • b
  • b・c
  • C
  • b
  • b
  • a・b
  • b
  • b

まとめ

なんとなくでミニバンタイヤを選んできた人は、これを機に個性豊かなミニバンタイヤの中から、自分が本当に欲しいものを選んでみてはいかがでしょうか。あなたの走りをサポートし、快適なドライブライフを作る手助けをしてくれるはずです。ぜひみなさんも、自分にぴったりな素敵なミニバンタイヤを探してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