車ガラス油膜取り商品の人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID7066のサムネイル画像

人気の「車ガラス油膜取り洗剤」を15種類セレクトして紹介しています。車の走行距離が長くなると、ガラス表面に油膜が付着してしまいワイパーの拭き取りが悪くなってしまったり、視界が悪くなることがあります。しかし車の油膜取りを使って磨けばピカピカにすることができます。

車のガラス油膜取りの使い方

車のフロントガラスへ油膜が付着してしまうと、ウインドウウォッシャー液を使っても油膜をしっかりと落とすことができない場合があります。

 

こんな時には車のガラス油膜取りを使ってフロントガラスの油膜取りを行いましょう。車のガラス油膜取りには専用のガラス磨き用コンパウンドが含まれているため、コンパウンドの微粒子がしつこい油膜をしっかりと除去します。

 

撥水コートもしっかりと除去できるため、コートされたフロントガラスから異音が発生した時にも車のガラス油膜取り洗剤を使って除去しましょう。次の見出しでは、「人気度」「価格」「メーカー」などを基準に、人気のガラス油膜取りを15種類紹介します。

車のガラス油膜取りの人気ランキング15選

15位

CarZoot

ウォータースポットイオンデポジット完全除去

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロが実店舗で使用している洗浄剤

プロのリペア業者が実店舗で使用しているウォータースポット・イオンデポジット除去剤で、洗車では落とすことができない水垢汚れやうろこ汚れを強力に除去します。

 

他の洗浄剤との違いは、コンパウンドを含んでいない洗浄剤にも関わらず除去力が高いことはもちろんのこと、ボディを傷つけることなくウォータースポットを除去できることです。

 

コンパウンドを含んでいないため、ガラス面だけでなく、車のボディーでも使うことができる洗浄剤です。うろこ汚れが気になった時におすすめしたい製品です。

形状液体タイプ洗剤タイプ

口コミを紹介

自分で車をキレイに維持できたらいいな!の思いからポチってみました。いつも水垢でザァーと黒くなっている跡がすんなりキレイにとれました!

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ソフト99(Soft99)

ニュー強力油膜けし05058

価格:383円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スプレーするだけで簡単に油膜を除去

サッとスプレーするだけで、ガラス面のギラツキ、しつこい油膜を強力に除去することができる、即効性があるガラス油膜取りスプレーです。

 

ダッシュボードへ入れておけば油膜が付着した時に取り出して、気になる部分へちょっとスプレーすると油膜汚れを除去することができます。

 

洗剤のみで、コンパウンドを使っていないため傷をつける心配もありません。車のメンテナンスに詳しくないオーナーの方でも安心してお使いいただくことができます。

形状液体タイプ洗剤タイプ

口コミを紹介

苦労してキイロビンで磨かなくてもスプレーするだけで視界スッキリ。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

シーシーアイ(CCI)

スマートビュー ガラスコンパウンドクロスG-112

価格:440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

劣化した撥水コートや油膜をシートで除去

シートの中にガラス用のコンパウンドと洗浄剤とが含まれている、車のガラス油膜取りです。ガラス面をシートで磨くだけですのでかんたんに作業を行うことができます。

 

パッケージには「ガンコな油膜やフッ素系の撥水剤も落とすことができる」とされており、シートタイプでは珍しいコート素材も落とすことができる製品です。

 

販売価格もリーズナブルでお手頃ながら、強力な洗浄力と汚れ落としコンパウンドが入った製品となっています。コートを落とすことができるため、これからガラス撥水剤を塗りたいという方にもおすすめできます。

形状ウェットシートタイプシート型

口コミを紹介

水でながしてもなかなか流れなかったのでこれを使うようにしました。後の処理がとても楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ソナックス(Sonax)

エクストリームグラスクリア238241

価格:1,041円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

油膜をしっかりと除去できる人気スプレー

車のガラス油膜取りスプレーとしては人気の製品で、口コミ登録件数も多く、使い勝手が良いと高評価を得ている製品です。シンプルなスプレーボトルをサッと一吹きするだけで簡単に油膜を除去できます。

