【2021年最新版】カップボードの人気おすすめランキング20選【おしゃれで華やかなキッチンに】

記事ID4945のサムネイル画像

デザインや機能性など、カップボードを選ぶときのポイントはいろいろです。「全部欲張りたい」という人には「パモウナ」や「無印良品」など、デザインにも機能性にもこだわった企業の製品がおすすめ。今回は、カップボードの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介します。

間口が1800mmや2700mmなどがあるカップボード

食器だけでなく、カトラリーやちょっとした家電を収納できるカップボードは、もはや「キッチンの顔」といっても過言ではありません。システムキッチンなどのおしゃれな空間にいたとしても、カップボードの外観がなじんでいなければ台無しになってしまいます。

 

とはいえ、デザインにこだわりすぎるあまり使い勝手が悪くなってしまっては本末転倒もいいところ。また、カップボードには、間口が1800mmや2700mmなど、大きさはさまざまですので、スペースの確認も必要になります。

 

そこで今回は、カップボードの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは価格・サイズ・機能性を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

カップボードの選び方

食器や調理器具を収納できて便利なカップボードですが、商品によってその特徴はさまざまです。ここでは、カップボードを選ぶときのポイントを解説します。

取り付けのタイプで選ぶ

カップボードを選ぶときにまず気になるのが「据え置きタイプ」なのか「造り付けタイプ」なのかということ。それぞれのメリット・デメリットについてお話します。

気軽に扱える「据え置きタイプ」

価格重視の手軽に使えるカップボードがいいという人におすすめなのは、こちらの「据え置きタイプ」。手が届きやすい価格帯のものだと1~2万円、あるいはそれ以下で購入できることも少なくありません。一人暮らしなどで賃貸に住んでいる人は検討してみましょう。

 

ただし、造り付けタイプとは違って壁との間に隙間が出来てしまうので、そのぶんホコリなどがたまりやすく、掃除などの手間がかかるというデメリットも。とはいえ、転勤などで頻繁に引っ越しがあるという人にはこちらのほうがおすすめです。

新築を購入するなら「造り付けタイプ」

新築で家を購入するときなどにカップボードを新調するなら、「造り付けタイプ」のものも選択肢のひとつとして考えてみましょう。造り付けとは、壁に固定して使うタイプのことです。耐震性に優れているため、地震が起きた際にも簡単には転倒しません。

 

また、収納力が高いのも魅力のひとつ。家族が増えるなどして食器が増えても、十分に対応できるだけの力があります。設置場所やサイズなどの自由度が高いぶん、やや値が張ってしまうのは仕方のないことなのかもしれませんね。

人によって好みはそれぞれの「組み合わせの有無」

ふだんからドライバーを持つのに慣れていないと、組み合わせるときに膨大な時間を浪費してしまうことになりかねません。できるだけ手間をかけたくないという人は、購入前に「組み合わせがあるかどうか」をチェックしておくようにしましょう。

 

もっとも、中には組み合わせも家具を新調する際の楽しみのひとつという人もいます。そんな人はあえて組み合わせがあるタイプのものを選ぶのもよいでしょう。

種類で選ぶ

カップボードには大きく「ロータイプ」「ハイタイプ」「スリムタイプ」の3種類に分けることができます。部屋環境や自分の好みに合わせて選んでくださいね。

視界が広くなる「ロータイプ」

カップボードを置くことで部屋に圧迫感が生まれてしまう場合は「ロータイプ」のものを選ぶのがおすすめ。低めのカップボードを置くことで、視界がグンと広がり部屋が開放的に見えるようになります

 

カップボードの上部分がカウンターとして使用できるのもよいですね。下記記事では、ロータイプの食器棚を多数紹介しています。参考にしてみてください。

収納力抜群の「ハイタイプ」

収納力を重視したい場合は、背の高い「ハイタイプ」のカップボードがおすすめ。180cmほどのものが多く、上から下まで物が入るため非常に便利です。ただし、身長が低い人だと上まで手が届かないというデメリットもあります。購入の際には注意しましょう。

ちょっとした幅を有効活用するなら「スリムタイプ」

冷蔵庫や棚同士のちょっとした幅にフィットするカップボードを探すなら「スリムタイプ」を選ぶとよいでしょう。サイズは商品によって異なりますが、幅はだいたい30cm程度。

 

一人暮らしなどでどんなスペースも無駄にしたくないという人におすすめです。下記記事では、スリムタイプの食器棚を紹介しています。ひとくちにスリムタイプといってもいろんな商品があって面白いので、一読の価値ありです。

