【うるさい?】オールシーズンタイヤのおすすめ人気ランキング17選【評判も】

オールシーズンタイヤは1年中使えてコスパが良いので人気ですが、音がうるさいという声もあり、静粛性の高いオールシーズンタイヤが知りたい方は多いです。今回はオールシーズンタイヤの選び方や、ブリヂストン・ダンロップなどおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

路面環境へ柔軟に対応したおすすめのオールシーズンタイヤ

オールシーズンタイヤは季節に伴う路面環境の変化に柔軟に対応するタイヤです。そのため、ほぼ通年使用でき今まで夏用タイヤ・冬用タイヤと、シーズンタイヤを切り替えていた方にとっては交換の手間がないほか、1年中使えるのでコスパにも優れています。

 

またシーズンタイヤがうるさいと感じていた方にもおすすめで、静粛性もあり一年を通して快適に使用することができおすすめです。人気メーカーのブリヂストンやダンロップ、ピアリからも販売されています。

 

そこで今回はオールシーズンタイヤの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはタイヤ幅・特徴を基準に作成しました。購入を迷っている方はぜひご覧ください。

シーズンタイヤと比較したメリット

オールシーズンタイヤのことについて、これまであったシーズンタイヤと比較したメリットをご紹介します。

ドライ・ウェット・シャーベットな路面を走れる

雨の降っていない路面環境でのグリップ性能をドライ性能と表現していて、乾いた路面は雨の日に対して摩擦抵抗が高く、タイヤの接地面積を小さくしたり、しなやかなゴムを採用したりといった工夫がなされています。

 

一方、雨天時に路面が濡れると摩擦抵抗が低いです。こうした場合にもウェット性能を維持できるよう、タイヤメーカー各社が技術開発を行っています。さらにオールシーズンタイヤは、シャーベット状の雪の上でも難なく走行可能です。

少しの雪道なら軽自動車でも走れるモデルがある

「スノーフレークマーク」が刻印されたタイヤを選べば、軽く積もった雪上を軽自動車でも走行することが可能です。シーズンタイヤでは冬用に交換していた時期であっても、オールシーズンタイヤを履いていれば地域によってはそのまま冬をこすことができます。

シーズンタイヤと比較したデメリット

オールシーズンタイヤのことについて、シーズンタイヤと比較した場合のデメリットをご紹介します。

凍結時・豪雪など凍結路・雪道では走行できない

路面上が完全に凍結している凍結路や、豪雪により雪が一定量積もっている雪道には、冬用タイヤに履き替えるかチェーンを装着する必要があります。雪が積もる地域や、山間部で気温の高低差が激しい場合に走行できません。

 

以下の記事ではスタッドレスやタイヤチェーンのおすすめを紹介しているのでご覧ください。

夏用タイヤと比べて燃費が悪い

乾いた路面では摩擦抵抗が大きいという特性があります。こうした環境でグリップ力と低燃費性能のバランスをとっているのが夏用タイヤです。それに比べてオールシーズンタイヤはグリップ力が強いので、燃費性能は低くなる傾向にあります。

シーズンタイヤと比べ買い替える時期が早くなる

1年の数カ月間を2種類のシーズンタイヤを履き替える場合と、オールシーズンタイヤを履き替えずに1年使用する場合とを比較してください。後者のほうが、ほぼ1年を通して使用するという観点からタイヤが摩耗していくため、買い替え時期は早くなります。

オールシーズンタイヤの選び方

ここからはオールシーズンタイヤを選ぶポイントをご紹介します。ポイントはメーカー・人気車種の純正規格・得意な路面状況・性能です。

タイヤメーカーで選ぶ

タイヤは各メーカーごとにそれぞれシリーズ化されていますので、シリーズごとの特性を比較する際にお役立てください。

マルチウェザータイヤなら「BRIDGESTONE(ブリヂストン)」がおすすめ

BRIDGESTONE®(ブリヂストン)のオールシーズンタイヤ「NEXTRY® TYPE S」は、摩擦抵抗が生じたときの発熱を抑制することで低燃費性能を高めました。摩擦抵抗そのものも、同社従来品と比べて低くなっています。

 

