エコタイヤのおすすめ人気ランキング15選【低燃費タイヤも!】

エコタイヤは燃費を向上させ、CO2の排出を削減できるタイヤです。しかしデメリットもあるので、ウェットグリップ性能が重要になります。最近では、さまざまなメーカーから高性能なものが多く販売されています。そこで今回は、エコタイヤの選び方やおすすめランキングをご紹介します。

燃費を向上させ温室効果ガスを減らすエコタイヤ

車のタイヤを選ぶ際は低燃費で、環境に配慮したものにしたい人は多いでしょう。低燃費タイヤは、JATMA(日本自動車タイヤ協会)が定めた基準を満たした燃費の良いタイヤでエコタイヤとも呼ばれます。少ないエネルギーで運転できる環境に配慮したタイヤです。

 

しかし、運転時に転がりやすくすることで燃費を抑えているため、安全性は下がると思う人も多いでしょう。実はエコタイヤは雨の日のグリップ力も基準に入っているため、安全性にも配慮しています。

 

そこで今回はエコタイヤの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは転がり抵抗性能・ウェットグリップ性能、ホイールサイズ、タイヤ幅などを基準に作成しました。

エコタイヤの選び方

エコタイヤは数多くのメーカーから発売されており、チェックすべきポイントも多いです。エコタイヤを選ぶ基準をまとめました。

エコタイヤの基準となる性能で選ぶ

タイヤをエコタイヤとして販売するためには、日本自動車タイヤ協会(JATMA)が定めた2つの基準を満たす必要があります。2つの基準の内容について解説するので、エコタイヤを選ぶ参考にしてください。

最も重要な基準の「転がり抵抗性能」

低燃費タイヤという名称を使用する基準の1つが転がり抵抗性能です。車を運転する際に、タイヤと道路の間で摩擦が起こります。転がり抵抗性能は、タイヤが前に進むの妨げる摩擦抵抗を現したものです。

 

摩擦抵抗性能は「A」「AA」「AAA」の3種類があります。Aの数が増えるほどランクが高く、少ない力でもタイヤが長距離進むことが可能です。当然、運転するためのエネルギー消費が少なくなるので、低燃費で環境にやさしいためエコタイヤと呼ばれます。

 

転がり抵抗性能が「A」以上でウェットグリップ性能「d」以上と認められたものだけが、低燃費タイヤとして販売可能になります。転がり抵抗性能のランクが高いほど低燃費ですが、滑りやすいのです。その分、高いグリップ力を持ったものを選ぶべきです。

 

事故防止のために「ウェットグリップ性能」もチェックしよう!

転がり抵抗性能のランクが高いほど、エコタイヤは低燃費です。裏を返すと、その分止まりにくいタイヤということになります。ブレーキをかけた際に、しっかりと止まる制動性もエコタイヤの重要な要素です。

 

エコタイヤは転がり抵抗性能と制動性の両方が優れているのが理想です。低燃費タイヤとして販売するための基準であるウェットグリップ性能は、雨で濡れた道で止まる性能を現しています。

 

ウェットグリップ性能は「d」「c」「b」「a」のランクがあり、aが最も止まる力が強いです。しっかりブレーキが利くエコタイヤが欲しいなら、ランク「b」以上のものがおすすめです。

タイヤのスペックで選ぶ

エコタイヤは転がり抵抗性能とウェットグリップ性能以外の要素も重要です。エコタイヤを選ぶ際に重要なスペックについて解説します。

愛車に対応した「サイズ」を選ぼう!

タイヤは自動車に合ったサイズを選ぶ必要があり、それはエコタイヤであっても変わりません。新車の時に装着されていたタイヤと同じサイズのエコタイヤを装着することが大切です。

 

タイヤの側面には「205/55R17」のような表記がありますが、これがサイズを現しています。順番にタイヤ幅、偏平率、ホイールサイズになっています。特にホイールサイズがあっていないと不具合が起こりやすくなります。

 

エコタイヤも様々なサイズが販売されており、特定の車種専用のものも販売されています。きちんと自分の自動車に対応したサイズのエコタイヤを選びましょう。

「その他の機能」もしっかりとチェック!