扉の開け方で選ぶ

たかが「扉の開け方」と思う人もいるかもしれませんが、一度購入したら長く使うものですから、扉の開け方ひとつ取ってもできるだけストレスフリーなものを選びましょう。

どんな部屋にもよく合う「開き戸タイプ」

洋風な作りになっているカップボードの多くは「開き戸タイプ」。デザインとしてはどんな部屋にもよく合いますが、その一方で、地震が起きたときなどには扉が開いてしまうということが考えられます。開き戸タイプを選ぶ場合は、しっかり地震対策を取っておくようにしましょう。

狭いスペースでも出し入れできる「横スライドタイプ」

たとえば「開き戸タイプ」のように、カップボードの周りに扉を開け放つ余裕がない場合は「横スライドタイプ」がおすすめ。このタイプであれば、スペースに限りがある場所でも問題なく食器を出し入れできます。ただし、種類が少なく選択肢に限界があるというのが玉にキズです。

奥のほうまで見渡せるから使い勝手がよい「引き出しタイプ」

カトラリーや箸置きなどこまごましたものをしまうのであれば「引き出しタイプ」。内部全体を見渡せる引き出しタイプなら、奥のほうにしまったキッチングッズもすぐに取り出せるため、デッドスペースを作らずに済みます。「開き戸」同様、扉を開けるためのスペースは必要です。

おしゃれ空間を演出するなら「オープンタイプ」

部屋との相性を考えて統一性を保ちたいなら「オープンタイプ」のカップボードもおすすめ。オープンスペースには小物や植物、フォトスタンドなどを飾ることができるので、インテリアとして周りの景色になじみます

 

少々ホコリをかぶってしまいそうなデザインではありますが、こまめに手入れしていれば問題ないでしょう。カフェ風キッチンのようなかわいらしい空間を演出したいのであれば、オープンタイプのカップボードが理想的と言えるでしょう。

機能性で選ぶ

家具や家電を選ぶうえで最も重要な項目のひとつは、その機能性にあると言えるでしょう。実際に使用するときの気持ちになって考えるのがポイントです。

家電を使うなら「コンセント付き」

カップボードのオープンスペースに炊飯器や電気ケトル、トースターなどを置いて使う人は多いはず。そんなときに、わざわざ配線を伸ばしてキッチンのコンセントを使っていてはゴチャゴチャしてしまいますよね。その点、コンセント付きのカップボードなら安心です。

移動させやすいから模様替えに便利な「キャスター付き」

据え置きタイプのカップボードの中には、キャスター付きの商品も多く存在します。力に自信がない人でも移動させやすいので大変便利と言えるでしょう。ただし、地震などで大きく揺れた場合には非常に不安定な状態に。そんなときは、ストッパーやロック付きものを選ぶのがおすすめです。

自由度が高い「可動式」

部屋のデザインに統一感があったとしても、日々増えていく食器類がすべて同じサイズなわけはありませんよね。高さも違えば深さも違う。そんな多種多様な食器を収納するのであれば「可動式」のカップボードを選ぶとよいでしょう。食器に合わせて自由に高さを変更することができます。

引き出して使えるタイプの「スライドボード付き」

炊飯器などの場所を取る家電だと、ふだんはしまっておいて必要なときに取り出せるのが一番! 「スライドボード付き」のカップボードなら、料理をするときにだけ前に引き出して使うことができるので便利です。ただし、木製の商品の場合は炊飯器から出る水蒸気には注意しましょう。

機能性やサイズによって異なる「価格帯」

オーダーメイドなどで自分だけのカップボードを作ろうと思えば30万円を超えるようなものもありますが、一人暮らし用などの小さく安いものなら3,000円程度のものも。

 

ブランドや機能性、サイズなどによって価格はさまざまなので、何を重視したいかを決めておくのが大事です。コストパフォーマンス重視なら、下記の安い食器棚の人気ランキングを参考にすることをおすすめします。

「外寸・内寸」を測って設置条件をチェック

家具を買ううえで好み以上に大事なのは「外寸」です。せっかく理想の家具を手に入れたのに、いざ運び入れてみたらスペースが足りなかったというのではあまりにもったいないですよね。購入前には必ず外寸をチェックし、設置場所にフィットするか確認しておくようにしましょう。

 

また、「内寸」を考えるのも重要なポイント。外寸ほどダメージは大きくありませんが、すでに持っている食器が収納できるのかというのは大きな問題のひとつです。購入後に後悔しないためにも、寸法はしっかり測っておくことをおすすめします。

