洗車スポンジのおすすめランキング10選【ムートンなど素材が充実】

記事ID9729のサムネイル画像

愛車と長く付き合えるように、こまめに洗車する人は多いですが、ゴシゴシ洗うと傷が気になるでしょう。今回は、洗車スポンジのおすすめランキングや選び方を紹介します。ランキングを参考に、ムートン・マイクロファイバーなど種類にこだわった洗車スポンジを探してみてください。

洗車スポンジはプロファイル加工のシュアラスターがおすすめ

車を洗う必須アイテムの洗車スポンジは、ボディの傷つけ防止や作業効率アップに効果的なアイテムでしょう。柄付きロングやグローブタイプなど色んなメーカーから販売されていますが、中でもシュアラスターのプロファイル加工スポンジがおすすめです。

 

ウレタン素材でデリケートコーティングしたスポンジは、洗車にぴったりでしょう。しかし、晴れた日は洗車日和と言った感じですが、意外にも炎天下はウォータースポットができるため、避けた方が良いです。

 

今回は、洗う場所に合う大きさ・素材・用途・使い勝手を基準にランキングを作成しました。まるで親のような兄弟のような恋人のような家族的な存在感のある愛車に、いつまでもキレイな状態で乗れるよう、車に合った洗車スポンジを探してみてください。

洗車スポンジの人気おすすめランキング10選

10位

プロスタッフ(Prostaff)

ファイバースポンジ

価格:719円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイクロファイバー採用・プロスタッフの洗車スポンジ

プレミアムマイクロファイバーを採用した、グリップ付きの洗車スポンジです。サッと埃や汚れを拭き取りやすく、車ボディに傷が付きにくいため、愛車と長くつきあっていきたい人にぴったりでしょう。

 

表面のマイクロファイバーの内側にはソフトな弾力のウレタンスポンジを内蔵していることで、ボディへ均等に力が加わって洗いムラがありません。また、ウレタン素材は吸収性に優れており、わざわざホースで水を流し続ける必要もないでしょう。

 

どうしても洗剤のキレが悪いときは、先端にホースを付けるとすすぎ洗いができるホースストッパー仕様も魅力的です。ポリマー系・ガラス系・フッ素系・疎水系・撥水系コーティングと幅広く対応します。

サイズ-素材プレミアムマイクロファイバー
カラーグリップあり

口コミを紹介

背の高いルーフ等を洗車するにはこの商品が一番良いです。古くなったファイバー部は柄から外して手でバイクや車のホイール洗い専用として再利用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ソフト99(Soft99)

洗車スポンジ 洗車スポンジ リッチ&ソフト 4155

価格:292円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キメの細かい泡で汚れを落とす洗車スポンジ

滑らかでキメの細かい泡が特徴の洗車とコーティングにマッチしたスポンジです。従来のウレタンスポンジよりも保湿力に優れ、とても柔らかいことでとても細かい泡が出るのが魅力的でしょう。

 

泡が細かいことで車体に傷が付かないため、しっかり洗うと傷が気になるという人にもぴったりです。何よりも肌触りが良いとランキングや口コミでも人気があり、触り心地で選ぶ人もいます。

 

ブラックカラーのスポンジは波状になっており、細かい溝の部分までしっかりと汚れを除去できるでしょう。スタイリッシュな色合いで、どんな場所にも違和感がなくフィットする洗車スポンジとして人気があります。

サイズ5 x 16.5 x 16.5 cm素材ウレタン
カラーグリップなし

口コミを紹介

ふにゃふにゃです
でもこの柔らかさを生かして隙間洗も余裕でこなします

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

SPASHAN

BOB ボブ イエロー 洗車用 スポンジ

価格:990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツ生まれの高級感漂う洗車スポンジ

ドイツで生まれた高級感が漂う洗車スポンジで、ポリウレタン素材の柔らかい質感がボディを傷つけずに洗い上げることができます。また、ラテックス入りで洗浄力をアップしたことで、頑固な汚れもサッと洗い流せるでしょう。