またマルチウェザーと呼ばれるタイヤは、その名の通り夏タイヤとして履けるのに降雪時でも走行できる全天候型のためおすすめです。

雪道の走行性能で高い評価のタイヤなら「MICHELIN(ミシュラン)」がおすすめ

欧州の深い雪上で走行し、その性能が認められたのが、MICHELIN®(ミシュラン)のオールシーズンタイヤ「CROSSCLIMATE® SERIES」です。ブランドを一貫して雪上でのグリップ力・ブレーキ性能が評価されています。

 

ドライ性能・ウェット性能の高さはもちろんのこと、冬用タイヤへ履き替える必要がなく経済的です。

コスパに優れたエントリータイヤなら「KUMHO(クムホ)」をチェック

KUMHO(クムホ)コスパの優れ、初めてのオールシーズンタイヤにぴったりのエントリーモデルが人気です。走行頻度が多いドライ・ウェット性能を保持しつつも突然の雪に対応するスノー性能を併せつ「SOLUS 4Sシリーズ」を展開しています。

スポーツ性能の高いタイヤなら「PIRELLI(ピレリ)」がおすすめ

F1のタイヤでも有名なイタリアのPIRELLI(ピレリ)のタイヤは高級車やスポーツカーに多く採用されています。オールシーズンではチントゥラートシリーズを展開し、都市部のドライバー向けにデザイン性に優れて雨・降雪時にも接地性がよく人気が高いです

オフロード好きのSUVユーザーは「GRIPMAX(グリップマックス)」に注目

ゴツゴツした見た目のオフロードタイヤが特徴のGRIPMAX(グリップマックス)はSUVユーザーに人気です。オールシーズン用「シュアグリップシリーズ」は独特なV字形状・深いサイプで積雪路面でグリップを発揮します。

 

SUVユーザー人気のタイヤは、オフロードカスタムが好きな方にもおすすめなタイヤです。

ロングライフなものなら「ダンロップ」がおすすめ

ロングライフのタイヤがいいならダンロップがおすすめです。ダンロップは世界的にも人気のあるタイヤメーカーで、快適なドライブを実現する性能の高さと、劣化しにくい素材を使用した息の長さが高い評価を得ています。

人気車種の純正規格で選ぶ

タイヤは車種に合わせて作られているものが多くあるので、人気車種で採用されているタイヤの規格をご紹介します。

新型ジムニーのタイヤなら「175/80R16」がおすすめ

ジムニー® の純正タイヤは「175/80R16」です。2020年に発売されたばかりの「BluEarth® 4S AW21」の他にも同じ規格のオールシーズンタイヤがあり、お好きなタイヤを選べます。スノーフレークマークが刻印されていれば、雪上でも走行可能です。

ハスラーのタイヤなら「165/60R15」をチェック

ハスラー® の純正タイヤには「165/60R15」が採用されています。「165/60R15」の規格であれば、「Vector® 4Seasons Hybrid」というグッドイヤーのオールシーズンタイヤがおすすめ。SNOW表示が入りであれば、高速道路の冬タイヤ規制通行も可能です。

アルファード(Alphard)のタイヤなら「225/60R17・215/65R16」がおすすめ

アルファードの純正タイヤには「225/60R17・215/65R16」が採用されています。これらの規格であれば「BluEarth® 4S AW21」「WeatherReady®」のオールシーズンタイヤがおすすめ。耐摩耗性の高いタイヤならより長期間使えて経済的です。

レガシイアウトバックB4のタイヤなら「225/60R18」をチェック

レガシイ® アウトバック® の純正タイヤには「225/60R18」が採用されています。このタイヤ規格であれば、「LANDSAIL® 4SEASONS」「LATERAL FORCE® 4S」「CROSSCLIMATE® SUV」のオールシーズンタイヤがおすすめです。

得意な路面状況で選ぶ

それぞれのオールシーズンタイヤがもつ特徴を踏まえて、あなたが普段走行する道路にはどのタイヤがふさわしいのかを探ってください。

春〜秋にも履くなら「ドライ性能が夏用タイヤと同等なタイヤ」がおすすめ

ドライ性能は、乾いている路面でもブレーキカーブを安全に走行できるかを表しており、オールシーズンタイヤには、ドライ性能が夏用タイヤと同等な性能の商品もあります。初めてオールシーズンタイヤに切り替える方は、一度確認してみてください。