デザインで選ぶ

設置する家具によって部屋の印象はガラリと変わるもの。自分の好みと部屋の雰囲気を鑑みたうえで、一番合ったものを選ぶようにするのがよいでしょう。

最もおすすめの形は「シンプル」なデザイン

シンプルで使いやすい形状のカップボードは、どんな部屋にもよく合います。「部屋をおしゃれにしたいけどセンスに自信がない」という人は、シンプルなデザインのものを選んでおけば間違いありません。また、王道・定番というだけあって種類が豊富なのも魅力です。

温かみがあるから落ち着く「木目調」

スタイリッシュで落ち着いた雰囲気に仕上げたいのであれば、木目調のものを選ぶとよいでしょう。木の温かみがある部屋は、いるだけで気分もリフレッシュ。家具に木目調のものが多いならなおさら、カップボードにも統一感を持たせることをおすすめします。

明るくおしゃれな「北欧風」

昨今、日本でも人気急上昇中の北欧風家具。淡い色合いだったりビビッドな雰囲気だったりといかにも海外らしいおしゃれなデザインですが、なんといってもナチュラルな感じがたまりません。

 

北欧風のカップボードは、開放的で明るい雰囲気を作りたい人におすすめです。デザイン性をもって部屋に統一感を作りたい人は、下記記事を参考にしてみてください。

趣を感じさせてくれる「アンティーク調」

部屋やキッチンに味わい深さをプラスしたいという人におすすめなのは、アンティーク調のカップボードです。まるで「古き良き時代」にタイムスリップしたかのような、昔ながらのレトロ感を味わうことができます。ただし、部屋に統一感を持たせないとやや浮いてしまうかもしれません。

素材で選ぶ

ひとくちにカップボードといっても、使われている素材はさまざま。ここでは「化粧合板」と「天然木」「MDF」の3つの素材について解説します。

コストパフォーマンス重視なら「化粧合板」

家具を選ぶ際に価格を重視している人は「化粧合板」が使われているカップボードを見てみましょう。化粧合板とは、薄くスライスした木材を、繊維の向きが異なるように交互に重ねたもののことを指します。

 

通常の無垢材と比べると水や油汚れに強いものが多いので、キッチンでは大活躍。数あるデザインの中から自分の好みに合ったものを見つけましょう。

経年変化が楽しめる「天然木」

部屋やキッチン全体を上品な印象に仕上げたいときにおすすめなのは「天然木」で出来たカップボードです。ひとくちに天然木といっても、ウォールナットからパイン、ヒノキ、ケヤキなど種類はさまざま。使えば使うほど味わいが出てくるので、長く使う楽しみがあります。

切り口がなめらかな「MDF」

「ミディアム・デンシティー・ファイバーボード(Medium Density Fiberboard)」。頭文字を取って「MDF」。水や湿気に弱いという弱点はあるものの、リーズナブルな価格で売られている家具によく使われます。加工面がきれいなので、手触りが非常になめらかです。

地震大国だから考えたい「安全性」

日本は言わずと知れた地震大国。よって、家具ひとつ選ぶのも「安全性」を考えなければいけません。軽いものは上に、重たいものは下に置くなどという基本的な対策は取れますが、カップボードそのものに安全性が備わっているのが一番ですよね!

 

まずは素材には、スチールやガラスを使用したものより柔らかい木で出来たものを選ぶのがよいでしょう。これなら小さな子どもが誤ってぶつかってしまっても、衝撃を軽減することができます。また、扉にロックが付いているタイプなら簡単に開閉することができないので安全です。

キッチンメーカーから選ぶ

メーカーやブランドによって、それぞれ特色は異なります。ここでは「リクシル」をはじめとしたキッチンメーカーを紹介します。

お手入れが簡単な「タカラスタンダード」

タカラスタンダートはのカップボードは、お手入れが簡単なところがポイントのひとつです。調味料や油が漏れる・垂れることがあっても、水拭きでサッときれいにすることができます。また、ダストボックスに関しては、見えないような作りになっています。

食器などを多く収納できる「クリナップ」

クリナップは、システムキッチンや流し台などの営業品目としているメーカーです。そんなクリナップのカップボードは、食器・道具を多く収納できるのでおすすめです。また、クリナップのカップボードは引き戸タイプになっているのも特徴的です。

システムキッチンにするなら「リクシル(LIXIL)」

「いつもを、幸せに。」をコンセプトにトイレやキッチンなどの製品やサービスを展開している「リクシル(LIXIL)」。リフォームをする際にシステムキッチンを設置するなら、リクシルの造り付けタイプのカップボードがおすすめ。シンプルかつ収納力抜群、使い勝手も最高です。

日々の生活に寄り添ってくれる「パナソニック(Panasonic)」

「パナソニック(Panasonic)」といえば家電や電子機器を思い浮かべる人も多いでしょうが、実はライフスタイルに寄り添った製品の発売も行っています。といっても、カップボードの場合は造り付けタイプのものです。

 

システムキッチンに造り付けられたパナソニックのカップボードは、使いやすさ重視。食器はもちろん、家電やストック食品、ゴミ箱などあらゆるものを収納できます。特にゴミ箱は「ナノイー」と「脱臭フィルター」搭載。ニオイ対策もバッチリです!

