【2023年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング11選【カインズ・オートバックスで買える?】

タイヤラックはタイヤを立てて保管できるのでスペースを有効活用でき、タイヤラックはタイヤ用品の売れ筋ランキングでも上位の人気商品で、キャスター付き・カバー付き・薄型など幅広くあります。この記事ではタイヤラックの選び方や人気ランキングを紹介しますので、参考にタイヤラックを購入してみませんか。

以下の記事はタイヤのおすすめランキングを紹介しています。あわせてご覧ください。

コメリでも買える!2・3段にもなるタイヤラックを使おう

降雪地帯に住んでいる方や冬にスキーなどを楽しむ方は、夏場などにスタッドレスタイヤの保管に困っていませんか。カインズホームやコメリなどにもあるタイヤラックがあればスタッドレスタイヤを立てて屋外に保管ができます。

 

タイヤラックがあれば、タイヤ1本を取り出す際にも便利です。また、SUV用のタイヤを1台分収納できる縦置きタイプ、2段・3段に重ねたりできるタイプなど、スペースを有効活用できます。さらにキャスター付きなど移動に便利なタイプもあります。

 

タイヤラックはコストコやカインズでも発売されており、おしゃれでスリム&頑丈なものがありますが、サイズが小さいものや18インチ対応など大きいものがあるので、選ぶのに困るケースがあります。タイヤの格納本数・信頼性・使い勝手をランキングの基準にしました。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

タイヤラックのおすすめ

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

タイヤラック カバー付 KTL-590C

組み立てが簡単なカバー付きのタイヤラック

タイヤラック カバー付は、スリムな製品なので狭い場所でもすっぽり収まります。はめ込み式なので、工具を使う必要がなく簡単に組み立てが可能です。またカバーが付属しているので、タイヤを紫外線から守ることができます。

 

タイヤラック カバー付は、塩化ビニル樹脂被覆鋼管スチールパイプを採用し、ジョイントパーツはABS樹脂&ポリアセタール、タイヤカバーはポリエステル、サイズは720×610×1450mmで、重量は3.7 Kg、耐荷重は120kgとなっています。

タイプ 2段式 組み立て式
収納本数 4本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:23.5cmまで・タイヤ直径:67.5cmまで
耐荷重 120kg 材質 タイヤラック パイプ:塩化ビニル樹脂被覆鋼管・スチールパイプ ジョイントパーツ:ABS樹脂、ポリアセタール ・カバー:ポリエステル
防錆塗装 伸縮機能あり X
キャスター付き X ストッパー付き X
カバー付き 59cm
奥行 36cm 高さ 127cm
重量 3.7kg

キャスター付きタイヤラックのおすすめ

1位

株式会社遠藤ワークス

タイヤラック キャスタータイプ EX001-001

組み立てが簡単な日本製タイヤラック

タイヤラックはスペアタイヤやオフシーズンのスタッドレスタイヤが格納できる便利な製品で、2人でドライバーを使って約20分で組み立てることが可能です。信頼できる日本製なので、安心して使用することができます。

 

1年間保証付きで初心者の方にもおすすめできます。サイズの違うタイヤを2台分(8本)とたっぷりと収納ができ、キャスターをオプションで付けるとタイヤ付け替えの際などの持ち運びにも便利です。

タイプ 2段式 組み立て式
収納本数 8本 対応タイヤサイズ タイヤ外形74cmまで
耐荷重 200kg 材質 本体:スチール/アクリル塗装 ・伸縮パイプ:スチール/クロムメッキ
防錆塗装 伸縮機能あり
キャスター付き ストッパー付き
カバー付き 92.5cm
奥行 40cm 高さ 126.5cm
重量 9kg

タイヤラックの選び方

タイヤラックはさまざまなタイプが発売されています。収納できる本数・自動車の種類・形で選ぶ・タイヤカバーの有無で選ぶ・設置場所などが選ぶポイントです。

収納できる本数で選ぶ

タイヤラックには大きく、2本格納できるタイプと4本収納できるタイプ、8本収納できるタイプがあります。自分の使い方に合ったタイヤラックをチェックしてみましょう。

スリムでおしゃれに置きたい方は「2本格納できるタイプ」がおすすめ

2本格納できるタイプは狭いスペースにおしゃれに設置できるので便利です。2本格納できるタイプは2組セットで販売されている場合があり、自動車1台分のスタッドレスやスペアタイヤを格納でき、スリムにスペースを有効活用できます。