 

フロントガラスだけでなくミラーなども洗浄することができます。コート膜も除去することができるため、コートされているガラスやミラーには使用しないようにしましょう。

 

もし古いコート皮膜を落としたいという場合にはこのスプレーで念入りに清掃してみましょう。ワイパービビリの原因となる劣化コート皮膜も除去できます。(コート皮膜によっては除去できないものもあります。)

形状液体タイプ洗剤タイプ

口コミを紹介

拭きむらができにくく使いやすいです!良い買い物をしました!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

シーシーアイ(CCI)

スマートビューグラスファインG-137

価格:526円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨のシミや油膜をしっかり除去

活性フッ素と、二種類の超微粒子研磨剤とを独自に合成させた液体洗剤です。撥水コート前の洗浄に最適で、雨のうろこ汚れや、しつこい油膜を綺麗にしてくれます。

 

まずは活性フッ素を使って汚れを浮かせます。そして二種類の超微粒子研磨剤を使ってフロントガラス表面の汚れを削り落とします。

 

油膜から雨シミ、劣化したコートなど、ワイパー動作の支障になりそうな汚れ成分が気になるという方へおすすめです。新車同様のクリアなガラス面を実現します。

形状液体タイプコンパウンド

口コミを紹介

社有車に使ったのですが、なんが油っぽくてギトギトになっていたところに使用したら非常に綺麗になりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

オカモト産業(Okamoto Sangyou)

油膜取りパッド 2077

価格:435円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポンジタイプの油膜取り

誰でも簡単にギラギラした油膜を除去することができる、簡単な洗浄が可能な油膜取りパッドです。ガラス表面のギラギラした油膜や、劣化したコート皮膜を速攻でクリアします。

 

スポンジに水をつけて、ガラス表面を軽くサッとこするだけですから誰でも簡単に洗浄作業を行うことができます。はじめての方や女性でも使いやすく、わずらわしいメンテナンス知識も不要です。

 

液体洗剤タイプと異なり液だれしてしまう心配もなく、洗車が面倒になりがちな暑い夏や寒い冬でも、簡単にガラス表面を綺麗にしてくれる便利アイテムです。

形状スポンジタイプスポンジ型

口コミを紹介

液体も使う事もなく、無駄に車体を濡らさずに済んだもの良かったです。いろんな商品がありますが、これはオススメですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

プロスタッフ(Prostaff)

キイロビン クイックマジックゴールド A-14

価格:535円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汚れの除去スピードアップ

外側ガラス専用のクリーナーで、汚れを除去するスピードを3倍にアップさせたというスポンジ塗布型のキイロビンです。

 

キイロビンはネットのレビューなどでもお馴染みの製品で、ガラス表面に付着した油膜や水垢汚れ、そして古くなってワイパー動作を悪くする劣化したコートを強力に除去します。

 

スポンジに染み込ませてただ塗るだけで、交通事故の原因となりやすい不快な視界不良を除去します。コンパクトなデザインですから、ダッシュボードへ保管して携帯するのも便利です。

形状液体タイプコンパウンド

口コミを紹介

多少時間はかかりましたが、コーティング剤も油膜もしっかりと落とすことができました

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

リンレイ(Rinrei)

油膜とりガラスクリーナー C-23

価格:479円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなガラスクリーナー

カー用品店では洗車用品メーカーでおなじみのリンレイからリリースされているガラス油膜取り専用の車用クリーナースプレーです。

 

油膜を分解する成分が洗剤の中に含まれており、気になる油汚れ部分へスプレーすると油をしっかり分解し、汚れを落としてくれるタイプのガラス油膜取りです。

 

コンパウンド洗剤と違って、研磨剤が含まれていないため誰でも気軽に洗車することができますし、車の中に置いて携帯しておけば出先での油汚れにも対応できて便利です。

形状液体タイプ洗剤タイプ

口コミを紹介

ガソリンスタンドで窓を拭いてもらった時の仕上がりに近く、個人的には満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