家具メーカーから選ぶ

家具メーカーでもカップボードは販売されています。今回は、パモウナ(Pamouna)・無印良品・IKEA・ニトリを紹介します。

シンプルかつ実用性重視の「パモウナ(Pamouna)」

日本屈指の家具メーカー「パモウナ(Pamouna)」のカップボードは、シンプルかつ機能的なデザインが特徴。ホワイトやウォールナット、アイダホオークなど落ち着いた色合いの商品が多く、部屋を上品な空間に演出してくれます。複数のサイズから好きなものを選べるのも魅力です。

シンプルなデザインが魅力の「無印良品」

文具や衣類、食品などを「無印良品」で購入したことがあるという人は多いのではないでしょうか。リーズナブルな価格と上質な商品が魅力の無印良品ですが、実はシンプルなデザインのインテリア類も大人気。

 

無印良品から発売されているカップボードは例に漏れずシンプルなデザインが特徴です。安全性も考慮し、上の部分には引き戸を採用。小さな子どもがぶつかったり地震で揺れたりしても、中かか物が落ちにくい構造になっています。

安いカップボードを手に入れるなら「IKEA」

世界中にファンを持つスウェーデンブランドといえば「IKEA」の商品です。IKEAのカップボードは北欧らしく温かみのあるデザインで、機能性に富んだものばかり。

 

その多くは組み立てが必要なので労力はかかるものの、そのぶんリーズナブルな価格帯になっています。下記記事では、IKEAの食器棚のおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。ぜひご一読ください。

サイズの選択肢が多い「ニトリ」

「ニトリ」のカップボードは「ミニ」や「スリム」「60cm」「80cm」「120cm」など複数のサイズから選ぶことができます。ミニタイプの小さなものだと3,000~5,000円程度で購入できるものもあり、コストパフォーマンスに優れているのも特徴のひとつです。

 

ホワイトやブラウン、ブラックなどカラーバリエーションはそう多くありませんが、シンプルなデザインはどんな部屋ともよく合います。実店舗だけでなくオンラインショップもあるので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

カップボードの人気おすすめランキング20選

使い勝手のよいスリムタイプ

「スリムで使い勝手のよいものが欲しい」という人におすすめなのが、こちらの商品。横幅わずか40cmと超極細タイプのカップボードは、ちょっと隙間などにスッポリ収まります。食器だけでなく、小物やフィギュア、雑貨などを飾ってもよいでしょう。

サイズ 400×360×1810mm 重量 28kg
素材 プリント化粧繊維板 組み立て

口コミを紹介

友達にもオシャレやねって言われて満足しています。値段も安くて良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ナチュラル系カップボード

ナチュラル系の可愛いカップボードならこちらの商品をチョイスしてはいかがでしょうか。オープンタイプの食器棚で、棚の上には雑貨や小物などを並べられます。カフェのようにおしゃれな空間を演出したい人におすすめ。

 

また、魅力はそれだけではありません。収納力も抜群で、カップボードとしての役割もちゃんと果たしてくれます。ナチュラルな見た目は非常にキュート。部屋に合うカップボードを探している人は、選択肢のひとつとして考えてみてくださいね。

サイズ 825×400×1750mm 重量 49.7kg
素材 MDF・プリント紙化粧繊維板 組み立て 有(棚部分のみ)

口コミを紹介

値段の割にシッカリとした造りで、しかも半完成品なので簡単に組立て出来ました。何処に置いてもかわいいし、引き出し収納も良いです。大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

シックなお部屋にも合いそうなデザイン

スリムでシックな雰囲気の素敵なカップボード。ガラス製の扉は両開きタイプになっていて、見た目だけでなく収納力や機能性にも優れています。また、シリーズになっているので、他のアイテムをそろえて統一性を持たせてもよいですね!

