【2019年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング15選

記事ID4548のサムネイル画像

タイヤラックはタイヤを立てて保管できるのでスペースを有効活用できます。タイヤラックはタイヤ用品の売れ筋ランキングでも上位の人気商品。タイヤラックの選び方や人気ランキングを紹介します。タイヤラックの選び方や人気ランキングを参考にタイヤラックを購入してみませんか?

タイヤの保管に大変便利なタイヤラック

降雪地帯に住んでいる人や冬にスキーなどを楽しむ人はスタッドレスタイヤの保管に困っていませんか?タイヤラックがあればスタッドレタイヤを立ててスマートに保管することができます。

 

タイヤラックがあれば、タイヤ1本を取り出す際にも便利です。タイヤラックの中に台車タイプもあるので、タイヤを交換する際に便利です。また、タイヤラックであれば、立てて1段にタイヤ保管できたり、2段に重ねたりできるので、スペースを有効活用できます。

 

タイヤラックはオートバックスやアイリスオーヤマから発売されており、おしゃれでスリム&頑丈なものがあります。ただ、サイズが小さいものや大きいものがあるので、選ぶのに困ることがあります。タイヤの格納本数、信頼性、使い勝手をランキングの基準にしました。

タイヤラックの人気おすすめランキング15選

15位

コンポジット

タイヤスタンド スリム

価格:9,100円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなタイヤラック

タイヤスタンド スリムは、狭いスペースでもタイヤを格納できる製品です。スタッドレスやスペアタイヤの格納にぴったりです。普通自動車のタイヤに対応し、キャスターが付いているので、簡単に移動することができ便利です。

 

タイヤスタンド スリム本体はスチール 、カバーがポリエステル、アジャスターがPP樹脂となっています。本体にスチールを採用しているため、しっかりしています。比較的お値段もお安めなのでおすすめのタイヤラックです。

タイヤを収納できる本数2本タイヤカバーあり
サイズ41cm×29cm×105cm重量約5.5kg
耐荷重120kg

口コミを紹介

アイリスオーヤマの製品KTL-590Cと迷いましたが、KTL-590Cのレビューでカバーの対候性が弱いとの記載が多々あったので、こちらの製品にしてみました。スタンド本体は高さ調整も出来、剛性もあるので満足です。カバーを留めるボールバンドも使いやすいです。あとは、カバーの対候性が良ければいう事なし……ですが、思っていたよりも薄いので、あまり期待できないかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

株式会社ディノス・セシール

薄型タイヤラック

価格:18,252円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

格納場所を困らないスリムのタイヤラック

薄型タイヤラックは薄型に設計されており、場所を取らない製品です。新しい発想で開発されており、タイヤをスリム&コンパクトに格納できます。この製品には軽自動車用、普通車用、大型車用があり、ラインナップが充実しています。

 

薄型タイヤラックの材質はスチール(メラミン塗装)などとなっています。大人2名であれば20分以内で組み立てが完了するので簡単です。キャスターが付いているので、女性でも簡単に移動できます。

タイヤを収納できる本数2本タイヤカバーあり
サイズ52.5cm×34cm×136.5cm重量約3.9kg
耐荷重50kg

口コミを紹介

OKです

期待どおりスペアタイヤがコンパクトに片付きました。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

13位

ミヤグチ企販

薄型 タイヤラック

価格:14,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に移動できるタイヤラック

薄型 タイヤラックは、タイヤが2本収納できる製品です。このタイヤラックを使えば、オフシーズンのスタッドレスタイヤの格納する際に便利です。側面にはフックが装着されているので、清掃道具がかけられるようになっています。

 

薄型 タイヤラックの材質は本体がスチールパイプなので強靭なつくりとなっています。本体にはキャスターが装着されており、簡単に移動できるので、置く場所に困る事がありません。使い勝手が良いタイヤラックとなっています。