スリーエム(3M)

ガラス磨き-L 38055

価格:6,419円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3Mのお得な業務用ガラスコンパウンド

業務用洗剤を多くリリースしている3Mの業務用ガラス油膜落としコンパウンドです。しっかりと汚れを落とすことができるガラス磨き洗剤をたっぷりと使いたい方におすすめです。

 

ガラスを傷つけず汚れを落とすことができるコンパウンドで、手磨きだけでなくポリッシャーで使うこともできます。

 

最適な回転速度で磨くと、コート前の下地を整える時にも便利です。油膜や古くなったコートも業務用クオリティならではの洗浄力で落としてくれる頼もしい製品です。

形状液体タイプコンパウンド

口コミを紹介

キイロビンで取れなかったサイドウィンドウの頑固なウロコが、3Mガラス磨きを使った所、ポリッシャー2回と手磨き1回で落ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ソフト99(Soft99)

ガラス用コンパウンドZ 05064

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フッ素系撥水剤とコンパウンドのW効果

この製品独自配合による、フッソ系撥水剤とコンパウンドとを配合した洗浄剤が特徴です。ガラスコーティングの下地処理にも使うことができ、フロントガラス表面を新車同様の視界にします。

 

専用のクリーニングパッドが付属していますから、パッケージを購入してからすぐに洗車作業に取り掛かることができます。洗浄後はしっかりと水を流して、洗剤を落としましょう。

 

洗剤には液だれしにくく、作業性の良い洗剤が含まれています。車のガラスメンテナンスをしっかりやりたいという方におすすめなコンパウンドです。

形状液体タイプコンパウンド

口コミを紹介

油膜は全くなくなった。今は夜でも快適に安全に走行可能。10年以上経過した自動車のガンコな油膜にはぜひおためしあれ。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ソフト99(Soft99)

ガラスリフレッシュ 05066

価格:685円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3種類の研磨粒子を配合

専用のコンパウンド液剤と、クリーニング用スポンジとがセットになっている製品です。プロ並みの強力な洗浄力で、しっかりと車のガラス表面をリフレッシュできます。

 

パッケージには「ウォータースポットを強力に除去」と書かれていますが、しつこいガラス油膜取りとしても活用できます。

 

「ストロングインパクト」と呼ばれる3種類の研磨粒子を独自配合しているのが特徴で、車のフロントガラス表面を強力に除去することができます。しっかり汚れを除去したい方におすすめの洗剤です。

形状液体タイプコンパウンド

口コミを紹介

今まで使った、どのセリウム入りの物よりカンタンに綺麗になりました。少量で綺麗になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

プロスタッフ(Prostaff)

キイロビン200 933A41

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インターネットで話題の定番品

「洗車してもガラスが見えづらい」「ワイパーアームの動作がおかしい」という時にお使いいただきたいコンパウンドがこのキイロビンです。インターネット口コミでも話題になった定番品です。

 

油膜やコート皮膜を除去するための専用クリーナーですから、液剤をクロスなどへ塗布して磨き、水で洗い流すだけで新車のようなクリアなガラス面にすることができます。

 

見えにくくなったと感じたときが使い時です。一度このボトルを購入しておけばしばらく使い続けることができるため、お買い得感もあります。

形状液体タイプコンパウンド

口コミを紹介

キイロビンでコーティングを完全除去してから、再コートしたら、嘘のようにすべての問題が解決、クリアーな視界が確保できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ソフト99(Soft99)

ガラコぬりぬりコンパウンド 04101

価格:716円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有名なコート剤の「油膜取り版」

ガラコと言えば、撥水コート剤として有名な製品ですが、この油膜取り用のガラコぬりぬりコンパウンドは、窓ガラスの撥水剤や油膜をしっかりと落とすことができる便利な製品です。

 

ガラコと同じ様に、油汚れや撥水コートが気になる部分へスポンジを使って磨き上げるだけで、簡単に洗浄することができます。油膜落としがはじめての方でも安心して使うことができるでしょう。