エコタイヤは、燃費が抑えられるのが一番のメリットです。しかし、静音性や耐摩耗性など、低燃費とは無関係の性能に優れたものも多く販売されています。せっかく購入するのですから、低燃費性能以外の性能にも注目しましょう。

 

車種の欠点をカバーするようなエコタイヤも販売されています。必要な性能を持ったエコタイヤを選ぶことが大切です。

「予算」にあったものを選ぼう!

エコタイヤは装着することで燃費が良くなります。しかし、最新の技術が使われているため、通常のタイヤに比べると価格が高くなりやすいです。燃費が良くなってもエコタイヤ自体の価格が高いと、トータルの費用は高くつく可能性もあります。

 

エコタイヤに変更すると通常のタイヤに比べて、1~5%燃費が向上するといわれています。価格が高いほど高性能なエコタイヤになる傾向にありますが、価格に正比例して燃費が良くなるわけではありません。

 

走行距離や一般道と高速道路のどちらを走るのかによっても、エコタイヤの選択肢は変わってきます。初期費用やランニングコスト、運転スタイルなどを考慮して、自分に合ったエコタイヤを選びましょう。

メーカーで選ぶ

エコタイヤは国内メーカー、海外メーカーを問わず多彩な商品が販売されています。代表的なメーカーについて解説するので、エコタイヤを選ぶ参考にしてください。

海外でも高く評価されている「TOYO(トーヨー)」

TOYO(トーヨー)は兵庫県伊丹市に本社を持つ、タイヤや自動車部品のメーカーです。TOYO TIRES(トーヨータイヤ)のブランドで車種ごとの専用タイヤを多く販売しています。海外でも評価の高いタイヤブランドです。

 

対米向けのNITTOブランドも展開しており、現在は国内でも購入できます。エコタイヤに関してもかなり多種類のシリーズを販売しています。

ラインナップの豊富さで選ぶなら「YOKOHAMA(ヨコハマ)」

横浜タイヤは横浜ゴムのタイヤブランドで、日本国内では第3位のシェアを誇ります。タイヤに「YOKOHAMA」と印字されているのが特徴です。価格やタイヤのサイズが豊富なメーカーでもあります。

 

日本では低燃費タイヤにいち早く注目していたメーカーのため、低燃費タイヤのラインナップが豊富です。車種に合わせた専用のエコタイヤも多く販売しているので、自分の車に合ったエコタイヤを探しやすいといえます。

初心者におすすめの最大手「Bridgestone(ブリヂストン)」

Bridgestone(ブリヂストン)は、日本で創業した世界最大手のタイヤメーカーです。現在は、世界でもトップシェアを誇ります。元々は、日本足袋株式会社のタイヤ部門としてスタートしましたが、タイヤ以外でも幅広い事業を展開しています。

 

基本的な性能を高い水準で保ちながら、静音性に優れたエコタイヤを製造しています。最大手のメーカーということもあり、低燃費タイヤに関しても他企業をけん引する存在です。

 

高性能のものからコスパの良いエコタイヤまで揃っているので、初めてエコタイヤを選ぶ人にもおすすめのメーカーです。下記の記事では、ブリヂストンのタイヤについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

価格と性能のバランスがいい「DUNLOP(ダンロップ)」

ダンロップはイギリス発祥のタイヤのブランドで、日本では住友ゴム工業が生産・販売を行っています。燃費・耐久性・制動性・静音性など基本性能のバランスに優れたエコタイヤを生産しています。

 

低燃費タイヤは「ENASAVE」「VEURO」「LEMANS」などのシリーズを販売しています。それぞれ基本製のバランスを維持しながら、静音性や耐摩耗性、乗り心地に優れるなどの特徴を持っています。下記の記事では、ダンロップのスタッドレスタイヤについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

