【2021年最新版】ウォッシャー液の人気おすすめランキング10選

記事ID23223のサムネイル画像

ウォッシャー液は、ガラスの油膜や汚れを綺麗にしてくれる優れものです。しかし、BMWやガラコなどメーカーの種類も多くどこで買うのがいいか分かりませんよね。今回は、ウォッシャー液の種類や選び方、自作方法や出し切る方法、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

どこで買う?ウォッシャー液とは

車のフロントガラスに噴射してワイパーで汚れを拭き取るウォッシャー液。実は、汚れを落とすだけでなく、様々な機能の商品があることをご存知ですか?洗浄機能以外にも、撥水効果や油膜防止効果のある製品も。

 

今回はウォッシャー液の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは効果・特徴・コスパ・その他機能の4つのポイントを基準として作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ウォッシャー液の選び方

ウォッシャー液には、効果や対応している気温など様々な種類があります。自身の目的や用途に合ったものを選びましょう。

使用目的や効果で選ぶ

ウォッシャー液には、洗浄効果に加えて油膜除去や撥水もできる種類があります。どのような効果のあるウォッシャー液がいいか、自身の目的に合った製品を見つけてくださいね。

シンプルな「洗浄効果のみのタイプ」

一般的に使用されているウォッシャー液で最もスタンダードなのがシンプルな洗浄効果のみのタイプです。フロントガラスについた花粉やほこりなどの汚れを落とすことができ、視界をすっきりとさせることができます。

 

洗浄効果のみのタイプは数百円で購入できるものもあり、非常にコストパフォーマンスにも優れています。気軽に購入できる価格の製品が多いため、ウォッシャー液を初めて購入する方にもおすすめです。

雨に強い「撥水タイプ」

撥水タイプのウォッシャー液は、フロントガラスを洗浄することで水をはじく効果が得られます。ガラスにコーティングをするよりも手軽に撥水ができるため、通勤などでよく車を利用する方におすすめです。

 

繰り返し使用することで撥水効果が強くなる製品もあり、雨が多い梅雨の時期やゲリラ豪雨が起こっても安心して運転ができますよ。しかし、すでに撥水コーティングがされている車には使用できない場合があるので、必ず注意書きを確認しましょう。

頑固な汚れには「油膜除去タイプ」

排気ガスなどによる強力な油汚れが付着し、普通のウォッシャー液では洗浄しきれない場合には、油膜除去タイプのウォッシャー液がおすすめです。フロントガラスに油膜が張ってしまうと、雨の日に視界がにじんだり、べったりとした質感になったりします。

 

交通量の多い道路を良く通り、排気ガス汚れが気になる方や、フロントガラスのべたつきに悩んでいる方は、油膜除去タイプのウォッシャー液の使用をおすすめします。

夏場には「虫汚れ」に強いものを

暖かい季節や夏場には、運転中にフロントガラスに虫がぶつかってしまうことがありますよね?また、近所の街頭に集まる虫の足跡が付くこともあります。様々な原因で付着する虫汚れは強くこびり付いてしまい、普通のウォッシャー液だとなかなか落とせません。

 

そんな時には、虫汚れに強いタイプのウォッシャー液がおすすめです。また、こびり付いた汚れを落とすだけでなく、虫汚れの付着を予防してくれる商品もあります。虫が増える時期には虫汚れ予防タイプに切り替えるのもおすすめですよ。

寒い季節なら「凍結防止・解氷効果」のあるものを

冬に雪が降るような寒い地域では、凍結防止効果のある製品を使用することが大切です。凍結防止効果があるものは、ウォッシャー液がタンクの中で凍ってしまったり、噴射してすぐに氷になってしまったりするのを防げます。

 

また、寒い朝に車に乗るなら解氷効果があるものがおすすめ。フロントガラスに厚く張った氷でも、みるみる溶かしてくれますよ。寒い地域に引っ越したりした場合にウォッシャー液の交換を忘れてしまうことが多いので注意しましょう。

コスパで選ぶなら「希釈タイプ」

ウォッシャー液をコスパの良さで選ぶなら、希釈して使うタイプがおすすめです。種類によっては、3倍に薄めて使用すると約6Lほどの大容量になることも。気に入った商品や目的に合ったものが見つかれば、大容量タイプを購入するのも良いですね。

 

希釈タイプは、薄めると撥水や洗浄効果が少なくなってしまうものと、希釈しても効果が変わらない製品があります。できれば、効果が変わらない物を選ぶのがおすすめです。

すぐに使える「原液タイプ」

原液タイプは、水で薄めずにそのままタンクに入れて使用します。薄める作業が必要ないため、購入したらすぐに使用できますよ。濃度が濃いものは凍りにくいといった特徴もあるので、寒い地域や冬場の使用にも適しています。