車1台分のタイヤを置きたい方は「4本収納できるタイプ」がおすすめ

4本収納できるタイプは、自動車1台分のタイヤを想定しています。一家で自動車が1台といった都市型の生活をしている家族や独身の人におすすめのタイヤラックで、耐荷重が50kg以上あると、4本分のホイル付きタイヤの格納にも便利です。

車が2台ある方は「タイヤ8本収納できるタイプ」がおすすめ

タイヤ8本収納できるタイプは、自動車2台分のタイヤを想定しています。スタッドレスタイヤとサマ―タイヤをそれぞれ保管したい方や自動車を2台所有している方におすすめのタイヤラックです。

複数台分のタイヤを収納したい場合は「12本収納できるタイプ」がおすすめ

複数台分のタイヤを収納したい場合は12本収納できるタイプが良いでしょう。タイヤの数が多くなるほど安定がしにくくなるので、総重量は必ずチェックしておくことをおすすめします。

設置場所で選ぶ

タイヤラックは大きいため、設置する場所に合わせて選ぶ必要があり、設置場所によって台車タイプ・サイズが調整できるタイプなどがあるので紹介します。

保管場所が離れている方は「台車タイプ」がおすすめ

常に同じ場所に置けない事情があったり、駐車場までの距離があったりする場合は台車タイプのタイヤラックをおすすめします。ホイル付きのタイヤは10kg程度あるので、持ち運ぶのに便利で、特に女性におすすめなのが、台車タイプのタイヤラックです。

「屋外」で保管する方は「防錆塗料」が塗ってあるタイプがおすすめ

防錆塗料が塗っていないタイヤラックを屋外で保管しておくと、雨や風にさらされてタイヤラック自体が錆びてしまいます。錆びてくると耐久性も錆びていないときより弱くなってくるので、タイヤラックを屋外で保管する時は防錆塗料が塗ってあるものを選びましょう。

 

また、金属塗装をすることによって防水性も上がるので錆びにくくなるので、エポキシ樹脂粉体塗装・ポリエステル塗装・アクリル塗装・メラミン塗装といった塗装がされていのタイプのタイヤラックもおすすめです。

「サイズが調整できるタイプ」もスペースを節約できておすすめ

タイヤの横幅はさまざまなので、タイヤラックのサイズが調整できるタイプを選べば、スペースを有効活用できます。特に狭い場所に、タイヤラックを置きたいとい方にとっては、タイヤラックのサイズが調整できると便利です。

自動車の種類で選ぶ

タイヤラックには普通自動車用と軽自動車用の2つのタイプに分かれることがあるので、購入する際に注意する必要があります。用途に合わせて確認をしましょう。

「SUV」や普通自動車に乗っている方は「20インチ超」の物がおすすめ

SUVや普通自動車のタイヤの中には20インチを超えるものがあり、とても大きいです。そのため、車用のタイヤラックが発売されています。愛車が大きなサイズのタイヤを装着している場合は、SUV・普通自動車用のタイヤラックが必要なので、選ぶ際は留意が必要です。

軽自動車に乗っている方は「薄型」がおすすめ

軽自動車のタイヤは大きくても14インチ程度なので、普通自動車に比べると薄型で小さい場合があり、軽自動車用のタイヤラックが発売されています。軽自動車用のタイヤラックはコンパクトになっていることが多いのです。

形で選ぶ

タイヤラックには、一段タイプと二段タイプ・横置きタイプがあり、選ぶポイントとなっています。タイプの違いをしっかり確認してタイヤラックを選んでください。

「18インチ」サイズなどの大きなタイヤを持ち上げたくない方は一段タイプがおすすめ

一段タイプのタイヤラックは二段タイプより、積み込みやすいメリットがあります。高さが確保できないガレージや倉庫におすすめです。安定感があり、タイヤを載せたまま移動する際も安全に運べます。18インチなどの大きなタイヤを持ち上げたくない方に向いています。