性能重視なら「Michelin(ミシュラン)」

Michelin(ミシュラン)はフランスのタイヤメーカーです。ミシュランガイドでも有名な企業ですが、元々はドライバー向けのガイドブックとして作られたものでした。2005年にブリヂストンに売り上げで追い抜かれましたが、現在でも世界2位に位置しています。

 

高性能で欠点がないといわれる高品質なタイヤを作るのが特徴で、エコタイヤに関しても高品質でバランスの良い製品を開発しています。バランスを重視しているため、転がり抵抗性能とウェットグリップ性能が最高ランクのエコタイヤが少ないです。

 

高品質のため価格が高いものが多いですが、その価格にふさわしいものを販売しています。高性能のエコタイヤが欲しい人におすすめです。

低予算で高性能なタイヤが欲しいなら「Pirelli(ピレリ)」

Pirelli(ピレリ)はイタリア創業のタイヤメーカーです。現在も本社はイタリアミラノにありますが、中国化工集団の傘下に入っています。モータースポーツでも有名なタイヤメーカーで、スポーツ仕様のタイヤに定評のあるメーカーです。

 

エコタイヤも高品質のものを製造しており、「A/b」以上のランクのエコタイヤが多いです。エコタイヤのバリエーションは多くありませんが、国産のものと比べてリーズナブルな価格で入手できます。

 

タイヤは、イタリア製、ドイツ製、スペイン製などがあり製品によって異なります。

 

モータースポーツで活躍していた「GOODYEAR(グッドイヤー)」

GOODYEAR(グッドイヤー)は世界3大タイヤメーカーの1つで、ゴムの会社としても世界最大手の1つです。社名は加硫ゴムの発明者であるチャールズ・グッドイヤーから名づけられています。モータースポーツに精力的にタイヤを供給していることでも有名なメーカーです。

 

F1では1998年に撤退するまでの間に、368勝という圧倒的な記録を作っています。エコタイヤは、モータースポーツ用のEAGLEブランドからも販売されています。

 

日本で販売されているグッドイヤーのタイヤは日本で生産されています。走行性や静音性に優れたエコタイヤを販売しているメーカーです。下記の記事では、グッドイヤーのスタッドレスタイヤについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

エコタイヤの人気おすすめランキング15選

トータルバランスに優れたエコタイヤ

横浜タイヤで人気のECOSシリーズのエコタイヤです。進化したトレッドパターンで、高速走行でも安心の安定した走行を実現しています。

 

耐摩耗性や静音性にも配慮しており、バランスの良い性能のエコタイヤに仕上がっています。国内メーカーのエコタイヤがリーズナブルな価格で欲しい人におすすめです。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 c
ホイールサイズ 14インチ タイヤ幅 155mm
偏平率 65% 1本当たりの価格 4500円

口コミを紹介

乗り心地もよく財布に優しいタイヤです。
免許を取得して10数年、何台も車を乗り換えてきましたが、1台目からずっとこのタイヤを購入しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

走行性の高さが魅力のエコタイヤ

カーレスで有名なPIRELLI (ピレリ)のエコタイヤです。スポーツ仕様のタイヤを多く生産しているメーカーのエコタイヤだけあって、軽快な走行が可能です。雨天でもしっかりブレーキが利くので安心して走れます。

 

幅広いユーザーに対応している点も魅力です。ピッチ配列が適正化されたトレッドデザインなので低騒音で走ることができます。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 b
ホイールサイズ 15インチ タイヤ幅 195mm
偏平率 65% 1本当たりの価格 5698円

口コミを紹介

雨でも発進時のスリップなくカーブの道路面の食いつきも良く振られることもないです。経年劣化で性能は落ちるでしょうけど、今は安価な値段を考えると良い選択をしたと喜んでいます

