タイヤの人気おすすめランキング15選【安全性の高い2019年最新版】

記事ID1419のサムネイル画像

日頃、よく車の運転をする人にとって「タイヤ」は、重要なものとなります。新しい車のタイヤでも、タイヤ交換でも「車の走りにかなり影響する」ため、選ぶときは慎重になった方が良いでしょう。今回は、タイヤのおすすめランキングを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

タイヤ選びで、生活が変わる

今の時代、ほぼ必ずと言って良いほど使われているものが「車」となります。そして、この車を動かすために必要となるものが「タイヤ」であり、欠かすことが出来ないものだと言えるでしょう。

 

ですが、一般的に見て「タイヤを気にしている人」が少ないと感じることが多くなっています。というのも、ほとんどの人は「タイヤを気にしなくても最低限乗れれば良い」と考えているからだと言えます。これは、真実ではあるのですが「タイヤを軽視することによるデメリット」を知る人にとっては、まず考えられないことなのです。

 

今回は、普段あまりタイヤについて気にしていない人にも「タイヤの選び方で変わる生活」について紹介していきます。ポイントとしては「自分に合ったタイヤの選び方・タイヤ交換時の選び方・どこで選ぶか」があるので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめタイヤランキング15選

15位

ファルケン

SINCERA SN832i 175/70R14 84S

価格:3,810円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能低燃費タイヤ

ファルケンが販売する「低燃費かつ高性能タイヤ」となります。低燃費タイヤは「転がり抵抗を軽減する」ことで、より効率的な燃費を実現しています。また、シリカと呼ばれる成分の比率を増やすことで「柔軟性が上がり、グリップ力を向上させている」という工夫も見られます。低燃費タイヤならではの特徴と、それに合わせたグリップ力を、ぜひ試してみてください。

タイヤ幅175mm重量6.65kg

口コミを紹介

安心の国内メーカータイヤ。4本で1万4千円程度と価格も最安値で、注文から配達まで3日で届き大変助かりました。届いたタイヤは、今年の5~6月製造で大変新しく、原産国は、タイ製でした。海外製造のタイヤですが、品質に特に問題ないと思います。タイヤバランスは、取ってないですが、振動もないことから、精度も良さそうに感じます。グリップ、静粛性等については、特に問題ないと思います。他の車用にも購入すると思います。ご参考までに。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ブリヂストン

NEXTRY 145/80R13 75S

価格:3,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナノプロテック採用の低燃費タイヤ

ブリヂストンの先進技術「ナノプロ・テック」を使用したタイヤとなります。これにより、タイヤの性能を損なうことなく「低燃費化」を実現しています。これは、トレッドゴムに含まれている「シリカ」を分散させ、発熱を抑えていることから来ています。従来のタイヤより「約20%」近くの転がり抵抗の軽減がなされていることから、優秀な低燃費タイヤと言えるでしょう。

タイヤ幅145mm重量4.68kg

口コミを紹介

ホンダNワゴンに乗っていますが、車両が重たいのか、運転の仕方が悪いのか、タイヤがツルツルになってました。慌てて探していたところこの商品にたどり着きました。以前某アジア製のタイヤを安さにつられて使用していましたが、乗り心地も悪くすぐに擦り減り、安物買いの銭失いでした。やはり日本製のタイヤは乗り心地は最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

PIRELLI

Cinturato P1 215/60R17 96H

価格:7,486円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な走りを実現しているタイヤ

全体的に高レベルな走りを実現しているピレリ製のタイヤです。低燃費タイヤではないのですが「安定した走りと操作性」を実現した優れものとなっています。値段は少し高いのですが、その値段に見合った性能を発揮してくれるでしょう。外国産・国内産問わず、様々な車で使えるため、ぜひその乗り心地を試してみてください。