 

またフロントガラスを洗浄したあとはダッシュボードの中に入れておくことができるため、携帯性にも優れています。これなら長距離ドライブでも安心です。

形状液体タイプコンパウンド

口コミを紹介

古いガラコや油膜もスッキリ除去。半年に一度は使用しています。霧吹きなどで少し水分を含ませる方が作業しやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

オカモト産業(Okamoto Sangyou)

窓ガラスクリーナー 窓ガラス用水アカとりパッド 2081

価格:462円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水をつけて磨くだけで強力除去

洗車しても落ちないと諦めていたウロコ状の水アカ汚れをしっかりと除去してくれるスポンジパッドです。水をつけて磨くだけで白い汚れを落とすことができます。

 

こびりついたしつこい水アカだけではなく、ガンコなガラス油膜取りとしても活用することができます。水をつけて磨くだけですから女性の方でもカンタンです。

 

使い切りタイプで2コ入りです。汚れた時に購入してひとつ活用し、もうひとつはドライブのために車の中へ保管しておくなどできます。車だけでなく、自宅のお風呂場の鏡にも使えます。

形状スポンジタイプスポンジ型

口コミを紹介

今までの苦労はなんだったのだろうか!技術の進歩はスゴイ!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

プロスタッフ(Prostaff)

キイロビン ゴールド A-11

価格:625円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番のベストセラー洗剤

インターネットでも口コミの評価が高いキイロビンの新配合製品です。ガラスに透明感を出したいと思っている方におすすめで、油膜やコート皮膜を簡単に除去できます。

 

新しいキイロビンならではの洗剤配合で、ガラスの汚れ落としに効果を発揮する「ガラス系ナノパウダー」と「酸化セリウム」とを独自配合しています。

 

フロントガラス表面の油汚れが気になった方に、ぜひおすすめしたい定番のベストセラー洗浄剤です。一本購入しておけば長く使うことができる点もお買い得感があります。

形状液体タイプコンパウンド

口コミを紹介

油膜取りはもうこれしか考えられない!容量も多いので、しばーーらく使えますね!

出典:https://www.amazon.co.jp

車ガラス油膜取りの選び方

15種類のおすすめ車のガラス油膜取りを紹介してきました。次の見出しでは、これから車のガラス油膜取りを購入しようと思っている方向けに、製品の特徴と選び方を紹介します。車の油膜が気になった時には、購入前にチェックして買いましょう。

製品形状で選ぶ

車ガラス油膜取りの製品形状で選ぶ方法から紹介します。車のガラス油膜取り製品にはシート型、液体型、そしてクリームを塗布するタイプとがあります。特徴を知っておいて、使いやすいものを選んで購入するようにしましょう。

シート・スポンジ型

手軽さがポイントのシート型の車ガラス油膜取りは、車内へストックしておけばいつでも取り出して使い続けることができる便利なガラス油膜取りです。ウェットティッシュのようなシートには、洗剤が含まれているので拭き取るだけで油膜を除去できます。

 

デメリットとしては、しつこい油膜や、劣化したガラスコートを除去できない点です。油膜の中には、油の粒子が細かく一般的な洗剤では落ちにくいものもあります。劣化してしまったコートも同じです。

 

このような油汚れにはコンパウンド入りの車ガラス油膜取りを用いて、きちんと除去するようにしましょう。シート型はほとんどの油膜を除去することができるため、ストックしておきたい時におすすめです。

液体型

液体型には洗剤タイプ、ウインドウウォッシャー液に混ぜるもの、スプレー型のもの、そしてコンパウンド入りのクレンザータイプなどがあります。洗剤タイプにはコンパウンドの研磨剤が含まれておらず、クレンザータイプにはガラス専用研磨剤が含まれています。

 

コンパウンドの研磨剤入りタイプは、しつこい油汚れや劣化したガラスコート膜を除去することができます。しかし劣化していないガラスコートやワックスコートも除去してしまうため、注意が必要です。

 