出典:https://www.amazon.co.jp

独自の技術で快適に運転できる

ダンロップ(DUNLOP)独自のSHINOBIテクノロジーや特殊吸音スポンジなどを使用したエコタイヤです。静音性と耐摩耗性に優れており、従来のルマン4に比べて快適さも増しています。

 

バランスに優れたエコタイヤですが、快適に運転できるので家族でのドライブなどにも向いています。

転がり抵抗性能 AA ウェットグリップ性能 b
ホイールサイズ 15インチ タイヤ幅 185mm
偏平率 60% 1本当たりの価格 8860円

口コミを紹介

音が静かというウリは間違いありません。たしかにノイズが少なくなりました。乗っているのがハイブリッドということもあって、モーターで走っているときはほぼタイヤノイズだけです。以前のタイヤよりは静かで快適になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

タイヤの構造で低燃費と高いウェットグリップ性能を実現

アドバンスドコンパウンドデザイン・アドバンスドパターンデザイン・アドバンスドプロファイルデザインの3つのコアテクノロジーを採用したエコタイヤです。発熱や不要なエネルギー消費を抑えることで、低燃費を実現しています。

 

また、排水性や接地性を高めることで、高いウェットグリップ性能を得ています。レビュでもコスパの優秀なエコタイヤとして高評価です。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 c
ホイールサイズ 16インチ タイヤ幅 205mm
偏平率 60% 1本当たりの価格 7129円

口コミを紹介

価格から見れば大満足の買い物になりました。
あとはどのぐらい耐久力があるかですね!
国産(メイドインジャパン)にこだわる方にはおススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

安全性が高く乗り心地が良い

日本のタイヤメーカーとして有名な横浜タイヤのエコタイヤです。ウェットグリップ性能が最高ランクであり、非常に高い制動性を持ちます。

 

安全性の高いエコタイヤが欲しい人におすすめです。雨の中での走行はもちろん、高速走行での安定性も高く、静音性にも優れています

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 a
ホイールサイズ 15インチ タイヤ幅 195mm
偏平率 65% 1本当たりの価格 8751円

口コミを紹介

ステップワゴンにはオートクルーズ機能が付いていて、燃費が良くなるので、街中でもよくオートクルーズを使っているのですが、それでも以前はリッター10㎞は行かなかったのに、11〜12㎞まで改善しました。低燃費タイヤという位置付けは伊達ではありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

基本性能の高いブリヂストンのエコタイヤ

世界一の売り上げを誇る日本のタイヤメーカーブリヂストンのエコタイヤです。ブリヂストン独自のナノプロテック技術で、ウェット性能・ドライ性能・乗り心地といった基本的な性能を確保しながら、低燃費性能を高めています。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 c
ホイールサイズ 17インチ タイヤ幅 215mm
偏平率 55% 1本当たりの価格 10600円

口コミを紹介

乗りごごち本当に柔らかくなり、突き上げたり、溝を派手にハンドルまでゴツゴツと伝えてくる事がなくなり大満足です。おまけに、これは事実ですが、今までの運転の仕方と何ら変わりませんが燃費が2Km/l良くなりました。価格も安価でお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

雨の日でもブレーキの利きが良い

レストランやホテルの格付け、ガイドブックでも有名なミシュランのエコタイヤです。高い安全性で知られるENERGYシリーズのエコタイヤ版として作られました。接地面が広いため、高速走行やカーブでも安定した走行が可能です。

 

騒音が大きいという口コミもありますが、ブレーキ性能やウェット性能に優れていると評判です。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 b
ホイールサイズ 14インチ タイヤ幅 175mm
偏平率 65% 1本当たりの価格 8610円