マンションなど収納スペースが狭い方には頑丈な「2段タイプ」がおすすめ

タイヤを置く場所が狭い場合は、2段タイプのタイヤラックがおすすめで、特にマンションのベランダなどにタイヤを置く場合はスペースに限りがありますので、2段タイプのタイヤラックはぴったりです。

ホイール付きのタイヤなら「横置き」タイプがおすすめ

ホイール付きのタイヤなら横置きタイプがおすすめです。ホイール付きのタイヤを縦置きするとタイヤが潰れてしまう可能性があるので、接地面のケアとしても横置きタイプを検討するのも良いでしょう。また安定してタイヤを収納できるというメリットもあります。

タイヤの劣化を防ぐなら「カバー付き」の有無をチェック

タイヤラックを外に置く場合、カバーが付いたタイプであれば、タイヤを風や雨から守ることができるのでおすすめです。さらに、紫外線からタイヤを守ってくれるので、タイヤの劣化を抑えてくれます。専用のカバーのほうが、風によるバタつきが少ないです。

キャスター付きで安定しているものなら「ストッパー付き」を確認

タイヤラックの多くは組み立て式ですが、その組立方法は製品によってさまざまです。なので、タイヤラックは、組み立てたときにできるだけ安定しているものを選ぶようにしましょう。

 

また、キャスター付きのタイヤラックを選ぶ際は、ストッパーがついているかを確認しましょう。こちらが付いていると、タイヤラック自体が固定されるので安全面が更に上がります。

タイヤラックの人気おすすめランキング4選

4位

川口工器(Kawaguchi Koki)

スロープ付きタイヤラックレギュラー ‎ST-51

出し入れが簡単な1段タイプ

スロープ付きタイヤラックは、タイヤの出し入れが簡単の製品で、スロープが付いているので、タイヤの格納が可能です。スロープは使わないときはタイヤラックの本体の側面に引っ掛けておけるので、邪魔にはなりません。

タイプ 1段式 組み立て式
収納本数 4本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:21.5cmまで・タイヤ直径:約88cmまで
耐荷重 80kg 材質 スチール(メラミン樹脂焼付塗装)
防錆塗装 伸縮機能あり X
キャスター付き X ストッパー付き
カバー付き X 約95.5cm
奥行 約38cm(スロープ取り付け時:64cm) 高さ 約61cm
重量 約4.7kg

口コミを紹介

注文してすぐに届けていただきました。
組み立ても簡単です。
タイヤを2段で収納するものよりも横に4本置けるので安定感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

FIELDOOR

タイヤラック 縦置き 4本 カバー付 スリム タイヤ 2個セット LT-02

スリムなので狭いスペースにも置ける

タイヤスタンド スリムは、狭いスペースでもタイヤを格納できる製品です。スタッドレスやスペアタイヤの格納にぴったりで、キャスターが付いているので、簡単に移動ができます。

 

タイヤスタンド スリム本体はスチール ・カバーがポリエステル・アジャスターがPP樹脂となっていて、本体にスチールを採用しているため、しっかりしています。お値段もお安めなのでおすすめのタイヤラックです

タイプ 2段式 組み立て式
収納本数 4本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:21.5cmまで・タイヤ直径:66cmまで
耐荷重 120kg 材質 本体 : スチール ・カバー : ポリエステル ・アジャスター : PP樹脂
防錆塗装 伸縮機能あり
キャスター付き 追加料金で◯ ストッパー付き
カバー付き 41cm
奥行 29cm 高さ 101.5cm
重量 約5.5kg

口コミを紹介

スタンド本体は高さ調整も出来、剛性もあるので満足です。カバーを留めるボールバンドも使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

川口工器

スロープ付きタイヤラック レギュラーカバー付 ST-514

18インチなどの重いタイヤを転がして出し入れできるスロープ付き

18インチなどの重いタイヤでも、スロープを介してラックに置けます。スロープを使わないときはラックの側面に掛けられるので保管も楽です。また、アジャスター付きで約5mmの高さに調整ができるので、凹凸のある場所でも苦になりません。

タイプ 1段式 組み立て式
収納本数 4本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:21.5cmまで・タイヤ直径:65cmまで
耐荷重 100kg 材質 本体:スチール(メラミン樹脂焼付塗装)/カバー:ポリエステル
防錆塗装 伸縮機能あり X
キャスター付き X ストッパー付き
カバー付き 約95.5cm
奥行 約38cm(スロープ取り付け時:64cm) 高さ 約61cm
重量 約4.8kg