サイズ 395×430×1365mm 重量 20kg
素材 プリント紙化粧繊維板 組み立て

口コミを紹介

使用して3か月くらい経ちますが気になる点もなくしっかりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

組み立て簡単で時間短縮

和室にも洋室にもよく合う落ち着いたデザインのカップボードです。木の温かみを感じさせるシートがなんとも味わい深く、オープンスペースにはフォトスタンドなどを立て掛けてアメリカンスタイルを演出するのも◎

 

また、家具を購入する際に心配になりがちなのは「組み立て」ですよね。慣れていないと時間ばかりかかってしまうということも。でも、こちらの商品なら最初から天板・地板にタナクイックが取り付けられているため、ちょっとの手間で完成させることができます。

サイズ 356x872x 714mm 重量 20.4kg
素材 エンジニアリングウッド 組み立て

口コミを紹介

自ら組み立てる製品ですが、説明書通りに行いスムーズに組み立てられました。あらかじめ希望のサイズを測り、それに合致した製品を探していたので満足です。製品自体の質は良く、希望した通りの用途で活用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

熱がこもらない通気性

ウッディーでナチュラルな印象のカップボード。シンプルかつ機能的なデザインが特徴で、通気性抜群だから調理家電などを置くのも安心です。自分で組み立てなければいけない手間こそありますが、清潔に保っていれば長く使うことができます。

サイズ 900×410×1820mm 重量 上段約26.5kg・下段約34.5kg
素材 パーチクルボード・MDF・プリント紙 組み立て

口コミを紹介

組み立てる際には箱を開封した上から順に組み立てれば良い使用なので助かりました。引き出しや扉は指一本で動かせるくらいスムーズで滑らかです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゆったりスペースに設置したい

白黒のシックなデザインが魅力の大型カップボード。食器はもちろん、お鍋やボウルなど料理ツールを入れておくのにも最適です。可動棚は3段階で調整可能。高さを自由に設定できるので、どんな食器もゆったり収納することができます。

 

また、引き戸の前面部分は美しい鏡面仕上げ。キッチンに上品な彩を加えたい人にぴったりです。汚れが付いてしまったときのお手入れも楽々!

サイズ 1192×450×1780mm 重量 -
素材 プリント紙化粧合板 組み立て

口コミを紹介

今まで傍に散らばってたペットボトル飲料や食器が全て戸棚の中に収まって、スッキリしました。古〜い貸家がダイニングルームだけ、お洒落になっちゃいました(*゚▽゚*)

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトで使いやすいカップボード

可愛らしいコンパクトサイズのカップボードです。ナチュラルテイストのカップボードは、机やカウンターの上に置くのにちょうどよい大きさ。食器を片付けたいときやカップやソーサーをインテリアとして飾りたいときに活用できる商品です。

サイズ 430×290×440mm 重量 7kg
素材 ガラス・プリント紙化粧繊維板 組み立て

口コミを紹介

値段を考えれば十分です。日常的に使う食器だけを卓上として使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパのよいおしゃれなカップボード

リーズナブルな値段でありながら、高級感あふれるナチュラルな可愛いカップボード。全面がガラス張りになっているので、好きなカップやソーサーを並べておしゃれな空間を演出しましょう。もちろんコレクションラックとしても活用できます。

サイズ 600×423×937mm 重量 20kg
素材 プリント紙化粧パーティクルボード・プリント紙化粧繊維板(MDF)・ガラス 組み立て

口コミを紹介

値段のわりには細かく頑丈に組み立てるようになっているので、大変でしたが満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

重厚感のあるデザイン

重厚感のあるロータイプのカップボード。どんな部屋にも合いそうなシンプルかつ温かみのあるデザインで、カップボードの上を収納スペースにしたい人や作業台として使いたいと考えている人におすすめです。

サイズ 880×295×828mm 重量 24.4kg
素材 プリント紙化粧繊維板 組み立て

口コミを紹介

サイズを優先して購入しましたが届いてすぐ組み立てたら思ったよりデザインが良くて気に入りました!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

収納力抜群のスタイリッシュなカップボード

トイレットペーパーや水のストック、食器類など収納する物がたくさんあるという人におすすめなのが、こちらの商品です。オープンスペースはもちろん、ガラス扉や引き出し、スライド棚があるなど収納力は抜群。

 

木の温かみが感じられる外観は、どんな部屋とも合うでしょう。ナチュラル、ブラウン、ホワイトと3色展開になっています。部屋の雰囲気に合わせて、好きなものを選んでくださいね。

サイズ 1200×450×1800mm 重量 89kg
素材 木製・スチール 組み立て

口コミを紹介

バーカウンターの後ろ側の棚として購入、ガラス部分には照明を入れ、大変満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

海外にいるような気分を味わうなら

フレンチカントリーなお部屋を目指すなら、こちらの商品。淡い色合いは、設置空間をシンプルかつ可愛らしくまとめたい人におすすめです。フランスパンを入れたバスケットやジャム、マグカップなどを並べたら、まるで海外にいるかのような気分が味わえます。

