テレビ向けワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング10選【安いものも】

掃除や台所での料理など、離れた場所や夜中にテレビを観る場合に欠かせないのがワイヤレスイヤホンです。今回は、テレビ向けワイヤレスイヤホンの選び方と人気おすすめランキングを紹介します。価格が安いので防水規格のあるものや、2人で楽しめるもの・遅延が少ないものなど紹介しているので参考にしてください。

テレビの音をながらで楽しめるワイヤレスイヤホン

料理や掃除など家事をしながらテレビを観たり、テレビを観ながら少し離れた場所でイヤホンを使いたいと思ったりとテレビを観るときに悩みを抱える方は多くいます。実は、テレビ向けのワイヤレスイヤホンを使えば離れた場所でも静かにテレビが観れます。

 

充電が長く台所でも使いやすい防水規格があるものや、掃除機や周りの雑音を抑えてくれるノイズキャンセリング機能・価格が安いもの、かわいいデザインのものなどワイヤレスイヤホンは幅広く販売しておりどれを買おうか迷ってしまいます。

 

そこで今回は、テレビ向けワイヤレスイヤホンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、種類・連続再生時間・機能性を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

ハイレゾ相当のLDAC搭載のソニーイヤホン

完全ワイヤレスタイプでケーブルの煩わしさもなく、Alexaでの音声認識もできます。高音質であるハイレゾ相当のLDACが搭載されているため、音質にこだわる方にもおすすめです。5分の充電で1時間の使用ができます。

 

業界最高クラスのノイズキャンセリングが付いているので、掃除機や洗濯機などの雑音をカットできます。ワイヤレス充電にも対応しているため、Qiの置くだけ充電にも使えます。防水機能は、IPX4の生活防水レベルです。

種類 カナル型 最大連続再生時間 24時間
機能性 ワイヤレスイヤホン機能・防水規格(IPX4)

テレビ向けワイヤレスイヤホンの選び方

テレビ向けワイヤレスイヤホンには多くの商品が販売されています。種類や機能性・人気ブランド・メーカーなど選び方を知っておくと便利です。

種類で選ぶ

ワイヤレスイヤホンの種類は、大きく分けて主にカナル型・インナーイヤー型・骨伝導型に分かれます。それぞれ音の聴こえ方や使用感が変わるので参考にしてください。

繊細な音を求めるなら「カナル型」がおすすめ

繊細な音を求めるならカナル型のワイヤレスイヤホンがおすすめです。耳の穴にフィットするようにワイヤレスイヤホンを入れるので、遮音性が高く細かい音をしっかり聴き取れます。臨場感や立体感を感じたい方にも向いており、映画鑑賞にも向きます。

 

以下の記事では、カナル型ワイヤレスイヤホンの人気商品を紹介しています。フィット感の高いものや、スポーツ用まで幅広く紹介しているので参考にしてください。

長時間使用するなら「インナーイヤー型」がおすすめ

長時間使用するならインナーイヤー型がおすすめです。カナル型とは違い、耳に引っ掛けて使うタイプなので耳が疲れにくいのが魅力です。遮音性はあまりないですが、テレビをフラットに楽しみたい方に向いている種類になります。

 

以下の記事では、インナーイヤー型のイヤホンを紹介しています。完全ワイヤレスから有線タイプまで幅広く紹介しているので参考にしてください。

周囲の音を聴きながら楽しむなら「骨伝導型」がおすすめ

周囲の音を聴きながら楽しむなら骨伝導型のワイヤレスイヤホンがおすすめです。耳を塞がずに頭に付けられるタイプなので、子供の声や周りの音を聴きながら作業ができます。長時間使用しても、耳への負担が少ないため普段遣いにも向いています。

 

以下の記事では、骨伝導型イヤホンのおすすめ商品を紹介しています。スポーツ向けや高価なものなど揃っているので、合わせてチェックしてみてください。

機能性で選ぶ

ノイズキャンセリング・防水機能など、ワイヤレスイヤホンに搭載されている機能性で選ぶのも重要です。求める機能性に合わせて選びましょう。

雑音を抑えて使用するなら「ノイズキャンセリング」がおすすめ

雑音を抑えて使用するならノイズキャンセリング機能がおすすめです。掃除機や洗濯機など、家のなかで気になる雑音もカットしてテレビが楽しめます。家事や掃除をしながらテレビをしたい方には欠かせない機能です。