タイヤを収納できる本数2本タイヤカバーあり
サイズ約26.8cm×45cm×114cm重量約5.4kg
耐荷重-

口コミを紹介

保管スペースが広く取れない我が家にとっては薄型で非常に使い勝手が良いです。カバーの丈がもう少し長かったら言う事無しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ボンフォーム(BONFORM)

タイヤラック 台車タイプ

価格:9,628円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機動性があるタイヤラック

タイヤラック 台車タイプは、大型のキャスターが付いているので、タイヤが簡単に運べるので重宝します。パイプガードが付いているので、タイヤに傷を付けることを防ぎます。タイヤの直径は69cm、幅は245mmまでに対応します。

 

タイヤラック 台車タイプの材質は本体がスチール、カバーはポリエステルを採用しており、しっかりした構造です。簡単に移動できるので、固定式のタイヤラックを置くスペースがなくても設置できるので便利です。価格もお手頃なのでおすすめです。

タイヤを収納できる本数4本タイヤカバーあり
サイズ88.3 x 43.6 x 11.2 cm重量7.48Kg
耐荷重120kg

口コミを紹介

移動するとネジが緩むとのレビューを見てホームセンターでスプリングワッシャーを購入。
全てのネジに使ったところ200m以上の移動でも問題ありませんでした。
225/50 18インチのタイヤ4本で2cm程の余裕です。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

タイヤラック RV車

価格:3,416円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2段式のタイヤラック

タイヤラック RV車は、ネジ止めの必要がなく、組立が簡単な製品。タイヤカバーが付属するので、紫外線よってタイヤが劣化したり、ほこりで汚れたりすることを防止します。スリムタイプなので、狭いスペースに設置でき、見た目にスッキリしているのでおすすめです。

 

タイヤラック RV車には、塩化ビニル樹脂被覆鋼管スチールパイプ、ジョイントパーツはABS樹脂やポリアセタールを採用しました。2段タイプとなっていおり、スペースが有効活用できます。アイリスオーヤマのタイヤラックは人気です。

タイヤを収納できる本数4本タイヤカバーあり
サイズ45cm x 71cm x 144 cm重量5.33kg
耐荷重120kg

口コミを紹介

正直購入して正解でした。以前購入したラックは組み立て後の各パイプが抜けない様にねじ止めでした。しかし今回は、ワンタッチ式で組んだら抜けない様になっており、助かりました。ただ、1段目と2段目の間が空きすぎているみたいで10~15センチぐらい狭ければコンパトになって良いかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

川口工器(Kawaguchi Koki)

スロープ付きタイヤラック

価格:8,700円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した1段タイプのタイヤラック

スロープ付きタイヤラックは。タイヤの出し入れが簡単の製品です。スロープが付いているので、安全にタイヤを格納することが可能です。スロープは使わない時はタイヤラックの本体の側面に引っ掛けておけるので、邪魔にはなりません。

 

スロープ付きタイヤラックの材質はスチール(メラミン樹脂焼付塗装)、サイズは約95.5cm×38cm×61cmとなっています。重量は4.2 Kg、耐荷重は80kgとなっています。ちょっとした段差でもアジャスターがあるので安心です。

タイヤを収納できる本数4本タイヤカバーあり
サイズ約95.5cm×38cm×61cm重量4.2kg
耐荷重80kg

口コミを紹介

注文してすぐに届けていただきました。
組み立ても簡単です。
タイヤを2段で収納するものよりも横に4本置けるので安定感があります。
値段がもう少し安ければ…ってことで⭐一つマイナスしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Joytutus

タイヤラック キャスター付き

価格:6,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に移動できるタイヤラック

タイヤラック キャスター付きは上下2段式の製品です。様々なタイヤに対応できように、高さ(下段)が2段階に調節ができるようになっています。このタイヤラックのパイプは直径3cmもあり、とてもしっかりした作りなので、安心して使うことができます。

 