 

しかし、あまりにも濃度の高いものだと、ウォッシャー液のノズルが詰まってしまうこともあります。故障を防ぐためにも、使用に関する注意点や説明をきちんと読んで使用しましょう。

「液跡が残りにくい」タイプもおすすめ

ウォッシャー液を使用した後に、液が白く固まったり、フロントガラスに線が付いたりした経験はありませんか?フロントガラスを綺麗にする目的で使ったウォッシャー液で、さらに視界が悪くなっては困ってしまいます。

 

ウォッシャー液の液跡が気になる方には、液跡が残りにくいタイプがおすすめです。揮発性の高い成分を使用しているためすぐに蒸発し、フロントガラスにべたべたと残ることがありません。

 

他にも、ウォッシャー液に純度の高い水を使用している場合にも液跡が残りにくいですよ。

「コーティング車」にも使えるか確認しよう

ウォッシャー液には多くの種類がありますが、その中でも、撥水コーティングがされている車には使用できない商品もあります。適さない商品を使用することでコーティングが剥がれてしまう場合もあります。

 

必ず、ウォッシャー液の説明書を読んでから使用してくださいね。

メーカーで選ぶ

ウォッシャー液は、様々なメーカーから販売されており、どこで買うべきか悩んでしまいますよね。ここでは、主に人気のある2つのメーカーを紹介します。

冬季の使用におすすめな「BMW」

BMWから販売されているウォッシャー液は、BMWの車にはもちろん、その他様々な車に使用することが可能です。特にカーケアウィンド・ウォッシャー液が有名で、-63℃まで凍結を防止してくれます。

 

雪国や寒い冬の季節におすすめですよ。

オートバックスでも買える「ガラコ」

車のお手入れ用品を多く取り扱っているガラコからも、ウォッシャー液が販売されています。オートバックスなどで気軽に購入できるのも嬉しいですね。

 

口コミサイトなどではガラコのウォッシャー液は地雷とも言われていますが、正しい使い方をすればとてもよく撥水をしてくれる商品ですよ。

ウォッシャー液の人気おすすめランキング10選

10位
 

洗車の王国

ウォッシャー液 (撥水加工済みガラス面用)

撥水コーティングの車にも使える

撥水加工されたガラス用のウォッシャー液です。ウィンドウクリスタルの撥水性能に影響が無いように開発され、撥水コーティングの膜を傷つけることなくガラスを洗浄できます。

 

できるだけ撥水コーティングの効果を長持ちさせたい方や、撥水コーティング用のウォッシャー液で良いものが見つからない方にもおすすめです。

効果 油膜除去 原液・希釈 -
凍結温度 -15℃(3倍希釈)
9位
 

ソフト99(Soft99)

ウィンドウケア ガラコウォッシャー

強力な撥水効果を発揮

環境に優しいパウチタイプで販売されているウォッシャー液です。価格も安く、コスパに優れているのも嬉しいですね。原液のままでも希釈しても使用でき、3倍に希釈すると何と6リットル分にもなるお得な商品です。

 

原液のまま使うことで凍結もしにくく、冬場の使用にも適しています。より高い撥水能力が欲しい方におすすめですよ。

効果 撥水 原液・希釈 両方可
凍結温度 -20℃(原液)

口コミをご紹介

ウォッシャー液はずいぶん前からこれを利用しています。ガラスに撥水剤を塗っている場合は撥水のウォッシャー液と撥水用のワイパーを併用することでその効果が長持ちすると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位
 

古河薬品工業

ウインドウォッシャーエクセレント

あっという間にクリアな視界に

新配合の界面活性剤の効果で、油膜を綺麗に落としてくれます。他の部品のゴムや金属、塗装への影響も少ないため安心して使用できます。300円台で購入できる高コスパ商品なのもポイントです。

 

フロントガラスがぼんやりとして見えにくい方や、油膜汚れに悩んでいる方にぴったりの商品ですよ。

効果 油膜除去 原液・希釈 両方可
凍結温度 -6℃

口コミをご紹介

数あるウォッシャー液の中、値段や量・商品性能に特に問題なくお勧めです!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

プロスタッフ(Prostaff)

ブルビンウォッシャースーパー

虫汚れや油膜汚れに強い

夏場や暑い時期に運転をしていると、フロントガラスに虫がぶつかって汚れてしまうことがありますよね。このウォッシャー液は、そんな虫汚れも強力に落としてくれる優れもの。油膜汚れも落ちるため、フロントガラスがピカピカになります。