口コミを紹介

組立簡単。スロープも付いてくるので、乗り降ろしも楽ちんです。また、カバーも着いてくるので、野ざらしの方も安心ですね。215/40r18の7.5jは4本乗ります、215/40r18の8.5jは3本しか乗りません。ご参考までに。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

タイヤラック カバー付 KTL-590C

組み立てが簡単でカバー付き

タイヤラック カバー付は、スリムな製品なので狭い場所でもすっぽり収まります。はめ込み式なので、工具を使う必要がなく簡単に組み立てが可能です。またカバーが付属しているので、タイヤを紫外線から守ることができます。

 

タイヤラック カバー付は、塩化ビニル樹脂被覆鋼管スチールパイプを採用し、ジョイントパーツはABS樹脂&ポリアセタール、タイヤカバーはポリエステル、サイズは720×610×1450mmで、重量は3.7 Kg、耐荷重は120kgとなっています。

タイプ 2段式 組み立て式
収納本数 4本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:23.5cmまで・タイヤ直径:67.5cmまで
耐荷重 120kg 材質 タイヤラック パイプ:塩化ビニル樹脂被覆鋼管・スチールパイプ ジョイントパーツ:ABS樹脂、ポリアセタール ・カバー:ポリエステル
防錆塗装 伸縮機能あり X
キャスター付き X ストッパー付き X
カバー付き 59cm
奥行 36cm 高さ 127cm
重量 3.7kg

口コミを紹介

荒れた天気でもバタツク事なくタイヤを防護してくれています。
フレームも値段で考えるなら非常に良い物だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

タイヤラックのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 タイプ 組み立て式 収納本数 対応タイヤサイズ 耐荷重 材質 防錆塗装 伸縮機能あり キャスター付き ストッパー付き カバー付き 奥行 高さ 重量
アイテムID:12027414の画像

Amazon

楽天

ヤフー

組み立てが簡単なカバー付きのタイヤラック

2段式

4本

タイヤ幅:23.5cmまで・タイヤ直径:67.5cmまで

120kg

タイヤラック パイプ:塩化ビニル樹脂被覆鋼管・スチールパイプ ジョイントパーツ:ABS樹脂、ポリアセタール ・カバー:ポリエステル

X

X

X

59cm

36cm

127cm

3.7kg

アイテムID:12016697の画像

Amazon

楽天

ヤフー

18インチなどの重いタイヤを転がして出し入れできるスロープ付き

1段式

4本

タイヤ幅:21.5cmまで・タイヤ直径:65cmまで

100kg

本体:スチール(メラミン樹脂焼付塗装)/カバー:ポリエステル

X

X

約95.5cm

約38cm(スロープ取り付け時:64cm)

約61cm

約4.8kg

アイテムID:12013588の画像

Amazon

楽天

ヤフー

スリムなので狭いスペースにも置ける

2段式

4本

タイヤ幅:21.5cmまで・タイヤ直径:66cmまで

120kg

本体 : スチール ・カバー : ポリエステル ・アジャスター : PP樹脂

追加料金で◯

41cm

29cm

101.5cm

約5.5kg

アイテムID:12013585の画像

Amazon

楽天

ヤフー

出し入れが簡単な1段タイプ

1段式

4本

タイヤ幅:21.5cmまで・タイヤ直径:約88cmまで

80kg

スチール(メラミン樹脂焼付塗装)

X

X

X

約95.5cm

約38cm(スロープ取り付け時:64cm)

約61cm

約4.7kg

キャスター付きタイヤラックの人気おすすめランキング7選

7位

足立製作所

カバー付き薄型タイヤラック2個組

薄型ながらSUVのタイヤも収納できる

薄型タイヤラックは薄型に設計されており、場所を取らない製品です。新しい発想で開発されておりタイヤをスリム&コンパクトに格納でき、この製品にはSUV・軽自動車用・普通車用・大型車用があり、ラインナップが充実しています。

 

薄型タイヤラックの材質はスチール(メラミン塗装)などとなっています。大人2名であれば20分以内で組み立てが完了するので簡単です。キャスターが付いているので、女性でも簡単に移動できます。