タイヤラック キャスター付きは炭素鋼を採用しており、頑丈です。キャスターが付いているので、簡単に移動でき、アンロックやロックが選べるので安心です。強度と使い勝手の良さを併せ持ったタイヤラックです。

タイヤを収納できる本数4本タイヤカバーなし
サイズ60cmx46cmx115cm重量約10kg
耐荷重約160kg

口コミを紹介

下の段の高さが足りなく棒の位置を1番下にして、タイヤを斜めにしないと入らなかった。返品しようか悩んだけど、作るのも大変だったし、交換の手間を考えてなんとか収まったからそのまま使うことにした。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

タイヤラック カバー付

価格:3,955円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立てが簡単なタイヤラック

タイヤラック カバー付は、スリムな製品なので狭い場所でもすっぽり収まります。はめ込み式なので、工具を使う必要がないので楽に組み立てができます。カバーが付属しているので、タイヤを紫外線から守ることができるので安心です。

 

タイヤラック カバー付は、塩化ビニル樹脂被覆鋼管スチールパイプを採用し、ジョイントパーツはABS樹脂&ポリアセタール、タイヤカバーはポリエステル、サイズは720×610×1450mmとなっています。重量は3.7 Kg、耐荷重は120kgとなっています。

タイヤを収納できる本数4本タイヤカバーあり
サイズ720×610×1450mm重量3.7kg
耐荷重120kg

口コミを紹介

購入して1ヶ月位経過してからの感想です。
カバーの無い物でもうチョット安い物はありますが、カバーhが必需品って事で
これを購入しました。
荒れた天気でもバタツク事なくタイヤを防護してくれています。
フレームも値段で考えるなら非常に良い物だと思います。
鉄フレームと塩ビフレームで悩みましたが、塩ビのフレームで十分だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

バル(BAL)

タイヤラック タフネス

価格:3,365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑丈なタイヤラック

タイヤラック タフネスは、ミニバンやRV車用のタイヤにも対応できる製品です。錆びに強いステンレスクラッド管を使っているので安心です。このタイヤラックは、すっきりとタイヤを格納できるので、場所を探すに手間がかかりません。

 

タイヤラック タフネスの材質はパイプがクラッド管(表面:ステンレス鋼、芯剤:スチールパイプ) 、ジョイントがナイロン樹脂を採用し、強靭かつ軽量な設計となっています。長寿命で、大きなタイヤまで対応するタイヤラックなのでおすすめです。

タイヤを収納できる本数4本タイヤカバーなし
サイズ72cm×46cm×148cm重量4.3kg
耐荷重-

口コミを紹介

今まで使用していたラックが普通車用だったのでSUV車用のラックにと購入しました。特に錆に強いと思いステンレス製にしました。
この製品はパイプが細く、組み立ててタイヤを載せてゆすってみるとかなり揺れます。いつ壊れるか不安です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

お宝通販

カバー付きタイヤラック

価格:5,055円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に組み立てられるタイヤラック

カバー付きタイヤラックは、コンパクトな製品なので置く場所に困りません。組み立てはドライバー1本で完了しますので楽です。タイヤが紫外線によって劣化することやホコリから守ってくれるカバーが付属しているので安心です。

 

カバー付きタイヤラックの材質は、パイプがスチール、ジョイントがABS樹脂 、ネジがステンレス、タイヤラックカバーがポリエステルとなっています。錆にしっかり対応しており、長寿命のタイヤラックに仕上がっています。更に、狭いスペースでも設置できるのでおすすめです。

タイヤを収納できる本数4本タイヤカバーあり
サイズ71cm×45cm×135.5cm重量4.2kg
耐荷重120kg

口コミを紹介

パイプが割れる可能性があり電動ドライバーは使うなと書いてあり、とにかく疲れました。もっと楽な固定を考えて欲しいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