雨が多い地域なら「ウェット性能が高いタイヤ」がおすすめ

ウェット性能とは、湿っている路面を安全に走れるかを表しているものです。湿度が高い地域や気候変動の大きな地域にお住まいの方はチェックしてください。同時にウェット性能が高いオールシーズンタイヤについてはドライ性能も高い傾向にあります。

軽い積雪やオフロード環境なら「圧雪時にグリップ性能が高いタイヤ」がおすすめ

もちろん、豪雪地帯や凍結状態の路面については冬用タイヤへの履き替えやチェーンの装着を検討しなければなりません。しかし一方で、路面の水分がシャーベット上に固まった場合や軽い積雪環境では、オールシーズンタイヤも活躍できるのです。

 

こうした路面環境においては、スノーフレークマーク」のあるオールシーズンタイヤの出番です。夏用タイヤを冬用タイヤに履き替えていたタイミングが、確実に変わります。

付随する機能性で選ぶ

ここでは、シリーズごとのタイヤ性能に付随する機能性について選ぶポイントをご紹介します。

軽い積雪や泥・ぬかるみを走るなら「M+S表記ありのタイヤ」がおすすめ

オールシーズンタイヤを選ぶ際は「M+S表記」がなされている商品を選んでください。「S」は雪上での一定の走行性能があることを示しています。雪上の路面を走るだけならスノーフレークマークがあれば十分です。

 

一方の「M」は、泥やぬかるみの上を走行することができるのかどうかを表しています。仕事柄オフロード環境を走ることが多い方には非常に重要な項目です。オフロードを走行することが多いのであれば、M+S表記の有無も確認しましょう。

走行音がうるさいのが嫌なら乗り心地のいい「静粛性の高いタイヤ」

オールシーズンタイヤを選ぶ際は静粛性も重要なポイントです。静粛性が高いタイヤで走行するとタイヤから発生する振動音が軽減され、乗り心地が大きく変化します。走行音がうるさいタイヤが嫌な方は静粛性にも注意してください。

 

基本的にオールシーズンタイヤは夏用タイヤと比べて接地面の形状が荒く、静粛性は低いですが商品によっては車内環境に配慮し静粛性を重視した商品もあります。走行環境にこだわりたい方はこうした観点から探すのがおすすめです。

実物を見て買うなら「オートバックス」などで評判の良いものを確認

評判の良いオールシーズンタイヤを購入したい方は、オートバックスなどのカーショップがおすすめです。複数のタイヤを比較して検討したり、専門知識のあるスタッフに評判の良いタイヤも聞けます。タイヤ交換をそのまま頼みたい方にもおすすめの方法です。

後悔をなくすなら氷上テストや購入者の「口コミ」をチェック

近くにカーショップが無かったり、外出が手間な場合はネット購入が便利です。ネット購入は購入者の口コミをしっかりと参考にしてください。Youtubeなどで氷上テスト動画なども投稿されているので、後悔しないように購入前にしっかり確認しておきましょう。

 

良い口コミだけでなく悪い口コミも確認することで失敗のミスを減らせます。サイズ・適合車種の確認にも注意してください。

ランニングコストで選ぶ

ここでは、長期間使用することを想定した場合のランニングコストで選ぶポイントをご紹介します。

ガソリン代を抑えたいなら「低燃費性能の高いタイヤ」がおすすめ

夏用タイヤと比べると、燃費性能が高いといえるオールシーズンタイヤは多くないですが、低燃費性能を兼ね備えているオールシーズンタイヤも販売されています。旅行や車による出張など、長距離の運転を必要とする方に最適です。

履き替えずに1年中使うなら高価格の「寿命の長いタイヤ」がおすすめ

摩耗しにくく寿命が長く耐久性の高いタイヤなら、長期間使えてランニングコストの負担が軽減できおすすめです。ただし今の所、安い価格帯のモデルは販売されておらず、中程度〜高価格帯のモデルから選ぶことになります。

 

山道や砂利道といったオフロード環境を運転すると偏摩耗しやすいです。こうした方は、偏摩耗に強いオールシーズンタイヤを選んでください。頻度と摩耗するペースを検討して、コスト面であなたに合うモデルを見つけましょう。