 

以下の記事では、ノイズキャンセリング機能が搭載されているワイヤレスイヤホンを紹介しています。安い価格のものから、人気のメーカーまで揃っているので参考にしてください。

台所や水場で使用するなら「防水機能」がおすすめ

台所やお風呂掃除などの水場で使用するなら、防水機能が搭載されているワイヤレスイヤホンを選びましょう。防水規格によって防げる水は変わりますが、生活防水ならIPX4程度の数値で十分です。完全防水にこだわるならIPX7以上がおすすめです。

 

以下の記事では、防水規格が搭載されているワイヤレスイヤホンを紹介しています。生活防水のものから水泳やスポーツで使えるものまで揃っているので合わせて選びましょう。

通話にも使用するなら「マイク付き」がおすすめ

テレビだけでなく通話にも使用するなら、マイク付きのワイヤレスイヤホンがおすすめです。スマホを手に持たなくてもワイヤレスイヤホンを付けているだけで通話ができるため、家事や育児中の方にも使いやすい機能です。

遅延を抑えるなら「Bluetooth5.0以上」をチェック

遅延を抑えるなら、Bluetooth5.0以上のワイヤレスイヤホンがおすすめです。ワイヤレスイヤホンは、遅延が発生しやすく音と映像のズレが気になる方も多いです。テレビの場合は、Bluetoothの数値が高いものを意識して選びましょう。

高音質を求めるなら「ハイレゾ対応」をチェック

高音質を求めるならハイレゾ対応のワイヤレスイヤホンがおすすめです。細かい音や低音など幅広い音域を楽しめるため、映画やライブ・ドラマなどをより高音質で楽しめます。ハイレゾに対応している音楽も聴けるので、スマホと一緒に使えるのも魅力です。

 

以下の記事では、高音質のLDACに対応しているワイヤレスイヤホンを紹介しています。SONY(ソニー)の高音質コーディックに対応しているものばかりなので参考にしてください。

外出用と合わせて使うなら「連続再生時間が多いもの」をチェック

外出用と合わせて使うなら、連続再生時間が多くものをチェックしましょう。ワイヤレスイヤホンのケースを使用したら充電できるタイプだと、すぐに充電ができるため人気があります。旅行や出張など、移動が長い場合はロングバッテリーがおすすめです。

予算を抑えるなら「コスパ高・安い価格」をチェック

予算を抑えるならコスパが高いものや、安い価格で販売されているワイヤレスイヤホンを選びましょう。初めて、ワイヤレスイヤホンを使う方や家用だから安いものでいいと思う方も多いです。予算と機能性をチェックしながら選びましょう。

 

以下の記事では、価格が安いワイヤレスイヤホンを紹介しています。日本製で安いものや、機能性が優れているものなど幅広く紹介しているので参考にしてください。

人気ブランド・メーカーで選ぶ

SONY(ソニー)やBOSE(ボーズ)・Apple(アップル)など、人気ブランドやメーカーから選ぶのもおすすめです。人気の高いものは口コミも多くチェックしやすいです。

ハイレゾなど高音質を求めるなら「SONY(ソニー)」がおすすめ

ハイレゾなどの高音質にこだわるならSONY(ソニー)のワイヤレスイヤホンがおすすめです。音質や防水規格が高いもの、重低音に優れているものなど、ワイヤレスイヤホンの種類がとにかく豊富なので好みのものを探したい方にも向いています。

 

以下の記事では、SONY(ソニー)から販売されているワイヤレスイヤホンの紹介をしています。高機能やコスパが高いものも揃っているので参考にしてください。

遮音性や音質にこだわるなら「BOSE(ボーズ)」がおすすめ

遮音性や音質にこだわるならBOSE(ボーズ)のワイヤレスイヤホンがおすすめです。BOSE(ボーズ)は、家庭用から業務用まで幅広くスピーカーや音響関係の商品を販売しており、音の響きや重低音が高く評価されています。

 