 

軽くて摩擦の抵抗を減らして均等に車の全体を洗えるため、洗い損じることがないのがメリットです。もちろん泡立ちも良く、キメの細かい泡でホイールの溝など狭い部分にもしっかりと入り込んで汚れを除去します。

 

一流のプロが愛用している洗車スポンジだけあって、耐久性にも優れていて長く愛用できるのが人気の理由です。世界のプロが使用しているという洗車スポンジを、ぜひ一度試してみてください。

サイズ20×10×4cm素材ポリウレタン・ラテックス
カラークリームグリップなし

口コミを紹介

スポンジが適度な硬さで大き過ぎず厚みも丁度良く持ちやすく操作性が凄くいいです、耐久性も高いスポンジだと感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

アイオン(AION)

洗車スポンジ プラスセーヌ 704-B

価格:397円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水洗い・洗剤洗いに対応している洗車スポンジ

水洗い洗車と洗剤の洗車のどちらにも対応している洗車スポンジです。肌触りは薄くてほどよいコシがあり、どんな部分にもフィットしやすく柔軟に密着するのが特徴的、まさに究極のスポンジと言えます。

 

PVAならではのソフトな素材は、塗装やコーティングに優しくて摩擦が少ないのも人気の秘密でしょう。柔らかいのに高い耐久性にも富んでいることから、長く愛用できてコスパ力にも優れています。

 

また、ごしごし洗ってしまうと車体のコーティングがはげる不安がありますが、ハゲを防いで洗い上げるスポンジでもあるのです。価格も安くて機能性にも優れているおすすめのスポンジと言えるでしょう。

サイズ2.5 x 18 x 13 cm素材PVA
カラーブルーグリップなし

口コミを紹介

ボディ、ガラス専用に使用。ボディの上でスポンジを握り泡を落とし、それを撫でる。
傷の心配が全くない、耐久性も良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

プロスタッフ(Prostaff)

洗車用品 ホイールクリーナー ホイール用グローブ

価格:748円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5本指のマイクロファイバー・プロスタッフの洗車スポンジ

5本指のグローブタイプのマイクロファイバー・洗車スポンジです。5本の指で分かれていることでしっかりと細かい場所まで手が届きやすく、しっかりと汚れを取りたい場合にとても適しています。

 

また、オウトツ部分の多いホイールも、素手で直接洗っているような感覚できちんと洗浄ができるのが魅力的でしょう。素材はマイクロファイバーを使っており、ある程度、力を入れて洗っても傷が付きにくいです。

 

3層の構造で、ちょっと力を加えても手が痛くなりにくくて長く使っていても均等の力で洗えます。洗いにくいナットの穴や細かい隙間も手軽に洗えるため、ランキングや口コミでも話題のグローブ型スポンジです。

サイズ-素材マイクロファイバー
カラーグリップなし

口コミを紹介

これは便利ですね。
これとシンプルグリーンでホイールはバッチリです。
作業時間も今までの半分以下、しかも疲れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ワイズ

Gグリップ洗車スポンジ シャワー CS-32

価格:429円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホースでつないで水が出る柄付きの洗車スポンジ

ホースをつなぐと、スポンジから水が出て洗える柄付きの洗車スポンジです。水をかけながら使えるタイプで、車体とスポンジの間に水がクッションとなって傷が付きにくいのがメリットと言えるでしょう。

 

柄の部分は軟質グリップになっていることで、長く使っていても手を傷めにくいという点も外せません。特に水に直接触りたくないという人におすすめで、冬場の水の冷たさからも逃れられます。

 

スポンジのイエローカラーだけでなく、グリップのレッドとブルーカラーもカラフルでおしゃれなイメージです。スタイリッシュなデザインで洗車スポンジを選ぶのであれば、外せないアイテムでしょう。