ワックスコートが持続している時には、コンパウンドの研磨剤が含まれていない洗剤タイプの車ガラス油膜取りを使うようにしましょう。コート時間が長続きするためです。

スプレータイプ

スプレータイプのガラス油膜取りは、車のフロントガラス表面へ洗剤をスプレーして、いらないタオルなどを使ってフロントガラス表面を綺麗にする方法で使います。洗剤が油分を浮かせて落とすので、ガラス表面を傷つけないのが特徴です。

 

コンパウンドと異なり、洗車の時に強くこすってしまってもガラス表面を傷つける心配がありません。ですのでガラス油膜取りを使うのがはじめてという方におすすめです。

 

デメリットとしては、劣化したコート皮膜やがんこなガラス油膜、水アカなどは落ちにくいことがあります。この場合はコンパウンドのガラス油膜取りを使うのがいいでしょう。

コート剤の有無で選ぶ

車のガラス油膜取りクリーナーに含まれているコート剤の有無で選ぶ方法です。クリーニングを行うと同時に、新しい油膜の付着を防ぐコート剤が含まれているクリーナーもあります。コート剤入りは、クリーニングと一緒にコートを行いたいという方におすすめです。

コート剤無しのもの

コート剤があらかじめ含まれていないタイプです。コート剤が含まれていないため、車のガラス油膜取りクリーナーを使った後からコートをする時には、コート剤が必要になります。

 

フロントガラス表面に何もつけず、コートも必要ないというオーナーの方にはおすすめです。コートは、劣化してしまうとワイパーのがたつきの原因になってしまうことがあるため、コートが必要ない方はこちらを選びましょう。

 

デメリットとしては専用のコート剤が必要となるため、手間がかかってしまう点です。専用コートなら、コート被膜を長く持続させることができますが、洗車に時間がかかってしまう点は難点です。

コート剤ありのもの

車のガラス油膜取りクリーナーに、ガラスの油膜付着を防ぐコートが含まれているタイプのクリーナーです。油膜取りを行うクリーニング作業と、油膜を防ぐコート作業とを同時に行うことができます。

 

デメリットは特にありませんが、しいて言えば専用コートではないため長く続かないことです。こまめにコートを落として、新しいコート皮膜をつけたいというオーナーの方にはおすすめです。

 

洗車と一緒にコート作業を行うことができるため、車のガラス保護にも繋がります。綺麗なフロントガラスの状態を長くキープしたいという方は、このタイプを選びましょう。

含まれる成分から選ぶ

車のガラス油膜取りには、ガラス専用のコンパウンド(研磨剤)と、コンパウンドなしのタイプとが販売されています。コンパウンドは強力に油膜をきれいにすることができるものの、撥水コートも一緒にはがしてしまうという特徴もあります。

コンパウンドなし

コンパウンドなしの製品は、洗剤による強力な油膜除去能力を使って、車のフロントガラス表面に付着している油膜を溶かしながら落とすというものです。

 

ですのでしっかりと洗剤を油膜になじませてから、水で綺麗にクリーニングするとうまく除去しやすくなります。普段の洗車感覚で油膜除去できるため、手軽で簡単に油膜が綺麗になります。

 

デメリットは強力な油膜が除去できないことがある点ですが、しかしこのタイプはコート保護されているフロントガラスでも綺麗にすることができて便利です。

コンパウンドあり

予めコンパウンドが入っているタイプのガラス油膜取りは、フロントガラスの状態をリセットしたいときに便利です。というのも、コンパウンドでガラス表面の油膜やコートを根こそぎ除去することができるため、表面をまっさらな状態にできます。

 

コンパウンドが含まれている車のガラス油膜取りクリーナーはやや高価ですが、クリーナーの油膜除去率としては一番の性能を持っています。ですのでしっかりクリーニングしたい時は迷わずこのタイプを選びましょう。

 

デメリットとしては、強く磨きすぎると傷がついてしまうことがあるという点です。使用する前には、クリーナーの説明書をきちんと読んでから活用するのが大切です。

車ガラスの油膜取りにおすすめの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5246917の画像

    プロスタッフ(Prostaff)