タイプ 2段式 組み立て式
収納本数 2本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:23cmまで・タイヤ直径:68cmまで
耐荷重 50kg 材質 本体:スチール(メラミン焼付塗装) ・カバー:ポリエステル
防錆塗装 伸縮機能あり X
キャスター付き ストッパー付き 4個中2個
カバー付き 36.5cm
奥行 24cm 高さ 97.5cm
重量 約3.9kg

口コミを紹介

組み立ては簡単です。
製品の精度は高いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ミヤグチ企販

薄型 タイヤラック 2台組 NTL-711

簡単に移動でき置き場所に困らない

薄型 タイヤラックは、タイヤが2本収納できる製品で、このタイヤラックを使えば、オフシーズンのスタッドレスタイヤの格納する際に便利です。側面にはフックが装着されているので、清掃道具がかけられるようになっています。

 

薄型タイヤラックの材質は、本体がスチールパイプなので強靭なつくりとなっています。本体にはキャスターが装着されており、簡単に移動できるので、置く場所に困る事がありません

タイプ 2段式 組み立て式
収納本数 4本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:28cmまで・タイヤ直径:外径80cmまで
耐荷重 約50kg 材質 本体:スチールパイプ(エポキシ樹脂粉体塗装)・カバー:ポリエステル(撥水加工)
防錆塗装 伸縮機能あり X
キャスター付き ストッパー付き
カバー付き 26.8cm
奥行 45cm 高さ 114cm
重量 約5.4kg

口コミを紹介

保管スペースが広く取れない我が家にとっては薄型で非常に使い勝手が良いです。カバーの丈がもう少し長かったら言う事無しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ボンフォーム(BONFORM)

タイヤ収納カバー タイヤラック‎ 7250-40SI

屋外の離れた保管場所でも楽に運べる

タイヤラック 台車タイプは大型のキャスターが付いているので、屋外の離れた保管場所にタイヤが簡単に運べて便利です。また、パイプガードが付いているので、タイヤに傷が付くのを防いでくれます。

 

タイヤラック 台車タイプの材質は本体がスチール、カバーはポリエステルを採用しておりしっかりした構造で、簡単に移動できるので、固定式のタイヤラックを置くスペースがなくても設置できるので便利です。

タイプ 1段式 組み立て式
収納本数 4本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:24.5cmまで・タイヤ直径:69cmまで
耐荷重 120kg 材質 本体:スチール ・カバー:ポリエステル
防錆塗装 伸縮機能あり
キャスター付き ストッパー付き
カバー付き 38cm
奥行 65~102cm 高さ 約86cm
重量 7.48Kg

口コミを紹介

移動するとネジが緩むとのレビューを見てホームセンターでスプリングワッシャーを購入。
全てのネジに使ったところ200m以上の移動でも問題ありませんでした。225/50 18インチのタイヤ4本で2cm程の余裕です。

出典:https://www.amazon.co.jp

タイヤを傷めずに収納できる横置きタイプ

このタイヤラックはタイヤを傷めずに格納できる製品です。更に、タイヤをコンパクトに格納できるので置く場所に困りません。タイヤの幅は最大215mmまで、タイヤの径は最大690mmまで格納することが可能です。

 

タイヤラックの材質は本体がスティール、タイヤカバーがPE 、固定パーツがABS樹脂、PP、スティールとなっています。キャスターを装着しているので、移動させる際に楽に動かせるでしょう。

タイプ タイヤ横置き型 組み立て式
収納本数 4本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:21.5cmまで・タイヤ直径:69cmまで
耐荷重 80kg 材質 本体:スチール(ポリエステル塗装)・固定パーツ:ABS樹脂/ポリエステル/スチール・タイヤカバー:ポリエチレン
防錆塗装 伸縮機能あり X
キャスター付き ストッパー付き
カバー付き 46.5cm
奥行 46.5cm 高さ 115cm
重量 4.3kg

口コミを紹介

本製品は今回で2個目の購入になります。前回のものもまだまだ使えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

YouTen(ユーテン)

タイヤラック キャスター付き YT-TYL

強化ゴム製のキャスター付きでタイヤ8がが収納できる!