コンポジット

タイヤスタンド ノーマル

価格:5,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ちょっとした段差でも対応できるタイヤラック

タイヤスタンド ノーマルはタイヤの保管にぴったりな製品です。スペアタイヤやオフシーズンのスタッドレスタイヤを保管するのに便利です。ちょっとした段差に対応するアジャスターが付いているので、とても便利です。

 

タイヤスタンド ノーマルに採用されている材質は、本体がスチールなど、カバーがポリエステル、アジャスター がPP樹脂となっています。強靭なスチールを採用しており、しっかりタイヤを支えてくれます。使い勝手のよい製品になっておりおすすめです。

タイヤを収納できる本数4本タイヤカバーあり
サイズ55cm×40cm×101cm重量約5.2kg
耐荷重120kg

口コミを紹介

アイリスオーヤマの製品KTL-590Cと迷いましたが、KTL-590Cのレビューでカバーの対候性が弱いとの記載が多々あったので、こちらの製品にしてみました。スタンド本体は高さ調整も出来、剛性もあるので満足です。カバーを留めるボールバンドも使いやすいです。あとは、カバーの対候性が良ければいう事なし……ですが、思っていたよりも薄いので、あまり期待できないかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

メルテック(meltec)

タイヤラック

価格:3,370円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

横置きのタイヤラック

このタイヤラックはタイヤを傷めずに格納できる製品です。更に、タイヤをコンパクトに格納できるので置く場所に困りません。タイヤの幅は最大215mmまで、タイヤの径は最大690mmまで格納することが可能です。

 

タイヤラックの材質は本体がスティール、タイヤカバーがPE 、固定パーツがABS樹脂、PP、スティールとなっています。キャスターを装着しているので、移動させる際に楽です。横置きのタイヤラックは珍しいです。

タイヤを収納できる本数4本タイヤカバーあり
サイズ- 重量-
耐荷重80kg

口コミを紹介

本製品は今回で2個目の購入になります。前回のものもまだまだ使えています。屋内で使用しているかも知れませんが影響するのはほこりと塵です。また、165/60/14サイズと165/55/15サイズを保管することになりますが、本製品の間隔を狭めた製品があれば良いと思われます。後、外形、幅を狭めて8本収納出来る製品もあれば良いかと思います。それと本製品タイヤ受け皿をもう少し大きくするか滑らない材質を付けて欲しいものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

YouTen

タイヤラック キャスター付き

価格:8,970円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強靭&大容量なタイヤラック

タイヤラック キャスター付きは、はめ込み式フレームを採用したので、横揺れに強い構造になっています。下に格納したタイヤの大きさに対応して、上の棚を移動することができ、色々なタイヤを格納することが可能です。スタイリッシュなデザインを採用したタイヤラックです。

 

タイヤラック キャスター付きのサイズは紹介したように抜群の強度を誇ります。更に、強化ゴム製のキャスターが付いているので、移動するのが楽な上、劣化しづらく長寿命となっているので安心です。更に、使い勝手もよいのでおすすめです。

タイヤを収納できる本数8本タイヤカバーなし
サイズ110cm×385cm×1035cm重量-
耐荷重300kg

口コミを紹介

安いので半信半疑でしたが、剛性も高くストッパー付きのキャスターが付いているので、移動も楽です。
単管パイプで自作するよりも安上がりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

MEICHEPRO

2段式タイヤラック

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3段階に調整できるタイヤラック

2段式タイヤラックは厚み1.5mmの角パイプを採用した強靭な製品に仕上がっています。3段階に調整できるので色々なタイヤに対応することが可能です。フックが装着されているので、清掃用具などを引っ掛けるのに便利です。

 

2段式タイヤラックの材質はスチールとなっています。更に、優れた耐薬性や耐摩擦性、密着性を発揮するエポキシ樹脂塗装が採用されています。紹介したように強く、使い勝手よいタイヤラックに仕上がっているのでおすすめです。