タイヤ幅215mm重量11.7kg

口コミを紹介

エスティマハイブリッドへの装着です。
月間走行距離は約3,000km、現在4ヶ月使用時のレビューですが、新車装着時のタイヤを含め国産タイヤに比べてゴムが柔らかい印象を受けました。
が、そこは流石にピレリ製品、高速時の安定性、操作性、制動は国産タイヤでは叶わない仕上がりです。
段差乗り越えのショックは「コツン」といった感じで比較的抑えられていますが、この点での高級感は国産タイヤに劣ります。
ウェットでの不安定さもほとんどなく、高速走行時に国産タイヤでは往々にしてスリップ警報が点きましたが、このタイヤではほとんどそれがありません。
履き始めて15,000kmくらい走行しましたが、ゴムの柔らかさから気にしていたのですがさほどの磨耗も感じられません。
唯一の不満点としては、国産タイヤに比べると転がり抵抗が大きいのか、燃費が1〜2割ほど悪化しています。走行距離の少ない方なら気にならないかもしれませんが、私は通勤がロングランなので、この点で星マイナス1です。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

トーヨー

SD-7 175/65R14 82S sd7-1756514

価格:3,686円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクティブポリマーを使用した低燃費タイヤ

アクティブポリマーを使用しており「摩耗軽減・転がり抵抗の軽減」を両立しているタイヤです。また、グリップポリマーを配合しているため「グリップ力の向上」も実現しています。全体的にバランスが良く、価格もお手頃なタイヤと言えるでしょう。出足も軽いと評判であり、1度は使ってみて良いタイヤとなっているため、おすすめです。

タイヤ幅175mm重量3kg

口コミを紹介

2018年製をいただきました。とても履き心地よく車の出足も軽くなった感じで出かけるのがちょっと楽しみになりました。車にお金をかけられないのでリーズナブルな価格は助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ロードストーン

N-BLUE ECO SH01 195/65R15 91H

価格:4,516円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレッドパターンが最適化されたタイヤ

タイヤの溝である「トレッドパターン」が最適化されている商品です。トレッドパターンの最適化により「雨天時のスピン抑制・コーナリング性能向上・直進時の安定性」を実現しています。また、転がり抵抗の軽減もなされているため、低燃費タイヤとしての性能も折り紙付きです。お買い得なタイヤなので、ぜひ試してみてください。

タイヤ幅195mm重量7.7kg

口コミを紹介

知り合いのオススメで自家用車に購入しました。車は詳しくないので、初めてネットでタイヤ購入です。
装置して1ヶ月快適に走ってます。お得な商品だと思います〜

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

横浜タイヤ

BluEarth AE-01F 175/65R15 84S

価格:6,293円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グレードAAAの低燃費タイヤ

低燃費のグレードにおける「AAA」を獲得するために、独自のゴムを開発したタイヤです。そのゴムは「ナノブレンドゴム」と呼ばれるものであり、低燃費性能・摩耗防止性能に優れたタイヤとなっています。タイヤの溝が波打って見えるのが特徴であり、これが「摩耗防止」にも繋がっています。低燃費性能抜群なので、ぜひどうぞ。

タイヤ幅175mm重量6.49kg

口コミを紹介

転がり抵抗の少ない、燃費性能最上級のAAAを期待して購入しましたが、実際にリッター1~2km(%で言うと5~10%)ぐらい向上しました。以前のタイヤが4年使用したダンロッブのEC202だったのですが、ふらつき感は低減し、静粛性も気持ち向上した気がして満足しています。
ウェット性能はcなので、同bのBluEearth-Aとどちらにしようか悩みましたが、こちらの方が1本あたり千円ほど安かったのでこれに決めました。タイヤ製造年月日も新しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

PIRELLI

DRAGON SPORT 215/45R17 91W XL

価格:7,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーナリング性能に優れたタイヤ

コーナリング性能に優れたタイヤとなります。コーナリングの際、グリップ限界を超えると「滑り始める」のですが、このタイヤにはそれが少なくなっています。遊びが少なく感じるため、直進するときにも「ハンドルがぶれにくい」という利点も感じられるでしょう。とにかく、自分が曲がりたいと思った方向に曲がりやすいという印象を受けられるタイヤとなっています。

タイヤ幅215mm重量9.38kg

口コミを紹介

まだ、5,000キロくらいしか走っていないが、旧モデルDRAGONよりも間違いなくグリップします。
とても気に入りました。DRAGONが素晴らしかったのは耐久性でした。最低3万キロは走ります。
DORAGON SPORTSはこれから使って様子を見たいと思いますが、これだけグリップするなら多少寿命が短くても仕方ないと思います。とにかくこの値段ですから。他社品・他モデルを圧倒していると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