タイヤラック キャスター付きは、はめ込み式フレームを採用したラックです。横揺れに強い構造で、下に格納したタイヤの大きさに対応して、上の棚の移動ができ、いろいろなタイヤの格納ができます。

 

タイヤラック キャスター付きのサイズは、従来品と比べても抜群の強度を誇ります。さらに、強化ゴム製のキャスターが付いているので、移動するのが楽なうえに、劣化しにくいです。タイヤ8本収納できるので収納力も抜群です。

タイプ 2段式 組み立て式
収納本数 8本 対応タイヤサイズ タイヤ幅:24.5cm・タイヤ直径:72.5cm
耐荷重 300kg 材質 メーカー記載なし
防錆塗装 伸縮機能あり
キャスター付き ストッパー付き
カバー付き X 103.8cm
奥行 38.6cm 高さ 110.9cm
重量 メーカー記載なし

口コミを紹介

安いので半信半疑でしたが、剛性も高くストッパー付きのキャスターが付いているので、移動も楽です。
単管パイプで自作するよりも安上がりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

FIELDOOR

タイヤラック ワイド 専用カバー付 【グレー】 & キャスター セット

大きめのタイヤも1列に収納できるワイドな設計

ラックの内寸が100cmの幅広設計で、ミニバンクラスの幅広タイヤも4本1列で収納できます。また、タイヤをしっかり支えるフレーム構造なので、移動時のガタつきを抑えます。さらにボールバンドで簡単に固定できるカバー付きです。

タイプ 2段式 組み立て式
収納本数 8本 対応タイヤサイズ 73cm以下
耐荷重 200kg 材質 本体:スチール/カバー: ポリエステル/アジャスター:PP樹脂
防錆塗装 伸縮機能あり X
キャスター付き ストッパー付き
カバー付き 外寸:約105cm/内寸:約100cm
奥行 外寸:約35cm/内寸:約30cm 高さ 約105cm
重量 約9kg

口コミを紹介

キャンプの薪置きとして使ってますが、幅も薪の長さに丁度良く、雨に濡れても乾燥しやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

株式会社遠藤ワークス

タイヤラック キャスタータイプ EX001-001

組み立てが簡単な日本製タイヤラック

タイヤラックはスペアタイヤやオフシーズンのスタッドレスタイヤが格納できる便利な製品で、2人でドライバーを使って約20分で組み立てることが可能です。信頼できる日本製なので、安心して使用することができます。

 

1年間保証付きで初心者の方にもおすすめできます。サイズの違うタイヤを2台分(8本)とたっぷりと収納ができ、キャスターをオプションで付けるとタイヤ付け替えの際などの持ち運びにも便利です。

タイプ 2段式 組み立て式
収納本数 8本 対応タイヤサイズ タイヤ外形74cmまで
耐荷重 200kg 材質 本体:スチール/アクリル塗装 ・伸縮パイプ:スチール/クロムメッキ
防錆塗装 伸縮機能あり
キャスター付き ストッパー付き
カバー付き 92.5cm
奥行 40cm 高さ 126.5cm
重量 9kg

口コミを紹介

これまで使っていたタイヤラックカバーが劣化し、一年ほどでボロボロになったのでこの商品を購入。風が下から吹き込んでカバーが大きく膨らんだり縮んだりと、劣化に拍車を掛けていたことがわかりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャスター付きタイヤラックのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 タイプ 組み立て式 収納本数 対応タイヤサイズ 耐荷重 材質 防錆塗装 伸縮機能あり キャスター付き ストッパー付き カバー付き 奥行 高さ 重量
アイテムID:12013620の画像

Amazon

楽天

ヤフー

組み立てが簡単な日本製タイヤラック

2段式

8本

タイヤ外形74cmまで

200kg

本体:スチール/アクリル塗装 ・伸縮パイプ:スチール/クロムメッキ

92.5cm

40cm

126.5cm

9kg

アイテムID:12015816の画像

Amazon

楽天

ヤフー

大きめのタイヤも1列に収納できるワイドな設計

2段式

8本

73cm以下

200kg

本体:スチール/カバー: ポリエステル/アジャスター:PP樹脂

X

外寸:約105cm/内寸:約100cm

外寸:約35cm/内寸:約30cm

約105cm

約9kg

アイテムID:12013611の画像

Amazon

楽天

ヤフー

強化ゴム製のキャスター付きでタイヤ8がが収納できる!