オールシーズンタイヤの人気おすすめランキング17選

スポーツ系SUVに乗り心地と静粛性の高いピレリのマルチウェザータイヤ

スポーツ系SUVに向けて開発されたマルチウェザータイヤです。非対称でありながら、ドライ・ウェット・スノーのあらゆる環境に適用できる機能性を備えており、車内騒音の問題も改善し乗り心地と静粛性を兼ね備え、ロングライドを楽しめます。

タイヤ幅 235mm〜325mm 特徴 -

口コミを紹介

サマータイヤ寄りだと思います。スタッドレスから履き替えて、体感できるくらい走りがスムーズになりました。その分氷上性能は今冬でないと判断できない。サマータイヤの代わりに使えてしかも安い。おすすめ!

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

ファルケン

205/60R16 EUROWINTER

セーフティーなドライブができ乗り心地のいいタイヤ

ファルケンのオールシーズンタイヤは、ドライ・ウェット両面での操縦安定性能を確保しながら、快適で乗り心地のいい運転が楽しめるタイヤです。高いトレッド剛性でコーナリングもしっかりと安定しています。

 

高速道路の冬タイヤ規制でもそのまま走行できるように設計されています。そのため、冬場に高速道路を多く使用するドライバーや、運転を純粋に楽しみたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

タイヤ幅 155mm〜235mm 特徴 スノーフレークマーク・M+Sマーク

口コミを紹介

居住地は1年に1〜2回しか雪が降らないので、重宝してます。ただし2年で溝が減ってスノータイヤとしては機能しなくなるので、交換頻度は多くなる傾向があります。それでもサマ−とスタッドレスで交換するより経済的。

出典:https://www.amazon.co.jp

静音性が口コミで評判のSUV用タイヤ

本品は雪上でも走行できるSUV用タイヤです。欧州で認証を受けた「スノーフレークマーク」が刻印され、雪上でもハンドルを取られることなく走れます。一方でドライ性能・ウェット性能にも優れ、どんな路面でも安定走行が可能です。

タイヤ幅 165mm〜285mm 特徴 スノーフレークマーク・M+Sマーク

口コミを紹介

雪道の性能はまだ判りませんが夏は問題ありません。同じミシュランのLatitudeからの乗り換えですが、静音性もこちらの方が静かではないかと思うくらいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

シーズンタイヤがうるさいと感る方におすすめ雪道も走行可能

ウェット性能が高く、雨天時や雪が降った路面環境で走行性能の高さを発揮します。凍結した路面では冬用タイヤに履き替える必要がありますが、シャーベット状の雪を踏んでもコントロール性能が失われにくいです。

 

シーズンタイヤがうるさいと感じていた方にも、雪道でも走ることが可能ですのでおすすめです。

タイヤ幅 155mm〜225mm 特徴 -

口コミを紹介

タイヤを持参せずお店でタイヤ交換を行って頂き、しかもお店では追加料金などありませんでした。また利用したいです!

出典:https://review.rakuten.co.jp

13位

ダンロップの軽自動車用オールシーズンタイヤ

ダンロップの軽自動車用オールシーズンタイヤです。スタッドレスではないものの、四季を通じて装着できます。雪上ブレーキ性能やウエットブレーキ性能も向上しているので、快適なドライブが可能です。

タイヤ幅 155 特徴 -

口コミを紹介

感想としては、スタッドレスほどのぐにゃぐにゃ感もなくしっかりと路面に喰いついてます。
カーブを曲がるときもしっかり喰いついています。
しかも驚いたことに、ロードノイズが低減されて、静かです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

雪上及びウエット路面の走行に強いタイヤ

ピレリのチントゥラートは、都会に住むドライバーのために性能を強化したオールシーズンタイヤです。独自のトレッドコンパウンドを採用しており、雪の上やウエット路面でも快適性の高い走りと優れたライフ性能を誇っています。

 

また、一部のサイズにシールインサイド」を採用しており、パンクによる空気圧の低下を抑えることが可能です。そのため、パンクしても、しばらくの間は継続して走行できます。