以下の記事では、BOSE(ボーズ)から販売されているワイヤレスイヤホンのおすすめ商品を紹介しています。臨場感や音質・装着感にこだわって作れているものばかりなので参考にしてください。

フィット感が高いイヤホンなら「Apple(アップル)」がおすすめ

フィット感が高いイヤホンならApple(アップル)のワイヤレスイヤホンがおすすめです。インナーイヤー型のイヤホンは、ノイズキャンセリングやペアリング機能にも優れています。さらにGPS機能も付いているため、紛失時にも安心して探せます。

 

以下の記事では、Apple(アップル)製品のおすすめ商品を紹介しています。Apple WatchやMacパソコンなど幅広く紹介しているので参考にしてください。

テレビ向けワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング10選

フィット感が高くかわいいカラーが揃っている

人間工学に基づいたデザインで装着感が気持ち良いため、長時間使用する際にもおすすめです。ENCノイズリダクションが搭載されており、周囲の雑音を抑えながら綺麗な音声が楽しめます。パステルカラーが揃っていて好きな色が選べます。

 

320mAhと大容量のケースが搭載されており、バッテリーを使用しながら使うと最大25時間の利用が可能です。自動ペアリング機能が付いているので、一度繋ぐとすぐに繋げて快適です。

種類 インナーイヤー型 最大連続再生時間 26時間
機能性 ENCノイズリダクション機能・自動ペアリング機能

口コミを紹介

買って正解でした!ピンクが可愛いですし、使いやすいです!音も問題なしです!

出典:https://www.amazon.co.jp

重低音サウンドで迫力のある映画にもぴったり

大口径ドライバーを搭載したワイヤレスイヤホンなので、重低音にも備わっており迫力や臨場感の高い映画やライブ映像にもぴったりです。音楽起動や電話機能・ゲームでの低遅延など、高機能が揃っているのに価格が安いのも魅力です。

 

また、指向性マイク・ノイズキャンセリング機能が搭載されているため、雑音をカットしながら相手にクリアな音が届けられます。Bluetoothは5.3と高速通信ができるため、音飛びも少ないです。

種類 カナル型 最大連続再生時間 60時間
機能性 自動ペアリング・ノイズキャンセリング搭載・Bluetooth5.3搭載

口コミを紹介

長く付けていても痛くなかったのと付けてる事を忘れるほど軽いところが気に入りました。音質もかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

生活防水搭載で手のひらサイズのコンパクトボディ

片耳3.9gと手のひらサイズ・超軽量で作られているため、長時間の使用や持ち運びにもおすすめです。防水規格はIPX4と生活防水程度になっており、雨や水しぶきからイヤホンの故障を守ってくれます。台所作業や水場でも使いやすいです。

 

グリーン・ブラック・ブルー・ホワイト・レッドなど、カラフルなカラーが揃っているので好みの色を選べるのも魅力です。完全ワイヤレスタイプなので、ケーブルの煩わしさもなく快適に使用できます。

種類 カナル型 最大連続再生時間 15時間
機能性 軽量ボディタイプ・防水機能(IPX4程度)

口コミを紹介

音質、充電の持ち時間等、全体的に安定したパフォーマンスです。安心して使用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

音響構造搭載でアクティブEQが設定できる

BOSE(ボーズ)独自の音響構造が搭載されており、アクティブEQが触れるのでクリアな音が楽しめます。バッテリー持続時間は6時間、ケースを合わせて使えば24時間と長く使えるのが魅力のワイヤレスイヤホンです。

 

タッチコントロール機能が付いているため、音量を調整したり音声の停止や再生が簡単に操作できます。また、防滴仕様としてIPX4が付いていて生活防水程度が感じられます。Bluetoothは、5.3と遅延の少ない高機能です。

種類 カナル型 最大連続再生時間 30時間
機能性 タッチコントロール機能・バッテリー機能・Bluetooth5.3搭載

口コミを紹介

音楽聴くよりも集中したい時にイヤホン使ってます。ノイズコントロールは他のを持ってましたが、新シリーズはさらに良くなってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