 

油膜の付着を防止してくれる効果もあるので、きれいな状態を長く保つことができますよ。

効果 油膜取り 原液・希釈 両方可
凍結温度 -10℃(原液)

口コミをご紹介

コストパフォーマンスも良いし汚れも取れ気に入っております、原液でも問題ないですが原液だと晴れの日は白い泡が目立つので水で薄めた方が良いかと、薄めた方がコスパ的にもよりお得になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

レインエックス(Rain X)

スーパーレイン・X ウォッシャー2000

きれいに雨粒をはじく

撥水加工がとても優れているウォッシャー液です。雨が降っても、水滴が粒のようになって流れるため、フロントガラスがとても見やすくなります。継続して使用するとガラスに膜ができるため、小雨であればワイパーいらずに。

 

ノズル付きの容器で補充も簡単にできますよ。

効果 撥水 原液・希釈 両方可
凍結温度 -30℃(原液)

3倍に薄めて雨の日に使用したら本当に雨が玉になっていく。効果は半日ぐらいと長くないがその都度やれば効果が出るので重宝しています。他のコート剤と併用すればもっといいかも!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

イチネンケミカルズ(Ichinen Chemicals)

ガラスコート撥水ウォッシャー

耐寒性に優れたウォッシャー液

原液で使用すると-30℃まで使用できる耐寒性に優れたウォッシャー液。3倍まで薄めても撥水効果が変わらないコスパに優れた商品です。大容量なので、希釈して使用すればとっても長持ちします。

効果 撥水 原液・希釈 両方可
凍結温度 -30℃(原液)

口コミをご紹介

雨の日に発進する前にワンウォッシャーすると結構撥水してくれます。
自分は3倍に薄めてます。効果ありです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

Holts(ホルツ)

クルマの【激落ちくん】 超純水ウォッシャー

撥水コーティング車にも使用できる!

激落ちくんというと、キッチンアイテムのスポンジを想像しますよね。このウォッシャー液は、スポンジの激落ちくんのようにフロントガラスの汚れを綺麗に取り除いてくれます。加えて、撥水コーティングされた車にも使用できます。

 

また、ウォッシャー液には純水が使用されており、液が白残りしないように作られています。液跡を残したくない方にもおすすめですよ。

効果 洗浄効果 原液・希釈 原液
凍結温度 -30℃

口コミをご紹介

汚れは良く落ちます。価格も、安くリピートして使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

Surluster(シュアラスター)

ウォッシャー液 ゼロウォッシャー

強力な撥水力!

強力な撥水力と洗浄力が特徴的なウォッシャー液です。3倍まで希釈しても効果が変わらないため、最大6L分使用できます。また、ワイパーやゴム部分にも優しく、塗装の傷みも心配することなく安心して使用できますよ。

効果 撥水 原液・希釈 両方可
凍結温度 -30℃(原液)

口コミをご紹介

今回、初めてこのタイプを購入しました。ウォッシャータンクへの補充も問題なく、また、空き容器もクルクルっと丸めて捨てられるのは、とても快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

Surluster(シュアラスター)

ウォッシャー液 ゼロウォッシャー

液残りが気にならない

逆浸透膜ろ過システムによる超純水を使用しており、液跡が残らずきれいな仕上がりのウォッシャー液です。一般的なウォッシャー液に良く使用されている界面活性剤は使用せず、特殊気化性清浄成分が汚れを除去します。

 

撥水効果に影響が無く、コーティングされている車にも使用できます。車のゴムや塗装を傷めない素材なのも嬉しいですね。

効果 洗浄効果 原液・希釈 原液
凍結温度 -30℃

口コミをご紹介

使用時の拭き筋が出にくく、運転席側への拭き溜まりも比較的クリアでした。また、ボディーへ飛び散った跡も白くならず満足してます。1年に1-2回程度のものと考えればコスト的にも問題ないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

古河薬品工業

ウインドウオッシャー クリアウオッシャー液

撥水コーティング車にも使用可能

揮発性界面活性剤を使用し、ウォッシャー液の跡残りが気にならないタイプです。-30℃まで対応し、オールシーズン使用することができます。撥水コーティングされている車にもダメージが無く、安心して使用できます。

 

価格も安いため、ウォッシャー液を初めて購入する方にもおすすめです。手軽に購入できるコスパの良さが嬉しいですね。

効果 洗浄効果 原液・希釈 原液
凍結温度 -30℃

口コミをご紹介

ガラスコーティング車にもOKとのことで購入。
白く残ることもなくクリアに使え気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ウォッシャー液のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6708514の画像