タイヤ幅 165mm〜245mm 特徴 -
11位

寿命の長いトラック・バス用オールシーズンタイヤ

2021年3月に発売したトラック用・バス用のモデル「M888」は、従来のモデルよりも摩耗しにくく寿命が長くなっており、ウェット性能をより一層維持することが可能です。ロングライドにおいて経済的で安定性を保てるようになりました。

タイヤ幅 215mm〜295mm 特徴 -

雪が深くない地域の方におすすめ

過酷な雪や凍結ではない雪道であれば走行可能なオールシーズンタイヤで、ドライ性能・ウェット性能に優れています。豪雪地帯でなければ1年中タイヤ交換せずに過ごすことができ経済的なので、タイヤの置き場所が無い方にもおすすめです。

タイヤ幅 165mm〜285mm 特徴 スノーフレークマーク・M+Sマーク

口コミを紹介

本日組込み完了しました、組込み店から自宅まで走行しましたが走行音も気になりません。 雨天でしたがブレーキの効きにも問題は有りませんでした。 有難う御座いました。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

4駆SUV向けオールシーズンタイヤ

4駆SUV向けに開発されたオールシーズンタイヤで、車高が高い4駆ならではの特性を考慮し安定性にこだわっています。太い3本の溝が駆動性能・直進性能・コーナリング性能を維持し雪や泥を噛んだとしてもスリップに強いです。

タイヤ幅 175mm〜275mm 特徴 -

口コミを紹介

対応等も非常に良く、商品も製造年月日も新しく、大変満足です。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

8位

シーズンタイヤと比較しても性能に遜色なし

夏用タイヤのドライ性能とウェット性能を受け継ぎ、さらなるコントロール性能を高めました。雪が降っていないシャーベット状の雪であれば、圧雪しても走行性能を維持可能です。雪のあまり降らない地域にお住まいなら通年で履けます。

タイヤ幅 175mm〜235mm 特徴 スノーフレークマーク

口コミを紹介

夏タイヤとしてのグリップ力や静寂性さらにウエット性能も格段に良くなっています。ほとんど雪が降らない地域なので、本当にいざと言う時のための保険で、オールシーズンタイヤを履いているので、春夏秋シーズンを重視する者にとってはオススメのタイヤだと思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

7位

季節だけでなく天候にも強いタイヤ

悪天候の路面コンディショでも高いパフォーマンスを発揮してくれます。冬では細かいセンター部分が積雪路面に対応しており、夏場は優れた排水性と安定性を発揮するタイヤです。

 

どんな路面でも高いグリップ性能と操縦安定性を実現しています。どんな天気でも安心して運転ができるオールシーズンタイヤをお探しの方にはおすすめの商品です。

タイヤ幅 145mm〜225mm 特徴 スノーフレークマーク・M+Sマーク

口コミを紹介

シッカリした乗り心地で関東圏にはオススメです。スタットレスで感じるサイドウォールのフニャフニャ感はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ファルケン(Falken)

185/60R15 EUROWINTERオールシーズンタイヤ ミシュラン 4本セット

コスパに優れたオールシーズンタイヤ

FALKEN(ファルケン)のEUROWINTERは、四季を通じてのセーフティなドライブを約束するオールシーズンタイヤです。欧州で認められた高い走行性とサマーシーズンでの優れた安全性能のため、非常にバランスが取れています。

 

センター部に太い主溝を2本配置した強力な排水性とウェット性能を実現していて、タイヤ側面全体がしなやかにたわみコーナリング時の安定性を向上しています。コスパにも優れている静粛性の高いタイヤです。

タイヤ幅 185㎜ 特徴

口コミを紹介

高速道路での突然の積雪にも突然の降雨にも問題なく、困ったことはございません。ドライ路面での静粛性・耐摩耗性はサマータイヤ同等です。AWDとの組み合わせは、FFもしくはFRのスタッドレスより積雪での走行が安定しているように思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

オールシーズンで高い安定性

環境資源の節約や路面での快適さを考慮して作られました。濡れた路面や雪が少し積もった道で横方向に安定しており、オールシーズンに対して高いパフォーマンスを有しています。

 

一番最近のリソースに加え、最大限に構造やトレッドパターンを活用することで、 環境資源の節約に貢献しました。またサイドウォールに刻まれている、M+Sのマークも特徴です。