トランスミッター付きで使いやすい安い骨伝導タイプ

Bluetoothに対応していないテレビでも使えるトランスミッター付きのワイヤレスイヤホンです。骨伝導タイプなので、開放感があり周囲の音を聴きながらテレビが観られます。スピーカーやサウンドバーにも対応しています。

 

Bluetooth5.0を搭載しているため、動きの早い映像やゲームでも遅延が気になりません。2台以上とペアリングできるため、数人でテレビを楽しみたい方にもおすすめです。耳を塞がないので長時間使っても疲れにくいです。

種類 骨伝導型 最大連続再生時間 6時間(待機時間240時間)
機能性 トランスミッター付き・Bluetooth5.0搭載・

口コミを紹介

子供とかくれんぼしたりするときに使いたくて、注文しました。かなり遠くまでつながるので、週末の遊びには欠かせません。

出典:https://www.amazon.co.jp

最大52時間再生のロングバッテリータイプ

最大52時間再生と、長いバッテリーが搭載されているワイヤレスイヤホンです。専用アプリのSOUNDPEATSに対応しており、サウンドモードを切り替えたりEQ機能を細かく設定したりできます。低遅延でゲームにも使えます。

 

LDAC・ハイレゾが搭載しているため、高音質で音声やテレビの音がクリアに聴こえます。ANCノイズキャンセリング機能が付いており、モードによって外音を取り込んだり、ANCモードが使えたりします。

種類 カナル型 最大連続再生時間 60時間
機能性 ANCノイズキャンセリング機能・ハイレゾ機能

口コミを紹介

音質は申し訳ないけど倍以上するイヤフォンと違いがわからない。ノイキャンもこの価格なら最高。

出典:https://www.amazon.co.jp

繊細で迫力のある音質が楽しめるワイヤレスイヤホン

ハイレゾ相当であるLDACに対応しており、繊細で迫力のある音質が楽しめるワイヤレスイヤホンです。ウルトラノイズキャンセリング機能が付いており、周囲の音を抑えながらクリアな音が楽しめます。

 

3Dオーディオの音響体験ができるジャイロセンサーが搭載されており、動きを検知して音楽・ムービーの良さを引き立ててくれます。最大28時間まで使用できるロングバッテリーが搭載されています。また、ワイヤレス充電にも対応しています。

種類 カナル型 最大連続再生時間 28時間
機能性 ウルトラノイズキャンセリング・3Dオーディオ搭載

口コミを紹介

音質については疎いのもあるが、概ね満足。多少合わなくても、アプリでかなり大胆にイコライザーを設定できる。ノイズ除去については、値段相応。モードONとOFFでは雲泥の差だが、高音は聞こえる。良くも悪くも期待の範疇。

出典:https://www.amazon.co.jp

3Dサウンドと便利な機能が揃うAppleのAirPods

Apple(アップル)から販売されているAirPods Pro(第2世代)です。前作よりも進化したH2チップが搭載されており、3Dサウンドの迫力を体感できます。iPhoneとのペアリングも簡単なので普段遣いにもおすすめのイヤホンです。

 

GPS機能も付いているため、紛失時がMacやiPhoneで現在の位置をチェックできます。アクティブノイズキャンセリングが搭載されており、通勤や通学・家庭での雑音もしっかり取り除けるのでテレビがクリアな音で楽しめます。

種類 インナーイヤー型 最大連続再生時間 6位時間(充電込みで30時間)
機能性 ノイズキャンセリング機能・H2チップ搭載・防水規格

口コミを紹介

ノイズ除却機能に惹かれたので買った。音質は正直私の耳には大差ないのでそこはどうでも良くあくまでノイズキャンセリングの点のみで見るとかなり良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイレゾ相当のLDAC搭載のソニーイヤホン

完全ワイヤレスタイプでケーブルの煩わしさもなく、Alexaでの音声認識もできます。高音質であるハイレゾ相当のLDACが搭載されているため、音質にこだわる方にもおすすめです。5分の充電で1時間の使用ができます。

 

業界最高クラスのノイズキャンセリングが付いているので、掃除機や洗濯機などの雑音をカットできます。ワイヤレス充電にも対応しているため、Qiの置くだけ充電にも使えます。防水機能は、IPX4の生活防水レベルです。