横浜タイヤ

BluEarth RV-02 205/60R16 92H

価格:9,662円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミニバン・SUV専用タイヤ

ミニバン・SUV専用に作られたタイヤです。このサイズのタイヤでは初の「低燃費タイヤグレードA/a」を獲得しています。特に、ウェットグレードaは「制動距離」に関係しており、かなりの高性能だと言えます。大人数を乗せることが多いミニバン・SUVは「安全性を高める」という点において、制動距離の短縮は必要不可欠となります。家族連れの人などにおすすめのタイヤだと言えるでしょう。

タイヤ幅205mm重量9.8kg

口コミを紹介

初めタイヤをネットで購入するのことに抵抗感がありましたが,近所のカー用品店で約2倍の値段で売られていたため,思い切って実践してみました。結果的に大変満足しています。
送付先を近所の「宇佐美」に設定して注文,宇佐美には別途作業予約をしました。注文から3日後に組み換え作業を実施してもらいました。スケジュール調整は面倒な点ですが,タイヤ交換にかかる費用を大幅に抑えることができました。
それまで装着していたミシュランPrimacy3との比較になりますが,静粛性・揺れ・コーナリング性能は同等以上です(前後空気圧を250kPaに調整)。回転の早い商品のためか,製造週は4本とも2018年21週で揃っていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ダンロップ

ENASAVE RV504 205/60R16 92H

価格:8,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低燃費重視のタイヤ

転がり抵抗の軽減性能が高いタイヤとなります。このタイヤは、ミニバン専用タイヤとなっており、低燃費運転が出来るように設計されています。ミニバン自体、それなりに大きな部類に入る車なので、燃費が悪くなるというデメリットはどうしてもあります。そういった面をカバーするためにも、低燃費性に優れたこのタイヤを使ってみてはいかがでしょうか。

タイヤ幅205mm重量13kg

口コミを紹介

205 60R16 ファルケンのZIEXからの履き替えです。交換後およそ5000㎞程度の走行 月に1000㎞は走行します。燃費は下道でリッター7㎞から7.2㎞とわずかに良くなった感じ。高速燃費はリッター13.4㎞と以前と変わらずです。ノイズや乗り心地はこちらの方がいいと思いますよ。ウェットグリップも申し分なく、値段も手頃で中々いいタイヤだと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

GOODYEAR

EAGLE LS EXE 235/50R18 97V

価格:10,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

運動性能の高い低燃費タイヤ

低燃費タイヤながら、運動性能に優れたタイヤとなります。ハンドル操作とは、車を運転する上で「最も重要だと言えるポイント」となります。この操作が上手く出来るかどうかで「運転時の安定性」が決まってくると言えます。その点を考えると「EXE専用技術」により、イメージ通りの運転が出来るこのタイヤは、かなり優れているのです。低燃費かつ安定運転を行いたいなら、ぜひどうぞ。

タイヤ幅235mm重量12.33kg

口コミを紹介

交換してからはバンドルが軽くなった気がします 乗り心地も良くなったような いい買い物ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

横浜タイヤ

ADVAN NEOVA AD07 155/60R13

価格:10,330円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリップ力の優れたタイヤ

グリップ力の優れたタイヤとなります。このタイヤは「軽自動車やスポーツ車」などを対象としたタイヤですが、とにかく「グリップ力」に定評があります。グリップ力が上がれば「運転性能向上と安定性」に繋がるため、軽自動車やスポーツカーとの相性はかなり良いと言えるでしょう。価格に見合った性能があるため、ぜひ試してみてください。

タイヤ幅155mm重量5.56kg

口コミを紹介

グリップ 操作性 ノイズなど文句ありません ウエットでも止まりますいいですね 走る人にはお勧めです

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ミシュラン

ENERGY SAVER + 195/65R15 91H

価格:8,637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性重視のタイヤ

とにかく、どんな車種にも使える安定性を携えたタイヤとなります。長持ちすることはもちろん「低燃費・摩耗体制・雨天スリップ防止性能」など、幅広い面で高い性能を誇っています。とにかく「安定した走りの実現」を重視したタイヤとなっているので、どんな人にも使いこなせる商品だと言えるでしょう。安全性重視の人はぜひ試してみてください。