タイヤ幅 225mm 特徴

とにかく安い。
乗り心地はさほど変わりない。
まだ耐久性や安全性はまだハッキリしないが、
ディーラーのオリジナルタイヤ1本分で4本買える。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ブレーキ性能・グリップ力を向上したグリップマックス

ドライ路面・ウェット両面のバランスが良く、四季を通じてあらゆる天候下で高いパフォーマンスを提供するマルチシーズン対応のグリップマックスのタイヤです。スタッドレスに履き替えるという手間を省きます。

タイヤ幅 225m 特徴 -

ピレリのノウハウが詰まったタイヤ

環境性能が非常に高くイスコアパフォーマンスのため、あらゆる路面状況においても快適で安全に運転可能です。そのため、初めてシーズンタイヤから履き替える方でも違和感が少なく、安定した走りを実感できます。

タイヤ幅 205mm〜305mm 特徴

口コミを紹介

2位

グッドイヤー(Goodyear)

オールシーズンタイヤ

突然の雪でも慌てず走れるタイヤ

グッドイヤーの日本国内生産モデルです。スタッドレスタイヤではありませんが、高速道路の冬場のタイヤ規制でも通行できます。チェーンの装着が苦手な方も、突然の雪に慌てることなく、走行可能です。

 

ヨーロッパでは季節が同じでも地域で路面状況が大きく違うので、オールシーズンタイヤはスタンダードとしてそういった自然環境の中でも扱われています。すなわち四季を通して、走行が安定していることが特徴です。

タイヤ幅 165mm 特徴

口コミを紹介

全天候型タイヤという事で購入。トレッド面が、触った感じだとやわらかい感じで、すぐ減るのかと思っていましたが、
タイヤ組み換え時に、減りにくいとの事でGOOD!!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

NEXEN ネクセン

NBLUE 4SEASON エヌブルー4シーズン

ウエットやシャーベット状の路面で安定したグリップを発揮

ウエット性能だけではなく、浅い雪路やシャーベット状のなっている路面でも、ディレクショナルパターンの「V-Typeグループで雪上機能を向上させました。3Dサイㇷ゚のバランスがとれておりドライ路面でも安定したグリップを発揮します。

 

また、泥道などのオフロードでも十分な性能を発揮し、厳しい寒冷地にお住いの方のもおすすめできるタイヤです。

タイヤ幅 225㎜ 特徴

オールシーズンタイヤのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイヤ幅 特徴
1
アイテムID:10949583の画像
NBLUE 4SEASON エヌブルー4シーズン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ウエットやシャーベット状の路面で安定したグリップを発揮

225㎜
2
アイテムID:10949580の画像
オールシーズンタイヤ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

突然の雪でも慌てず走れるタイヤ

165mm
3
アイテムID:10949578の画像
SCORPION VERDE ALL SEASON

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ピレリのノウハウが詰まったタイヤ

205mm〜305mm
4
アイテムID:10949575の画像
SureGrip A/S

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ブレーキ性能・グリップ力を向上したグリップマックス

225m -
5
アイテムID:10949573の画像
スコーピオン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

オールシーズンで高い安定性

225mm
6
アイテムID:10949570の画像
185/60R15 EUROWINTERオールシーズンタイヤ ミシュラン 4本セット

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コスパに優れたオールシーズンタイヤ

185㎜
7
アイテムID:10949567の画像
Vector® 4Seasons Hybrid

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

季節だけでなく天候にも強いタイヤ

145mm〜225mm スノーフレークマーク・M+Sマーク
8
アイテムID:10949564の画像
YOKOHAMA® BluEarth® 4S AW21

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シーズンタイヤと比較しても性能に遜色なし

175mm〜235mm スノーフレークマーク
9
アイテムID:10949561の画像
DUELER A/T 001

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

4駆SUV向けオールシーズンタイヤ

175mm〜275mm -
10
アイテムID:10949558の画像
CROSSCLIMATE®+

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

雪が深くない地域の方におすすめ

165mm〜285mm スノーフレークマーク・M+Sマーク
11
アイテムID:10949557の画像
V-STEEL MIX® M888

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

寿命の長いトラック・バス用オールシーズンタイヤ

215mm〜295mm -
12
アイテムID:10949556の画像
CINTURATO® ALL SEASON PLUS

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

雪上及びウエット路面の走行に強いタイヤ

165mm〜245mm -
13
アイテムID:10949553の画像
オールシーズン マックス AS1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ダンロップの軽自動車用オールシーズンタイヤ