種類 カナル型 最大連続再生時間 24時間
機能性 ワイヤレスイヤホン機能・防水規格(IPX4)

口コミを紹介

音質めっちゃ良かった。ノイズキャンセリング機能もまあまあ働いてくれるけどたまに働いてくれない時があった。

出典:https://www.amazon.co.jp

テレビ向けワイヤレスイヤホンの商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 種類 最大連続再生時間 機能性
アイテムID:11624590の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ハイレゾ相当のLDAC搭載のソニーイヤホン

カナル型

24時間

ワイヤレスイヤホン機能・防水規格(IPX4)

アイテムID:11626228の画像

楽天

Amazon

ヤフー

3Dサウンドと便利な機能が揃うAppleのAirPods

インナーイヤー型

6位時間(充電込みで30時間)

ノイズキャンセリング機能・H2チップ搭載・防水規格

アイテムID:11626099の画像

楽天

Amazon

ヤフー

繊細で迫力のある音質が楽しめるワイヤレスイヤホン

カナル型

28時間

ウルトラノイズキャンセリング・3Dオーディオ搭載

アイテムID:11626247の画像

楽天

Amazon

ヤフー

最大52時間再生のロングバッテリータイプ

カナル型

60時間

ANCノイズキャンセリング機能・ハイレゾ機能

アイテムID:11623278の画像

楽天

Amazon

ヤフー

トランスミッター付きで使いやすい安い骨伝導タイプ

骨伝導型

6時間(待機時間240時間)

トランスミッター付き・Bluetooth5.0搭載・

アイテムID:11626271の画像

楽天

Amazon

ヤフー

音響構造搭載でアクティブEQが設定できる

カナル型

30時間

タッチコントロール機能・バッテリー機能・Bluetooth5.3搭載

アイテムID:11626299の画像

楽天

Amazon

ヤフー

生活防水搭載で手のひらサイズのコンパクトボディ

カナル型

15時間

軽量ボディタイプ・防水機能(IPX4程度)

アイテムID:11626286の画像

楽天

Amazon

ヤフー

重低音サウンドで迫力のある映画にもぴったり

カナル型

60時間

自動ペアリング・ノイズキャンセリング搭載・Bluetooth5.3搭載

アイテムID:11626296の画像

楽天

Amazon

ヤフー

フィット感が高くかわいいカラーが揃っている

インナーイヤー型

26時間

ENCノイズリダクション機能・自動ペアリング機能

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

テレビをワイヤレスイヤホンで聞く方法

テレビをワイヤレスイヤホンで聞く方法としては、Bluetoothが搭載されているテレビならすぐに繋ぎたいイヤホンをテレビから選ぶだけで接続できます。Bluetooth搭載テレビなら、トランスミッターが付いているので接続は簡単です。

 

ですが、トランスミッターが付いていない場合は持っているテレビに設置する必要があります。また、赤外線を使ってイヤホンと繋ぐ方法もありますがイヤホンを使用する場合はBluetooth接続の方が使いやすいです。

テレビ用イヤホンと通常イヤホンの違い

テレビ用イヤホンと通常イヤホンの違いは、メーカーや機能により変わります。Bluetoothに対応しているイヤホンなら、通常イヤホンとの違いは特にありません。重低音を重視したり、ノイズキャンセリングを重視したり外との求める機能に合わせて選びましょう。

Bluetooth非対応ならトランスミッターを使用する

テレビがBluetooth非対応でワイヤレスイヤホンが使用が難しい場合は、トランスミッターを使用する必要があります。Bluetoothで直接音声を飛ばしてワイヤレスイヤホンに届けてくれるので、Bluetooth搭載のテレビと同じように使用できるようになります。

 

以下の記事では、Bluetoothを飛ばせるトランスミッターのおすすめ商品を紹介しています。遅延の少ないものや、ノイズキャンセリングが付いているものなど幅広く紹介しているので合わせて参考にしてください。

まとめ

今回は、テレビ向けワイヤレスイヤホンの選び方と人気おすすめランキングを紹介しました。音を集中して聴いたり、夜中に使用したりとテレビ向けワイヤレスイヤホンは1つ持っておけば便利です。高機能なものばかりなので参考にしてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事