    古河薬品工業

  • 2
    アイテムID:6708485の画像

    Surluster(シュアラスター)

  • 3
    アイテムID:6708222の画像

    Surluster(シュアラスター)

  • 4
    アイテムID:6708152の画像

    Holts(ホルツ)

  • 5
    アイテムID:6708014の画像

    イチネンケミカルズ(Ichinen Chemicals)

  • 6
    アイテムID:6707990の画像

    レインエックス(Rain X)

  • 7
    アイテムID:6707603の画像

    プロスタッフ(Prostaff)

  • 8
    アイテムID:6706992の画像

    古河薬品工業

  • 9
    アイテムID:6706953の画像

    ソフト99(Soft99)

  • 10
    アイテムID:6706853の画像

    洗車の王国

  • 商品名
  • ウインドウオッシャー クリアウオッシャー液
  • ウォッシャー液 ゼロウォッシャー
  • ウォッシャー液 ゼロウォッシャー
  • クルマの【激落ちくん】 超純水ウォッシャー
  • ガラスコート撥水ウォッシャー
  • スーパーレイン・X ウォッシャー2000
  • ブルビンウォッシャースーパー
  • ウインドウォッシャーエクセレント
  • ウィンドウケア ガラコウォッシャー
  • ウォッシャー液 (撥水加工済みガラス面用)
  • 特徴
  • 撥水コーティング車にも使用可能
  • 液残りが気にならない
  • 強力な撥水力!
  • 撥水コーティング車にも使用できる!
  • 耐寒性に優れたウォッシャー液
  • きれいに雨粒をはじく
  • 虫汚れや油膜汚れに強い
  • あっという間にクリアな視界に
  • 強力な撥水効果を発揮
  • 撥水コーティングの車にも使える
  • 価格
  • 322円(税込)
  • 605円(税込)
  • 651円(税込)
  • 877円(税込)
  • 406円(税込)
  • 748円(税込)
  • 504円(税込)
  • 342円(税込)
  • 565円(税込)
  • 1416円(税込)
  • 効果
  • 洗浄効果
  • 洗浄効果
  • 撥水
  • 洗浄効果
  • 撥水
  • 撥水
  • 油膜取り
  • 油膜除去
  • 撥水
  • 油膜除去
  • 原液・希釈
  • 原液
  • 原液
  • 両方可
  • 原液
  • 両方可
  • 両方可
  • 両方可
  • 両方可
  • 両方可
  • -
  • 凍結温度
  • -30℃
  • -30℃
  • -30℃(原液)
  • -30℃
  • -30℃(原液)
  • -30℃(原液)
  • -10℃(原液)
  • -6℃
  • -20℃(原液)
  • -15℃(3倍希釈)

ウォッシャー液の入れ方

ウォッシャー液を入れるには、まず車のボンネットを開けます。運転席の下にあるレバーを使って開けることができますよ。その際には、必ずエンジンを切った状態で行いましょう。ボンネットが開いたら、閉じてこないようにつっかえ棒で固定します。

 

次に、ウォッシャー液のマークや文字が書かれたキャップを探します。冷却水やオイルのキャップと間違えないようにしっかり確認しましょう。後は蓋を開け、ウォッシャー液を流しいれるだけです。工具も強い力もいらず、女性でも簡単に作業できますよ。

 

希釈タイプの場合、濃度を間違えて入れないように気を付けましょう。また、実際に走る前にウォッシャー液が正常に噴射されるか必ず確かめてくださいね。

ウォッシャー液の出し切り方

今まで使用していたウォッシャー液と違う製品を使いたい場合には、一度ウォッシャータンク内を綺麗に洗浄する必要があります。絶対に違う種類の製品を混ぜて使わないようにしてくださいね。

 

ウォッシャー液を抜くには、まず液が空になるまで噴射を行います。もし残量がとても多い場合には灯油用ポンプを使ってウォッシャー液を抜き取ります。ポンプは、灯油が付着していない新しいものを使用しましょう。

 

ウォッシャータンク内の液が全て抜けたら、パイプの中に残った液を綺麗にするためにタンクにコップ1杯の綺麗な水を入れ、噴射します。もし新たなウォッシャー液を使用する場合には、できるだけタンクやパイプ内を綺麗にしてくださいね。

ウォッシャー液が出ないときは?