タイヤを収納できる本数8本タイヤカバーなし
サイズ111.5cm×38cm×103.5cm重量約9kg
耐荷重約200kg

口コミを紹介

しっかりしてます。このタイヤサイズだと幅に少し余裕がある状態ですが、こういう製品は幅がピッタリより、作りがしっかりしている方が重要だと思います。ネジが一本足りなかったのですが、連絡したら即送ってもらえました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

株式会社遠藤ワークス

タイヤラック

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立て簡単な日本製タイヤラック

タイヤラックは、スペアタイヤやオフシーズンのスタッドレスタイヤが格納できる便利な製品です。2人でドライバーを使って約20分で組み立てることが可能です。信頼できる日本製なので、安心して使用することができます。

タイヤを収納できる本数8本タイヤカバーあり
サイズ約92.5cm×40cm×126.5cm 重量-
耐荷重200kg

口コミを紹介

これまで使っていたタイヤラックカバーが劣化し、一年ほどでボロボロになったのでこの商品を購入。風が下から吹き込んでカバーが大きく膨らんだり縮んだりと、劣化に拍車を掛けていたことがわかりました。
こちらの商品は2箇所を絞ることで風によるバタつきを抑えてくれるので、どれくらいの耐久性があるのか、お値段がお値段だけに今後が楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

タイヤラックの選び方

タイヤラックは様々なタイプが発売されています。そのため、収納できる本数、自動車の種類、形で選ぶ、タイヤカバーの有無で選ぶ、設置場所などが選ぶポイントなので、考慮する必要があります。それぞれのタイプのタイヤラックには特徴があるので、注意してください。

収納できる本数で選ぶ

タイヤラックを選ぶ際には、収納できる本数が重要です。タイヤラックには大きく、2本格納できるタイプと4本収納できるタイプ、8本収納できるタイプがあります。自分の使い方に合ったタイヤラックを入手して下さい。

2本格納できるタイプ

2本格納できるタイプは狭いスペースに設置できるので便利です。2本格納できるタイプは2組セットで販売されていることがあり、自動車1台分のスタッドレスやスペアタイヤを格納できます。上手く組み合わせれば、スペースを有効活用できます。

4本収納できるタイプ

4本収納できるタイプは、自動車1台分のタイヤを想定しています。一家で自動車が1台という都市型の生活をしている家族や独身の人におすすめのタイヤラックです。耐荷重が50kg以上あると、4本分のホイル付きのタイヤを格納しても安心です。

8本収納できるタイプ

8本収納できるタイプは、自動車2台分のタイヤを想定しています。スタッドレスタイヤとサマ―タイヤをそれぞれ保管したい人や自動車を2台所有している人におすすめのタイヤラックです。2段重ねとなっている場合が多く、省スペースでタイヤを格納することができます。

自動車の種類で選ぶ

自動車には普通自動車と軽自動車などがあります。普通自動車と軽自動車では、タイヤのサイズが違うことがあります。そのため、タイヤラックには普通自動車用と軽自動車用の2つのタイプに分かれることがあるので、購入する際に注意する必要があります。

普通自動車用

普通自動車のタイヤの中には20インチを超えるものがあり、とても大きいです。そのため、普通自当社用のタイヤラックが発売されています。愛車が大きなサイズのタイヤを装着している場合は、普通自動車用のタイヤラックが必要なので、選ぶ際は注意が必要です。

軽自動車用

軽自動車のタイヤは大きくても14インチ程度なので、普通自動車に比べる小さい場合があります。そのため、軽自動車用のタイヤラックが発売されています。軽自動車用のタイヤラックはコンパクトになっていることが多いのです。

形で選ぶ

タイヤラックには、一段タイプと二段タイプがあり、選ぶポイントとなっています。一段タイプと二段タイプでは、使い勝手や高さが違うので、選ぶ際は注意が必要です。タイプの違いをしっかり確認でタイヤラックを選んで下さい。