2段式

8本

タイヤ幅:24.5cm・タイヤ直径:72.5cm

300kg

メーカー記載なし

X

103.8cm

38.6cm

110.9cm

メーカー記載なし

アイテムID:12015357の画像

Amazon

ヤフー

タイヤを傷めずに収納できる横置きタイプ

タイヤ横置き型

4本

タイヤ幅:21.5cmまで・タイヤ直径:69cmまで

80kg

本体:スチール(ポリエステル塗装)・固定パーツ:ABS樹脂/ポリエステル/スチール・タイヤカバー:ポリエチレン

X

46.5cm

46.5cm

115cm

4.3kg

アイテムID:12013605の画像

Amazon

楽天

ヤフー

屋外の離れた保管場所でも楽に運べる

1段式

4本

タイヤ幅:24.5cmまで・タイヤ直径:69cmまで

120kg

本体:スチール ・カバー:ポリエステル

38cm

65~102cm

約86cm

7.48Kg

アイテムID:12013602の画像

楽天

ヤフー

簡単に移動でき置き場所に困らない

2段式

4本

タイヤ幅:28cmまで・タイヤ直径:外径80cmまで

約50kg

本体:スチールパイプ(エポキシ樹脂粉体塗装)・カバー:ポリエステル(撥水加工)

X

26.8cm

45cm

114cm

約5.4kg

アイテムID:12013599の画像

Amazon

楽天

ヤフー

薄型ながらSUVのタイヤも収納できる

2段式

2本

タイヤ幅:23cmまで・タイヤ直径:68cmまで

50kg

本体:スチール(メラミン焼付塗装) ・カバー:ポリエステル

X

4個中2個

36.5cm

24cm

97.5cm

約3.9kg

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

タイヤラックを自作?DIYにも挑戦しよう

気に入ったサイズのタイヤラックが見つからない場合は、自作のタイヤラックでタイヤを収納するのも一つの手です。主な材料として木材を使う方もいるようですが、屋外で収納をするなら雨などでも錆びにくいアルミパイプを使いましょう。

 

またパイプ同士を接続する部分もアルミタイプで統一するのをおすすめします。いずれもホームセンターなどで手に入るので、自分好みの使いやすいタイヤラックを作成してみてください。

おすすめタイヤ

季節・環境・車によってなどさまざまなタイヤがあります。こちらではおすすめのタイヤを3つのジャンルに分けて見ていきましょう。

冬のドライブにスタッドレスタイヤがおすすめ

スタッドレスタイヤとはスタッド(鋲)がないタイヤです。かつてはタイヤに鋲のついたスパイクタイヤが主流でしたが、道路への影響や、路面からの粉塵を考慮し日本では使用されなくなりました。 現在ではスタッドレスタイヤが主流となっています。

 

冬のドライブでは欠かせないこのスタッドレスタイヤですが、夏タイヤとの大きな違いはゴムの質なところです。過酷な冬道でも性能を発揮する必要があるため、低温域でもしなやかさが保てる性質を持っています。

 

以下の記事はスタッドレスタイヤのおすすめランキングを紹介しています。あわせてご覧ください。

快適な走破性にミニバンタイヤがおすすめ

ファミリーカーとして人気のミニバンは、普通車のみならず軽自動車タイプのミニバンまで販売されています。もし安全性をさらに高めたいならミニバンタイヤの選び方にも注目してみましょう。

 

最近は安定した操縦性や乗り心地、燃費や静かさに特化したミニバンタイヤも数多く販売されています。そんなミニバンタイヤですが、メーカーやブランドによって、いろいろなサイズ・特徴があるのです。

 

以下の記事はミニバンタイヤのおすすめランキングを紹介しています。あわせてご覧ください。

コスパにこだわるなら輸入タイヤをチェック

国産タイヤと比べてかなり低価格で購入できると話題の輸入タイヤですしかし、国産の有名なメーカーとは違い、海外のよくわからないメーカーも多く情報も少ないため「大丈夫かな」と不安になる方も多いかと思います。

 