ウォッシャー液が出ない場合には、いくつかの原因が考えられます。対処法と合わせてご紹介します。

まずは「ウォッシャー液の残量」を確認する

ウォッシャー液が出てこない場合には、まず最初にウォッシャー液の残量を確認しましょう。残りがわずかだったり空になったりしている場合には正常に噴射されません。基本的な部分ですが、必ず確認しましょう。

「パイプ」に破損や異変が無いか確認する

ウォッシャー液をタンクからくみ上げるパイプに破損がある場合、液が外に漏れだしてしまうため正常に噴射されない場合があります。また、パイプが外れていた場合にも液が噴射されません。

 

パイプに傷があったり破れたりしている場合には交換が必要です。自分で交換することも可能ですが、心配な場合は専門店のスタッフにお願いしましょう。

「ノズル」部分につまりが無いか確認する

ウォッシャー液を噴射するノズル部分はとても小さく狭いため、ちょっとしたことでつまりを起こしてしまいます。ウォッシャー液が濃すぎたり、固まったりして噴射口が詰まることも少なくありません。

 

ほこりなどの汚れが溜まっていることも考えられるので、ノズルがつまっていたら安全ピンや専用のブラシなどを使用して優しく汚れを取り除きましょう。

 

しかし、木の枝や爪楊枝など、簡単に折れやすいものを使用してしまうとさらにノズルがつまる場合もあります。必ず、丈夫でノズルを傷つけない道具を使用しましょう。

寒い地域ではウォッシャー液が「凍結」してしまうことも

特に冬場に寒くなる地域に住んでいる場合、ウォッシャー液が凍結を起こしている可能性もあります。その場合には、寒冷地に適した凍りにくいウォッシャー液を使用することで詰まりは改善されるでしょう。

 

しかし、一度凍結してしまったウォッシャー液やノズルは破損してしまうことも考えられるため、必ず一度点検をしてもらいましょう。地域や温度に合わせてウォッシャー液の種類を変えることも大切です。

ウォッシャー液は自作できる?!作り方をご紹介

ウォッシャー液は、もちろん市販のものを使用するのがおすすめですが、実は手作りすることもできるんです。用意するものは蒸留水とガラス用洗剤のみ。誰でも簡単に自作できますよ。

 

まず、約4リットルほどのたっぷりの蒸留水を用意します。水道水を使用してしまうと、ミネラルが蓄積され詰まりの原因になるため、必ず蒸留水を使いましょう。後はそこに240mlのガラス用洗剤を混ぜるだけ。手軽でコストもかかりません。

 

しかし、やはり性能で見ると市販のウォッシャー液の方が圧倒的に優れています。急にウォッシャー液を切らしてしまった場合や、手元に市販のものが無い場合など、短期間の使用におすすめですよ。

ガソリンスタンドで補充してもらえる?

実は、身近なガソリンスタンドでもウォッシャー液の補充を行ってくれます。価格は店舗ごとに差がありますが、だいたい500円~1000円ほど。他のメンテナンスと合わせて行う際には無料の場合もありますよ。

 

やはり自分でウォッシャー液を入れる方が安くできますが、ウォッシャータンクの場所や詰めかえ方が不安な方はガソリンスタンドでお願いしてしまうのもいいかもしれません。

 

ガソリンスタンドで入れてもらえるウォッシャー液は、基本的にはシンプルな洗浄成分のみのものですが、店舗によっては撥水効果のあるものや油膜に強いものを揃えています。お願いする時にウォッシャー液の種類を聞いてみるといいですね。

ウォッシャー液はダイソーでも購入できる!

ウォッシャー液は、ネット通販から市販のものまで多くの種類がありますが、何とダイソーでも購入することができるんです。ダイソーでは、ウォッシャータブレットという商品を取り扱っており、タブレットを水に溶かすことでウォッシャー液が作れます。

 

白いタブレットですが、水に溶かすと青色に変化します。2個セットで販売しており、1個で約2Lのウォッシャー液が作れます。大変コスパに優れていますが、やはり性能は少し低め。特に寒さに弱いため、寒冷地では凍ってしまうため注意が必要です。

ドラッグストアで手に入ることも

大手ドラッグストアのマツモトキヨシでは、ウォッシャー液を購入することが可能です。特にオンライン通販では多くの種類があり、今回のランキングで紹介したような商品も取り扱っています。

 

自動車用品店に行かなくてもドラッグストアで気軽に購入できるのは嬉しいですね。

まとめ

いかがでしたか?今回はウォッシャー液の選び方やおすすめの商品をご紹介しました。ウォッシャー液には、種類や対応シーズンにも様々なものがあります。ぜひ、目的や用途に合った商品を見つけてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アクセスランキング

【2021年最新版】バイク用プロテクターの人気おすすめランキング15選【ジャケットもご紹介!】のサムネイル画像

【2021年最新版】バイク用プロテクターの人気おすすめランキング15選【ジャケットもご紹介!】

バイク用品
TOPへ