サイズ約5cm×12cm×19.5cm素材ポリウレタン・ABS・PP・TPEE
カラー黄色グリップあり

口コミを紹介

今迄ナイロン製の洗車ブラシを使ってましたが、時間と共にナイロンが固くなり車にキズが付き何とかしたいと友人に相談したら毛で出来たブラシがあるよと教えられて購入したが車にやさしくとても良いです

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

株式会社タロウワークス

伸縮 ムートンファイバー 洗車 スポンジ モップ

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロング柄付きで天井も洗いやすい伸縮性の洗車スポンジ

車を優しく軽く洗うことを目的に作られたムートンの洗車スポンジです。ロングの柄が付いていることで、車の天井の洗浄にも適しており、しっかりと車の全体を洗うことが出来て便利なアイテムでしょう。

 

グリップの部分は伸縮することで、適したサイズに調整ができるのが車体に合わせられておすすめです。また、天然ムートンの弱点となる繊維の粗さが傷を付けたり耐粘性を弱めるという問題点を克服しています。

 

ハイルーフの車の天井もしっかりと汚れを落とせ、軽くて扱いやすい点からも女性に人気があります。泡立ちも良いことから洗剤も少なめでOKで、コスパにも優れている洗車スポンジと言えるでしょう。

サイズ縦20×横14×厚さ3cm素材ムートンファイバー・ポリエステル
カラークリームグリップあり

口コミを紹介

目が細かいので、目に見えない汚れも落としてくれます。
ほとんどさする程度しかこすりませんが、十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Surluster(シュアラスター)

ウォッシングスポンジ SurLuster S-70

価格:340円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シュアラスターのプロファイル加工された洗車スポンジ

洗車用品として知名度が高い「シュアラスター」の洗車スポンジです。頑固な汚れが落とせるゴム面と柔らかい波型(プロファイル加工)のウレタン面が付いており、洗車する箇所に応じて使い分けることができます

 

例えば、通常の洗剤ならウレタン部分・水垢や鳥や虫のフンなど頑固な汚れにはゴム面を使いましょう。形状がくびれていて手で持ちやすく、軽い力加減でしっかりと汚れを落とすことができます。

 

また、手触りだけでなく、硬さや泡立ち・裏表の使い分けなど全体的に考えても選んで損はしません。黒色で汚れが分かりづらい反面、さりげなくどこに置いておいても違和感がなく、おしゃれに見えます。

サイズ6 x 13.5 x 26 cm素材ウレタン・ゴム
カラーグリップなし

口コミを紹介

手触り、かたさ、泡立ち、表裏の使い分けなど、トータルバランスがほどほどに良い製品だと思います。あと大きさも。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

株式会社タロウワークス

洗車 グローブ 【ムートンファイバー】

価格:780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グローブタイプで頑固な汚れも落とせる洗車スポンジ

ムートン素材の柔らかい質感で、きめ細かい泡で車のボディを洗う洗車スポンジです。グローブタイプとなっており、ぐっと力を入れることで頑固な汚れもサッと取り除ける便利なアイテムでしょう。

 

ムートンのスポンジは耐久性にも優れており、洗えば長く使えることからもコスパ力にもおすすめです。柔らかい毛がしっかりと隅まで行き届き、優しく洗い上げたい人はぜひ、ムートン素材のスポンジを使ってみましょう。

 

アメリカの愛車家に人気があるアイテムで、ラクに洗車ができて短時間で愛車はピカピカです。1個1,000円以下で数個をセットで購入すれば、洗濯で交換してもいつでもキレイな周防本時を使えます。

サイズ縦24×横15.5cm素材ムートン
カラークリームグリップなし

口コミを紹介

半年程、使用しましたが
問題無く使用出来てます❣️
毛質も柔らかく
ボディにら優しそうな感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

カーメイト(CARMATE)