タイヤ幅195mm重量7.58kg

口コミを紹介

タイヤとしては転がり感もあり、ハンドルを切った際の過度な反応もなく素直なタイヤだと思います。乗り心地も特に不満はありません。(パイロットスポーツ、ネオバと比べてるせいかもしれませんが、、、)
パンクしたので交換の為買いましたが、値段も安く、直ぐに届き、製造週も新しく満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ブリヂストン

POTENZA RE-71R 165/50R15 73V

価格:13,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツカー好きな人におすすめ

ブリヂストンが開発した「スポーツカーに適したタイヤ」となります。サーキットなどで使うことを想定されていますが「一般的にスポーツカーを運転している人」にも、十分におすすめできるタイヤとなっています。特に、グリップ力は「路面に吸い付く」ような感覚を得ることができ、かなり高性能となっています。スポーツカー好きなら、1度は試してみてください。

タイヤ幅165mm重量7.09kg

口コミを紹介

ブリヂのエコタイヤから、交換、最近のエコタイヤなかなかグリップするなあ、とか、思ってましたが71Rの感触のあとでは、クソタイヤです。剛性感グリップ力全てが最高(*'・ω・`)b!ロ-ドノイズ大きめですが、全てが、吹き飛ぶ楽しさ山道とか、走るのが、好きな人オススメです(* ̄∇ ̄)ノ

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

TOYO

TRANPATH Lu2 235/50R18 101W XL

価格:13,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乗り心地重視のタイヤ

乗り心地に重点を置いたタイヤとなります。低燃費タイヤであることに間違いないですが、このタイヤは「多くの人が快適なドライブが出来る」ことを目的としています。特に「ノイズ低減」に関する性能が高く、走っていてもあまり音を感じることがありません。また、振動に関しても「ほとんど防ぐこと」が出来るため、快適な運転を体験したいならおすすめです。

タイヤ幅235mm重量12.8kg

口コミを紹介

ロードノイズが少なく、以前のタイヤよりはるかに乗り心地が良くなりました。次も購入したいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

GOODYEAR

EAGLE REVSPEC RS-02 225/45R17 90W

価格:10,390円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日常的に使えるスポーツ向けタイヤ

日頃の生活に使える上に「スポーツ向け」としての性能も兼ね備えたタイヤとなります。ハイグリップテクノロジーを使った「安定したグリップ力」により、街乗りに適した性能を発揮しています。さらにREVSPEC伝統の「ゲーターバックデザイン」により、撥水力が向上しており、雨の時でも安心して運転することが出来ます。どんな状況にも対応できるタイヤとなっているため、ぜひ試してみてください。

タイヤ幅225mm重量10.3kg

口コミを紹介

購入してから届くまで とても早く1番気になっていた製造年月も今年の2月と長期在庫ではない商品が届きました。タイヤはまだ余り走り込んておりませんが 街乗りでは何ら問題なく価格を考えると十分満足の行くタイヤです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

タイヤの選び方

タイヤの選び方は「自分に合ったもの・交換時・どこで選ぶか」によって、かなりの違いが出てくるものです。それをよく理解して、正しいタイヤの選び方を行っていきましょう。

自分の車に合ったタイヤを選ぶ

まず最初に「自分の車に合ったタイヤ」を選ぶことを考えてみてください。それぞれの車には「ピッタリと合うタイヤ」が、必ず存在しているのです。

車種ごとのタイヤを知っておく

タイヤを選ぶ際「車種に合ったものを選ぶ」ことは、かなり重要な要素となります。それが出来なければ、タイヤの性能を十分に発揮することができないのです。合わないタイヤを履いていたために、無駄な摩耗が続き、最悪「事故」になってしまうケースも多いのです。

 

車種には、様々なものがあり「ミニバン、SUV、軽自動車、セダン、コンパクトカー」等々、少し挙げるだけでもこれだけあります。そして、それぞれの車種ごとに「最適なタイヤ」というものが存在しています。

 

車種ごとの最適なタイヤは、大抵「購入時に履いているもの」となり、それを基準にタイヤを選ぶことになるでしょう。やはり、同じ分類のタイヤを履いている方が「車の性能を十二分に発揮させられる」ことから、タイヤ選びは重要だと言えるのです。自分で判断しにくいなら、まずは最寄りの専門店などで聞いてみることもおすすめします。