 

また、2口のコンセント付きだから電気ケトルや炊飯器などちょっとした家電を置いておくのにもぴったり。引出し収納や扉内収納、スパイスラックなど、収納スペースには事欠きません。とはいえ、コンパクトサイズなので一人暮らし用にしてもよいでしょう。

サイズ 605×425×1605mm 重量 約18.5kg
素材 合成樹脂化粧パーティクルボード 組み立て

口コミを紹介

見た目がとにかく可愛い!妻が喜んでくれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

株式会社エア・リゾーム

ゴミ箱上食器棚 Elena ワイドタイプ

無駄なスペースを作らない

キッチン内のスペースに無駄を作りたくないという人におすすめなのがこちらのカップボード。「ゴミ箱上食器棚」という名前のとおり、ラック下の部分にゴミ箱を設置しておけば、ゴミ箱上のデッドスペースを活用することができます

サイズ 約935×400×1820mm 重量 33.3kg
素材 合成樹脂化粧合板 組み立て

口コミを紹介

下の段には25Lの電子レンジと5合炊きの炊飯器を置いてます。下のスペースにゴミ箱が収納出来るので我が家の狭いキッチンでも使い勝手は良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

組み合わせが可能なキッチン収納セット

こちらの商品は、組み合わせが可能なキッチン収納セットです。こちらのキチン収納セットは上下で組み合わせができ、上下それぞれAタイプ・Bタイプとあり、4通りの組み合わせを選ぶことができます。ラクラクスライドレールや熱を逃がすための通気孔などもあります。

サイズ 上段A:940×450×175・下段A:940×430×245 重量 上段A:約24kg・下段:約41kg
素材 本体:プリント紙化粧繊維板・合成樹脂化粧繊維板・前扉:合成樹脂化粧繊維板 組み立て

口コミを紹介

壊れてしまうような物ではないですし、デザインも気に入ってるので、大事に使います

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

イー・ユニット

My食器棚 フレンチスタイル

目を引くフレンチスタイルのカップボード

「My食器棚」というネーミングのとおり、自分の好きな場所で好きなように使える自由度の高い商品です。食器棚であるにもかかわらず、コンパクトで可愛らしいシンプルな見た目は、リビングに置いておいてもまったく違和感がありません。

 

オープンスペースにはコスメや植物を飾るなどして、インテリアとして楽しむこともできます。サイズ的には一人暮らしの人におすすめです。

サイズ 580×905×400mm 重量 約19kg
素材 プリント化粧繊維板 組み立て

口コミを紹介

可愛いです。大きさ、色、すべて良かった。梱包もしっかりされていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

イー・ユニット

頑丈キッチンカウンター キャスター付

汚れにも強いから安心

家具を新調すると最初こそ「きれいに使おう」と思うものですが、一度汚れが付いてしまうと、途端にやる気がそがれてしまうものですよね。でも、こちらのカップボードなら大丈夫。

 

天板はステンレス、引き出し前面は鏡面ポリエステルで出来ているから、ササッと拭くだけで簡単に汚れが落ちます。また、引き出し内部は耐熱性や耐摩擦性に優れた低圧メラミン化粧板製。食器の出し入れにも強いのが魅力です。

サイズ 600×436×850mm 重量 約20kg
素材 ステンレス・鏡面ポリエステル化粧板 組み立て

口コミを紹介

数日分の使用感として、たくさんしまっても引き出しがたわまず、片手でスッと開き、閉じる時勢いが付いてしまってもはねたあとススッと戻り、快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ドールハウスに出てきそうなキュートな見た目

カップボードを可愛く飾りたい人や、おしゃれで洋風なデザインのカップボードを探している人にぜおすすめしたいアイテム。炊飯器などの家電を置けるように、奥にはコンセントが付いているのが便利です。これひとつあれば、カフェ風キッチンの出来上がり!

サイズ 645×414×909mm 重量 30kg
素材 プリント化粧繊維板 組み立て

口コミを紹介

食洗機を買ったので、台にするために買いました。ぴったり!

出典:https://www.amazon.co.jp

ストッパー付きだから安定感抜群

キャスター付きだから力に自信がなくても動かしやすいワゴンタイプのカップボードです。とはいえ、設置場所から勝手に移動してしまっては困りますよね。でも、こちらの商品のキャスターはしっかりロック付きなので、その心配はありません。

 

移動しないときはグラグラ揺れないよう、ストッパーをかけておきましょう。また、細かい部分はすべて手作業という細部にまでこだわった作りになっています。

サイズ 355×750×850mm 重量 約25.6kg
素材 木製 組み立て

口コミを紹介

丈夫で使いながら味が出ていくのが楽しみです!