車用 パープルマジック ホイール洗浄専用スポンジ

価格:729円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホイールの奥まで洗浄できる洗車スポンジ

ホイール専用の洗車スポンジで、デコボコのホイールの奥までしっかりと洗浄できるのが魅力的でしょう。グリップが付いていることで手の届きにくいところまで行き届き、ピカピカに仕上げることができます。

 

縦長の柄付きの形状スポンジは、楽にスキマを掃除するのに適しており、無理に手を入れてケガをしません。ホイール自体もマイクロファイバーが使われていて、優しく洗浄できるのが特徴です。

 

パープルカラーはおしゃれで、車内に置いても違和感がなくおしゃれなインテリアとしての要素を含みます。ドライブ中に突然の雨風で汚れてしまっても、洗車店でサッとお掃除ができてランキングや口コミでも人気です。

 

サイズ縦21.5×横4.9cm素材ウレタン・マイクロファイバー
カラーパープルグリップあり

口コミを紹介

今まではなにも汚れが落ちていなかったんだなと思いました。奥の方にも簡単に手が届くので2回使用したところでピカピカになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

洗車スポンジの選び方

洗車スポンジには色んな種類があり、それぞれ目的に合わせて選ぶことがポイントです。どんなタイプがあるのか挙げてみましょう。素材・用途・使い勝手などで選び方の項目を作りましたのでぜひ参考にしてみてください!

洗う場所に合う大きさで選ぶ

同じ車でも場所によって、洗いやすいスポンジがあります。ボディ・タイヤホイールそれぞれにおすすめの洗車スポンジを紹介しましょう。

ボディは握りやすい手のひらサイズで

車のボディは広い範囲で、手を左右に大きく動かして洗うことになるでしょう。そのため、手とのフィット感がとても大事であり、握りやすい手のひらサイズの洗車スポンジを選ぶことがポイントです。

 

握りやすく左右に移動しすいジャストフィットタイプかそれよりもやや大きめサイズで選ぶと失敗がありません。

タイヤホイールの穴やバックミラーは小さいサイズ

車のボディ部分とは違って、タイヤホイールの穴やバックミラーは狭い範囲であまり大きなスポンジは適していません。小さいサイズの洗車スポンジを使って、溝の奥までしっかりと入れて洗うようにしましょう

 

とくにムートンファイバータイプは、しっかりと汚れが落とせるのに傷をつけないと話題の洗車スポンジです。

素材で選ぶ

洗車スポンジは主に4つの素材に分かれ、それぞれに特徴があります。どんなメリットがあるのかチェックしてみましょう。

泡立ち・コスパに優れたウレタン素材

洗車スポンジとして多く採用されているのがウレタン素材で、洗車に便利なセット内容にも多く取り入れられています。何よりもウレタン素材は泡立ちが良いことが特徴であり、コスパ力にも優れていておすすめです。

 

また、質感も柔らかいタイプも硬いタイプもあって洗う場所に合わせて選ぶと失敗がありません。頑固な汚れであれば、密度が高いタイプを選ぶとゴシゴシとこすらなくてもサッと汚れを落とせます。

ソフトな洗いあがりのムートン素材

車をキレイにこまめに洗車をしたいのであれば、ムートン素材の洗車スポンジがおすすめです。ウレタン素材に近く、ソフトな洗いあがりで傷が付きにくいという点からもボディを優しく洗おうと思っている人にぴったりでしょう。

 

頑固な汚れには適していないものの、サッと汚れを落としたいのであればまさにおすすめの洗車スポンジです。また、柔らかい素材のムートンは汚れがひどい箇所をゴシゴシと洗うことで、寿命も縮まるため、気を付けてください。

吸水性に優れたセルロース素材

吸収力に優れたタイプで、とにかく短い時間でサッと洗い上げるならセルロース素材がおすすめです。水切れがしにくく、頻繁に水を足す必要もないことから水道で水をかける必要もありません。

 

少量の洗剤でもサッと洗えて、時間がない朝でもスピーディに作業ができる点でも魅力的なスポンジでしょう。また、洗剤で洗った後の水切りは、吸収力に優れていて何枚もタオルの必要がありません。