一段タイプ

一段タイプのタイヤラックは二段タイプより、積み込みやすいというメリットがあります。高さが確保できないガレージや倉庫におすすめです。安定感があり、タイヤを積載したまま移動する際も安全に運べます。

2段タイプ

タイヤを置く場所が狭い場合は、2段タイプのタイヤラックがおすすめです。特にマンションのベランダなどにタイヤを置く場合はスペースに限りがありますので、2段タイプのタイヤラックはぴったりです。とてもスリムなので、設置する場所に困りません。

タイヤカバーの有無で選ぶ

タイヤラックを外に置く場合、タイヤカバーが付いたタイプであれば、タイヤを風や雨から守ることができるのでおすすめです。更に、紫外線からタイヤを守ってくれるので、タイヤの劣化を抑えてくれます。専用のカバーのほうが、しっかりフィットするので、風によるバタつきが少ないです。

設置場所で選ぶ

タイヤラックは、大きいため設置する場所に合わせて選ぶ必要があります。設置場所によって台車タイプ、サイズが調整できるタイプなどがあるので紹介します。それぞれの設置場所によって、使い分ける必要があるので、慎重に選んで下さい。

台車タイプ

常に同じ場所に置けない事情があったり、駐車場までの距離があったりする場合は台車タイプのタイヤラックがおすすめです。ホイル付きのタイヤは10kg程度あるので、持ち運ぶのは大変なのでおすすめです。特に女性におすすめなのが、台車タイプのタイヤラックでS。

サイズが調整できるタイプ

タイヤの横幅は様々なので、タイヤラックのサイズが調整できるタイプを選べば、スペースを有効活用できます。特に狭い場所に、タイヤラックを置きたいという人にとっては、タイヤラックのサイズが調整できると便利です。また、タイヤが急に多くなった場合にも対応できるので便利です。

おすすめタイヤ

みなさんはどのようなタイヤをお使いですか?季節によって、環境によって、車によって様々なタイヤがありますよね。こちらではおすすめのタイヤを3つのジャンルに分けてご紹介します。

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤとはスタッド(鋲)がないタイヤのことです。かつてはタイヤに鋲のついたスパイクタイヤが主流でしたが、道路への影響や、路面からの粉塵を考慮し日本では使用されなくなりました。 現在ではスタッドレスタイヤが主流となっています。

 

冬のドライブでは欠かせないこのスタッドレスタイヤですが、夏タイヤとの大きな違いはゴムの質。過酷な冬道でも性能を発揮する必要があるため、低温域でもしなやかさを保つことができる性質を持っています。

 

雪の多い地域の積雪路はもちろん、あまり雪の降らない地域でも万が一に備えて準備しておきたいです。ノーマルタイヤだと積雪路や凍結路ではスリップしてしまい安全な走行ができなくなりますが、スタッドレスタイヤを装着すれば車の一連の動作を安全に行う事ができます!

ミニバンタイヤ

ファミリーカーとして人気のミニバン。今やミニバンは、普通車のみならず軽自動車タイプのミニバンまで販売されています。もしあなたが、安全性をさらに高めたいとお思いであれば、ミニバンタイヤの選び方にも注目してみましょう。

 

最近は、安定した操縦性や乗り心地、燃費や静かさに特化したミニバンタイヤも数多く販売されています。そんなミニバンタイヤですが、実はメーカーやブランドによって、色々なサイズ、色々な特徴が存在します。

 

ミニバンタイヤをお探しの方は、こちらのランキングを参考にしてみてくださいね!

輸入タイヤ

国産タイヤと比べてかなり低価格で購入できると話題の輸入タイヤ。しかし国産の有名なメーカーとは違い、海外のよく分からないメーカーも多く情報も少ないため「大丈夫かな?」と不安になる方も多いかと思います。

 

ひと昔前には国産タイヤと比べるとかなりの性能差は確かにありましたが、現在ではその差はかなり縮まっているようです。「日常で普通に使用する分には特に問題はない」と、実際の使用者も満足している方は多くいます。

 

いくつかランキングで並べていますので、その機能性、タイプ、サイズなどチェックしてみてください!