口コミを紹介

MTでシフトチェンジ時、アクセルを戻した時の転がり感は特筆ものです。この辺りが低燃費タイヤの性能なのかもしれませんね。

出典:https://www.amazon.co.jp

快適に走行できるエコタイヤ

高速走行の安定性に優れたトーヨータイヤのPROXESシリーズのエコタイヤです。燃費が悪いといわれるSUV専用のエコタイヤとして作られています。耐摩耗性に優れており、快適な乗り心地を実現します。

 

整備されていない山道や長距離走行でも快適に運転することができます。長距離を走ることが多い人におすすめのエコタイヤです。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 b
ホイールサイズ 17インチ タイヤ幅 225mm
偏平率 65% 1本当たりの価格 9990円

口コミを紹介

ホンダCR-V(2011年仕様)用に購入しました。それまで履いていたブリヂストンタイヤは路面の凹凸をかなり拾いましたが、このタイヤは柔らかいのか凹凸がほとんど気になりません。静粛性も増したと感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミニバンの問題を改善するエコタイヤ

ユーザーのニーズに対応したミニバン専用エコタイヤです。車体がふらつきやすいミニバンでも安定した走行を可能にします。静かで乗り心地も改善してくれます。耐摩耗性にも優れているため、車体の重いミニバンでも長持ちするエコタイヤです。

 

タイヤを転がりやすくすることで燃費を良くするのがエコタイヤですが、長持ちするので二重の意味でお得になっています。

転がり抵抗性能 AA ウェットグリップ性能 b
ホイールサイズ 17インチ タイヤ幅 215mm
偏平率 60% 1本当たりの価格 11780円

口コミを紹介

タイヤはダンロップですが まず感じた事は ロードノイズと転がり抵抗が良くなった事です その為 アクセルの踏み込み量が実感して少なくなり燃費もリッター 1キロ弱延びました(私の場合)製造も新しく雨の日も特に問題は無いです

出典:https://www.amazon.co.jp

ダンロップ最高峰の安定性と静音性

静音性と走行安定性に優れたプレミアムコンフォートタイヤです。ダンロップのエコタイヤの中でも特に走行安定性能と静音性が高いモデルです。

 

特殊な形状をしたスポンジが表面積を増やすことで音を吸収し、タイヤが受ける衝撃も分散します。静かで安定した走行を求める人のためのエコタイヤです。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 b
ホイールサイズ 15インチ タイヤ幅 195mm
偏平率 65% 1本当たりの価格 11075円

口コミを紹介

走行音が静かになりとても満足しています。このサイズだけなぜか安くてお買い得です。

出典:https://www.amazon.co.jp

高性能なエコタイヤが欲しい人におすすめ

ブリヂストンが販売するハイクオリティのエコタイヤです。転がり抵抗性能AAA、ウェットグリップ性能aとエコタイヤにも求められる2つの性能が最高ランクを誇ります。セダン・クーペ専用として作られていますが、エコタイヤとして非常に高い性能を持ちます。

 

価格は安くありませんが、安全性と燃費の両面を追求したい人におすすめのエコタイヤです。

転がり抵抗性能 AAA ウェットグリップ性能 a
ホイールサイズ 15インチ タイヤ幅 205mm
偏平率 65% 1本当たりの価格 17540円

口コミを紹介

旧タイヤとの差はだいたい2~3kmは伸びた感じだけど 空気圧を290 -> 320 にしています。
ただ乗り心地は旧タイヤよりも柔らかく ウエットの安心感はかなりアップしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

さまざまな点で高い性能を実現したエコタイヤ

100年の歴史を誇る世界的タイヤメーカーGOODYEAR(グッドイヤー) のエコタイヤです。EXE専用技術を採用することで、シャープなハンドリング性能、快適な走行、低燃費で長持ち、高いウエット性能を全て実現しました。

 

特殊防振ゴムを採用しているため、発熱を抑え高い静粛性も兼ね備えています。エコタイヤでも走りを楽しみたい人におすすめです。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 b
ホイールサイズ 18インチ タイヤ幅 225mm
偏平率 45% 1本当たりの価格 11750円