万能性が高いPVA

吸水性・保水性だけでなく耐薬性にも優れている万能タイプの洗車スポンジです。細かい気泡があることが特徴的で、泡立ちが良いことからしっかりと汚れを落としたい人にぴったりの素材でしょう。

 

頑固な汚れを抱え込んで、きっちりと洗えますが傷をつけるリスクもないことからランキングや口コミで人気です。大きいスポンジから薄いタイプまで幅広く、穴が密集・きめ細かい泡が出て優しく洗い上げることができるでしょう。

用途で選ぶ

洗車したいパーツに合わせてスポンジを選ぶと失敗しません。それぞれの用途に合わせて洗車スポンジを選んでみましょう。

ボディ洗浄はソフトウレタンなど

車のボディは意外と柔らかく、傷が付かないように優しく洗い上げるようなスポンジを選ぶようにしましょう。ソフトウレタン・セルロースなど柔らかい素材の洗車スポンジが適しており、柔らかくてボディへもソフトタッチです。

 

特に泡立ちが良いことでキメの細かい泡で優しく洗い上げるため、汚れだけをサッと取り除くことができます。また、ムートンも車のボディの洗車に向いていて、こまめにボディ洗車をするならソフトウレタン・セルロース・ムートンのセットで準備しておきましょう。

ホイール洗浄は柄付きロングタイプ

ホイールの洗浄はゴシゴシとこすった方が落ちるイメージから、専用ブラシを使う人が多いでしょう。しかし、車のボディと同じようにあまりこすりすぎると傷が付いてしまうため、スポンジがおすすめです。

 

ただし、細かく入り込んで奥行があるホイールは、通常のスポンジよりも柄付きロングタイプの方が使い勝手が良いでしょう。ホイールの奥までしっかりと届き、柔らかい素材のスポンジなら汚れをムラがなく洗浄します。

車やバイクのタイヤ洗浄は専用ブラシ

車のタイヤを洗浄するのであれば、スポンジではなくて専用のブラシの方が汚れが落ちやすいです。特にタイヤの形状に合わせてブラシの形も選ぶと、よりスピーディにタイヤ洗浄がはかどります。

 

硬めのタイヤはスポンジで洗うとこすりすぎてちぎれてしまう可能性もあり、あまりおすすめではありません。また、ブラシでもタイプによって傷が付いてしまうことを考えると、専用タイプで探すようにしてください。

コーティングは小型で硬めタイプ

車のワックスなどのコーティングでもスポンジを使いますが、洗車用と比べて小型で硬めにできているのが特徴です。車のボディとの密着が高いことで、ムラがなく平らでキレイに塗りこめるように作られています。

 

逆に洗車用の柔らかい素材のスポンジを使ってしまうと、ムラが出やすくてかえって汚く仕上がってしまい注意が必要です。洗車用スポンジは専用を使い、コーティング用にも専用タイプを使ってください。

使い勝手で選ぶ

こまめに洗車するのであれば、使い勝手でも十分に考慮すべきです。スピーディでラクに洗えるタイプで選びましょう。

ロング柄付きタイプで選ぶ

スポンジと言うと手で持つタイプをイメージすることが多いですが、天井やホイールなどは手が届かないこともあります。柄付きのロングタイプのスポンジであれば、脚立に乗らなくても車の天井が洗いやすいです。

 

また、グリップが伸縮するタイプなら、細かい部分も磨けることで使い勝手が良くなってスピーディに作業が進みます。手が届きにくい高い天井では最大に伸ばして、ホイールなどの箇所では短めに設定しましょう。

小傷を防ぐために明るめカラースポンジで選ぶ

車のボディを洗うときは、傷などが付きやすく注意が必要です。できるだけ小傷を防ぎたいのであればゴミが見えやすい明るいカラーで選ぶことが大事であり、明るめカラーのスポンジを探しましょう。