  • 2
    アイテムID:5246910の画像

    オカモト産業(Okamoto Sangyou)

  • 3
    アイテムID:5246906の画像

    ソフト99(Soft99)

  • 4
    アイテムID:5246900の画像

    プロスタッフ(Prostaff)

  • 5
    アイテムID:5246897の画像

    ソフト99(Soft99)

  • 6
    アイテムID:5246893の画像

    ソフト99(Soft99)

  • 7
    アイテムID:5246886の画像

    スリーエム(3M)

  • 8
    アイテムID:5246879の画像

    リンレイ(Rinrei)

  • 9
    アイテムID:5246873の画像

    プロスタッフ(Prostaff)

  • 10
    アイテムID:5246865の画像

    オカモト産業(Okamoto Sangyou)

  • 11
    アイテムID:5246857の画像

    シーシーアイ(CCI)

  • 12
    アイテムID:5246854の画像

    ソナックス(Sonax)

  • 13
    アイテムID:5246850の画像

    シーシーアイ(CCI)

  • 14
    アイテムID:5246843の画像

    ソフト99(Soft99)

  • 15
    アイテムID:5246835の画像

    CarZoot

  • 商品名
  • キイロビン ゴールド A-11
  • 窓ガラスクリーナー 窓ガラス用水アカとりパッド 2081
  • ガラコぬりぬりコンパウンド 04101
  • キイロビン200 933A41
  • ガラスリフレッシュ 05066
  • ガラス用コンパウンドZ 05064
  • ガラス磨き-L 38055
  • 油膜とりガラスクリーナー C-23
  • キイロビン クイックマジックゴールド A-14
  • 油膜取りパッド 2077
  • スマートビューグラスファインG-137
  • エクストリームグラスクリア238241
  • スマートビュー ガラスコンパウンドクロスG-112
  • ニュー強力油膜けし05058
  • ウォータースポットイオンデポジット完全除去
  • 特徴
  • 定番のベストセラー洗剤
  • 水をつけて磨くだけで強力除去
  • 有名なコート剤の「油膜取り版」
  • インターネットで話題の定番品
  • 3種類の研磨粒子を配合
  • フッ素系撥水剤とコンパウンドのW効果
  • 3Mのお得な業務用ガラスコンパウンド
  • シンプルなガラスクリーナー
  • 汚れの除去スピードアップ
  • スポンジタイプの油膜取り
  • 雨のシミや油膜をしっかり除去
  • 油膜をしっかりと除去できる人気スプレー
  • 劣化した撥水コートや油膜をシートで除去
  • スプレーするだけで簡単に油膜を除去
  • プロが実店舗で使用している洗浄剤
  • 価格
  • 625円(税込)
  • 462円(税込)
  • 716円(税込)
  • 594円(税込)
  • 685円(税込)
  • 594円(税込)
  • 6419円(税込)
  • 479円(税込)
  • 535円(税込)
  • 435円(税込)
  • 526円(税込)
  • 1041円(税込)
  • 440円(税込)
  • 383円(税込)
  • 2780円(税込)
  • 形状
  • 液体
  • スポンジ
  • 液体
  • 液体
  • 液体
  • 液体
  • 液体
  • 液体
  • 液体
  • スポンジ
  • 液体
  • 液体
  • ウェットシート
  • 液体
  • 液体
  • タイプ
  • コンパウンド
  • スポンジ型
  • コンパウンド
  • コンパウンド
  • コンパウンド
  • コンパウンド
  • コンパウンド
  • 洗剤タイプ
  • コンパウンド
  • スポンジ型
  • コンパウンド
  • 洗剤タイプ
  • シート型
  • 洗剤タイプ
  • 洗剤タイプ

まとめ

車の人気ガラス油膜取り製品について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。気になった製品をいくつか購入して使ってみるのもおすすめです。車ガラス油膜取りをいくつか常備しておけば、いざという時にも不安がなく安心してドライブができるため便利なので、ストックしておいてもいいでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