ひと昔前には国産タイヤより性能差はありましたが、現在ではその差はかなり縮まっているようです。下記のサイトでは、輸入タイヤの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

タイヤ関連商品

いくつかタイヤを見てきましたが、ここからはタイヤに関するアイテムをチェックしていきましょう。

雪道の走行にタイヤチェーンがおすすめ

冬、特に雪の多い地域でよく見られるのがタイヤチェーンです。雪や滑りやすい場所では必須です。近年ではスタッドレスタイヤが主流になっていますが、その中でもまだまだ必要とされています。

 

タイヤチェーンは、雪にも安定して対応できるので、今でも人気を誇っています。下記のサイトでは、タイヤチェーンの人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

タイヤのメンテナンスにタイヤワックスがおすすめ

車を整備するときに車本体の整備は勿論大事ですが、足回りのメンテナンスも重要です。特にタイヤはしっかりと整備しておかないとバーストやパンクの原因になり、予防するためにもしっかりとケアをしてあげることがとても大切になります。

 

タイヤワックスを使用すると、タイヤの劣化を抑えつつ新品のようなツヤを復活させることができ、ワックスはタイヤと路面が接触する部分ではなく、タイヤの側面、サイドウォールに塗ります。

 

以下の記事はタイヤワックスのおすすめランキングを紹介しています。あわせてご覧ください。

オートバックス製品も!トルクレンチを使ってみよう

トルクレンチとは、ロードバイクや車等のタイヤ交換を行う際に、ボルト類を締める時に使う便利アイテムです。タイヤ交換時などスピーディーに扱えて、非常に効率的な作業ができます。

 

また、計測できるメモリや計測器が付いているので、締める際に適度な締め具合で行える点もトルクレンチのメリットです。あまりにも締めつけ過ぎるのもよくないですし、緩すぎてはもちろんいけません。

 

タイヤ交換を行う予定の方は、物によって重さや測定範囲も異なるので、必要なものを手に入れましょう。下記のサイトではオートバックス製品も含んだトルクレンチの人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

カインズホームなどにあるタイヤ収納庫や屋外物置もおすすめ

タイヤを保管するにあたってタイヤラックを見てきましたが、カインズホームなどにあるタイヤ収納庫や屋外物置に入れるといった手もあり、屋外物置だと雨風をしのげるので、絶対に濡らしたくないものを入れておけます。

 

タイヤの他にも、年に数回ほどしか使わないアウトドア用品やスノーボードなどの屋外スポーツ用品などを収納したり、自転車を収納できるサイズの屋外物置なら、自転車の汚れやサビ防止だけではなく盗難防止にも役立ちます。

 

さらにいざとなったときの防災用品を保管しておく場所としても最適です。下記のサイトでは、屋外物置の人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

タイヤラックを選び方やおすすめランキングを紹介しました。タイヤラックはオフシーズンのスタッドレスタイヤやスペアタイヤを格納する際に便利なアイテムです。タイヤはタイヤラックに格納したほうが、綺麗に見えるのでぜひ購入を考えてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年02月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

台車のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものやコンパクトサイズも】

台車のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものやコンパクトサイズも】

作業用品
アジアンタイヤのおすすめ人気ランキング17選【買ってはいけないメーカーはある?】

アジアンタイヤのおすすめ人気ランキング17選【買ってはいけないメーカーはある?】

カー用品
【2023年版】タイヤの人気おすすめランキング16選【人気メーカーの長持ちするタイヤも】

【2023年版】タイヤの人気おすすめランキング16選【人気メーカーの長持ちするタイヤも】

カー用品
タイヤチェーンの人気おすすめランキング15選【安いものから女性でも簡単に取り付けられるものも】

タイヤチェーンの人気おすすめランキング15選【安いものから女性でも簡単に取り付けられるものも】

カー用品
【2023年版】ジムニータイヤのおすすめ人気ランキング10選【オールシーズンも】

【2023年版】ジムニータイヤのおすすめ人気ランキング10選【オールシーズンも】

その他自動車・バイク
【2023年版】輸入タイヤの人気おすすめランキング10選【中国などの海外メーカーをご紹介】

【2023年版】輸入タイヤの人気おすすめランキング10選【中国などの海外メーカーをご紹介】

カー用品