タイヤサイズは間違えない

車のタイヤを選ぶ際、間違えてはいけないものが「タイヤサイズ」となります。タイヤサイズは、タイヤの側面に表示されており「車に合ったタイヤサイズ」を見ることが出来ます。特に、新車購入であれば、自分の車に適したタイヤサイズを確実に知ることが出来るので、ぜひ覚えておきましょう。

 

タイヤサイズの表示は「タイヤごとに少しずつ違う」ものとなっています。ですが、最低限見ておくべき項目は「左から4つ目まで」と言えるでしょう。4つの表示は「タイヤの幅・タイヤの厚み・ラジアル構造・インチ数」であり、この表示を見ておくことで、大抵のタイヤは選びやすくなります。

 

もし、車のタイヤを交換したいと考えている人は「これら4つの項目をメモする」ことで、迷うこともなくなります。タイヤ選びを行う上で、確実に抑えておくべきポイントなので、しっかりと覚えておくようにしましょう。

インチアップは慎重に

車のタイヤにこだわっている人は「インチアップ」を行っている人が多くいます。これは、簡単に言うと「ホイールを交換して、タイヤサイズを変える方法」であり、見た目がかっこ良く見えるような工夫だと言えるでしょう。見た目重視な車好きの人は、タイヤのホイールからこだわっているということです。

 

ですが、このインチアップにはデメリットも存在しており「燃費の悪化、ハンドル操作の低下」などの悪影響が懸念されるものです。つまり、普通に車を利用する点から考えると「性能面が下がってしまう」ということなのです。

 

ですが、車好きとしては「タイヤ回りの見た目にこだわりたい」と考えるのが当然であるため、インチアップを行う人は少なくありません。また、インチアップによっては「タイヤサイズが大きくなり、直進性能が上がる」ことも考えられます。良し悪しのある方法なので、インチアップは慎重に検討をしてみてください。

タイヤ交換時は、別のタイヤも検討する

タイヤ交換と一言で言っても「様々な種類のタイヤが存在する」ため、選ぶときには慎重になる必要があります。そうでなければ、車の性能を下げる結果となってしまうのです。

 

 

燃費重視のタイヤ

車の燃費が気になる人は「燃費重視のタイヤ」を選んでみるようにしましょう。車の燃費には「タイヤの性能」が大いに関係しており、長く乗るほどその差が顕著に出てきます。長年、同じタイヤを履いている人は、もしかすると「必要以上に燃費が悪くなっている」可能性もあるのです。

 

最近、専門店などで見かけることが多くなった「低燃費タイヤ」という表示があるのを知っているでしょうか。これは、そのタイヤの「転がり抵抗係数・ウェットグリップ性能」を評価別に表しています。この表示を見れば、タイヤがどれだけの性能を持っているかを簡単に確認できるのです。

 

タイヤの燃費は「転がりやすく、止まりやすい」ものが、比較的低燃費とされています。その方が、より長い距離を走りやすくなるのです。こういった点を考慮したものが、低燃費タイヤとなるので、ぜひ覚えておきましょう。

操作性重視のタイヤ

車を運転する際「操作性」に重きを置いている人も多くいます。特に、スポーツカーなどでは、確実な操作性が必要不可欠と言えるでしょう。そういった点を考慮するのであれば、タイヤ交換時に「グリップ力」をよく見て、タイヤ選びを行ってみてください。

 

ちなみに、タイヤのグリップ力は「タイヤの太さとは関係ない」ということを知っているでしょうか。よく、F1レースのマシンを見て「タイヤが太いから、グリップもききやすい」と思っている人がいますが、あれは間違いです。あくまで必要なことは「どれだけ地面とタイヤがくっついていられるか」なので、その点を見ておくようにしましょう。

 

タイヤが操作しきれずにスリップするときは「グリップ力の限界を超えている」ことを意味しています。逆に考えると「グリップ力が高いほど、車を操作できる限界値も増える」のです。より良い操作性を求めるなら「グリップ力」の数値を確かめるようにしましょう。

環境に適したタイヤ

タイヤ交換時は「季節」によっても、選ぶタイヤが違ってきます。暑い時期もあれば、寒い時期もある日本において「季節に合わせたタイヤ選び」が重要になってくると言えるでしょう。これは、事故等を防止するためにも重要なことなのです。

 