 

車体に細かい傷を付ける一番の原因は、洗車スポンジに付いている埃や砂で暗めのスポンジでは見つけづらいです。黄色や白など明るめカラーのスポンジであれば早めに見つけやすく、安心して洗車ができます。

洗車スポンジの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5466330の画像

    カーメイト(CARMATE)

  • 2
    アイテムID:5466367の画像

    株式会社タロウワークス

  • 3
    アイテムID:5466382の画像

    Surluster(シュアラスター)

  • 4
    アイテムID:5466934の画像

    株式会社タロウワークス

  • 5
    アイテムID:5466948の画像

    ワイズ

  • 6
    アイテムID:5466988の画像

    プロスタッフ(Prostaff)

  • 7
    アイテムID:5467023の画像

    アイオン(AION)

  • 8
    アイテムID:5467120の画像

    SPASHAN

  • 9
    アイテムID:5466902の画像

    ソフト99(Soft99)

  • 10
    アイテムID:5466309の画像

    プロスタッフ(Prostaff)

  • 商品名
  • 車用 パープルマジック ホイール洗浄専用スポンジ
  • 洗車 グローブ 【ムートンファイバー】
  • ウォッシングスポンジ SurLuster S-70
  • 伸縮 ムートンファイバー 洗車 スポンジ モップ
  • Gグリップ洗車スポンジ シャワー CS-32
  • 洗車用品 ホイールクリーナー ホイール用グローブ
  • 洗車スポンジ プラスセーヌ 704-B
  • BOB ボブ イエロー 洗車用 スポンジ
  • 洗車スポンジ 洗車スポンジ リッチ&ソフト 4155
  • ファイバースポンジ
  • 特徴
  • ホイールの奥まで洗浄できる洗車スポンジ
  • グローブタイプで頑固な汚れも落とせる洗車スポンジ
  • シュアラスターのプロファイル加工された洗車スポンジ
  • ロング柄付きで天井も洗いやすい伸縮性の洗車スポンジ
  • ホースでつないで水が出る柄付きの洗車スポンジ
  • 5本指のマイクロファイバー・プロスタッフの洗車スポンジ
  • 水洗い・洗剤洗いに対応している洗車スポンジ
  • ドイツ生まれの高級感漂う洗車スポンジ
  • キメの細かい泡で汚れを落とす洗車スポンジ
  • マイクロファイバー採用・プロスタッフの洗車スポンジ
  • 価格
  • 729円(税込)
  • 780円(税込)
  • 340円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 429円(税込)
  • 748円(税込)
  • 397円(税込)
  • 990円(税込)
  • 292円(税込)
  • 719円(税込)
  • サイズ
  • 縦21.5×横4.9cm
  • 縦24×横15.5cm
  • 6 x 13.5 x 26 cm
  • 縦20×横14×厚さ3cm
  • 約5cm×12cm×19.5cm
  • -
  • 2.5 x 18 x 13 cm
  • 20×10×4cm
  • 5 x 16.5 x 16.5 cm
  • -
  • 素材
  • ウレタン・マイクロファイバー
  • ムートン
  • ウレタン・ゴム
  • ムートンファイバー・ポリエステル
  • ポリウレタン・ABS・PP・TPEE
  • マイクロファイバー
  • PVA
  • ポリウレタン・ラテックス
  • ウレタン
  • プレミアムマイクロファイバー
  • カラー
  • パープル
  • クリーム
  • クリーム
  • 黄色
  • ブルー
  • クリーム
  • グリップ
  • あり
  • なし
  • なし
  • あり
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり

まとめ

今回は、洗車スポンジの人気おすすめランキング10選や選び方について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。愛車は自分の分身のような存在で、こまめにキレイにしてあげたくなるでしょう。ウレタンやムートンなど素材にこだわり、柔らかい・硬い質感など豊富な種類から目的に合った洗車スポンジを選んでみてください。

「車のコーティング剤」は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