口コミを紹介

交換前に履いていたレグノとの比較ですが、発進する際にゴムが柔らかい為、1テンポ遅れて動き出すような部分が少し気になりましたが、いい意味でゴムが柔らかく、快適性では圧倒的にこちらのタイヤのほうが乗っていて気持ちがいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

安定した高速走行と快適な走りを実現

静かに走りたい場合も、高速走行にも対応したミシュランのエコタイヤです。走行中の振動やノイズを抑え、快適な走行を実現します。あらゆる状況で安定した走行が可能です。

 

快適性と高速安定性をを実現したアクティブコンフォートタイヤは左右非対称ですが、転がり抵抗性能もウェットグリップ性能の両面を高い水準で実現しています。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 b
ホイールサイズ 17インチ タイヤ幅 205mm
偏平率 55% 1本当たりの価格 16940円

口コミを紹介

純正のヨコハマdBからの交換。
一般道では違いがわからなかったが、高速でははっきりと違いがわかるほど静かになった。
後ろドア付近?からの風切り音が気になるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

長持ちで低燃費なスタンダードエコタイヤ

低燃費だけでなく、耐摩耗性も考えて作られたエコタイヤです。ゴム分子の結合力が強く、タイヤの減りが少なくなっています。燃費を押さえながら、長持ち性能にも優れたエコタイヤです。街でも高速でも安定して走ることができ、騒音も静かという口コミもあります。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 c
ホイールサイズ 15インチ タイヤ幅 195mm
偏平率 65% 1本当たりの価格 6209円

口コミを紹介

通常運転時、高速運転時ともにころがりがよく燃費に貢献。タイヤ交換前より約1割くらい伸びた感じ。マイナス一は耐久性等まだこれからの確認なので。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ抜群のエコタイヤセット

ブリヂストンのエコタイヤのベーシックモデルNEXTRYの4本セットです。コンパクトモデルのエコタイヤのセットで、価格もリーズナブルなので人気の高い商品です。

 

基本的な性能を落とさずに低燃費を実現しており、レビューも高評価が多くなっています。クオリティーと価格を考えると非常にコスパに優れてたエコタイヤセットです。

転がり抵抗性能 A ウェットグリップ性能 c
ホイールサイズ 14インチ タイヤ幅 155mm
偏平率 65% 1本当たりの価格 約2953円

口コミを紹介

軽自動車用のタイヤってどこのメーカーでも大体同じようなものだろうと
考えてましたが、本商品を購入し、装着、したのですが、印象が変わりました。
静かで、乗り心地も良いです。 気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

エコタイヤのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 転がり抵抗性能 ウェットグリップ性能 ホイールサイズ タイヤ幅 偏平率 1本当たりの価格
1
アイテムID:6740027の画像
NEXTRY 155