タイヤ関連商品

いくつかタイヤを見てきましたが、ここからはタイヤに関するアイテムをチェックしていきましょう。

タイヤチェーン

冬、特に雪の多い地域でよく見られるタイヤチェーン。雪や滑りやすい場所では必須ですよね。近年ではスタッドレスタイヤが主流になって来ていますが、その中でもまだまだ必要とされています。雪の量が多い場所などではやっぱりタイヤチェーンなんです。

 

というのも、スタッドレスタイヤはどちらかというと滑りやすい場所に特化しているものになるので、雪が多い場所ではあまり機能を発揮しない傾向にあります。一方でタイヤチェーンは、どちらの状況にも安定して対応できるので、今でも安定な人気を誇っています。

 

取り付けに時間がかかりますがその分安全性が高まるので、冬の運転には欠かせません。大雪が降って後悔する前に、タイヤチェーンを揃えておきませんか?

タイヤワックス

車を整備するときに車本体の整備は勿論大事ですが、足回りのメンテナンスも重要です。特にタイヤはしっかりと整備しておかないとバーストやパンクの原因になります。タイヤのひび割れなどに関しては、燃費などにも大きく影響しており、タイヤのバーストなどを予防するためにも、しっかりとケアをしてあげることがとても大切になります。

 

そんな大事なタイヤの整備に一役かってくれるのがタイヤワックスです。タイヤワックスを使用すると、タイヤの劣化を抑えつつ新品のようなツヤを復活させることができます。

 

ワックスはタイヤの側面、サイドウォールに塗るものです。タイヤと路面が接触する部分には塗りません。また、ホイールにも付着しないよう注意しましょう。埃などを吸着して汚れの原因になってしまいます。何れにせよ、塗りすぎないことが大事です。

トルクレンチ

トルクレンチとは、ロードバイクや車等のタイヤ交換を行う際に、ボルト類を締める時に使う便利アイテムです。現在では“デジタル式”も登場し進化し続けています。タイヤ交換時などスピーディーに扱うことができるので非常に効率的な作業ができるのが魅力です。

 

また、計測できるメモリや計測器が付いているので、締める際に適度な締め具合で行える点もトルクレンチのメリットです。あまりにも締めつけ過ぎるのもよくないですし、緩すぎてはもちろんいけません。

 

タイヤ交換を行う予定の方は、物によって重さや測定範囲も異なるのでいくつか見比べてから必要なものを手に入れましょう。

屋外物置もおすすめ

タイヤを保管するにあたってタイヤラックを見てきましたが、屋外物置に入れるという手もあります。屋外物置だと雨風をしのげるので絶対に濡らしたくないものを入れておけます。

 

タイヤの他にも、年に数回ほどしか使わないアウトドア用品やスノーボードなどの屋外スポーツ用品などを収納したり、自転車を収納できるサイズの屋外物置なら、自転車の汚れやサビ防止だけではなく盗難防止にも役立ちます。

 

さらに、いざとなった時の防災用品を保管しておく場所としても最適です。駐車場周りの便利アイテムとして、一つ置いておくと便利かもしれません。

タイヤラックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5055273の画像

    株式会社遠藤ワークス

  • 2
    アイテムID:5055269の画像

    MEICHEPRO

  • 3
    アイテムID:5055265の画像

    YouTen

  • 4
    アイテムID:5055256の画像

    メルテック(meltec)

  • 5
    アイテムID:5055254の画像

    コンポジット

  • 6
    アイテムID:5055248の画像

    お宝通販

  • 7
    アイテムID:5055243の画像

    バル(BAL)

  • 8
    アイテムID:5055241の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 9
    アイテムID:5055237の画像