155 -
14
アイテムID:10949550の画像
Celsius®

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シーズンタイヤがうるさいと感る方におすすめ雪道も走行可能

155mm〜225mm -
15
アイテムID:10949547の画像
CROSSCLIMATE SUV

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

静音性が口コミで評判のSUV用タイヤ

165mm〜285mm スノーフレークマーク・M+Sマーク
16
アイテムID:10949544の画像
205/60R16 EUROWINTER

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

セーフティーなドライブができ乗り心地のいいタイヤ

155mm〜235mm スノーフレークマーク・M+Sマーク
17
アイテムID:10949541の画像
SCORPION® ZERO ALL SEASON

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スポーツ系SUVに乗り心地と静粛性の高いピレリのマルチウェザータイヤ

235mm〜325mm -

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下のリンクでは、通常タイヤを中心におすすめの商品をご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

事故を防ぐために知っておきたいこと

事故を予防するために知っておきたいのは、タイヤの摩耗による寿命に関することです。オールシーズンタイヤの摩耗による寿命は、50%摩耗に近づいたときが目安なので、注意してください。

 

特にオールシーズンタイヤを履いていて、冬季も比較的温暖な地域にお住まいの方は、通年履いていることで摩耗度の確認をこまめに行う必要があります。

ホイールとセットで買い換えると燃費性能を見直せる

一部のタイヤメーカーでは、ホイールも販売していることがあります。タイヤとの互換性においてメリットが得られ、オールシーズンタイヤの燃費性能バランスをとる目的でタイヤと同時に買い換える方も多いです。

 

下記の記事では、ホイールの選び方とおすすめ商品をランキングでご紹介しています。タイヤと一緒にホイール素材も選び直したい方は、ぜひご覧ください。

オールシーズンタイヤの歴史

オールシーズンタイヤはどのようにして広まったのか、オールシーズンタイやの歴史について解説します。

フォレスター(FORESTER®)に純正装備されて認知された

DUNLOP®(ダンロップ)から軽トラック・バン・ハイエースなど商用車用のオールシーズンタイヤである「DUNLOP® ALL SEASON MAXX VA1」が発売されました。今まではメジャーな車種の規格が多かったものの、さまざまな車種向けへの展開がはじまっています。

2021年3月DUNLOP®が軽トラなどの商用車向けに発売

スバルの「FORESTER® X-BREAK®」に純正装着されたのを皮切りに、日本国内でオールシーズンタイヤが認知され始めました。すでに欧米では一般的に使われていましたが、日本のタイヤメーカーがオールシーズンタイヤを発売し始めたのはつい最近です。

まとめ

今回はオールシーズンタイヤについてご紹介しました。オールシーズンタイヤは日本では馴染みのあまりないタイヤですが、タイヤ交換がいらない便利な商品です。興味のある方は、ぜひ自分に合った商品を見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年10月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アジアンタイヤのおすすめ人気ランキング15選【買ってはいけないメーカーはある?】

アジアンタイヤのおすすめ人気ランキング15選【買ってはいけないメーカーはある?】

カー用品
【2022年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング13選

【2022年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング13選

カー用品
【アイスパートナー2も!】ブリヂストンのスタッドレスタイヤ人気おすすめランキング15選

【アイスパートナー2も!】ブリヂストンのスタッドレスタイヤ人気おすすめランキング15選

カー用品
【2022年版】タイヤの人気おすすめランキング16選【人気メーカーの長持ちするタイヤも】

【2022年版】タイヤの人気おすすめランキング16選【人気メーカーの長持ちするタイヤも】

カー用品
【2022年版】ジムニータイヤのおすすめ人気ランキング10選

【2022年版】ジムニータイヤのおすすめ人気ランキング10選

その他自動車・バイク
ブリヂストンタイヤの人気おすすめランキング15選【激安の種類もご紹介!】

ブリヂストンタイヤの人気おすすめランキング15選【激安の種類もご紹介!】

カー用品