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コスパ抜群のエコタイヤセット

A c 14インチ 155mm 65% 約2953円
2
アイテムID:6740024の画像
GT-Eco Stage 195

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

長持ちで低燃費なスタンダードエコタイヤ

A c 15インチ 195mm 65% 6209円
3
アイテムID:6740021の画像
PRIMACY 3 205/55R17

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安定した高速走行と快適な走りを実現

A b 17インチ 205mm 55% 16940円
4
アイテムID:6740018の画像
EAGLE LS EXE 225

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

さまざまな点で高い性能を実現したエコタイヤ

A b 18インチ 225mm 45% 11750円
5
アイテムID:6740015の画像
ECOPIA EP001S 195

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高性能なエコタイヤが欲しい人におすすめ

AAA a 15インチ 205mm 65% 17540円
6
アイテムID:6740012の画像
VEURO VE303 195

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ダンロップ最高峰の安定性と静音性

A b 15インチ 195mm 65% 11075円
7
アイテムID:6740009の画像
ENASAVE RV504 215

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ミニバンの問題を改善するエコタイヤ

AA b 17インチ 215mm 60% 11780円
8
アイテムID:6740006の画像
CF2S SUV 225

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

快適に走行できるエコタイヤ

A b 17インチ 225mm 65% 9990円
9
アイテムID:6740003の画像
ENERGY SAVER

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

雨の日でもブレーキの利きが良い

A b 14インチ 175mm 65% 8610円
10
アイテムID:6740000の画像
NEXTRY 215

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

基本性能の高いブリヂストンのエコタイヤ

A c 17インチ 215mm 55% 10600円
11
アイテムID:6739997の画像
BluEarth RV-02 195

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安全性が高く乗り心地が良い

A a 15インチ 195mm 65% 8751円
12
アイテムID:6739994の画像
SINCERA SN832i 205

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

タイヤの構造で低燃費と高いウェットグリップ性能を実現

A c 16インチ 205mm 60% 7129円
13
アイテムID:6739991の画像
LE MANS V185

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

独自の技術で快適に運転できる

AA b 15インチ 185mm 60% 8860円
14
アイテムID:6739988の画像
CINTURATO P1 195

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

走行性の高さが魅力のエコタイヤ

A b 15インチ 195mm 65% 5698円
15
アイテムID:6739985の画像
ECOS ES31 155

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

トータルバランスに優れたエコタイヤ

A c 14インチ 155mm 65% 4500円

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

エコタイヤに履き替えるとどれくらい燃費が良くなるの?

ノーマルタイヤをエコタイヤに変更した場合、最近の新型車は最初からエコタイヤを装着していることが多いので比較は難しいですが、欧州での研究結果によると約6%燃費が向上するといわれています。

 

仮にノーマルタイヤ装着時に燃費が10km/Lだった場合、エコタイヤに履き替えると10.6km/Lに向上します。年間1万kmを走行する場合、レギュラーガソリンを135円/Lとすると135,000円のガソリン代が123,759円になり、7,641円の節約になります。

エコタイヤのデメリットは?

エコタイヤの最大のデメリットとしては、柔らかいタイヤのためブレーキの利きが悪く、雨の日のグリップ力が弱い点です。そのため、ウェット性能という機能がとても重要になります。

 

しかし最近では、タイヤの溝を最適化したり、新たな素材を採用したりなど、メーカー側の努力もあり低燃費で安心・安全なエコタイヤも増えてきています。

まとめ

エコタイヤのおすすめランキングと選び方についてご紹介しました。エコタイヤは少ないガソリンで同じ距離を走ることができるので、燃費を抑え二酸化炭素の排出量も少なくなります。自分の車に合ったエコタイヤを選んで、環境に優しいドライブを楽しみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【カレー研究家監修】美味しいレトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2022年最新版】

【カレー研究家監修】美味しいレトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2022年最新版】

レトルト・惣菜
【2022年最新版】ミニバンタイヤの人気おすすめランキング35選【専用タイヤを徹底比較!】

【2022年最新版】ミニバンタイヤの人気おすすめランキング35選【専用タイヤを徹底比較!】

カー用品
アジアンタイヤのおすすめ人気ランキング15選【買ってはいけないメーカーはある?】

アジアンタイヤのおすすめ人気ランキング15選【買ってはいけないメーカーはある?】

カー用品
名器アイアンの人気おすすめランキング10選【打ちやすい史上最高のアイアンをご紹介】

名器アイアンの人気おすすめランキング10選【打ちやすい史上最高のアイアンをご紹介】

ゴルフ用品
【2022年最新版】ロードバイクホイールの人気おすすめランキング15選【交換してより快適に】

【2022年最新版】ロードバイクホイールの人気おすすめランキング15選【交換してより快適に】

自転車
ホースリールのおすすめ人気ランキング15選【巻き取りやすい散水ホースも】

ホースリールのおすすめ人気ランキング15選【巻き取りやすい散水ホースも】

農業資材・ガーデニング用品