    Joytutus

  • 10
    アイテムID:5055235の画像

    川口工器(Kawaguchi Koki)

  • 11
    アイテムID:5055225の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 12
    アイテムID:5055217の画像

    ボンフォーム(BONFORM)

  • 13
    アイテムID:5055214の画像

    ミヤグチ企販

  • 14
    アイテムID:5055213の画像

    株式会社ディノス・セシール

  • 15
    アイテムID:5055211の画像

    コンポジット

  • 商品名
  • タイヤラック
  • 2段式タイヤラック
  • タイヤラック キャスター付き
  • タイヤラック
  • タイヤスタンド ノーマル
  • カバー付きタイヤラック
  • タイヤラック タフネス
  • タイヤラック カバー付
  • タイヤラック キャスター付き
  • スロープ付きタイヤラック
  • タイヤラック RV車
  • タイヤラック 台車タイプ
  • 薄型 タイヤラック
  • 薄型タイヤラック
  • タイヤスタンド スリム
  • 特徴
  • 組み立て簡単な日本製タイヤラック
  • 3段階に調整できるタイヤラック
  • 強靭&大容量なタイヤラック
  • 横置きのタイヤラック
  • ちょっとした段差でも対応できるタイヤラック
  • 簡単に組み立てられるタイヤラック
  • 頑丈なタイヤラック
  • 組み立てが簡単なタイヤラック
  • 簡単に移動できるタイヤラック
  • 安定した1段タイプのタイヤラック
  • 2段式のタイヤラック
  • 機動性があるタイヤラック
  • 簡単に移動できるタイヤラック
  • 格納場所を困らないスリムのタイヤラック
  • コンパクトなタイヤラック
  • 価格
  • 9800円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 8970円(税込)
  • 3370円(税込)
  • 5280円(税込)
  • 5055円(税込)
  • 3365円(税込)
  • 3955円(税込)
  • 6999円(税込)
  • 8700円(税込)
  • 3416円(税込)
  • 9628円(税込)
  • 14990円(税込)
  • 18252円(税込)
  • 9100円(税込)
  • タイヤを収納できる本数
  • 8本
  • 8本
  • 8本
  • 4本
  • 4本
  • 4本
  • 4本
  • 4本
  • 4本
  • 4本
  • 4本
  • 4本
  • 2本
  • 2本
  • 2本
  • タイヤカバー
  • あり
  • なし
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • サイズ
  • 約92.5cm×40cm×126.5cm
  • 111.5cm×38cm×103.5cm
  • 110cm×385cm×1035cm
  • -
  • 55cm×40cm×101cm
  • 71cm×45cm×135.5cm
  • 72cm×46cm×148cm
  • 720×610×1450mm
  • 60cmx46cmx115cm
  • 約95.5cm×38cm×61cm
  • 45cm x 71cm x 144 cm
  • 88.3 x 43.6 x 11.2 cm
  • 約26.8cm×45cm×114cm
  • 52.5cm×34cm×136.5cm
  • 41cm×29cm×105cm
  • 重量
  • -
  • 約9kg
  • -
  • -
  • 約5.2kg
  • 4.2kg
  • 4.3kg
  • 3.7kg
  • 約10kg
  • 4.2kg
  • 5.33kg
  • 7.48Kg
  • 約5.4kg
  • 約3.9kg
  • 約5.5kg
  • 耐荷重
  • 200kg
  • 約200kg
  • 300kg
  • 80kg
  • 120kg
  • 120kg
  • -
  • 120kg
  • 約160kg
  • 80kg
  • 120kg
  • 120kg
  • -
  • 50kg
  • 120kg

まとめ

タイヤラックを選び方やおすすめランキングを紹介しました。タイヤラックはオフシーズンのスタッドレスタイヤやスペアタイヤを格納する際に便利なアイテムです。タイヤはタイヤラックに格納したほうが、綺麗に見えるのでおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