出典:https://www.amazon.co.jp

シックなデザインで大人気

コンパクトな見た目に反して、収納力抜群のカップボード。ロータイプ(高さ89cm)ということもあり、電子レンジや電気ケトルなど上に家電を設置できます。ホワイトとブラウンのシックなデザインが人気の理由のひとつです。

サイズ 1090×480×890mm 重量 -
素材 MDF 組み立て

口コミを紹介

しっかりした、価格以上に良い商品だと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトに美しく収納したいなら

一人暮らしで1Kやワンルームマンションなどに住んでいると、どうしても収納スペースに限りが出てきてしまいますよね。そんなときにおすすめなのが、こちらの商品です。食器や調理器具、調味料などあらゆる物をコンパクトにまとめて収納!

 

スタイリッシュなデザインで、シンプルな部屋に統一感を持たせたいときにも活躍します。棚の上には家電や小物、雑貨などを置いておくことも。

サイズ 600×294×900mm 重量 20kg
素材 木製 組み立て

口コミを紹介

質感がしっかりしていて、透明ガラスなので高級感があります。無理やりしまい込んでたものが、すっきりと出し入れしやすくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

洗練された美しいフォルム

デザイン性はもちろん、使いやすさを重視したい人におすすめなのがこちらの商品です。福岡県の会社が企画・製作した安心の日本製。小さい食器棚から乗り換えたいという人やシンプルなものが欲しいという人に向いています。

サイズ 1153×450×1805mm 重量 -
素材 フラッシュ構造のMDF 組み立て

口コミを紹介

とても明るくキッチンが生まれ変わりました。発色が美しくテンションが上がります。中の棚板を付けるだけでしたが体力に自信がなくても取り付けは簡単でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

カップボードのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 素材 組み立て
1
アイテムID:8027360の画像
セル 120オープンボード 42,900円

詳細を見る

洗練された美しいフォルム

1153×450×1805mm - フラッシュ構造のMDF
2
アイテムID:8027357の画像
食器棚 キャビネット 8,980円

詳細を見る

コンパクトに美しく収納したいなら

600×294×900mm 20kg 木製
3
アイテムID:8027354の画像
キッチンカウンター 50,200円

詳細を見る

シックなデザインで大人気

1090×480×890mm - MDF
4
アイテムID:8027351の画像
LOWYA 食器棚 ワゴン 29,990円

詳細を見る

ストッパー付きだから安定感抜群

355×750×850mm 約25.6kg 木製
5
アイテムID:8027348の画像
カップボード 18,390円

詳細を見る

ドールハウスに出てきそうなキュートな見た目

645×414×909mm 30kg プリント化粧繊維板
6
アイテムID:8027345の画像
頑丈キッチンカウンター キャスター付 39,800円

詳細を見る

汚れにも強いから安心

600×436×850mm 約20kg ステンレス・鏡面ポリエステル化粧板
7
アイテムID:8027342の画像
My食器棚 フレンチスタイル 15,610円

詳細を見る

目を引くフレンチスタイルのカップボード

580×905×400mm 約19kg プリント化粧繊維板
8
アイテムID:8027438の画像
ロウヤ キッチン収納 食器棚 25,990円

詳細を見る

組み合わせが可能なキッチン収納セット

上段A:940×450×175・下段A:940×430×245 上段A:約24kg・下段:約41kg 本体:プリント紙化粧繊維板・合成樹脂化粧繊維板・前扉:合成樹脂化粧繊維板
9
アイテムID:8027336の画像
ゴミ箱上食器棚 Elena ワイドタイプ 20,980円

詳細を見る

無駄なスペースを作らない

約935×400×1820mm 33.3kg 合成樹脂化粧合板
10
アイテムID:8027333の画像
フレンチカントリー 18,900円

詳細を見る

海外にいるような気分を味わうなら

605×425×1605mm 約18.5kg 合成樹脂化粧パーティクルボード
11
アイテムID:8027330の画像
CLOUDEAR キッチンボード 59,800円

詳細を見る

収納力抜群のスタイリッシュなカップボード

1200×450×1800mm 89kg 木製・スチール
12
アイテムID:8027327の画像
ナチュラルキッチン 12,380円

詳細を見る

重厚感のあるデザイン

880×295×828mm 24.4kg プリント紙化粧繊維板
13
アイテムID:8027324の画像
食器棚 ミニ 6,710円

詳細を見る

コスパのよいおしゃれなカップボード

600×423×937mm 20kg プリント紙化粧パーティクルボード・プリント紙化粧繊維板(MDF)・ガラス
14
アイテムID:8027321の画像
食器棚 ミニ 2,380円