タイヤには「夏用タイヤ・冬用タイヤ・オールシーズン」など、それぞれの季節に合わせたものがあります。このような違いがあるのは「季節ごとの路面状態が違う」ためなのです。季節に合わせたタイヤを履いていれば「それだけ安全に運転できる」ことにも繋がるため、タイヤ選びにとって、重要なポイントとなります。

 

タイヤ交換時期において「季節ごとに行っている人」というのは、かなり存在しています。特に、冬時は「スリップ事故が多発する」ため、多くの人がタイヤ交換を行っているでしょう。少しでも安全な運転を行いたいなら、季節ごとに適したタイヤを選ぶようにしましょう。

タイヤ選びを頼む場所は、よく検討する

タイヤを選ぶとき、気にする点として「どこで選ぶか」というものもあります。同じタイヤでも、選ぶ先が違うと「価格などにも影響してくる」のです。

安定するのは「タイヤ専門店」

タイヤ選びにおいて、最も安心確実な場所は「タイヤ専門店」となります。タイヤ専門店は、その名の通り「タイヤを豊富に扱う店」であり、その道のプロが揃っています。価格が安いことはもちろん「種類・タイヤとホイールの組み合わせ」なども多く、自分に合ったタイヤを選ぶことが出来ます。

 

タイヤ選びは、あまり知識がない場合「どうしても迷ってしまう」場面が多くなるものです。そんなとき、タイヤに詳しい人がいれば「自分に最適なタイヤを勧めてくれる」ため、迷うことも少なくなります。

 

こうしたバックアップ体制があると「自分以外の意見を聞く機会が増える」ため、より良いタイヤ選びを行うことが出来るでしょう。専門分野のことは「専門家に聞くのが1番」なので、悩んでいる人にはおすすめです。ぜひ自分に合ったタイヤを、専門家と一緒に選んでみてください。

キャンペーンがあるなら「カー用品店」でも良い

ある程度、タイヤの知識に自信があるという人は「カー用品店」がおすすめです。カー用品店は、タイヤ以外にも「車に関する様々な商品」が販売されている場所となります。そのため、タイヤを含む車関係で必要なものを探すには最適の場所と言えます。

 

カー用品店は、タイヤ専門店ほどではないにしても「品揃えが豊富」となっており、技術力や知識の高いスタッフも揃っています。また、カー用品店では「キャンペーン」がよく行われているため、時期をみてタイヤ購入をすれば「かなり安い値段でタイヤ交換が出来る」こともあります。

 

タイヤ専門店の方が、よりタイヤに関する様々なことに対応できることがありますが「店によって違う」ため、カー用品店も侮ることは出来ません。どちらも捨てがたいですが、タイヤ以外にも「カー用品が見たい」と考える人などには、おすすめだと言えるでしょう。

緊急なら「ガソリンスタンド」

もし、出先で急にタイヤ交換をしなければならない場合は「ガソリンスタンド」を利用するようにしましょう。ガソリンスタンドは、全国各地に存在しており「タイヤの在庫もある」ため、気軽に利用することが出来るでしょう。ついでにガソリンを入れるためにも良いです。

 

ですが、ここで気を付けておかなければならない点として「タイヤの種類が少ない」ということです。そのため、車種によっては「合うタイヤの在庫がない」ことにもなりかねません。あくまで、ガソリンスタンドを利用したタイヤ交換は「緊急時に限る場合だけ」だと覚えておきましょう。

 

それでも「本当に緊急性が高い場面」では、ガソリンスタンドを頼るという選択肢は有効となります。ガソリンスタンド自体「給油するだけの場所」と考えられていますが、こういった利用方法もあることを覚えておいてください。

 

信頼できるなら「ディーラー」

もし、よく利用するディーラーがあるなら「専門タイヤの交換」を依頼することもおすすめです。一般的に、ディーラーにあるタイヤは「特定車種だけ」であることがほとんどです。ですが、逆に考えると「自分の車に使える専用タイヤに交換しやすい」ということでもあるのです。

 

専用タイヤが揃っている分「他の車種のタイヤがない」というデメリットがありますが、それは些細な点と言えるでしょう。むしろ、贔屓にしているディーラーなら「タイヤの価格を安く見積もってくれる」ため、メリットの方が多いくらいなのです。

 

タイヤの選択肢が限られる分「確実な専用タイヤを選べる」ため、ディーラーが近くにある人は、相談してみてください。また、タイヤ交換と同時に「新しい車の話も出来る」ため、買い替えを検討している人にはおすすめです。ディーラーと親密になると、良い事がよくあるため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

これから必要になるタイヤチェーンの取り付け方!