詳細を見る

コンパクトで使いやすいカップボード

430×290×440mm 7kg ガラス・プリント紙化粧繊維板
15
アイテムID:8027318の画像
Mirage キッチンボード 39,900円

詳細を見る

ゆったりスペースに設置したい

1192×450×1780mm - プリント紙化粧合板
16
アイテムID:8027315の画像
食器棚 スリム 29,999円

詳細を見る

熱がこもらない通気性

900×410×1820mm 上段約26.5kg・下段約34.5kg パーチクルボード・MDF・プリント紙
17
アイテムID:8027312の画像
ミドルボード 13,661円

詳細を見る

組み立て簡単で時間短縮

356x872x 714mm 20.4kg エンジニアリングウッド
18
アイテムID:8027309の画像
食器棚 8,473円

詳細を見る

シックなお部屋にも合いそうなデザイン

395×430×1365mm 20kg プリント紙化粧繊維板
19
アイテムID:8027306の画像
LOWYA カップボード オープン棚 29,990円

詳細を見る

ナチュラル系カップボード

825×400×1750mm 49.7kg MDF・プリント紙化粧繊維板 有(棚部分のみ)
20
アイテムID:8027303の画像
カップボード 19,140円

詳細を見る

使い勝手のよいスリムタイプ

400×360×1810mm 28kg プリント化粧繊維板

食器棚シートを使って食器の保護を

食器棚の中に敷けば、食器を保護する役割を果たしてくれる「食器棚シート」。繊細な食器が傷つくことを防ぐということ以外にも、商品によっては防虫効果や殺菌効果、防カビ効果など付加価値があるものもあります。

 

また、デザインが気になる人はインターネットでいろんな商品を比べてみるとよいでしょう。扉を開けるたびにお気に入りのデザインが目に入れば、キッチンに立つのが楽しくなること間違いなし! 下記記事ではおすすめの食器棚を紹介しています。

カップボードとは

カップボードとは、その名の通り、カップなどを置く食器棚のことです。また、それ以外にも、家電を設置することなどもできる優れものです。

 

食器棚については、置く場所によって呼び方が変わります。たとえば、キッチンに食器棚を置いた場合にはキッチンボードなどが挙がります。しかし、食器棚自体は同じような構造です。

 

システムキッチンと並べて設置することから、カラーデザインを考えて選ぶ方もいます。キッチン内をより一層楽しくしたいのであれば、デザインにも注視していくことをおすすめします。

カップボード購入で後悔しないための注意点

デザインや機能性のほか、まず正しい「サイズ」の商品を選ぶのが最も大切なこと。ただ、購入後に後悔しないようにするためには、まだまだ注意しなければならないポイントはあります。たとえば、サイズ感に問題がないとしても、扉を開閉するスペースに余裕があるか

 

それから、料理中は何かと動き回らなければならないその動線をふさいでいないか。収納力を重視するあまり圧迫感が生まれてはいないか、など。大事なのは、「自宅でカップボードを使っている自分」を想像しながら選ぶことです。

まとめ

今回は、カップボードの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介しました。カップボードにはおしゃれなものから機能性重視のもの、さらには大量収納を実現しているものまでさまざまな種類があります。今回の記事を参考に、自分にとって理想の商品を見つけてくださいね!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】カラーボックスの人気おすすめランキング20選【ニトリ・カインズ・無印】

【2021年最新版】カラーボックスの人気おすすめランキング20選【ニトリ・カインズ・無印】

収納家具・収納用品
【2021年最新版】キッチンラックの人気おすすめランキング16選【おしゃれなものも!】

【2021年最新版】キッチンラックの人気おすすめランキング16選【おしゃれなものも!】

キッチン雑貨・消耗品
【キャットケアスペシャリスト監修】キャットタワーの人気おすすめランキング15選【シンプル&おしゃれ】

【キャットケアスペシャリスト監修】キャットタワーの人気おすすめランキング15選【シンプル&おしゃれ】

猫用品
【2021年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング13選

【2021年最新版】タイヤラックの人気おすすめランキング13選

カー用品
全身鏡の人気おすすめランキング15選【安定感あり・アンティークも】

全身鏡の人気おすすめランキング15選【安定感あり・アンティークも】

インテリア雑貨
蒸し器の人気おすすめランキング15選【使い方やレシピも!】

蒸し器の人気おすすめランキング15選【使い方やレシピも!】

調理器具