最近のタイヤチェーンはジャッキなどで車を持ち上げなくても付けられるものも増えてはいますが、雪や地面が凍結し始める前にタイヤチェーンの付け方を練習しておいた方がいいので少し早いですがご紹介しておきます。

チェーン規制

私はスタッドレスタイヤを履くからいいや、なんて考えてる方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

 

実は国土交通省は「大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪がある場合はチェーンタイヤでないと走行できない」ようにする規制を今後実施予定とされています。

 

ですのでスタッドレスタイヤだけでは交通規制の対象になってしまう可能性があります。また大雪の時にチェーンをまく作業は簡単に取り付けられるものだったとしてもとても焦ってしまいやすくもあるため、必ず事前練習はしておいてください。

ゴム・ウレタン製のタイヤチェーンの取り付け方

最近の主流になりつつあるのはゴムやウレタン製のタイヤチェーンです。ゴムやウレタン製のものは簡単に取り付けやすい反面経年劣化を起こしますので使用期間は五年まで、とされているものが多いので久しぶりに使うときはしっかり確認してください。

 

タイヤチェーンは裏表や内側外側などもあります、スパイクがついてる方が地面側に来るようにしますが、取り付けるときはスパイのは面は上つまり空側に来るようにします。そしてタイヤの裏側に通すようにします。

 

このとき表側にくるフックは車の内側に行くようにします。そして1番手前のフックをタイヤの上側に持ってきて連結させます。次はタイヤの下側にあるフックを連結させ。残っている上と下のフックを連結させます。

 

そしてタイヤチェーンにゴムバンドを対角線上に来るようにくっつけていきます、これで完成ですが文字だととてもわかり辛いと思いますので動画のご紹介をします。

動画でもっとわかりやすく!

タイヤの寿命・交換の目安

タイヤは1番車の中でも気を使って欲しい場所です。もしタイヤが寿命を超えていたりした場合に事故の可能性が跳ね上がるだけでなく、人に迷惑をかけてしまうかもしれません、ですので今回はタイヤの寿命と交換目安のご紹介をしていきます。

タイヤの交換目安

タイヤの交換目安の1つにスリップサインというものがあります。タイヤの溝が1.6mm以下になると通常縦に溝がはいいているところに横から線が出てきます。新品のタイヤには見られない跡でこのスリップサインが一箇所でも出たら交換の目安です。

 

またタイヤの溝が1.6mm以下で走行すると道路交通違反になりますので注意してください。

ゴムの劣化

古いタイヤは確実にゴムの劣化が進んでいます。目に見えてヒビや割れが出ていなかったとしても内部ではしっかり劣化しています。だいたいタイヤの寿命やメーカーが推奨している使用期限は4〜5年です。

タイヤのバースト、パンクとの違い

タイヤのバーストって聞いたことはありませんか?通常タイヤでのトラブルと言えばパンクが頭に浮かぶと思いますが実はこの2つは全然違いますのでご紹介します。

タイヤのバーストとは

タイヤのバーストとは突然走行中にタイヤが爆発することを言います。バーストしてしまうと運転者がコントロールしようとしてもコントロールできず。周りの車や人を巻き込んだ大きな事故に繋がる可能性がとても高いトラブルです。

 

大きな原因はタイヤの空気圧が正常でない場合と過積載、タイヤの経年劣化などがあります。自分だけでなく周りも巻き込んでしまうとても怖い現象ですがしっかりとタイヤの点検や積載量を守ることで防ぐことができます。

 

また過積載は旅行なので人数や荷物が増えてしまっている状況でも起こり得ますので特に乗用車やミニバンの方などはお気をつけください。

パンクとの違い

パンクはバーストとは違い徐々に空気が抜けていく現象を言います。主な原因は釘などの鋭利なものを踏んづけてしまった時や縁石などに乗り上げてしまった時に穴が空いた、などの原因があります。

 

パンクは気づかずに走り続けられはしますがバーストの場合はいきなりパンッ!と大きな音とハンドルが取られるのですぐに気づきます。最近のタイヤは釘などが刺さってもすぐには空気が抜けない構造になっているものも多く後日気づくなどの可能性もあります。

 

ですのでこちらの場合でも定期的な点検を心がけてください。

タイヤのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4858397の画像

    GOODYEAR

  • 2
    アイテムID:4858395の画像

    TOYO

  • 3
    アイテムID:4858393の画像

    ブリヂストン

  • 4
    アイテムID:4858391の画像

    ミシュラン

  • 5
    アイテムID:4858389の画像

    横浜タイヤ

  • 6
    アイテムID:4858387の画像

    GOODYEAR

  • 7
    アイテムID:4858385の画像

    ダンロップ

  • 8
    アイテムID:4858383の画像

    横浜タイヤ

  • 9
    アイテムID:4858381の画像

    PIRELLI

  • 10
    アイテムID:4858379の画像

    横浜タイヤ

  • 11
    アイテムID:4858377の画像

    ロードストーン

  • 12
    アイテムID:4858372の画像

    トーヨー

  • 13
    アイテムID:4858371の画像

    PIRELLI

  • 14
    アイテムID:4858370の画像

    ブリヂストン

  • 15
    アイテムID:4858369の画像

    ファルケン

  • 商品名
  • EAGLE REVSPEC RS-02 225/45R17 90W
  • TRANPATH Lu2 235/50R18 101W XL
  • POTENZA RE-71R 165/50R15 73V
  • ENERGY SAVER + 195/65R15 91H
  • ADVAN NEOVA AD07 155/60R13
  • EAGLE LS EXE 235/50R18 97V
  • ENASAVE RV504 205/60R16 92H
  • BluEarth RV-02 205/60R16 92H
  • DRAGON SPORT 215/45R17 91W XL
  • BluEarth AE-01F 175/65R15 84S
  • N-BLUE ECO SH01 195/65R15 91H
  • SD-7 175/65R14 82S sd7-1756514
  • Cinturato P1 215/60R17 96H
  • NEXTRY 145/80R13 75S
  • SINCERA SN832i 175/70R14 84S
  • 特徴
  • 日常的に使えるスポーツ向けタイヤ
  • 乗り心地重視のタイヤ
  • スポーツカー好きな人におすすめ
  • 安全性重視のタイヤ
  • グリップ力の優れたタイヤ
  • 運動性能の高い低燃費タイヤ
  • 低燃費重視のタイヤ
  • ミニバン・SUV専用タイヤ
  • コーナリング性能に優れたタイヤ
  • グレードAAAの低燃費タイヤ
  • トレッドパターンが最適化されたタイヤ
  • アクティブポリマーを使用した低燃費タイヤ
  • 快適な走りを実現しているタイヤ
  • ナノプロテック採用の低燃費タイヤ
  • 高性能低燃費タイヤ
  • 価格
  • 10390円(税込)
  • 13100円(税込)
  • 13750円(税込)
  • 8637円(税込)
  • 10330円(税込)
  • 10580円(税込)
  • 8840円(税込)
  • 9662円(税込)
  • 7800円(税込)
  • 6293円(税込)
  • 4516円(税込)
  • 3686円(税込)
  • 7486円(税込)
  • 3500円(税込)
  • 3810円(税込)
  • タイヤ幅
  • 225mm
  • 235mm
  • 165mm
  • 195mm
  • 155mm
  • 235mm
  • 205mm
  • 205mm
  • 215mm
  • 175mm
  • 195mm
  • 175mm
  • 215mm
  • 145mm
  • 175mm
  • 重量
  • 10.3kg
  • 12.8kg
  • 7.09kg
  • 7.58kg
  • 5.56kg
  • 12.33kg
  • 13kg
  • 9.8kg
  • 9.38kg
  • 6.49kg
  • 7.7kg
  • 3kg
  • 11.7kg
  • 4.68kg
  • 6.65kg

まとめ

タイヤの選び方とおすすめタイヤ15選を紹介しました。タイヤは、車を運転する上で「かなり重要な意味を持っているパーツ」のため、よく考えて選ばなければなりません。また、自分がどんなふうに車を運転したいのかによっても、最適なタイヤは違ってきます。今回紹介したタイヤとその選び方は、タイヤ選びを行う上での基準となります。ぜひ、自分に合ったタイヤ選びの参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